議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 大山崎町

平成17年第3回定例会(第4号 9月22日)




平成17年第3回定例会(第4号 9月22日)





       平成17年大山崎町議会第3回定例会会議録−第4号−


         平成17年9月22日(木曜日)午前10時02分開議


 



〇出席議員(16名)      1番  矢引 亮介  議員


                2番  小梶  晃  議員


                3番  立野 満代  議員


                4番  森田 俊尚  議員


                5番  前川  光  議員


                6番  北村 吉史  議員


                7番  江下 伝明  議員


                8番  山本 芳弘  議員


                9番  西林 哲人  議員


               10番  阪本  広  議員


               11番  平岡 幸子  議員


               12番  山本  孝  議員


               13番  小泉 興洋  議員


               14番  渋谷  進  議員


               15番  堀内 康吉  議員


               16番  安田久美子  議員


〇欠席議員(0名)


〇地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者


          河原? 進   町     長


          國永  匡   助     役


          黒崎 良吉   教  育  長


          高橋  満   総 務 部 長


          長谷川彰男   建 設 部 長


          中西 善順   福 祉 部 長


          勝瀬 光裕   町民生活部長


          河原 隆司   教 育 次 長


          山田 真司   会 計 部 長


          大河内勝己   総 務 室 長


          矢野 雅之   政策推進室長


          福田 正洋   税 務 室 長


          並川 邦夫   町民生活室長


          岸  貞義   経済環境室長


          塚本 浩司   福祉推進室長


          川崎 妙子   健康・児童推進室長


          嘉手苅茂樹   広域道路対策室長


          山内 清功   まちづくり推進室長


          谷川  薫   上下水道室長


          高山 澄男   学校教育室長


          松田 秀和   生涯学習室長


          安田  正   監 査 室 長


〇出席事務局職員


          上田 久幸   事務局長


          段野 俊之   グループリーダー


          戎谷よう子   係     員


〇議事日程(第4号)


  日程第 1.会議録署名議員の指名について


  日程第 2.委員長報告について


  日程第 3.第57号議案 専決処分の承認を求めることについて


               (平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第4号)に


               ついて)


  日程第 4.第58号議案 専決処分の承認を求めることについて


               (平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(


               第1号)について)


  日程第 5.第59号議案 専決処分の承認を求めることについて


               (平成17年度大山崎町水道事業会計補正予算(第1号


               )について)


  日程第 6.第60号議案 大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正につい


               て


  日程第 7.第61号議案 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の


               減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更について


  日程第 8.第62号議案 京都府市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体


               の数の減少及び京都府市町村交通災害共済組合規約の変


               更について


  日程第 9.第63号議案 京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体


               の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約の変


               更について


  日程第10.第64号議案 京都府町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方


               公共団体の数の減少及び京都府町村議会議員公務災害補


               償等組合規約の変更について


  日程第11.第65号議案 平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第5号)につ


               いて


  日程第12.第66号議案 平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予


               算(第1号)について


  日程第13.第67号議案 平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(


               第1号)について


  日程第14.第68号議案 平成17年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算(


               第1号)について


  日程第15.第69号議案 平成16年度大山崎町一般会計歳入歳出決算認定につい


               て


  日程第16.第70号議案 平成16年度大山崎町国民健康保険事業特別会計歳入歳


               出決算認定について


  日程第17.第71号議案 平成16年度大山崎町下水道事業特別会計歳入歳出決算


               認定について


  日程第18.第72号議案 平成16年度大山崎町老人保健事業特別会計歳入歳出決


               算認定について


  日程第19.第73号議案 平成16年度大山崎町介護保険事業特別会計歳入歳出決


               算認定について


  日程第20.第74号議案 平成16年度大山崎町大山崎ふるさとセンター駐車場事


               業特別会計歳入歳出決算認定について


  日程第21.第75号議案 平成16年度大山崎町大山崎区財産管理特別会計歳入歳


               出決算認定について


  日程第22.第76号議案 平成16年度大山崎町円明寺区財産管理特別会計歳入歳


               出決算認定について


  日程第23.第77号議案 平成16年度大山崎町下植野区財産管理特別会計歳入歳


               出決算認定について


  日程第24.第78号議案 平成16年度大山崎町水道事業会計決算認定について


 ────────────────────────────────────────


                10時02分 開議


○議長(小泉興洋君) おはようございます。ただいまより本日の会議を開きます。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第1、会議録署名議員の指名について。


 本件につきましては、会議規則第115条の規定により、4番森田俊尚君と5番前川 光君を指名いたします。


       ────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第2、委員長報告について。


 初めに、総務常任委員長渋谷 進君に報告を求めます。


○総務常任委員長(渋谷 進君) 去る8月31日の本会議において、当委員会に付託されました第57号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第4号)について)、第60号議案、大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について、第61号議案、京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更について、第62号議案、京都府市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村交通災害共済組合規約の変更について、第63号議案、京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約の変更について、第64号議案、京都府町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について、第65号議案、平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第5号)のうち、歳出第2款総務費及びこれらに関連する歳入について。以上、7件の議案の審査のために9月15日、第1委員会室におきまして、町長、助役、担当職員の出席を得て委員会を開催し、審査を行いました。その結果をご報告申し上げます。


 各議案につきましては、理事者から詳細な説明を求め、質疑応答、慎重審査の結果、9月15日の審査におきまして、第57号議案については、全員賛成により承認すべきもの、第60号議案、第61号議案、第62号議案、第63号議案、第64号議案につきましては、いずれも全員賛成により原案のとおり可決すべきもの、第65号議案につきましては、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上をもって、総務常任委員会の委員長報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 次に、建設上下水道常任委員長前川 光君に報告を求めます。


○建設上下水道常任委員長(前川 光君) おはようございます。建設上下水道常任委員会委員長報告をさせていただきます。


 去る8月31日の本会議におきまして、当委員会に付託されました第58号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について)、第59号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町水道事業会計補正予算(第1号)について)。以上2件の議案の審査のため、9月16日、第1委員会室におきまして、町長、助役、担当職員の出席を得て委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果をご報告申し上げます。


 議案については、理事者から詳細な説明を求め、質疑応答、慎重審査の結果、9月16日の審査におきまして、第58号議案、第59号議案について、いずれも全員賛成により承認すべきものと決しました。


 以上、建設上下水道常任委員会の委員長報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 次に、文教厚生常任委員長阪本 広君に報告を求めます。


○文教厚生常任委員長(阪本 広君) 文教厚生常任委員会の報告をいたします。


 去る8月31日の本会議におきまして、本委員会に付託されました第65号議案、平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第5号)のうち、歳出第3款民生費、第4款衛生費、第6款農林水産業費、第10款教育費及びこれらに関連する歳入について、第66号議案、平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、第67号議案、平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について、第68号議案、平成17年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について。以上4件の議案の審査のため、9月16日、第1委員会室におきまして、町長、助役、教育長、担当職員の出席を得て委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果をご報告申し上げます。


 各議案については、理事者から詳細な説明を求め、理事者に意見を聞き、質疑応答、慎重審査の結果、9月16日の審査におきまして、第66号議案、第67号議案については、全員賛成により原案のとおり可決すべきものとなりました。第65号議案、第68号議案につきましては、委員長採決により、原案のとおり可決することに決しました。


 以上で、文教厚生常任委員会の報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 次に、決算特別委員長山本 孝君に報告を求めます。


○決算特別委員長(山本 孝君) 決算特別委員会委員長報告について。


 去る8月31日の本会議におきまして、当委員会に付託されました第69号議案、平成16年度大山崎町一般会計歳入歳出決算認定について、第70号議案、平成16年度大山崎町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、第71号議案、平成16年度大山崎町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、第72号議案、平成16年度大山崎町老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、第73号議案、平成16年度大山崎町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、第74号議案、平成16年度大山崎町大山崎ふるさとセンター駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について、第75号議案、平成16年度大山崎町大山崎区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について、第76号議案、平成16年度大山崎町円明寺区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について、第77号議案、平成16年度大山崎町下植野区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について、第78号議案、平成16年度大山崎町水道事業会計決算認定について。以上10件の議案を審査するため、9月12日、13日、14日の3日間にわたり、第1委員会室において、町長、助役、教育長及び担当職員の出席を得て委員会を開催いたしましたので、審査経過並びにその結果をご報告申し上げます。


 各議案につきまして理事者から詳細な説明を求め、各委員からの種々の質疑に対しては、理事者からそれぞれ答弁がありました。


 初めに、委員会における各会計別の主な審査概要をご報告申し上げます。


 まず、一般会計につきましては、総務費の審査においては、建物管理委託料には、いろいろな項目があるが、一括でやられているのか。清掃業務委託だけが聖域になっているように思うがについての質疑があり、実績等を勘案して公平に業務を発注するという観点から、公開見積りという形をとっているとの答弁がありました。また、指名願受付業務を行政書士会に委託しているが、効果はあるのかの質疑があり、膨大な資料等の受付業務になるため、委託した方が経費的にも安くなるとの答弁がありました。その他、市町村たばこ税の増額の要因についての質疑があり、小売業等の廃業はあるものの、それ以上にコンビニエンスストアの増設によるものではとの答弁がありました。次に民生費の審査では、特別養護老人ホームサンフラワーガーデンに対する補助金の積算基礎についての質疑があり、国・府補助基本額から国・府補助金を除いた自己負担分の3分の2が2市1町の補助額になるとの答弁がありました。その他質疑では、保育所の公設民営化についての考え、水道及び下水道使用料福祉補助の適用基準の見直しの経過及び考え方についてなど質疑があり、それぞれ答弁がありました。次に衛生費の審査では、不燃物のステーションで、道路事情等から大変危険な箇所があるが、設置場所の移設はしてもらえるのかとの質疑があり、現在そういった箇所があり、自治会長から要請等をいただき、適地を探しているところであり、移設については近隣住民の方の理解も必要であると考えているとの答弁がありました。その他質疑では、その他プラスチック収集運搬委託料について、どのような勤務状況で、どのような業務をされているか。子ども会・町内会における古紙等の廃品回収について周知はされているかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。次に労働費、農林水産業費、商工費につきましては、労働者住宅融資預託金の融資残高が減少してきたが、町はどのように考えているのかとの質疑があり、町としての公的融資は償還計画が立てやすい固定金利で考えているが、市場金利では、変動相場制を基本としているため、低金利の民間融資に流れているものと考えているとの答弁がありました。その他質疑では、有害鳥獣駆除の委託実績について、観光費において、天王山美化事業委託料が増えているが、その内訳について、商工業指導環境推進事業補助金が減額となった理由等について質疑があり、それぞれ答弁がありました。次に土木費の審査では、都市計画基礎調査業務委託料については、昨年と同じ内容のものをやられたのかとの質疑があり、15年度においては建築に関するもの以外を調査し、引き続き16年度においては建築に関する調査を行ったとの答弁がありました。その他質疑では、都市計画図作成委託料について、経年変化による修正図化を行うとなっているが、どれぐらいの間隔で作成されているのか。有料公園賃借料について、公園としての利用度・有効性については、どのように把握しているのかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。次に消防費につきましては、インターが開通して、東西線及び五条本付近で事故がよく起こっていると思われるが、消防の方から見られて、交通量が相当増えているが、そのあたりの関係はどう考えているのかについて質疑があり、開通後、交通事故の統計を見てみると、他署に比べて2%ほど大山崎署の方が多いという現状になっているとの答弁がありました。その他の質疑では、消防が緊急で出動した月別、場所別データはあるのか、緊急地点の場所の特定はしていないのかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。次に教育費につきましては、留守家庭児童会育成会の指導員に対する身分・保障等についての質疑があり、現在は児童福祉法による民法上の勤務契約という形をとっているが、今後は人事部局と十分な調整を行っていきたいとの答弁がありました。その他の質疑では、指導主事に対する報酬が増えているが、理由は何か。また、指導主事の仕事の内容と、その必要性について、フェンシング大会の補助金に対する国・府補助はあるのかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 次に、国民健康保険事業特別会計につきましては、保険給付の状況の中で、今後とも国保・老人保険一体による医療費適正化対策の推進が重要とあるが、どういうことか、質疑があり、事務報告書の文言については、見直しを行いたいと答弁がありました。


 次に、下水道事業特別会計に関しましては、一般会計からの繰入金の考え方、基準についての質疑があり、基本的に、総務省からの通知を受けており、一般会計からの繰出基準に基づくものであるとの答弁がありました。その他質疑では、企業の下水道使用量が増えた理由は何か。下水道事業の今後の見通しをどのように考えておられるのかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 老人保健事業に関しましては、老人医療給付費支出状況の中で、歯科の件数が多い。町として高齢者の歯科に対する検診等の対策はされているのかなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 次に、介護保険事業特別会計に関しまして、介護保険料の滞納繰越分について、滞納調定額に比べて収入済額が非常に少ない。どのような事情でこのようになっているのか。また、不納欠損についての質疑があり、制度に対し、理解が得られない方、転出・死亡等により追跡調査が困難なものがあり、2年を越えたものについては不納欠損として落としているとの答弁がありました。


 次に、大山崎ふるさとセンター駐車場事業特別会計に関しましては、ふるさとセンター利用者に対する駐車場の利用方法や運営管理について、宝寺の駐車場との一体化についてなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 次に、3区の財産管理特別会計につきましては、大山崎区墓地の地番について、所在地調査を行った結果、所在地未確定により、財産に関する調書から削除したとの報告がありました。


 最後に、水道事業会計につきましては、雨水の水質データはろか施設を通さずに河川にそのまま放流しても問題のない水質基準か、府営水道の受水量と地下水の汲み上げ取水量についてなどの質疑があり、それぞれ答弁がありました。


 以上が各会計別の審査の概要であります。


 次に、審査結果をご報告いたします。


 9月14日、質疑応答終了後、討論、採決を行いましたところ、第69号議案、第70号議案、第74号議案、第78号議案は、いずれも賛成多数により、第71号議案、第72号議案、第73号議案、第75号議案、第76号議案、第77号議案は、全員賛成により、各議案それぞれ認定すべきものと決しました。


 以上、決算特別委員会の委員長報告を終わります。


○議長(小泉興洋君) ありがとうございました。


 以上で委員長報告を終了いたしました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第3、第57号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第4号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第57号議案について承認することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第57号議案は承認することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第4、第58号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第58号議案について承認することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第58号議案は承認することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第5、第59号議案、専決処分の承認を求めることについて(平成17年度大山崎町水道事業会計補正予算(第1号)について)。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第59号議案について承認することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第59号議案は承認することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第6、第60号議案、大山崎町消防団員等公務災害補償条例の一部改正について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第60号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第60号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第7、第61号議案、京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第61号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第61号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第8、第62号議案、京都府市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村交通災害共済組合規約の変更について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第62号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第62号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第9、第63号議案、京都府市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府市町村職員退職手当組合規約の変更について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第63号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第63号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第10、第64号議案、京都府町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第64号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第64号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第11、第65号議案、平成17年度大山崎町一般会計補正予算(第5号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 16番安田久美子君。


○16番(安田久美子君) この65号議案について討論いたします。


 65号議案全体にというわけではありませんが、この中で、下植野団地内と円団南団地内の浄化槽跡地の売却に伴う総務費、財産管理費委託料、土壌汚染調査委託料について同意ができないということで、この65号議案には反対をいたします。


 財政が厳しいということで売却するということを前提にした浄化槽跡地の汚染調査をするということですが、基本的には、公共用地ということは、町民すべての財産であることから、売却するということは認められません。また、この2つの用地については、南団地からは、有効活用してほしいとの要望が以前より町に上げられています。下植野団地についても自治会から、話し合いの要望書が出されています。今回は自治会への説明も話し合いもないままの予算計上であり、認めるわけにはいきません。しかし、15日の総務委員会で、部長答弁では、住民との間で、何かいい活用方法があれば検討するということでした。自治会との話し合いは十分に進めていくことは当然であり、強く要望いたします。今回は、そのような住民の人たちが以前より要求してきたことを無視をして、売却が先にありきという土壌汚染調査委託料が含まれている65号議案には反対といたします。


○議長(小泉興洋君) 6番北村吉史君。


○6番(北村吉史君) 一言、この65号議案に賛成の立場から討論させていただきます。


 普通交付税が不交付になったということで、その中で、どうしてもこういう予算だけは組んでいかなければいけないということの町長の意思が反映されているということで、賛成をさせていただきます。ただし、あえて2点要望をしておきます。


 今回のこの普通交付税の問題、これは恐らく12月議会ではもっと大きな問題になってくるんじゃないかということを感じておる次第なんですが、この上半期がこの9月の末日で終了します。下半期、早速私が一般質問でお話しておりましたこの内容についてご検討いただいた上で、即実行に移していただきたいということを要望しておきます。


 重ねてもう1点要望がございます。この中で教育費のところの項目がありますので、あえてここでちょっと要望しておきます。大山崎町の大山崎体育館、小学校の方です。一山小学校の体育館ですけども、ここの床に関して要望をしておきます。昨日、一般の住民の方からお話がございまして、恐らくバレーボールのコートの支柱を立てるためのフロアに穴が空いているという状態なんですけども、ここの回りにテープで補修をされているということでございます。それがかなりでこぼこしてきている。補修はされているんですが、だんだんその補修の箇所が大きくなっている。これは今、二山小学校で耐震補強の工事をされているということですので、あわせてこういうところの補修をお願いしたい。現実にけがをされている方もおられるということをお聞きしております。必ずそういうことはきちっと対応していただきたいということで、これは要望としておきます。よろしくお願いします。


○議長(小泉興洋君) 7番江下伝明君。


○7番(江下伝明君) 一言賛成の立場から要望だけさせていただきます。


 先ほどの安田議員が言われました調査費の件ですけども、やはり地元との理解と、それから地域への説明ということを十分に行った上で、この大山崎町が置かれている立場をしっかりと説明責任を果たして、住民の理解を得た上で実行していただきたいということをお願い申し上げます。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第65号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を求めます。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第65号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第12、第66号議案、平成17年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第66号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第66号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第13、第67号議案、平成17年度大山崎町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第67号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第67号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第14、第68号議案、平成17年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 1番矢引亮介君。


○1番(矢引亮介君) 第68号議案、平成17年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について、反対の討論を行います。


 6月22日に国会で、軽度の人の介護サービスを切り捨て、施設利用者に大幅な負担増を押しつける介護保険改悪法案が自民・公明党・民主党の賛成で可決成立しました。それを受けて、10月1日から施設利用者の食費・居住費、いわゆるホテルコストが保険適用外になり、全額自己負担になります。この68号議案には、そのための予算の組み替えが含まれています。施設の居住費・食費の全額自己負担化による負担増には、国会の参考人質疑でも、現場からの告発が相次ぎました。例えば日本医師会常務理事の野中 博さんは、受難者に負担を強いるもので、社会保障の本来の姿からみて不適切と述べています。ホテルコストの導入で負担増は総額3,000億円、入所者1人当たり40万円にもなります。政府は、一定の負担上限を設けたことで、低所得者には配慮、入居に支障がないようにしていると言い逃れをしましたが、年金が月7万円で、特養老人ホームの準個室に入居する高齢者の場合、利用料は8万5,000円で、年金額をも超え、低所得者に配慮とは到底言えない負担増の実態が明らかになっています。したがって、委員会では留保していましたが、精査した結果、施設の居住費・食費の全額自己負担化で多くの方が負担増になり、低所得者対策も極めて不十分なことが明らかになったので反対とします。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第68号議案について原案のとおり可決することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (挙手する者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第68号議案は原案のとおり可決することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第15、第69号議案、平成16年度大山崎町一般会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 3番立野満代君。


○3番(立野満代君) 第69号議案、平成16年度大山崎町一般会計歳入歳出決算認定について、反対の討論を行います。


 平成16年度決算は、小泉内閣のいわゆる三位一体の改革で、補助金の削減、地方交付税の大幅削減を打ち出してからの初めての決算です。小泉内閣の誕生以来、住民の暮らしは苦しくなる一方です。決算審議の中でも明らかになりましたが、大山崎町の国民健康保険税の滞納者が昨年より34人増え、303人となりました。滞納理由は、経済的な事情によるものが一番です。介護保険の滞納者の理由も、経済的な事情によるものが一番です。生活保護世帯も年々増加をしています。町としては住民サービス低下をもたらす三位一体の改革から住民福祉をどう守るのかが課題になっています。平成16年度予算審議のときに、町長は、今回の福祉の見直しは単なる福祉の切り捨てではない。社会的弱者、低所得者に影響は与えないと答弁されています。しかし今回の決算で、13項目の福祉事業の見直し、総額2,260万円の削減が明らかになりました。これは予算において予定した削減率を上回る福祉削減で、しかも見直した中の水道使用料福祉補助と下水道使用料福祉補助の対象者は生活保護世帯と母子世帯です。一律の福祉削減が一般的に低所得者が多い母子世帯と生活保護世帯を直撃した結果となっています。わずかな扶助費を削減し、厳しい措置をしながら、その一方でむだな支出や不公正な支出も目につきます。その他プラスチック収集運搬委託料などには手厚い対応をしています。商工会への補助金の出し方も不明瞭であり、町と商工会の関係もきちんとけじめをつけるべきだと思います。部落解放同盟への補助金は、京都府でも平成14年度から廃止をされていますが、大山崎町では継続されています。水道料金を大幅に引き上げ、それでも足りないと一般会計から初めて2,500万円繰入れされました。この2,500万円は、福祉切り捨てで財源が確保されているのが一層鮮明になりました。町は水問題での受水協定見直しという根本的な解決をせずに、今後も財源不足を福祉切り捨てで補うつもりでしょうか。ところで保育所の民間委託を主張する意見がありましたが、保育事業は、国と地方自治体が法律に基づいて社会保障の分担のうち町が行う基幹的な事業です。これを民営化するということは、自治体の任務放棄とも言えるもので、決して容認することはできません。


 以上で、反対討論とします。


○議長(小泉興洋君) 7番江下伝明君。


○7番(江下伝明君) 一言賛成の立場から意見を申し述べさせていただきます。


 1つは、補助金の交付でございますけども、補助金のあり方につきましては多数ございますけども、それの事業評価ということがやはり必要かというふうに思います。現在どういう、事業に補助金を充てたということでございますけども、その事業の成果をどう評価するかということが1つ非常に大切であろうというふうに思っておりますし、また、その評価が次年度の予算の審査にかかってくるということでございます。それから、その審査につきましては、町の役場の方以外に第三者的な立場の方を入れて、きちっと審査をするということが必要というふうに私は思っております。また、この補助金の支給先、それから支給されたところの機関の情報公開ということも、しっかりとこれは、大山崎町が発信するホームページの中で、住民の方に公表していくということが公金の補助のあり方ということで、これについては来期予算の中でしっかりと即実践をしていただきたいということを要望しておきます。


 次に、総務費の中で人件費でございます。56億の歳出の中で15億3,000万という人件費、それにあと消防との負担金というものがございます。そうすると我々議員、それから特別職等含めると、総人件費をどうやって抑えていくかということが、この小さいまちの中での一番大きな課題であろうというふうに思っております。特にこれからあと5年の間に団塊の世代の方が多く退職をされる予定になっております。職員の人事の構成のあり方については、10年、20年先の長期展望のもとに人員の採用をきちっと計画をしていく。そして職員の働きがい、やりがいのある人事構成ということを見つめて、職員採用に当たっていただきたいというふうに要望しておきます。総合的に見ますと、現在の予算の中では、まだまだ委託の内容、それから積算のあり方等、我々民間の方から見ると、非常に甘いところがございますので、もう少し事務事業自体も、どうやったら作業が早くいくかとか、工数管理というんですか、人が1時間当たり行う時間計算、こういうものを取り入れながら、職員の事務事業の見直し、それから委託の見直し、それから工事等の発注の見直し等、全般にわたっての作業の見直しを行っていただきたいということを要望して、賛成の討論といたします。


 以上です。


○議長(小泉興洋君) 8番山本芳弘君。


○8番(山本芳弘君) 第69号議案に対して、認定を可とする立場から討論に参加をいたします。


 私は、強く要望した上で認定を可としたいというふうに思っております。それは、先ほどから2人の同僚議員が話をされましたように、補助金、それと委託料の算定根拠をさらに明確に住民にわかるような形で示していただきたいというふうに思っています。その点で、私は2点の要望、要望というよりか、私は、このことが改善されなかったら、平成18年度の予算については賛成できないということを自分に課した、そういう条件であります。


 その1つは、配食サービスとデイサービスの給食費の算定であります。1食当たり1,220円の費用がかかっています。私は、老人ホームで配食サービスをするときに自分自身で原価計算をした経験があります。その原価計算は、材料費と、それと調理人件費、光熱費、配達費、それと容器代を含めて、私のかつて勤務をしていた老人ホームでは、1食当たり370円でペイできる、それを本人の負担額といたしました。しかるに、ここでは1,220円になっています。私は今回、京都市内と滋賀県の9つの施設の調査をいたしましたが、いずれも、今申しましたように、材料費と調理人件費と光熱水費、配達費、容器代を含んで、一番安いところで350円、高いところで650円ですべて賄うことができる形になっています。その350円と650円を除きますと、7施設は450円から550円の間でそれができております。ここでは先ほど申しましたように1,220円、しかも、ここでは配食サービスで、配食をボランティアがやっているにもかかわらず、1食当たりの配達費の根拠が220円で計算されています。先ほど言いましたように、民間の施設では、そういう額でされています。異常な額です。私は18年度から、このことが改善されなかったら、私は18年度の予算については賛成することはできません。


 もう1つは、保育所の経費であります。ざっと決算では4億2,000万円の費用がかかっています。私が同じ乳児数、同じ幼児数で、国基準で算定をして、民間施設と給与改善費を加算しても、なおかつ、単年度で1億5,000万の経費が節約できます。3カ所で。これは現在の大山崎町の財政からみれば大きな負担です。職員の方が悪いということではありません。これはこういうシステムをしている町が悪いということなんです。しかも私が調べましたところでは、保育所の経営を担当する法人なりNPOの希望があります。現にあります。私は平成19年度から、このことを改善されなければ、先ほど申しましたような平成18年度、来年度の予算を賛成することはできないということを自分に条件を課した上で、今回認定を可とする。そういう態度を表明しておきたいと思います。民間の経験、それと市場原理の導入、それを十分やっていただきたいと思います。19年度から保育所というたのは、そのめどがなければ、18年度予算には賛成できないといったのは、保育所については、いろいろな体制の整備期間があるから、このことについては1年度を延ばして猶予を、むしろ職員の方に与えたというふうに私は思っています。保育所の保母は保母として採用される前に大山崎町の職員として採用されているわけですから、活躍をしていただく場は十分あるというふうに思っています。以上のことを心にとどめておいていただいて、こういう意見があるということを強く感じていただいて、来年度予算以降の予算について十分な精査をやっていただきたいと思っています。


 以上であります。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第69号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第69号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第16、第70号議案、平成16年度大山崎町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 2番小梶 晃君。


○2番(小梶 晃君) 平成16年度大山崎町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について反対の討論を行います。


 一昨日、テレビを見ておりましたら、合併反対をいち早く唱えて脚光を浴びました福島県矢祭町の行政がテレビで放映されておりました。自主財源比率は20%台、職員削減を始めて数年たちまして、約35%の削減に成功した。ただしトイレ清掃まで幹部職員も含めて総出で行うし、委託事業を徹底して削減し、町長の給料は総務課長並みになり、町長公用車は作業車で代行すると、町長秘書ももちろん置いておりません。そういう徹底ぶりであります。それでいて、必要な福祉と住民サービスはきちんと維持されております。真似をしろというわけではありませんけれども、参考にするべきところはあるのではないかというふうに思いました。昨年度、国民健康保険会計は、療養給付が一気に上昇し、収支のバランスが悪化いたしました。この傾向は今後も続くものと思われます。昨年度は保険税を値上げし、予算は値上げを前提にしたものでありましたので、私ども共産党議員団は反対いたしました。決算を見ると、値上げをしたので、結果的に療養給付費の急騰に対応できたということになっております。しかし、だからといって、値上げが適当だったという結論にはできません。なぜなら、会計の悪化が今後の引き続く傾向であるとするならば、今後も保険税の値上げを続けていくのは妥当ということになってしまうからであります。保険税滞納者は、昨年度も急増しておりますし、今後負担に耐えられない家族もまた急増すると思われます。となれば、水道で行っているように、一般会計からの繰入れなど、保険会計への外部からの資金注入が、それ以外に道はないというふうに思われます。世間では、こういう問題の解決に迫られると、すぐに他の保険制度との統合などが叫ばれて、問題の根本原因が隠ぺいされる傾向にあります。問題は、政府の保険制度改悪にあることを明らかにして、その改善を迫ることが最も大切ではないでしょうか。以上のことを意見として申し添えて、反対といたします。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第70号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第70号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第17、第71号議案、平成16年度大山崎町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 7番江下伝明君。


○7番(江下伝明君) 賛成の立場で一言。


 この下水道会計につきましては、決算意見書に述べてありますけども、使用料収益と汚水処理費の格差、この解消を目指した処理原価の回収率、現在平成16年度では65.5%というふうになって、前年度より回収率が落ちておりますけども、やはりこの適切な使用料のあり方とか、また下水道事業そのものの見直し等含めて、やはり下水道のあり方をしっかりと再構築するということが、今この大山崎に課せられた課題であるというふうに思っておりますし、もう1つは、経営安定化計画を策定するなど一層の経営改善に努められますよう期待しますという監査委員の意見もございます。私も、この意見に同感でございますし、早急に下水道については、現在のあり方を見直して、今の交付税の削減も含めて、一般会計からの繰入れ等ございますので、やはり適切な経営をもってするような改善策を早期に出していただきたいということを要望して、賛成の討論といたします。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第71号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第71号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第18、第72号議案、平成16年度大山崎町老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第72号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第72号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第19、第73号議案、平成16年度大山崎町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第73号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第73号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第20、第74号議案、平成16年度大山崎町大山崎ふるさとセンター駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 2番小梶 晃君。


○2番(小梶 晃君) 第74号議案に反対の討論を行います。


 ふるさとセンター駐車場特別会計は、駐車場の用地取得に当たりまして、取得費を駐車場の収益から、その債務返済をしようとしたためにできた会計であります。審議の中でも、私の受け止めますところ、大方の委員の意見が一致いたしましたように、この会計は早急に解消し、一般会計の中で処理されるべきものであると思います。ただし、地理的にもセンターに付属する駐車場でありますから、センター利用者が最大限利用しやすいように、利用者に対する無料サービスと、そしてまた同時に一般駐車場として、宝寺踏切の町営駐車場と同様の性格を併せ持つように改善する必要があると思います。


 以上、意見を添えまして、反対の討論といたします。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第74号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第74号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第21、第75号議案、平成16年度大山崎町大山崎区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第75号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第75号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第22、第76号議案、平成16年度大山崎町円明寺区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第76号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第76号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第23、第77号議案、平成16年度大山崎町下植野区財産管理特別会計歳入歳出決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして採決いたします。


 第77号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手全員であります。


 よって、第77号議案は認定することに決しました。


────────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 日程第24、第78号議案、平成16年度大山崎町水道事業会計決算認定について。


 委員長報告に対する質疑を行います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) 質疑を終結いたしまして、討論を行います。


 16番安田久美子君。


○16番(安田久美子君) 78号議案、平成16年度水道会計について反対の討論をいたします。


 まず、初めに、単年度での赤字決算については認められないことを申し上げます。


 平成16年2月の臨時議会で大幅な水道料金の値上げがされたにもかかわらず、1年間で6,000万の赤字が出ている現状は大きな問題が残されたままの決算となっています。値上げの際、町長は、強い決意といって取り組みを発表した3つの協議事項の具体化は一向に進まず、2年をめどといっていた協議もあと6カ月を残すだけとなっています。町長は、2市1町の水道の広域化に期待があるようですが、赤字の3つの会計が集まったところで何の解決にもなりません。府との協議については、今回の決算委員会で明らかなように、協定書の見直しの交渉経過を聞いても、調整しているなどとあいまいな答弁にとどまり、全くめどが立っていないことなどが明らかになりました。水道会計の健全化への道、府営水道の協定書の見直しを先送りせず、独自で府との交渉も進めるとともに、議会でも一致をしている企業分の府営水道返上についても交渉を進めなければならないとし、反対をいたします。


○議長(小泉興洋君) 討論を終結いたしまして、採決いたします。


 第78号議案について認定することに賛成の諸君は挙手を願います。


          (「なし」と言う者あり)


○議長(小泉興洋君) ありがとうございます。挙手多数であります。


 よって、第78号議案は認定することに決しました。


──────────────────────────


○議長(小泉興洋君) 以上で、本日の会議を閉じ、これをもって平成17年大山崎町議会第3回定例会を閉会いたします。ご苦労さんでした。


                11時10分 閉会


地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





     大山崎町議会議長   小 泉 興 洋





     会議録署名議員    森 田 俊 尚





     会議録署名議員    前 川  光