議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 大山崎町

平成18年第2回定例会(第4号 6月23日)




平成18年第2回定例会(第4号 6月23日)





       平成18年大山崎町議会第2回定例会会議録−第4号−


         平成18年6月23日(金曜日)午前10時12分開議





 



〇出席議員(16名)      1番  矢引 亮介  議員


                2番  小梶  晃  議員


                3番  立野 満代  議員


                4番  森田 俊尚  議員


                5番  前川  光  議員


                6番  北村 吉史  議員


                7番  江下 伝明  議員


                8番  山本 芳弘  議員


                9番  西林 哲人  議員


               10番  阪本  広  議員


               11番  平岡 幸子  議員


               12番  山本  孝  議員


               13番  小泉 興洋  議員


               14番  渋谷  進  議員


               15番  堀内 康吉  議員


               16番  安田久美子  議員


〇欠席議員(0名)


〇地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者


          河原? 進   町     長


          國永  匡   助     役


          黒崎 良吉   教  育  長


          勝瀬 光裕   総 務 部 長


          長谷川彰男   建 設 部 長


          大河内勝己   福 祉 部 長


          高山 澄男   町民生活部長


          中西 善順   教 育 次 長


          山田 真司   会 計 部 長


          上野  隆   総 務 室 長


          矢野 雅之   政策推進室長


          福田 正洋   税 務 室 長


          並川 邦夫   町民生活室長


          高田 正治   経済環境室長


          塚本 浩司   福祉推進室長


          川崎 妙子   健康・児童推進室長


          嘉手苅茂樹   広域道路対策室長


          山田 繁雄   まちづくり推進室長


          今村 幸弘   上下水道室長


          上野 孝志   学校教育室長


          松田 秀和   生涯学習室長


          安田  正   監 査 室 長


〇出席事務局職員


          上田 久幸   事 務 局 長


          段野 俊之   グループリーダー


          戎谷よう子   係     員


〇議事日程(第4号)


  日程第 1.会議録署名議員の指名について


  日程第 2.議案(第49号議案)の上程について


  日程第 3.議案の取り扱い方(委員会付託)について


  日程第 4.委員長報告について


  日程第 5.第34号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (大山崎町税条例の一部改正について)


  日程第 6.第35号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (大山崎町国民健康保険税条例の一部改正について)


  日程第 7.第36号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)


  日程第 8.第37号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)


  日程第 9.第38号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第9号)について)


  日程第10.第39号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)


         について)


  日程第11.第40号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第4号)につい


         て)


  日程第12.第41号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)につ


         いて)


  日程第13.第42号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第1号)について)


  日程第14.第43号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成18年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


         について)


  日程第15.第44号議案 専決処分の承認を求めることについて


        (平成18年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第1号)につい


         て)


  日程第16.第45号議案 非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正


               について


  日程第17.第46号議案 大山崎町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関す


               る条例の一部改正について


  日程第18.第47号議案 平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第2号)につ


               いて


  日程第19.第48号議案 平成18年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算


               (第1号)について


  日程第20.第49号議案 大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事請


               負契約について


  日程第21.意見書(案)第1号 出資法及び貸金業規制法の改正に関する意見書


                  (案)について


  日程第22.意見書(案)第2号 教育基本法を生かし、学力・体力・市民道徳を身


                  につける教育行政を行なうことを求める意見書


                  (案)について


  日程第23.意見書(案)第3号 地方交付税制度の財源保障機能を堅持し、充実さ


                  せる意見書(案)について


  日程第24.議員派遣の件について


〇上程された意見書


  意見書(案)第1号 出資法及び貸金業規制法の改正に関する意見書(案)について


  意見書(案)第2号 教育基本法を生かし、学力・体力・市民道徳を身につける教育


            行政を行なうことを求める意見書(案)について


  意見書(案)第3号 地方交付税制度の財源保障機能を堅持し、充実させる意見書


            (案)について


────────────────────────────────────────


               10時12分 開議


○議長(小泉興洋君) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第1、会議録署名議員の指名について。


 本件につきましては、会議規則第115条の規定により、15番堀内康吉君と16番安田久美子君を指名いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第2、第49号議案、大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事請負契約について。


 提案理由の説明を求めます。


 河原?町長。


○町長(河原? 進君) 皆さんおはようございます。


 ただいま上程をされました第49号議案、大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事請負契約についてのご説明を申し上げます。


 大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事の予算につきましては、平成18年度当初予算におきましてご可決をいただいているところであり、その後、諸準備を進めてまいりました。このたび6月19日に指名競争入札を執行し、株式会社辻工務店が落札をいたしましたので、契約締結のため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 以上、提案理由をご説明申し上げましたが、何とぞよろしくご審議賜り、ご可決をいただきますようお願いを申し上げまして、提案説明とさせていただきます。


○議長(小泉興洋君) 説明が終わりました。


 第49号議案に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 第49号議案に対する質疑を終結いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第3、議案の取り扱い方について。


 お諮りいたします。


 第49号議案は、文教厚生常任委員会に付託いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ご異議なしと認め、さよう決します。


 暫時休憩いたしまして、その間に文教厚生常任委員会を開いていただき、委員会終了後、本会議を再開いたします。委員会の開催につきましては、第1委員会室で開いていただきたく思います。


 休憩いたします。


                10時15分 休憩


                ──────────


                10時47分 再開


○議長(小泉興洋君) 再開いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第4、委員長報告について。


 初めに、総務常任委員長渋谷 進君に報告を求めます。


○総務常任委員長(渋谷 進君) 総務常任委員会の委員長報告を行います。


 去る6月7日の本会議におきまして、当委員会に付託されました第34号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町税条例の一部改正について)、第36号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)、第37号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)、第38号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第9号))のうち、歳出、第2款総務費、第9款消防費、第11款災害復旧費、第2表地方債補正及びこれらに関連する歳入について、第42号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第1号)について)、第45号議案、非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について、第46号議案、大山崎町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について、第47号議案、平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第2号)のうち、歳出、第2款総務費、第9款消防費及びこれらに関連する歳入について。以上、8件の議案、6月19日、第1委員会室におきまして、町長、助役、担当職員の出席を得て委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果をご報告申し上げます。


 各議案につきましては、理事者から詳細な説明を求め、質疑応答、慎重審査の結果、6月19日の審査におきまして、第34号議案につきましては、賛成多数により承認すべきものと、第36号議案、第37号議案、第38号議案及び第42号議案につきましては、全員賛成により承認すべきものと、第45号議案、第46号議案及び第47号議案につきましては、いずれも全員賛成により、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、総務常任委員会の委員長報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 次に、建設上下水道常任委員長前川 光君に報告を求めます。


○建設上下水道常任委員長(前川 光君) 建設上下水道常任委員会委員長報告を行います。


 去る6月7日の本会議におきまして、当委員会に付託されました第38号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第9号))のうち、歳出、第8款土木費及びこれらに関連する歳入について、第40号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第4号)について)、第44号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について)。以上、3件の議案の審査のため、6月20日、第1委員会室におきまして、町長、助役、担当職員の出席を得て委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果をご報告申し上げます。


 各議案については、理事者から詳細な説明を求め、質疑応答、慎重審査の結果、6月20日の審査におきましては、第38号議案、第40号議案及び第44号議案につきましては、いずれも全員賛成により承認すべきものと決しました。


 以上、建設上下水道常任委員会の委員長報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 次に、文教厚生常任委員長阪本 広君に報告を求めます。


○文教厚生常任委員長(阪本 広君) 文教厚生常任委員会の報告をいたします。


 去る6月7日及び本日の本会議におきまして、当委員会に付託されました第35号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町国民健康保険税条例の一部改正について)、第38号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第9号))のうち、歳出、第3款民生費、第4款衛生費、第6款農林水産業費、第7款商工費、第10款教育費及びこれらに関連する歳入について、第39号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について)、第41号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)について、第43号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について)、第47号議案、平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第2号)のうち、歳出、第3款民生費、第10款教育費及びこれらに関連する歳入について、第48号議案、平成18年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について。また、本日先ほど審議をいたしました第49号議案、大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事請負契約について、以上8件の議案の審査のため、本日及び6月20日、第1委員会室におきまして、町長、助役、教育長、担当職員の出席を得て委員会を開催いたしまして、審査を行いましたので、その結果をご報告申し上げます。


 各議案については、理事者から詳細な説明を求め、質疑応答、慎重審査の結果、本日及び6月20日の審査におきまして、第35号議案につきましては、可否同数によりまして、委員長採決により承認すべきものと、第38号議案、第39号議案、第41号議案及び第43号議案につきましては、全員賛成により承認すべきものと、第47号議案、第48号議案及び第49号議案につきましては、いずれも全員賛成により、それぞれ原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で文教厚生常任委員会の報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 以上で委員長報告を終了いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第5、第34号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町税条例の一部改正について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 最初に、反対討論を行います。


 16番安田久美子君。


○16番(安田久美子君) 第34号議案、大山崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分について、反対の討論をいたします。


 今回の改正は、国の税制改革に伴うものであり、三位一体の改革の区切りの年度として、定率減税の廃止、固定資産税の負担調整措置の見直し、約3兆円の税源移譲による税率構造の見直し等が行われたものです。町民税の定率減税については2006年度に半減、2007年度には全廃されます。国会の審議では、全廃により、年収500万の4人家族で3万5,000円の増税になることが明らかにされました。また、今回の税条例の改正で、個人町民税の税率は、現在の3段階から一律6%へフラット化されることになりました。税負担を増加させないように措置はとられましたが、本来、税負担は公平で平等な累進税率が基本であり、フラット化は問題を残すものだと思います。また、土地の固定資産税の負担調整措置の見直しについても、その対象となるところには5%の課税の標準額の引き上げがなされます。町内には少ない数だといわれておりましたが、このことにより、地価が下がっても固定資産税が上がるという事態を招きます。これらのことは、住民への暮らしを圧迫するものであり、この改正には反対といたします。


○議長(小泉興洋君) 次に、賛成討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第34号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第34号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第6、第35号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町国民健康保険税条例の一部改正について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 最初に、反対討論を行います。


 1番矢引亮介君。


○1番(矢引亮介君) 第35号議案、大山崎町国民健康保険税条例の一部改正について、反対の討論を行います。


 小泉内閣の負担増政治によって、高齢者世帯は負担増の連続です。今年度の平成18年度には、公的年金等控除の縮小、老年者控除の廃止などで、年金生活者の住民税も増税となり、この増税に連動して、国民健康保険税も負担増になります。住民税の増税に伴って、国保税の負担増が起きる。政府もこの問題の重大さを無視できなくなり、国保税の負担増を一度に行わず、平成20年度までかけて段階的に行うような激変緩和措置を設けました。しかし、これは1回ごとの引き上げ額は少なくなりますが、3年間にわたって連続的な負担増が続くことになります。また介護保険料の課税限度額が8万円から9万円に引き上げられ、負担増となります。景気がよくなったといっても、格差の広がりが当たり前のように語られるほど、国民の生活が豊かになったわけではないときに負担増は認められませんので、反対とします。


○議長(小泉興洋君) 次に、賛成討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第35号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第35号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第7、第36号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第36号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第36号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第8、第37号議案、専決処分の承認を求めることについて(大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第37号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第37号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第9、第38号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第9号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 最初に、反対討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 次に、賛成討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第38号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第38号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第10、第39号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第39号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第39号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第11、第40号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第4号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第40号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第40号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第12、第41号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第41号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第41号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第13、第42号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第1号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 最初に、反対討論を行います。


 8番山本芳弘君。


○8番(山本芳弘君) この第42号議案について、承認を是としない立場から討論をいたします。


 まず、同じ繰上充用が定められた国民健康保険事業特別会計、下水道事業特別会計につきましては、それぞれ繰上充用しましても、翌年度の歳入・歳出に影響がない何らかの財源補てんなり、効率化によって、それが補てんをされるという補償があります。しかし、この一般会計につきましては、1億1,000万を繰上充用いたしまして、実質上の繰上充用金は8,000万でありますけども、この8,000万を充用いたしまして、翌年度、平成18年度の歳入欠陥を補正する補償がありません。私は、集中改革プランの中で、今後それに計上されていない事業が大山崎町に押し寄せるというふうに思っております。具体的に言いますと3点でございます。1つは、中学校の移転補償に伴う歳出の問題、京都府は、中学校の移転補償については、今年度中に合意を得るという方針で、現在協議を進められています。そうしますと、集中改革プランの期間中の平成21年度までに大山崎町が歳出を行うということが、当然これは考えられます。また私が2点目には、一般質問で言いましたように、阪急の新駅建設に伴う支出をどうするのかという問題もございます。特にこのまま集中改革プランが進んだとしましても、一般質問で述べましたように、理想系の歳出があって、収入も理想的に進んだ上で、平成21年に収支がほぼトントンの形になるということは、災害が起これば、もうこれだけで集中改革プランが飛んでしまいます。私は、繰上充用する以上は、これの補てんの具体的な行動計画が進められるべき、示されるべきだというふうに思っておりますが、審議の中で、私はそれを受け取ることができませんでした。このままいきますと赤字再建団体に転落をして、結局はどこかの自治体と合併をする、その合併をしたときに、後から振り返れば、結果的に、あっ何だ今までのいろいろな集中改革プランの行動というのは、合併に少しでも傷がないように、支障のないようにしていくそういう計画だったのかというふうに町民に受け取られる可能性が十分あると思います。こういう考えで、私は承認については是とするわけにいきません。


 以上、私の反対の討論といたします。


○議長(小泉興洋君) 次に、賛成討論を行います。


 6番北村吉史君。


○6番(北村吉史君) この42号議案に対して、条件付けながら、一言賛成討論に参加をさせていただきたいと思います。


 この42号議案は、平成18年度予算から1億1,000万を平成17年度の方に繰り上げるという、本町の財政が自転車操業に入る、これを求めるという議案でございます。いささか、乱暴な議案というふうな感じを受けております。これは平成17年の普通交付税が不交付になった。いわゆる不交付団体になったというためであります。このことは十分理解をいたしておりますが、この本町の3月議会において提出されました集中改革プランの完遂を求めることをまず1つ望んでおります。そして住民の負担を極力増やさないような本町の理事者、職員、全員がアンテナを張って情報の収集に努め、自主財源の確保に全力を挙げていただきたい。このことを望みます。また、自主財源の涵養という観点、そして今後の自治体の自主独立という観点、これが今後の地方自治の本旨であるというふうに考えますが、私が一般質問でも提案をさせていただいておりますまちづくり条例、これを早期に、できれば9月議会においての議会に対する議案として上程をしていただくことを条件といたしまして、賛成とさせていただきます。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第42号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第42号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第14、第43号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第43号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第43号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第15、第44号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成18年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第44号議案について承認することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第44号議案は承認することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第16、第45号議案、非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第45号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第45号議案は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第17、第46号議案、大山崎町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第46号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第46号議案は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第18、第47号議案、平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第2号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 最初に、反対討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 次に、賛成討論を行います。


 16番安田久美子君。


○16番(安田久美子君) 第47号議案、平成18年度大山崎町一般会計補正予算(第2号)について、一言賛成の討論をさせていただきます。


 今回の補正予算に、国民保護計画策定のための委員報酬が上げられております。2回分ということで補正があって、策定委員を7月中に開催をしたいと、このように委員会で答弁がありました。共産党の議員団は、前回の3月議会で提案をされました国民保護協議会条例や国民保護対策本部条例には、戦争に協力する目的であるとして、これらの条例の設置には反対をいたしてまいりました。この趣旨には変わりがありません。よって、この国民保護計画策定の委員報酬の追加には賛成をしかねます。しかし、この補正予算には、地域防災計画の業務委託料や、また一山の耐震診断委託料など住民にとって必要なものがあり、これらを含む一般会計の補正全体からみると賛成をいたしたいと、このように思います。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第47号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第47号議案は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第19、第48号議案、平成18年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第48号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第48号議案は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第20、第49号議案、大山崎町立第二大山崎小学校普通教室棟耐震補強工事請負契約について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第49号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第49号議案は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第21、意見書(案)第1号、出資法及び貸金業規制法の改正に関する意見書(案)についてを議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 7番江下伝明君。


○7番(江下伝明君) 出資法及び貸金業規制法の改正に関する意見書。


 既に皆様のお手元に配付していただいております。その趣旨については、そこに書かれているとおりでございます。皆様のご理解を得まして、全員一致で、この大山崎町の議会として賛同いただけるようお願い申し上げまして、提案とさせていただきます。


○議長(小泉興洋君) 提出者に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 意見書(案)第1号について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、意見書(案)第1号は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第22、意見書(案)第2号、教育基本法を生かし、学力・体力・市民道徳を身につける教育行政を行なうことを求める意見書(案)についてを議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 1番矢引亮介君。


○(矢引亮介君) お手元に配付しております意見書(案)の趣旨により提案させていただきます。是非皆さんのご賛同をよろしくお願い申し上げます。


○議長(小泉興洋君) 提出者に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 意見書(案)第2号について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、意見書(案)第2号は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第23、意見書(案)第3号、地方交付税制度の財源保障機能を堅持し、充実させる意見書(案)についてを議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 14番渋谷 進君。


○14番(渋谷 進君) お手元に配付していただいている意見書の全文のとおりでございます。是非よろしくお願いいたします。


○議長(小泉興洋君) 提出者に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 8番山本芳弘君。


○8番(山本芳弘君) 反対の立場から討論をいたします。


 甚だ疑問に感じる意見書であります。というのは、地方交付税制度の財源保障機能を堅持しということになっておりますが、今地方交付税をめぐって論議をされているのは、地方交付税の算定根拠になっている基準財政需要、これを国が示して、基準を決めて、地方自治体にそれを押しつけていくということは問題であろうという論議になっております。私もそれに賛成ですし、大方の論議はそれになっております。町村議会でも、それをもとにして、それよりか自由に使える税源を地方に移転せよと、ただし、それでは十分救えない自治体があるので、それを補完する役割で地方交付税というのを行えということを示しておりまして、一昨年の12月の本議会においても、その意見書が採択されております。これは税源機能を移転をするということではなくて、地方交付税を堅持をするという立場で、今の状況とかなり変わっておりまして、私は、私の考えとしても、先ほど申しましたように、それに賛成いたしますので、この意見書に賛成することはできません。もう1つ付け加えますと、自治体の労働組合で行われている自治体問題研究の全国大会においても、地方交付税を堅持するということが問題だということは論議されているにもかかわらず、こういう意見書が提出される。私は、これの意見書を要望しました自治労連に電話をいたしまして話をいたしましたが、それについての明確な答えはありませんでした。


 以上をもちまして、私は、これに賛成することはできません。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 意見書(案)第3号について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) 挙手多数であります。


 よって、意見書(案)第3号は原案のとおり可決することに決しました。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第24、議員派遣の件について。


 本件は、会議規則第116条の規定により、さきに配付いたしておりましたとおり、平成18年7月14日午後1時から、ルビノ京都堀川において、京都府町村議会議員研修会が開催されます。これに議員派遣することにいたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


          (「異議なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議員派遣の件については、配付のとおり、議員を派遣することに決定いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 以上で、本日の会議を閉じ、これをもって、平成18年大山崎町議会第2回定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


               11時26分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





     大山崎町議会議長  小 泉 興 洋





     会議録署名議員   堀 内 康 吉





     会議録署名議員   安 田 久美子