議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 久御山町

平成22年第2回定例会(第1号 6月 8日)




平成22年第2回定例会(第1号 6月 8日)





        平成22年第2回久御山町議会定例会会議録(第1号)


 



1.招集年月日 平成22年6月8日





2.招集の場所 久御山町役場議会棟議場





3.開   会 平成22年6月8日午前10時00分 議長林 勉さん宣告





4.出席議員


          1番 岩 田 芳 一


          2番 堤   健 三


          3番 信 貴 康 孝


          4番 樋 口 房 次


          5番 河原? 博 之


          6番 塚 本 五三藏


          7番 戸 川 和 子


          8番 北 村 政 雄


          9番 ?   悦 子


          10番 中 井 孝 紀


          11番 吉 田 貞 夫


          12番 奥 田 富 和


          13番 水 見 正 王


          14番 三 宅 美 子


          15番 林     勉


          16番 澤 野 好 夫


5.欠席議員


          な し


6.会議録署名議員


          1番 岩 田 芳 一


          14番 三 宅 美 子


7.本会議に職務のため出席した者の職氏名


   議会事務局長    阪 本 良 弘


   議会事務局次長   ? 橋 光 雄


   議会事務局係長   寺 下 和 子


8.地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者の職氏名


   町長        坂 本 信 夫


   副町長       伏 見 英 順


   教育長       石 丸 捷 隆


   総務部長      田 中 悠紀彦


   民生部長      神 原   均


   事業建設部長    深 川 又 造


   上下水道部長    藪 内 拡 二


   消防長       村 田 隆 広


   教育次長      山 本 悦 三


   会計管理者     澤 野 利充男


   総務課長      奥 村 博 已


   企画財政課長    大 塚 健 司


   広報行政課長    石 田 茂 幸


   税務課長      北 村   治


   社会福祉課長    広 瀬 隆 司


   住民課長      川 嶋 久 治


   国保医療課長    齊 藤   薫


   建設整備課長    奥 田 泰 嗣


   消防次長      山 田 清 文


   水道課長      安 田 英四郎


   下水道課長     南   邦 広


   学校教育課長    木 村 武 司


9.議事日程


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 諸般の報告


  日程第4 行政報告


       報告第3号 平成21年度久御山町一般会計予算繰越明許費繰越計算書に


             ついて(町長提出)


       報告第4号 平成21年度久御山町一般会計予算継続費繰越計算書につい


             て(町長提出)


       報告第5号 平成21年度城南土地開発公社(第2回)補正事業計画に関


             する報告書(町長提出)


       報告第6号 平成22年度城南土地開発公社事業計画に関する報告書(町


             長提出)


       報告第7号 平成22年度財団法人久御山町文化スポーツ事業団事業計画及


             長び収支予算に関する報告書(町長提出)


  日程第5 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて(町長提出)


  日程第6 議案第25号 久御山町職員の育児休業等に関する条例及び久御山町職員の


             勤務時間、休暇等に関する条例一部改正について(町長提出)


       議案第26号 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例一部


             改正について(町長提出)


       議案第27号 久御山町火災予防条例一部改正について(町長提出)


       議案第28号 久御山町町税条例一部改正の専決処分につき承認を求めるこ


             とについて(町長提出)


       議案第29号 久御山町都市計画税条例一部改正の専決処分につき承認を求


             めることについて(町長提出)


       議案第30号 久御山町国民健康保険税条例一部改正の専決処分につき承認


             を求めることについて(町長提出)


       議案第31号 平成21年度久御山町一般会計補正予算(第6号)の専決処


             分につき承認を求めることについて(町長提出)


       議案第32号 平成21年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補


             正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについ


             て(町長提出)


       議案第33号 平成21年度久御山町老人保健特別会計補正予算(第3号)


             の専決処分につき承認を求めることについて(町長提出)


       議案第34号 平成21年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第


             4号)の専決処分につき承認を求めることについて(町長提


             出)


       議案第35号 平成21年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第3号)


             の専決処分につき承認を求めることについて(町長提出)


       議案第36号 平成22年度久御山町一般会計補正予算(第1号)(町長提


             出)


10.会議の経過


               午前10時00分 開会


○議長(林 勉さん) 平成22年第2回久御山町議会定例会が招集されましたところ、議員の皆様方には早朝より御参集いただきまして、まことに御苦労さまでございます。


 これより町長のあいさつを受けます。


 坂本町長


         (町長坂本信夫さん登壇)


○町長(坂本信夫さん) 皆さん、おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日ここに、平成22年第2回久御山町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、公私とも大変お忙しい中、御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。心から厚く御礼を申し上げます。


 平成22年度に入りまして、2カ月が経過いたしたところでございますが、この間、予防接種事業におきまして、BCGワクチンの過誤接種によりまして、親御さんを初め御家族の皆さん方には、多大なる御不安と御心労をおかけいたしましたことに、心よりおわびを申し上げます。今後におきましては、二度とこのような事態を起こさないように、再発防止対策に万全を期してまいりたいと存じておりますので、議員各位におかれましては、御理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 さて、今年の気候は、5月に入ってからも肌寒い日が続き、雨量もこの時期には珍しいほど多いなど、例年と比較しても異常とも思えるような日が続いておりましたが、6月に入り、ようやく初夏らしい季候になりつつあるように感じております。こうした中で、町内を見渡しますと、ほとんどの農家が田植えを終えられ、のどかな田園風景が広がってきております。


 これから、いよいよ本格的な梅雨の季節に入りますが、去る5月27日には、本町を初め国土交通省や京都府などの防災関係団体によります防災パトロールを実施いたし、木津川や宇治川の堤防強化工事や古川の改修工事の現場など、本町におきまして防災重要箇所を重点的に点検をいたしたところでございます。


 今後におきましても、あらゆる災害の未然防止を図りますとともに、安全で安心して暮らせるまちづくりの実現に努めてまいる所存であります。議員各位並びに住民の皆さんの、より一層の御支援と御協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 今期定例会に提案をいたしております議案につきましては、人事案件を初め条例改正、専決処分、補正予算の13件の議案及び行政報告が5件でございます。


 何とぞ、各議案とも十分な御審議を賜りまして、御同意、御可決賜りますよう、よろしくお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) ただいまの出席議員は全員であります。


 よって、平成22年第2回久御山町議会定例会は成立いたしました。


 これより開会いたします。


 本日の会議を開きます。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において1番、岩田芳一さん、14番、三宅美子さんを指名いたします。


 以上の御両名に差し支えのある場合には、次の順序の議席の方にお願いいたします。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から6月29日までの22日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月29日までの22日間と決定いたしました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第3、諸般の報告を行います。


 まず、本定例会に町長から、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、ほか議案12件、報告5件の提出がありました。


 次に、本定例会に説明員として町長等から、伏見英順副町長ほか関係者の出席報告がありましたので、御了承願います。


 次に、本定例会において一般質問を許す予定でありますので、質問される方は、本日午後4時までに通告書を議会事務局へ提出されますよう御通知いたします。


 以上で、諸般の報告を終わります。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第4、行政報告を行います。


 これを許します。


 田中総務部長


         (総務部長田中悠紀彦さん登壇)


○総務部長(田中悠紀彦さん) おはようございます。それでは、報告第3号から第6号までの御報告を申し上げます。


 まず、報告第3号、平成21年度久御山町一般会計予算繰越明許費繰越計算書について、御説明を申し上げます。


 平成21年度において、繰り越しを行った事業に係る経費について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告をいたすものでございます。


 総務費におきまして、防災システム整備事業で687万円、民生費では、老人福祉センター施設維持管理事業など4事業で825万8000円、土木費では、道路橋梁新設改良整備事業で1641万2000円、また教育費では、学校施設維持管理事業など4事業で2438万5000円を、それぞれ平成22年度へ繰り越しをいたした次第でございます。この繰り越し事業に係ります財源につきましては、国庫支出金で4203万7000円、府支出金で687万円、残り701万8000円を一般財源で充当いたしております。


 次に、報告第4号、平成21年度久御山町一般会計予算継続費繰越計算書について、御説明を申し上げます。


 平成21年度におきまして、継続費として繰り越しをいたしました事業に係る経費について、地方自治法施行令第145条第1項の規定により報告をいたすものでございます。


 教育費の久御山中学校校舎等改築事業で、7287万6860円を平成22年度へ繰り越しをいたした次第でございます。なお、この繰り越し事業の財源につきましては、全額を繰越金で充当いたしております。


 次に、報告第5号、平成21年度城南土地開発公社(第2回)補正事業計画に関する報告書につきまして、御説明を申し上げます。


 この補正事業計画は、去る3月25日に開催されました公社の理事会におきまして可決されたものでございます。


 まず、補正事業計画のうち1ページの公有地取得事業につきましては、城陽市を初め2市1町で9684万3000円が減額され、総額9415万7000円となっております。このうち二つの事業につきましては、平成21年度に事業が実施されなかったことによるもので、事業内容の一部見直しも含め、平成22年度の当初予算に計上されております。なお、本町分につきましては、計上されておりません。


 次に2ページ、公有地売却予定につきましては、1市1町で412万円が減額され、総額4億3036万7000円となっております。こちらも本町分につきましては、計上されておりません。


 次に、3ページから4ページの補正予算につきましては、ただいま御説明を申し上げました事業計画の補正に伴いまして、1億737万8000円が減額され、総額が6億9212万6000円となっております。


 次の5ページから6ページの収益的収支及び支出、並びに資本的収入及び支出におきましても、事業計画の補正に伴いましてそれぞれ補正がなされたところでございます。


 次に、報告第6号、平成22年度城南土地開発公社事業計画に関する報告書につきまして、御説明を申し上げます。


 この事業計画につきましても、去る3月25日の公社の理事会におきまして可決されたものでございます。


 まず、事業計画のうち1ページの公有地取得事業につきましては、城陽市と井手町で合わせまして9100万円となっております。なお、本町分につきましては、計上がございません。


 次に、2ページの公有地売却予定につきましては、城陽市を初め2市1町で1億3037万6000円が計上されております。こちらも、本町分につきましては計上されておりません。


 次に、3ページから4ページの予算のうち、収入支出予算につきましては、この事業計画に基づきまして総額が3億8600万6000円となっております。


 次の5ページから6ページの収益的収入及び支出、並びに資本的収入及び支出におきましても、この事業計画に基づきまして、それぞれの計上がなされております。


 以上、報告第3号から第6号の報告とさせていただきます。


○議長(林 勉さん) 山本教育次長


         (教育次長山本悦三さん登壇)


○教育次長(山本悦三さん) それでは引き続きまして、報告第7号、平成22年度財団法人久御山町文化スポーツ事業団事業計画及び収支予算に関する報告書につきまして、御説明を申し上げます。


 財団法人久御山町文化スポーツ事業団は、本年度から平成25年度までの4年間におきまして、引き続き久御山町指定管理者として指定を受け、効率的な施設の管理運営と住民の皆さんの学習意欲と健康づくりを積極的に推進していくものでございます。この報告書につきましては、去る3月26日開催の事業団の理事会で承認されたものでございます。


 平成22年度の事業計画につきましては、まず2ページから3ページにかけまして、中央公民館事業といたしまして各種の料理教室を初めチャレンジ教室、ファミリーシアター、音楽フェスティバルなどのほか、新規事業としてケーキづくり教室などが開催されることになっております。


 続いて4ページから5ページにかけまして、ふれあい交流館ゆうホール事業といたしまして、各種工作教室を初め自然探訪教室や童謡を楽しむ会、漢字の達人教室などのほか、新規事業として脳若返りプロジェクトなどが計画されております。


 また6ページから7ページにかけまして、総合体育館事業といたしましてエアロビクス教室やヨガ・ストレッチ教室、各種スポーツ教室、スポーツ交流大会などのほか、新規事業としてかんたんピラティス教室などが開催されることになっております。


 次に、8ページの平成22年度の収支予算につきましては、この事業計画に基づきまして総額1億7600万円が計上されております。まず予算書上段、事業活動収入では、基本財産運用収入として30万2000円、特定資産運用収入として3万円、また事業収入では、公民館事業や文化創造事業、健康づくり事業などの参加費などで358万円、施設指定管理収入では、町からの指定管理料といたしまして1億6235万5000円などが計上されております。


 次に、8ページから9ページにかけまして、事業活動支出では、まず事業費支出といたしまして、職員や嘱託員などの人件費を初め光熱水費や清掃業務等の委託費などを合わせまして、1億5783万3000円が計上されております。


 そして、9ページの管理費支出では、理事長等の役員報酬や嘱託員給与など管理費用として、合わせまして1632万1000円が計上されており、事業活動費の合計は1億7415万4000円となっております。なお、事業活動収支差額の184万6000円につきましては、退職給付引当預金取得支出で84万6000円、そして予備費支出で100万円が計上されております。


 以上、報告第7号の報告とさせていただきます。


○議長(林 勉さん) 以上で、行政報告を終わります。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第5、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。


 書面の朗読を省略し、町長から推薦理由の説明を求めます。


 坂本町長


         (町長坂本信夫さん登壇)


○町長(坂本信夫さん) ただいま議題となりました人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、提案理由の説明を申し上げます。


 本町の人権擁護委員であります奥村征彦さんの任期が、来る9月30日をもって満了いたします。引き続き、奥村征彦さんを適任者と認め、推薦をいたしたく存じ、議会の御意見をお聞きするものでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。


○議長(林 勉さん) これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 次に、賛成討論の発言を許します。


         (「なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終わります。


 お諮りいたします。


 本件は、適任とすることに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 異議なしと認めます。


 よって、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、適任と認められました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 日程第6、議案第25号、久御山町職員の育児休業等に関する条例及び久御山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例一部改正についてから、議案第36号、平成22年度久御山町一般会計補正予算(第1号)までの12議案を、一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、町長から提案理由の説明を求めます。


 坂本町長


         (町長坂本信夫さん登壇)


○町長(坂本信夫さん) ただいま議題となりました、議案第25号から議案第36号までの12議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議案第25号、久御山町職員の育児休業等に関する条例及び久御山町職員の勤務時間、休暇等に関する条例一部改正について、御説明を申し上げます。


 育児休業法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、本条例の改正が必要となりましたので、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第26号、職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例一部改正について、御説明申し上げます。


 時間外勤務の代休時間の新設に伴い、本条例の改正が必要となりましたので、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第27号、久御山町火災予防条例一部改正について、御説明申し上げます。


 対象火災設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令及び住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令の公布に伴い、本条例の改正が必要となりましたので、本条例を改正いたしたく存じ、提案をいたした次第でございます。


 次に、議案第28号、久御山町町税条例一部改正の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴い、本条例の改正が必要となりましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第29号、久御山町都市計画税条例一部改正の専決処分につき承認を求めることについて、御説明を申し上げます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴い、本条例の改正が必要となりましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第30号、久御山町国民健康保険税条例一部改正の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴い、本条例の改正が必要となりましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第31号、平成21年久御山町一般会計補正予算(第6号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明を申し上げます。


 この補正予算は、年度末における歳入歳出の精査をいたしたもので、歳入歳出それぞれ1億2275万1000円を減額いたし、総額が78億5158万7000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、町税では、町民税の1200万円を計上し、町たばこ税で381万3000円を減額するなど、合わせて923万7000円を計上いたしております。このほか、地方譲与税を初め各種交付金、また学校情報通信技術環境整備事業費補助金や地域活性化・公共投資臨時交付金などの国庫支出金や府支出金など、年度末で交付金が確定したものや、決算見込額を精査の上、計上いたしております。


 繰入金では、財政調整基金繰入金で8670万8000円、地域福祉基金繰入金で157万3000円を減額いたしております。


 また、町債では、新市街地整備事業債や中学校校舎改築事業債など、1億9770万円を減額いたしたところでございます。


 一方、歳出におきましては、総務費では、公共施設建設基金積立金で1億円を計上いたしたほか、公会堂等新増改築補助事業などを精査の上、減額しております。


 民生費では、子育て支援医療費助成事業や重度心身障害老人健康管理事業のほか、国民健康保険特別会計繰出金などを精査の上、減額いたしております。


 衛生費では、妊産婦支援事業やがん検診事業などを精査したほか、新型インフルエンザワクチン接種助成事業では1152万9000円を減額いたしております。


 商工費では、中小企業者資金低利融資事業で5000万円を減額いたしております。


 土木費では、事業の完了にあわせて道路橋梁維持管理事業や巡回バス運行事業などを精査いたしたほか、公共下水道事業特別会計繰出金で2972万1000円を減額いたしております。


 教育費では、学校情報教育環境整備事業など事業の完了に伴い減額をいたしたほか、学校保護者負担軽減事業を精査いたしております。


 また、公債費では、一時借入金利子償還金で65万8000円を減額いたしております。


 なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第32号、平成21年度久御山町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 この補正予算は、平成21年度末における歳入歳出の精査をいたしたもので、歳入歳出それぞれ1609万円を減額いたし、総額が18億6216万1000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、国民健康保険税では748万3000円を、療養給付費交付金で461万7000円を、繰入金では8983万6000円をそれぞれ減額いたしたほか、国庫支出金では7872万9000円を、府支出金では611万5000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、保険給付費で1197万円を、介護納付金で149万円を、保険事業費で235万円をそれぞれ減額いたしております。なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第33号、平成21年度久御山町老人保健特別会計補正予算(第3号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 この補正予算は、平成21年度末における歳入歳出の精査をいたしたもので、歳入歳出それぞれ1226万5000円を減額いたし、総額が708万4000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、支払基金交付金で685万9000円を減額いたしたほか、国庫支出金や府支出金などにつきましては、確定したものを精査し減額いたし、一般会計繰入金で336万2000円を減額いたしております。


 一方、歳出におきましては、医療諸費で1226万8000円を減額いたしております。なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第34号、平成21年度久御山町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 この補正予算は、平成21年度末における歳入歳出の精査をいたしたもので、歳入歳出それぞれ3497万6000円を減額いたし、総額が10億3876万円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、使用料及び手数料で296万2000円、繰入金で2972万1000円、また諸収入の貸付金元利収入で229万3000円をそれぞれ減額いたしております。


 一方、歳出におきましては、事業費では一般管理費で562万7000円、下水道築造費で2826万4000円をそれぞれ減額いたし、公債費では108万5000円を減額いたしております。なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第35号、平成21年度久御山町介護保険特別会計補正予算(第3号)の専決処分につき承認を求めることについて、御説明申し上げます。


 この補正予算は、平成21年度末における歳入歳出の精査をいたしたもので、歳入歳出それぞれ460万1000円を減額いたし、総額が9億2853万4000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、国庫支出金で246万3000円を計上いたしたほか、繰入金では706万4000円を減額いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費で287万2000円を、保険給付費で80万円を、地域支援事業費で92万9000円をそれぞれ減額いたしております。なお、この補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をいたした次第でございます。


 次に、議案第36号、平成22年度久御山町一般会計補正予算(第1号)につきまして、御説明を申し上げます。


 この補正予算は、歳入歳出それぞれ718万7000円を追加いたし、総額が70億8518万7000円と相なった次第でございます。


 まず、歳入におきましては、府支出金では介護基盤緊急整備等特別対策事業補助金で318万6000円を計上いたし、繰入金では財政調整基金繰入金で315万9000円を計上いたしております。


 また、諸収入では、産地確立対策事業委託手数料で84万2000円を計上いたしております。


 一方、歳出におきましては、総務費では、公会堂等新造改築補助事業に50万円を計上いたし、民生費では、小規模福祉施設支援事業に318万6000円などを計上いたしております。


 農林水産事業では、産地確立対策事業に75万4000円を計上いたし、土木費では、公園維持管理事業に100万円を計上いたしたところでございます。


 以上、議案第25号から議案第36号までの12議案につきまして、提案理由の説明とさせていただきます。


 何とぞ、各議案とも十分御審議をいただきまして、御可決、御承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(林 勉さん) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております12議案については、本日は提案説明だけにとどめ、後日審議することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


         (「異議なし」と言う者あり)


○議長(林 勉さん) 異議なしと認めます。


 よって、議案第25号から議案第36号までの12議案は、後日審議することに決しました。


     ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(林 勉さん) 以上をもちまして、本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 この際、御通知いたします。


 明9日から20日までの12日間は休会とし、来る6月21日午前10時から本会議を再開いたしますので、御出席くださいますよう御通知いたします。


 本日はこれにて散会いたします。


 早朝より大変御苦労さまでございました。


               午前10時35分 散会





  上記は会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





  久御山町議会議長       林        勉





      署名議員       岩  田  芳  一





      署名議員       三  宅  美  子