議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 久御山町

平成26年第4回定例会(第1号12月 4日)




平成26年第4回定例会(第1号12月 4日)





       平成26年第4回久御山町議会定例会会議録(第1号)


 



1.招集年月日 平成26年12月4日





2.招集の場所 久御山町役場議会棟議場





3.開   会 平成26年12月4日午前10時00分 議長樋口房次さん宣告





4.出席議員


          1番 中   大 介


          2番 島   宏 樹


          3番 内 田 孝 司


          4番 田 口 浩 嗣


          5番 樋 口 房 次


          6番 河原? 博 之


          7番 堤   健 三


          8番 岩 田 芳 一


          9番 戸 川 和 子


          10番 中 井 孝 紀


          11番 塚 本 五三藏


          12番 巽   悦 子


          13番 三 宅 美 子


          14番 林     勉


5.欠席議員


          な し


6.会議録署名議員


          6番 河原? 博 之


          12番 巽   悦 子


7.本会議に職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    ? 橋 光 雄


   議会事務局次長   樋 口 嘉 之


   議会事務局主査   小 野 彰 子


8.地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名


   町長        信 貴 康 孝


   副町長       田 中 悠紀彦


   教育長       山 本 悦 三


   総務部長      大 塚 健 司


   民生部長      今 道 耕 治


   事業建設部長    田 島   茂


   消防長       山 田 清 文


   教育次長      田 口 賀 彦


   教育委員会参事   松 本 正 之


   総務課長      森 山 公 雄


   行財政課長     岡 本 裕 史


   税務課長      大久保   淳


   住民福祉課長    平 吾 昌 子


   長寿健康課長    ? 田 博 和


   国保医療課長    川 ? 治 道


   環境保全課長    加 藤 剛 志


   産業課長      内 座 元 巳


   産業課担当課長   池 田   孝


   上下水道課長    吉 岡 俊 郎


   会計管理者     ? 味 幸 子


   消防次長      森   保 彦


   消防署長      松 井 和 人


   社会教育課長    田 井   稔


9.議事日程


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 諸般の報告


  日程第4 行政報告


       報告第10号 自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について(町


             長提出)


       報告第11号 自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について(町


             長提出)


       報告第12号 自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について(町


             長提出)


  日程第5 久御山町選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について


  日程第6 意見案第2号 「手話言語法」制定を求める意見書(議員提出)


  日程第7 議案第65号 久御山町職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定につ


             いて(町長提出)


       議案第66号 久御山町放課後児童健全育成施設の設置及び管理に関する条例


             制定について(町長提出)


       議案第67号 久御山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定


             介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に


             関する基準を定める条例制定について(町長提出)


       議案第68号 久御山町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例制定


             について(町長提出)


       議案第69号 久御山町国民健康保険条例一部改正について(町長提出)


       議案第70号 久御山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営


             に関する基準を定める条例等一部改正について(町長提出)


       議案第71号 久御山町消防団員等公務災害補償条例一部改正について(町長


             提出)


       議案第72号 平成26年度久御山町一般会計補正予算(第3号)の専決処分


             につき承認を求めることについて(町長提出)


       議案第73号 平成26年度久御山町一般会計補正予算(第4号)(町長提


             出)


       議案第74号 平成26年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正


             予算(第2号)(町長提出)


       議案第75号 平成26年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)(町長提出)


       議案第76号 平成26年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)


             (町長提出)


       議案第77号 平成26年度久御山町水道事業会計補正予算(第2号)(町長


             提出)


       議案第78号 財産の取得について(町長提出)


10.会議の経過


              午前10時00分 開会


○議長(樋口房次さん) 皆さんおはようございます。平成26年第4回久御山町議会定例会が招集されましたところ、議員の皆様方には12月に入り、公私とも大変お忙しい中、御参集をいただき、まことに御苦労さまでございます。


 これより信貴町長の挨拶を受けたいと思います。


 信貴町長


         (町長信貴康孝さん登壇)


○町長(信貴康孝さん) 皆さんおはようございます。開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 本日ここに、平成26年第4回久御山町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私とも大変お忙しい中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。


 御存じのとおり、11月21日に衆議院が解散されまして、一昨日から第47回衆議院議員選挙が始まりました。


 今回の総選挙は、突然の解散の中で、アベノミクスにおける経済対策が大きな焦点となっていますように、今後の日本経済にも大変大きな影響を与える選挙ではないかと考えております。


 この選挙は、私たち地方自治体におきましても、地域経済への影響も大きく、今後の選挙戦の動向を注視していく中で、住民の皆様にはしっかりと投票行動を行っていただけるように選挙啓発に努めてまいりたいと考えております。


 さて、ことしは、本町にとりましては、町制施行60周年の記念の年としまして、記念式典を初め、各種の記念事業への取り組みを進めてまいりました。


 改めまして、先人の皆様が心血を注ぎ、夢と情熱を抱いてこられました、この久御山町の礎を進化させ、次世代につなげていくために、初心に立ち戻り、「みんなで築こう次代に誇れるわがまち久御山」を私の町政運営の基本理念として、望んでまいりたいと考えております。


 現在、本町まちづくりの羅針盤となります第5次の総合計画の策定を行っており、住民アンケートなどの基礎調査結果等をもとに、行政内部におきまして、課題や問題点を整理する中で、今後のまちづくりの方向性を検討しているところであります。


 今後、一定の素案ができました段階で議員の皆様におかれましても、御意見や御指導を賜りますようお願いを申し上げます。


 今期定例会に提案をいたしております議案につきましては、条例の制定並びに一部改正で7件、補正予算6件、財産取得1件の計14議案となっております。


 何とぞ、各議案とも十分な御審議の上、御可決を賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、開会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) ただいまの出席議員は全員であります。


 よって、平成26年第4回久御山町議会定例会は成立いたしました。


 これより開会いたします。


 本日の会議を開きます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 議事日程は、先に配付したとおりでございます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、議長において6番 河原?博之さん、12番 巽 悦子さんを指名いたします。


 以上の両名に差し支えのある場合には、次の順序の議席の方にお願いをいたします。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から12月24日までの21日間といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よりまして、会期は、本日から12月24日までの21日間と決定いたしました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第3、諸般の報告を行います。


 まず、去る10月20日に開催されました京都府議会市町村議会正副議長合同研修会、10月21、22日に第81回町村議会広報研修会に議員派遣を行いました。


 また、11月7日に開催されました近畿地方治水大会に議員派遣を行いました。この派遣は、閉会中でありましたので、議長決定を行いました。その結果について、派遣議員から報告を受けましたので、お手元に配付のとおり、報告をいたします。


 本日の会議に、議員島 宏樹さんから、「手話言語法」制定を求める意見書案が提出されました。


 次に、本定例会に町長から久御山町職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定について、ほか議案13件、報告3件の提出がありました。


 次に、本定例会に説明員として、町長等から田中悠紀彦副町長ほか、関係者の出席報告がありましたので、御了承願います。


 次に、本定例会において、一般質問を許す予定でありますので、質問をされる方は、本日午後4時までに通告書を議会事務局へ提出されますよう、通知をいたします。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第4、行政報告を行います。


 これを許します。


 大塚総務部長


         (総務部長大塚健司さん登壇)


○総務部長(大塚健司さん) それでは、報告第10号、自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について、御説明申し上げます。


 去る平成26年6月28日、京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町18の学校法人大和学園京都栄養医療専門学校正門において発生いたしました車両接触事故による損害賠償につきまして、損害賠償の額として49万6800円を地方自治法第180条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 以上、報告第10号の説明とさせていただきます。


○議長(樋口房次さん) 田島事業建設部長


         (事業建設部長田島 茂さん登壇)


○事業建設部長(田島 茂さん) 続きまして、報告第11号、自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について、御説明を申し上げます。


 去る平成26年1月6日、久御山町佐古清水11地先におきまして発生いたしました車両自損事故による損害賠償につきまして、損害賠償の額として105万7400円を地方自治法180条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 以上、報告第11号の説明とさせていただきます。


○議長(樋口房次さん) 山田消防長


         (消防長山田清文さん登壇)


○消防長(山田清文さん) 続きまして、報告第12号、自動車事故による損害賠償に係る専決処分の報告について、御説明を申し上げます。


 去る平成26年5月22日、久御山町佐山栗ノ脇24地先において発生いたしました車両接触事故による損害賠償につきまして、損害賠償の額として5万9400円を地方自治法第180条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 以上、報告第12号の説明とさせていただきます。


○議長(樋口房次さん) 以上で、行政報告を終わります。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第5、久御山町選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を行います。


 この選挙は、地方自治法第182条第1項及び第2項の規定により、議会において選挙することとなっています。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、指名の方法は、議長において指名することに決しました。


 指名いたします。


 久御山町選挙管理委員会委員には、澤邉 忍さん、内田雅嗣さん、塩屋千鶴さん、曽束正義さん、以上の方を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました方を久御山町選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました、澤邉 忍さん、内田雅嗣さん、塩屋千鶴さん、曽束正義さん、以上の方が久御山町選挙管理委員会委員に当選されました。


 次に、久御山町選挙管理委員会委員補充員の指名をいたします。


 第1順位、西岡富子さん、第2順位、土尾正晴さん、第3順位、岡本京子さん、第4順位、岡井文彦さん、以上の方を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしました方を、久御山町選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました第1順位、西岡富子さん、第2順位、土尾正晴さん、第3順位、岡本京子さん、第4順位、岡井文彦さん、以上の方が、久御山町選挙管理委員会委員補充員に当選されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第6、意見案第2号、「手話言語法」制定を求める意見書を議題といたします。


 意見案の朗読を省略し、提出者から提案理由の説明を求めます。


 2番、島 宏樹さん。


         (島 宏樹さん登壇)


○2番(島 宏樹さん) 皆さんおはようございます。


 ただいま議題となりました意見案第2号、「手話言語法」制定を求める意見書につきまして、提案理由を御説明申し上げます。


 手話でコミュニケーションをとる方は、全国で約6万人と言われていますが、潜在的に手話を必要とする方はさらに多いと言われています。しかしながら、我が国では、手話は日本語の習得を妨げるものとして誤解され、聾学校では、手話の教科がなく、授業では手話が禁止され、生徒同士が手話を使うことさえも制限されてきた長い歴史があります。


 手話は、日本語を音声だけでなく、手や指、体の動きや顔の表情を使う独自の言語です。音声が聞こえない、音声で話すことができないなど、聴覚障害者にとって、日常生活や社会生活を営む上で、手話は大切な情報獲得とコミュニケーションの手段です。


 したがって、手話が音声言語と対等な言語であること、そして、聞こえない子供が手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使え、さらには手話を言語として普及・研究することのできる環境整備に向けた「手話言語法(仮称)」制定を実現することは大変重要であると考えます。


 何とぞ趣旨を御理解いただきまして、御可決いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(樋口房次さん) これより質疑を行います。


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


 塚本議員。


         (塚本五三藏さん登壇)


○11番(塚本五三藏さん) おはようございます。11番、緑風会塚本五三藏でございます。


 ただいま議題となっております意見案第2号、「手話言語法」制定を求める意見書に賛成の立場から、討論いたします。


 大多数の方々は声を出し、それを耳で聞くことによって、コミュニケーションをとっておられます。しかし、音声言語のほかに、手や指や体などの動きや顔の表情によって、コミュニケーションをとる視覚言語に手話があります。


 しかし、手話は、法的には言語として認められず、視覚障害者はいろいろな場面で不利益をこうむり、差別されていました。また、手話通訳士は全国で登録されている方は、約3200名しかおられません。日本で手話通訳者が少ない原因として、手話通訳士を養成する大学や専門学校が全国で数カ所しかないことが指摘されております。


 ところで、外国では、手話言語法が成立し整っていることにより、手話通訳者の養成に対して、支援や助成金などのさまざまな助成制度があることから、手話通訳者を目指す方々が多いと言われております。


 また、日本国内で全国的に手話通訳の配置や派遣、その条件などに統一基準がないため、各自治体の判断となっており、したがって、手話通訳の配置・派遣、その条件などは自治体ごとにばらばらであります。


 手話言語法が制定される運びとなれば、全ての自治体に手話通訳が常時配置されることになり、手話通訳派遣の条件も全国的に統一され、自治体間での格差は解消されます。


 2006年に国連障害者権利条約が採択され、障害者の権利を守るための国内法を整備するよう求められました。


 その後、日本では、改正障害者基本法において、言語に手話を含むと明記されました。


 しかし、改正障害者基本法は、手話について細かく規定する法律にはなっておらず、法律制定後も手話の置かれている環境にほとんど変化はありません。改正障害者基本法からさらに踏み込み、手話の認知をより確かなものにし、手話言語に関する権利をより実効性を持って、保証していくためには、手話言語法の制定が必要であります。


 手話は、言語であり、そのことが実際の生活に生かされるようにするためには、具体的な法整備が必要であります。


 以上、賛成討論といたします。


○議長(樋口房次さん) ほかに討論はございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより意見案第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、意見案第2号、「手話言語法」制定を求める意見書は、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま可決されました意見書の関係機関への提出については、議長に一任願いたいと思います。これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、そのようにお取り計らいさせていただきます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第7、議案第65号、久御山町職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定についてから、議案第78号、財産の取得についてまでの14議案を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、町長から提案理由の説明を求めます。


 信貴町長


         (町長信貴康孝さん登壇)


○町長(信貴康孝さん) ただいま議題となりました議案第65号から議案第78号までの14議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議案第65号、久御山町職員の公益的法人等への派遣等に関する条例制定について、御説明を申し上げます。


 公益的法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律に基づき、公益的法人等への職員派遣に関し必要な事項を定めるため、本条例を制定いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第66号、久御山町放課後児童健全育成施設の設置及び管理に関する条例制定について、御説明を申し上げます。


 久御山町放課後児童健全育成事業の実施に伴う施設の設置場所及び管理に関する必要な事項を定めるため、本条例を制定いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第67号、久御山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例制定について、御説明を申し上げます。


 第3次一括法において、介護保険法の一部改正がされたことに伴い、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定めるため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第68号、久御山町包括的支援事業の実施に関する基準を定める条例制定について、御説明を申し上げます。


 第3次一括法において、介護保険法の一部改正がされたことに伴い、包括的支援事業の実施に関する基準を定めるため、本条例を制定いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第69号、久御山町国民健康保険条例一部改正について、御説明を申し上げます。


 健康保険法施行令等の一部を改正する政令の施行に伴い、出産育児一時金の額を改めるため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第70号、久御山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例等一部改正について、御説明を申し上げます。


 地域密着型サービスの運営の独自基準等の整備を図るとともに、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律において、介護保険法の一部改正がされたことに伴い、関係条例の整備をするため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第71号、久御山町消防団員等公務災害補償条例一部改正について、御説明を申し上げます。


 次代の社会を担う子どもの健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部を改正する法律の施行に伴い、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第72号、平成26年度久御山町一般会計補正予算(第3号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明を申し上げます。


 この補正予算(第3号)は、去る11月21日の衆議院の解散に伴い、12月14日に執行されます衆議院議員総選挙に係る経費を補正いたしたもので、歳入歳出それぞれ754万2000円を追加いたし、総額が65億5528万8000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、府支出金の総務費委託金で754万2000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費の衆議院議員選挙費で754万2000円を計上いたしたところでございます。


 なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、11月21日付で専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第73号、平成26年度久御山町一般会計補正予算(第4号)について、御説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1億8538万1000円を追加いたし、総額が67億4066万9000円と相なった次第でございます。


 それでは、補正予算の主なものにつきまして、御説明を申し上げます。


 まず、歳入におきましては、町税では固定資産税で1000万円を計上いたしております。


 国庫支出金では、障害者自立支援給付費国庫負担金で650万円、社会保障税番号制度システム整備費補助金で98万1000円を計上いたしております。


 府支出金では、障害者自立支援給付費府費負担金で325万円、農業委員会交付金等で183万6000円、京野菜生産加速化事業補助金で170万6000円、京野菜ランド拡大強化事業補助金で200万円、強い農業づくり対策事業費補助金で6858万円、避難施設等緊急時電力確保促進事業補助金で147万9000円などを計上いたし、繰入金では、歳入歳出の財源調整として、財政調整基金繰入金で8770万8000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費では、庁舎維持管理事業で334万8000円を、税務総務一般事務費の町税過誤納還付金等で250万円などを計上いたし、民生費では、障害者自立支援事業で1300万円を、国民健康保険特別会計への繰出金で5130万2000円、後期高齢者医療一般事務費で669万3000円などを計上いたしております。


 衛生費では、家庭ごみ収集事業で38万円を計上いたし、農林水産業費では、農産物直売所運営補助事業で200万円、京野菜生産加速化事業で170万6000円、強い農業づくり対策事業で6858万円、産地確立対策事業で210万円などを計上いたし、商工費では、商工振興一般事務費で319万円を計上いたしております。


 土木費では、道路橋梁維持管理事業で730万円を、公園維持管理事業で142万2000円、公共下水道事業特別会計繰出金で658万5000円などを計上いたし、そして、教育費では、中学校施設整備事業で148万円などを計上いたしたところでございます。


 次に、議案第74号、平成26年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)について、御説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれに5834万4000円を追加いたし、総額が21億6856万9000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、国庫支出金で705万2000円を、繰入金の一般会計繰入金で5130万2000円をそれぞれ計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、保険給付費で5780万6000円を、諸支出金で53万8000円を計上いたしたところでございます。


 次に、議案第75号、平成26年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、御説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ658万5000円を追加いたし、総額が8億8931万円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、一般会計繰入金で658万5000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、需用費の一般管理費で11万5000円を減額いたし、下水道築造費で670万円を計上いたしたところでございます。


 次に、議案第76号、平成26年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、御説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ875万3000円を追加いたし、総額が11億5441万6000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、繰入金のその他一般会計繰入金で75万3000円を、基金繰入金で800万円をそれぞれ計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費の一般管理費で75万3000円を、保険給付費の介護サービス等諸費で800万円をそれぞれ計上いたしたところでございます。


 次に、議案第77号、平成26年度久御山町水道事業会計補正予算(第2号)について、御説明を申し上げます。


 今回の補正につきましては、収益的支出では、営業費用で10万8000円を追加いたし、総額が5億6561万2000円と相なった次第でございます。


 一方、資本的収入では、分担金で1002万6000円を追加いたし、総額を2億3294万1000円に、資本的支出では、建設改良費で700万円を追加いたし、総額が3億197万9000円と相なった次第でございます。


 そして、議案第78号、財産の取得について、御説明を申し上げます。


 今般、老朽化した現行の久御山町議会議場音響映像システムを更新するに当たり、京都通信特機株式会社から2343万6000円で議会議場音響映像システムを取得いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 以上、議案第65号から議案第78号までの14議案につきましての御説明とさせていただきます。


 何とぞ、各議案とも十分に御審議をいただきまして、御可決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(樋口房次さん) お諮りいたします。


 ただいま、議題となっております14議案につきましては、本日は提案の説明だけにとどめ、後日審議することにいたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、議案第65号から議案第78号までの14議案は、後日審議することに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 以上をもちまして、本日の議事日程は、全て終了いたしました。


 この際、通知いたします。


 明5日から17日までの13日間は休会とし、来る12月18日午前10時から本会議を再開いたしますので、御出席くださいますよう通知いたします。


 本日はこれにて散会いたします。


 御苦労さまでございました。


              午前10時39分 散会





 上記は会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





  久御山町議会議長       樋  口  房  次





      署名議員       河原?   博  之





      署名議員       巽     悦  子