議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 大山崎町

平成18年第1回臨時会(第1号11月 1日)




平成18年第1回臨時会(第1号11月 1日)





       平成18年大山崎町議会第1回臨時会会議録−第1号−


         平成18年11月1日(水曜日)午前10時10分開会・開議





 



〇出席議員(16名)      1番  朝子 直美  議員


                2番  神原 郁己  議員


                3番  渋谷  進  議員


                4番  森田 俊尚  議員


                5番  山本 圭一  議員


                6番  北村 吉史  議員


                7番  江下 伝明  議員


                8番  山本 芳弘  議員


                9番  西林 哲人  議員


               10番  高木  功  議員


               11番  前川  光  議員


               12番  山本  孝  議員


               13番  小泉 興洋  議員


               14番  立野 満代  議員


               15番  堀内 康吉  議員


               16番  安田久美子  議員


〇欠席議員(0名)


〇地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者


          河原? 進   町     長


          國永  匡   助     役


          黒崎 良吉   教  育  長


          勝瀬 光裕   総 務 部 長


          長谷川彰男   建 設  部長


          大河内勝己   福 祉 部 長


          高山 澄男   町民生活部長


          中西 善順   教 育 次 長


          山田 真司   会 計 部 長


          上野  隆   総 務 室 長


          矢野 雅之   政策推進室長


          福田 正洋   税 務 室 長


          並川 邦夫   町民生活室長


          高田 正治   経済環境室長


          塚本 浩司   福祉推進室長


          川崎 妙子   健康・児童推進室長


          嘉手苅茂樹   広域道路対策室長


          山田 繁雄   まちづくり推進室長


          今村 幸弘   上下水道室長


          上野 孝志   学校教育室長


          松田 秀和   生涯学習室長


          安田  正   監 査 室 長


〇出席事務局職員


          上田 久幸   事 務 局 長


          段野 俊之   グループリーダー


          戎谷 よう子  係     員


〇議事日程(第1号)


  日程第 1.議長選挙について


  日程第 2.議席の指定について


  日程第 3.会議録署名議員の指名について


  日程第 4.会期の決定について


  日程第 5.副議長選挙について


  日程第 6.議員提出議案第2号 大山崎町議会委員会条例の一部改正について


  日程第 7.常任委員の選任について


  日程第 8.議会運営委員の選任について


  日程第 9.特別委員会の設置について


  日程第10.特別委員の選任について


  日程第11.一部事務組合議会議員の選挙について


  日程第12.諸報告について


  日程第13.第68号議案 大山崎町監査委員の選任について


  日程第14.第69号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


  日程第15.第70号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


  日程第16.第71号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


  追加日程第1.議員派遣の件


  追加日程第2.閉会中の継続審査の申し出


〇上程された議案


  議員提出議案第2号 大山崎町議会委員会条例の一部改正について


  第68号議案 大山崎町監査委員の選任について


  第69号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


  第70号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


  第71号議案 大山崎町自治功労者の表彰について


 ────────────────────────────────────────


○事務局長(上田久幸君) それでは、開会前の会議次第によりまして議事を進行させていただきます。


 初めに、臨時議長を紹介させていただきます。


 本日招集されました平成18年大山崎町議会第1回臨時会は、町議会議員一般選挙後の最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うということになっております。したがいまして、出席議員中、山本 孝議員が年長議員でありますので、ご紹介いたします。


 それでは、山本 孝議員、臨時議長席、よろしくお願いいたします。


○臨時議長(山本 孝君) おはようございます。ただいまご紹介いただきました山本孝でございます。地方自治法第107条の規定により、私が臨時議長の職務を行うことになりました。議長選挙までの期間でありますが、議員各位のご協力によりまして、無事任務を果たしたいと存じます。ご協力のほどよろしくお願いいたします。


 初めに、議員の紹介を事務局よりさせます。


○事務局長(上田久幸君) それでは議員のご紹介をさせていただきます。


 順次お名前を申し上げますので、その場でご起立をお願いいたします。


 朝子直美議員、神原郁己議員、渋谷 進議員、森田俊尚議員、山本圭一議員、北村吉史議員、江下伝明議員、山本芳弘議員、西林哲人議員、高木 功議員、前川 光議員、小泉興洋議員、立野満代議員、堀内康吉議員、安田久美子議員、山本 孝議員、臨時議長でございます。


○臨時議長(山本 孝君) 次に、河原?町長からごあいさつをお願いし、引き続き、職員のご紹介をお願いいたします。


○町長(河原? 進君) 皆さんおはようございます。


 本日ここに、平成18年大山崎町議会第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、公私何かとご多忙の中、ご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。厚くお礼を申し上げます。また、新しく当選されました議員各位をお迎えをいたしまして、慎んでごあいさつを申し上げる機会を得ましたことは、私の光栄といたすところであります。議員各位におかれましては、去る10月22日に執行されました町議会議員選挙に際しましては、大変厳しい選挙戦を勝ち抜かれ、めでたくご当選の栄誉を得られました。本日ここに初めての議会を開催する運びとなりましたことは、町政のさらなる発展のために誠に同慶の至りと存ずる次第であります。


 さて、現在の地方自治を取り巻く状況は、三位一体改革をはじめ、国におきましては、今後の10年間を新たな挑戦の10年と位置づけた、いわゆる「骨太の方針2006」の中で、今後の経済動向について、長期停滞のトンネルを抜け出し、ようやく未来への明るい展望を持てる状況になったと述べています。しかし、本町におきましては、平成17年度決算で約8,000万円の赤字決算となり、平成18年度におきましても、かつてない大変厳しい状況にあり、そうした中で、本年3月に集中改革プランの策定を行い、行財政の健全化を推進してまいりました。集中改革プランの実現なくして財政再建はあり得ないとの思いは今も変わりません。私といたしましては、大山崎町がますます発展をいたすことを念じているところであり、議員各位におかれましても、町民福祉の向上と町政発展のためにご活躍をいただきますよう念願いたしまして、甚だ簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。


○臨時議長(山本 孝君) ありがとうございます。


 國永助役。


○助役(國永 匡君) おはようございます。


 それでは順次、職員の自己紹介をさせていただきたいと思います。


 まず、私、助役の國永 匡でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○教育長(黒崎良吉君) 教育長の黒崎良吉でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○助役(國永 匡君) 引き続きまして、部室長の紹介を私の方からさせていただきたいと思います。


 まず、勝瀬総務部長でございます。


 大河内福祉部長でございます。


 高山町民生活部長でございます。


 長谷川建設部長でございます。


 山田会計部長でございます。


 中西教育次長でございます。


 上野総務室長でございます。


 矢野政策推進室長でございます。


 塚本福祉推進室長でございます。


 並川町民生活室長でございます。


 高田経済環境室長でございます。


 福田税務室長でございます。


 川崎健康・児童推進室長でございます。


 今村上下水道室長でございます。


 嘉手苅広域道路対策室長でございます。


 山田まちづくり推進室長でございます。


 松田生涯学習室長でございます。


 上野学校教育室長でございます。


 安田監査室長でございます。


 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 ────────────────────────────────────────


               10時12分 開会・開議


○臨時議長(山本 孝君) ただいまから平成18年大山崎町議会第1回臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。


 仮議席は、ただいまご着席の席といたします。


       ────────────────────────────


○臨時議長(山本 孝君) 日程第1、議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 議長の選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○臨時議長(山本 孝君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○臨時議長(山本 孝君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定いたしました。


 議長に、前川 光君を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○臨時議長(山本 孝君) ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名いたしました前川 光君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました前川 光君が議場におられます。


 会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


 前川 光君、議長当選承諾とごあいさつをお願いいたします。


 前川 光君。


○議長(前川 光君) どうも皆さんありがとうございました。新たな気持ちで、気を引き締めて一生懸命頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○臨時議長(山本 孝君) ありがとうございます。


 これをもって、臨時議長の職務はすべて終了いたしました。ご協力ありがとうございました。


○議長(前川 光君) それでは議長として進行、これからさせていただきますので、よろしくお願いします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第2、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により指定いたします。


 ただいまの議席のとおり指定いたします。


 事務局長に朗読させます。


○事務局長(上田久幸君) それでは議席番号、お名前をお呼びいたしますので、右前の名札をお立てください。


 1番朝子直美議員、2番神原郁己議員、3番渋谷 進議員、4番森田俊尚議員、5番山本圭一議員、6番北村吉史議員、7番江下伝明議員、8番山本芳弘議員、9番西林哲人議員、10番高木 功議員、11番前川 光議員、議長でございます。12番山本 孝議員、13番小泉興洋議員、14番立野満代議員、15番堀内康吉議員、16番安田久美子議員、以上でございます。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第3、会議録署名議員の指名について。


 本件につきましては、会議規則第115条の規定により、1番朝子直美君と2番神原郁己君を指名いたします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第4、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りと決定しました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第5、副議長の選挙について。


 お諮りいたします。


 選挙の方法について、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定いたしました。


 副議長に安田久美子君を指名いたします。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名いたしました安田久美子君が副議長に当選されました。


 安田久美子君が議場におられます。


 会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


 安田久美子君、副議長当選承認とごあいさつをお願いいたします。


○副議長(安田久美子君) ありがとうございます。安田久美子です。


 議長を補佐しまして、スムーズな議会運営、皆さんのご協力のもとにやっていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


○議長(前川 光君) ありがとうございました。


 それでは、議案の配付をいたしますので、しばらくお待ちください。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第6、議員提出議案第2号、大山崎町議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 13番小泉興洋君。


○13番(小泉興洋君) 提案理由につきましては、昨年4月における町の組織改正後きょうまで経過してきたわけでございますが、現行組織に見合った委員会の所管事項等を見直すため、条例の一部改正を提案するものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 以上です。


○議長(前川 光君) お諮りいたします。


 議員提出議案第2号につきまして、質疑、討論省略の上採決することにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 採決いたします。


 議員提出議案第2号について原案のとおり可決することに賛成の諸君の挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(前川 光君) ありがとうございました。挙手全員であります。


 よって、議員提出議案第2号は原案のとおり可決することに決しました。


 ここで暫時休憩いたします。


 ただいま可決しました議案を告示いたしておりますので、そのままでしばらくお待ちください。


                10時30分 休憩


                ──────────


                10時32分 再開


○議長(前川 光君) それでは再開いたします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第7、常任委員の選任について。


 お諮りいたします。


 常任委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、神原郁己君、山本圭一君、山本芳弘君、高木 功君、小泉興洋君、立野満代君、以上6名の諸君を総務産業常任委員会に、渋谷 進君、森田俊尚君、北村吉史君、西林哲人君、安田久美子君、以上5名の諸君を建設上下水道常任委員会に、朝子直美君、江下伝明君、山本 孝君、堀内康吉君、そして私前川 光、以上5名の諸君を文教厚生常任委員会にそれぞれ指名いたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、よって、ただいま指名いたしました以上の者をそれぞれの常任委員会に選任することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第8、議会運営委員の選任について。


 お諮りいたします。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、江下伝明君、山本芳弘君、西林哲人君、高木 功君、小泉興洋君、堀内康吉君、以上6名の諸君を議会運営委員に指名したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を議会運営委員に選任することに決しました。


 暫時休憩いたしまして、その間に各常任委員会・議会運営委員会正副委員長の互選をお願いいたします。


 場所は、総務産業常任委員会は第1委員会室で、建設上下水道常任委員会は第2委員会室で、その後、文教厚生常任委員会、議会運営委員会、順次開いていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


 休憩いたします。


                10時34分 休憩


                ──────────


                10時55分 再開


○議長(前川 光君) それでは再開いたします。


 さきの休憩中に各常任委員会・議会運営委員会の正副委員長の互選があり、総務産業常任委員長に小泉興洋君、同副委員長に立野満代君、建設上下水道常任委員長に渋谷 進君、同副委員長に森田俊尚君、文教厚生常任委員長に江下伝明君、同副委員長に山本 孝君、議会運営委員長に堀内康吉君、同副委員長に高木 功君がそれぞれ選ばれたとの通知がありましたので、ご報告いたします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第9、特別委員会の設置について。


 お諮りいたします。


 本件につきましては、委員会条例第5条の規定により、広域道路網、中学校移転、環境等諸問題を審査するために8名の委員をもって構成し、第二外環状道路等対策特別委員会を設置の上、付託事件について審査、調査、研究が終了するまで、閉会中も引き続き審査、調査、研究することにいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 よって、特別委員会を設置の上、付託事件について審査、調査、研究が終了するまで、閉会中も引き続き審査、調査、研究することに決定いたしました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第10、特別委員の選任について。


 お諮りいたします。


 本件につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、渋谷 進君、北村吉史君、江下伝明君、山本芳弘君、西林哲人君、高木 功君、小泉興洋君、立野満代君、以上8名の諸君を第二外環状道路等対策特別委員に指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり特別委員に選任することに決定いたしました。


 暫時休憩いたしまして、その間、特別委員会の正副委員長の互選をお願いいたします。


 場所は第1委員会室で開いていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


 休憩いたします。


                10時59分 休憩


                ──────────


                11時05分 再開


○議長(前川 光君) 再開いたします。


 さきの休憩中に特別委員会の正副委員長の互選があり、第二外環状道路等特別委員会委員長に北村吉史君、副委員長に山本芳弘君が選ばれたとの通知がありましたので、ご報告いたします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第11、一部事務組合議会議員の選挙についてを議題といたします。


 初めに、乙訓環境衛生組合議会議員の選挙を行います。


 本件につきましては、組合規則第6条の規定により、議会議員の中から3名を選出するものであります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 乙訓環境衛生組合議会議員に、神原郁己君、北村吉史君、高木 功君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま乙訓環境衛生組合議会議員に指名しました神原郁己君、北村吉史君、高木 功君を当選人と定めることにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 ただいま乙訓環境衛生組合議会議員に当選されました神原郁己君、北村吉史君、高木 功君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 次に、乙訓福祉施設事務組合議会議員の選挙を行います。


 本件につきましては、組合規則第5条の規定により、議会議員の中から3名選出するものであります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定いたしました。


 乙訓福祉施設事務組合議会議員に、朝子直美君、森田俊尚君、山本芳弘君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま乙訓福祉施設事務組合議会議員に指名いたしました朝子直美君、森田俊尚君、山本芳弘君を当選人と定めることにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 ただいま乙訓福祉施設事務議会議員に当選されました朝子直美君、森田俊尚君、山本芳弘君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 次に、乙訓消防組合議会議員の選挙を行います。


  本件につきましては、組合規則第5条の規定により、議会議員の中から2名選出するものであります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長が指名することにいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 乙訓消防組合議会議員に、山本圭一君、江下伝明君を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま乙訓消防組合議会議員に指名しました山本圭一君、江下伝明君を当選人と定めることにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 ただいま乙訓消防組合議会議員に当選されました山本圭一君、江下伝明君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第12、諸報告について。


 行政事務報告を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) それでは行政報告といたしまして、まず、乙訓環境衛生組合議会の報告をいたします。


 平成18年9月25日午前10時から、乙訓環境衛生組合議会平成18年第3回定例会が乙訓環境衛生組合会議室で開催され、管理者として出席をいたしましたので、その概要を報告いたします。


 日程1、会議録署名議員の指名、日程2、会期の決定につきましては、当日1日限りと決定、日程3、管理者諸報告につきましては、まず、第8回リサイクルフェアの開催について、リサイクル推進の一環として、平成11年度から開催し、本年度は10月29日の日曜日に、前年度と同様に、隣接する京都府流域下水道事務所の下水道フェアとの同時開催とし、広く環境問題に対する啓発が行えるよう進めており、今後におきましても、ごみ減量とリサイクルの推進に積極的に取り組んでいきたいとの報告がありました。


 次に、し尿処理施設改造事業の進捗状況につきましては、現在、京都府流域下水道事務所と詳細な工程について最終協議を進めており、9月からポンプ、計器類の製作に入り、10月下旬から配管敷設工事、ポンプ設置工事等に現場着手し、年明け2月初旬から試運転に入る予定であり、現施設を稼働しながらの改造工事となるため、処理に支障を及ぼさないよう細心の注意を払いながら進めていきたいとの報告がありました。日程4、監査報告第4号、例月出納検査の結果報告につきましては、鈴木 晃代表監査委員から報告がありました。日程5、第12号議案、平成17年度乙訓環境衛生組合一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、決算特別委員会を設置し、決算特別委員会に付託することになりました。その後、決算特別委員会が開催され、委員長に西林哲人議員が、副委員長には富田 均議員が指名推選により選出され、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により原案のとおり認定されました。日程6、第13号議案、平成18年度乙訓環境衛生組合一般会計補正予算(第1号)につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により原案のとおり可決されました。本会議終了後、北村吉史議員、西林哲人議員、矢引亮介議員から退任のあいさつがあり、続いて私からも管理者として退任のあいさつをいたしました。なお、詳細につきましては、議会事務局に資料がございますので、ご高覧くださいますようお願いいたします。


 次に、乙訓福祉施設事務組合議会の報告をいたします。


 平成18年9月26日午前10時から乙訓福祉施設事務組合平成18年第3回定例会が乙訓福祉施設事務組合会議室で開催され、副管理者として出席をいたしましたので、その概要を報告いたします。


 日程第1、会議録署名議員の指名、日程第2、会期の決定につきましては、当日1日限りと決定、日程第3、管理者諸報告につきましては、まず、総務関係では、職員の資質向上及び職場の安全衛生の充実を図るため、7月19日に、係長職を対象にセクシャルハラスメントについての研修会を実施したと報告がありました。次に運営協議会を8月23日に開催し、平成17年度乙訓福祉施設事務組合決算及び事業概要について報告がありました。


 次に、若竹苑の関係につきまして、現在の利用状況は、身体障害者施設20名、知的障害者施設30名の定員どおりで、市町別の利用者は、向日市14人、長岡京市26人、大山崎町8人、京都市2人と報告がありました。4月からの利用料の1割負担が始まりましたが、現在34人の利用者が低所得階層であり、何らかの減免措置を受けております。また自己負担増で退所者が生じるのではないかと懸念いたしましたが、これまでのところ、退所者は生じてないと報告がありました。なお、本年度より施設への報酬単価は日割りとなりましたので、欠席日数や就労支援のための職場実習期間中は収入減となり、今後は定員を超えた受け入れや、積極的な利用案内が必要になると思われると報告がありました。


 次に、ポニーの学校関係につきまして、現在の利用状況は、週1回の定期利用児が76人、月1回利用児が13人、合計89人の利用者となっています。内訳は、向日市32人、長岡京市50人、大山崎町7人であります。行事等は7月に前期家族懇談会、8月には、施設開放事業を実施したと報告がありました。


 次に、介護障害審査関係につきまして、介護認定審査会の本年4月から8月までの審査状況は、合議体を79回開催し、2,050件の2次判定を行いました。また、障害者自立支援法に基づく障害程度区分認定審査会は、4月4日に、医療・保健・福祉のそれぞれの專門家12名に障害認定区分審査会委員に就任していただき、合議体を8回開催し、102件の2次審査を行ったと報告がありました。日程第4、例月出納検査結果につきましては、前田 進監査委員から報告がありました。日程第5、第13号議案、平成17年度乙訓福祉施設事務組合一般会計歳入歳出決算認定につきましては、前田 進監査委員から、平成17年度乙訓福祉施設事務組合一般会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査意見を述べられました。その後、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により認定されました。日程終了後、乙訓福祉施設事務組合より若竹苑として取り組む障害者支援事業の方向性の説明があり、議員より、新たな障害者支援事業のシミュレーションを提出するよう要望がありました。


 次に、大山崎町議会選出の山本芳弘議員、安田久美子議員、森田俊尚議員から退任のあいさつがあり、続いて私からも副管理者として退任のあいさつをいたしました。


 なお、詳細につきましては、議会事務局に資料がございますので、ご高覧くださいますようお願いいたします。


 次に、乙訓消防組合議会の報告をいたします。


 平成18年9月27日午前10時から、乙訓消防組合議会平成18年第3回定例会が乙訓消防組合消防本部4階大会議室で開催され、副管理者として出席をいたしましたので、その概要を報告いたします。


 日程第1、会議録署名議員の指名、日程第2、会期の決定につきましては、当日1日限りと決定、日程第3、管理者の諸報告につきましては、去る8月1日から2日にかけて先進地視察として静岡県沼津市消防本部及び田方消防組合消防本部へ組合議員参加のもと行ったとの報告がありました。次に、6月から8月までの3カ月間の火災・救急・消防事故の出場件数は1,254件で、内訳は、火災11件、救助29件、その他災害9件、救急につきましては1,205件の出場件数があったとの報告がありました。次に、救急の日9月9日を含む1週間を救急医療週間として、救急医療及び救急業務に対する住民の正しい理解と認識を深めていただくために、啓発立て看板及びポスターの掲出、街頭における救急車の正しい利用方法の普及啓発を行うとともに、9月1日には乙訓医師会をはじめ乙訓保健所、2市1町及び消防組合の主催で、「突然死を防ぐために あなたが救える命」をテーマに、大山崎町中央公民館におきまして救急フェアを開催したとの報告がありました。日程第4、監査報告第3号、例月出納検査結果報告につきましては、岡崎 正代表監査委員から報告がありました。日程第5、報告第1号、平成17年度乙訓消防組合一般会計予算継続費精算報告につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により承認されました。日程第6、議案第7号、専決処分の承認を求めることについて(専決第2号 交通事故による損害賠償の額の決定)につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により承認されました。日程第7、議案第8号、専決処分の承認を求めることについて(専決第3号 交通事故による損害賠償の額の決定)につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により承認されました。日程第8、議案第9号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により可決されました。日程第9、議案第10号、平成17年度乙訓消防組合一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により認定されました。日程第10、議案第11号、平成18年度乙訓消防組合一般会計補正予算(第1号)につきましては、質疑応答、慎重審査の結果、全員賛成により可決されました。


 本会議終了後、野村消防長から、京都府消防体制のあり方検討委員会の設置について説明がありました。また、阪本 広議員、前川 光議員から退任のあいさつがあり、続いて私からも副管理者として退任のあいさつをいたしました。


 なお、詳細につきましては、議会事務局に資料がございますので、ご高覧をいただきますようお願いを申し上げまして、報告といたします。


○議長(前川 光君) これをもって諸報告を終わります。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第13、第68号議案、大山崎町監査委員の選任についてを議題といたします。


 本件につきましては、地方自治法第117条の規定により、9番西林哲人君の退場を求めます。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) ただいま上程されました第68号議案につきまして、提案の説明をいたします。


 議会選出の監査委員の任期が平成18年10月23日付で満了となったため、新たに西林哲人議員を監査委員に選任いたしたいので、議会の同意を得るため提案をするものであります。何とぞよろしくご審議賜り、ご同意をいただきますようお願いを申し上げまして、提案の説明といたします。


○議長(前川 光君) お諮りいたします。


 第68号議案につきましては、質疑、討論省略の上、採決することにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 採決いたします。


 第68号議案について同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(前川 光君) ありがとうございました。挙手全員であります。


 よって、第68号議案は同意することに決しました。


 西林哲人君、自席にお戻りください。


 西林哲人君にごあいさつをお願いいたします。


 西林哲人君。


○9番(西林哲人君) 一言ごあいさつ申し上げます。


 監査委員にご推挙賜り、ありがとうございました。微力な私ですが、頑張りますので、皆様方のご協力よろしく申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。


○議長(前川 光君) ありがとうございました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第14、第69号議案、大山崎町自治功労者の表彰についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) それでは、ただいま上程されました第69号議案、大山崎町自治功労者の表彰について提案の説明をいたします。


 京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字海道19番地小泉興洋氏が、大山崎町表彰条例第3条第1項第2号の規定に該当され、大山崎町自治功労者として表彰いたしたいので提案するものであります。何とぞよろしくご審議賜り、ご同意をいただきますようお願いを申し上げまして、提案の説明とさせていただきます。


○議長(前川 光君) お諮りいたします。


 第69号議案について、質疑、討論を省略することにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 採決いたします。


 第69号議案について同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(前川 光君) ありがとうございました。挙手全員であります。


 よって、第69号議案は同意することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第15、第70号議案、大山崎町自治功労者の表彰についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) ただいま上程されました第70号議案、大山崎町自治功労者の表彰について提案の説明をいたします。


 京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字北浦2番地の6江下伝明氏が、大山崎町表彰条例第3条第1項第2号の規定に該当され、大山崎町自治功労者として表彰したいので提案するものであります。何とぞよろしくご審議賜り、ご同意をいただきますようお願いを申し上げ、提案の説明とさせていただきます。


○議長(前川 光君) お諮りいたします。


 第70号議案について、質疑、討論を省略することにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 採決いたします。


 第70号議案について同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(前川 光君) ありがとうございました。挙手全員であります。


 よって、第70号議案は同意することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 日程第16、第71号議案、大山崎町自治功労者の表彰についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) ただいま上程されました第71号議案、大山崎町自治功労者の表彰について提案の説明をいたします。


 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字西高田3番地の6前川 光氏が、大山崎町表彰条例第3条第1項第2号の規定に該当され、大山崎町自治功労者として表彰したいので提案するものであります。何とぞよろしくご審議賜り、ご同意いただきますようお願いを申し上げまして、提案の説明とさせていただきます。


○議長(前川 光君) お諮りいたします。


 第71号議案について、質疑、討論を省略することにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 採決いたします。


 第71号議案について同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(前川 光君) ありがとうございました。挙手全員であります。


 よって、第71号議案は同意することに決しました。


 議員派遣の件についてを日程に追加し、追加日程第1として議題といたします。


 本件については、会議規則第116条の規定により、さきに配付のとおり、議員を派遣することにいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議員派遣については、さきに配付のとおり、議員を派遣することに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 閉会中の継続審査の申し出について、日程に追加し、追加日程第2として議題とすることにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 よって、閉会中の継続審査の申し出についてを日程に追加し、追加日程第2として議題といたします。


 お諮りいたします。


 3常任委員長及び議会運営委員長から、次の調査事項により、それぞれの調査終了まで閉会中の継続調査といたしたい旨の申し出がありました。総務産業常任委員会は、行財政及び経済・環境・衛生等について、建設上下水道常任委員会は、建設・都市計画及び上下水道行政等について、文教厚生常任委員会は、福祉及び教育行政について、議会運営委員会は、議会運営等について調査目的として、それぞれ調査事項について、他の地方公共団体等の取り組みを調査し、各委員会の向上を図り、本町に反映させるため、以上のとおり、3常任委員長及び議会運営委員長の申し出事項について、調査終了まで閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(前川 光君) ご異議なしと認めます。


 次に、発言の申し出がありますので、これを許します。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) それでは、ただいま議長からの発言のお許しをいただきましたので、貴重なお時間をいただきまして、誠に恐縮ではありますが、12月4日をもちまして私が任期満了となりますことから、議場で各議員の皆様方にお目にかかりますのも本日が最後と存じますので、一言お礼のごあいさつを申し上げたいと存じます。


 私は、平成6年12月5日就任以来、バブル崩壊後の財政状況を維持するとともに、行政レベルの退化を招かないよう、各種施策の維持に努めてまいりました。特に今期は厳しい財政状況でありましたが、各議員の皆様には何かとご指導、ご協力を賜り、ここに職務を全うすることができましたことを大変うれしく思いますとともに、改めて感謝を申し上げる次第であります。本当に長い間ありがとうございました。私は、今期を最後に退任することとなりましたが、各議員におかれましては十分健康にご留意をいただき、本町のさらなる発展のため、なお一層のご尽力とご活躍を賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単でございますが、お礼のごあいさつとさせていただきます。本当に長い間ありがとうございました。


       ────────────────────────────


○議長(前川 光君) 以上で、本日の会議を閉じ、これをもって、平成18年大山崎町議会第1回臨時会を閉会いたします。どうもご苦労さまでございました。


               11時34分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





     大山崎町議会議長  前 川   光





     会議録署名議員   朝 子 直 美





     会議録署名議員   神 原 郁 己