議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 八幡市

平成19年第 1回臨時会−05月22日-01号




平成19年第 1回臨時会

                                  平成19年5月22日
                                  午前10時  開 会
1.出席議員      1 番  細 見   勲 議員
            2 番  岡 田 秀 子 議員
            3 番  北 川 昭 典 議員
            4 番  長 村 善 平 議員
            5 番  増 尾 辰 一 議員
            6 番  横 山   博 議員
            7 番  山 口 克 浩 議員
            8 番  菱 田 明 儀 議員
            9 番  森 下 由 美 議員
           10番  亀 田 優 子 議員
           11番  松 本 昭 昌 議員
           12番  田 辺 勇 気 議員
           13番  森 川 信 隆 議員
           14番  赤 川 行 男 議員
           15番  橋 本 宗 之 議員
           16番  小 北 幸 博 議員
           17番  鷹 野   宏 議員
           18番  松 島 規久男 議員
           19番  山 本 邦 夫 議員
           20番  横須賀 昭 男 議員
           21番  上 谷 耕 造 議員
           22番  巌     博 議員
2.欠席議員     な  し
3.説明のため議場に出席した者の職・氏名
           牟 礼 勝 弥 市長
           松 本 伍 男 副市長
           小 堀 重 男 収入役
           豊 田   茂 水道事業管理者
           横 田   哲 政策推進部長
           黒 川 京 重 政策推進部参与
           宮 崎   進 総務部長
           本 岡 啓 介 総務部技監
           上 杉 保 治 市民部長
           藤 林 一 慶 環境経済部長
           祝 井 善 男 保健福祉部長
           堀 口 文 昭 都市整備部長
           前 川   博 消防長
           田 中   明 上下水道部次長
           足 立 善 計 財政課長
           松 波 史 子 教育委員会委員長
           今 井 興 治 教育長
           垣 内   忠 教育部長
           谷 口 正 弘 教育部次長
           北 村 治千代 代表監査委員
4.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名
           鴨 田   隆 議会事務局長
           山 本 幸 夫 議会事務局次長
           中 西   淳 議会事務局議事調査係長
           野 村 雄 樹 議会事務局議事調査係主任
5.議事日程
  日程第 1     仮議席の指定について
  日程第 2     議長選挙について
  日程第 3     議席の指定について
  日程第 4     会議録署名議員の指名について
  日程第 5     会期の決定について
  日程第 6     諸報告
  日程第 7     副議長選挙について
  日程第 8     議会運営委員会委員の選任について
  日程第 9     常任委員会委員の選任について
  日程第10    城南衛生管理組合議会議員4名の選挙について
  日程第11    城南市町村税滞納整理組合議会議員1名の選挙について
  日程第12    京都府後期高齢者医療広域連合議会議員1名の選挙について
  日程第13    専決処分事件の報告について(八幡市税条例の一部を改正する条例)
           (報告第6号 市長提出)
  日程第14    専決処分事件の報告について(八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例)
           (報告第7号 市長提出)
  日程第15    専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市一般会計補正予算(第5号))
           (報告第8号 市長提出)
  日程第16    専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第4号))
           (報告第9号 市長提出)
  日程第17    専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市下水道事業特別会計補正予算(第4号))
           (報告第10号 市長提出)
  日程第18    専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第4号))
           (報告第11号 市長提出)
  日程第19    専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第1号))
           (報告第12号 市長提出)
  日程第20    専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))
           (報告第13号 市長提出)
  日程第21    専決処分事件の報告について(和解及び損害賠償の額の決定)
           (報告第14号 市長提出)
  日程第22    副市長の選任について
           (議案第32号 市長提出)
  追加日程第 1   監査委員の選任について
           (議案第33号 市長提出)
  追加日程第 2   議員派遣の件について
  追加日程第 3   閉会中の継続審査及び調査の申し出について
6.会議に付した事件
  日程第1〜日程第22・追加日程第1〜追加日程第3


                午前10時00分 開会
◎鴨田隆 議会事務局長  皆様、おはようございます。
 議員の皆様には、本日は、臨時会にご参集を賜りまして、まことにありがとうございます。
 本臨時会は、一般選挙後最初の議会でありますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行っていただくことになっております。
 出席議員のうち鷹野宏議員が年長の議員でありますので、ご紹介を申し上げます。
         (鷹野 宏臨時議長 登壇)
○鷹野宏 臨時議長  ただいまご紹介いただきました鷹野宏でございます。議長選挙が終わるまでの間、地方自治法第107条の規定により臨時議長を務めさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 ただいまの出席議員は、22名であります。
 定足数に達しております。よって、平成19年八幡市議会第1回臨時会は成立いたしました。
 これより開会いたします。ただちに本日の会議を開きます。
 日程に入るに先立ち、牟礼市長より発言を求められておりますので、これを許します。牟礼市長。
         (牟礼勝弥市長 登壇)
◎牟礼勝弥 市長  おはようございます。
 平成19年八幡市議会第1回臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日は統一地方選挙後、初の八幡市議会を招集させていただき、新しく市民の信託をお受けになられました議員の皆様方をこの議場にお迎えいたしまして、心新たな思いでございます。改めて心からご当選のお喜びを申し上げます。また、長年市政発展のために大変ご尽力を賜り、任期をもちまして勇退をされました前議員の皆様方にも、心より敬意を表し感謝を申し上げる次第でございます。
 今日、地方公共団体を取り巻く環境は、少子高齢化の進行、環境や安心・安全の問題がこれまで以上にクローズアップされております。また、地方分権の推進により、地方公共団体の責任が増大する中で、厳しい財政運営を強いられ、山積する課題に対応しなければなりません。そのため、これらの諸課題の解決に向けまして、市議会としっかり手を携え、市民との協働のもとに市政を推進してまいりたいと存じております。議員各位におかれましても、今後ともよろしくご協力を賜りますようお願いを申し上げますとともに、これからの4年間ご活躍をいただきますよう、心からお祈りを申し上げる次第でございます。
 さて、本臨時会におきましては、市議会の役員選出や委員会の構成等をお諮りされると存じておりますが、私の方からは議案といたしまして副市長1名の選任につきましてご提案をさせていただきたいと存じます。また、八幡市税条例の一部を改正する条例2件、補正予算6件及び自動車事故1件、合わせて9件の専決処分事件についてご報告を申し上げ、ご審議、ご承認をいただきたいと存じます。さらには議員の任期満了によりまして、議員のうちから選任をさせていただいております監査委員の選任について、会期中にご提案を申し上げる予定をいたしております。
 以上のとおりでございます。よろしくお願いを申し上げまして、開会に当たりごあいさつとさせていただきます。
○鷹野宏 臨時議長  お諮りいたします。
 このたびの選挙において、お互いに当選の栄誉を担って議席を得たのでありますが、初当選をされた方もおられますので、ここでお互いに住所・氏名の自己紹介をお願いいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 臨時議長  ご異議なしと認めます。
 それでは、ただいまから自己紹介をお願いいたします。細見議員より、順次お願いいたします。
◆細見勲 議員  細見 勲でございます。住所は男山石城9番地15でございます。よろしくお願いします。
◆岡田秀子 議員  岡田秀子でございます。住所は美濃山一ノ谷7の9でございます。よろしくお願いいたします。
◆北川昭典 議員  八幡植松24の6の北川昭典でございます。どうぞ4年間よろしくお願いします。
◆長村善平 議員  八幡市内里宮ノ前18番地に住んでおります、長村善平でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
◆増尾辰一 議員  八幡市広門48の1に住んでおります、増尾辰一でございます。よろしくお願いします。
◆横山博 議員  欽明台西17番地の8に住まいいたしております、横山 博でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
◆山口克浩 議員  男山笹谷7番地の305棟504号の山口克浩でございます。よろしくお願いします。
◆菱田明儀 議員  下奈良22の18。菱田明儀でございます。初めてですのでよろしくお願いいたします。
◆森下由美 議員  橋本栗ヶ谷44番地の56に住まいいたしております、森下由美です。よろしくお願いします。
◆亀田優子 議員  男山金振14の16に住んでおります、亀田優子でございます。どうぞよろしくお願いたします。
◆松本昭昌 議員  八幡水珀19の11に住まいしております、松本昭昌です。どうぞよろしくお願いします。
◆田辺勇気 議員  八幡市西山足立17番地4に住まいしております、田辺勇気です。今後ともよろしくお願いします。
◆森川信隆 議員  八幡清水井93番地に住まいいたします、森川信隆でございます。よろしくお願いします。
◆赤川行男 議員  橋本栗ヶ谷2の18に住んでおります、赤川行男です。どうぞよろしくお願いいたします。
◆橋本宗之 議員  八幡土井53の1に住まいいたしております、橋本宗之です。
◆小北幸博 議員  八幡市男山八望3番地の1、B48棟1403号に住まいしております、小北です。どうぞよろしくお願いします。
◆松島規久男 議員  八幡北浦8、石清水ビューハイツC503に住んでいます、松島規久男です。どうかよろしくお願いします。
◆山本邦夫 議員  男山美桜2の2、309号に住んでおります、山本邦夫です。どうぞよろしくお願いします。
◆横須賀昭男 議員  八幡広門58番地に住まいいたしております横須賀でございます。どうぞよろしくお願いします。
◆上谷耕造 議員  男山吉井10の27に住んでいます、上谷耕造でございます。よろしくお願いします。
◆巌博 議員  八幡市八幡軸12番地の20に住んでおります、巌  博でございます。よろしくお願いします。
○鷹野宏 臨時議長  八幡垣内山47番地、鷹野 宏でございます。よろしくお願いします。
 以上で自己紹介を終結いたします。
 これより、日程に入ります。
△日程第1
○鷹野宏 臨時議長  日程第1、仮議席の指定をいたします。
 仮議席はただいまご着席の席を指定いたします。
△日程第2
○鷹野宏 臨時議長  日程第2、議長選挙を行います。選挙の方法は投票によることといたします。
 議場を閉鎖いたします。
         (議場閉鎖)
○鷹野宏 臨時議長  ただいまの出席議員は22名であります。投票用紙を配付いたします。
         (投票用紙配付)
○鷹野宏 臨時議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 臨時議長  配付漏れなしと認めます。
 次に、投票箱を改めます。
         (投票箱点検)
○鷹野宏 臨時議長  異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。なお、白票は無効票といたします。これより、点呼いたします。
◎鴨田隆 議会事務局長  それでは、ただいまよりお名前を申し上げますので、順次投票を行っていただきますようお願いいたします。
 細見 勲議員、岡田秀子議員、北川昭典議員、長村善平議員、増尾辰一議員、横山 博議員、山口克浩議員、菱田明儀議員、森下由美議員、亀田優子議員、松本昭昌議員、田辺勇気議員、森川信隆議員、赤川行男議員、橋本宗之議員、小北幸博議員、松島規久男議員、山本邦夫議員、横須賀昭男議員、上谷耕造議員、巌  博議員、鷹野 宏臨時議長。
○鷹野宏 臨時議長  投票漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 臨時議長  投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
         (議場開鎖)
○鷹野宏 臨時議長  開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、亀田優子議員、横山 博議員、菱田明儀議員、岡田秀子議員、長村善平議員、田辺勇気議員、以上6名を指名いたします。ただいま指名いたしました各議員の立ち会いをお願いいたします。
 開票願います。
         (開票)
○鷹野宏 臨時議長  選挙の結果を報告いたします。
 投票総数22票であります。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 投票総数のうち、有効投票18票、無効投票4票であります。
 有効投票のうち、鷹野 宏議員13票、森下由美議員5票。
 以上のとおりであります。

          投票総数    22票
          有効投票    18票   無効投票    4票
          鷹野 宏議員  13票   森下由美議員  5票

 この選挙の法定得票数は5票であります。
 よって、私、鷹野 宏が議長に当選となりました。
○鷹野宏 議長  議長就任に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。ただいまの議長選挙におきまして不肖私を議長に選出していただきまして、本当にありがとうございます。光栄に思いますとともに、その重責で身の締まる思いであります。今後八幡市の発展に向けまして、議員の皆様や理事者の皆様のお力添えを得まして、一生懸命議会運営に尽くしていきたいと思っております。また、全力で職責を全うさせていただきたいと思っております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議長就任のごあいさつとさせていただきます。どうか、今後ともよろしくお願いいたします。
 それでは、就任早々でございますが、暫時休憩いたします。
                 午前10時23分 休憩
                 ───────────
                 午前10時50分 開議
○鷹野宏 議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。
△日程第3
○鷹野宏 議長  日程第3、議席の指定を行います。
 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。
 議席の番号と議員の氏名を職員に朗読させます。
◎鴨田隆 議会事務局長  それでは、議席番号及び議員の氏名を朗読させていただきます。
 1番、細見 勲議員。2番、岡田秀子議員。3番、北川昭典議員。4番、長村善平議員。5番、増尾辰一議員。6番、横山 博議員。7番、山口克浩議員。8番、菱田明儀議員。9番、森下由美議員。10番、亀田優子議員。11番、松本昭昌議員。12番、田辺勇気議員。13番、森川信隆議員。14番、赤川行男議員。15番、橋本宗之議員。16番、小北幸博議員。17番、鷹野 宏議員。18番、松島規久男議員。19番、山本邦夫議員。20番、横須賀昭男議員。21番、上谷耕造議員。22番、巌  博議員。
 以上のとおりでございます。
○鷹野宏 議長  ただいま朗読いたしましたとおり、議席を指定いたします。
 しばらくそのままでお待ちいただきたいと思います。
△日程第4
○鷹野宏 議長  日程第4、会議録署名議員の指名を行います。
 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、1番細見 勲議員、22番巌  博議員を指名いたします。よろしくお願いいたします。
△日程第5
○鷹野宏 議長  日程第5、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日5月22日及び明23日の2日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、会期は本日、5月22日及び明23日の2日間と決しました。
△日程第6
○鷹野宏 議長  日程第6、諸報告を行います。
 本臨時会に説明員として出席の通知がありました者の職・氏名につきましては、お手元に配付いたしております通知書の写しのとおりであります。ご了承願います。
 次に、監査委員から平成19年1月分から3月分までの例月出納検査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。なお、検査資料につきましては、議会事務局に保管いたしておりますので、随時ごらん願います。
 次に、本臨時会に市長から提出されております案件は、専決処分事件の報告について(八幡市税条例の一部を改正する条例)ほか合計10件であります。
△日程第7
○鷹野宏 議長  日程第7、副議長選挙を行います。選挙の方法は投票によることといたします。
 議場を閉鎖いたします。
         (議場閉鎖)
○鷹野宏 議長  ただいまの出席議員は22名であります。投票用紙を配付いたします。
         (投票用紙配付)
○鷹野宏 議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  配付漏れなしと認めます。
 次に、投票箱を改めます。
         (投票箱点検)
○鷹野宏 議長  異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。なお、白票は無効票といたします。これより、点呼いたします。
◎鴨田隆 議会事務局長  それでは、ただいまよりお名前を申し上げますので、順次投票を行っていただきますようお願いいたします。
 細見 勲議員、岡田秀子議員、北川昭典議員、長村善平議員、増尾辰一議員、横山 博議員、山口克浩議員、菱田明儀議員、森下由美議員、亀田優子議員、松本昭昌議員、田辺勇気議員、森川信隆議員、赤川行男議員、橋本宗之議員、小北幸博議員、松島規久男議員、山本邦夫議員、横須賀昭男議員、上谷耕造議員、巌  博議員、鷹野 宏議長。
○鷹野宏 議長  投票漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
         (議場開鎖)
○鷹野宏 議長  開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、亀田優子議員、横山 博議員、菱田明儀議員、岡田秀子議員、長村善平議員、田辺勇気議員、以上6名を指名いたします。ただいま指名いたしました各議員の立ち会いをお願いいたします。
 開票願います。
         (開票)
○鷹野宏 議長  選挙の結果を報告いたします。
 投票総数22票であります。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 投票総数のうち、有効投票18票、無効投票4票であります。
 有効投票のうち、北川昭典議員13票、松島規久男議員5票。
 以上のとおりであります。

          投票総数    22票
          有効投票    18票   無効投票    4票
          北川昭典議員  13票   松島規久男議員 5票

 この選挙の法定得票数は5票であります。
 よって、北川昭典議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました北川昭典議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。
 それでは、新副議長のごあいさつをお願いいたします。
         (北川昭典副議長 登壇)
○北川昭典 副議長  副議長就任に当たりまして、一言、ごあいさつを申し上げたいと思います。
 ただいまの副議長選挙におきまして、浅学非才な私を副議長に選出していただきまして、心からお礼を申し上げますとともに、重責に身の引き締まる思いでございます。これからの地方自治は少子高齢化や三位一体改革など、ますます財政厳しい中にございまして、市民の生活の安全・安心をこれからもますます追求していかなければならないと思っております。議員の皆様、あるいは理事者の皆様のご理解とご協力を得まして、議会運営におきまして鷹野議長を支えてまいる所存でございます。
 まことに簡単ではございますが、副議長就任に当たりまして、一言お礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。
○鷹野宏 議長  暫時休憩いたします。
                 午前11時08分 休憩
                 ───────────
                 午前11時50分 開議
○鷹野宏 議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。
△日程第8
○鷹野宏 議長  日程第8、議会運営委員会委員の選任を行います。
 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、細見 勲議員、長村善平議員、横山 博議員、菱田明儀議員、森下由美議員、田辺勇気議員、赤川行男議員、小北幸博議員、松島規久男議員、以上9名を指名いたします。よろしくお願いいたします。
△日程第9
○鷹野宏 議長  日程第9、常任委員会委員の選任を行います。
 常任委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、総務常任委員会委員に山口克浩議員、亀田優子議員、松本昭昌議員、田辺勇気議員、赤川行男議員、松島規久男議員、横須賀昭男議員、私、鷹野 宏でございます。文教厚生常任委員会委員に岡田秀子議員、北川昭典議員、橋本宗之議員、小北幸博議員、山本邦夫議員、上谷耕造議員、巌  博議員。都市環境常任委員会委員に細見 勲議員、長村善平議員、増尾辰一議員、横山 博議員、菱田明儀議員、森下由美議員、森川信隆議員、以上のとおり指名いたします。よろしくお願いいたします。
 暫時休憩いたします。
                 午前11時53分 休憩
                 ───────────
                 午後 1 時40分 開議
○鷹野宏 議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。
 休憩中に議会運営委員会及び各常任委員会の委員長、副委員長の互選が行われましたので、それぞれの結果をご報告いたします。
 議会運営委員会委員長に細見 勲議員、同副委員長に田辺勇気議員。総務常任委員会委員長に松本昭昌議員、同副委員長に田辺勇気議員。文教厚生常任委員会委員長に小北幸博議員、同副委員長に岡田秀子議員。都市環境常任委員会委員長に長村善平議員、同副委員長に森下由美議員。以上のとおりそれぞれ互選されました。よろしくお願いいたします。
△日程第10
○鷹野宏 議長  日程第10、城南衛生管理組合議会議員4名の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 城南衛生管理組合議会議員に、横山 博議員、山口克浩議員、松本昭昌議員、山本邦夫議員、以上4名を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました横山 博議員、山口克浩議員、松本昭昌議員、山本邦夫議員、以上4名を城南衛生管理組合議会議員の当選人と定めることに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました、横山 博議員、山口克浩議員、松本昭昌議員、山本邦夫議員、以上4名が城南衛生管理組合議会議員に当選されました。
 ただいま城南衛生管理組合議会議員に当選されました、横山 博議員、山口克浩議員、松本昭昌議員、山本邦夫議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。
△日程第11
○鷹野宏 議長  日程第11、城南市町村税滞納整理組合議会議員1名の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。
 城南市町村税滞納整理組合議会議員に菱田明儀議員を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました菱田明儀議員を、城南市町村税滞納整理組合議会議員の当選人と定めることに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました菱田明儀議員が城南市町村税滞納整理組合議会議員に当選されました。
 ただいま城南市町村税滞納整理組合議会議員に当選されました菱田明儀議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。
△日程第12
○鷹野宏 議長  日程第12、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員1名の選挙を行います。
 選挙の方法は投票によることといたします。
 議場を閉鎖いたします。
         (議場閉鎖)
○鷹野宏 議長  ただいまの出席議員は22名であります。投票用紙を配付いたします。
         (投票用紙配付)
○鷹野宏 議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  配付漏れなしと認めます。
 次に、投票箱を改めます。
         (投票箱点検)
○鷹野宏 議長  異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。なお、白票は無効票といたします。これより、点呼いたします。
◎鴨田隆 議会事務局長  それでは、ただいまよりお名前を申し上げますので、順次投票を行っていただきますようお願いいたします。
 細見 勲議員、岡田秀子議員、北川昭典議員、長村善平議員、増尾辰一議員、横山 博議員、山口克浩議員、菱田明儀議員、森下由美議員、亀田優子議員、松本昭昌議員、田辺勇気議員、森川信隆議員、赤川行男議員、橋本宗之議員、小北幸博議員、松島規久男議員、山本邦夫議員、横須賀昭男議員、上谷耕造議員、巌  博議員、鷹野 宏議長。
○鷹野宏 議長  投票漏れはありませんか。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
         (議場開鎖)
○鷹野宏 議長  開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、岡田秀子議員、長村善平議員、横山 博議員、菱田明儀議員、亀田優子議員、田辺勇気議員、以上6名を指名いたします。ただいま指名いたしました各議員の立ち会いをお願いいたします。
 開票願います。
         (開票)
○鷹野宏 議長  選挙の結果を報告いたします。
 投票総数22票であります。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 投票総数のうち、有効投票22票、無効投票なしであります。
 有効投票のうち、森川信隆議員17票、山本邦夫議員5票。
 以上のとおりであります。

          投票総数    22票
          有効投票    22票   無効投票    0票
          森川信隆議員  17票   山本邦夫議員  5票

 この選挙の法定得票数は6票であります。
 よって、森川信隆議員が当選されました。
 ただいま京都府後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました森川議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。
△日程第13・日程第14
○鷹野宏 議長  日程第13、報告第6号、専決処分事件の報告について(八幡市税条例の一部を改正する条例)及び日程第14、報告第7号、専決処分事件の報告について(八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例)を一括議題といたします。順次報告を求めます。上杉市民部長。
         (上杉保治市民部長 登壇)
◎上杉保治 市民部長  ただいま上程をいただきました、日程第13、報告第6号、専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の1ページをお開きいただきたいと存じます。次の2ページに専決処分書、3ページから5ページに改正条例本文、6ページと7ページに説明書がございますのでご参照いただきたいと存じます。
 今回の改正は、地方税法の一部を改正する法律が平成19年3月30日に公布され、同年4月1日に施行されたことに伴い、八幡市税条例の一部を直ちに改正する必要がございましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、4月1日に専決処分をさせていただいたものでございます。
 初めに、市民税に関する改正でございますが、1点目は信託法の改正に伴い改正前は禁止されておりました人格のない社団等が法人課税信託の引き受けを行う場合は、新たに法人税割額によって法人市民税を課税するものでございます。
 2点目は、金融証券税制に係る軽減措置の延長をいたしたものでございます。その主な内容は、上場株式等に係る配当割の税率5%を3%に軽減する特例期間を、平成16年1月1日から平成20年3月31日までを、平成21年3月31日までに1年間延長をいたしました。上場株式等の譲渡益に係る株式等譲渡所得割の特例につきましても、平成16年1月1日から平成19年12月31日までを、平成20年12月31日までに1年間延長をいたしました。またベンチャー企業を育成するために創設されましたエンゼル税制の課税の特例を、平成16年1月1日から平成19年3月31日までを、平成21年3月31日までに2年間延長するものでございます。
 3点目は、フランス国との租税条約の締結に伴い、居住者が条約相手国の社会保障制度に保険料を支払った場合、その保険料をその年の総所得金額から控除することにいたしました。
 4点目は、収益事業を行わない特定非営利活動法人に係る法人市民税均等割を課さないことを明文化いたしました。
 5点目は、地震・風水害・火災・その他これらに類する災害を受けたものにつきましては、市税条例第51条第6項の、その他特別の事情がある者の規定を適用いたしておりましたが、新たに減免規定に明文化いたしました。
 次に、固定資産税に関する改正でございますが、1点目は高齢者等居住改修住宅、または高齢者等居住改修占有部分に係る固定資産税の税額を減額する措置を新たに講じることといたしました。その内容でございますが、平成19年1月1日以前から存していた住宅のうち、65歳以上の方、要介護認定または要支援の認定を受けている方、障害者の方のいずれかが居住している住宅で、平成19年4月1日から平成22年3月31日までの3年間に一定のバリアフリー改修工事が完了したものについて、改修工事が完了した年の翌年度分の固定資産税に限り、当該家屋の税額を一戸当たり床面積100平方メートルを上限として3分の1減額するものでございます。減額の対象となりますバリアフリー改修工事は、廊下の拡幅、階段の勾配の緩和、浴室の改良、トイレの改良、手すりの取りつけ、床の段差の解消、引き戸への取りかえ、床表面の滑りどめ化の工事で、補助金や介護保険からの給付を除いた自己負担額が30万円以上の工事を行ったものでございます。なお、減額を受けようとする対象住宅の納税義務者は、工事明細書や工事箇所の写真等、工事内容、工事費用がわかる書類、居住要件を満たすことを示す書類等を添付して、改修を三月以内に市に申告しなければならないことといたしております。
 2点目は、鉄軌道用地の評価方法の見直しに伴い、平成19年度または平成20年度における鉄軌道用地の課税標準等の特例措置を講じました。その他といたしまして、地方税法の改正に伴います規定及び字句の整理を行ったものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議をいただきまして、ご承認賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、ただいま上程をいただきました日程第14、報告第7号、専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の8ページをお開きいただきたいと存じます。次の9ページに専決処分文書、10ページから11ページに改正条例本文、12ページに説明書がございますのでご参照いただきたいと存じます。
 今回の改正は、地方税法の一部を改正する法律が平成19年3月30日に公布され、平成19年4月1日より施行されたこと及び市街化調整区域内の都市計画税課税対象土地に移動が生じたことに伴いまして、八幡市都市計画税条例の一部を改正する必要がございましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、4月1日に専決処分をさせていただいたものでございます。改正内容は、地方税法の条項の改正に伴う規定及び字句の整理を行ったものでございます。あわせて市街化調整区域内の都市計画税課税対象土地等について平成18年度中に市街化調整区域内の下水道計画区域内の土地に移動が生じましたので、これに対応するため別表の一部を改正したものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきましてご承認賜りますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより日程第13、報告第6号及び日程第14、報告第7号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております、日程第13、報告第6号及び日程第14、報告第7号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、日程第13、報告第6号及び日程第14、報告第7号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより、日程第13、報告第6号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第13、報告第6号、専決処分事件の報告について(八幡市税条例の一部を改正する条例)の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立多数(16名対5名)
○鷹野宏 議長  起立多数であります。よって、日程第13、報告第6号は承認することに決しました。
 これより日程第14、報告第7号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第14、報告第7号、専決処分事件の報告について(八幡市都市計画税条例の一部を改正する条例)の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第14、報告第7号は承認することに決しました。
△日程第15〜日程第18
○鷹野宏 議長  日程第15、報告第8号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市一般会計補正予算(第5号))から日程第18、報告第11号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第4号))までを一括議題といたします。順次報告を願います。
 松本副市長。
         (松本伍男副市長 登壇)
◎松本伍男 副市長  ただいま上程をいただきました、日程第15、報告第8号、平成18年度八幡市一般会計補正予算(第5号)の専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、お手元の「平成19年第1回臨時会一般会計・特別会計補正予算書」の1ページをお開きいただきたいと存じます。
 本年第1回定例会におきまして、平成18年度八幡市一般会計補正予算(第4号)をご可決いただきました後、例年のことではございますが、年度末に市税の見通しのほか、地方譲与税、地方交付税などの交付金関係、京都府からの補助金、市債の最終確定等が出されてまいりました。したがいまして、確定等により受け入れいたします歳入と、それに伴う歳出の調整などを行う必要がありますことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、3月31日に専決処分をさせていただいたものでございます。
 補正の額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますように、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,170万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ211億127万1,000円といたしたものでございます。ご承認をお願いいたします歳入歳出、予算補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の2ページから4ページに掲げております「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しいたしておりますとおりでございます。
 それでは、その内容につきましてご説明申し上げますので、「歳入歳出補正予算事項別明細書」の6ページをごらんいただきたいと存じます。まず歳入でございますが、款1市税、項1市民税では、景気の回復基調によりリストラ等の退職者が当初見込みより減少したことや、所得の修正、更正申告によるもの、さらには高額所得者の退職等により個人所得割、均等割を合わせまして5,000万円を増収計上いたしました。また、法人では金融業の不良債権処理の終結による業績の改善等により、法人税割、均等割を合わせまして3,300万円を増収計上いたしました。
 項2固定資産税では当初徴収率を97.2%と見込んでおりましたが、徴収強化に一層努めたことにより、出納閉鎖までには97.8%まで見込めることや、土地の移動、地目変更などにより4,600万円増収計上いたしました。
 項4市たばこ税では、平成18年7月の値上げによる影響及び健康増進法により消費量の鈍化を見込んでおりましたが、その影響が少ないことから1,832万円を増額して計上いたしました。
 次に、款2地方譲与税では譲与額の確定によりまして、項1所得譲与税で87万3,000円を増額。7ページに移りまして、項2自動車重量譲与税で620万8,000円。項3地方道路譲与税で301万8,000円をそれぞれ減額して計上いたしました。
 次に各交付金につきましても額が確定しましたことから、財源の調整をさせていただきました。款3利子割交付金で34万4,000円を増額。款4配当割交付金で1,816万5,000円を増額。款5株式等譲渡所得割交付金で1,001万5,000円を増額。
 8ページに移りまして、款6地方消費税交付金で591万円を減額。款7ゴルフ場利用税交付金で8万1,000円を増額。款8自動車取得税交付金で448万3,000円を増額して計上いたしました。款10地方交付税では、普通交付税と特別交付税額の決定に伴いまして1,023万4,000円を減額して計上いたしました。款11交通安全対策特別交付金では、額の決定に伴いまして130万9,000円を増額して計上いたしました。
 次に9ページに移りまして、款15府支出金、項2府補助金では、農林水産業費補助金で特産品の開発推進などの農業振興共同事業に対し、また商工費補助金で観光PRパンフレットの作成に対し、京都府の未来づくり交付金の追加交付をいただきましたことから、合わせて307万1,000円が増額となりました。消防費補助金では、消防団資機材等総合整備事業費補助金が各市町村への予算配分の精査により78万4,000円を減額して計上いたしました。款16財産収入では基金利子が増額いたしましたことにより144万8,000円を増額して計上いたしました。款17寄附金では、総務寄附金で開発事業に伴う寄附金を71万7,000円の増額をいたしました。消防費寄附金では、1区、6区地区の地域の消防防災活動の充実を図り、災害に強い安心して暮らせるまちづくりに寄与していただいたことから、有限会社八幡総合研究所様より500万円のご寄附をいただきましたので歳入に計上し、当該地区の消防団車両更新事業に充当をいたしました。教育費寄附金では、本市の文化財振興に寄与していただきたいとのことから書道家の山田祥子様より200万円のご寄附をいただきましたので増額して計上し、文化振興基金に積み立てを行いました。款18繰入金では、財政調整基金繰入金の一般財源充当分につきまして財源調整により1億7,000万円の基金繰り入れを取りやめ、今後に備えることにいたしました。公共施設等整備基金繰入金につきましては、八幡小学校並びに八幡第三小学校整備事業で入札額の減により、また美濃山小学校整備事業では当該事業に有利な地方債が充当できますことから、合計6,250万円の基金繰り入れを取りやめ、今後の施設整備等に備えることにいたしました。
 次に10ページに移りまして、款20諸収入では、財団法人京都府市町村振興協会からオータムジャンボ宝くじの収益金の交付額が確定いたしましたので、82万3,000円を増額して計上いたしました。次に款21市債では、八幡小学校整備事業並びに八幡第三小学校整備事業では事業費の確定により、また美濃山小学校整備事業では有利な地方債を増額して充当可能となりましたことから、それぞれ調整をさせていただき、3,130万円を増額して計上いたしました。
 以上が歳入の内容でございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。11ページをごらんいただきたいと存じます。款2総務費、項1総務管理費の一般管理費では、職員退職手当基金の運用利子が増額となりましたことから、積立金56万5,000円を増額して計上いたしました。財政管理費では、公共施設等整備基金の運用利子の増額と開発事業に伴う寄附金額増額により、積立金160万円を増額して計上いたしました。次に、款10教育費、項2小学校費では本市公立学校施設整備計画に基づく八幡小学校整備事業及び八幡第三小学校整備事業が、本年3月の入札により契約額が確定し、平成18年度の支出額が確定いたしましたことから、両事業合わせまして3,587万円を減額して計上いたしました。また、4ページにお示しをいたしております「第2表 債務負担行為補正」につきましても、このことから限度額を変更させていただきました。
 11ページの下段にお戻りいただき、項5社会教育費では、先ほど歳入でご説明申し上げましたとおり、いただきました寄附金につきまして文化振興基金に積み立てを行いますことから200万円増額して計上いたしました。
 以上が歳出の内容でございます。
 次に、恐れ入りますが、5ページにお戻りいただきたいと存じます。「第3表 地方債補正」につきましては、先ほどご説明申し上げました市債の補正に合わせまして3件の限度額を変更させていただいたものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りましてご承認いただきますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第16、報告第9号、平成18年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第4号)の専決処分につきまして、その内容をご報告申し上げます。恐れ入りますが「一般会計・特別会計補正予算書」の14ページをお開きいただきたいと存じます。補正をさせていただきます額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,022万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ50億3,377万4,000円とするものでございます。さきの第1回定例会におきまして、決算見込みと実績をもとに調整した平成18年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第3号)をご可決賜ったところでございますが、その後に1件当たりの医療費の増加が明らかになりましたことから、地方自治法第179条、第1項の規定に基づきまして、本年3月31日に専決させていただいたものでございます。ご承認をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の15ページに掲げております「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しいたしておりますとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明申し上げたいと存じますので、16ページの歳入歳出予算補正事項別明細書の下段にあります歳出をごらんいただきたいと存じます。款1医療諸費の医療給付費1,022万6,000円の増額は、1件当たりの医療費の増加によるものでございます。そのため歳入におきまして款1支払基金交付金の医療費交付金が同額増額となり、財源充当をするものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきましてご承認賜りますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第17、報告第10号、平成18年度八幡市下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につきまして、その内容をご報告申し上げます。
 恐れ入りますが、「一般会計・特別会計補正予算書」の17ページをお開きいただきたいと存じます。さきの第1回定例会におきまして、平成18年度八幡市下水道事業特別会計補正予算(第3号)をご可決いただきました後、年度末に至りまして、木津川流域関連公共下水道整備事業の完了に伴い、地方債の限度額を変更する必要等が生じましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、3月31日に専決処分をさせていただいたものでございます。補正をさせていただきました額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,180万円を追加し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ22億4,065万6,000円といたしたものでございます。ご承認をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の18ページの「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しいたしているとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明を申し上げますので、20ページの歳入歳出予算補正事項別明細書をごらんいただきたいと存じます。まず、歳入でございますが、款2使用料及び手数料の使用料収入では、下水道使用料現年度分として2,200万円増額して計上いたしました。次の款6繰入金につきましては、決算見込みに基づきまして一般会計繰入金20万円の財源充当の調整をいたしました。次の款9市債では、木津川流域関連公共下水道整備事業に係ります工事費等の決算見込みに基づきまして、20万円を減額して計上いたしました。
 21ページに移りまして歳出でございますが、事業費の汚水排水費の724万7,000円の減額は、各負担金の決定により枚方北部処理場費負担金で266万8,000円を減額、淀川左岸流域下水道運営費負担金で457万9,000円を減額して計上いたしました。次の款2基金費では、先ほどご説明申し上げました歳入歳出を調整いたしまして2,904万7,000円を増額し、基金に積み立てることといたしました。
 次に、恐れ入りますが19ページにお戻りいただきまして、「第2表 地方債補正」につきましては先ほどご説明申し上げましたとおり市債の補正に合わせまして、借り入れ限度額を変更させていただいたものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りましてご承認いただきますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第18、報告第11号、平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の専決処分につきまして、その内容をご報告申し上げます。
 恐れ入りますが、「一般会計・特別補正予算書」の23ページをお開きいただきたいと存じます。補正をさせていただきます額は、予算書本文第1条にお示しをいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6,000万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ70億5,083万6,000円とするものでございます。さきの第1回定例会におきまして、決算見込みと実績をもとに調整した平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)をご可決賜ったところでございますが、その後の歳入におきまして平成19年度に予定をいたしておりました資格の職権振りかえに伴う療養給付費交付金を社会保険診療報酬支払基金から増額して交付をいただけたこと、及び歳出につきまして給付費の伸びは鈍化し、減少することが明らかとなりましたことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、本年3月31日に専決処分をさせていただいたものでございます。
 ご承認をお願いいたします歳入歳出補正予算の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の24ページに掲げております「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しいたしておりますとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明申し上げたいと存じますので、26ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の歳出をごらんいただきたいと存じます。款2保険給付費では項1療養諸費の一般被保険者療養給付費6,000万円の減額は給付費の伸びの鈍化によるものでございます。前の25ページの歳入につきましては、款1国民健康保険料、目1一般被保険者国民健康保険税3億1,096万4,000円の減額は、平成18年度決算見込みの再調整により財源不足額の減少が見込めることによるものでございまして、充当しておりました滞納繰越分を減額するものでございます。款4療養給付費交付金、目1療養給付費交付金2億4,334万2,000円の増額は、一般被保険者から退職者被保険者への職権振りかえに伴う交付金を18年度に交付いただけることによるものでございます。款5府支出金、目1財政調整交付金762万2,000円の増額は、交付額の決定によるものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご承認賜りますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより日程第15、報告第8号から日程第18、報告第11号までの質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております、日程第15、報告第8号から日程第18、報告第11号までについては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、日程第15、報告第8号から日程第18、報告第11号までについては委員会付託を省略することに決しました。
 これより、日程第15、報告第8号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第15、報告第8号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市一般会計補正予算(第5号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第15、報告第8号は承認することに決しました。
 これより日程第16、報告第9号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第16、報告第9号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第4号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第16、報告第9号は承認することに決しました。
 これより日程第17、報告第10号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第17、報告第10号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市下水道事業特別会計補正予算(第4号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第17、報告第10号は承認することに決しました。
 これより日程第18、報告第11号に討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第18、報告第11号、専決処分事件の報告について(平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第4号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第18、報告第11号は承認することに決しました。
△日程第19・日程第20
○鷹野宏 議長  日程第19、報告第12号、専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第1号))及び日程第20、報告第13号、専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))を一括議題といたします。順次報告を求めます。
 松本副市長。
         (松本伍男副市長 登壇)
◎松本伍男 副市長  ただいま上程をいただきました、日程第19、報告第12号、平成19年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第1号)の専決処分につきまして、ご報告を申し上げます。
 恐れ入りますが、「一般会計・特別会計補正予算書」の27ページをお開きいただきたいと存じます。平成18年度分の医療費につきましては、平成19年4月13日に確定をいたしましたが、その支払いの財源であります支払基金交付金、国庫負担金及び府負担金精算分の受け入れが8月以降となり、5月末日の出納閉鎖日までに交付されないため、支出日と収入日に期間のずれが生じまして、平成18年度老人医療特別会計の決算見込みにおきまして、歳入不足が生じることになりました。このため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づきまして、平成19年度八幡市老人医療特別会計予算からその不足分を繰り上げて補てんすることにいたしまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、4月13日付で専決処分をさせていただいたものでございます。補正をさせていただきました額は、予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,695万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ50億4,695万円といたしたものでございます。
 ご承認をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の28ページにございます「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しをいたしているとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明申し上げますので、30ページの歳入歳出予算事項別明細書の歳出をごらんいただきたいと存じます。款4前年度繰上充用金1億1,695万円が、先ほど申し上げましたとおり平成18年度分の医療費の最終請求分を支払うに当たり不足し、補てんを必要とした額でございます。また、この財源につきましては29ページの歳入に掲げておりますように、款1支払基金交付金の医療費交付金では2,646万3,000円、款2国庫支出金の医療費負担金では8,959万6,000円、款3の府支出金の医療費負担金では89万1,000円でございまして、その合計額が平成18年度の精算額となります。なお、これらの財源は平成19年度に交付されることになっております。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議賜りましてご承認いただきますようお願い申し上げます。
 続きまして、日程第20、報告第13号、平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分につきまして、その内容をご報告申し上げます。
 恐れ入りますが、予算書の31ページをお開きいただきたいと存じます。補正をさせていただきます額は予算書本文第1条にお示しいたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ3億2,100万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ73億8,850万円とするものでございます。先ほどご報告いたしました平成18年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)に関連いたしまして、平成18年度の財源補てんすべき額が大幅に減額となることが明らかになってきましたことから、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、本年4月27日に専決させていただいたものでございます。
 ご承認をお願いいたします歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の32ページに掲げております「第1表 歳入歳出予算補正」にお示しいたしておりますとおりでございます。
 それでは、補正予算の内容につきましてご説明申し上げたいと存じますので、33ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の下段の歳出をごらんいただきたいと存じます。款9前年度繰上充用金の目1前年度繰上充用金3億2,100万円の減額は、平成18年度歳入歳出差し引き不足補てん額の減額が明らかとなってきたことによるものでございます。上段の歳入の款1国民健康保険料、目1一般被保険者国民健康保険料の1億1,100万円の減額とその下段の目1一般被保険者国民健康保険税2億1,000万円の減額は財源不足額の補てん財源といたしておりました滞納繰り越し分をそれぞれ減額するものでございます。
 以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきましてご承認賜りますようお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより日程第19、報告第12号及び日程第20、報告第13号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております、日程第19、報告第12号及び日程第20、報告第13号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、日程第19、報告第12号及び日程第20、報告第13号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより、日程第19、報告第12号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第19、報告第12号、専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市老人医療特別会計補正予算(第1号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第19、報告第12号は承認することに決しました。
 これより、日程第20、報告第13号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第20、報告第13号、専決処分事件の報告について(平成19年度八幡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))の採決をいたします。本件を承認することに賛成の方の起立を願います。
         起立全員(21名)
○鷹野宏 議長  起立全員であります。よって、日程第20、報告第13号は承認することに決しました。
△日程第21
○鷹野宏 議長  日程第21、報告第14号、専決処分事件の報告について(和解及び損害賠償の額の決定)を議題といたします。報告を求めます。堀口都市整備部長。
         (堀口文昭都市整備部長 登壇)
◎堀口文昭 都市整備部長  ただいま上程をいただきました日程第21、報告第14号、専決処分事件の報告につきまして、その内容をご説明申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書19ページから21ページに報告並びに内容、22ページに事故発生場所の略図がございますので、ご参照いただきたいと存じます。
 本件は平成19年2月16日の金曜日午後2時50分ごろ、京都市中京区丸太町通と麩屋町通の交差点において、本市住宅課課長山岡秋夫が運転する本市公用車が麩屋町通から丸太町通に出る際一たん停止し、徐行して丸太町通に出ようとしたところ、歩道を走ってきた自転車が衝突するという事故が発生いたしました。この事故に係ります示談を早急に行う必要がありましたので、和解と損害賠償の額の決定を、地方自治法第180条第1項の規定による議会の委任に基づき、専決処分したものでございます。和解及び損害賠償の相手方は京都市北区北野上白梅町65番地、メゾンエリナにお住まいの上原拓也様でございます。損害賠償の額は、市が157円で、相手方が3万1,605円でございます。この内訳は、公用車の修理代が4万5,150円、相手方自転車の修理代が525円でして、責任割合を市30%、相手方70%として算定したものでございます。なお、双方の損害賠償額を相殺し、相手方から差額3万1,448円を受領しております。上原様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。今後このようなことがないように、本人はもとより職場におきまして安全運転の励行について徹底を図っているところでございます。
 以上のとおり報告させていただきます。まことに申しわけありませんでした。
○鷹野宏 議長  これより日程第21、報告第14号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 以上で、報告第14号を終結いたします。
△日程第22
○鷹野宏 議長  日程第22、議案第32号、副市長の選任についてを議題といたします。小堀収入役の退場を求めます。
         (小堀重男収入役 退場)
○鷹野宏 議長  それでは、提案理由の説明を求めます。牟礼市長。
         (牟礼勝弥市長 登壇)
◎牟礼勝弥 市長  ただいま上程いただきました、日程第22、議案第32号、副市長の選任につきまして提案理由のご説明を申し上げます。
 恐れ入りますが、議案書の23ページをお開き願います。本市副市長2名のうち、1名が空席となっておりましたが、このたび八幡今田26番地の16にお住まいの小堀重男氏を副市長に選任いたしたく、地方自治法第162条の規定に基づきまして議会のご同意をお願い申し上げるものでございます。
 小堀重男氏の経歴につきましては、議案書の24ページにお示しをさせていただいておりますので、恐れ入りますがごらんいただきたいと存じます。ご案内のとおり、同氏は昭和42年7月に当時の八幡町に奉職され、以来約30年間建設部長、総務部長、消防長などの職を歴任され、その後特別職として平成9年4月から平成15年6月までは水道事業管理者として、また平成15年7月から今日まで収入役として尽力をいただいてまいりました。延べ40年間にわたる豊富な行政経験と誠実な人柄、さらには職務執行に当たっての力量や熱意を高く評価いたしており、市行政の一層の推進を図る上でこの上ない人材であると期待をいたしておりましてご提案を申し上げるものでございます。なお、ご同意を賜りましたら、6月1日に選任いたしたいと存じます。任期は4年でございます。ご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げ、提案とさせていただきます。
○鷹野宏 議長  これより日程第22、議案第32号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております、日程第22、議案第32号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、日程第22、議案第32号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより、日程第22、議案第32号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。
 これより日程第22、議案第32号、副市長の選任についての採決をいたします。副市長に小堀重男氏を選任同意することに賛成の方の起立を願います。
         起立多数(16名対5名)
○鷹野宏 議長  起立多数であります。よって、日程第22、報告第32号、副市長に小堀重男氏を選任することは同意されました。
 小堀収入役の入場を求めます。
         (小堀重男収入役 入場)
○鷹野宏 議長  暫時休憩いたします。
                 午後 2 時51分 休憩
                 ───────────
                 午後 3 時25分 開議
○鷹野宏 議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。
△追加日程第1
○鷹野宏 議長  追加日程第1、議案第33号、監査委員の選任についてを議題といたします。地方自治法第117条の規定により、増尾辰一議員の退場を願います。
         (増尾辰一議員 退場)
○鷹野宏 議長  それでは、提案理由の説明を求めます。牟礼市長。
◎牟礼勝弥 市長  ただいま上程をいただきました、追加日程第1、議案第33号、監査委員の選任につきましてご提案を申し上げます。本市監査委員のうち、議員のうちから選任する監査委員が、4月29日に任期満了となっておりますので、その後任といたしまして八幡市八幡広門48番地の1、ベルミー大野302号、増尾辰一氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、議会のご同意をお願いするものでございます。ご案内のとおり増尾辰一氏は、平成11年4月から今日まで2期8年間にわたり、八幡市議会議員として市政の推進にご尽力をいただいてまいりました。市政の各分野にわたってご精通をいただいております上に、人格は高潔で堅実なお人柄であります。監査委員として市の財務及び行政の適切な運営にご高見をいただけるものと存じます。満場のご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
○鷹野宏 議長  これより、追加日程第1、議案第33号の質疑に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております、追加日程第1、議案第33号については会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略させていただきたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、追加日程第1、議案第33号については委員会付託を省略することに決しました。
 これより追加日程第1、議案第33号の討論に入ります。
         (「なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  討論なしと認めます。これより追加日程第1、議案第33号、監査委員の選任についての採決をいたします。監査委員に増尾辰一議員を選任同意することに賛成の方の起立を願います。
         起立多数(15名対5名)
○鷹野宏 議長  起立多数であります。よって、監査委員に増尾辰一議員を選任することは同意されました。
 増尾辰一議員の入場を求めます。
         (増尾辰一議員 入場)
△追加日程第2
○鷹野宏 議長  追加日程2、議員派遣の件についてを議題といたします。
 お諮りいたします。本件につきましては会議規則第160条の規定によりお手元に配付のとおり議員を派遣いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よってお手元に配付のとおり議員を派遣することに決しました。
△追加日程第3
○鷹野宏 議長  追加日程第3、閉会中の継続審査及び調査の申し入れについてを議題といたします。お手元に配付いたしておりますように、議会運営委員長及び各常任委員長から閉会中の継続審査及び調査申出書が提出されております。
 お諮りいたします。本件を各申し出のとおり決することに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、本件は議会運営委員長及び各常任委員長の申し出のとおり決しました。
 お諮りいたします。本臨時会に付議されました事件はすべて議了いたしました。会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。これに異議ありませんか。
         (「異議なし」と言う者あり)
○鷹野宏 議長  異議なしと認めます。よって、本臨時会は本日をもって閉会することに決しました。
 平成19年八幡市議会第1回臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 今回の臨時会におきまして、不肖私が議長に、北川昭典議員が副議長に、そして増尾辰一議員が監査委員にご選出をいただきました。皆様の温かいご指示、ご指導のもとに八幡市議会議長として、この重責を全うできますよう、皆様方のご協力を承りますよう、よろしくお願いいたします。また、市長を初め、理事者の皆様方には大変お世話になりますが、市議会といたしましても、市民の皆様のご期待に沿えますよう新たな決意で取り組んでまいりたいと思います。何とぞ皆様方にはよろしくお願い申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
 牟礼市長。
         (牟礼勝弥市長 登壇)
◎牟礼勝弥 市長  平成19年八幡市議会第1回臨時会の閉会に当たりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。
 議員の皆様方におかれましては、本臨時会で議長を初めとする役職の方々の選出、委員会の構成等今後の議会活動に必要な体制を整えていただき、また私の方からご提案申し上げました副市長1名の選任、監査委員の選任並びに専決処分事件報告につきまして、それぞれご同意、ご承認を賜りましてまことにありがとうございます。また、新しく選任されました鷹野議長さん、北川副議長さん、増尾監査委員さんには、ご就任を心よりお喜びを申し上げます。選任されました三役の方を初め、議員の皆様方には従来と同様、今後とも円滑な議会運営、並びに市政の執行に当たりまして、格別のご配慮、ご尽力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。新しく陣営を整えられました市議会のご協力をいただきながら、力をしっかり合わせ、第4次八幡市総合計画の将来像であります自然と歴史文化が調和し、人が輝くやすらぎの生活都市の実現を目指しまして、自立と協働による個性あふれるまちづくりを進めてまいりますので、どうぞよろしくご指導のほど賜りますようお願い申し上げまして、閉会に当たりお礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
○鷹野宏 議長  以上で平成19年八幡市議会第1回臨時会を閉会いたします。どうも、ご苦労さまでございました。
                午後 3 時35分 閉会



                 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                      八幡市議会議長    鷹 野   宏

                      会議録署名議員    細 見   勲

                      会議録署名議員    巌     博