議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京田辺市

平成21年  5月 臨時会(第1回) 05月14日−01号




平成21年  5月 臨時会(第1回) − 05月14日−01号







平成21年  5月 臨時会(第1回)



       平成21年第1回京田辺市議会臨時会会議録

               (第1号)

会議年月日  平成21年5月14日

会議の場所  京田辺市議会 議場

開会閉会日時及び宣告

  開会(開議) 平成21年5月14日 午前10時00分

  閉会     平成21年5月14日 午後6時15分

  宣告者    開会閉会共 議長  上田 登

出席、欠席議員及び欠員

  出席     21名

  欠席      0名

  欠員      0名

            凡例   ◯ 出席を示す

                 ▲ 欠席を示す

議席番号    氏名     出席等の別

  1    次田典子      ◯

  2    河本隆志      ◯

  3    河田美穂      ◯

  4    増富理津子     ◯

  5    水野恭子      ◯

  6    鈴木康夫      ◯

  7    奥西伊佐男     ◯

  8    小林喜代司     ◯

  9    奥村良太      ◯

 10    喜多 進      ◯

 11    井上 公      ◯

 12    米澤修司      ◯

 13    櫻井立志      ◯

 14    塩貝建夫      ◯

 15    井上 薫      ◯

 16    市田 博      ◯

 17    松村博司      ◯

 18    喜多英男      ◯

 19    南部登志子     ◯

 20    山下勝一      ◯

 21    上田 登      ◯

会議録署名議員

 13番   櫻井立志

 16番   市田 博

職務のため議場に出席した者の職氏名

  議会事務局長        近藤廣史

  議会事務局次長       木元 稔

  議会事務局議事係長     藤井英樹

  議会事務局主事       平岡孝章

  議会事務局主事       河野千春

  臨時的任用職員       三藤麻貢子

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長            石井明三

  教育委員会委員長      奥西尚子

  代表監査委員        稲川俊明

市長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  副市長           廣野 信

  総務部長          石田義樹

  市民部長          松本好次

  保健福祉部長        林 恒夫

  建設部長          落合孝義

  建設部技監         今西克禎

  経済環境部長        山本 徹

  水道部長          木元一志(併任)

  危機管理監         中川正章

  会計管理者         中川正章(兼務)

  市長公室長         木下敏巳

  安心まちづくり室長     中川正章(兼務)

  総務部副部長        瀧山茂樹

  市民部副部長        北村 茂

  保健福祉部副部長      白井裕之

  建設部副部長        橋本善之

  経済環境部副部長      安岡隆司

市長より説明のために嘱託され出席した者の職氏名

  水道事業管職務代理理者   木元一志

  水道部長          木元一志

  消防長           藤本憲三

  水道部副部長        菱田義行

  消防次長          久保田義隆

教育委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  教育長           村田新之昇

  教育部長          小山順義

  教育部副部長        小西ケイ子

代表監査委員より説明のため委任され出席した者の職氏名

  監査委員事務局長      園田正博

会議に付した事件

  1、開会宣告

  2、開議宣告

  3、議事日程の報告

  4、会議録署名議員の指名

  5、休憩

  6、議事日程の追加

  7、議長の辞職許可について

  8、議長の選挙

  9、会期の決定

 10、休憩

 11、議事日程の追加

 12、議席の変更について

 13、休憩

 14、副議長の辞職許可について

 15、副議長の選挙

 16、休憩

 17、常任委員会委員の選任について

 18、発議第1号 京田辺市議会委員会条例の一部改正について[議員提出]

 19、発議第2号 京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正について[議員提出]

 20、議会運営委員会委員の選任について

 21、特別委員会委員の選任

 22、休憩

 23、常任委員会正副委員長、特別委員会正副委員長及び議会運営委員会正副委員長の互選結果報告

 24、城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出について

 25、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の選出について

 26、諸般の報告

 27、行政報告

 28、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例等の一部を改正する条例)

 29、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)

 30、承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

 31、休憩

 32、議事日程の追加

 33、同意第4号 京田辺市監査委員の選任について

 34、閉会宣告

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              <議事日程第1号>

          平成21年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                         平成21年5月14日(木)

                         午前10時00分開会(開議)

◯開会宣告(会議規則第8条)

◯開議宣告(会議規則第11条第1項)

◯議事日程の報告(会議規則第20条)

日程第1、会議録署名議員の指名(会議規則第81条)



  番          
  番          



日程第2、会期の決定

(1)会期

    平成21年5月  日         日間

(2)審議の予定表



月日(曜)
会議の種別
事項


5月14日(木)
本会議
10:00〜議案上程等



日程第3、諸般の報告

(1)議長の報告

   ア、提出された案件の報告

   イ、例月現金出納検査の報告(地方自治法第235条の2第3項)

   ウ、説明員の報告(地方自治法第121条)

日程第4、行政報告

(1)市長の報告

   ア、報告第7号 専決処分の報告について(平成20・21・22年度継続施行河原保育所改築工事に伴う建築工事他1件請負契約の一部変更契約)

   イ、報告第8号 平成20年度学研都市京都土地開発公社の補正事業計画(第1号)及び補正予算(第1号)について

   ウ、報告第9号 平成21年度学研都市京都土地開発公社の事業計画及び予算について

日程第5、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例等の一部を改正する条例)

日程第6、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)

日程第7、承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

………………………………………………………………………………………………………

                           <議事日程第1号>その2

          平成21年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                 (追加)

◯議事日程の追加(会議規則第21条)

日程第2、議長の辞職許可について

日程第3、議長の選挙

………………………………………………………………………………………………………

                           <議事日程第1号>その3

          平成21年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                 (追加)

◯議事日程の追加(会議規則第21条)

日程第5、議席の変更について

日程第6、副議長の辞職許可について

日程第7、副議長の選挙

日程第8、常任委員会委員の選任について

日程第9、発議第1号 京田辺市議会委員会条例の一部改正について[議員提出]

日程第10、発議第2号 京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正について[議員提出]

日程第11、議会運営委員会委員の選任について

日程第12、特別委員会委員の選任について

日程第13、城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出について

日程第14、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の選出について

………………………………………………………………………………………………………

                           <議事日程第1号>その4

          平成21年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                 (追加)

◯議事日程の追加(会議規則第21条)

日程第20、同意第4号 京田辺市監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 本日は大変ご苦労さんでございます。

 ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、これから平成21年第1回京田辺市議会臨時議会を開会いたします。

 直ちに会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。



○上田登議長 それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により議長から11番、櫻井立志議員、15番、市田博議員を指名いたします。

 この際、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時01分



△再開 午前10時21分



○喜多英男副議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 本日、議会運営の申し合わせにより、上田登議長から、辞職願が提出されていますので、私がかわって議長の職務を行います。

 お諮りします。ただいまお手元に配付しております議事日程を、本日の会議に追加することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○喜多英男副議長 ご異議なしと認めます。よって議事日程を本日の会議に追加することに決しました。つきましては、日程第2以下を順次繰り下げます。



○喜多英男副議長 それでは、日程第2、議長の辞職許可についての件を議題といたします。

 議長上田登議員から議長の辞職願が提出されております。地方自治法第117条の規定により、上田登議員の退場を求めます。

         (上田 登議員退場)



○喜多英男副議長 まず、辞職願を議会事務局長に朗読させます。近藤議会事務局長。



◎近藤議会事務局長 それでは、朗読をいたします。

 平成21年5月14日、京田辺市議会 副議長 喜多英男様 京田辺市議会 議長 上田登。

 辞職願、このたび、京田辺市議会運営の申し合わせにより、議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○喜多英男副議長 お諮りいたします。上田登議員の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○喜多英男副議長 ご異議なしと認めます。よって上田登議員の議長の辞職を許可することに決しました。

 上田登議員の入場を許します。

         (上田 登議員入場)



○喜多英男副議長 次に、日程第3、議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         (議場を閉鎖する)



○喜多英男副議長 ただいまの出席議員は21名であります。

 次に、立会人を指名いたします。会議規則第31条第2項の規定により、副議長において小林喜代司議員、山下勝一議員、井上薫議員、河本隆志議員、櫻井立志議員を指名いたします。

 投票用紙を配付させます。議席において投票用紙に何も記入しないようにお願いいたします。

         (事務局職員が投票用紙を配付)



○喜多英男副議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○喜多英男副議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

         (投票箱が空であることを確認)



○喜多英男副議長 異状なしと認めます。

 念のために申し上げます。点呼に応じて順次演台の方にお進みください。投票は単記無記名であります。記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票箱に投票をお願いします。

 それでは点呼を命じます。近藤議会事務局長。



◎近藤議会事務局長 それでは、お名前を申し上げますので、順次投票をお願いいたします。

 なお、投票記載台は演壇の後ろでございますので、よろしくお願いいたします。

 1番河本隆志議員、2番米澤修司議員、3番増富理津子議員、4番水野恭子議員、5番鈴木康夫議員、6番奥西伊佐男議員、7番小林喜代司議員、8番奥村良太議員、9番喜多進議員、10番南部登志子議員、11番櫻井立志議員、12番河田美穂議員、13番塩貝建夫議員、14番井上薫議員、15番市田博議員、16番松村博司議員、17番喜多英男副議長、18番次田典子議員、19番井上公議員、20番山下勝一議員、21番上田登議員。以上でございます。



○喜多英男副議長 投票漏れはありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○喜多英男副議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 ただいまから開票を行います。小林喜代司議員、山下勝一議員、井上薫議員、河本隆志議員、櫻井立志議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

         (開票)



○喜多英男副議長 選挙の結果をご報告いたします。

 投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票13票、無効投票8票であります。有効投票のうち上田登議員12票、次田典子議員1票、以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は4票であります。よって上田登議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました上田登議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場の閉鎖を解く)



○喜多英男副議長 上田登議員、議長席にお着き願います。

 ここで議事を上田登議長に交代いたします。ご協力まことにありがとうございました。

         (上田登議長議長席に着席)



○上田登議長 京田辺市議会議長就任に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

 このたび議長選挙において議員の皆様方からご推挙いただき、引き続き議会議長の要職を担うこととなりましたことは、私自身、至極光栄に存じますとともに、再度、その責任の重さを切に実感しているところでございます。今後の議会運営におきましても、議員各位から大いなるご支援とご協力を賜りながら、議会議長の名に恥じぬよう、より活発で円滑な議会運営を目指し、市の施策を審議決定し、適正に施策が実施されるよう監視する立場から、日々精進してまいる所存でございます。何とぞ皆様方のご指導、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 また、歴代の議長や議員各位によってつくられてきました、加えて守られてきたよき伝統や尊重すべき先例を遵守するとともに、市民に開かれた議会のために議会改革への検討も視野に入れて、最大限努力することをお約束申し上げます。簡単ではございますが、議長就任のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。



○上田登議長 次に、日程第4、会期の決定を議題といたします。

 今臨時会の会期につきましては、過日議会運営委員会を開催し、協議をいたしております。

 お諮りいたします。今臨時会の会期は、本日5月14日の1日限りとすることにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって会期はそのように決しました。

 この際、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時54分



△再開 午前11時46分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 お諮りいたします。ただいまお手元に配付しております議事日程を本日の会議に追加することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって議事日程を本日の会議に追加することに決しました。つきましては、日程第5以下を順次繰り下げます。



○上田登議長 日程第5、議席の変更についてを議題といたします。

 議長の選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、次田典子議員を1番に、河本隆志議員を2番に、河田美穂議員を3番に、増富理津子議員を4番に、水野恭子議員を5番に、鈴木康夫議員を6番に、奥西伊佐男議員を7番に、小林喜代司議員を8番に、奥村良太議員を9番に、喜多進議員を10番に、井上公議員を11番に、米澤修司議員を12番に、櫻井立志議員を13番に、塩貝建夫議員を14番に、井上薫議員を15番、市田博議員を16番に、松村博司議員を17番に、喜多英男副議長を18番に、南部登志子議員を19番に、山下勝一議員を20番に、上田登議長を21番に、それぞれ変更したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よってそのように決しました。

 この際、議席変更のため午後1時30分まで休憩いたします。



△休憩 午前11時49分



△再開 午後1時30分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。



○上田登議長 次に、日程第6、副議長の辞職許可についてを議題といたします。

 副議長喜多英男議員から副議長の辞職願が提出されております。地方自治法第117条の規定により、喜多英男議員の退場を求めます。

         (喜多英男議員退場)



○上田登議長 まず、辞職願を議会事務局長に朗読させます。近藤議会事務局長。



◎近藤議会事務局長 それでは、朗読をいたします。

 平成21年5月14日、京田辺市議会 議長 上田登様 京田辺市議会 副議長 喜多英男。

 辞職願、このたび、京田辺市議会運営の申し合わせにより、副議長を辞職したいので許可されるよう願います。以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 お諮りいたします。喜多英男議員の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって喜多英男議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

 喜多英男議員の入場を許します。

         (喜多英男議員入場)



○上田登議長 次に、日程第7、副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         (議場を閉鎖する)



○上田登議長 ただいまの出席議員は21名であります。

 次に、立会人を指名いたします。会議規則第31条第2項の規定により、議長において小林喜代司議員、山下勝一議員、井上薫議員、河本隆志議員、櫻井立志議員を指名いたします。

 投票用紙を配付させます。議席において投票用紙に何も記入しないようお願いいたします。

         (事務局職員が投票用紙を配付)



○上田登議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

         (投票箱が空であることを確認)



○上田登議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。点呼に応じて順次演台の方にお進みください。投票は単記無記名であります。記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、投票箱に投票をお願いいたします。

 それでは点呼を命じます。近藤議会事務局長。



◎近藤議会事務局長 それでは、お名前を申し上げますので、順次投票をお願いいたします。

 なお、投票記載台は演壇の後ろでございますので、よろしくお願いいたします。

 1番次田典子議員、2番河本隆志議員、3番河田美穂議員、4番増富理津子議員、5番水野恭子議員、6番鈴木康夫議員、7番奥西伊佐男議員、8番小林喜代司議員、9番奥村良太議員、10番喜多進議員、11番井上公議員、12番米澤修司議員、13番櫻井立志議員、14番塩貝建夫議員、15番井上薫議員、16番市田博議員、17番松村博司議員、18番喜多英男議員、19番南部登志子議員、20番山下勝一議員、21番上田登議長。以上でございます。



○上田登議長 投票漏れはありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 ただいまから開票を行います。小林喜代司議員、山下勝一議員、井上薫議員、河本隆志議員、櫻井立志議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

         (開票)



○上田登議長 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票1票であります。有効投票のうち水野恭子19票、次田典子1票、以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は5票であります。よって水野恭子議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました水野恭子議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場の閉鎖を解く)



○上田登議長 ただいま副議長に当選されました水野恭子議員から就任のあいさつを受けます。演壇まで来てください。



◆水野恭子副議長 お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま各議員のご推挙によりまして京田辺市議会議員の副議長に就任をさせていただくことになり、まことに身に余る光栄と存じております。私は、微力ではありますが、京田辺市議会初めての女性の副議長として、自己を磨き、女性である自身の感性を大切にして、誠心誠意取り組んでまいる決意でございます。議長を補佐し、円滑な議会運営に全力を挙げて取り組んでまいりたいと思っておりますので、どうぞ議員の皆様方、そして、理事者職員の皆さんのご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○上田登議長 ここで暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時55分



△再開 午後3時45分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。



○上田登議長 次に、日程第8、常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、総務常任委員に小林喜代司議員、鈴木康夫議員、上田登議員、水野恭子議員、山下勝一議員、米澤修司議員、次田典子議員。文教福祉常任委員には、市田博議員、喜多英男議員、南部登志子議員、増富理津子議員、塩貝建夫議員、河田美穂議員、奥村良太議員。建設経済常任委員には、奥西伊佐男議員、松村博司議員、喜多進議員、井上薫議員、河本隆志議員、櫻井立志議員、井上公議員をそれぞれ指名いたします。ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。



○上田登議長 次に、日程第9、発議第1号、京田辺市議会委員会条例の一部改正についての件を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第1号

   京田辺市議会委員会条例の一部改正について

 京田辺市議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定める。

 平成21年5月14日 提出

                      京田辺市議会議員  松村博司

                         〃      山下勝一

                         〃      井上 薫

                         〃      米澤修司

                         〃      櫻井立志

                         〃      井上 公

                         〃      次田典子

(提案理由)

 本件は、議会運営委員会の委員の定数を変更するため提案するものである。

………………………………………………………………………………………………………

京田辺市条例第  号

          京田辺市議会委員会条例の一部を改正する条例(案)

 京田辺市議会委員会条例(平成8年京田辺市条例第53号)の一部を次のように改正する。

 第4条第2項中「10人」を「9人」に改める。

  附則

 この条例は、公布の日から施行する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 17番、松村博司議員。



◆松村博司議員 発議第1号、京田辺市議会委員会条例の一部改正についての提案説明をさせていただきます。

 ただいま議題となりました発議第1号、京田辺市議会委員会条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 本件は、議会運営委員会の定数を見直し、本条例に規定されている同委員会の委員の定数を(10人)から(9人)へ改めるものです。

 なお、この条例は、公布の日から施行したく考えるものです。議員皆さんのご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○上田登議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 それでは、発議第1号、京田辺市議会委員会条例の一部改正についての件を起立により採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○上田登議長 起立全員であります。よって本件は原案のとおり可決されました。



○上田登議長 次に、日程第10、発議第2号、京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正についての件を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第2号

   京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正について

 京田辺市議会広報発行に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定める。

平成21年5月14日 提出

                      京田辺市議会議員  松村博司

                         〃      山下勝一

                         〃      井上 薫

                         〃      米澤修司

                         〃      櫻井立志

                         〃      井上 公

                         〃      次田典子

(提案理由)

 本件は、広報編集特別委員会の委員の定数を整理するため提案するものである。

………………………………………………………………………………………………………

京田辺市条例第  号

      京田辺市議会広報発行に関する条例の一部を改正する条例(案)

 京田辺市議会広報発行に関する条例(昭和61年京田辺市条例第10号)の一部を次のように改正する。

 第3条第2項中「10人以内」を「5人」に改める。

  附則

 この条例は、公布の日から施行する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 17番、松村博司議員。



◆松村博司議員 松村博司でございます。ただいま議題となりました発議第2号、京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 本件は、広報編集特別委員会の定数を見直し、本条例に規定されている同委員会の委員の定数を(10人以内)から(5人)へ改めるものです。

 なお、この条例は、公布の日から施行したく考えるものです。議員皆さんのご賛同をよろしくお願いいたします。



○上田登議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 それでは、発議第2号、京田辺市議会広報発行に関する条例の一部改正についての件を起立により採決いたします。

 本件は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○上田登議長 起立全員であります。よって本件は原案のとおり可決されました。



○上田登議長 次に、日程第11、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により議長において市田博議員、奥西伊佐男議員、小林喜代司議員、南部登志子議員、山下勝一議員、井上薫議員、塩貝建夫議員、米澤修司議員、櫻井立志議員、以上の9名を指名いたします。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました9名の議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。



○上田登議長 次に、日程第12、特別委員会委員の選任についてを議題といたします。

 特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により議長において広報編集特別委員会委員に、鈴木康夫議員、南部登志子議員、増富理津子議員、河本隆志議員、櫻井立志議員、以上の5名を指名いたします。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました以上の議員を特別委員会委員に選任することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。この休憩時間内に、各常任委員会、議会運営委員会及び広報編集特別委員会で正副委員長を互選していただき、議長まで報告願います。



△休憩 午後3時52分



△再開 午後4時50分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめこれを延長します。

 この際、暫時休憩いたします。



△休憩 午後4時50分



△再開 午後5時15分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 先ほど各常任委員会、議会運営委員会及び広報編集特別委員会の正副委員長の互選結果の報告がありました。お手元に配付した写しのとおりであります。総務常任委員長 次田典子議員、同副委員長 米澤修司議員。文教福祉常任委員長 塩貝建夫議員、同副委員長 河田美穂議員。建設経済常任委員長 喜多進議員、同副委員長 井上薫議員。議会運営委員長 山下勝一議員、同副委員長 井上薫議員。広報編集特別委員長 南部登志子議員、同副委員長 櫻井立志議員。以上であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 次に、日程第13、城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。同組合議会議員の選出方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって選出の方法は指名推選で行うことに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって議長が指名することに決しました。

 城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出に、櫻井立志議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました櫻井立志議員を、同組合議会議員に選出することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって櫻井立志議員を同組合議会議員に選出することに決しました。



○上田登議長 次に、日程第14、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の選出についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。同広域連合議会議員の選出方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって選出の方法は指名推選で行うことに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については議長が指名することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって議長が指名することに決しました。

 京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の選出に米澤修司議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました米澤修司議員を同広域連合議会議員に選出することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって米澤修司議員を同広域連合議会議員に選出することに決しました。



○上田登議長 次に、日程第15、諸般の報告を行ないます。

 議長の報告事項がありますので、議会事務局長に報告させます。近藤議会事務局長。



◎近藤議会事務局長 議長の報告をいたします。

 臨時会本会議に提出されました案件は、市長の報告3件、専決処分承認案3件、閉会中の委員会審査報告1件、議員発議案2件であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎近藤議会事務局長 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定による平成21年3月及び平成21年4月実施に係る例月現金出納検査の結果報告がありましたので、その写しを配付いたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎近藤議会事務局長 次に、本臨時会の本会議に地方自治法第121条の規定により、説明員として出席を求めた者は、石井明三市長、奥西尚子教育委員会委員長、稲川俊明代表監査委員の3名であります。なお、説明のため委任並びに嘱託をした者として届け出があった者についてその写しを配付いたしております。報告は以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 これで議長の報告を終わります。

 以上で諸般の報告を終わります。



○上田登議長 次に、日程第16、行政報告を行います。

 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 林保健福祉部長。



◎林保健福祉部長 報告第7号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 本件は、平成20年9月29日に締結いたしました平成20・21・22年度継続施行河原保育所改築工事に伴う建築工事他1件請負契約の一部変更契約につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づいて、平成21年3月27日付で専決処分しましたので、ご報告申し上げます。

 本件は、平成20・21・22年度継続施行河原保育所改築工事に伴う建築工事及び平成20年度鶴亀温泉解体工事の二つの工事を一つの入札として執行したもののうち、平成20・21・22年度継続施行河原保育所改築工事に伴う建築工事を変更するものでございます。

 主な変更内容といたしましては、工事施工に必要となる大型車両等を工事現場に適正に配置するにあたり、現地の状況から軟弱地盤対策及び土どめ対策が必要となったことから、敷鉄板及び鋼矢板を追加施工したことに伴う変更を行い、あわせて既設園舎取り壊しに際して発生するガラ等の廃棄物の処分量精算に伴う変更を行ったものでございます。

 これによりまして、請負金額が100万2,750円の増額となり、変更後の総契約金額は4億5,469万9,350円となったものでございます。以上、ご報告申し上げます。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 落合建設部長。



◎落合建設部長 報告第8号、平成20年度学研都市京都土地開発公社の補正事業計画(第1号)及び補正予算(第1号)について、ご説明申し上げます。

 補正事業計画(第1号)につきましては、公有地売却事業及び関連施設売却事業、これは構成団体の買い戻し事業でございますが、これにより補正が行われたものでございます。

 補正予算(第1号)につきましては、事業計画の補正に伴いまして支出額、収入額の補正を行ったものでございます。収益的収入及び支出におきまして、支出額は、補正前の額1億6,930万5,000円に対しまして2億8,778万7,000円の増額となり、合計4億5,709万2,000円となりました。

 また、資本的収入及び支出におきまして、支出額は、補正前の額40億1,385万2,000円に対しまして1億2,997万9,000円の減額となり、合計で38億合計で38億8,387万3,000円となったところでございます。

 なお、この補正事業計画及び補正予算につきましては、去る平成21年3月30日に開催をされました同公社理事会において承認されたものでございます。以上、ご報告申し上げます。

 続きまして、報告第9号、平成21年度学研都市京都土地開発公社の事業計画及び予算について、ご説明申し上げます。

 事業計画につきましては、公有地取得事業、公有地売却事業の計画について定めたものでございます。

 次に、予算につきまして、収益的収入及び支出におきまして、支出額は8億5,092万9,000円を計上いたしております。また、資本的収入及び支出におきまして、支出額は31億1,242万7,000円を計上しております。

 なお、この事業計画及び予算につきましては、去る平成21年3月30日に開催をされました同公社理事会において承認をされたものでございます。以上、ご報告申し上げます。



○上田登議長 これで、市長の報告を終わります。

 以上で行政報告を終わります。



○上田登議長 次に、日程17、承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例等の一部を改正する条例)の件から日程第19、承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の件3件を一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 廣野副市長。



◎廣野副市長 承認第2号、京田辺市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてご説明を申し上げます。

 本件は、平成21年3月31日付で、地方税法等の一部を改正する法律が公布され、平成21年4月1日から施行されることとなったことから、これらを引用する本市税条例等につきましても、平成21年3月31日付で一部改正を行い、専決処分したものでございます。

 主な改正内容でございますが、固定資産税関係では、医療関係者の養成所に係る非課税措置の対象に、非営利型法人であります一般社団法人及び一般財団法人や社会医療法人等が設置する医療関係者の養成所を加えたものでございます。また、社会医療法人が救急医療等確保事業の用に供する固定資産を新たに非課税措置といたしました。

 さらに、平成21年度の評価がえに伴いまして、平成18年度から平成20年度までの土地に係る固定資産税の負担調整と同様の措置を引き続いて継続することといたしたところでございます。

 また、平成22年3月31日までに新築された長期優良住宅に係る固定資産税の減額の適用について、当該年度の初日の属する年の1月31日までに申告書を提出する義務を新たに規定いたしたところでございます。

 市民税関係では、上場株式等の配当所得及び譲渡所得につきまして、適用期間の延長を行うとともに、平成21年1月1日から平成23年12月31日までに適用される所得割の税率をそれぞれ金額に関係なく1.8%とすることといたしました。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、平成21年3月31日付で専決処分いたしましたので、ご承認いただきますようお願い申し上げます。

 続きまして、承認第3号、京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてご説明を申し上げます。

 本件は、平成21年3月31日付で地方税法等の一部を改正する法律が公布され、平成21年4月1日から施行されることとなったことから、これらを引用する本市都市計画税条例につきましても、平成21年3月31日付で一部改正を行い、専決処分したものでございます。

 改正の主な内容でございますが、平成21年度評価がえに伴いまして、平成18年度から平成20年度までの土地に係る都市計画税の負担調整措置の仕組みを、平成21年度から平成23年度まで継続したものでございます。

 なお、この条例は、平成21年4月1日から施行し、平成21年度以降の年度分の都市計画税から適用することといたしました。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日付で専決処分をいたしましたので、ご承認いただきますようにお願い申し上げます。

 次に、承認第4号、京田辺市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて、ご説明を申し上げます。

 本件は、平成21年3月31日付で地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴いまして、本市国民健康保険税条例につきましても、平成21年3月31日付で一部改正を行い、専決処分したものでございます。

 その内容といたしましては、国民健康保険税の均等割及び平等割に対する2割軽減の適用に当たりまして、これまで当該年の所得が前年から著しく伸びている場合については適用しないということにいたしておりましたが、そのような要件をなくしまして、7割軽減及び5割軽減と同様に、前年の所得のみで判断するということにしたものでございます。

 なお、この条例は、平成21年4月1日から施行し、平成21年度以降の年度分の国民健康保険税から適用することといたすところでございます。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、平成21年3月31日付で専決処分いたしましたので、ご承認いただきますようにお願い申し上げます。以上でございます。



○上田登議長 これで、提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 4番、増富理津子議員。



◆増富理津子議員 日本共産党京田辺市議会議員団の増富理津子です。日本共産党市議会議員団を代表し、ただいま議題となっております承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例等の一部を改正する条例)に反対の立場から討論を行います。

 反対の理由は、今回提案されている条例改正の中で、財産家優遇税制を延長、拡充していることです。上場株式等の配当、譲渡益課税は20%から10%に減税されたままです。この軽減措置を延長した上、配当所得基準をなくす優遇策は直ちに廃止すべきです。この措置は、政府税調でも金持ち優遇税制と批判され、廃止すべきものとされていたものであり、政府の方針さえもほごにするものです。今回の条例改正は、庶民には増税、大企業、財産家には減税の逆立ち税制をより進めるものです。

 以上の点を踏まえ、日本共産党京田辺市議会議員団は、条例改正に反対を表明し、討論とします。



○上田登議長 次に、賛成者の発言を許します。討論ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 それでは、異議がありますので、承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例等の一部を改正する条例)の件を起立により採決いたします。

 本件についてはこれを承認することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○上田登議長 起立多数であります。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)の件は、これを承認することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の件は、これを承認することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。



△休憩 午後5時37分



△再開 午後6時10分



○上田登議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。



○上田登議長 ただいま石井明三市長から、同意第4号、京田辺市監査委員の選任についての件が提出されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○上田登議長 お諮りいたします。同意第4号、京田辺市監査委員の選任についての件は、急施事件と認め、日程に追加し、日程第20として審議することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって同意第4号、京田辺市監査委員の選任についての件は、急施事件として日程に追加し、日程第20として審議することに決しました。



○上田登議長 それでは、日程第20、同意第4号、京田辺市監査委員の選任についての件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、小林喜代司議員の退場を求めます。

         (小林喜代司議員退場)



○上田登議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○上田登議長 石井明三市長。



◎石井市長 同意第4号、京田辺市監査委員の選任についてご説明申し上げます。

 本件は、京田辺市監査委員の選任に関し、議会の同意を求めるものでございます。

 議員のうちから選任された監査委員としてご尽力をいただいておりました市田博氏から、平成21年5月13日に辞職願の提出があり、14日付で承認をいたしましたことから、その後任委員として小林喜代司氏を選任したく提案するものでございます。

 選任いたします小林喜代司氏は、昭和20年生まれで、京田辺市田辺稲葉に住まいされています。同氏は、平成15年4月、京田辺市議会議員に初当選され、現在2期目でございます。

 任期は、選任された日から、市議会議員の任期満了日までの間でございます。以上、よろしくご審議の上、同意をいただきますようお願い申し上げます。



○上田登議長 これで、提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○上田登議長 討論なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。同意第4号、京田辺市監査委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○上田登議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。

 小林喜代司議員の入場を許可します。

         (小林喜代司議員入場)



○上田登議長 以上で今臨時議会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成21年第1回京田辺市議会臨時会を閉会いたします。

 本日は大変ご苦労さんでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                議長    上田 登

                前副議長  喜多英男

                署名議員  櫻井立志

                署名議員  市田 博