議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京田辺市

平成17年  3月 定例会(第1回)代表質問通告書 代表質問通告書




平成17年  3月 定例会(第1回)代表質問通告書 − 代表質問通告書







          平成17年第1回京田辺市議会定例会

               代表質問通告書





順位1番 一新会(喜多英男)



(1) 財政見通しについて


 今後の行政運営を推進していく上で、その裏付けとなる財政見通しについてたずねる。


(2) 組織改正について


 今議会に組織条例改正の提案がないが、今後の組織改正に対する考え方、取り組みについて問う。


(3) これからのまちづくりについて


? 三山木地区は、今後どのように進めるのか。
? 普賢寺地区のまちづくりは、どのように考えているのか。
? 近鉄新田辺駅東側地域の再整備をどのように進めるのか。


(4) 国際交流について


? 現在の事業の取り組みと今後どのような展望と認識で進めるのか。
? 姉妹都市提携の締結については。
? 国際交流協会事業に支援を強化してはどうか。
? 近鉄新田辺駅から関西国際空港へのリムジンバスの運行はどうか。





順位2番 日本共産党京田辺市議会議員団(青木綱次郎)



(1) 政治・経済情勢に対する市長の基本認識と、市政運営の基本姿勢について


? 日本国憲法を遵守し、憲法にもとづいた市政運営を。
? 市民の暮らしを守り励ます市政と、定率減税廃止など庶民大増税への反対表明を求める。
? 本市の財政状況は「これまで以上に厳しい」としているが、その根本的な要因について、市長はどう認識し、対応しているのか。1)地方財政を押しつぶす「三位一体改革」への認識について。2)市民の合意と納得の得られる財政運営に向け、市長自らどのような努力をしてきたのか。


(2) 重点施策


? まちづくりについて1)第三次総合計画はじめ、各種の計画策定にあたり、情報公開をすすめ市民の声を生かせ。市民参加条例の制定を。2)合併でなく、自立した京田辺市のまちづくりに向けた市長の決意は。
? 防災対策の一層の充実を。市民の不安にこたえる相談窓口の設置、住宅耐震診断制度の実施、危険箇所への対策、住民避難時の手立て、などについて。
? 介護保険制度の改悪に反対し、市民の願いにこたえた介護サービスの基盤整備を。介護保険料・利用料の減免措置の拡充を。
? 子どもの医療費助成の一層の拡充を求める。
? 国保税の引き下げ、医療費一部負担金減免制度を実施すべき。
? 不況対策、産業振興策の充実を。1)住宅改修助成制度の復活を求める。2)市内中小業者の育成に向け、実態調査を実施せよ。
? 「小・中学校の教育条件をよくするための請願」が、平成15年12月議会において全会一致で趣旨採択され、一年が経過した。市としてこれをどう受けとめて、施策に反映させてきたのか。
? 山城地域における府立高校の再編について、市の対応は。
? 市民の文化活動の発展に向け、生涯学習センター建設や、文化ホール実現をはじめとした施設整備の充実を求める。また「シビックゾーン整備」のための課題について、実状と市民の声にもとづき、公共交通網整備などに取り組むべき。
? 同和行政の完全終結と、「山連」負担金支出の中止を求める。
? 公平、公正、透明な入札制度の改革は急務。その具体化について問う。
? 豊かな自然環境を生かしたまちづくりについて。1)産業廃棄物不法投棄や、違法建築などに毅然とした対応を。2)乱開発を許さず、自然環境を守るルールを確立すべき。





順位3番 自由民主党京田辺市議員団(井上 公)



(1) 第2次総合計画の総括について


? 現時点でどのように総括しているか。
? 総仕上げの年に、どのような点、どのような事業に力点を置こうとしているのか。


(2) 17年度当初予算について


? 今後の財政見通しをどのように認識しているか。
? 編成方針の3本柱に関して、当初予算をどのように評価しているか。
? 税収等収入確保にどのように努力するのか。
? 限られた財源の中で、これまで以上の工夫が必要と考えるが、どのような行財政運営をしていくのか。


(3) 行財政改革について


? 聖域なき改革に取り組む市長の決意の程は。
? 改革の具体的手法と数値目標はどう考えているか。
? 策定スケジュールと推進体制はどうか。


(4) 産業振興・企業誘致について


? 大住工業専用地域拡大事業のうち、第二名神以南地域の取り組み状況と今後の進め方、見通しはどうか。
? その他の候補地の現状と見通しはどうか。





順位4番 公明党(西川豊蔵)



(1) 真の地方自治を進めるために


 市民の「市政参画や協働」を推進していくために、市として、具体的にどのように取り組んで行かれるのか。市民が主体的に参画できるようにするために、必要な市民の意識改革へつなげる誘導施策としては、どのようなことが考えられるのか。


(2) 環境基本計画の推進組織について


 「環境市民パートナーシップ会議」を立ち上げ、主体的な取り組みが進められると聞いているが、設立当初段階における市の果たす役割をどのように考えているのか。
 また、市自体も環境に配慮した特別の取り組みが必要だと考えるが、どのような取り組みをされるのか。


(3) 子どもの安心・安全の確保について


 「選択と集中」の時代にあって、子どもの安心・安全の確保は全てに優先すべきと考えるが、その意味で、教育施設の耐震補強工事を優先的、計画的に進めることについて、市長及び教育長の考えと整備スケジュールを問う。


(4) 同志社との連携に関して


 インキュベーション施設の建設規模や施設の内容、建設スケジュール、業務内容、府、市、商工会などの支援策の見通しについて問う。





順位5番 21市民の会(橘 雄介)



(1) 地域福祉の推進と自立支援策


 相互扶助機能が弱体化した地域社会の変容の中で、支援を要するニーズは多様だ。地域福祉の推進計画など具体策やケアのための人材育成やネットワークづくりが必要。さらなる住民ニーズに応える思いやりの福祉サービス、施策を要望する。
? 地域福祉計画の基本的考えと人材、ネットワークづくりは。
? 中高年施策と、よりきめ細かな子育て支援策を。
? 人権、自立、文化をリンクさせた積極策と人材活用を。
? 障害者、知的障害者の新たな地域施設と支援策を。


(2) 心育む教育と文化、体育施策


 教育改革は大きく変動し、各学校、教師は困惑している。校長や管理職との関わりに時間を要し、児童、生徒に向き合う時間が少ない。心育む教育は、まず人間的関係を豊かにすることから始まるのではないか。
? 教育長の教育基本法に対する見解と心育む教育への思いは。
? 市民の文化的欲求に応える文化、音楽ホールの建設を。
? 一丁田池多目的運動広場計画の全容と今後の展開は。
? 生涯教育のための施設と人材活用を利用者主体に。


(3) 安全、安心のまち整備の充実


 市の予算は大型投資型が先行し、市内住宅街や住民の行き来するエリアでの犯罪や事故は増加傾向にある。人のモラルや自動車交通などの要因も大だが、住みやすく安心、安全のまちへ身近な改善が必要である。やすらぎと思いやりの都市整備を実施せよ。
? 安全、安心へ、住宅地域と生活道路の街灯増設を。
? 同志社前や生活道路の拡張と歩行者優先の安全策を。
? 三山木駅周辺整備は、学生、市民参画で具体案を。
? 公共事業入札の公平、軽量化推進と事業決定に市民選択権を。


(4) 暮らしやすい住環境の創造


 環境問題は21世紀型行政課題の中心である。京都議定書発効を機に市も課題を整理し、積極的な環境保全型行政への転換が必要ではないか。
? リサイクルプラザをゴミ減量化、非燃焼化に具体的に生かせ。
? 大気や水の汚染などの住民の危惧に情報公開と根本的削減策を。
? 環境自治体を目指し、特に自然環境、緑の保全への積極策を。
? 違法な市街化調整区域の建造物撤去と不法行為の予防策強化を。


(5) 農、食を大切にしたまちづくり


 市内に残された優良農地は市民の宝であり、積極的な21世紀型農業を規制緩和と新しい発想で試行し、行政、農業団体、市民参加で推進を。
? 有機、減農薬農業など安全、安心の都市近郊農産物の研究、生産を。
? 商工会や農業者主体の道の駅の設置と茶振興に市役所の活用を。
? 産学公連携は産業創出だけでなく文化、子ども、食もキーワードに。
? 学校での給食、総合学習で食育を。また市民食育講座の開催も。


(6) 行財政改革と市民参画施策の推進


 地方分権、規制緩和、財政の緊縮化の時代こそ、市民自治の特色ある施策、運営が必要であり、情報公開、市民参画、行政のスリム化などを目指した積極的な行財政改革と市民参画策の推進を。市長の持論と決意を伺いたい。
? 真の市民参画、協働施策へ、市民参画自治条例の制定を。
? 行政評価と市民参画の事務事業チェックと外部監査制度導入を。
? 地域コミュニティと市政協力員制度の改革を。
? 指定管理者制度の活用と職員数、給与手当等の削減を。