議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京田辺市

平成17年  5月 臨時会(第1回) 05月18日−02号




平成17年  5月 臨時会(第1回) − 05月18日−02号







平成17年  5月 臨時会(第1回)



          平成17年第1回京田辺市議会臨時会会議録

                 (第2号)

会議年月日  平成17年5月18日

会議の場所  京田辺市議会 議場

開議閉会日時及び宣告

  開議     平成17年5月18日 午前10時00分

  閉会     平成17年5月18日 午後4時36分

  宣告者    開議閉会共 議長 畑 俊宏

出席、欠席議員及び欠員

  出席     20名

  欠席      0名

  欠員      1名

              凡例   ◯出席を示す

                   ▲欠席を示す

議席番号   氏名      出席等の別

  1   (欠員)

  2   南部登志子      ◯

  3   小林正路       ◯

  4   橘 雄介       ◯

  5   青木綱次郎      ◯

  6   増富理津子      ◯

  7   小林喜代司      ◯

  8   市田 博       ◯

  9   松村博司       ◯

 10   西川豊蔵       ◯

 11   辻 建二       ◯

 12   井上 公       ◯

 13   山下勝一       ◯

 14   塩貝建夫       ◯

 15   水野恭子       ◯

 16   井上 薫       ◯

 17   喜多英男       ◯

 18   小林 弘       ◯

 19   松本耕治       ◯

 20   上田 登       ◯

 21   畑 俊宏       ◯

会議録署名議員

  8番  市田 博

 14番  塩貝建夫

職務のため議場に出席した者の職氏名

  議会事務局長        山本邦彦

  議会事務局次長       木元 稔

  議会事務局長補佐      前川武司

  議会事務局主任       岩本康裕

  議会事務局主任       藤井秀規

  議会事務局主事       河野千春

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長            久村 哲

  教育委員会委員長      辻尾仁郎

市長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  助役            廣野 信

  助役            岡本 仁

  収入役           稲川俊明

  市長公室長         金辻美津枝

  総務部長          中村三敏

  総務部危機管理監      小山孝夫

  福祉部長          河村晴行

  建設部長          森本 茂

  建設部技監         今井幹男

  経済環境部長        石井明三

  水道部長          猪熊 保(併任)

  市長公室次長        岡本和雄

  福祉部次長         園田正博

  建設部次長         山本 徹

  建設部次長         落合孝義

  経済環境部次長       谷田敏実

  総務部参事         中澤晴治

  市長公室広報広聴課長    木下敏巳

市長より説明のために嘱託され出席した者の職氏名

  水道事業管理者       木村輝夫

  水道部長          猪熊 保

  消防長           松中 進

  消防次長          藤本憲三

教育委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  教育長           村田新之昇

  教育部長          加藤晴男

代表監査委員より説明のため委任され出席した者の職氏名

  監査委員事務局長      小林政男

会議に付した事件

  1.開議宣告

  2.議事日程の報告

  3.会議録署名議員の指名

  4.休憩

  5.常任委員会正副委員長、特別委員会正副委員長及び議会運営委員会正副委員長の互選結果報告

  6.城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出について

  7.諸般の報告

  8.行政報告

  9.承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例の一部を改正する条例)

 10.承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)

 11.休憩

 12.承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号))

 13.承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市休日応急診療所特別会計補正予算(第1号))

 14.承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第3号))

 15.承認第6号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市老人保健特別会計補正予算(第3号))

 16.承認第7号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第3号))

 17.承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第3号))

 18.承認第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))

 19.承認第10号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号))

 20.承認第11号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市長の給与の特例に関する条例)

 21.休憩

 22.議事日程の追加

 23.同意第2号 京田辺市監査委員の選任について

 24.閉会宣告

会議の経過 別紙のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         <議事日程第2号>

          平成17年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                         平成17年5月18日

                         午前10時00分開議

◯開議宣告(会議規則第11条第1項)

◯議事日程の報告(会議規則第20条)

日程第1.会議録署名議員の指名(会議規則第81条)



  番          
  番          





日程第2.城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出について

日程第3.諸般の報告

 (1) 議長の報告

  ア、提出された案件の報告

  イ、例月現金出納検査の報告(地方自治法第235条の2第3項)

  ウ、説明員の報告(地方自治法第121条)

日程第4.行政報告

 (1) 市長の報告

  ア、報告第4号 専決処分の報告について(平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約の一部変更契約)

  イ、報告第5号 学研都市京都土地開発公社の平成16年度補正事業計画(第2号)及び補正予算(第2号)について

  ウ、報告第6号 学研都市京都土地開発公社の平成17年度事業計画及び予算について

日程第5.承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例の一部を改正する条例)

日程第6.承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)

日程第7.承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号))

日程第8.承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市休日応急診療所特別会計補正予算(第1号))

日程第9.承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第3号))

日程第10.承認第6号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市老人保健特別会計補正予算(第3号))

日程第11.承認第7号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第3号))

日程第12.承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第3号))

日程第13.承認第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))

日程第14.承認第10号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号))

日程第15.承認第11号 専決処分の承認を求めることについて(京田辺市長の給与の特例に関する条例)

………………………………………………………………………………………………………

                         <議事日程第2号>(その2)

          平成17年第1回京田辺市議会臨時会議事日程

                  (追加)

◯議事日程の追加(会議規則第21条)

日程第16.同意第2号 京田辺市監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○畑俊宏議長 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。



○畑俊宏議長 それでは日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により議長から8番、市田博議員、14番、塩貝建夫議員を指名いたします。

 この際暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時01分



△再開 午後2時30分



○畑俊宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員会、議会運営委員会、広報編集特別委員会及び産業立地特別委員会の正副委員長の互選結果の報告がありました。お手元に配付した写しのとおりでございます。総務常任委員長 水野恭子議員、同副委員長 山下勝一議員。文教福祉常任委員長 塩貝建夫議員、同副委員長 小林喜代司議員。建設経済常任委員長 上田登議員、同副委員長 橘雄介議員。議会運営委員長 井上薫議員、同副委員長 山下勝一議員。広報編集特別委員長 増富理津子議員、同副委員長 山下勝一議員。産業立地特別委員長 市田博議員、同副委員長 青木綱次郎議員。以上であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○畑俊宏議長 次に日程第2、城南市町村税滞納整理組合議会議員の選出についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。同組合議会議員の選出方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって選出の方法は指名推選で行うことといたします。

 お諮りいたします。指名の方法については議長が指名することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって議長が指名することに決しました。

 城南市町村税滞納整理組合議会議員に小林喜代司議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました小林喜代司議員を同組合議会議員に選出することにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって小林喜代司議員を同組合議会議員に選出することに決しました。



○畑俊宏議長 次に日程第3、諸般の報告を行います。

 議長の報告事項がありますので、議会事務局長に報告させます。山本議会事務局長。



◎山本議会事務局長 議長の報告をいたします。

 臨時会本会議に提出されました案件は、市長の報告3件、専決処分承認案11件、閉会中の委員会審査報告1件、議員発議案1件であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎山本議会事務局長 次に地方自治法第235条の2第3項の規定による平成17年3月及び平成17年4月実施に係る例月現金出納検査の結果報告がありましたので、その写しを配付いたしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎山本議会事務局長 次に本臨時会の本会議に地方自治法第121条の規定により説明員として出席を求めた者は、久村哲市長、辻尾仁郎教育委員会委員長、中村重生代表監査委員の3名であります。なお、説明のため委任並びに嘱託をした者として届け出のあった者について、その写しを配付いたしております。報告は以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○畑俊宏議長 これで議長の報告を終わります。

 以上で諸般の報告を終わります。



○畑俊宏議長 次に日程第4、行政報告を行います。

 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 石井経済環境部長。



◎石井経済環境部長 報告第4号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 本件は、平成16年9月29日に締結いたしました平成16・17年度の継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約の一部変更契約につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づいて平成17年3月30日付で専決処分いたしましたのでご報告申し上げます。

 主な変更内容といたしましては、地盤改良材の追加などでございます。これによりまして請負金額が107万7,300円の増額となり、変更後の総契約金額は1億5,647万7,300円となったものでございます。以上ご報告申し上げます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 森本建設部長。



◎森本建設部長 報告第5号、学研都市京都土地開発公社の平成16年度補正事業計画(第2号)及び補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

 本件は、平成16年度の学研都市京都土地開発公社の事業計画及び収支予算について補正が行われたものでございます。なお、この補正事業計画及び補正予算は、去る平成17年3月28日に開催されました同公社理事会において承認されたものでございます。以上ご報告申し上げます。

 報告第6号、学研都市京都土地開発公社の平成17年度事業計画及び予算についてご説明申し上げます。

 本件は、平成17年度の学研都市京都土地開発公社の事業計画及び予算について定められたものでございます。なお、この事業計画及び予算は、去る平成17年3月28日に開催されまた同公社理事会において承認されたものでございます。以上ご報告申し上げます。



○畑俊宏議長 これで市長の報告を終わります。

 以上で行政報告を終わります。



○畑俊宏議長 次に日程第5、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例の一部を改正する条例)の件から日程第6、承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)までの件、2件を一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 廣野助役。



◎廣野助役 承認第1号、京田辺市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 本件は、平成17年3月25日付で地方税法等の一部を改正する法律が公布され平成17年4月1日から施行されることとなったこと等から、これらを引用する本条例につきましても平成17年3月31日付で一部改正を行い専決処分したものでございます。

 主な改正の内容でございますが、個人の市民税では、市民税の非課税の範囲の改正を行いました。すなわち年齢65歳以上の者のうち前年の合計所得金額が125万円以下の者に対する個人市民税の非課税措置を廃止いたしました。この改正は平成18年度分以後の個人市民税について適用し、経過措置といたしまして平成17年1月1日において65歳に達していた者であって、前年の合計所得金額が125万円以下である者については、平成18年度分については所得割及び均等割の税額の3分の2を減額し、平成19年度分については所得割及び均等割の税額の3分の1を減額する措置といたしました。

 次に固定資産税でございますが、被災住宅用地の特例措置の改正を行いました。震災等が発生した際に住宅用地特例が適用されていた土地につきまして、被災により住宅用地として使用することができない場合であっても2年間住宅用地とみなしておりましたが、今回の改正により避難指示期間が災害発生年の翌年以降に及んだ場合、避難指示解除後3年間まで適用することといたしました。

 次に不動産登記法の改正により「土地登記簿」及び「建物登記簿」が「登記簿」等に改められ、これに伴う字句の整備を行いました。なお、この条例の施行につきましては、不動産登記法の改正に伴う施行は公布の日からとし、個人の市民税の非課税の範囲の改正等につきましては平成18年1月1日からといたしました。その他の改正規定については、平成17年4月1日からとした次第でございます。以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

 続きまして承認第2号、京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 本件は、平成17年3月25日付で地方税法等の一部を改正する法律が公布され平成17年4月1日から施行されることとなったことから、これらを引用する本条例につきましても平成17年3月31日付で一部改正を行い専決処分したものでございます。

 主な改正の内容でございますが、地方税法等の一部改正に伴い、これを引用する本条例について字句の整備を行いました。なお、この条例の施行につきましては、平成17年4月1日からとした次第でございます。以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして本年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。以上でございます。



○畑俊宏議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 5番、青木綱次郎議員。



◆青木綱次郎議員 5番、青木綱次郎です。私はただいま議題となっております承認第1号、京田辺市税条例の一部改正について承認に反対の討論を行います。

 今回の市税条例改正は、この春、自民党・公明党に支えられた小泉内閣が強行した総計7兆円にも上る増税や社会保障改悪などの国民への負担増の一環である地方税法の改悪に伴うものです。市民税についていえば、今回の増税により来年度より65歳以上の高齢者の方で年間所得125万円以下の人たちの非課税措置が廃止をされました。これにより市の試算では、平成18年度より京田辺市において市民税均等割分で新たに1,700人の方へ、18年度は経過措置として1,000円、20年度からは3,000円を課税することになります。所得割分では新たに1,000人の方から平均して平成18年度に3,000円の課税をすることになります。合計をすれば平成18年度には470万円の増税に、平成20年度からは1,400万円近くの税負担が高齢者にかぶせられることになります。これまで担税力が弱い方たちに税負担を求めることは適当でないとして非課税措置にされてきた人たちに対し、世代間の負担の公平を口実に小泉内閣は増税を強行いたしました。しかし税負担の公平を確保するというならば、莫大な利益を上げている一部の大企業を優遇している税制こそ見直すべきです。全国的には財界の要請を受けて平成14年度から導入された連結納税制度によって14年、15年度の2年間で240の企業グループに合計で6,099億円、1企業グループ当たり25億円もの減税措置がとられました。これを放置したまま、わずかな年金収入に頼って暮らしているお年寄りからまで税を取り立てるというのはあまりに過酷な増税ではないでしょうか。また今回の増税では定率減税の半減もあわせて強行されました。これにより本市でも来年度、市民税で1億8,000万円、納税義務者1人当たり8,000円以上の増税となります。このような増税は断じて許されません。

 今回の市税条例の改正に当たり、総務常任委員協議会では、理事者より市民への新たな税負担であり痛みを伴う、今後福祉向上のため取り組んでいきたい、こういう答弁がございました。福祉の向上は当然の課題ですが、そのためにも昨年、ことしと連続して強行された高齢者課税強化により高齢者において住民税課税世帯が大幅に増えることに対応して、各種の福祉施策の経済的基準の見直しを行うことを改めて市に対して求めまして反対討論を終わります。



○畑俊宏議長 次に賛成者の発言を許します。ほかに討論ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りいたします。承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例の一部を改正する条例)の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議あり」と言う者あり)



○畑俊宏議長 異議がありますので起立により採決いたします。

 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市税条例の一部を改正する条例)の件は、これを承認することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○畑俊宏議長 起立多数であります。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市都市計画税条例の一部を改正する条例)の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。



○畑俊宏議長 次に日程第7、承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号))の件から日程第14、承認第10号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号))までの件、8件を一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 廣野助役。



◎廣野助役 承認第3号、平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入及び歳出の各項目にわたり国・府支出金及び事業費の確定したものなどについて所要の補正を行いました。これらにより、このたびの補正予算は歳入歳出それぞれ4億1,300万円を減額し、予算総額を232億2,050万円といたすものでございます。

 その主な内容についてご説明申し上げます。まず歳入につきましては、市税、各種交付金、地方交付税、国庫支出金などをそれぞれ交付額等の決定に伴い更正いたしました。また繰入金では、それぞれの充当事業費の確定などにより基金からの充当額を調整し減額いたしました。次に歳出につきましては、各事業の物件費や普通建設事業などの事業費確定に伴う不用分の減額及び各特別会計への繰出金の更正などを計上いたしました。さらに第2表につきましては継続費の補正を、第3表につきましては地方債の補正を計上いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださいますようお願い申し上げます。



◆塩貝建夫議員 さっきの9対9やで、さっきのは、議長。9対9やで。



◆青木綱次郎議員 賛成多数違います。



◆塩貝建夫議員 賛成多数違うで。9対9、同数やで。休憩して議運。



○畑俊宏議長 すいません、異議ありましたので休憩いたします。暫時休憩。



△休憩 午後2時52分



△再開 午後3時45分



○畑俊宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほどの承認第1号、京田辺市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについての採決において賛成多数と決しましたが、事実は可否同数でありました。議会を司る議長としてあってはならないことだと猛省をしております。今後このようなことがないよう細心の注意を払って議事を進めていきたく考えております。まことに申しわけありませんでした。

 次に提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 岡本助役。



◎岡本助役 承認第4号、平成16年度京田辺市休日応急診療所特別会計補正予算(第1号)の専決処分の承認を求めることについてご説明を申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入歳出それぞれ277万4,000円を減額し、予算総額は2,062万6,000円となりました。歳入では平成15年度決算による繰越金43万9,000円を追加し、一般会計からの繰入金239万5,000円を減額いたしました。次に歳出につきましては、総務費では医師、薬剤師の報酬や負担金補助及び交付金等で合計197万6,000円を減額し、衛生費6万円、予備費73万8,000円を減額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 廣野助役。



◎廣野助役 承認第5号、平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入歳出それぞれ58万円を減額し、予算総額は378万円となりました。歳入では財産区基金繰入金を58万円減額いたしました。次に歳出では一般管理費38万円、予備費20万円をそれぞ減額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 岡本助役。



◎岡本助役 承認第6号、平成16年度京田辺市老人保健特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入歳出それぞれ4,542万円を減額し、予算総額は37億1,060万3,000円となりました。歳入では交付金等の交付額が確定したことから支払基金交付金4,954万1,000円、国庫支出金4,577万1,000円、府支出金687万5,000円をそれぞれ減額し、また一般会計繰入金を5,675万7,000円追加いたしました。次に歳出では医療費の不用分として医療諸費4,320万円、公債費で一時借入金の不用分として121万9,000円、予備費100万円をそれぞれ減額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

 続きまして承認第7号、平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、それぞれ確定をいたしました項目につきまして予算の補正を行い、歳入歳出それぞれ1億6,715万5,000円を減額し、予算総額は37億9,699万9,000円となりました。歳入では国民健康保険税8,217万3,000円、国庫支出金1億4,961万7,000円、府支出金492万3,000円、繰入金1,755万5,000円、一部負担金4,000円をそれぞれ減額いたしました。また療養給付費等交付金5,867万3,000円、共同事業交付金2,629万4,000円、使用料及び手数料12万円、諸収入203万円をそれぞれ追加いたしました。次に歳出では総務費で1,028万5,000円、保険給付費1億3,486万9,000円、介護納付金156万円、高額療養費の共同事業への拠出金343万円、保健事業費699万3,000円、公債費19万7,000円、諸支出金482万1,000円、予備費500万円をそれぞれ不用分として減額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

 続きまして承認第8号、平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、保険給付費等の変更に伴い歳入歳出それぞれ1億4,655万9,000円を減額し、予算総額は17億4,497万4,000円となりました。歳入では介護サービス費の減額に伴い国庫支出金3,673万7,000円、支払基金交付金4,993万9,000円、府支出金1,950万8,000円、繰入金4,151万2,000円をそれぞれ減額いたしました。歳出では介護サービス費等諸費1億5,500万円、介護認定審査会費446万9,000円、計画策定委員会費479万1,000円など不用分を減額する一方で介護給付費準備基金の積立金2,387万円を増額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 廣野助役。



◎廣野助役 承認第9号、平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入歳出それぞれ6,543万4,000円を減額し、予算総額は26億4,311万6,000円となりました。歳入では主なものといたしまして、下水道使用料1,384万7,000円を追加し、市債8,170万円を減額いたしました。次に歳出では一般管理費で446万6,000円、公共下水道事業費5,624万6,000円、公債費322万2,000円、予備費150万円をそれぞれ減額いたしました。なお第2表におきましては地方債の変更を計上しました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。

 続きまして承認第10号、平成16年度京田辺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)の専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 今回専決処分いたしました補正予算は、歳入歳出それぞれ360万円を減額し、予算総額は2億3,600万円となりました。歳入では農業集落排水使用料55万2,000円、一般会計からの繰入金304万8,000円をそれぞれ減額いたしました。次に歳出では総務管理費164万8,000円、農業集落排水費109万2,000円、公債費40万2,000円、予備費45万8,000円をそれぞれ減額いたしました。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年3月31日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。



○畑俊宏議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りいたします。承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議あり」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議ありますので起立により採決いたします。

 承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第5号))の件は、これを承認することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○畑俊宏議長 起立多数であります。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市休日応急診療所特別会計補正予算(第1号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第6号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市老人保健特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議あり」と言う者あり)



○畑俊宏議長 異議がありますので起立により採決いたします。

 承認第6号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市老人保健特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○畑俊宏議長 起立多数であります。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第7号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第8号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第9号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 お諮りいたします。承認第10号、専決処分の承認を求めることについて(平成16年度京田辺市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号))の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。



○畑俊宏議長 次に日程第15、承認第11号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市長の給与の特例に関する条例)の件を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 久村市長。



◎久村市長 承認第11号、京田辺市長の給与の特例に関する条例の制定に係る専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

 初めに、本年3月27日の暴行事件、4月24日の公然わいせつ事件と相次いで市並びに消防職員が不祥事を起こしましたことは大変残念であり、まことに遺憾であります。ここに議員の皆様をはじめ関係者の皆様に深くお詫びを申し上げます。今後公務員としての自覚を高め、全職員一丸となり組織を挙げて市民への信頼回復に向けて努力をしてまいる所存であります。

 こうした中で、本件は管理監督責任のトップである私の責任は非常に重いと考えており、市民の皆様に対するお詫びとその信託にこたえるため、みずからの給料を減額することとし、条例の制定を行ったものでございます。

 内容といたしましては、市長の平成17年5月分の給料月額を10分の3減額するものでございます。以上、地方自治法第179条第1項の規定により平成17年4月28日付で専決処分いたしましたのでご承認くださるようお願い申し上げます。



○畑俊宏議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りいたします。承認第11号、専決処分の承認を求めることについて(京田辺市長の給与の特例に関する条例)の件は、これを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。

 この際暫時休憩いたします。



△休憩 午後4時05分



△再開 午後4時30分



○畑俊宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま久村哲市長から同意第2号、京田辺市監査委員の選任についての件が提出されました。

 お諮りいたします。同意第2号、京田辺市監査委員の選任についての件は、急施事件と認め日程に追加し日程第16として審議することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって同意第2号、京田辺市監査委員の選任についての件は、急施事件と認め日程に追加し日程第16として審議することに決しました。



○畑俊宏議長 それでは日程第16、同意第2号、京田辺市監査委員の選任についての件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により喜多英男議員の退場を求めます。

         (喜多英男議員退場)



○畑俊宏議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○畑俊宏議長 久村市長。



◎久村市長 同意第2号、京田辺市監査委員の選任についてご説明申し上げます。

 本件は、京田辺市監査委員の選任に関し議会の同意を求めるものでございます。議員のうちから選任される監査委員としてご尽力いただいておりました山下勝一氏から平成17年5月16日に辞職願の提出があり、17日付で承認いたしましたことから、その後任委員の選任が必要となり、ここに提案させていただくものでございます。後任委員として喜多英男氏を選任いたしたく考えております。

 選任します喜多英男氏は、昭和9年12月8日生まれで、京田辺市薪里ノ内68番地に居住されています。同氏は、平成11年4月京田辺市議会議員に初当選以来、本市議会議員としてご活躍いただいております。任期は選任された日から市議会議員の任期満了日までの間でございます。以上よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○畑俊宏議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○畑俊宏議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 それでは同意第2号、京田辺市監査委員の選任についての件を起立により採決いたします。

 本件はこれを同意することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○畑俊宏議長 起立多数であります。よって本件はこれを同意することに決しました。

 喜多英男議員の入場を許可します。

         (喜多英男議員入場)



○畑俊宏議長 以上で今臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして平成17年第1回京田辺市議会臨時会を閉会いたします。

 本日は大変ご苦労さまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                議長    畑 俊宏

                署名議員  市田 博

                署名議員  塩貝建夫