議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 精華町

平成18年第4回定例会(第5日12月22日)




平成18年第4回定例会(第5日12月22日)





 


○議長  皆さんこんにちは。


             (こんにちは。)


○議長  ただいまの出席議員数は全員であります。定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。


 過日の各常任委員会におかれましては、慎重なご審議を賜り大変ご苦労さまでございました。


 さて、本日の日程ですが、お手元に配付の議事日程により議事を進めてまいります。


○議長  初めに日程第1、請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての件を議題とします。


 文教産業常任委員会に審査を付託しました本請願の委員長の報告を求めます。?田文教産業常任委員長どうぞ。


○?田文教産業常任委員長  報告書の朗読をもって報告とさせていただきます。


                       平成18年12月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                       文教産業常任委員会


                         委員長 ?田 郁也


              請願審査報告書


 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条の規定により報告します。


                 記


 受理番号2。付託年月日、平成18年12月1日。件名、すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願。審査の結果、不採択。委員会の意見、請願事項をすべて実現するには財源を確保することが必要である。また、町独自で実施できない事項もあることから、本請願は不採択とする。


 以上、報告終わります。


○議長  ただいま?田文教産業常任委員長から報告がありましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。佐々木議員どうぞ。


○佐々木  それでは委員長報告に対する質疑をさせていただきます。


 委員会の意見、これが恐らく不採択の理由だろうというふうに推察しますけども、1点だけお聞きします。


 2点目ですけども、町独自で実施できない事項もあるということは、逆に言えば町独自で実施できるものもあるというふうにとれますが、一体どの項目が実施できるのかと。しかし、もし実施できることもあるにもかかわらず不採択になったという理由について明確にお示し願いたいと思います。


○議長  答弁求めます。?田委員長どうぞ。


○?田文教産業常任委員長  委員会の当日の意見の中で項目別にそういう意見は出てませんでしたが、出てなかったと私の記録にはありますが、町独自でできないこというのは、例えば30人学級の実現ということに対しましては、これは町独自で判断してできることではない。ただ、府に働きかけるにしてもいろいろそれなりの資料がそろってないと、そういうふうに判断されたものと思います。


○議長  佐々木議員どうぞ。


○佐々木  最後、思いますということではちょっと困るんですけども、委員長報告ですので断言をしていただきたいと思います。


 そしたらもう1点、その1点目の1行目の件ですが、財源を確保することが必要である、これはもうどのような請願でも大体こういう財源が伴うということはあると思うんですが、実際に今回の請願を実現しようと思ったら幾らかかるんでしょうか。幾らかかるからこれはできないというような調査をされたのかどうかについて確認しときます。


○議長  ?田委員長どうぞ。


○?田文教産業常任委員長  委員会としてはそういう調査はしておりませんし委員会の中でもそういう額は出ておりませんでしたが、委員の中の意見として、財源という言葉ではなかったと思いますが、2項目以外は金の要ることでと、そういう意見がありました。


○議長  奥野議員どうぞ。


○奥野  20番奥野でございます。


 先ほどただいま議題となっております請願第2号につきまして、すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての件は、会議規則第48条の規定によって再度文教委員会に再付託することを望むわけでございますが、内容といたしましては、先ほど議論になっておりました例えば3番のバリアフリー化の問題の内容につきましても一部予算化されてる部分があると思います。そういった意味からもう一度再付託をされて審議をやりかえていただければ幸いかと議長に要望します。


○議長  賛成ありますか。


 ただいま奥野議員から、請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての件は文教産業常任委員会に再付託することの動議がただいま提出されました。この動議は会議規則第16条の規定により1人以上の賛成がありますので成立しました。


 請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての動議を議題として採決します。


 この採決は起立によって行います。


 この動議のとおり文教産業常任委員会に再付託することに賛成の議員は起立願います。


              (起立多数)


○議長  起立多数です。よって請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての件については、文教産業常任委員会に再付託することの動議は可決されました。


 請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願についての件は、文教産業常任委員会に再付託することに決定しました。


 ここで暫時休憩します。


            (時に13時38分)


○議長  再開します。


            (時に13時43分)


○議長  請願第2号 すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめ、心のかよいあう学校をつくるための請願の閉会中の継続審査の申し出についての件を日程に追加し、議題とします。


 ただいま文教産業常任委員長から本請願について、会議規則第75条の規定によってお手元に配付の申出書のとおり閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。よって委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。


○議長  日程第2、請願第3号 地元企業育成についての請願についての件を議題とします。


 同じく文教産業常任委員会に審査を付託しました本請願の委員長の報告を求めます。?田文教産業常任委員長どうぞ。


○?田文教産業常任委員長  報告書の朗読をもって報告といたします。


                       平成18年12月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                     文教産業常任委員会


                         委員長 ?田 郁也


              請願審査報告書


 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条の規定により報告します。


                 記


 受理番号3。付託年月日、平成18年12月12日。件名、地元企業育成についての請願。審査の結果、趣旨採択。委員会の意見、趣旨を了とする。


 以上、報告終わります。


○議長  ただいま?田文教産業常任委員長から報告がありましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。


              (なしの声)


○議長  質疑なしと認めます。


 これより本請願の討論を行います。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは請願第3号 地元企業育成についての請願の件を採決します。


 この採決は起立によって行います。


 この請願に対する委員長の報告は趣旨採択です。この請願は委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  起立全員です。よって日程第2、請願第3号 地元企業育成についての請願の件は委員長の報告のとおり趣旨採択することに決定しました。


○議長  日程第3、第106号議案 精華町地区集会所の設置及び管理に関する条例及び精華町水道事業給水条例一部改正について、日程第4、第108号議案京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約一部改正について、日程第5、第109号議案 京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約一部改正について、日程第6、第110号議案 京都府市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村議会議員公務災害補償等組合規約一部改正について、日程第7、第113号議案 学研都市京都土地開発公社定款一部変更についての5件を議題とします。


 去る12月14日の本会議において総務消防常任委員会に審査を付託しました本案の委員長の報告を求めます。神田総務消防常任委員長どうぞ。


○神田総務消防常任委員長  それでは総務消防常任委員会に付託されておりました案件の審査結果を報告いたします。


                       平成18年12月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                     総務消防常任委員会


                         委員長 神田 育男


          総務消防常任委員会審査報告書


 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


                 記


 以下、事件の番号、件名、審査の結果を順を追って報告いたします。


 第106号議案 精華町地区集会所の設置及び管理に関する条例及び精華町水道事業給水条例一部改正について、原案可決。


 第108号議案 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約一部改正について、原案可決。


 第109号議案 京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約一部改正について、原案可決。


 第110号議案 京都府市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村議会議員公務災害補償等組合規約一部改正について、原案可決。


 第113号議案 学研都市京都土地開発公社定款一部変更について、原案可決。


 以上でございます。


○議長  ただいま神田総務消防常任委員長から報告がありましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。


 質疑なしと認めます。


 それではこれより討論を行い、議案を採決します。


 日程第3、第106号議案 精華町地区集会所の設置及び管理に関する条例及び精華町水道事業給水条例一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは第106号議案 精華町地区集会所の設置及び管理に関する条例及び精華町水道事業給水条例一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第3、第106号議案精華町地区集会所の設置及び管理に関する条例及び精華町水道事業給水条例一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第4、第108号議案 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは第108号議案 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決であります。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第4、第108号議案京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第5、第109号議案 京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは第109号議案 京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第5、第109号議案京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第6、第110号議案 京都府市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村議会議員公務災害補償等組合規約一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは第110号議案 京都府市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村議会議員公務災害補償等組合規約一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第6、第110号議案京都府市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村議会議員公務災害補償等組合規約一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第7、第113号議案 学研都市京都土地開発公社定款一部変更についての件を討論します。討論ありませんか。


              (なしの声)


○議長  討論なしと認めます。


 それでは第113号議案 学研都市京都土地開発公社定款一部変更についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  起立全員です。よって日程第7、第113号議案 学研都市京都土地開発公社定款一部変更についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


○議長  日程第8、第107号議案 精華町国民健康保険病院利用料金及び手数料に関する条例一部改正について、日程第9、第112号議案 京都府後期高齢者医療広域連合規約制定及び京都府後期高齢者医療広域連合の設立についての件、2件を議題とします。


 去る12月14日の本会議において民生厚生常任委員会に審査を付託しました本案の委員長の報告を求めます。奥田民生厚生常任委員長どうぞ。


○奥田民生厚生常任委員長  それでは報告書を朗読して報告いたします。


                       平成18年12月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                     民生厚生常任委員会


                         委員長 奥田  登


          民生厚生常任委員会審査報告書


 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


                 記


 事件の番号、件名、審査の結果の順に申し上げます。


 第107号議案 精華町国民健康保険病院利用料金及び手数料に関する条例一部改正について、原案可決。


 第112号議案 京都府後期高齢者医療広域連合規約制定及び京都府後期高齢者医療広域連合の設立について、原案可決。


 以上であります。


○議長  ただいま奥田民生厚生常任委員長から報告がありましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。


 質疑なしと認めます。


 これより討論を行い、議案を採決します。


 第107号議案 精華町国民健康保険病院利用料金及び手数料に関する条例一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


 討論なしと認めます。


 それでは第107号議案 精華町国民健康保険病院利用料金及び手数料に関する条例一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第8、第107号議案精華町国民健康保険病院利用料金及び手数料に関する条例一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第9、第112号議案 京都府後期高齢者医療広域連合規約制定及び京都府後期高齢者医療広域連合の設立についての件を討論します。討論ありませんか。


 それではまず原案に反対者の発言を許します。坪井議員どうぞ。


○坪井  私は3つの理由でこの原案に反対をいたします。


 第1は、前提となっております後期高齢者医療制度自体が医療費を特に要する75歳以上の高齢者を独立した制度にすることによりまして、医療給付がふえれば75歳以上の保険料の値上げにつながる、こういう仕組みをつくるものでありまして、高齢者に極めて冷たい制度改悪であります。第2は、広域連合は各議会から少数しか参加できず、住民から遠のく仕組みでございます。第3は、保険料の天引き、資格証明書の発行など冷たい取り立てをする一方で、広域連合には独自財源がなく独自の政策的繰り入れができにくい制度であります。よって本議案に反対します。ただし、広域連合が結成された場合には、後期高齢者の医療を守るためにその制度の改善に向けて奮闘することを表明いたしました上で、本議案には反対いたします。


○議長  次に、原案に賛成者の発言を許します。ありませんか。


 なければこれで討論終わります。


 それでは第112号議案 京都府後期高齢者医療広域連合規約制定及び京都府後期高齢者医療広域連合の設立についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立多数)


○議長  ありがとうございます。起立多数です。よって日程第9、第112号議案京都府後期高齢者医療広域連合規約制定及び京都府後期高齢者医療広域連合の設立についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


○議長  日程第10、第111号議案 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約一部改正についての件を議題とします。


 去る12月14日の本会議において建設水道常任委員会に審査を付託しました本案の委員長の報告を求めます。三原建設水道常任委員長どうぞ。


○三原建設水道常任委員長  朗読をもって報告させていただきます。


                       平成18年12月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                     建設水道常任委員会


                         委員長 三原 和久


          建設水道常任委員会審査報告書


 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告いたします。


                 記


 事件の番号、第111号議案、件名、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約一部改正について、審査の結果、原案可決です。


 以上です。


○議長  ただいま三原建設水道常任委員長から報告がありましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。


 質疑なしと認めます。


 それではこれより討論を行い、議案を採決します。


 第111号議案 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約一部改正についての件を討論します。討論ありませんか。


 討論なしと認めます。


 それでは日程第10、第111号議案 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約一部改正についての件を採決します。


 本案に対する委員長の報告は可決です。委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第10、第111号議案


 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約一部改正についての件は委員長の報告のとおり可決されました。


○議長  日程第11、議員提案第6号 障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)の提出についての件を議題とします。


 趣旨説明を願います。田中啓睦議員どうぞ。


○田中  朗読をもって説明にかえたいと思います。


 議員提案第6号


                       平成18年10月22日


 精華町議会


  議 長  村 上 吉 彦 様


                 提出者 精華町議会議員 田中 啓睦


                 賛成者 精華町議会議員 佐々木雅彦


                     精華町議会議員 三原 和久


                     精華町議会議員 浦井 章次


      障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)の提出について


 地方自治法第99条の規定により、障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)を別紙のとおり提出します。


 提案理由。本年4月から施行されている障害者自立支援法は、障害者が人格と個性を尊重され、地域において能力と適性に応じ、自立し安心して暮らすことのできる社会をめざしています。


 しかしながら、現実には本人及び家族の負担増や事業者の収入減などの影響が出始めており、何らかの対策が求められています。


 よって、国において統一的な対策を講じていただくことが必要であり、強く要望すべきであるため、提案します。


      障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)


 障害者が人格と個性を尊重され、地域において能力と適性に応じ、自立し安心して暮らすことのできる社会の実現をめざす「障害者自立支援法」が本年度から施行されています。


 利用者負担などについては、国や府において一定の軽減策が講じられているものの、利用者の実情は苦しいものがあり、全国的にも、利用者負担の増加を理由とした自治体独自の軽減策を実施しているところが急増しています。しかし、本来利用者負担のあり方は、全国統一的に取り扱われるべきものです。


 また、地方自治体は、必要な障害者サービスを計画的に行う責務を負っているが、そのためには、サービスを提供する事業者の計画的かつ安定的な確保が必要です。


 よって、国におかれては、下記の事項を早急に実現するよう要望します。


                 記1.利用者負担の軽減措置について、一層の拡充を講じること。2.事業者への報酬に関して、当該サービスが安定的・継続的に提供し得る基準に見直すこと。3.地方自治体が行なう地域生活支援事業への国庫補助金は、サービス低下や地域間格差を招かないよう、法に定める限度額(100分の50以内)まで補助可能な予算措置を講じること。4.制度改変に伴う影響・実態を十分に把握し、上記事項および必要な施策を迅速に講じること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成18年12月22日


                           京都府精華町議会


 提出先 内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、衆議院議長、参議院議長


 以上です。


○議長  趣旨説明が終わりましたので、これより質疑を行います。質疑ありませんか。


 質疑なしと認めます。


 討論を省略してお諮りすることに異議ありませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。


 お諮りします。議員提案第6号 障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)の提出についての件は原案のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。


              (起立多数)


○議長  起立多数です。よって日程第11、議員提案第6号 障害者自立支援の一層の充実を求める意見書(案)の提出についての件は原案のとおり可決されました。


○議長  日程第12、閉会中の継続審査及び調査申出書についての件を議題とします。


 各常任委員長及び各特別委員長から目下委員会において審査及び調査中の事件について、会議規則第75条の規定によってお手元に配付しました申出書のとおり閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査及び調査とすることにご異議ありませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。よって委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査及び調査することに決定しました。


○議長  日程第13、諸般の報告に入ります。


 報告は4件であります。1点目は議会活性化の当面の検討資料の配付であります。本資料をもとに会派でご検討いただきますようよろしくお願いします。2点目は報告事項であります。相楽郡広域事務組合議会及び相楽郡西部塵埃処理組合議会から報告がありましたのでお手元に配付させていただきました。3点目は、会派からの管外研修報告を受けましたので手元に配付させていただきました。4点目は、例月出納検査の報告書を監査委員から受けましたのでお手元に配付させていただきました。以上、諸般の報告は終わります。


 以上をもって本日予定していました日程は全部終了しました。


 また、今期定例会に付された事件はすべて議了しました。


 これで本日の会議を閉じ、平成18年第4回精華町議会定例会を閉会します。


 今期定例会は12月11日から本日の12日間にわたり極めて重要な事件を審議し、ただいま全議案を終了し閉会の運びとなりました。何かと忙しい会期ではありましたが、慎重なご審議を賜りましたことをここに厚く御礼申し上げます。議員の皆様には御身ご自愛の上、議員活動にご精励いただきますとともに、よき新年を迎えられますようご祈念申し上げ、簡単ではございますが閉会のあいさつにかえさせていただきます。ことし1年間大変ご苦労さんでございました。


            (時に14時16分)


─────────────────────────────────────


 この会議録の記載は適正であると認めここに署名する。





   平成18年  月  日





          精華町議会議長





          署名議員





          署名議員