議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 八幡市

平成19年第 3回定例会−09月07日-01号




平成19年第 3回定例会

                                     平成19年9月7日
                                     午前10時 開 会
1.出席議員      1 番  細 見   勲 議員
            2 番  岡 田 秀 子 議員
            3 番  北 川 昭 典 議員
            4 番  長 村 善 平 議員
            5 番  増 尾 辰 一 議員
            6 番  横 山   博 議員
            7 番  山 口 克 浩 議員
            8 番  菱 田 明 儀 議員
            9 番  森 下 由 美 議員
           10番  亀 田 優 子 議員
           11番  松 本 昭 昌 議員
           12番  田 辺 勇 気 議員
           13番  森 川 信 隆 議員
           14番  赤 川 行 男 議員
           16番  小 北 幸 博 議員
           17番  鷹 野   宏 議員
           18番  松 島 規久男 議員
           19番  山 本 邦 夫 議員
           20番  横須賀 昭 男 議員
           21番  上 谷 耕 造 議員
           22番  巌     博 議員
2.欠席議員     15番  橋 本 宗 之 議員
3.説明のため議場に出席した者の職・氏名
           牟 礼 勝 弥 市長
           松 本 伍 男 副市長
           小 堀 重 男 副市長
           横 田   哲 理事
           黒 川 京 重 総務部長
           本 岡 啓 介 総務部技監
           北 村   章 市民部長
           藤 林 一 慶 環境経済部長
           堀 口 文 昭 保健福祉部長
           大 石 正 直 都市整備部長
           前 川   博 消防長
           上 杉 保 治 上下水道部長
           田 中   明 上下水道部次長
           祝 井 善 男 会計管理者
           足 立 善 計 財政課長
           松 波 史 子 教育委員会委員長
           今 井 興 治 教育長
           垣 内   忠 教育部長
           谷 口 正 弘 教育部次長
           栗 村 良 子 選挙管理委員会委員長
4.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名
           鴨 田   隆 議会事務局長
           山 本 幸 夫 議会事務局次長
           中 西   淳 議会事務局議事調査係長
           野 村 雄 樹 議会事務局議事調査係主任
5.議事日程
  日程第 1    会議録署名議員の指名について
  日程第 2    会期の決定について
  日程第 3    諸報告
  日程第 4    専決処分事件の報告について(和解)
          (報告第17号 市長提出)
  日程第 5    専決処分事件の報告について(和解及び損害賠償の額の決定)
          (報告第18号 市長提出)
  日程第 6    郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例案
          (議案第46号 市長提出)
  日程第 7    八幡市長選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例案
          (議案第47号 市長提出)
  日程第 8    八幡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例案
          (議案第48号 市長提出)
  日程第 9    八幡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案
          (議案第49号 市長提出)
  日程第10   八幡市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案
          (議案第50号 市長提出)
  日程第11   八幡市医療費支給条例の一部を改正する条例案
          (議案第51号 市長提出)
  日程第12   平成19年度八幡市一般会計補正予算(第2号)案
          (議案第52号 市長提出)
  日程第13   平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案
          (議案第53号 市長提出)
  日程第14   平成19年度八幡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
          (議案第54号 市長提出)
6.会議に付した事件
  日程第1〜日程第14



                 午前10時00分 開会
○鷹野宏 議長  おはようございます。
 欠席の届け出がありますのは、橋本宗之議員であります。
 ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しております。よって、平成19年八幡市議会第3回定例会は成立いたしました。
 これより開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 日程に入るに先立ち、市長より発言を求められておりますので、これを許可します。牟礼市長。
         (牟礼勝弥市長 登壇)
◎牟礼勝弥 市長  おはようございます。
 本日、平成19年八幡市議会第3回定例会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましては、公私まことにご多用の中、ご参集を賜りまして、厚くお礼申し上げます。
 セミ時雨の喧騒のなか、熱中症で命を落とされる方が続出するなど耐えがたいような暑さが続き、また、台風が大型化するなど、地球温暖化がますます進行しているように思われます。しかし、ようやく朝晩しのぎやすくなり、草花についた夜露が月光に輝き、私を和ませてくれています。
 これから、本格的な台風シーズンを迎えます。市民の生命と財産を守るため、この間行ってきました防災図上訓練の成果を生かし、常に危機管理の意識を持ちながら、正確、迅速かつ適切な対応に努めてまいりたいと存じます。
 さて、本年6月29日に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律、いわゆる地方公共団体財政健全化法が公布され、財政の早期健全化や再生のための新たな法整備が行われたところでございます。自治事務はみずからの手によって自主的な是正措置をとるべきであるという基本に立ちまして、国等の関与を受けることがないよう、議員各位を初め、市民の皆さんのご理解とご協力を得ながら、簡素で効率的・効果的な財政運営を目指し、第4次行財政改革に確実に取り組んでいかなければならないと考えております。また、その結果をもとに、本年度からスタートをいたします第4次八幡市総合計画を推進し、将来都市像の実現に全力で取り組んでまいります。
 本定例会におきましては、報告案件といたしまして、専決処分事件2件、条例案件といたしまして、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例案等6件、補正予算案といたしまして、一般会計、国民健康保険特別会計及び介護保険特別会計の3件、合わせて11件を本日ご報告・ご提案させていただきたいと存じます。
 なお、今会期中に、人事案件1件、契約変更案件1件、一般会計と各特別会計6件及び水道事業会計、計8件の平成18年度に係る歳入歳出決算の認定を追加提案させていただく予定をいたしております。
 以上のとおりでございます。よろしくお願い申し上げまして、開会に当たりごあいさつとさせていただきます。
○鷹野宏 議長  これより日程に入ります。
△日程第1
○鷹野宏 議長  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、4番長村善平議員、20番横須賀昭男議員を指名いたします。よろしくお願いいたします。
△日程第2
○鷹野宏 議長  日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日9月7日から9月27日までの21日間といたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、会期は本日9月7日から9月27日までの21日間と決しました。
△日程第3
○鷹野宏 議長  日程第3、諸報告を行います。
 本定例会に、説明員として出席の通知がありました者の職・氏名につきましては、お手元に配付いたしております通知書の写しのとおりであります。ご了承願います。
 次に、監査委員から、平成19年5月分及び6月分の例月出納検査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。なお、検査資料につきましては、議会事務局に保管いたしておりますので、随時ごらん願います。
 次に、財団法人やわた市民文化事業団、財団法人八幡市公園施設事業団、城南土地開発公社、株式会社やわた流れ橋交流プラザ、以上の各法人から、それぞれの平成18年度決算に関する書類が送付されてまいりましたので、お手元に配付いたしております。ご了承願います。
 次に、本定例会に市長から提出されております案件は、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例案外、合計11件であります。
△日程第4・日程第5
○鷹野宏 議長  日程第4、報告第17号、専決処分事件の報告について(和解)及び日程第5、報告第18号、専決処分事件の報告について(和解及び損害賠償の額の決定)を一括議題といたします。
 順次報告を求めます。垣内教育部長。
         (垣内 忠教育部長 登壇)
◎垣内忠 教育部長  ただいま上程をいただきました日程第4、報告17第、専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の1ページから3ページにかけまして、報告並びに専決処分の内容が、また4ページに事故発生場所の略図がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 本件は、平成19年5月3日木曜日午後3時30分ごろ、宇治市大久保町の府道15号宇治淀線大久保自動車教習所前において、宇治市立宇治中学校との練習試合から帰る柔道部員を乗せた、男山中学校、家村隆宏教諭運転の公用車が、渋滞のため停止していたところ、2台目後ろでわき見運転をしていたトラックによる、いわゆる玉突き衝突事故に巻き込まれたものでございます。この事故に係る和解につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成19年7月4日に専決処分をさせていただいたものでございます。
 和解の相手は、大阪府門真市大字三ツ島783番地の1、有限会社アイ・ティ・ジェイでございます。過失割合は相手方が100%であり、相手方から支払いを受ける損害賠償の額は、公用車の修理代58万8,000円、代替車両レンタル代34万6,500円の合計93万4,500円でございます。なお、公用車には家村教諭と生徒6人が乗車しており、全員が病院で診断を受けたところ、生徒のうち1人が軽い頸椎捻挫で、1人が首に軽い違和感を感じ治療を受けましたが、既に完治しているところでございます。
 以上のとおりご報告をさせていただきます。
○鷹野宏 議長  藤林環境経済部長。
         (藤林一慶環境経済部長 登壇)
◎藤林一慶 環境経済部長  ただいま上程をいただきました日程第5、報告第18号、専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の5ページから7ページにかけまして報告並びに内容が、8ページに事故発生場所の略図がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 本件は、平成19年8月7日午前8時57分ごろ、八幡今田26番地の14地先の交差点において、環境事務所業務課職員、大野勝司運転のじんかい収集車が一たん停止を怠り、左手から交差点内に入った軽トラックに気づくのがおくれ、相手車両が危険回避のため停車したにもかかわらず、当該車両の右側全部に接触し、破損させるという事故を起こしたものでございます。
 この事故に係る和解及び損害賠償の額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成19年8月27日に専決処分をさせていただいたものでございます。
 和解及び損害賠償の相手方は、八幡市下奈良出垣内25番地の1、26番地合地にお住まいの、服部旬男様でございます。服部様には大変ご迷惑をおかけしました。深くおわび申し上げます。
 損害賠償の額は、相手車両の修理代26万7,965円でございます。今回の事故は、相手方の過失責任割合はございませんでしたので、本市が100%係る費用を負担いたすものでございます。
 なお、この額につきましては、全額が社団法人全国市有物件災害共済会から補てんされることになっております。
 また、事故の当事者である本人には、二度とこのような事故のないよう、厳重注意をいたしたところでございます。
○鷹野宏 議長  これより日程第4、報告第17号及び日程第5、報告第18号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 以上で、報告第17号及び報告第18号を終結いたします。
△日程第6〜日程第10
○鷹野宏 議長  日程第6、議案第46号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例案から日程第10、議案第50号、八幡市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案までを一括議題といたします。
 順次提案理由の説明を願います。黒川総務部長。
         (黒川京重総務部長 登壇)
◎黒川京重 総務部長  ただいま上程いただきました日程第6、議案第46号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例案につきまして、その提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の9ページをお開きいただきたいと存じます。次の10ページに条例本文が、11ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 郵政民営化法、日本郵政株式会社法等の郵政民営化に伴う各法律の制定及び証券取引法の改正に伴いまして、関係する本市の条例を改正する必要がございますので、本条例を提案するものでございます。
 その内容は、各条例中の郵政事業に関係する用語を引用している規定、法律名を引用している規定などの関係箇所につきまして、整理しようとするものでございます。
 この条例は、平成19年10月1日から施行することにいたしておりますが、第1条中政治倫理の確立のための八幡市長の資産等の公開に関する条例第2条第1項第5号を削る改正規定、同項第6号の改正規定及び同号を同項第5号とし、同項第7号から第10号までを1号ずつ繰り上げる改正規定は、平成19年9月30日から施行することといたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第7、議案第47号、八幡市長選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例案につきまして、その提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の12ページをお開きいただきたいと存じます。次の13ページから14ページに条例本文が、15ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴い、地方公共団体の長の選挙において、候補者の政策等を有権者が知る機会を拡充するため、候補者は選挙運動のためのビラを頒布することができるようになり、あわせて条例を定めることにより、この選挙運動用ビラの作成を無料とすることができることなったため、選挙運動用ビラの作成を公営化する条例を制定しようとするものでございます。
 なお、候補者1人についての公費負担の限度額は、1枚当たり7円30銭として、法定の1万6,000枚分の11万6,800円とするものでございます。
 この条例は、公布の日から施行し、この条例の規定は、この条例の施行の日以後、その期日を告示される選挙から適用することにいたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第8、議案第48号、八幡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の16ページをお開きいただきたいと存じます。次の17ページから23ページに改正条例本文が、24ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 地方公務員の育児休業等に関する法律の改正に伴いまして、八幡市職員の育児休業等に関する条例を改正する必要がありますので、本条例を提案するものでございます。
 その内容につきましては、少子化対策が求められる中、職員が職務を完全に離れることなく、長期間にわたって育児と仕事の両立が可能となるように法律が改正されまして、職員が当該職員の小学校就学の始期に達するまでの子を養育するため、1日当たりでは4時間から8時間、1週間では20時間から25時間の範囲内で、希望する日及び時間帯において、勤務することのできる育児短時間勤務制度が新設されたこと、並びに部分休業の対象となる子の年齢を、現行の3歳未満から小学校就学の始期に達するまでに引き上げられたことなどから、条例の規定を整備することにいたしております。
 なお、この改正にあわせまして、本条例の改正に関連いたします八幡市職員の勤務時間、休暇等に関する条例、及び八幡市職員の給与に関する条例の規定を整備することにいたしております。
 本条例は、平成19年10月1日から施行することにいたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第9、議案第49号、八幡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の25ページをお開きいただきたいと存じます。次の26ページに改正条例本文が、27ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 固定資産評価員の勤務の状況等を勘案し、八幡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例を改正する必要がありますので、本条例を提案するものでございます。
 その内容につきましては、固定資産評価員に係る報酬の支給方法を、現行月額としているものを日額に改めますとともに、支給額につきましても、月額で23万円としていたものを日額で1万4,000円に改めることにいたしております。
 なお、この改正にあわせまして、公職選挙法の改正により、期日前投票制度が導入された以降は不要になっていました、選挙管理委員会の委員長及び委員の不在者投票に係る報酬加算の規定を削除することにいたしております。
 本条例は、平成19年10月1日から施行することにいたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第10、議案第50号、八幡市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の28ページをお開きいただきたいと存じます。次の29ページに改正条例本文が、30ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、八幡市職員の退職手当に関する条例を改正する必要がありますので、本条例を提案するものでございます。
 その内容につきましては、2点ございまして、1点目は、雇用保険の受給資格要件である被保険者としての期間が、現行の6月以上から12月以上に改正されますことに伴いまして、本市条例で規定しています失業者の退職手当に係る受給資格要件を現行の退職前の勤続期間が6月以上あることから原則として12月以上あることに改めることにいたしております。2点目は、船員保険のうち、失業に係る部分が切り離しをされ、雇用保険制度に統合されることに対応して、関係する規定を整理することにいたしております。
 なお、1点目の改正につきましては、平成19年10月1日から施行し、2点目の改正点につきましては、平成22年4月1日から施行することにいたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより日程第6、議案第46号から日程第10、議案第50号までの質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 ただいま議題となっております日程第6、議案第46号から日程第10、議案第50号までについては、所管の総務常任委員会に付託いたします。
△日程第11
○鷹野宏 議長  日程第11、議案第51号、八幡市医療費支給条例の一部を改正する条例案を議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。堀口保健福祉部長。
         (堀口文昭保健福祉部長 登壇)
◎堀口文昭 保健福祉部長  ただいま上程いただきました日程第11、議案第51号、八幡市医療費支給条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の31ページをお開き願いたいと存じます。次の32ページに条例本文が、33ページに説明書がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 今回の改正は、本市の医療費助成制度の充実を図るため、子育て支援医療の本市単独制度分の拡充を行うことに伴い、八幡市医療費支給条例を改正する必要があるため、本条例を提案するものでございます。
 その内容につきましては、これまで通院に係ります1医療機関1カ月当たりの自己負担限度額200円の範囲は、京都府制度におきましては満2歳児まで、市単独制度で満3歳児までとなっていますのを、小学校就学前の幼児までに拡充し、1医療機関について1カ月当たり自己負担額200円以内とするものでございます。
 なお、本条例は公布の日から施行し、平成19年12月診療分から請求をすることにしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りまして、ご可決いただきますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより日程第11、議案第51号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 ただいま議題となっております日程第11、議案第51号については、所管の文教厚生常任委員会に付託いたします。
△日程第12〜日程第14
○鷹野宏 議長  日程第12、議案第52号、平成19年度八幡市一般会計補正予算(第2号)案から日程第14、議案第54号、平成19年度八幡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案までを一括議題といたします。
 順次提案理由の説明を求めます。松本副市長。
         (松本伍男副市長 登壇)
◎松本伍男 副市長  ただいま上程をいただきました日程第12、議案第52号、平成19年度八幡市一般会計補正予算(第2号)案につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 本年度もはや下半期を迎える時期となりました。当初に計画をいたしました各事業に対する国や府の補助金、また地方債につきましても、一定明らかになってまいりました。また、自主財源であります市民税や固定資産税につきましても、基礎的な調定を終え、さらに普通交付税及びその不足分を補う臨時財政対策債につきましても、7月下旬に決定を見、年間の財政見通しがついてまいりました。今回の補正予算はこのような背景の中で、ご提案を申し上げるものでございます。
 恐れ入りますが、お手元にお届けをいたしております「平成19年第3回定例会 一般会計・特別会計補正予算書」をごらんいただきたいと存じます。
 まず、1ページをお開きいただきたいと存じます。
 補正をさせていただきます額は、本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,480万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ211億6,720万1,000円とするものでございます。議決をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分、及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の2ページと3ページに掲げております、第1表 歳入歳出予算補正にお示しいたしているとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきまして、ご説明を申し上げたいと存じますので、別冊の「一般会計・特別会計補正予算内容一覧表」の1ページをお開きいただきたいと存じます。
 初めに、款2総務費の車両管理費では、本市青少年育成補導委員会の上部組織である社団法人京都府青少年育成協会より、定員24人乗り(うち車いす対応2人分)のマイクロバス使用管理運行委託についてのお話がございました。現在市が所有いたしおりますハイブリッドバスが、平成20年2月で車検切れとなることや、バッテリーの交換などの維持管理経費がかさむことなどから、更新について検討を重ねておりました。その結果、車検切れをもって処分することにいたしました。そのかわりのバスとして、協会からのバスを受託することとし、車両経費の一部負担金として40万円を計上しております。なお、受託は本年12月を予定しており、受託期間は5年でございます。
 市長選挙執行費では、公職選挙法の一部改正に伴いまして、八幡市長選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例を提案させていただきましたことから、選挙管理委員会に届け出されました2種類以内の選挙運動用ビラ、1人当たり1万6,000枚の作成経費の公費負担等80万円を計上しております。
 款3民生費の社会福祉一般総務費では、平成18年度の社会福祉事業費の国・府支出金の確定に伴います返還金として、521万5,000円を計上しております。
 2ページに移りまして、児童福祉一般総務費では、平成18年度の児童福祉事業費の国・府支出金の確定に伴います返還金として、12万円を計上しております。
 子育て支援医療給付費では、施政方針やこれまでの質問にお答えいたしておりましたとおり、市の単独助成のさらなる拡充につきまして、検討を重ねてまいりました。その結果、平成20年4月から医療制度改革による幼児に対する健康保険の自己負担軽減措置の拡大に伴い、一般財源のめどが立ちますことと、京都府国民健康保険団体連合会等、医療関係機関との調整、受給者証の発行、また市民への周知などに準備期間が必要となりますことから、本年12月診療分より通院満4歳以上小学校就学前までの幼児に対して、現行の自己負担3,000円を200円に引き下げることにいたしました。そのため、その助成に必要な経費820万円を計上しております。
 有都保育園整備事業費では、園舎の老朽化及び保育室の不足を解消するため、次年度以降に実施をいたします施設整備に係ります実施設計業務委託経費400万円を計上しております。財源には、ふるさとづくり基金繰入金を全額充当しております。
 生活保護事務費では、平成18年度の生活保護費の国・府支出金の確定に伴います返還金として、526万6,000円を計上しております。
 3ページに移りまして、款10教育費の小学校統合推進費では、八幡小学校と八幡東小学校及び八幡第三小学校と八幡第五小学校の、平成20年4月の統合に向け、学校備品等を移動させなければならないこと、また、さきの定例会でご可決をいただきましたとおり、八幡第三小学校をさくら小学校に改めますことから、校名板、校旗、屋内運動場のどんちょう、学校印などを新たに作成する必要がございます。そのため、それに係る経費800万円を計上しております。
 有都幼稚園整備事業費では、同保育園の整備とあわせまして、園舎の老朽化改修工事を次年度以降に実施いたしますことから、その係ります耐震診断及び実施設計業務委託経費250万円を計上しております。財源には、耐震診断には国庫補助金が措置され、ふるさとづくり基金繰入金をあわせて充当しております。
 文化振興費では、現在文化協会のご協力を得ながら子どもわくわく教室を開催いたしておりますが、事業を展開するに当たり必要となります、印刷機1台を市民交流センター内に配備するための経費30万円を計上しております。財源には、京都府が本年6月22日より施行しました対象事業費上限25万4,000円で補助率3分の2の、地域・社会の中での子供たちを心豊かで健やかに育てる環境の向上を図るための、京のまなび教室推進事業補助金が該当しますことから、府補助金17万円を充当しております。
 以上が、補正予算の内容でございます。
 次に、恐れ入りますが、補正予算書にお戻りいただきまして、歳入歳出補正予算事項別明細につきましては、予算書の4ページから7ページにそれぞれ掲げさせていただいております。
 次に、3ページをごらんいただきまして、第2表 地方債補正につきましては、当初予算に計上いたしております臨時財政対策債が本年7月末日に国の決定を見、560万円増額となりましたことから、追加させていただくものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りまして、ご可決いただきますようお願い申し上げます。
 引き続きまして、日程第13、議案第53号、平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、予算書の9ページをお開きいただきたいと存じます。
 補正をさせていただきます額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,718万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ75億5,718万8,000円とするものでございます。議決をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の10ページに掲げております、第1表 歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明を申し上げたいと存じますので、11ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の歳出と、別冊でお届けをいたしております予算内容一覧表の4ページをあわせてごらんいただきたいと存じます。
 款8諸支出金の目3償還金1億6,718万8,000円は、平成18年度医療給付費等の国庫負担金の返還金及び療養給付費交付金の返還金でございます。平成18年度においても保険証の更新にあわせ、退職者保険者の職権振りかえの適用を行いましたことから、その影響についての主な要因が2点ございます。まず第1点には、療養給付費等国庫負担金への影響額約5,900万円と、給付費増加の鈍化によるものでございます。2点目には、療養給付費交付金の返還でございますが、画一的な月額の給付実績をもとに交付されることになっており、職権振りかえによる臨時的に約1億円の過大交付がございましたことから、精算による返還を行うものでございます。返還に係る歳入でございますが、財政収支の不足が続いており、債権としてある款1国民健康保険料の保険料及び保険税の滞納繰越分を充当させていただいております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。
 引き続きまして、日程第14、議案第54号、平成19年度八幡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、補正予算書の12ページをお開きいただきたいと存じます。
 補正をさせていただきます額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,509万1,000円を追加し、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30億1,809万1,000円とするものでございます。議決をお願いいたします保険事業勘定の歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の13ページに掲げております、第1表 歳入歳出予算補正にお示しいたしているとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明を申し上げたいと存じますので、恐れ入りますが、14ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の歳出と、別冊でお届けいたしております予算内容一覧表の5ページを、あわせてごらんいただきたいと存じます。
 款7諸支出金の償還金6,509万1,000円は、平成18年度介護給付費の確定に伴います国庫負担金4,020万4,000円、府負担金1,913万3,000円、及び地域支援事業費の確定に伴います国庫補助金209万1,000円、支払基金交付金261万8,000円、府補助金104万5,000円、それぞれ返還しようとするものでございます。この財源につきましては、上段に掲げております款8繰越金の前年度からの繰越金を全額充当いたしております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りまして、ご可決いただきますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  以上で提案理由の説明を終結いたします。
 なお、日程第12、議案第52号から日程第14、議案第54号までについては、9月27日の本会議においてご審議をいただく予定になっておりますので、ご了承願います。
 お諮りいたします。議事の都合により、明8日から9日の2日間は休会いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、明8日から9日の2日間は休会することに決しました。
 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。本日はこれにて散会いたします。次回は9月10日午前10時から会議を開きますので、ご参集願います。なお、開議通知につきましては省略させていただきますので、ご了承願います。本日はご苦労さまでした。
                 午前10時45分 散会


                 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                      八幡市議会議長    鷹 野   宏

                      会議録署名議員    長 村 善 平

                      会議録署名議員    横須賀 昭 男