議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京田辺市

平成16年  9月 定例会(第3回) 09月06日−01号




平成16年  9月 定例会(第3回) − 09月06日−01号







平成16年  9月 定例会(第3回)



          平成16年第3回京田辺市議会定例会会議録

                 (第1号)

会議年月日  平成16年9月6日

会議の場所  京田辺市議会 議場

開会散会日時及び宣告

  開会(開議)  平成16年9月6日午後1時30分

  散会      平成16年9月6日午後2時25分

  宣告者     開会散会共 議長 小林 弘

出席、欠席議員及び欠員

  出席      21名

  欠席       0名

  欠員       0名

             凡例  ◯出席を示す

                 ▲欠席を示す

議席番号   氏名      出席等の別

  1   畑 俊宏       ◯

  2   西川豊蔵       ◯

  3   小林正路       ◯

  4   橘 雄介       ◯

  5   青木綱次郎      ◯

  6   増富理津子      ◯

  7   南部登志子      ◯

  8   小林喜代司      ◯

  9   市田 博       ◯

 10   松本耕治       ◯

 11   辻 建二       ◯

 12   井上 公       ◯

 13   山下勝一       ◯

 14   塩貝建夫       ◯

 15   水野恭子       ◯

 16   井上 薫       ◯

 17   喜多英男       ◯

 18   松村博司       ◯

 19   上田 登       ◯

 20   羽原 豊       ◯

 21   小林 弘       ◯

会議録署名議員

  2番  西川豊蔵

 15番  水野恭子

職務のため議場に出席した者の職氏名

  議会事務局長        山岡武司

  議会事務局次長       木元 稔

  議会事務局主任       岩本康裕

  議会事務局主事       藤井秀規

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長            久村 哲

  教育委員会委員長      辻尾仁郎

市長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  助役            廣野 信

  助役            岡本 仁

  収入役           稲川俊明

  市長公室長         金辻美津枝

  総務部長          中村三敏

  福祉部長          河村晴行

  建設部長          森本 茂

  建設部技監         多田勝義

  経済環境部長        石井明三

  水道部長          山本邦彦(併任)

  市長公室次長        岡本和雄

  総務部次長         小山孝夫

  福祉部次長         園田正博

  建設部次長         猪熊 保

  建設部次長         山本 徹

  経済環境部次長       谷田敏実

  総務部参事         中澤晴治

  市長公室広報広聴課長    木下敏巳

市長より説明のために嘱託され出席した者の職氏名

  水道事業管理者       木村輝夫

  水道部長          山本邦彦

  消防長           松中 進

  消防次長          中川正章

教育委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  教育長           村田新之昇

  教育部長          加藤晴男

選挙管理委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  選挙管理委員会事務局長   中村三敏

  選挙管理委員会

  事務局次長         小山孝夫

公平委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  公平委員会事務局長     小林政男

農業委員会会長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  農業委員会事務局長     石井明三

代表監査委員より説明のため委任され出席した者の職氏名

  監査委員事務局長      小林政男

固定資産評価審査委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名

  固定資産評価審査委員会

  事務局長          小林政男

会議に付した事件

  1.開会宣告

  2.開議宣告

  3.議事日程の報告

  4.会議録署名議員の指名

  5.会期の決定

  6.諸般の報告

  7.行政報告

  8.同意第8号 京田辺市教育委員会委員の任命について

  9.同意第9号 京田辺市教育委員会委員の任命について

 10.議案第39号 財産取得について

 11.議案第35号 京田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

 12.議案第36号 町の区域及び名称の変更について

 13.議案第37号 京田辺市道路線の認定について

 14.議案第38号 平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約について

 15.議案第40号 平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)

 16.議案第41号 平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第1号)

 17.議案第42号 平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 18.議案第43号 平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)

 19.議案第44号 平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 20.議案第45号 平成16年度京田辺市水道事業会計補正予算(第1号)

 21.閉会中の委員会審査結果報告について

 22.散会宣告

会議の経過 別紙のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              <議事日程第1号>

          平成16年第3回京田辺市議会定例会議事日程

                          平成16年9月6日

                          午後1時30分開会(開議)

◯議長挨拶

◯開会宣告(会議規則第8条)

◯開議宣告(会議規則第11条第1項)

◯議事日程の報告(会議規則第20条)

日程第1.会議録署名議員の指名(会議規則第81条)



  番          
  番          





日程第2.会期の決定

(1) 会期

   自 平成  年  月  日

   至 平成  年  月  日          日間

(2) 審議の予定表



月日(曜)
会議の種別
事項


9月6日(月)
本会議
          13:30〜議案上程等


7日(火)
休会
議案熟読


8日(水)
休会
議案熟読


9日(木)
休会
議案熟読


10日(金)
本会議
10:00〜一般質問


11日(土)
休会
議案熟読


12日(日)
休会
議案熟読


13日(月)
本会議
10:00〜一般質問


14日(火)
本会議
10:00〜一般質問


15日(水)
休会
10:00〜総務常任委員会


16日(木)
休会
10:00〜文教福祉常任委員会


17日(金)
休会
議案熟読


18日(土)
休会
議案熟読


19日(日)
休会
議案熟読


20日(月)
休会
議案熟読


21日(火)
休会
10:00〜建設経済常任委員会


22日(水)
休会
        13:30〜議会運営委員会


23日(木)
休会
議案熟読


24日(金)
休会
議案熟読


25日(土)
休会
議案熟読


26日(日)
休会
議案熟読


27日(月)
休会
        13:30〜議会運営委員会


28日(火)
休会
議案熟読


29日(水)
本会議
            13:30〜採決等





日程第3.諸般の報告

(1) 議長の報告

  ア、提出された案件の報告

  イ、例月現金出納検査の報告(地方自治法第235条の2第3項)

  ウ、説明員の報告(地方自治法第121条)

日程第4.行政報告

(1) 市長の報告

  ア、報告第16号 専決処分の報告について(京田辺市興戸和井田54番地1先における交通事故に係る損害賠償の額の決定)

日程第5.同意第8号 京田辺市教育委員会委員の任命について

日程第6.同意第9号 京田辺市教育委員会委員の任命について

日程第7.議案第39号 財産取得について

日程第8.議案第35号 京田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

日程第9.議案第36号 町の区域及び名称の変更について

日程第10.議案第37号 京田辺市道路線の認定について

日程第11.議案第38号 平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約について

日程第12.議案第40号 平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)

日程第13.議案第41号 平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第1号)

日程第14.議案第42号 平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第15.議案第43号 平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第16.議案第44号 平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第17.議案第45号 平成16年度京田辺市水道事業会計補正予算(第1号)

日程第18.閉会中の委員会審査結果報告について

     (1) 広報編集特別委員会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成16年第3回京田辺市議会定例会

議案審査付託表

 ◯ 総務常任委員会

    議案第39号 財産取得について

 ◯ 建設経済常任委員会

    議案第35号 京田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について

    議案第36号 町の区域及び名称の変更について

    議案第37号 京田辺市道路線の認定について

    議案第38号 平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○小林弘議長 皆さん本日は大変ご苦労さまです。

 平成16年第3回京田辺市議会定例会を開会するに当たり一言ごあいさつ申し上げます。

 議員各位には公私きわめてご多用のところご出席を賜り厚く御礼を申し上げます。

 さて本定例会は、市長から人事案件をはじめ条例の改正案、補正予算案、平成15年度決算認定案など提出されることになっております。議員各位には十分なご審議をいただき議決を賜りますよう期待いたします。

 まだまだ暑い日が続いておりますが、議員並びに理事者各位におかれましては、一層のご自愛を賜りますとともに適正かつ公正な議会運営が行われますようお願い申し上げまして開会のあいさつといたします。

 ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、これから平成16年第3回京田辺市議会定例会を開会いたします。

 直ちに会議を開きます。

 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。



○小林弘議長 それでは日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により議長から2番、西川豊蔵議員、15番、水野恭子議員を指名いたします。



○小林弘議長 次に日程第2、会期の決定を議題といたします。

 今定例会の会期につきましては、過日議会運営委員会を開催し協議をいたしております。この際、委員長の報告を求めます。上田登議会運営委員長。



◆上田登議会運営委員長 上田登でございます。議会運営委員会の報告をいたします。

 お手元に議事日程が配付されておりますが、今期定例会は本日から9月29日までの24日間とするものです。まず市長から提出議案の上程及び提案理由の説明を願い、それぞれ所管の常任委員会に付託の上、審査をお願いいたします。同意の人事案2件については本日の即決議案として提案説明の後、質疑、討論で採決をお願いいたします。一般会計、特別会計等の平成16年度補正予算案6件については、それぞれの常任委員会で所管部分の質疑、審査を行っていただき、最終本会議で討論の後、採決をお願いいたします。一般質問は9月10日、13日及び14日の3日間とし、10人から通告があり、10日に4人、13日に3人、14日に3人でお願いいたします。常任委員会は15日に総務常任委員会、16日に文教福祉常任委員会、21日に建設経済常任委員会を開催し、それぞれ審査をお願いいたします。9月7日から9日、11日、12日及び15日から28日までの計19日間は議案審査及び調査等のため休会といたします。22日午後及び27日午後に議会運営委員会を、29日の最終本会議には各委員会に付託の上、審査された議案等の委員長報告を受けまして、質疑、討論の上、採決をお願いいたします。

 以上が今期定例会の会期日程であります。どうか円滑な議会運営ができますよう、ご協力のほどをよろしくお願い申し上げます。以上で報告を終わります。



○小林弘議長 お諮りいたします。今定例会の会期は、本日から9月29日までの24日間とすることにご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○小林弘議長 ご異議なしと認めます。よって会期はそのように決しました。



○小林弘議長 次に日程第3、諸般の報告を行います。

 議長の報告事項がありますので、議会事務局長に報告させます。山岡議会事務局長。



◎山岡議会事務局長 議長の報告をいたします。

 本日の定例会本会議に提出されました案件は、市長の報告1件、人事案2件、条例案1件、補正予算案6件、請負契約案1件、その他案3件、閉会中の委員会審査報告2件であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎山岡議会事務局長 次に監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定による平成16年7月実施に係る例月現金出納検査の結果報告がありましたので、その写しを配付をしております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎山岡議会事務局長 次に本定例会の本会議に地方自治法第121条の規定により説明員として出席を求めた者は、久村哲市長、辻尾仁郎教育委員会委員長、中村重生代表監査委員、西川冨雄公平委員会委員長、林善嗣農業委員会会長、香村道夫選挙管理委員会委員長、山田光男固定資産評価審査委員会委員長の7名であります。なお、説明のため委任並びに嘱託をした者として届け出があった者について、その写しを配付をしております。報告は以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○小林弘議長 これで議長の報告を終わります。

 以上で諸般の報告を終わります。



○小林弘議長 次に日程第4、行政報告を行います。

 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 朝晩は幾分しのぎやすくなってまいりましたが、まだまだ残暑が厳しい日が続いております。議員各位には平成16年第3回京田辺市議会定例会にご出席賜りまことにありがとうございます。

 議長のお許しを得ましたので、本定例会の開会に当たり6月定例会以降の主な行政執行状況につきましてご報告申し上げます。

 まず初めに市長公室関係では、第3次京田辺市総合計画の策定につきまして、これまで懇談会や市民アンケートを実施し広く市民の皆様からご意見やご提案を伺い、現在基本構想素案の作成に取り組んでいるところです。今後は京田辺市総合計画審議会にお諮りした後に原案を取りまとめ、できるだけ早く議会にご説明申し上げたいと考えております。また6月28日には京田辺男女共同参画週間行事として、ふれあい夢フェスタを開催し、7月23日には高船区、8月27日には田辺区におきまして市政を語る会を開催したところであります。

 総務部関係では、8月6日から15日まで平和展、9日には平和のつどいを開催し、命の尊さを広く訴え、恒久平和への願いを新たにしたところであり、8月25日には京田辺市防災会議を開催し、災害時における対応等について関係機関との調整、確認を行ったところであります。

 次に福祉部関係では、8月6日には、近鉄新田辺駅前において早朝より人権啓発の街頭啓発活動を行い、また市民並びに職員を対象とした人権問題研修会を19日、20日、27日の3日間に分け開催したところであります。9月1日には、子育て支援の基盤整備としてJR松井山手駅前に私立松井ケ丘保育園分園パステルキッズを関係者のご協力の中で開園を行ったところであります。そしてことし、喜寿、米寿、白寿を迎えられました皆様に敬老金をお送りし長寿をお祝いしているところであります。

 建設関係では、市営住宅(仮称)三山木団地の新築工事につきましては、造成工事が完了し、現在建築工事に着手すべく取り組んでいるところであります。

 次に経済環境部関係では、循環型社会構築の拠点施設等として、甘南備園内に鉄筋コンクリートづくり、地下1階、地上2階建て、建築面積約2,500平方メートルの工場棟とプラザ棟からなるリサイクルプラザの建設に着手いたしました。また7月25日には先の集中豪雨で大きな被害を受けた福井市の災害復旧支援に職員4名と、ごみ収集車2台を派遣いたしました。8月4日には奈良県で開催されました関西茶品評会におきまして昨年に続き玉露の部の産地賞を受賞するなど優秀な成績をおさめていただきました。また適正冷房や不要な照明の消灯など地球温暖化防止のためのさまざまな取り組みを進めておりますが、その一環として6月21日から9月23日までの夏のエコスタイルキャンペーンとして軽装勤務を実施しているところであります。また大住工業専用地域拡大事業に伴う門田遺跡の発掘調査により、奈良・平安時代の掘っ立て柱建物の柱穴や古墳時代後期の集落跡と見られる竪穴式住居跡が約30基見つかりました。なお本発掘調査はおおむね終了し8月29日に現地説明会を開催したところであります。また夏休み最後の日曜日となりました8月29日には、JR京田辺駅東側周辺で商工会並びに観光協会を中心に京田辺サマーフェスティバル2004が開催され多くの市民の皆様でにぎわったところであります。

 教育委員会関係では、ことしで16回を数える全国小学生ハンドボール大会が全国25都道府県から男女51チームを迎え、7月30日から3日間にわたり熱戦が繰り広げられました。また培良中学校男子ハンドボール部が8月21日から千葉県千葉市で開催されました全国大会に出場いたしました。8月8日には大住中学校グラウンドにおいて北部夏祭り、8月17、18の両日には中部住民センターにおいてせせらぎスポーツフェスタが開催され、29日には中央公民館におきまして夏の地域学校が開校されたところであります。

 最後に消防関係では、8月1日には府立丹波自然運動公園で京都府消防操法大会が開催されました。また8月25日には京田辺市水防協議会を開催したところであります。ことしの夏は記録的な猛暑と局地的な集中豪雨によって各地で大きな被害が発生しており、日本への台風の上陸や接近も例年になく多い状況にあり、過日の台風16号は記憶に新しいところであります。また昨夜には和歌山県沖で大きな地震が発生し、本市においても2度にわたり震度4を観測し、災害警戒本部を設置したところでありますが、幸いにして被害報告はありませんでした。今後もなお一層、災害などにおいて的確な対応など万全を期してまいりたいと考えております。以上が6月定例会以降における主な諸事業等の執行状況でございます。

 なお、今定例会に提案させていただきます各議案等につきましては、議決並びに同意賜りますようお願い申し上げ行政報告とさせていただきます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 松中消防長。



◎松中消防長 続きまして市長の報告を申し上げます。報告第16号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 本件は、京田辺市興戸和井田における交通事故に係る損害賠償の額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づいて専決処分いたしましたのでご報告申し上げます。この事故は、平成16年2月26日午後2時47分ごろ、通信指令システムに必要な新住宅の所在地等の調査のため、京田辺市興戸和井田54番地1先市道を軽自動車で西進し、府道22号線に右折進入した際、南進してきた自動2輪車との交通事故により相手方運転者が負傷し損害を与えたものでございます。なお診療費等の損害賠償額2万8,472円は市加入の自動車損害賠償責任保険で対応するものでございます。以上、平成16年8月18日付で損害賠償の額の決定を行いましたのでご報告を申し上げます。



○小林弘議長 これで市長の報告を終わります。

 以上で行政報告を終わります。



○小林弘議長 次に日程第5、同意第8号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 同意第8号、京田辺市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。

 本件は、京田辺市教育委員会委員の任命に関し議会の同意を求めるものでございます。任命します辻尾仁郎氏は、昭和10年7月7日生まれで、京田辺市天王上樋ノ本23番地1に居住されています。同氏は、現在本市教育委員会委員であり、その任期が平成16年9月30日付で満了となるため引き続き本市教育委員会委員に任命いたしたく考えるものでございます。任期は平成16年10月1日から4年間でございます。以上よろしくご審議の上、同意を賜りますようお願い申し上げます。



○小林弘議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 14番、塩貝建夫議員。



◆塩貝建夫議員 今の同意8号の提案がありました。人事ですから1件ずつなんですが、同意9号もこの後提案がされるわけですけれども、今回市長の方が任期が間もなく終わるということで、お2人を任命という形で議会に付されていますけれども、今回この提案に対してはどういうお考えとご配慮でもってこの提案をされているのか、その提案の根拠を言ってください。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 先ほども提案理由の中で説明いたしましたように、両氏とも現在本教育委員会の教育委員会委員でございます。お2人とも健康は十分ですし、教育に対する熱意というのも十分わかっております。そして本人にも面談をし、いろいろ話を聞かせていただき、あるいは話をしっかりとこちらの思いということも伝えながら話を進めてきたところであります。そのような中で2人とも教育に対する意欲ということは十分認識できましたので提案をさせていただきました。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 14番、塩貝建夫議員。



◆塩貝建夫議員 そうしますと今度3期目になるんですけれども、そういう形で引き続きというお考えのようですけれども、私はちょっと今、その際にお聞きしたいんですが、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づいてこのご提案をされているのかどうか、その点お聞かせください。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 今のお尋ねの件でございますけれども、いろんな観点から精査はいたしております。その中で今おっしゃっておられる中身等について具体的なことはよくわかりかねるんですけれども、十分そのことも精査した中で提案をさせていただいているということでございます。



○小林弘議長 ほかに質疑はありませんか。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 4番、橘雄介議員。



◆橘雄介議員 同意第8号の教育委員会委員の任命についてですが、辻尾仁郎氏は教育委員として過去2期8年、教育行政にですね、具体的にどんな役割を果たされたのか、教育行政における具体的な提案などですね、市長がご存じの範囲でお答えいただきたいと思います。

 それから教育基本法に基づくですね、地方教育行政にどのように関与され、どういう意思をお持ちなのか、市長の教育行政への思いとともにですね、ご紹介をいただき、再任の意を明確にあらわしていただきたいと思います。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 第8号で提案しております辻尾仁郎氏は、現在教育委員会委員長という役職でやっていただいております。教育に対する意欲、意思というのは私と同じだというふうに思いますけれども、教育はしっかりと子育てということを含めて子どものときにしっかりとやっていくことが必要だというふうにまず認識をいたしております。それと何と言ったらいいんでしょうか、平等であるとか互恵であるとか、いろんなこういうことが言われておりますけれども、教育機会の均等拡大ということが大事だと思っておりますし、いつも申しております子どもたちは将来の国の宝、社会全体の宝であるというふうにも私も認識しておりますし、辻尾さんも当然そのことは認識しておられるということで、これからの教育行政をしっかりやっていこうというスタンスは両人とも変わりなしということで再々度提案をさせていただいたということでございます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 4番、橘雄介議員。



◆橘雄介議員 現在京田辺市はですね、教育行政に関して教育委員会を教育部と称したりする場合もあります。そして部長がおられ、私どもから見ますと一般行政化しているのではないか、教育委員会の独自の行政機関としての主体性が非常にやもすると失われているのではないかという懸念を持っております。そういう中でですね、教育委員会5名の委員さんが選出されるうちの2名が今回また再任されるということなんですが、教育委員会行政という教育委員会独自の委員会の審議あるいは提案あるいは行政施策に対してどのような期待をお持ちなのか、具体的にお伺いしたいと思います。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 ご案内のように、教育界を取り巻くことはいろいろ言われておりますけど、私は独立すべきものであるという認識をいたしております。何も行政の下請でも何でもなしに、独立して粛々と教育行政を進められるべきだというふうに思っておりますし、今提案させていただいております両委員もその認識であるというふうに思います。その中でそれぞれが何と言うんでしょうか、自主独立の精神を持ってこれからの京田辺市の教育行政の行く末も含めて、しっかりとしたスタンスで対応していただけるものだというふうに思っております。



○小林弘議長 ほかに質疑ありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○小林弘議長 ご異議なしと認めます。よって本件については委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 14番、塩貝建夫議員。反対者の意見を許します。



◆塩貝建夫議員 14番、日本共産党の塩貝建夫でございます。私はただいま議題になっています同意8号及び9号、京田辺市教育委員の任命について不同意の立場から討論を行います。

 教育委員の任命につきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条に任命の際の規定がございます。この4条は4項からなります。第1項は委員は当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で教育、学術及び文化に関し識見を有する者のうちから地方公共団体の長が議会の同意を得て任命する。2として委員となることができない、2項ございまして、破産者で復権を得ない者。禁錮以上の刑に処せられた者。第3項は3人以上が同一の政党に所属することとなってはならない。第4号が大変重要でありまして、地方公共団体の長は、委員の任命に当たっては委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが生じないよう配慮する。委員のうち保護者である者が含まれるよう努めなければならない。保護者といいますのは親権を行う者及び未成年後見人を言うと括弧書きされております。この第4項は、つまり市長が委員の任命を提案する際、この諸点を留意し、また配慮し、そして努力しなければならないと法は定めているわけであります。

 今回2名のお方の第1点の問題は私は年齢に著しい偏りがあるという点を指摘したいということであります。平均年齢64.8歳、辻尾さんは今回69歳、小田さんが60歳、村田現教育長が68歳、山田さんが62歳、北村さんも65歳であります。この地方公共団体の長が委員の任命に当たって第1番目に挙げられた年齢に偏りがあってはならない、こういう配慮がされていない、そういう人事ではないか。私は1項にありますご本人の人格、あるいは識見そのものが問題だとは考えておりませんし、そういった項目を1、2、3項はクリアはされましても、4項目のこういった配慮が今回されていないという問題を指摘しなければなりません。

 また保護者である者が含まれるよう努めなければならない。努めなければならないということでありますけれども、そういう努力の跡が先ほどの質問からもうかがうことができませんでした。今教育の問題というのは本当に大きな課題を抱えておりまして、ここに触れられている法にあるようなすべての委員さんが戦中のお生まれで、戦後生まれの委員さんが一人もおられない、こういう教育委員会で本当にいいのかという問題は、私は法のこうした規定に準じない選出のやり方ではないかと。前回でありましたら60代、50代が混在しておりましたから、こういう問題は出てこなかったわけでありますけれども、今回の提案につきましては5名の委員さんのこの年齢構成及び保護者であるという今後の問題で言いましても含まれていないという、そういう法に基づくような選任がされていない、これが最大の理由であります。

 第2点目は、今回3期目となるわけでありますが、先の4年間、少人数学級実施を求めた請願、これも趣旨採択をされ、大きな市民の声にもこたえず、京都府下の市の中でも唯一京田辺市が少人数学級実施に踏み切らなかった、この点も私は問題だと指摘せざるを得ません。また本年度当初、留守家庭児童保育につきましても、待機者を出して保護者への不安をもたらしたことなどの問題もございます。現在、求められている地方分権、また地方単独の教育のあり方を市民とともにつくり発展させる、そういう委員の選任が求められていると思うわけであります。その意味で今回の選任に当たる市長の提案は、先ほど私の質疑にも十分こうした法のところの配慮や根拠を示すことなく今回の選任に当たっておられる、この点の問題を指摘して不同意の討論といたします。



○小林弘議長 次に賛成者の発言を許します。ほかに討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 異議がありますので起立により採決いたします。

 同意第8号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件を起立により採決いたします。

 本件はこれを同意することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○小林弘議長 起立多数であります。よって本件はこれを同意することに決しました。



○小林弘議長 次に日程第6、同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。

 本件は、京田辺市教育委員会委員の任命に関し議会の同意を求めるものでございます。任命します小田壽樹氏は、昭和19年3月17日生まれで、京田辺市大住東村26番地に居住されています。同氏は、現在本市教育委員会委員であり、その任期が平成16年9月30日付で満了となるため引き続き本市教育委員会委員に任命いたしたく考えるものでございます。任期は平成16年10月1日から4年間でございます。以上よろしくご審議の上、同意をいただきますようお願い申し上げます。



○小林弘議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○小林弘議長 ご異議なしと認めます。よって本件については委員会付託を省略することに決しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 異議がありますので起立により採決いたします。

 同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件を起立により採決いたします。

 本件はこれを同意することに賛成する議員の起立を求めます。

         (起立する者あり)



○小林弘議長 起立多数であります。よって本件はこれを同意することに決しました。



○小林弘議長 次に日程第7、議案第39号、財産取得についての件を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 議案第39号、財産取得についてご説明申し上げます。

 本件は、平成8年度に配備いたしました高規格救急自動車の老朽化に伴い、今般消防防災設備整備費補助事業の国庫補助金の交付を受け、新たにより高度な救命処置等が行える各種資器材を装備した高規格救急自動車を取得いたしたく提案するものでございます。取得いたします高規格救急自動車は、京田辺市消防本部に配置するもので、去る8月10日に指名競争入札を執行したところ、参加者全員が予定価格を上回ったため、最低入札金額で入札した上村自動車と協議の上、随意契約により消費税額を加えた金額3,169万9,500円で取得するものでございます。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。



○小林弘議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となりました件については、お手元に配付の議案審査付託表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。



○小林弘議長 次に日程第8、議案第35号、京田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についての件から日程第11、議案第38号、平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約についてまでの件、4件を一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 久村市長。



◎久村市長 議案第35号、京田辺市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 本件は、水道部事務所の新設に伴い京田辺市水道事業の設置等に関する条例に水道部の主たる事務所の所在地の変更を追加するため提案するものでございます。なお、平成17年1月1日から新事務所で業務を行うこととなるため、本条例は平成17年1月1日に施行いたしたく考えております。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

 議案第36号、町の区域及び名称の変更についてご説明申し上げます。

 本件は、府営土地改良事業(京都府営ほ場整備事業普賢寺地区天王工区)の施行による区画形状の変更に伴い町の区域及び名称を変更するものでございます。なお、効力の発生時期は、土地改良法第54条第4項の規定による換地処分の公告があった日の翌日からでございます。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

 議案第37号、京田辺市道路線の認定についてご説明申し上げます。

 本件は、土地区画整理法に基づき事業計画された三山木地区土地区画整理事業区域内の道路について市道認定を行うため提案するものでございます。その内容といたしましては、三山木地区土地区画整理事業区域内の道路で、電線共同溝の整備等に関する特別措置法に基づき電線共同溝の整備をすべき道路として指定をするに当たり路線の認定が必要となるため認定するものでございます。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

 議案第38号、平成16・17年度継続施行農業集落排水事業高船地区汚水処理施設建設工事請負契約についてご説明申し上げます。

 本件は、平成16年8月11日に指名競争入札を執行いたしました結果、ユニチカ株式会社環境事業本部京都営業所所長、松本豊彦氏が入札書記載価格1億4,800万円で落札し、消費税を加えた金額1億5,540万円で請負契約を締結いたしたく提案するものでございます。

 工事の主な内容といたしましては、日本農業集落排水協会S96型の農業集落排水処理施設を新設し、あわせて土木、電気設備及び建築の工事を施工するものでございます。なお、工期は平成17年9月30日までとなっております。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。



○小林弘議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となりました4件については、お手元に配付の議案審査付託表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。



○小林弘議長 次に日程第12、議案第40号、平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)の件から日程第17、議案第45号、平成16年度京田辺市水道事業会計補正予算(第1号)までの件、以上6件を一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 廣野助役。



◎廣野助役 議案第40号、平成16年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

 このたびの補正予算は、年度の約半分を経過しようとする時期において、残された執行期間を考慮する中で必要となる予算の更正を行いました。主な歳出の内容といたしましては、地方財政法に基づき前年度決算剰余金の一部を財政調整基金に積み立てたほか、各種目において緊急性の高い事業等について予算の補正を行うとともに、職員の退職及び新規採用等に伴う人件費の更正を行いました。一方、歳入といたしましては、地方交付税、繰越金、市債等について予算の更正を行いました。また平成14年度に発行いたしました特定資金公共投資事業債及び平成7・8年度に発行いたしました減税補填債に係る償還元金とこれに係る国庫補助金及び借換債を歳入歳出それぞれ11億2,000万円ずつ計上いたしております。これらによりこのたびの補正予算は、歳入歳出それぞれ13億2,700万円を追加し、予算総額を236億7,370万円といたすものでございます。また、第2表におきましては債務負担行為を、さらに第3表におきましては地方債の追加及び変更を計上いたしました。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

 続きまして議案第41号、平成16年度京田辺市松井財産区特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。

 このたびの補正予算は、歳入歳出それぞれ23万6,000円を追加し、予算総額を483万6,000円といたすものでございます。歳入では、財産区基金繰入金として13万4,000円を、前年度繰越金として10万2,000円をそれぞれ追加いたしました。歳出では、松井区補助金として23万6,000円を追加いたしました。以上よろしくご審議をお願いいたします。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 岡本助役。



◎岡本助役 議案第42号、平成16年度京田辺市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。

 このたびの補正予算は、歳入歳出それぞれ1億7,154万7,000円を減額し、予算総額を39億755万3,000円といたすものでございます。歳入では、国民健康保険税について当初賦課が確定いたしましたことから733万7,000円を追加計上するほか、国庫支出金8,726万8,000円、財産収入8万5,000円をそれぞれ追加いたしました。また療養給付費等交付金2億6,623万7,000円を減額いたしました。次に歳出では、老人保健拠出金を社会保険診療報酬支払基金への拠出額の確定により2億1,470万4,000円、基金積立金8万6,000円をそれぞれ追加いたしました。また保険給付費の退職者療養給付費について、現状の支出状況から減額が見込まれることから3億8,633万7,000円を減額いたしました。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

 続きまして議案第43号、平成16年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。

 このたびの補正予算は、歳入歳出それぞれ1,940万6,000円を追加し、予算総額を18億7,750万6,000円といたすものでございます。今回の補正の主な内容は、歳入では、平成15年度給付実績に伴う追加交付として国庫支出金583万4,000円、支払基金交付金1,024万5,000円、府支出金196万5,000円及び前年度繰越金130万4,000円をそれぞれ追加いたしました。次に歳出では、歳入相当額全額を介護給付費準備基金積立金として1,940万6,000円追加計上いたしました。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 廣野助役。



◎廣野助役 議案第44号、平成16年度京田辺市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。

 このたびの補正予算は、職員の人事異動に伴う職員給与費の整理及び下水道事業債における資本費平準化債等を補正いたすものでありまして、歳入歳出それぞれ1,559万7,000円を減額し、予算総額29億9,440万3,000円といたすものでございます。歳入では、主なものとして資本費平準化債2億2,000万円の追加などによりまして一般会計繰入金2億3,598万2,000円を減額いたしました。次に歳出では、職員給与費の整理による一般管理費を383万7,000円、公共下水道事業費を1,176万円、それぞれ減額いたしました。なお、2ページの第2表におきましては地方債の追加を計上いたしました。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 木村水道事業管理者。



◎(木村水道事業管理者) 議案第45号、平成16年度京田辺市水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。

 このたびの補正予算は、4月の人事異動に伴う職員給与費を更正したものでございます。収益的支出では1,267万2,000円減額となり、補正後15億9,703万7,000円となる予定でございます。次に資本的支出では1,871万7,000円追加することとなり、補正後は13億9,128万8,000円となりまして、資本的収入額に対して不足する額は7億8,295万1,000円となり、過年度分損益勘定留保資金で補填する額も更正をすることとなりました。また今回の補正によりまして、職員給与費は409万3,000円の減額となり3億975万1,000円となる予定でございます。以上よろしくご審議をお願い申し上げます。



○小林弘議長 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となりました6件については会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○小林弘議長 ご異議なしと認めます。よって本6件は委員会付託を省略することに決しました。

 なお、それぞれの所管の常任委員会で審査のみを行っていただくことになりますのでご了承願います。また9月29日の本会議においては討論の上、採決していただくことになります。



○小林弘議長 次に日程第18、閉会中の委員会審査結果報告についての件を議題といたします。

 広報編集特別委員会の報告を求めます。

         (挙手する者あり)



○小林弘議長 羽原豊広報編集特別委員長。



◆羽原豊広報編集特別委員長 羽原豊でございます。広報編集特別委員会の調査報告を申し上げます。

 本委員会は、去る8月1日付で京田辺市議会だより第106号を発行いたしました。発行に当たりまして6月25日、7月8日、16日、26日及び30日に委員会を開催し、企画と編集、写真撮影、記事、原稿の取りまとめ、校正などを行ってきたところです。また7月30日には声の議会だより第42号の制作に当たり記事の選定を行い、社会福祉協議会へ業務委託の上、該当者に録音テープを配付いたしました。また8月4日には今後の議会だよりについて、掲載記事や編集方法等について協議いたしました。以上で報告を終わります。



○小林弘議長 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

         (「なし」と言う者あり)



○小林弘議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で広報編集特別委員会の報告を終わります。

 これで閉会中の委員会審査結果報告についての件を終わります。



○小林弘議長 お諮りいたします。9月7日から9日までの3日間は議案審査のため休会したいと思います。ご異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○小林弘議長 ご異議なしと認めます。よってそのように決しました。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 これで散会いたします。

 なお次回は9月10日午前10時から会議を開きますので議場にご参集願います。

 本日は大変ご苦労さまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                議長    小林 弘

                署名議員  西川豊蔵

                署名議員  水野恭子