議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 久御山町

平成23年第4回定例会(第1号12月 6日)




平成23年第4回定例会(第1号12月 6日)





        平成23年第4回久御山町議会定例会会議録(第1号)


 



1.招集年月日 平成23年12月6日





2.招集の場所 久御山町役場議会棟議場





3.開   会 平成23年12月6日午前10時00分 議長信貴康孝さん宣告





4.出席議員


          1番 中   大 介


          2番 島   宏 樹


          3番 内 田 孝 司


          4番 信 貴 康 孝


          5番 樋 口 房 次


          6番 河原? 博 之


          7番 堤   健 三


          9番 戸 川 和 子


          10番 中 井 孝 紀


          11番 塚 本 五三藏


          12番 巽   悦 子


          13番 三 宅 美 子


          14番 林     勉


5.欠席議員


          8番 岩 田 芳 一


6.会議録署名議員


          5番 樋 口 房 次


          11番 塚 本 五三藏


7.本会議に職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    阪 本 良 弘


   議会事務局次長   佐 野 博 久


   議会事務局専門員  寺 下 和 子


8.地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名


   町長        坂 本 信 夫


   副町長       伏 見 英 順


   教育長       山 本 悦 三


   総務部長      田 中 悠紀彦


   民生部長      神 原   均


   事業建設部長    南   教 之


   上下水道部長    南   邦 広


   消防長       山 田 清 文


   教育次長      木 村 武 司


   会計管理者     広 瀬 隆 司


   総務課長      奥 村 博 已


   企画財政課長    大 塚 健 司


   広報行政課長    石 田 茂 幸


   税務課長      田 島   茂


   社会福祉課長    今 道 耕 治


   長寿健康課長    中 塚 秀 克


   国保医療課長    北 村   治


   建設整備課長    奥 田 泰 嗣


   消防次長      信 貴 半 次


   水道課長      安 田 英四郎


   学校教育課長    ? 橋 光 雄


   社会教育課長    西 山 一 道


9.議事日程


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 諸般の報告


  日程第4 議案第51号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条


             例一部改正について(町長提出)


       議案第52号 久御山町町税条例一部改正について(町長提出)


       議案第53号 久御山町手数料徴収条例一部改正について(町長提出)


       議案第54号 災害弔慰金の支給等に関する条例一部改正について(町長提


             出)


       議案第55号 久御山町水道事業給水条例一部改正について(町長提出)


       議案第56号 久御山町消防団員等公務災害補償条例一部改正について(町


             長提出)


       議案第57号 平成23年度久御山町一般会計補正予算(第3号)(町長提


             出)


       議案第58号 平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補


             正予算(第2号)(町長提出)


       議案第59号 平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第


             2号)(町長提出)


       議案第60号 平成23年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)


             (町長提出)


10.会議の経過


               午前10時00分 開会


○議長(信貴康孝さん) 皆さん、おはようございます。


 平成23年第4回久御山町議会定例会が招集されましたところ、議員の皆様方には公私とも大変お忙しい中、御参集をいただき、まことに御苦労さまでございます。


 これより町長のあいさつを受けます。


 坂本町長


         (町長坂本信夫さん登壇)


○町長(坂本信夫さん) 皆さん、おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日ここに、平成23年第4回久御山町議会定例会を招集をいたしましたところ、議員各位におかれましては、公私とも大変お忙しい中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。心から厚く御礼を申し上げます。


 また、去る11月5日、6日に開催をいたしました国民文化祭を初め、ふるさとフェアくみやまにおきましては、議会議員の皆様を初め、関係各位の協力を得る中で、無事に終えることができました。心から御礼を申し上げます。


 さて、今年は、東日本大震災、福島原発事故、また、台風12号によりまして、和歌山、奈良県を中心にこれまでに私たちが経験をしたことがないような大規模な災害となり、一つの村、町や市が壊滅的な被害をこうむるなど、改めて自然災害がもたらす驚異を思い知らされたところでございます。


 一方、日本の経済状況は、東日本大震災や福島原発事故の影響に加え、ギリシャ・イタリアを初めとした欧州諸国の財政危機などから、急激な円高とともに株価の下落が続いておりまして、大変厳しい経済の低下の見通しが出されてるところでございます。


 また、TPPの交渉参加への協議や消費税率の引き上げ議論など、東日本大震災の被災地の復興とともに、戦後最大の危機に日本が直面するのではないかと憂慮いたしているところでございます。


 このような大変厳しい社会経済状況にありまして、地方自治体におきましても、大きな影響を受けることは間違いのないものと考えております。特に財政面におきましては、今後の景気の動向にもよりますけれど、町税収入が平成22年度決算では、ここ10年間で最も低くなるなど、財政力指数も著しく低下しており、今後、町税の増収が見込めない状況が続く場合におきましては、大幅な歳出削減に取り組んでいく必要があるものと考えております。引き続き、全庁上げて行政改革に取り組む中で、できる限りにおいて、住民サービスを低下させないことを最優先とする中で、持続可能な行財政運営を行ってまいりたいと考えておりますので、議員各位におかれましても、御理解と御協力をお願いをいたします。


 さて、今期定例会に提案をいたしております議案につきましては、条例一部改正6件、補正予算4件の10件となっております。


 何とぞ、各議案とも十分な御審議の上、御可決賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たりましてのごあいさつといたします。どうぞ、よろしくお願いをいたします。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 次に、山本教育長から発言の申し出がありますので、これを許します。


 山本教育長


         (教育長山本悦三さん登壇)


○教育長(山本悦三さん) 皆様おはようございます。議長のお許しを得まして、一言ごあいさつを申し上げます。


 平成23年第3回久御山町議会定例会におきまして、議員の皆様方から御同意を賜り、10月1日から、前石丸教育長の後任といたしまして、教育行政を担当する運びになりました。


まことにありがとうございました。心から厚くお礼を申し上げます。


 教育長に就任いたし、その職責の重さに身の引き締まる思いでございます。久御山町におきましては、普通交付税の不交付団体ではございますが、近年財政状況が大変厳しい状況になっております。そうした中ではございますが、喫緊の課題でございます学校施設の耐震化計画の実行、教育環境の整備・充実、そして本年度から小学校では新学習指導要領の全面実施がスタートいたしたところでございまして、来年度からは中学校の新学習指導要領が全面実施いたすところでございます。子供たちを取り巻く環境は刻々と変化をいたしていく中で、子供たちの成長を支え、夢と希望を抱きながら自信を持って生き、そして久御山学園の目指す子供像でございます人生を開拓しようとする子に向かいまして育てていくことが使命だと考えております。そのためには保幼小中、久御山高校も視野に入れました一貫的教育の推進、そして、教育にかかわる問題につきましては、学校、地域、家庭が連携し、社会総がかりで取り組む必要がございます。そのためにも、各小学校のコミュニティー・スクールの推進など久御山学園構想の具現化に向けまして、取り組んでまいりたいと存じております。


 一方、社会教育、生涯学習におきましては、幼児から高齢者までの多様なニーズにこたえるため、久御山町文化スポーツ事業団等と連携を図りまして、いろいろな学習の機会を設定するなど、文化スポーツ活動の振興や文化財の保護、活用に向けまして、取り組んでまいりたいと考えております。


 そうした中で、久御山町で育ってよかったと言っていただけるような教育行政の推進を展開してまいりたいと考えております。今後とも、さまざまな教育課題に対しまして、真摯に取り組み、行政経験も生かす中で、さらなる教育行政を推進してまいりたいと考えておりますので、議員の皆様方におかれましては、より一層の御理解と御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますけれども、ごあいさつにさせていただきます。どうもありがとうございました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) ただいまの出席議員は13人で、定足数に達しています。


 よって、平成23年第4回久御山町議会定例会は成立いたしました。


 これより開会いたします。


 本日の会議を開きます。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において5番、樋口房次さん、11番、塚本五三藏さんを指名いたします。


 以上の両名に差し支えのある場合には、次の順序の議席の方にお願いいたします。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から12月26日までの21日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(信貴康孝さん) 異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から12月26日までの21日間と決定いたしました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 日程第3、諸般の報告を行います。


 まず、去る10月3日に開催されました市町村議会委員長研修会に議員派遣を行いました。その結果について派遣議員から報告を受けましたので、お手元に配付のとおり報告いたします。


 次に、11月30日、請願者全日本年金者組合宇治久御山支部から消費税によらない最低保障年金制度の創設を求める請願が提出され、所定の要件が整っておりますので、請願第1号として受理いたしました。


 よって、請願第1号、消費税によらない最低保障年金制度の創設を求める請願は、民生教育常任委員会に付託いたします。


 次に、本定例会に町長から、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例一部改正について、ほか議案9件の提出がありました。


 次に、本定例会に説明員として町長等から、伏見英順副町長ほか関係者の出席報告がありましたので、了承願います。


 次に、本定例会において、一般質問を許す予定でありますので、質問される方は、本日午後4時までに通告書を議会事務局へ提出されますよう、通知いたします。


 以上で、諸般の報告を終わります。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 日程第4、議案第51号、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例一部改正についてから議案第60号、平成23年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)までの10議案を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、町長から提案理由の説明を求めます。


 坂本町長


         (町長坂本信夫さん登壇)


○町長(坂本信夫さん) ただいま議題となりました、議案第51号から議案第60号までの10議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議案第51号、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例一部改正についての御説明を申し上げます。


 スポーツ振興法が全部改正され、新たにスポーツ基本法が施行されたことに伴いまして、既定の整備を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第52号、久御山町町税条例一部改正について、御説明を申し上げます。


 町民税、府民税の納期の平準化及び各種の証明等に係る手数料の適正化を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第53号、久御山町手数料徴収条例一部改正について、御説明申し上げます。


 各種の証明等に係る手数料の適正化を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第54号、災害弔慰金の支給等に関する条例一部改正について、御説明申し上げます。


 災害弔慰金の支給等に関する法律の一部改正に伴い、災害弔慰金の支給対象となる遺族の範囲について、一定の要件のもと兄弟姉妹まで拡大する規定の整備を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第55号、久御山町水道事業給水条例一部改正について、御説明申し上げます。


 各種の証明に係る手数料の適正化を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第56号、久御山町消防団員等公務災害補償条例一部改正について、御説明申し上げます。


 障害者制度改革推進本部等における検討を踏まえて、障害保健福祉施策を見直すまでの間において、障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備に関する政令の施行に伴い、既定の整備を図るため、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第57号、平成23年度久御山町一般会計補正予算(第3号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1383万円を追加いたし、総額が70億2120万8000円と相なった次第でございます。


 それでは、補正予算の主なものにつきまして、御説明を申し上げます。


 まず、歳入におきましては、町税では、町民税の法人で3500万円、町たばこ税で4000万円を計上いたし、地方特例交付金では532万6000円を計上いたしております。


 国庫支出金では、障害者自立支援給付費国庫負担金で1527万円など計上いたし、子ども手当国庫負担金で2120万5000円を減額をいたしております。


 府支出金では、障害者自立支援給付費府費負担金で763万5000円などを計上いたし、子ども手当府負担金で96万5000円を減額をいたしております。寄附金では、日本中央競馬会事務所周辺環境整備事業寄附金で1800万円を減額いたし、繰入金では、財政調整基金繰入金で9379万8000円を計上いたしております。


 また、町債では、臨時財政対策債で1憶6300万円を減額をいたし、地方交付税では、特別交付税で467万4000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費では、賦課徴収一般事務費で181万6000円などを計上いたし、民生費では、障害者自立支援事業で3054万円を計上いたし、子ども手当支給事業で2311万2000円を減額をいたしております。


 商工費では、商工振興一般事務費で151万2000円などを計上いたし、土木費では、道路橋梁新設改良整備事業で1874万円を減額をいたし、河川水路維持管理事業で100万円、公園維持管理事業では481万円などを計上いたしております。


 消防費では、消防団運営事務で444万6000円などを計上いたし、教育費では、中学校費の学校管理一般事務費で241万3000円を計上いたしたほか、幼稚園施設維持管理事業で183万1000円、総合体育館運営事業で127万1000円などを計上いたしたところでございます。


 次に、議案第58号、平成23年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出4003万6000円を追加し、総額が20億1788万5000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、国庫負担金で129万9000円を、療養給付費交付金で3791万円を、府負担金で129万9000円を、一般会計繰入金で41万9000円をそれぞれ計上いたしたほか、前期高齢者交付金では90万4000円を減額をいたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費の総務管理費で41万9000円、保険給付費の療養諸費と高額療養費を合わせまして3920万3000円などを計上いたしたところでございます。


 次に、議案第59号、平成23年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ8960万円を減額をいたし、総額は8億7053万7000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、国庫補助金で3906万円、町債では5140万円を減額をいたし、一般会計繰入金で86万円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、事業費の一般管理費では198万円を計上いたし、下水道築造費では9158万円を減額いたしたところでございます。


 次に、議案第60号、平成23年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ196万7000円を追加いたし、総額は9億7561万5000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、一般会計繰入金で139万8000円を、基金繰入金で56万9000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費の総務管理費で131万7000円を、保険給付費の高額医療合算介護サービス等費で65万円を計上いたしたところでございます。


 以上、議案第51号から議案第60号までの10議案につきまして、御説明とさせていただきます。


 何とぞ、各議案とも十分御審議をいただきまして、御可決賜りますよう、よろしくお願いをいたします。


○議長(信貴康孝さん) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております10議案については、本日は提案説明だけにとどめ、後日審議することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(信貴康孝さん) 異議なしと認めます。


 よって、議案第51号から議案第60号までの10議案は、後日審議することに決しました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(信貴康孝さん) 以上をもちまして、本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 この際、通知いたします。


 明7日から17日までの11日間は休会とし、来る12月18日午前10時から本会議を再開いたしますので、出席くださいますよう通知いたします。


 本日はこれにて散会いたします。


 御苦労さまでございました。


               午前10時24分 散会


  上記は会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





  久御山町議会議長       信  貴  康  孝





      署名議員       樋  口  房  次





      署名議員       塚  本  五三藏