議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 久御山町

平成24年第4回定例会(第3号12月21日)




平成24年第4回定例会(第3号12月21日)





        平成24年第4回久御山町議会定例会会議録(第3号)





 



1.招集年月日 平成24年12月21日





2.招集の場所 久御山町役場議会棟議場





3.開   会 平成24年12月21日午前10時00分 議長樋口房次さん宣告





4.出席議員


          1番 中   大 介


          2番 島   宏 樹


          3番 内 田 孝 司


          4番 田 口 浩 嗣


          5番 樋 口 房 次


          6番 河原? 博 之


          7番 堤   健 三


          8番 岩 田 芳 一


          9番 戸 川 和 子


          10番 中 井 孝 紀


          11番 塚 本 五三藏


          12番 巽   悦 子


          13番 三 宅 美 子


          14番 林     勉


5.欠席議員


          な し


6.会議録署名議員


          1番 中   大 介


          9番 戸 川 和 子


7.本会議に職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    阪 本 良 弘


   議会事務局次長   佐 野 博 久


   議会事務局係長   川 越 みずほ


8.地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名


   町長        信 貴 康 孝


   副町長       伏 見 英 順


   教育長       山 本 悦 三


   総務部長      奥 村 博 已


   民生部長      神 原   均


   事業建設部長    南   教 之


   上下水道部長    南   邦 広


   消防長       山 田 清 文


   教育次長      木 村 武 司


   会計管理者     広 瀬 隆 司


   総務課長      内 座 元 巳


   企画財政課長    大 塚 健 司


   広報行政課長    石 田 茂 幸


   税務課長      田 島   茂


   社会福祉課長    今 道 耕 治


   長寿健康課長    中 塚 秀 克


   住民課長      川 ? 治 道


   国保医療課長    北 村   治


   環境保全課長    蜷 川 保 夫


   建設整備課長    奥 田 泰 嗣


   都市計画課長    原 田   明


   産業課長      松 本 正 之


   消防次長      信 貴 半 次


   消防署長      革 島 利 信


   水道課長      安 田 英四郎


   学校教育課長    ? 橋 光 雄


   社会教育課長    田 井   稔


9.議事日程


  日程第1 常任委員会の調査報告


  日程第2 常任委員会の閉会中の継続調査について


        件 名 ・行財政及びまちづくりについて(総務事業常任委員会)


            ・福祉及び教育について(民生教育常任委員会)


  日程第3 議員派遣について


  日程第4 請願第1号 生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書の提出を


             求める請願(民生教育常任委員会)


  日程第5 議案第41号 平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定について(決


             算特別委員会)


       議案第42号 平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入


             歳出決算認定について(決算特別員会)


       議案第43号 平成23年度久御山町三郷山財産区特別会計歳入歳出決算認定


             について(決算特別委員会)


       議案第44号 平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認


             定について(決算特別委員会)


       議案第45号 平成23年度久御山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて(決算特別委員会)


       議案第46号 平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認


             定について(決算特別委員会)


       議案第47号 平成23年度久御山町水道事業会計決算認定について(決算特


             別委員会)


  日程第6 議案第58号 久御山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営


             に関する基準を定める条例制定について(町長提出)


  日程第7 議案第59号 久御山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備


             及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予


             防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例制定


             について(町長提出)


  日程第8 議案第60号 久御山町指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介


             護予防サービス事業者の指定に関する条例制定について(町長


             提出)


  日程第9 議案第61号 久御山町移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準


             を定める条例制定について(町長提出)


  日程第10 議案第62号 道路法に基づく町道の構造の基準に関する条例制定について


             (町長提出)


  日程第11 議案第63号 久御山町の町道に設置する道路標識の寸法等に関する条例制定


             について(町長提出)


  日程第12 議案第64号 久御山町準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例


             制定について(町長提出)


  日程第13 議案第65号 久御山町移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関


             する基準を定める条例制定について(町長提出)


  日程第14 議案第66号 久御山町布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技


             術管理者の資格基準に関する条例制定について(町長提出)


  日程第15 議案第67号 公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例一部改正について


             (町長提出)


  日程第16 議案第68号 久御山町実費弁償条例一部改正について(町長提出)


  日程第17 議案第69条 久御山町立幼稚園保育料条例一部改正について(町長提出)


  日程第18 議案第70号 久御山町都市公園条例一部改正について(町長提出)


  日程第19 議案第71号 久御山町公共下水道条例一部改正について(町長提出)


  日程第20 議案第72号 久御山町都市下水路条例一部改正について(町長提出)


  日程第21 議案第73号 平成24年度久御山町一般会計補正予算(第4号)の専決処分


             につき承認を求めることについて(町長提出)


  日程第22 議案第74号 平成24年度久御山町一般会計補正予算(第5号)(町長提


             出)


  日程第23 議案第75号 平成24年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正


             予算(第2号)(町長提出)


  日程第24 議案第76号 平成24年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)(町長提出)


  日程第25 議案第77号 平成24年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)


             (町長提出)


  日程第26 議案第78号 平成24年度久御山町水道事業会計補正予算(第2号)(町長


             提出)


  日程第27 議案第79号 久御山町指定管理者の指定について(町長提出)


  日程第28 議案第80号 久御山町部設置条例及び久御山町水道事業の設置等に関する条


             例一部改正について(町長提出)


10.会議の経過


              午前10時00分 開会


○議長(樋口房次さん) 皆さん、おはようございます。議員の皆様方には公私とも大変お忙しい中、御参集をいただきまして、まことに御苦労さまでございます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) ただいまの出席議員は全員であります。


 本日の会議を開きます。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第1、常任委員会の調査報告を行います。


 まず、行財政及びまちづくりについて、総務事業常任委員会の報告を求めます。


 岩田総務事業常任委員長。


         (総務事業常任委員長岩田芳一さん登壇)


○総務事業常任委員長(岩田芳一さん) おはようございます。


 総務事業常任委員会の閉会中の事務調査について、報告を行います。


 当委員会は、去る11月12日に総務部長、総務課及び事業建設部長、建設整備課に出席を願い、行財政及びまちづくりの中で、防災について現地調査を行いました。


 本年8月の豪雨災害が発生したことによって、防災から見た町内河川状況についてを担当課から説明を受け、そして、観世サイホン・中内サイホン・大内川サイホンを現地視察いたしました。


 淀川水系については、滋賀県・奈良県など近畿地方のほとんどを流域とし、宇治川・木津川・桂川の3川が合流して淀川となり、大阪湾に注いでいるとのこと。大雨が降ると本町にも影響を及ぼすこととなるとのこと。


 古川の流域については、城陽市・宇治市・久御山町を流域として、約52平方キロメートルとなっており、8月の南部大雨レーダー図で、宇治市・久御山町に局地的な大雨が降ったことが示され、古川流域についても、大雨となったことが示されているとのことでした。


 古川の水位と雨量の比較においては、平成23年に奈良県を初め、紀伊半島に甚大な被害を及ぼした台風12号と8月の豪雨と比較して、古川流域では局地的な大雨には特に注意を要するとのことでした。8月の豪雨による本町の周辺の水位は古川流域では短時間に特定の範囲で強い雨が降りましたが、宇治川、木津川流域では、比較的雨が少なかったため、水位は上昇しなかったとのことでした。国土交通省久御山排水機場では、毎秒90トンの排水能力を有しており、巨椋池排水機場では毎秒80トンの排水能力を有しているとのことでした。


 巨椋池の排水については、上段を流域とする古川は国土交通省久御山排水機場を経て宇治川へ排水されて、中段、下段については、大内川、中内、観世サイホンにて、巨椋池排水幹線を経て、巨椋池排水機場から宇治川へ排水されているとのことでした。


 大内川の流域については、流域面積は約629ヘクタールで、荒見都市下水路、大内都市下水路が出水範囲となり、大内川サイホンを経て巨椋池幹線、宇治川へ排水されているとのことでした。大内川サイホンの疎通能力は毎秒33トンとのことでした。


 中内地域については、流域面積は約120.7ヘクタールで、中内を経て巨椋池排水幹線、宇治川を経て排水されているとのこと。中内サイホンの疎通能力は毎秒9トンとのことでした。


 観世の流域については、流域面積は64.55ヘクタールで、観世サイホンを経て巨椋池排水幹線、宇治川を経て、排水をされているとのことでした。


 佐山都市下水路の流域については、流域面積は約42ヘクタールで、佐山排水機場を経て古川へ排水されているとのことでした。


 以上の説明を受け、各委員から、ホームページを見ても名木川がわからないが、府は何も言わないのか。名木川の堤防が低いということだが大丈夫か。府が河川管理をしているので安全対策をきちんとしてもらいたいがどうか。ポンプを改修ではなくて、改善はできないのかなどの質問が出されました。


 当委員会は今後の閉会中の事務調査として、行財政及びまちづくりについて、調査を行ってまいりたいと考えていますので、議決いただきますようよろしくお願いを申し上げまして、以上で、総務事業常任委員会の報告を終わります。


○議長(樋口房次さん) 次に、福祉及び教育について、民生教育常任委員会の報告を求めます。


 塚本民生教育常任委員長。


         (民生教育常任委員長塚本五三藏さん登壇)


○民生教育常任委員長(塚本五三藏さん) 民生教育常任委員会の閉会中の事務調査につきまして、御報告をいたします。


 当委員会は、去る11月21日に民生部社会福祉課と長寿健康課に出席を願い、あいあいホール・いきいきホール・荒見苑について、調査を行いました。


 初めに、あいあいホールについて、少子化の進行と核家族の増加する状況の中で、母親が家庭の中で、一人で子供と向き合い、子育てし、さまざまな情報が入ってくる中、子育てがうまくいかない、同じ年ごろの子供を持つお母さんとのつながりなど、不安を持ち悩んでいる家庭が多くなって、いつでも利用できる施設の設置の声が多くありました。


 あいあいホールは、相談ができ、親同士が出会い、交流や情報交換を行い、積極的に活用され、また、子育てが終わった世代や高齢者からの助言、サポートなどが世代間交流の促進が図られる場として、地域のボランティアやマンパワーが最大限に活用できる施設として活用されています


 開館時間は、火曜日から土曜日で、利用は久御山町内在住で小学校就学前の乳幼児とその保護者であります。


 事業内容は、広場事業、あいあいサロン、みるくサロン、つどいのひろば、親子ひろば、ファミリーサポート事業などの事業に参加者が大変多いとのことであります。


 子育て相談は、近年、内容が複雑化しており、センターと関係機関との連携で相談に応じております。


 利用に関する件で10月にアンケート調査を行いましたところであります。


 次に、荒見苑。老人福祉センター荒見苑でございます。


 荒見苑は、久御山町中央公園内にあり、開館時間は平日は午前9時から午後4時30分、土曜日が9時から11時30分、休館日は日曜と年末年始であります。


 昭和58年当初から町内高齢者からの老人福祉センター建設の強い要望を受け、老人福祉センター建設懇話会を設置し、お年寄りの交流・憩いの場として、また、健康維持のためのトレーニングや入浴、趣味などを楽しんでいただける施設であります。開館は昭和60年4月で、今年度末で28年目を迎えました。


 鉄筋コンクリート2階建てで、1階には、ロビー、トレーニング室、相談室、事務室、男女浴室などを設けて、健康器具のマッサージチェアが2台、ヘルストロンが6台設置されております。


 浴室は男女別に設け、入浴日は毎週月・水・金の週3日であります。入浴時間は午後1時から3時までであります。


 2階には大広間、会議室、教養室、さつきの間、さざんかの間で多数の方が利用し、平成23年度の総利用者数は1万4203人となり、健康器具の利用者などは5033人との説明がありました。


 次に、久御山町健康センターいきいきホールでは、開館時間は、午前10時から午後8時までで、休館日は月曜日と祝日と年末年始であります。


 現在のいきいきホールの管理は、株式会社ノーザンライツ・コーポレーションが平成21年4月から指定管理者として、施設の管理運営及び設備などの維持管理を民間に委託しております。


 いきいきホールは、40歳以上の住民の健康を維持し、体力・筋力を維持・増強するために、さまざまな機器をインストラクターの指導のもと、介護予防と自立回復に努める介護予防の拠点となる施設であります。


 開館は、平成15年4月で、今年度末で10年目を迎え、トレーニングルームを利用するには、最初に、登録書と利用証の作成。次に、健康状態アンケートを記入し、専門のスタッフが分析し、健康状態を確認。3番目に体力や健康状態をもとに個々の運動プログラムを作成します。4番目に使用前にスタッフが血圧測定、問診を行い、5番目に運動プログラムに沿い、運動ができます。最後に、血圧測定をし、問診で終了であります。


 町内の居住者で40歳以上の方、料金は60歳以上が1回100円で、40歳から59歳までは200円であります。


 2階にはマッサージチェアやヘルストロンが設置され、いきいき教室は、腰痛改善体操や骨盤バランス体操が開催されております。


 平成23年度の総利用者数は1万8053人、内訳は、トレーニングルーム利用者が7620人、いきいき教室は7059人で、囲碁などの利用者数は3374人とありました。


 以上、あいあいホール・いきいきホール・荒見苑についての説明がありました。


 委員からは、アンケートの取り方、利用者の固定化や現状は、リトミックストア、参加費、耐震化の計画は、インストラクターの要素、利用者の年齢、指定管理などについて、質疑がありました。


 当委員会は、今後も閉会中の事務調査として、福祉及び教育について調査をしてまいりたいと思いますので、議決をいただきますようお願い申し上げまして、報告を終わります。


○議長(樋口房次さん) 常任委員会の調査報告は、これをもって終わります。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第2、常任委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。


 各委員長から、会議規則第75条の規定により、総務事業常任委員会は、行財政及びまちづくりについて、民生教育常任委員会は、福祉及び教育についてを閉会中の継続調査といたしたい旨の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに、御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、総務事業常任委員会の行財政及びまちづくりについて、民生教育常任委員会の福祉及び教育については、閉会中の継続調査とすることに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第3、議員派遣についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 会議規則第129条の規定により、お手元に配付いたしました内容で議員を派遣することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、議員派遣については、お手元に配付いたしました内容で議員を派遣することに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第4、請願第1号、生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書の提出を求める請願を議題といたします。


 民生教育常任委員会の報告を求めます。


 塚本民生教育常任委員長。


         (民生教育常任委員長塚本五三藏さん登壇)


○民生教育常任委員長(塚本五三藏さん) ただいま議題となりました請願第1号、生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書の提出を求める請願の審査結果について、報告をいたします。


 この請願は、去る12月4日に当委員会に付託され、12月11日の委員会において、慎重に審査を行いました。委員会においては、国の厳しい財政運営の中、さらに国に負担増を求めることにはならない。また、厳しい不況の中、生活保護だけをそのままというのは納得できない。国民年金は満額でも夫婦月額13万円少し。今後下がることも考えられる中、今回のことは同意しかねる。ほかに、年金が下がったから、生活保護基準を下げる。生活保護基準が下がったから年金を下げるでは、不況は打開できない。国民生活が破綻する。などの意見がありました。討論はなく、採決の結果、本請願につきましては賛成少数で不採択とすべきものと決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(樋口房次さん) 報告に対する質疑を行います。


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、請願第1号に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


 巽 悦子さん。


         (巽 悦子さん登壇)


○12番(巽 悦子さん) ただいま議題になっています請願第1号、生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書の提出を求める請願について、日本共産党議員団を代表して、賛成討論を行います。


 請願項目の賛成理由は以下のとおりです。


 第一の老齢加算復活は高齢者が健康で文化的な生活を営む上で必要であるからです。健康で文化的とは、食生活では十分な栄養がバランスよく取れるものでなければならず、社会的文化の水準を高め、楽しめるものでなければなりません。しかし、当時の小泉内閣構造改革政策によって、毎年2200億円の社会保障費を削減する一つとして、2004年度から段階的に減額し、2006年には廃止をいたしました。慶弔ごとなど人としてのつき合いもできなくなっているという声があります。社会通念並みの人としての営みは保障されなければならず、加算の復活は早急に行うべきです。


 第二の生活保護基準の引き下げは国民の生活水準をも引き下げてしまうからです。よく生活保護受給者よりも生活が苦しい人がいるといったことが聞かれますが、最大の理由は日本の生活保護捕捉率が15から18%で余りにも低いことにあります。ドイツやイギリスなどの90%以上と比べると、大きな格差であります。これは、日本政府の引き締め政策によるものです。


 現在、生活保護基準は住民税の課税基準や就学援助の対象基準だけでなく、公営住宅家賃や国民健康保険税、医療費、介護保険利用料、障害者の医療費、さらには高校授業料、そして、住民税や固定資産税などの減免、そしてまた、最低賃金を決定するときの目安ともなっています。つまり、生活保護基準を引き下げるということは、生活保護受給者だけでなく、住民の生活にも多大な影響を与え、生活の向上とは逆行するものです。


 第三の理由は、生活保護費の国庫負担を現行の75%から100%にすることについてですが、これは憲法25条を守り、国民の最低生活を保障する上では当然のことです。しかし、現在、国の社会保障審議会、生活部会では、生活保護を受給して当然といった困窮状態の人を放置しておきながら、その層と比べて生活保護基準のほうが高いとする比較が行われましたが、これは全く不合理なやり方であります。


 先日の衆議院選挙によって、国政の勢力関係がまた変わります。しかし、自民・民主・公明3党合意で強行した消費税の増税や社会保障制度改革推進法によって、国民の福祉や暮らしが向上する展望は全く見えません。全ての国民に健康で文化的な生活が保障されるためにも、本請願に御賛同いただきますことをお願いいたしまして、討論を終わります。


○議長(樋口房次さん) ほかに討論はございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより請願第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本請願に対する委員長の報告は、不採択であります。請願第1号を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立少数〕


○議長(樋口房次さん) 起立少数であります。


 よって、請願第1号、生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書の提出を求める請願は、不採択とすることに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第5 議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定について、議案第42号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、議案第43号、平成23年度久御山町三郷山財産区特別会計歳入歳出決算認定について、議案第44号、平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第45号、平成23年度久御山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、議案第46号、平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、議案第47号、平成23年度久御山町水道事業会計決算認定についてを一括議題といたします。


 決算特別委員会の報告を求めます。


 戸川決算特別委員会委員長。


         (決算特別委員長戸川和子さん登壇)


○決算特別委員長(戸川和子さん) ただいま議題となりました議案第41号から第47号までの7議案について、去る9月7日に当委員会に付託され、10月4日から10月31日まで現地視察を含め、延べ6日間にわたり審査を行いました。


 各議案に対する主な質疑とその結果について、報告いたします。


 まず、議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定についての審査では、議会関係では、議員共済会負担金などについて質疑があり、総務関係では、基金残高と今後の財政運営、公債費率の現状と今後の見通し、特別交付税の見通しについて、徴収率と地方税機構移行の効果、役場の組織機構再編について、町民カレンダーの作成と配布時期、地域防災計画の抜本的見直しと独自施策について、自主防災組織への活動備品配付と全地域における訓練実施、FMうじとの災害時の協定内容、防犯カメラ設置と運用状況、犯罪被害者支援事業の事業効果と相談員育成、国際交流事業の目標とその効果などについての質疑がありました。


 民生衛生関係では、利用しやすいあいあいホールのあり方と職員体制、身体障害者住宅改造等助成事業、母子療育教室の運営状況、くらしの資金貸付金の未償還残高と不納欠損処理について、乳幼児インフルエンザ補助の考え、在宅高齢者シルバーホンの事業効果と防災面での活用、シルバー人材センターの受託金額と補助金、住民票等手数料改定と住民の反応、ごみ不法投棄、犬のふん害防止パトロールの事業効果、家庭ごみ収集の業者委託の方向性、太陽光発電システムの設置補助などについての質疑がありました。


 農林商工関係では、農業振興の課題と将来計画について、農業後継者の現状、担い手育成総合支援事業補助、女性参画の展望、水田農業改造改革対策補助金の今後の方向性、農地、水、環境保全型向上対策事業の効果と今後について、アライグマ防除京都広域協議会への加入と対策について、久御山ブランド推進事業補助の見直し、まちの駅クロスピア内の農産物販売コーナーの運営、まちの駅運営協議会の運営主体などについての質疑がありました。


 土木関係では、住街区促進ゾーン整備計画とクロスピア周辺土地開発の今後の展望、木津川河川敷運動広場の利用状況と冠水への根本的な対応について、ポケットパーク整備の考え、公園の遊具点検、駐車場有料化の考え、のってこバスの利用者増加対策について、自転車事故など交通安全対策について、町道の未舗装箇所、排水路等改修整備事業の内容と安全対策、橋梁長寿命化修繕計画、東一口前川橋の工事、大内川サイホンの除じん機能力と改修の考え、都市下水路の排水能力と想定を超える豪雨などについて、質疑がありました。


 消防関係では、消防庁舎の施設維持と今後の改修計画、また、消防団への無線機配付の考えについての質疑がありました。


 教育関係では、小中学校の学力水準と学力向上対策、久御山教育研究会について、学校図書館司書の配置、中学校クラブ活動ボランティア指導者について、学校間共通の防災教育の実施。学校防犯と施設警備、土曜塾の参加状況と課題について、教育相談事業とその体制、幼保一体化事業の効果、待機児童の解消、ゼロ歳から4歳までの幼児の推移予測と保育所職員体制、完全米飯給食の実施と中学校の給食実施について、学び塾の地域拡大と地域間交流について、図書館蔵書の破損とその対応、国民文化祭の成果と継承、町民運動会の未参加自治会への対応、町民プールの老朽化と行進計画、また、冬場の有効利用について、中央公民館等への出店店舗の使用料契約などについての質疑がありました。


 以上の一般会計歳入歳出決算についての審査では、反対討論と賛成討論があり、採択の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第42号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定についての審査では、特定健診と特定保健指導について、療養給付における国庫負担、基金繰り入れと一般会計繰り入れ、国保税の徴収率と独自対策、年収200万円以下の国保加入者が4分の3であることなどについての質疑がありました。


 反対討論があり、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第43号、平成23年度久御山町三郷山財産区特別会計歳入歳出決算認定についての審査では、財産区収入とその使途、町と構成地域との関係についての質疑がありました。討論はなく、採決の結果、賛成全員で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第44号、平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての審査では、下水道整備率と未整備箇所などについて、質疑がありました。討論はなく、採決の結果、賛成全員で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第45号、平成23年度久御山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての審査では、要介護認定調査と介護サポーター派遣事業について、質疑がありました。討論はなく、採決の結果、賛成全員で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第46号、平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についての審査では、質疑、討論はなく、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 次に、議案第47号、平成23年度久御山町水道事業会計決算認定について歳出決算認定についての審査では、老朽水道管の実態と更新状況、水道事業の効率化、健全化の具体的方策、府営水道ビジョンの動きと本町の対応について、質疑がありました。討論はなく、採決の結果、賛成全員で認定すべきものと決しました。


 以上で、決算特別委員会の報告を終わります。


○議長(樋口房次さん) 報告に対する質疑を行います。


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより、議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


 三宅美子さん。


         (三宅美子さん登壇)


○13番(三宅美子さん) ただいま議題となっています議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定について、日本共産党議員団を代表して、反対討論を行います。


 本決算を審議するに当たり、昨年4月の決算審議の状況を振り返ってみますと、民主党政権が国民の期待に反し、自民党、公明党政権と変わらない大企業、大資本家優先、アメリカ言いなりの政治の中で、国民は雇用不安と営業不振、収入の減少など、生活苦に直面しており、予算審議直前に起きた東日本大震災と福島原発の事故が国民の不安を一層大きくしていることを指摘しながら、本町においても国民の命、くらし、安全を守る町政が重要であることを強調しました。


 そして、教育費における保護者負担の軽減や、子育て支援医療費の支給、のってこバスの継続、小学校での少人数学級の実施、75歳以上の高齢者への人間ドックへの補助、妊婦健診の14回の補助の継続、女性相談室の設置などについては、住民が長年要求してきた施策であることを評価しつつも、本来、保育にかける児童の措置と女性の社会参加を応援することを目的とし、実施されています保育行政の一部を教育行政に委ね、十分な検証もないまま子供や保護者の負担を大きくしている幼保一体化事業や、まちの駅施設運営維持管理事業費、人権対策費とした同和行政の継続、70歳以上の高齢者に対する敬老金の節目支給など指摘し、平成23年度予算には反対をいたしました。そして、その決算認定審議に至ったものですが、決算を審議いたしましたときの社会情勢は国の政治が国会が開催されても審議できない状況、消費税の増税やTPP、原発、オスプレイ配備などによる国民の不安と怒りが一層厳しい状況になっています。先の選挙で政権が交代するようですが、これらの厳しさが改善される要因は少しもありません。その状況下での平成23年度の決算ですが、予算審議時に指摘しました事項について、何ら改善されてはおりません。改めて、これら事業の見直しを求めますと同時に佐山保育所などの耐震化の早期完了と不況にあえぐ町内中小企業の再起のために従来の施策にとどまるのではなく、業者の皆さんの要求を聞き取り、施策を充実させることを求めます。


 最後に、8月に就任されました信貴町長におかれましては、財政事情が厳しいことから、行政改革を強調されていますが、地方自治体の責務は住民の命、くらしを守ることが基本であるとすることから、高齢者、障害者、低所得者などくらしを守る町政、保育所を利用しながら働く女性たちも労働を通じて、社会に貢献している人たちであることを念頭に町政を運営されますことを求めて討論を終わります。


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


 堤 健三さん。


         (堤 健三さん登壇)


○7番(堤 健三さん) 私は、議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定につきまして、賛成の立場で討論をさせていただきます。


 さて、このたびの衆議院総選挙では、原発問題を初め、TPPへの参加や消費税の増税に対する是非などが大きな焦点として選挙戦が繰り広げられましたが、国民世論の感覚としましては、当然このような問題も重要なことではあるものの今日の閉塞する日本社会における不安から、年金問題を初めとする社会保障の対応、また、安定した雇用につながる景気対策を強く望む声が多くあったのではないでしょうか。


 景気の低迷は、地域経済においても中小零細企業の経営を圧迫し、雇用にも大きな影響を与えております。


 また、地方自治体の行政運営においても、町税の減収などから大変厳しい状況となっており、国においては、一刻も早い景気の回復に向けた対策を講じていただくことを強く望むものであります。


 このような社会経済情勢にあって、本町の平成23年度の決算状況を見ますと、実質単年度収支がマイナス1億7255万円と4年連続しての赤字となり、財政構造の弾力性を示す経常収支比率では、前年度よりわずかながら改善をしたものの94.7%と財政の硬直が確実に進んでいる状況にあります。


 特に、景気の低迷から町税収入がここ数年において、毎年43億円から44億円の収入規模で推移しており、かつてのような町税収入を見込むことは困難な状況にあり、大変厳しい中での財政運営をされているものと考えます。


 このような中で、歳出決算の内容を見ますと、特に、教育面では、2小学校の校舎耐震補強工事や3小学校の空調設備整備工事が完了したのを初め、3小学校の体育館の耐震補強工事に係る設計業務など、教育・学習環境の充実と安全・安心面においても堅実な取り組みがされています。


 また、住民福祉の向上についても、ひとり暮らしの高齢者宅に緊急通報装置を設置している「緊急時在宅高齢者あんしん事業」の充実した取り組みなど、積極的な推進がされているものと考えます。


 また、これまで継続されてきた町独自の住民負担軽減施策についても、維持しつつ、安全・安心のまちづくりや子育て支援、高齢者・障害者に対する福祉施策などを重点的に実施され、住民が、安全で安心して、また、快適で便利に暮らせるまちづくりが推進されているものと考えております。


 加えて、農業者や商工業者への支援については、引き続き、町独自の支援策である産地確立対策事業や中小企業者資金借り入れ保証料、利子補給などを実施されており、地域の産業支援に努められているものと受けとめております。


 そのほか、公会堂等新増改築補助事業の補助率の拡充を初め、道路や下水道などの生活・都市整備への対応など、本町の基盤となるまちづくりを推進されてきており、厳しい財政状況にあって、住民サービスを低下させないための各種の施策が堅持されていることなどからも、この決算の内容に対しましては、評価をいたすものであります。


 なお、今日のような大変厳しい経済情勢にあって、歳入の根幹となる町税の増収を期待することが難しいことからも、現在、第5次行政改革大綱の策定に向けた取り組みをされている中で、本町の将来を見据えた慎重な議論をしていただくとともに、住民の立場に立った行政改革を進めていただき、信貴町長が選挙公約に掲げておられる項目を確実に実行され、持続可能な行財政運営ができるように、全力で取り組まれることを期待いたしまして、私の賛成討論といたします。


○議長(樋口房次さん) ほかに討論はありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第41号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立多数〕


○議長(樋口房次さん) 起立多数であります。


 よって、議案第41号、平成23年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第42号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


 巽 悦子さん。


         (巽 悦子さん登壇)


○12番(巽 悦子さん) ただいま議題となっています議案第42号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定について、日本共産党議員団を代表して、反対討論を行います。


 先の見えない不況が続く中、医療保険の最後の砦として、国民健康保険がありますが、平成23年度では、国保加入者の75%が200万円以下の収入の人たちであり、払いたくても払えない、これが現実であります。常に政府は、国保財政の厳しさを医療費の高騰を持ち出して、医療に係る加入者に責任を押しつけ国庫補助金を削減し続けてきました。国保制度ができた過程や性質を見れば、所得が少ない人たちが多く加入しているのは事実であり、国がその財政補助をしなければ、各地方自治体の国保財政が厳しくなるのは当然であります。


 御承知のように、国は当初、約50%あった補助率を半分近くまで削減してきました。そしてこれを黙って受け入れているのが自治体であります。それどころか京都府下では地方税機構までつくって、滞納者からの取り立てを実行しています。


 本町では、国保の減免割合を6割、4割から、7割、5割、2割に変更したことは評価できますが、全体的に見ますと加入者の所得状況から見て、負担が重いのは現実であります。法定外繰り入れとして一般会計から7878万5000円の繰り入れをいたしましたが、加入者の負担軽減は、さらに必要であります。


 一般会計からのさらなる繰り入れの増額と同時に先に指摘しましたように、国が責任ある支援をしっかりすることが必要であります。そのためにも保険者である本町として国の言いなりになるのではなく、補助金を元に戻すことを強く要求すべきであります。


 次に、また関連します。議案第46号、平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計にも反対を表明いたします。


 この制度については、75歳以上の高齢者を国保から締め出し、別枠の医療保険をつくり、医療内容も差別するなどの内容が国民から批判をされております。民主党は政権をとると公約を直ちに投げ捨て、その後では、自民、民主、公明、3党合意による社会保障制度改革推進法によって、今後は国民会議に丸投げであります。住民の命とくらしを守る、これが自治体の責任でもあります。そのためにも国保医療のこの制度、そして、国保医療の制度の補助の増額とそして後期高齢者医療制度の廃止を求めるものであります。


 以上で、反対討論を終わります。


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第42号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立多数〕


○議長(樋口房次さん) 起立多数であります。


 よって、議案第42号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第43号、平成23年度久御山町三郷山財産区特別会計歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第43号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第43号、平成23年度久御山町三郷山財産区特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第44号、平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第44号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第44号、平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第45号、平成23年度久御山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第45号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第45号、平成23年度久御山町介護保険特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第46号、平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第46号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立多数〕


○議長(樋口房次さん) 起立多数であります。


 よって、議案第46号、平成23年度久御山町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定については、認定することに決しました。


 次に、議案第47号、平成23年度久御山町水道事業会計決算認定についての討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第47号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものとするものであります。本案は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第47号、平成23年度久御山町水道事業会計決算認定については、認定することに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第6 議案第58号、久御山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います。


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第58号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第58号、久御山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第7 議案第59号、久御山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第59号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第59号、久御山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第8 議案第60号、久御山町指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第60号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第60号、久御山町指定地域密着型サービス事業者及び指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定に関する条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第9 議案第61号、久御山町移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第61号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第61号、久御山町移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第10 議案第62号、道路法に基づく町道の構造の基準に関する条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第62号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第62号、道路法に基づく町道の構造の基準に関する条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第11 議案第63号、久御山町の町道に設置する道路標識の寸法等に関する条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第63号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第63号、久御山町の町道に設置する道路標識の寸法等に関する条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第12 議案第64号、久御山町準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第64号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第64号、久御山町準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第13 議案第65号、久御山町移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第65号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第65号、久御山町移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第14 議案第66号、久御山町布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第66号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第66号、久御山町布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第15 議案第67号、公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第67号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第67号、公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第16 議案第68号、久御山町実費弁償条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第68号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第68号、久御山町実費弁償条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第17 議案第69号、久御山町立幼稚園保育料条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第69号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第69号、久御山町立幼稚園保育料条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第18 議案第70号、久御山町都市公園条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第70号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第70号、久御山町都市公園条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第19 議案第71号、久御山町公共下水道条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第71号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第71号、久御山町公共下水道条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第20 議案第72号、久御山町都市下水路条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第72号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第72号、久御山町都市下水路条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第21 議案第73号、平成24年度久御山町一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第73号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第73号、平成24年度久御山町一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについては、承認することに決しました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第22 議案第74号、平成24年度久御山町一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第74号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第74号、平成24年度久御山町一般会計補正予算(第5号)は、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第23 議案第75号、平成24年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)を議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第75号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第75号、平成24年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第24 議案第76号、平成24年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第76号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第76号、平成24年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第25 議案第77号、平成24年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第77号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第77号、平成24年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第26 議案第78号、平成24年度久御山町水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第78号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立全員〕


○議長(樋口房次さん) 起立全員であります。


 よって、議案第78号、平成24年度久御山町水道事業会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第27 議案第79号、久御山町指定管理者の指定についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第79号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立多数〕


○議長(樋口房次さん) 起立多数であります。


 よって、議案第79号、久御山町指定管理者の指定については、原案のとおり可決されました。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(樋口房次さん) 日程第28 議案第80号、久御山町部設置条例及び久御山町水道事業の設置等に関する条例一部改正についてを議題といたします。


 直ちに質疑を行います


 質疑ございませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 これより議案第80号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


         〔起立多数〕


○議長(樋口房次さん) 起立多数であります。


 よって、議案第80号、久御山町部設置条例及び久御山町水道事業の設置等に関する条例一部改正については、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。


 本定例会の会議に付された事件は、全て終了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日で閉会したいと思います。


 これに御異議ございませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(樋口房次さん) 異議なしと認めます。


 よって、本定例会は本日で閉会することに決しました。


 ここで、信貴町長から挨拶の申し出がありますので、これを受けたいと思います。


 信貴町長


         (町長信貴康孝さん登壇)


○町長(信貴康孝さん) それでは、平成24年第4回久御山町議会定例会の閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 去る12月4日に開会されました今期定例会におきまして、提案をいたしました条例並びに補正予算等につきましては、慎重に御審議をいただき、全て原案のとおり、御可決を賜りまして、まことにありがとうございました。


 また、平成23年度の各会計決算認定につきましても、全て御認定を賜りまして、まことにありがとうございました。心から厚く御礼を申し上げます。


 御可決を賜りました予算等につきましては、これら事業の執行に努めてまいりますとともに、本町行政のさらなる推進に向けまして、一層の努力を傾注してまいりますので、議員各位並びに住民の皆さん方の温かい御理解と御支援を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 さて、先般の衆議院総選挙では、自民党が圧勝する結果となりまして、政権の交代が行われることになりましたが、日本の社会経済情勢は国内外ともにさまざまな課題が山積しており、特に経済に至っては大変厳しい状況にあることからも、政権与党にあっては、一刻も早い経済対策に取り組んでいただくことを望むものであります。


 また、今回の選挙で焦点となりました原発問題を初め、TPPや消費税の増税問題など、日本の将来に大きな影響を及ぼす課題であることからも、国益と国民生活の安定を第一に考える中で、慎重に取り組んでいただくことを期待いたすものであります。


 本町におきましても、現在、平成25年度当初予算の編成作業を行っておりますが、大変厳しい経済情勢にあって、町税が減収するとの予測をしており、財源の確保が厳しい状況にございます。


 そのことからも、現在、進めています行政改革を確実に実行することにより、持続可能な行財政運営に努めてまいりたいと考えておりますので、議員各位の御理解と御協力を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。


 最後になりましたが、平成24年もいよいよ押し迫り、余すところあとわずかとなってまいりました。


 これから、ますます寒さが厳しくなってまいりますが、くれぐれも御自愛をいただきますとともに、御家族の皆さんともども希望多き新春をお迎えくださいますよう、心からお祈りを申し上げまして、閉会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


○議長(樋口房次さん) 去る12月4日から本日まで長期間にわたり、慎重に御審議を賜り、厚く御礼を申し上げます。


 これで、本日の会議を閉じます。


 平成24年第4回久御山町議会定例会を閉会いたします。


 大変御苦労さまでございました。


              午前11時20分 閉会





 上記は会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





  久御山町議会議長       樋  口  房  次





      署名議員       中     大  介





      署名議員       戸  川  和  子