議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京田辺市

平成16年  3月 定例会(第1回)一般質問通告書 一般質問通告書




平成16年  3月 定例会(第1回)一般質問通告書 − 一般質問通告書







          平成16年第1回京田辺市議会定例会

               一般質問通告書





順位1番 松村 博司(一新会)



(1) (仮称)北部老人福祉センター及び児童館と周辺整備について


? (仮称)北部老人福祉センター及び児童館の建設に伴う道路整備計画と大住中学校及び北部住民センターへの進入路の道路形態の整備計画について問う。
? (仮称)北部老人福祉センター及び児童館建設について、建物の建築工事がスタートし、多くの住民が待ち望む施設だけに計画どおり建設され、完成後の運営等について利用者から歓迎される料金や体制づくりが必要であると考えるが、今後の送迎バスの運行及びグランドゴルフ使用管理体制について問う。


(2) 将来の市街地拡大構想について


 市の将来計画が示されているが、市街地(宅地)並びにそれに準ずる土地(準工業及び調整)の見直しが必要な時期に来ていると考える。京都府や関係機関とも連携を図り、その準備を協議されていると聞くが、各地域の諸問題を十分に聞く中で、地域での整合性を図り、取り組まれることを望む。現在までの取り組み状況は。


(3) 防賀川公園の整備計画について


 防賀川の公園整備が進められているが、今後この公園を運動公園的にするのか、以前に計画されていた親水性の水辺公園的にするのか。現在の社会状況なども含め計画変更され、都市機能の持った運動公園を計画されているのか、尋ねる。





順位2番 増富理津子(日本共産党京田辺市議会議員団)



(1) 子どもの自主性と感性を育む公園や施設の整備・充実について


? 乳幼児が安心して遊べる公園整備を。
? 子どもの居場所、活動拠点となる施設の拡充。特に中高生が自由に利用できる施設と体制づくりを。
? 企画から子どもが参加して行う事業への取り組みを。


(2) 分譲マンション対策について


? マンションの実態について、調査の実施を。
? 共用部分の固定資産税の減免制度の拡充を。
? バリアフリー化にふさわしい支援策を。


(3) 府営田辺団地周辺道路のバリアフリー化と安全対策について


? 府営田辺団地西側の馬坂川沿いは、路上駐車が道路両側にされている。さらに、片側には歩道に乗り上げて駐車するといった状況にある。歩道へ車止め設置などの対策を。
? 府営住宅のバリアフリー化を府が進めているが、一方で周辺歩道がガタガタしていて、車イスでの移動が困難である。整備とバリアフリー化を。
? 河原保育所の送迎時の安全対策を。





順位3番 小林正路(21市民の会)



(1) イラクへの自衛隊派遣は憲法に反します


 戦場へ出すべきではありません。戦争の悲惨さを感じてほしい。貴方はどう思われますか。


(2) わが小学校、児童の安全対策


 先般の宇治小学校の事件以来、我が市の対応はどうですか。いま、日本中殺傷事件がいっぱいです。府や政府に対し、しっかり治安を追求して下さい。
 学校の安全に教師や保護者に負担を押しつけるのは筋違い。


(3) 近鉄興戸駅の長い階段は高齢者を困らせている


 近鉄は駅を改良する時、エスカレータをつける約束をしておきながら、今まで知らん顔をしています。
 市は近鉄になめられていませんか。
 どうなっていますか。やりますか。


(4) 普賢寺3地域へバス運行を


 先般、天王区から自転車で近鉄駅まで出て来て高校に行く少年が私に言った。自転車で帰りの登り道はどうにもならないと。
 少し便利にしてやってはどうですか。


(5) 常磐苑、休日振替えを


 高齢者も働く方が多く、土、日、祝日には利用したい人がいっぱいいる。休日振替えを考えてやってはどうですか。


(6) 天王区へ道路の新設を


 車で区内へ乗り上がるのは危険でこわい。一つ間違えば生死に関わる。いつも選挙戦の時に感じる。
 安全な新道を検討されていますか。やりませんか。


(7) 先般、在宅介護の方は市内で700人と聞いた


 回復される方は何人ぐらいですか。
 不自由になった方を在宅介護で回復させてやることができるのですか。


(8) 議員の費用弁償の支給は廃止されよ


 議長月額歳費50万円、議員37万5千円は高すぎる。その上、費用弁償など厚顔しい。


(9) 再びセクハラ事件について、市も議会も市民に謝罪されよ


 さきの新聞報道で、全委員が参加したかのような記事は誤りだ、のに、新聞に何故告げないのか。市の広報は何故黙っているの、と尋ねた。総務部長も同行していながら、新聞が勝手に書いたと言い張るだけか。
 さすがに新聞です。宿泊施設で二次会の席上でセクハラが。研修中にも不快な言葉を発した。また、会派の部屋でも数回注意されたと。
 これを知って怒りを感じた。
 市民の税金で飛行機に乗って、北海道まで3日間も、何の研修をする必要があったのか。
 総務部長も役所を空けて同行させて、そんな重要な研修をせんならん必要性があったのか。
 納得できん、バカバカしい。はずかしい限りだ。


(10) この世の最強の毒物、ダイオキシン問題について


 我が市民が心配されている。枚方市の清掃工場は、この4月から予算化、着手されると聞くが事実か。
 世界的水準の施設といってもダイオキシンは出る。家庭ゴミも燃やせば出る。
 出ないのはウソ。
 100mの煙突など見たくない。ダイオキシンを含む排煙が西風にのって、常に我が市に吹き込まれる。
 食べる農作物も心配。市はこれにどう対抗していくか。
 心配している市民にどう説明されますか。





順位4番 青木綱次郎(日本共産党京田辺市議会議員団)



(1) 産業廃棄物の不法投棄対策について


? 水取地区に放置されている硫酸ピッチの早急な撤去を求める。
? 大住内山地区に、放置された残土などの産業廃棄物の早急な撤去を求める。
 1)同地区の現状について、市としてどう認識しているのか。
 2)同地区の今後の環境復元について、市として積極的な取り組みをせよ。
? 京田辺市における不法投棄対策の強化を求める。


(2) JR松井山手駅及び、同駅周辺の整備ついて


? 松井山手駅について、改札口の増設と、電車の行き先表示の改善を要望せよ。
? 松井山手駅周辺の整備について、「福祉のまちモデル地区」として今後の具体的な方針について。
? 同駅周辺に公衆トイレの設置を求める。また、同駅東側の住宅地に向ける階段の改善を求める。


(3) 府道富野荘八幡線の歩道の拡幅や整備を求めよ





順位5番 小林喜代司(一新会)



(1) 田辺駅前交番の配置警察官の増員要望について


 田辺駅前交番は今年中に移転されるが、現在は、3人勤務で3交代の9人体制であり、増員して充実を求める声が多く、市としても積極的に要望すべきと考えるが、市の考えは。


(2) 市道薪新田辺線の安全対策について


 市道薪新田辺線は、開通以来、通行車両、通行人共に、大幅に増加しているが、田辺地区の草屋附近の急カーブはそのままである。車両及び通行人の安全対策について問う。


(3) 普賢寺川の整備について


 普賢寺川は土砂の堆積が著しいことから、地元からも要望がある普賢寺・水取附近より上流の「浚渫」の全面実施についてと普賢寺小学校附近は河川、府道も含めて整備が必要であるが市の考えは。





順位6番 塩貝建夫(日本共産党京田辺市議会議員団)



(1) 教育問題について


? 幼児、児童生徒の安全対策について、市の対応を問う。
? 少人数学級を新年度よりスタートさせる条件ができた。大住小、田辺小、田辺東小、松井ケ丘小、三山木小など中学年以上で35人〜40人の学年に対して、少人数学級を導入せよ。


(2) スポーツ振興について


? 市営プールの土、日曜日、夜間利用時間の延長について。
? 市営プールに障害者の専用更衣、脱衣場の確保について。


(3) 歩行者の交通安全対策について


? 交通バリアフリー法にもとづく基本構想策定について。
? 一休ケ丘青山台公園周辺の歩道の改修について。





順位7番 市田 博(一新会)



(1) 大住城山及び水取地区の問題について


 昨年12月末に京都府、京都府警、京田辺市等、関係機関の決断において代執行という強行策を講じられたが、普賢寺水取地区の硫酸ピッチが未だ放置のままと聞くが、今後の対応策は。また、大住城山の環境保全を含めた跡地利用等も考慮されたい。


(2) 池ノ端丸山線及び山手幹線の進捗状況について


 池ノ端丸山線は16年から17年前に計画決定し、この間に周辺地域の人口増、また、第二京阪道路側道の山手幹線との接続等により交通量の増加が予測される。また、山手幹線の三山木から八幡市、樟葉までが開通となった時には、現在の二車線では、大住丸山地域、大住ケ丘の渋滞を懸念する。山手幹線の一休ケ丘から薪地域は京都府が進めていると聞くが進捗状況は。


(3) 公用車の車検及び点検、修理について


 公用車は全車で169台(四輪のみ)と聞く。修理、車検及びメンテナンスなど、全てにおいては一定の入札形式をとるべきと考えるがどうか。


(4) (仮称)北部老人福祉センター及び児童館へのアクセス道路について


 新設の(仮称)北部老人福祉センター及び児童館への松井山手方面からのアクセスとして、松井ケ丘小学校、松井ケ丘幼稚園前の道路からJR線沿いに歩行者専用の通路設置をとの要望がある。生徒、園児の安全性も考え併せて検討すべきであるがどうか。


(5) 健康村市営住宅跡地の公園利用について


 健康村バス停前の市営住宅跡地の活用策として児童公園を設置してはどうか。





順位8番 井上 薫(日本共産党京田辺市議会議員団)



(1) 農業振興について


 農業に関する基本理念を定め、市の責務を明らかにし、農業に施策を総合的かつ計画的に推進するために、市農業基本条例を定めよ。


(2) 農業施策について


? 農業経営の近代化。
? 環境に配慮した農業。
? 地域性を生かした農業生産の方向。
? 消費者と結びついての生産と流通。
? 農業の担い手の確保及び育成。
? 農業者と地域住民との交流。
? 農地の保全。





順位9番 南部登志子(一新会)



(1) 女性政策について


? (女性センター建設の準備段階となるような)女性ルームを駅周辺やスーパーの中など女性にとって行きやすい場所に設置せよ。


? 母子家庭の子どもを対象として支給される奨学金について、その周知方法に工夫をしてほしい。例えば、市民課で離婚届を提出した人に対して、その場で知らせるなど。


(2) 教育現場における不審者侵入対策について


 昨今、各地で小学校などに不審者が侵入し、児童らに傷を負わせたり、最悪な場合には生命を奪ったりする事件が相次いでいる。現在、これらのことを受けて、京田辺市ではどのような対策をとっているのか。


(3) 防犯灯の設置について


 京街道線の興戸地区の一部には、電灯が一本もない。この道は田辺高校へ通う生徒の通学路にもなっている。防犯上、電灯の設置を早急にせよ。


(4) 市民課に寄贈された封筒について


 昨年11月より、市内業者の広告を掲載した封筒が寄贈され、それが窓口に来られた市民の方に利用されている。これは経費節減のためにされたと思うが、その導入の経過について説明せよ。





順位10番 橘 雄介(21市民の会)



(1) 入札制度の改良で税金の無駄なくせ


 (仮称)北部老人福祉センター及び児童館新築工事請負の入札が、落札率の極めて高い98.48%で大手ゼネコンと市内業者のJVに決定したことは、誠に憂慮すべきことだと思います。委員会審議で岡本助役も久村市長も遺憾の意を表されました。抜本的な入札制度の改革が不可欠な時を迎えていると痛感します。また今回提案された大住工業用地造成工事も6億余の請負契約が、また同じ大手ゼネコンが95%以上の落札率で受注されるなど、多くの公共事業の入札、発注に関しての透明性、公正性、減量化の課題が山積しており、大切な税金の無駄使いや非効率な運用を改める方策が必要だと考えます。
? 市の入札制度の現状と問題点や改良点について。
? 悪しき談合が行えない仕組みづくりを。
? 予定価格上限に近い高値落札の防止策を。
? 工事品質を確保し、低価格落札を実現するには。
? 入札事務のIT化で省力化と情報公開、説明責任を。


(2) 文化ホール、小音楽ホールの建設を


 市民がより豊かな文化活動を展開したり、内外の質の高い多くの芸術、文化活動に直接接する場としての、文化ホール、小規模音楽専用ホールの建設を強く要望します。今までも何度も提案しています、交通アクセスのよい鉄道駅前や周辺に文化ホール、音楽小ホールの建設を、次期総合計画に明確に位置づけ、具体化していただきたい。体育関連施設の整備ばかりが目立ち、関西学術研究「文化」都市の一翼を担い、緑豊かで健康な「文化」田園都市を将来の都市像と掲げる京田辺市に、まともなホールが一つもないことを、多くの市民は「文化」施策の貧困と嘆いています。今後の文化施策のメインに施設、音響などの秀逸な小ホール建設を渇望しています。
? 生涯学習センター構想におけるホール機能の内容と建設時期。
? 小規模音楽専用ホールの要望と市、教育委員会の見解。
? 周辺自治体のホール機能の実態調査と研究課題について。
? 三山木土地区画事業地、田辺振興局建替地、シビックゾーン構想地等での可能性。


(3) 健康維持策と介護認定で病気、怪我予防を


 介護保険制度による高齢者福祉の現状は如何でしょうか。介護保険制度で国民健康保険財政は好転すると言われていたが、厳しい現状が続いています。中高年齢世代に対する、しっかりとした健康管理と病気や怪我予防策を徹底するために、医療機関と福祉制度、市民協力の連携で、特に介護認定と訪問調査をキメ細かく行って、必要な福祉と予防医療を行える様にすべきだと考えます。
? 中高年の健康管理と病気予防策の現状と今後。
? 60歳以上の住民に対する訪問、聞き取り、実態調査。
? 介護認定申請をはじめ、各種サポート、サービス策の利用誘導。
? 福祉事業者、医療機関、民生委員、市民相談等、福祉に関わる住民の健康情報ネットを。


(4) 薪小学校通学路、手原川沿道整備を


 長年の懸案である薪小学校への手原川沿道利用の北薪並びに西薪地区の幼児、児童の安全な通学路確保のための整備を早急に行っていただきたい。
? 4年前の通学路安全対策への話し合いの結論とその後の対応。
? 地元要望の集約と教育委員会の意向のずれ。
? 通学幼児、児童の安全確保へ早急の対応、対策を。
? 手原川新橋、左岸整備、防犯灯設置、西校門新設等。