議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 長岡京市

平成18年第3回臨時会(第1号 7月21日)




平成18年第3回臨時会(第1号 7月21日)





              平成18年











          長岡京市第3回議会臨時会会議録











                第1号











             7月21日(金曜日)














 
       平成18年長岡京市第3回議会臨時会−第1号−


        平成18年7月21日(金曜日)午前10時01分開議





〇出席議員(25名)          祐 野   恵  議員


                    進 藤 裕 之  議員


                    小 谷 宗太郎  議員


                    尾 ? 百合子  議員


                    大 畑 京 子  議員


                    小 原 明 大  議員


                    大 伴 雅 章  議員


                    梶 原 宗 典  議員


                    福 島 和 人  議員


                    能 勢 昌 博  議員


                    坪 内 正 人  議員


                    岩 城 一 夫  議員


                    冨 岡 浩 史  議員


                    浜 野 利 夫  議員


                    野 坂 京 子  議員


                    瀬 川 光 子  議員


                    西 村 厚 子  議員


                    大 谷 厚 子  議員


                    安 井 幸 治  議員


                    八 木   浩  議員


                    橋 本 順 造  議員


                    田 村 義 明  議員


                    藤 井 俊 一  議員


                    藤 本 秀 延  議員


                    上 田 正 雄  議員


─────────────────────────────────────────


〇欠席議員(1名)           武 山 彩 子  議員


─────────────────────────────────────────


〇欠  員(0名)


─────────────────────────────────────────


〇地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者。


          小 田   豊  市 長


          島 田 忠 一  収入役


          浅 輪 信 子  教育委員長


          芦 田 富 男  教育長


          河 村   豊  水道事業管理者


          山 本 和 紀  企画部長


          大 角 俊 雄  総務部長


          辻 井 仁 史  環境経済部長


          尼 子 政 孝  健康福祉部長


          山 本   昇  建設部長


          中 田 貞 之  上下水道局長


          小 林 松 雄  教育次長


          山 本 豊 彦  秘書課長


          三 谷   寛  総務部次長兼総務課長


─────────────────────────────────────────


〇議会事務局


          岩 岸 秀 幸  事務局長


          山 根 達 也  事務局次長


          工 藤 有 司  事務局次長補佐兼議事調査係長


─────────────────────────────────────────


〇議事日程(第1号)平成18年長岡京市第3回議会臨時会


          7月21日(金曜日)午前10時開議


  1.会議録署名議員の指名


  2.会期の決定


  3.第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約について


  4.第50号議案 平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


  5.第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)


─────────────────────────────────────────


〇議事日程(追加)


  1.第50号議案 平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


           (建設水道常任委員会付託事件)


  2.第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)


           (建設水道常任委員会付託事件)


  3.第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約について


           (文教厚生常任委員会付託事件)


  4.決議案第2号 朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射に抗議する決議(案)





─────────────────────────────────────────


○(上田正雄議長) おはようございます。


 これより平成18年長岡京市第3回議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 日程に入る前に、小田市長から発言の申し出がありますので、この際、これを許可します。


 小田市長。


                  (小田 豊市長登壇)


○(小田 豊市長) おはようございます。


 貴重なお時間をいただきまして、まことに恐縮でございますが、去る7月1日付の職員の人事異動につきまして御報告し、あわせて本人を紹介いたします。


 7月1日付で理事に就任をいたしました澤田洋一でございます。前任は国土交通省大臣官房官庁営繕部管理課専門調査官でございます。


 なお、澤田理事は、市政全般にわたります事務を所掌することとなっております。今後、御指導をいただきますようよろしくお願いをいたします。


○(澤田洋一理事) 澤田でございます。よろしくお願いいたします。


○(上田正雄議長) これより日程に入ります。


 日程1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、尾?百合子議員、藤井俊一議員を指名します。


 次に、日程2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 この臨時会の会期は、本日1日間とすることに御異議ございませんか。


                (「異議なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 異議なしと認め、会期は本日1日間と決定します。


 次に、日程3、第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約についてから、日程5、第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)までの3件を一括議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 小田市長。


                  (小田 豊市長登壇)


○(小田 豊市長) 本日、ここに平成18年長岡京市第3回議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、公私御多忙の中、御出席をいただきまして、厚くお礼を申し上げます。


 それでは、私からは、日程3、第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約につきまして御説明を申し上げ、その他の議案につきましては、水道事業管理者及び上下水道局長から説明をいたしますので、よろしくお願いをいたします。


 それでは、日程3、第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約について、御説明申し上げます。


 本件につきましては、平成18年7月10日に指名競争入札を執行いたしましたところ、指名いたしました5社のうち4社が応札し、株式会社田中工務店が1億8,165万円で落札いたしました。


 工事の概要につきましては、配布いたしました資料のとおり、長法寺小学校校舎3棟の耐震補強工事及び給食室、音楽室などを改修する大規模改造工事を実施するものでございます。つきましては、近く契約を締結いたしたく存じますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。


 以上、説明といたします。


○(上田正雄議長) 河村水道事業管理者。


               (河村 豊水道事業管理者登壇)


○(河村 豊水道事業管理者) 日程5、第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正は、昨年度に引き続き、公営企業債の借りかえが認められ、配分額が内定しましたので、所要の経費を補正するものであります。


 それでは、第2条の収益的収入及び支出から御説明いたします。


 事業費用については、473万4,000円を減額し、27億3,294万5,000円とするものであります。これは営業外費用の支払利息で、借りかえの効果による今年度の利息の減額見込み分であります。これにより、補正後の収支差し引きは、消費税抜きの実質収支で6,670万7,000円の黒字となる見込みであります。


 次に、第3条の資本的収入及び支出であります。


 資本的収入は、借りかえ分の企業債1億9,630万円を増額し、5億2,949万8,000円とするものであります。


 次に、資本的支出については、企業債償還金を2億17万4,000円増額し、10億2,383万4,000円とするものであります。


 次に、第4条の企業債につきましては、起債の目的及び限度額を表のとおり改めるものであります。


 以上、借りかえ申請の期限の関係から、今議会に提案するものでございます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○(上田正雄議長) 中田上下水道局長。


                (中田貞之上下水道局長登壇)


○(中田貞之上下水道局長) 日程4、第50号議案 平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,670万円を追加し、歳入歳出予算の総額を42億2,652万6,000円とするものでございます。


 補正の内容でありますが、昨年度に引き続き、公営企業債の借りかえが認められ、配分額が内定しましたので、所要の経費を補正するものでございます。


 まず、歳出でありますが、公債費の元金償還金を5,790万4,000円増額いたし、10億3,970万2,000円とするものでございます。


 次に、利子償還金につきましては、138万1,000円を減額し、8億5,399万7,000円とするものでございます。これは借りかえの効果による今年度の利子の減額見込み分であります。


 次に、予備費につきましては、収支の調整のため、17万7,000円を増額するものでございます。


 次に、歳入について御説明申し上げます。


 市債につきまして、借りかえが認められました下水道債5,670万円を増額し、15億9,570万円とするものでございます。


 次に、第2条地方債の補正でありますが、第2表のとおり、限度額を15億9,570万円に変更するものでございます。


 以上、借りかえ申請の期限の関係から、今議会に提案するものでございます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○(上田正雄議長) 第49号議案から第51号議案までの3件の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑ございませんか。


 浜野利夫議員。


                  (浜野利夫議員登壇)


○(浜野利夫議員) ただいま議題となっています第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約について、委員会に付託され、そこで具体的審議がされると思いますが、それに先立って、前提条件とも言えることについて、3つお尋ねをしておきたいと思います。


 1つ目は、地元業者の指名が不調に終わったことについてであります。


 もともと入札契約制度の改善ということで、一般競争制度が導入されてきました。そのときは建設一般が5億円、それから、土木一式が3億円でありました。それが今度の不祥事の関係の改善としまして、建設一般が3億円、土木一式で1.5億円ということに、額の設定が改善されたわけであります。この額の設定に関しましては、地元業者育成という大前提があったわけでありますが、今回はその地元業者の指名が不調に終わったと。つまり、今度の登録制度そのものが成り立たなくなっている状態、そして、その中でおさまらなかった問題というのはどのように考えたのか、これについて説明を求めたいと思います。


 それから、もう1点、一般競争ではない指名競争入札のあり方についてでありますが、今回のように、本来、地元経済の活性化、地元業者育成という視点で成り立たなくなったようなケースの場合、なぜ結果として、京都市内の指名業者だと思いますが、この5社を選定するに至ったのか、この根拠、公正性等については、明らかになっていません。前提条件として、なぜこういうことになったのか。近隣には対象規模の業者は数多くあると思いますが、ここの分が説明をいただきたいと思います。


 それから、3点目は、これらの指名業者の選定、あるいは、これだけの額になりますと、予定価格の決定は指名選定委員会でされていると思いますが、その指名選定委員会そのものの内容、透明性や公正性については、一切明らかにされていません。この前提を明らかにすることが、以後、付託された委員会で審議する上での前提条件になろうかと思いますので、この3点について説明を求めたいと思います。


 以上です。


○(上田正雄議長) 大角総務部長。


                 (大角俊雄総務部長登壇)


○(大角俊雄総務部長) 浜野議員の質疑にお答えいたします。


 1点目の、地元の業者育成の観点から、今回、不調に終わったことをどのように考えているかということだと思うんですが、1点目、確かに、一般競争入札の限度額をですね、建築に関しましては5億円から3億円まで引き下げて、それはいわゆる市場原理の導入といいますか、競争性を高めるための一定の措置というふうに考えております。


 ただ、今回につきましては、そこに至るまでの額でございますんで、従来どおり、地元で対応できる工事という位置づけでもって、市内の地元の業者を指名したというのが現状であります。結果として不調に終わったわけでございますが、その辞退をされた理由、それぞれ業者ごとに異なるのは当然なわけですけれども、幾つか共通している点がございまして、基本的には、やはり工期の問題が非常に厳しい、タイトである。つまり、学校の授業に影響が出ないように、夏休み期間中にその工事が集中するということで、その工事の規模から、なかなかその工期の中では実施が困難であるということを踏まえて、辞退届を出されたというふうに認識しております。


 以上が1点目。


 2点目につきまして、市外、すなわち、京都市の業者等を指名した点についての御質問でございますけれども、1点目でも言いましたように、今回、この長法寺小学校の工事につきましては、今後、小学校を耐震化していくに当たって、いわゆる初年度になります。以後の計画の問題もございます。特に今年、工事ができなくなるようなことになりますと、非常に後々のそういう耐震計画にも影響を及ぼしますし、児童の安全等の確保の観点からも好ましくないということで、ぜひ今年度中に事業を執行するということを第一義的に考えまして、実行可能な業者ということで、選定委員会におきまして、そういう資料等、登録のときの資料がございますんで、公共事業の実績等を調査する中で、今回、この5社を指名さしていただいたというのが実態でございます。現実的に4社から応札があったということは、そういった意味で、その指名そのものが大きく外れていたというふうには考えてはおりません。


 それと、3点目の、予定価格、指名選定委員会と予定価格の関係でございますけれども、予定価格は、それぞれ規則で定めるところによって、それぞれの担当が入れるようになっておりまして、指名選定委員会は、その部分では直接関与は、予定価格に直接関与しているわけではございません。指名選定委員会は、御存じのように、それぞれ担当部局等から発注予定として上げられてきました契約案件につきまして、契約方法、それから、請負業者選定基準の設定並びに指名業者の選定等の審査及び決定を行う、これが指名選定委員会の目的となっております。指名選定委員会は、その秘密性でございますけれども、業者の経営実態等、そういう情報を審議する場でもございますので、公開にはなじまないという観点から、指名選定委員会については非公開として対応をさしていただいております。


 以上、質疑に対するお答えといたします。


○(上田正雄議長) 浜野利夫議員、再質疑ありませんか。


 浜野利夫議員。


                  (浜野利夫議員登壇)


○(浜野利夫議員) 委員会の審議に立ち入るつもりはありませんが、今の説明聞いてますと、もう少しはっきりしません。かいつまんで、2つ、改めて聞かしていただきたいと思いますが、要は、今、地元の業者の指名が不調に終わったという関係なんですが、土木一式のように、A、B、C、Dランク別ではなくて、特定許可と、一般許可と、2種類に建設はされているように伺いまして、その特定許可は6社ですね。4,000万円以上というふうにお聞きしています。これで、いわゆる特定許可ということで、高額を請け負う建設一般のこの登録制度そのものの仕組みが成り立たない状態になったんじゃないかということを聞いたんですよ。そこについての認識を聞かしてほしいというのが1つです。


 もう1つは、結果として、今、こういうふうに提案されていますが、一般競争ではない指名になるような場合、つまり、本来、一般競争じゃなく、指名でせんなんという状態であるけれども、それが成り立たなくなったような場合に、どういう基準あるいはルール化で、結果的には京都市内5つの業者になったんですが、外に、要するに、指名、地元の指名でなくなる場合のその基準とかルール化というのはあるのかという、そこの中身をはっきり聞きたいというのがありました。それは、指名選定委員会の中での指名にもかかわることなんで、その中身を公開云々じゃなくて、そういう外からわかる客観性というか、基準、ルール化、これがないままだったら、非常に今後も不安定になる、不安を覚えるということで、この2点、もう1回お願いしたいと思います。


○(上田正雄議長) 大角総務部長。


                 (大角俊雄総務部長登壇)


○(大角俊雄総務部長) 浜野議員の質疑にお答えします。


 登録が成り立たないという……。


                (浜野利夫議員自席より発言)


○(浜野利夫議員) 機能してないということです。


○(大角俊雄総務部長) 登録というのは業者登録のことですか。


                (浜野利夫議員自席より発言)


○(浜野利夫議員) 6社、特定許可のところがいるのに、そのために、それが機能してない状態でしょということです。


○(大角俊雄総務部長) 先ほども申し上げましたように、確かに、特定許可というのがございまして、一定規模以上の下請を出す場合には、管理技術者等の配置の必要性と、特定許可が要るという、建設業法の規定がございまして、当然一定規模以上の工事になりますと、その資格を満たす業者を指名するという、業法違反にならないようにそういう業者を指名するということで、発注標準等ではそういう定めを、基本的にはそれを前提として定めているわけでございます。


 今回、その辞退が、6社がすべて辞退したということは、確かにある意味、なかなかケースがない、めったにないケースだとは思うんですけれども、そのことが直ちにその登録自体の有効性を否定しているというふうにはまだ考えておりません。先ほども言いましたように、その地元の6社につきまして、その工期の問題とか、一定のそういう期間内での作業が困難であったという理由ではありますけれども、現実に指名がえをしまして、競争入札を行いましたところ、4社が応札をしておりますので、それも当然特定の業者なんですけれども、そのことによって、その特定建設業者としての登録が成り立たないというふうには、ちょっとまだそこまでの判断はいたしておりません。かつ、最初に指名しました業者につきましても、そういう学校等の工事実績を持っている業者でございますんで、そういうことも含めて指名をしたところであります。


 それと、2つ目の、その一般競争入札とか、そういう指名競争入札とか、市外を呼ぶとか、そういった点についても、ルール化が必要ではないかという御質疑だったというふうに思うんですけれども、契約というのは、まず、その発注者が、いかに有利な条件でその効率的な契約を締結するか、自治法にあります「最小の経費で最大の効果を上げる」ということを前提に、より有利な契約を結ぶためにどうすればいいかということが第一義的な、その契約の目的だというふうに思っておりますんで、こういういろいろ契約をめぐっては、イレギュラーといいますか、そのとおり、ルールどおりにいかないケースが出てくるわけですけれども、そういった中で、今言いました第一義的なそういう目標に沿って、今回の場合でしたら、まず、長法寺小学校の第1期の工事を夏休み中に仕上げると、それを実施、請け負ってくれる業者、そういったものが当面必要になったと。地元業者で努力はしたけれども、また後で質疑があるかもしれませんけども……。


                (浜野利夫議員自席より発言)


○(浜野利夫議員) 地元が外れる場合のルール化や基準があるのかというのを聞いたんですよ。


○(大角俊雄総務部長) ですから、何回も言いますように、地元でこういう辞退になった段階では、契約の第一義的に、長法寺小学校の工事を完遂するというのが一番の目的でございますから、それを達成するために、地元でこういう辞退が起こった場合には、それ以外の市外の業者に頼まざるを得ないということでございます。そこで、実際に実行可能な業者を選んだと。現実的に落札があったということでございます。


 以上、質疑に対するお答えといたします。


○(上田正雄議長) ほかにございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 質疑も尽きたようですので、これをもって、この3件に対する質疑を終わります。


 ただいま議題となっております第49号議案から第51号議案までの3件については、お手元に配布しております議案付託表のとおり、関係常任委員会に付託します。


 議事の都合により、暫時休憩します。


               午前10時28分 休憩


              ──────────────


               午前11時36分 再開


○(上田正雄議長) 休憩を閉じ続会します。


 お諮りします。


 お手元に配布しております議事日程(追加)のとおり、本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ございませんか。


                (「異議なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 異議なしと認め、そのように決定します。


 議事日程(追加)の日程1、第50号議案 平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)及び日程2、第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)の2件を一括議題とします。


 ただいま議題となりました議案は、建設水道常任委員会に付託されたものでありますが、審査を終わり、報告書が提出されています。


─────────────────────────────────────────


                            平成18年7月21日





 長岡京市議会


  議長 上 田 正 雄 様





                        建設水道常任委員会


                         委員長 進 藤 裕 之








              委 員 会 審 査 報 告 書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。





                     記





 ┌──────┬──────────────────────────┬─────┐


 │ 議案番号 │      件           名       │審査の結果│


 ├──────┼──────────────────────────┼─────┤


 │第50号議案│平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算 │原案可決 │


 │      │(第1号)                     │     │


 ├──────┼──────────────────────────┼─────┤


 │第51号議案│平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算      │原案可決 │


 │      │(第1号)                     │     │


 └──────┴──────────────────────────┴─────┘





─────────────────────────────────────────


○(上田正雄議長) 委員長の報告を求めます。


 進藤裕之議員。


              (進藤裕之建設水道常任委員長登壇)


○(進藤裕之建設水道常任委員長) 建設水道常任委員会に付託を受けました第50号議案 平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)及び第51号議案 平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、慎重審査の結果、お手元に御配布の委員会審査報告書のとおり、それぞれ原案可決と決せられましたので、御報告申し上げます。


○(上田正雄議長) 委員長報告に対する質疑はございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 質疑もないようですので、これをもって質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 御意見ございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 意見もないようですので、これをもって討論を終わります。


 これより採決に入ります。


 まず、第50号議案について、委員会の報告書のとおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○(上田正雄議長) 全員起立。


 したがって、第50号議案は原案どおり可決されました。


 次に、第51号議案について、委員会の報告書のとおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


             (賛 成 者 起 立)


○(上田正雄議長) 全員起立。


 したがって、第51号議案は原案どおり可決されました。


 次に、日程3、第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約についてを議題とします。


 ただいま議題となりました議案は、文教厚生常任委員会に付託されたものでありますが、審査を終わり、報告書が提出されています。


──────────────────────────────────────────────


                            平成18年7月21日





 長岡京市議会


  議長 上 田 正 雄 様





                        文教厚生常任委員会


                         委員長 瀬 川 光 子





            委 員 会 審 査 報 告 書





 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。





                     記





 ┌──────┬──────────────────────────┬─────┐


 │ 議案番号 │      件           名       │審査の結果│


 ├──────┼──────────────────────────┼─────┤


 │第49号議案│長法寺小学校大規模改造工事請負契約について     │原案可決 │


 └──────┴──────────────────────────┴─────┘


─────────────────────────────────────────


○(上田正雄議長) 委員長の報告を求めます。


 瀬川光子議員。


              (瀬川光子文教厚生常任委員長登壇)


○(瀬川光子文教厚生常任委員長) 文教厚生常任委員会に付託を受けました第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約について、慎重審査の結果、お手元の委員会審査報告書のとおり、原案可決と決せられましたので、御報告申し上げます。


○(上田正雄議長) 委員長報告に対する質疑はございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 質疑もないようですので、これをもって質疑を終わります。


 これより討論に入ります。


 御意見ございませんか。


 藤本秀延議員。


                  (藤本秀延議員登壇)


○(藤本秀延議員) ちょっと声が出づらいので、聞こえにくかったら申しわけありません。


 第49号議案 長法寺小学校大規模改造工事請負契約につきまして、私ども日本共産党議員団といたしまして、賛成の立場から、2点にわたって意見を申し添えておきたいと思います。


 1つは、今回の長法寺小学校の大規模改修工事は2点にわたる工事であります。1点目は耐震補強工事、2点目は大規模改造工事であります。いわゆる阪神大震災を契機に公共施設の震災対策というのが急がれるもとで、やっとこの長岡京市におきましても、長法寺小学校からこの耐震補強工事が行われることになりました。したがって、そういう意味で言えば、一番最初の取っかかりの大事な工事であります。そういう意味では、この工事が今後の耐震工事に与える影響は大きいと思います。ところが、先ほど来の提案での本会議や、また、常任委員会の審議を聞いておりまして、若干心配するところがありますので、あえて苦言として申し添えておきたいと思います。


 1つは、工事の入札にかかわる問題であります。


 本来、夏休みの工事でありますから、学校工事というのは、そのために予算が通ってすぐに設計・施工にかかわる契約が、大体5月段階で行われるのが今日までの事例でありました。ところが、5月の指名競争、地元業者に対する入札と、その後、2回目の随契にかかわっても、この工事そのものが契約が不調に終わったということを明らかにされました。その説明の中身は、工事の時期だというふうに聞きました。しかし、工事期間だけで、もし地元の業者がこの工事が受けられないとなるんであれば、今日まで、地元業者育成で、例えば長法寺の大規模工事、神足小学校、長三、長四小学校、それから、長七小学校等含めて、ずっと学校教育施設にかかわる工事をやってきたことの経験を持つ地元業者でありますから、そういうことが起こること自体が私は腑に落ちません。耐震補強にかかわる工事の内容が、なかなかうまくいかなかったというふうに推測はするんですが、本当にこの契約のあり方がいいのかということであります。


 そこで、指摘しておきたいのは、工事だけの問題ではなくて、僕は金額の問題も大きく、この今回の条件が不調に終わった中身に入っているんではないかという憶測をします。したがって、委員会の中でも明らかになりました工事の契約額の決定と、今回、工事選定委員会の長である助役が、その金額決定にかかわる責任者であるということもお聞きしました。そういう意味で言えば、今後のあり方として、この内容については、検討を行っていただきたいというふうに思っています。


 2点目は、工事にかかわる問題です。


 今回の契約は2つであります。耐震補強工事と大規模改造工事であります。ところが、工期時期がですね、委員会の説明聞いてますと、夏休み耐震補強工事を中心に行っていくと言ってたのが、委員さんの質問の中で、「100%無理」という言葉から、今度は「耐震工事が9月末まで延長する」という形まで言われました。どういうことが起こるかといいますと、普通教室にかかわる耐震工事が行われるわけですから、いわゆる授業に差しさわりが起こるという状況があるのではないか。ところが、今回のこの契約書では、そこにかかわる工事概要が全く出てないというふうになっております。本来、委員会でも工事日程の概要ぐらい出せという質問がありました。そのとおりだと思います。そこで見れば、例えば、乙訓高校で今やっている工事みたいに、仮にプレハブ校舎が必要になるような状況があり得るのか、どうなのかというようなことも含めて、全く論議をする場の資料が非常に乏しいということであります。


 今後、こういういわゆる教育にかかわる施設改修の際には、直接その施設を使う子供たちにかかわる内容について、工事がどのように影響されるのか、こういう点が明らかになるような資料は提示をするべきであろうと、このことは大伴議員が言われてまして、私も同感でありますので、私が本来言ったじゃなくて、大伴議員が言ったことなんですが、そこにつながる問題だということで、1つ、苦言を申し上げておきます。


 もう1点は、だとすれば、今回の入札価格は1億7,300万円であります。いつものようにですね、言葉悪いですんが、これまで、長岡京市が工事請負契約をして、追加補正がなかったためしがないんです。つまり、今度の工事の中身が、この金額で押さえられるということを大前提に、業者との関係での工期工事、業務内容を含めての契約を結ばれると私は理解をしておりますので、そのことは重々注意をして当たっていただきたいということを意見として申し添えておきます。


 なお、入札にかかわるいろんな諸問題については、別の機会を通じて、私どもの会派の意見も申し上げていきたいと思いますので、今回のこの件にかかわっては省かさせていただきますが、以上の点を留意していただくことを申し添えまして、賛成討論といたします。


○(上田正雄議長) ほかにございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 意見も尽きたようですので、これをもって討論を終わります。


 これより採決に入ります。


 第49号議案について、委員会の報告書のとおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (賛 成 者 起 立)


○(上田正雄議長) 全員起立。


 したがって、第49号議案は原案どおり可決されました。


 次に、日程4、決議案第2号 朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射に抗議する決議(案)を議題とします。


 ────────────────────────────────────────


                                  決議案第2号


                              平成18年7月21日





 長岡京市議会議長


  上 田 正 雄 様





                        発議者


                             安井幸治


                             大畑京子


                             梶原宗典


                             福島和人


                             坪内正人


                             橋本順造


                             田村義明


                             藤本秀延





                  決議の提出について


      朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射に抗議する決議(案)を別紙のとおり提案します。





           朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射に抗議する決議(案)


 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、去る7月5日の未明から7回にわたりミサイルを発射した。


 かかる行為は、平成14年9月の日朝平壌宣言におけるミサイル発射モラトリアムに反するだけでなく、昨年9月の6カ国協議の共同声明とも相容れない国際法上問題のある暴挙で、日本と環日本海諸国が平和と安全を希求していく上で、極めて遺憾な行為である。


 特に、長岡京市は、「いのち輝く平和都市宣言」を行い、内外に恒久平和を誓った都市である。


 よって、本市議会は、今回の北朝鮮のミサイル発射に対して断固抗議し、今後、二度とこうした行為を繰り返すことのないよう強く求めるとともに、わが国政府が北朝鮮に国際ルールを守らせるために、国連や6カ国協議で国際社会が一致して働きかけるためのあらゆる努力を切望する。


 以上決議する。


 平成18年7月21日





                               京都府長岡京市議会


─────────────────────────────────────────


○(上田正雄議長) 発議者の説明を求めます。


 安井幸治議員。


                  (安井幸治議員登壇)


○(安井幸治議員) ただいま議題となっております決議案第2号につきまして、僣越ではございますけれども、発議者を代表いたしまして、案文の朗読をもって提案理由の説明とさせていただきます。


 朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射に抗議する決議(案)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、去る7月5日の未明から7回にわたりミサイルを発射した。


 かかる行為は、平成14年9月の日朝平壌宣言におけるミサイル発射モラトリアムに反するだけでなく、昨年9月の6カ国協議の共同声明とも相容れない国際法上問題のある暴挙で、日本と環日本海諸国が平和と安全を希求していく上で、極めて遺憾な行為である。


 特に、長岡京市は、「いのち輝く平和都市宣言」を行い、内外に恒久平和を誓った都市である。


 よって、本市議会は、今回の北朝鮮のミサイル発射に対して断固抗議し、今後、二度とこうした行為を繰り返すことのないよう強く求めるとともに、我が国政府が北朝鮮に国際ルールを守らせるために、国連や6カ国協議で国際社会が一致して働きかけるためのあらゆる努力を切望する。


 以上決議する。


 平成18年7月21日、京都府長岡京市議会。


 議員諸公の御賛同のほどよろしくお願い申し上げます。


○(上田正雄議長) 発議者の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 本件に対する質疑はございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 質疑もないようですので、これをもって質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、委員会付託を省略して、直ちに討論に入ることに御異議ございませんか。


                (「異議なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 異議なしと認め、そのように決定します。


 御意見ございませんか。


                 (「なし」と言う者あり)


○(上田正雄議長) 意見もないようですので、これをもって討論を終わります。


 これより採決に入ります。


 本件について、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (賛 成 者 起 立)


○(上田正雄議長) 全員起立。


 したがって、決議案第2号は原案どおり可決されました。


 以上で本日の日程は全部終了しました。


 これをもって本日の会議を閉じ、平成18年長岡京市第3回議会臨時会を閉会します。


 御苦労さまでした。


                 午前11時51分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





           長岡京市議会議長    上 田 正 雄





           会議録署名議員     尾 ? 百合子





           会議録署名議員     藤 井 俊 一





─────────────────────────────────────────


 議 案 付 託 表


                        平成18年長岡京市第3回議会臨時会


                        7月21日 付 託





 建設水道常任委員会


 ┌──────┬───────────────────────────┬───┐


 │ 議案番号 │      件            名       │備 考│


 ├──────┼───────────────────────────┼───┤


 │第50号議案│平成18年度長岡京市公共下水道事業特別会計補正予算  │   │


 │      │(第1号)                      │   │


 ├──────┼───────────────────────────┼───┤


 │第51号議案│平成18年度長岡京市水道事業会計補正予算(第1号)  │   │


 └──────┴───────────────────────────┴───┘





 文教厚生常任委員会


 ┌──────┬───────────────────────────┬───┐


 │ 議案番号 │      件            名       │備 考│


 ├──────┼───────────────────────────┼───┤


 │第49号議案│長法寺小学校大規模改造工事請負契約について      │   │


 └──────┴───────────────────────────┴───┘