議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 精華町

平成18年第2回臨時会(第1日 8月29日)




平成18年第2回臨時会(第1日 8月29日)





 


○議長  皆さんおはようございます。


           (おはようございます。)


○議長  ただいまの出席議員数は全員であります。定足数に達していますので、これより平成18年第2回精華町議会臨時会を開会します。


 これより本日の会議を開きます。


 平成18年第2回臨時会の開会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。


 残暑厳しい日が連日続いています。体には十分気をつけていただきたいと思います。議員の皆様方には公私極めてご多用の中ご出席賜り厚く御礼を申し上げます。


 さて、本日の提出案件は教育委員会委員の任命同意を求める人事案件1件と工事請負契約変更の専決処分の報告1件であります。慎重なご審議を賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。


 それでは町長からごあいさつをお受けしたいと思います。町長どうぞ。


○町長  皆さんおはようございます。


           (おはようございます。)


○町長  議員の皆様方には公私ともご多用のところ、平成18年第2回精華町議会臨時会にご出席を賜りまことにありがとうございます。平素は精華町発展のために町行政全般にわたりまして格別のご尽力とご協力並びにご意見、ご指導を賜っておりますことをこの場から心からお礼を申し上げます。


 さて、9月定例会を前にいたしまして本日臨時会をお願いいたしましたのは精華町教育委員会委員の任命の件でございます。去る4月21日付で芦田前教育長が辞職されたことに伴いまして不在となっておりまして、議員の皆様方にも大変ご心配やご迷惑をおかけいたしております。昨今の地方分権議論の中で教育委員会制度についても見直しが進められていると聞き及んでおりますが、本町では、川西小学校の改築などをはじめとする学校教育環境の整備や教育内容の充実、さらには生涯学習の一層の推進など子どもの安全安心、教育の重要性を考えますと、何としても一日も早く本町教育行政推進のためにご尽力いただける方を後任として人選を進めてまいりました。本日ようやく提案までに至った次第でございます。何とぞ議員皆様のご理解とご承認を賜りますようお願い申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。


 また、本日は本議案のほか工事請負契約変更の専決処分の報告も1件ございますので、あわせてよろしくお願い申し上げます。これで終わります。


○議長  これより日程に入ります。


 日程第1、会議録署名議員を会議規則第118条の規定により指名します。


 20番、奥野卓士議員、21番、佐々木雅彦議員を指名します。


○議長  日程第2、会期の決定の件を議題とします。


 会期については、8月28日に議会運営委員会を開催願い検討願った次第であります。


 お諮りします。本臨時会の会期は、本日8月29日の1日限りとしたいと思います。ご異議ありませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。よって本臨時会の会期は本日8月29日の1日限りと決定しました。


○議長  日程第3、行政報告に入ります。


 行政から報告の申し出がありますので発言を許します。助役どうぞ。


○助役  この機会をいただきまして行政からご報告を申し上げます。


 まず1点目でございます。1点目は、新しい姉妹都市交流員、国際交流員及び外国語指導助手の採用についてでございます。先の6月議会でご報告を申し上げましたとおり、昨年の米国オクラホマ州ノーマン市との姉妹都市提携を契機に住民交流や経済交流を一気に加速させたい考え方でありましたところ、ノーマン市長と、さらに本町の名誉友好大使をお願いいたしておりますオクラホマ大学の佐々木嘉和名誉教授からの推薦を受けましたバグウェル・クリストファー・アダムさんを8月より姉妹都市交流員として今回お迎えすることができました。また、国際交流員並びに外国語指導助手につきましても、同じくこの8月からそれぞれレイノルズ・ジュダ・ピーターさんとジョエル・マッケイン・アンソニーさんをお迎えすることができました。


 バグウェルさんは、アメリカオクラホマ州出身でオクラホマ大学を卒業されました。専攻は国際・東アジア学とのことでございまして、山口大学へ10カ月間留学された経験がございます。またレイノルズさんは、アメリカカリフォルニア州出身でサンフランシスコ州立大学を卒業されまして、専攻は国際関係学とのことでございまして、東京の早稲田大学に10カ月の留学経験がございます。またジョエルさんは、アメリカバージニア州出身でバージニア大学を卒業されまして、そして大学ではコミュニケーション学を専攻され、大阪の関西外国語大学で9カ月の留学経験をお持ちでございます。


 これからこの3名の方々にご尽力いただき、ノーマン市との姉妹都市関係を軸としながら、学研都市の中心自治体といたしまして国際交流分野においても先導的役割を果たせるよう国際理解や外国語授業の充実はもちろんのこと、学研都市精華町の国際的なPRによる来訪者の招致の促進、学研都市と海外との経済的な結びつきを高める取り組みを通じ、地域の活性化と誇りを持てるまちづくりを進めていく予定でございます。


 なお本日の会議終了後、若干の時間をおかりいたしまして、本人たちより自己紹介をさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。


 次に2点目は、平成19年度職員採用の応募の状況についてでございます。議員の皆様方には先に募集要項をお知らせさせていただいたところでございますが、来年度につきましては一般事務職と保育士及び消防職の募集で、去る8月25日をもって募集を締め切ったところでございます。一般事務職で55人、保育士で33人、消防職で16人の合計104人の応募がございました。9月17日には第1次試験を実施するところでございます。


 次に3点目でございます。町内のプールの安全点検についてでございます。去る7月31日、埼玉県ふじみ野市の市営プールで起きました痛ましい事故につきましては、議員の皆様や住民の皆様も大変心配をされたことと存じます。そこで町内プールの安全点検結果につきまして、この場をおかりいたしましてご報告を申し上げます。まず町内の小学校につきましては、7月のプール開きの前に教職員により安全確保のための各施設において排水口を含みます点検を、また町内の保育所及びかしのき苑のプールにつきましても点検を実施し、問題となっております排水口等の安全については、町内すべてのプールにおいて異状ないことを確認したところでございます。


 次に4点目は、狛田駐在所の祝園交番への統合についてでございます。京都府警本部は7月10日の交番や駐在所の統廃合などの再編計画を公表されましたが、その中で狛田駐在所が祝園交番へ統合されることなどが盛り込まれました。本町に関係する再編案の内容は、パトロールの強化や事件・事故への適切な対応を図るため狛田駐在所を祝園交番へ統合されるもので、祝園交番につきましては統合時点において現在6人体制から9人体制に、さらには現在配備されておりますバイクからミニパトカーへ強化をされる計画でございます。統合時期については明確に決まってないということでございます。町といたしましては、狛田駐在所の祝園交番統合により町北部の治安の低下につながらないよう地元と連携する中で安全安心のまちづくりのための取り組みを進めてまいりたいと考えております。


 最後に5点目は、各種行事についてでございます。まずクリーンリサイクル運動でございますが、この運動は年間を通じまして各種の活動を展開しております中で、特に去る8月27日に木津川河川敷の開橋周辺を重点地域に指定し、一斉清掃活動を実施したものでございます。当日は国土交通省の関係部署をはじめ、精華町商工会、精華町食品衛生協会、川西婦人会、530(ゴミゼロ)運動推進協議会、精華町建設業協会、精華町生ごみ減量堆肥化推進協議会、木津川を美しくする会精華町支部、精華町環境ネットワーク会議準備会などから約100名の方々の参加協力をいただきまして、空き缶、空き瓶、プラスチックなどの不燃焼物や可燃ごみを合わせまして収集車約2台分のごみが皆様の手で集められました。一方、クリーンリサイクル運動全体の町内一斉清掃活動が7月から10月にかけまして町内の各地域で実施予定でございます。40自治会で総数約1万3,000名の参加が見込まれております。今後もきれいな町を目指すとともに、ごみの再資源化の推進など、よりよい環境づくりを進めてまいりますので、この活動へのご協力とご理解をお願い申し上げます。


 また、精華くるりんバスにつきましては、平成17年3月より試行運転を開始して以来、利用者10万人の達成まで昨日であと84人となってございます。試行運転開始412日目の本日に達成する見込みでございます。これもご報告を申し上げたいというふうに思います。


 なお、今後の諸行事につきましては、9月3日には精華町防災訓練、9月9日には精華町敬老会、9月10日には第33回町民体育大会が開催をされます。議員の皆様方にはぜひともご臨席を賜り、諸行事が盛大に開催できますようご理解とご協力をお願い申し上げます。


 なお、先ほどプールの際のご説明の際に小学校のプールと申し上げましたが、小中合わせてのプールでございますのでお詫びし、訂正を申し上げます。


 最後になりますが、教育委員会の関係についてでございますが、この間、各種の大会が開催をされまして、その成績につきましてはお手元に配付の資料のとおりでございます。ご覧いただきたいと存じます。


 なお、貴重な時間を拝借いたしましてまことにありがとうございました。これで行政報告を終わらせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長  これで行政報告は終わりました。


○議長  日程第4、第72号議案 精華町教育委員会委員の任命同意を求めることについての件を議題とします。


 提出者の説明を求めます。町長どうぞ。


○町長  それでは第72号議案、提案をさせていただきます。


 精華町教育委員会委員の任命同意を求めることについて


 次の者を精華町教育委員会委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき議会の同意を求めます。


 平成18年8月29日提出 町長


 提案理由でございます。平成18年4月21日付で精華町教育委員会委員の辞職があり欠員が生じているため、新たに任命いたしたく議会の同意を求めるため提案するものでございます。


 おめくりをいただきたいと思います。お名前は太田信之様でございます。生年月日、昭和18年10月13日生まれ。住所は京都府宇治市木幡東中5番地の28でございます。


 参考資料を添えておりますけれども、太田信之様の経歴でございます。昭和42年3月に京都教育大学を卒業されまして、同年9月に京都府に採用され、京都府山城教育局に配属になり、以降、京都府教育庁及び知事部局で勤務され、平成7年4月から京都府山城教育局長、平成13年4月からは教育庁指導部長につかれ、平成15年3月で京都府を退職されました。そして平成15年4月からは京都府総合教育センターの参与、平成16年11月からは特別養護老人ホーム梅林園園長となられ、平成18年5月に退職されました方でございます。太田様は今日まで、特に教育行政に精通されており、大変見識のある方であります。そうしたことから今回、太田様が教育委員に適任と判断をいたしたところでございます。任期につきましては前任者の残任期間となります平成18年10月7日まででございます。どうかご理解の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。


 これで提案説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長  提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。質疑ありませんか。


              (なしの声)


○議長  質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 討論を省略してお諮りすることに異議ありませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。


 これから日程第4、第72号議案 精華町教育委員会委員の任命同意を求めることについての件を採決します。


 本件はこれに同意することに賛成の議員は起立願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員です。よって日程第4、第72号議案 精華町教育委員会委員の任命同意を求めることについての件は同意することに決定しました。


○議長  日程第5、報告第11号 平成17年度祝園駅西特定土地区画整理事業ペデストリアンデッキ上部整備工事請負契約変更の専決処分の報告についての件を議題とします。


 報告願います。事業部長どうぞ。


○渕上事業部長  それでは報告第11号を事業部長がかわって報告を申し上げます。


 報告第11号 平成17年度祝園駅西特定土地区画整理事業ペデストリアンデッキ上部整備工事請負契約変更の専決処分の報告について


 地方自治法第180条第1項の規定に基づき次のとおり専決処分したので同条第2項の規定により報告します。


 平成18年8月29日報告 町長


 おめくりください。


               専決処分書


 平成17年度祝園駅西特定土地区画整理事業ペデストリアンデッキ上部整備工事請負契約変更について地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をする。


 平成18年7月4日 町長


 記としまして、契約の目的でございます。平成17年度祝園駅西特定土地区画整理事業ペデストリアンデッキ上部整備工事でございます。契約金額、3億4,046万9,850円。契約の相手方、大阪市中央区北浜東4番33号、大林・西島共同企業体、代表者株式会社大林組取締役社長 脇村典夫でございます。


 4ページをおめくりください。次に参考資料でご説明をさせていただきます。4ページをお開きください。工事施工場所についてでございますけれども、精華町大字祝園地内です。工事変更概要につきましては施工延長78.6メーター、これにつきましては変更ございません。有効幅員4メーター、これについても変更ございません。橋梁の附帯工でございますけれども、デッキからデッキ桁カバー設置工からデッキ舗装工まで変更ございません。今回変更させていただきましたのは橋面防水工、アスファルト系塗膜防水でございます。これにつきまして483平米追加でございます。歩道部舗装工110平米追加でございます。エレベーター設置工につきましても変更はございません。変更理由としましては、デッキ内部への雨水等の浸入を防ぎ腐食を防止するためデッキ鋼床版の橋面防水工としてアスファルト系塗膜防水工を追加するものであります。これにつきましては前回、JFEエンジニアリングに発注しました当該デッキの1期工事で実施するものでありましたけれども、防水工の上に施工するタイル舗装工の施工時期とかなりの期間、約6カ月間開いてしまうため1期工事で廃工としたもので、今回工事について追加し、橋面舗装を合わせて実施するものであります。


 2番目としまして、ペデストリアンデッキ供用に当たり通行者の安全を図るため、各階段への歩道のすりつけを行う歩道部舗装工を実施するものであります。残る部分の舗装工事につきましては、既に発注しております別途工事にて実施することといたしておりまして、デッキをご利用いただける最小の範囲の歩道舗装を追加いたしました。


 4点目の契約金額でございますけれども、変更契約の金額、増額236万9,850円、前回までの契約金額3億3,810万円、合計金額3億4,046万9,850円でございます。工期につきましては18年8月31日まででございます。


 6ページ、位置図において追加施工しました歩道部舗装工の施工箇所を赤色で示させていただいております。


 次に7ページの全体一般図をご覧いただきたいと思います。前年度までの工事で完了しておりました範囲を青色で、今回、大林・西島共同企業体へ発注しました工事範囲を緑色で示しております。図の右上、標準断面図に赤色で示しております防水層が今回追加施工いたしましたアスファルト系塗膜防水工でございます。


 以上で簡単でありますけれども第11号の報告を終わらせていただきます。


○議長  以上で報告第11号についての件は終わりました。杉山議員どうぞ。


○杉山  このことについて助役がね、発言せんなんことあると思うねん、助役さん。議運でおれ確認してたやろ。


○議長  助役どうぞ。


○助役  議運の際に杉山議員の方から、竣工時において、当日、竣工式当日、雨が降っておりまして、今回デッキを設置した部分と既設の部分の取り合いから雨水が浸入をしているというご指摘を受けました。これについて説明を求められたものでございます。事業部長の方から説明をさせますのでよろしくお願い申し上げます。


○議長  事業部長どうぞ。


○渕上事業部長  7月21日の開通式の雨の中、出席いただきましてありがとうございました。その節、ご質問の雨漏りについてでありますけれども、翌日の7月22日におきまして、JRサイドにおきまして駅舎屋根部に登っていただきまして、原因と思われる箇所を検討しまして、25日には原因と思われます箇所を含め、屋根全体の接合部のコーキングを打ち替えをしていただいたところであります。その後の雨、一番多く降ったのが8月26日、時間当たり11ミリでありましたけれども、このときには雨漏りはしてございません。今後とも町とJRとが監視する中で異変がありましたら対応していきたいというふうに考えてございます。この対応の体制につきましても、JR祝園駅から長尾駅、そして精華町というふうに入ってくるようになってございます。今後、この雨につきましても、精華町で実施施工しました業者の方にもですね、対応策を講じるようにしてございます。現在のところ考えられますのは、JRの駅舎の方からですね、屋根を、雨漏りがですね、来ておるということで、今回のペデストリアンデッキからの接合部のところ以外はですね、発生しておらないということになっておるんですけれども、今後も監視する中で十分な対応を図っていきたいというふうに考えてございますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。


○議長  杉山議員よろしいですか。どうぞ。


○杉山  JRのね、屋根との接続の部分が雨漏りしたと、ペデストリアンデッキの発注については関係ないねやというようなね、見解のように受け止めるわけやけれども、最初からね、あの接続の部分も含めてね、設計書に入ってるはずなんですね。だから別の問題ではないわけですよ。別の問題やというね、認識を持ってたらね、僕は大きな間違いじゃないかなと思うんです。そこでもう一つお尋ねするけれども、竣工検査はだれが立ち会うてだれがオーケーしたんかね、それも一つ聞いておきたいと思います。


○議長  はい、答弁願います。事業部長どうぞ。


○渕上事業部長  竣工検査におきましては私、事業部長と担当の監理課長でございます。今申されましたように接続部分につきましても設定はさせていただいておりますけれども、実際に以前よりですね、雨漏りがあって、それが屋根の方に含みがあったというようなことがございまして、そこもずっと調べさせていただいて、かびが生えているような状況であったということがございますので、それをもとにJRと協議しまして、とりあえずJRの方がですね、屋根に登って修理をさせていただいたと。今後も、今申されますようにペデストリアンデッキの施工者、これにつきましてもですね、現在指示をしてございますので、今申されましたように十分対応を図っていきたいと思っておりますので、よろしくご了解のほどお願いしたいと思います。以上です。


○議長  以上で報告第11号についての件は終わります。


 これで本日の日程は全部終了しました。


 これで会議を閉じ、平成18年第2回精華町臨時会を閉会します。大変ご苦労さまでした。


            (時に10時28分)


─────────────────────────────────────


 この会議録の記載は適正であると認めここに署名する。





   平成18年  月  日





          精華町議会議長





          署名議員





          署名議員