議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 長岡京市

平成18年文教厚生常任委員会( 3月 2日)




平成18年文教厚生常任委員会( 3月 2日)





 


             平成18年文教厚生常任委員会





1、開催日時


  平成18年3月2日(木)  午前10時01分 開会


                午後 2時15分 閉会





1、場所


  第1委員会室





1、出席委員(9人)


  ◎委員長  〇副委員長


      ◎瀬 川 光 子   〇岩 城 一 夫


       小 谷 宗太郎    大 伴 雅 章


       坪 内 正 人    野 坂 京 子


       西 村 厚 子    大 谷 厚 子


       八 木   浩





1、欠席委員(0人)





1、市から出席した者


  小林助役  武田企画部次長兼総合交流センター館長


  谷川政策推進課政策企画担当主幹  森政策推進課政策企画担当主幹


  西小路(哲)情報管理課長  大角環境経済部長  春田環境経済部参事


  上村環境経済部次長兼環境業務課長  長谷川環境政策推進課長


  中村環境政策推進課主幹  鈴木田(美)環境政策推進課環境政策担当主幹


  尼子健康福祉部長  五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長


  岡山健康福祉部次長兼児童福祉課長


  熊谷健康推進課長兼乙訓休日応急診療所長兼保健センター所長


  池田健康推進課保健活動担当主幹  稲田保険年金課長  竹内保険年金課主幹


  鎌田社会福祉課主幹  岩岸社会福祉課主幹  伴野(満)児童福祉課主幹


  釼持障害福祉課長  安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長


  伴野(貢)高齢介護課主幹  芦田教育長  小幡教育次長


  森本教育次長補佐兼(教)総務課長  下野学校教育課長  大八木学校教育課主幹


  原学校教育課総括指導主事


  西小路(清)生涯学習課長兼埋蔵文化財調査センター所長兼中山修一記念館長


  塩谷青少年スポーツ課長  松尾青少年スポーツ課留守家庭児童担当主幹


  橋本中央公民館長  西村図書館長  小泉北開田児童館長





1、議会事務局


  岩岸議会事務局長





1、傍聴者


  〔議  員〕( 1人) 梶原宗典


  〔新聞社等〕( 0社)


  〔市  民〕(14人)





              (午前10時01分 開会)


○瀬川光子委員長  おはようございます。それでは、これから文教厚生常任委員会を始めさせていただきます。


 今日は傍聴の方がいらっしゃいます。途中で入られる方もあるかと思いますが、よろしいでしょうか。


              (「異議なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  はじめに、委員の皆様に申し上げますが、発言の取り消し、または訂正につきまして、取り消しにつきましては、委員の皆様の承認が要りますし、発言の訂正につきましては、委員長の承認が要るということをよろしくお願いいたします。


 それでは、第2号議案から順次始めたいと思います。


 第2号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  おはようございます。それでは、第2号議案 乙訓福祉施設事務組合の共同処理する事務及び乙訓福祉施設事務組合規約の変更について、御説明を申し上げます。


 皆様も御承知のとおり、平成18年4月から障害者自立支援法がされることに伴い、新たに障害程度区分認定審査業務が必要となります。そこで、乙訓二市一町で協議を重ねてまいりました結果、乙訓福祉施設事務組合におきまして共同処理することとするとともに、障害者自立支援法の施行に伴いまして、若竹苑並びにポニーの学校の施設運営を行うことなど、乙訓福祉施設事務組合における所要の規約を整備する必要があることから、地方自治法の規定によりまして、構成団体の議会の議決を必要とするものでございます。


 それでは、お手元の資料の参考資料をごらんいただきたいと思います。参考資料の新旧対照表をごらんいただきたいというふうに思います。


 まず、3条でございます。障害者自立支援法に基づく施設運営となることから、障害者自立支援法を表記したものであり、4号に新たに障害程度区分認定審査業務を共同処理する事務に加えたものでございます。


 次に、第12条の組合経費の支弁方法でありますが、新たにこれも障害程度区分認定審査業務を共同処理するための経費負担割合について、均等割10%、人口割90%として協議が整ったものであります。


 第3項に、若竹苑の入所者割合の基礎数値を予算編成時の数値に合わせたものでございます。


 なお、審査会の委員の構成でございますけれども、医療関係者4名、福祉関係者6名の10名で2つの合議体となるよう検討をしているところでございます。


 以上、簡単ではありますけれども、説明とさせていただきます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 御質疑ございませんでしょうか。


○大伴雅章委員  ないようですんで、若干聞いておきたいことがございます。合議体数が2つということですが、いわゆる対象総件数はどのぐらいですか。


○釼持障害福祉課長  対象のケースとしましては、二市一町で、身体、知的、精神で361件でございます。


○大伴雅章委員  お医者さんが4名ということですが、その中で精神のお医者さん入られますか。


○釼持障害福祉課長  精神科のドクターと、それと身体の関係のドクターに入っていただけるようにということで考えております。


○大伴雅章委員  残り6名はどういう構成を予定されていますか。残り6名、ドクター以外の6名ですね。


○釼持障害福祉課長  各地域生活支援センターと、それから乙訓のGM、それと、あと当事者及び知的の関係のところから1名、施設の方から1名という形で考えております。


○大伴雅章委員  それと、いわゆる合計10名ですけれど、5人ずついうことですよね。それの、いわゆる二市一町でやるわけですから、地域構成はバランスよく、それは気を使うてやらはるわけですか。ドクターも、そのケアマネさんなんかも含めて。


○釼持障害福祉課長  地域につきましては、施設のあるのが長岡がほとんどで、向日市が1施設ということになっておりまして、その中から、向日市でしたらひまわりの方から出ていただくという形になっております。あと、支援センターの関係も、長岡の方に2支援センターがございますんで、そちらの方からという形になっているんですけれども、あと、施設の方から、知的と身体当事者という形では、どういうような形でということは、バランスというのはまだ見つかっておりません。


○大伴雅章委員  1点、こうするというのが一番妥当だなと、もちろん思っているんですけれど、ちょっと心配点がございますんで、そのことについてお聞き、あるいは要望したいんですけれど、二市一町でやるわけですから、これはほかのこともそうなんですけど、少し制度にばらつきがあったりとか、いろいろございますよね。そういうところで、実際にこれは二次判定やるわけですけれど、一次判定はもう共通の106項目ですか、一応聞いて、コンピュータで判定をしてというあたりなんですが、実際の一次判定に行かれる方、これ、二市一町にばらつきは、人のばらつきは当然あるんですけれど、制度上の例えば一応市なり町なり、行政が直接やるのが、たしか割合決まってますよね、61%とか、39%とか。長岡京市は、ちなみに一次判定の方をどのように、その割合から言うて、行政が全部行くのやとか、いや、許す限り委託するのやとかという考え方はもうお持ちですか。


○釼持障害福祉課長  一応60%は行政の方で対応する予定をしております。それ以外については、キャンバスとかアンサンブル、そういう支援センターの方に委託をすると。それ以外に、在介センターの方にも、今回、研修を受けていただいていますんで、そちらの方にもお願いするということで考えております。


○大伴雅章委員  非常に妥当だと思います。ところが、向日市さんは、例えばどういうふうに考えられているかは御存じですか。


○釼持障害福祉課長  今お聞きしているのは、向日市は直営で調査専門の方がおられるということでございますんで、そちらの方にお願いするという形のことはお聞きしています。


○大伴雅章委員  直営でお願いをする。職員が4名行くいうことですね。


○釼持障害福祉課長  職員が4名おられます。


○大伴雅章委員  つまり、行政職員が行かれるということですね。


 例えば、そのあたりで心配なんですけれど、一次判定で一番、これは項目が全部一律で一緒ですから問題ないと思うんですが、実際に聞くときに、違うとこが特記事項だけありますよね。特記事項というのは、その担当者が当事者の方にいろんなことを聞き出して書くわけですよね。そのあたりというのは、聞き方によって、やはりいろんな意味で障害をお持ちでございますんで、聞き方によっては答えが違うんですよね。これは一定のマニュアルはあるにしても、本当に言えるような聞き方ができるかどうかという力量の問題で、やっぱりかなり一次判定が変わってくるということは、今、学会で言われていますよね。そのあたり、非常に私も正直危惧するんですけど、これ、長岡の問題じゃないんですけれど、二市一町でやるに当たっては、かなり長岡京市が非常にまともな判断をされているというまず前提で言いますと、かなりやっぱりリーディングしていかんなんというふうに思うんですよ。それは向日市さんの判断ですから、職員が行くというのはいいわけですけれど、極端な話ですよ、もちろんそういうことを考えておられると思いますけれど、4月1日に異動で障害福祉課へ行った人がいきなり行かんならんとか、可能性はなきにしもあらずですよね。そういうことをほんまにできるのかというのを物すごい危惧持っとるんです。よその市町村のことやけれど。


 例えば、このことだけやなくて、先ほど言いましたように、制度上でいろんな差がございますよね。例えば移動介護にしても上限設定が違いますよね。そのあたりの判断の仕方の問題であるとか、かなりその辺はもう調整されているわけですか、二市一町で。


○釼持障害福祉課長  一応そのような上限設定についても、今後、話し合ってある一定の方向性を定めていきたいなということと、二次判定につきましては、せんだって研修会があった段階で、保健所の所長やらとお話しまして、一定の調査の方法、聞き出し方とかいうのも一応マニュアルをつくっていった中で、だれが行っても同じようなレベルぐらい出るようにという形で調整をしていこうというふうな形で、今、話し合っております。


○大伴雅章委員  ぜひ、これは要望ですけれど、かなりの部分で、やっぱりそういう一次判定で行かれる方の力量によって、結果において判定が変わるというふうなおそれが危惧されますんで、特にうちの場合は大丈夫かなというふうには思っているんで、そういうあたりも、やっぱり二市一町でやられる限りは、かつてそうでしたけれど、障害福祉はずっと長岡がリーディングしてきましたけれど、このことも同じだと思いますんで、大変だと思いますけれど、ぜひその辺を意識して、具体的な、これは言いにくい話もあると思いますけれど、そういう実態を踏まえてリーディングしていただけるようにお願いしたいという要望をしておきます。


 それと、ここでしか聞けないんで、聞いておきたいことがあるんですけれど、自立支援法の関係で、今、政令、省令がまだやというのはありますよね。非常に大事な最後のところがなかなか決まってないということがあるんですが、御存じかと思いますが、昨日、全国の課長会議を招集されてますよね。何か新しい情報ございましたですか。


○釼持障害福祉課長  まだ情報としては出てきてないんで、これから随時出てきた段階で整理はしていきたいなと思っております。


○大伴雅章委員  特に私、昨日の晩でしかないんですけれど、ちょっと情報があった部分なんですけど、いわゆる義務的経費にされましたよね、今度、全部ね。いわゆる裁量的経費から義務的経費になった、このことは自立支援法でいいんですが、実はそのマジックがありまして、それぞれ居宅関係、施設関係は全部昔から義務的経費でしたけど、居宅関係、我々が、つまり、地域の中で障害者の方が行き来していこうというふうな理念の中で考えるならば、居宅関係なんですよね。その居宅関係が、実は義務的経費になったというふうなことは言われてるけど、マジックなんですよね。全部政府が上限設定してきよるわけでしょう。例えばホームヘルプでも何時間ですよと、こういうふうにやってきようでしょう。超えた部分は裁量的経費、つまり、市の勝手ですよと。これが自立支援法の考え方ですよね。だから、本当にその上限設定というのが1つのポイントになるわけですよ。


 例えばホームヘルプ、例えばサポートヘルプやったら、うちの場合、15という設定されてますよね。これは常識的な数字や思うんですが、これは市町村によって違う。京都市なんか64やっとる。その中でどこで線引いてくる。このことによって市町村の持ち出しが物すごく増える話ですよね。そのあたりというのは、昨日、ちょっと情報が出たみたいなんですよ。このことによって予算の、これは予算審議でやりますけれど、予算審議の中身が変わってくるわけで、この一週間、大変やと思いますけれど、きちんと情報取っていただいて、予算はこう出したけど、こう変わるよみたいな話が多分出てくると思うんですよ。その辺をしっかり情報を、私も提供いたしますんで、全国課長会議、かなりもめたみたいですけど、絶えず情報量が勝負やと思いますんで、絶えず今まで長岡京市が障害福祉をリードしてきたんは、僕は情報量やと思ってますんで、ぜひその辺もしっかりと把握なされて、私どもも協力いたしますんで、しっかりとした数値をつかんで、具体的にあと財政との話になりますよ。


 実際、うちの場合、かなり事業実績、地域生活支援事業なんかが全部裁量的経費でしょう、あれ。言うたら、市で勝手にやりなさいなんですよね。しかも、おまけに今まで1つ1つの事業が積み上げの補助金やったんが、統合補助金でしょう、あれ。だから、かなり苦しいんですね。うちらレベル高くやってたとこは、実際おまえとこの勝手でやれよと。単費事業やぞみたいなことを言われるわけでしょう。それが昨日なんかの会議、あるいは次にもう1回修正が出るかもわからんのですが、それで決定されて、予算案出されてますけど、あの予算案どおりいくかどうかというのを非常に心配なされると思うんですよ、財政も含めてね。そういうあたりで、しっかりとしたうちの今までのきちんとした障害福祉を守ろうという努力をされているのは予算を見てわかったんですけれど、ここ一週間というの、かなり情報量の勝負ですから、ぜひちょっとその辺精査して、財政当局とも詰めて、場合によったら補正対応みたいにならんなんかもわからんし、それと、今日は市長おられませんけど、助役さん、ぜひ京都府なんか、その辺しっかりと原因課からお聞きになられて、言うべきことを言わなあかんと思うんですよ。京都府にも、京都府を通じて国にもね。かなりうちの場合は、市の事業というのは地域支援生活事業という枠組みになるんですよ。これは自立支援法の基本理念として全部義務的経費にするよ言うとるけど、実はそれは裁量的経費になってるんですよ。つまり、上限設定して、上はもう勝手にやりなさいなんですよ。うちの場合は、かなり上限が、質を含めて、成熟度を含めてかなりのサービスしとるわけですよ、助役さん。そのあたりで、本当にしっかりやってた市町村が、国のこの法律のおかげで下げんならんという結果が出そうなんですよ。そういう認識を理事者としてしっかりと原因課から聞いていただいて、府なり国なりに要望していただきたいと思いますんで、市長ともどもよろしくお願いをしたいと思います。これは要望です。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○瀬川光子委員  今の認定審査の件なんですけれども、これは非常に障害者にとって重要というのか、命にもかかわる問題だと思うんですね。この障害区分がどうなるかで、本当にもう大変なんですけど、モデルケースがあちこちでやられていますね。それに対して障害程度を低くなったというのがかなり聞いているんです。そういうことがあっては大変なんですが、今も介護保険制度の認定審査会やっていますけれども、一次審査と二次審査の判定が随分いろいろ格差があったりして、そういう状況もあって、特に障害者がこういうことになれば非常に大変なんですけれども、今聞きましたら、認定審査員の方も一応当事者も含まれて、いろいろバランスのとられた審査員ということを聞いております。本当に障害者の実態に見合ったものになるようにということを私はもう切に願いたいというのと、それから、これ、どれぐらいの間隔で行われるんですかね。その合議体の審査会みたいなのは。まだそれはわかりませんか。


○釼持障害福祉課長  開催につきましては、とりあえず10月までに、ある一定の全部、現在の支援している部分が合議体の中で障害程度区分を決めていかなければならないんで、当面の間は、基本的には毎週ぐらいやっていかないと、全体の数をこなせないん違うかなというふうには聞いております。


○瀬川光子委員  とりあえず実態の見合ったものにしていただきますように、よろしくお願いしておきます。


○大伴雅章委員  今、委員長の発言で、合議体に当事者が入っているなとおっしゃいましたけど、当事者入るんですか。


○瀬川光子委員長  先ほどおっしゃいませんでしたか。


○釼持障害福祉課長  当事者という、身体の方の当事者が入っていただけるということで考えております。


○瀬川光子委員長  この件について、よろしいでしょうか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、続きまして、第6号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  第6号議案 公の施設の指定管理者の指定について、御説明申し上げます。


 公の施設の名称は、長岡京市立地域福祉センターきりしま苑でございます。指定管理者は社会福祉法人長岡京市社会福祉協議会でございます。指定期間は平成18年4月1日から平成21年3月31日まででございます。


 次に、参考といたしまして、別紙に掲げております選定経過をごらんいただきたいというふうに思います。


 まず、指定管理者の募集でございますが、本年1月17日から23日の間、募集を行い、2番目でございますけれども、応募者数は1件であったということでございまして、これは社会福祉法人長岡京市社会福祉協議会であったということでございます。


 選定の方法でございますけれども、選定委員会による書類審査及び面接審査で選定を行ってきたところでございます。選定基準については、4のとおりでございます。


 なお、本日、資料といたしまして、いわゆる長岡京市立地域福祉センターきりしま苑指定管理者候補者関係資料ということで、お手元にお配りをさせていただいております。後ほどお目通しをいただければありがたいというふうに思っております。


 以上、簡単でございますけれども、説明とさせていただきます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 御質疑ございませんでしょうか。


○野坂京子委員  昨日も我が党の浜野議員から、指定管理についても一般質問されたと思うんですけれど、その中で、今、きりしま苑が法人格として委託を受けてやっておられて、この指定管理ということに移るというところなんですけれど、公募をしてまで指定管理するというか、その合理的理由、本当に異なるのかなというとこら辺で、わざわざ公募をする必要性は本当にあるのかなって思ってたんです。その中で、御答弁あったと思うんですけれど、公募をすることにより、何か意識をしっかり踏まえていただいて、公の施設の管理であるということを認識していただくというような御答弁があったと思うんですけれど、その辺で何か変に勘ぐってしまったんですけれど、何かそういう認識していただく、しっかり意識していただくというとこら辺で、じゃあ何かこのきりしま苑であったのかというふうに思ってしまったんですけれど、余りにも勘ぐり過ぎなんでしょうか。よろしくお願いします。


○尼子健康福祉部長  今回の今の地方自治法の改正の趣旨が、いわゆる指定管理者を入れるということで、いわゆる民間の企業も含めてそういった、1つは、こういう言い方が妥当かどうかわかりませんけども、いわゆる競争の原理を、作用としてはそこで持たせる。そのことによって、質の高いサービスの提供ができればという1つの趣旨があろうかというふうに思います。


 もう一方、この公募ということが1つは原則になって、私どもの方のいわゆる手続条例の中ではそれを原則としてまいっております。したがいまして、公募以外で、緊急でのただし書きの対応で公募以外で選定するという余地はあるわけでございますけれども、基本は公募ということになっております。したがいまして、この条例が優先して守らなければならない、それこそ、法令遵守ということの立場でいきますと、この手続条例に従って公募を原則とするということになってまいります。


 ただ、この選定に当たって、当該社会福祉協議会がいわゆる社会福祉法の地域福祉を担う大きな役割を持っているということの法的な位置づけがございまして、社会福祉協議会に担っていただきたい、有力なそういう意味では候補であったということも、以前に説明をさせていただいたかと思いますけれども、そういう状況の中で公募をしてきて、結果的に社会福祉協議会が決定された、指定したいということでございます。


 以上、説明とさせていただきます。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○大伴雅章委員  今日いただいた資料ですが、8ページ、9ページ、10ページに、18年度からそれぞれの収支予算書がございます。これについて、あとの補正につきましてもちょっと関連がございますんで、中身聞きたいんですが、下から3行目、修繕費ですね、これは日常的な設備・施設の修繕料だというふうに解していいわけですか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  委員のおっしゃるとおりです。


○大伴雅章委員  わかりました。


○瀬川光子委員長  よろしいですか。ほかにございませんか。


○瀬川光子委員  済みません、少し。指定管理者が社協になったということはよかったと私も思うんですけれども、先ほど、部長の方からもおっしゃいました、本当に地域福祉を担う大変大事なところだと思うんです。この中で、まだしっかり読んではおりませんが、事業内容ですね、先ほど、競争で質の高いということをおっしゃったんですが、ちょっとその辺で、本当に質が高くなるのか、質が下がらないかというとこが、すごくサービスが下がらないかということが非常に心配なんですが、事業内容は、前というのか、今とは変わらないんですか、全く。それをお聞きしたいと思います。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  基本的には高齢福祉介護課から出されておる、今までの委託事業の考え方でやっておりますので、変わりません。


○瀬川光子委員  例えば、ちょっと細かいことになりますが、訪問入浴というのがありますね。前からかなりあの件については、使う人が少ないから採算が合わないということをおっしゃってたことを聞いているんですが、そういう部分が1人でも2人でも、その市民の方から要望があればしていただきたいとは思うんですが、その辺で削られるようなことはないのかどうかということが、例えばそういうことが市民にとって不都合なことになるというのか、サービスがなくなるとか、そういうことにはならないんでしょうね。それだけちょっと確かめておきたいんですけれど。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  今、委員おっしゃった訪問入浴につきましては、介護保険事業ということで、このきりしま苑の委託とは切り離して考えでおりますので、よろしくお願いいたします。


○瀬川光子委員  それと、予算と決算みたいな収支報告というのか、そういうようなのは議会にお示しになるんでしょうか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  一応条例上、事業終了後30日以内に報告を受けるようになっておりますので、その際、他の例えば社会福祉法人の決算などを公表するというような法的規定はございませんが、市決算時に資料要求なりされれば、大分ボリュームもあるかと思いますので、閲覧資料なりで御提示は当然公開させていただくことになると思います。


○瀬川光子委員  わかりました。よろしくお願いします。


 以上です。


○瀬川光子委員長  第6号議案につきまして、ほかにございませんか。


○小谷宗太郎委員  ちょっと私は、この11ページの採点結果表というとこ、これは今後のこととやっぱりかかわっていくんじゃないかということで、お聞きしたいんですけども、いろんな項目で採点がされていっているんだと思うんですけど、これは実際、600点満点で473点、これは結果として今回言われているんですけども、具体的に、例えば大きく評価項目としては、1、2、3、4という形で、4項目上げられているんですけども、もちろん細部に関する評価も行われていると思うんです。その細部の評価項目とか、大体全体で何項目ぐらいの採点チェックを行っているのかというのをちょっとお聞かせいただきたいんですけれども。


○瀬川光子委員長  どなたか。


○谷川政策推進課政策企画担当主幹  地域福祉センターでございますが、まず1点目の事業実績につきましては4項目、そして、2点目の事業計画につきましては9項目、そして、3点目の施設管理につきましても9項目、そして、経費につきましては1項目でございます。


 なお、これは応募要項のいわゆる条件というような形で、その部分について、事業計画を出していただいている部分についての判断ということの形になります。


○小谷宗太郎委員  そうすると、23項目の判定で、今回、ここの473点取ったという形のとらえ方でよろしいですかね。


○谷川政策推進課政策企画担当主幹  まず、順序といたしましては、第1項目めの実績につきましては、トータルでいわゆる100点になるような形で協議をさしていただきまして、20点でございます。こちらの11ページにございますけども、配点20点、そして、事業計画は45点、施設管理につきましては30点、そして、経費につきましては5点というふうなトータルの点数を設定をさしていただきました。それぞれの項目ごと、それぞれの点数に配分して、また係数を掛けて点数というような形にさしていただいております。すべて満点であれば、今申し上げましたように、1人100点というような形になります。600点は、6人の選定委員さんですので600点というような形になると。


 以上でございます。


○小谷宗太郎委員  実を言うと、結論的に言いますと、この100点満点で、うちの長岡京市は、ちょっと言うと、事業計画が45点、施設管理が30点、経費が5点とかいうふうな方で配点の仕方してるんですけども、ほかの都市はどうなんかは知りませんけれども、それが妥当なのかどうなのかというところをちょっと考えているわけで、1つ、ぜひ1点要望として、今後、採点していく中で、その点数の配分等について、妥当性があるのかどうかという、1つ、検証も行っていただければということでお願いしときます。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、続きまして、第7号議案の説明をお願いいたします。


○小幡教育次長  第7号議案 公の施設の指定管理者の指定についてでございます。


 同じく指定管理なんですけども、こちらの方は、施設名としましては西山公園体育館、それから長岡京市立スポーツセンター、それと、天満宮のグラウンドにございます長岡公園球技場にありますテニスコート、この3点の施設でございます。


 それから、指定管理者につきましては、財団法人長岡京市体育協会でございます。


 指定の期間につきましては、平成18年4月1日から21年の3月31日までということでございます。


 参考につきましても、次のページ、先ほどの6号議案と同じく、管理者の募集期間は同じですので、省略さしていただきます。


 募集状況につきましては、応募は1件だけでございました。


 それから、選定方法は、こちらに書かしていただいています、次のページまであります(1)から(7)まででございます。


 それと、お手元の方に配布さしていただいております資料でございます。前半12ページまでが今回の体育館、スポーツセンター及びテニスコートの分の指定管理にかかわるものでございます。


 1ページから7ページまでが、向こうの方の公募のときに提出されました応募のときの事業計画でございます。


 それから、8ページが18年度の収支予算案として出されたもの、9ページは19年度分、10ページは20年度分、3年間出せということなんで、3年間を出させていただいております。


 それから、11ページが評価の結果でございます。100点満点にして76点、それから、12ページの方は、体育協会の現在の概要をここに示さしていただいております。


 簡単ですけども、以上でございます。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 御質疑ございませんか。


○大伴雅章委員  今日配られて、今見たとこなので、ちょっと私も、先ほど、きりしま苑のときに質問をミスったんですが、もう1点あったんですけど、同じ共通事項ですんで、確認をしたいんですが、いわゆる今回のこのテニスコートの資料ですと、8、9、10ですか、それぞれの収支、予算書ですか、ありますけれど、つまり、従来ですと、例えば私も予算精査してないんですが、体協への管理委託料 イコール スライドというふうに考えていいわけですか。


○小幡教育次長  従来ですと、使用料というのは全部市に入ってましたけども、今後、指定管理料として体協の方、指定管理者の方に入ります。ですから、そこの分、従来の委託料からその分がさっ引いているというふうな考え方していただいたら、あとはそのままいっている。ただ、これはあくまでも施設の管理運営に係る部分だけをということで、例えば従来から体協が独自に事業をしてたり、運動会やってもらっているとか、うちがお願いしている分とか、それの体協としての人件費も含めて、管理運営にかからない部分というのは従来どおり残っておりますので、ちょっとそういう意味、2つに分かれたというふうに理解していただいたら。


○大伴雅章委員  非常に申しわけないですが、委員長の許可をもらいたいんですが、同じ趣旨の質問を先ほどの社協の収支決算書にもしたいんですけども、戻ったらあきませんか。


○瀬川光子委員長  済みませんが、ちょっとそれは許可できませんので、失礼します。


○大伴雅章委員  ほんなら結構です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○大伴雅章委員  ただ、要望しときます。今、配られて、すぐ見てというのはやっぱりつらいですね。今みたいな件がございますので。できましたら、ちょっと前日ぐらいにいただけたら、精査できるので、特にやっぱり収支決算書なんか、今お聞きした、体協の件でお聞きしたように、社協が多分管理委託料がそのままスライドされているのかなという確認だけをしたかったんですが、今見て、今ですからね、ちょっとつらいので、委員長、そのことだけ、資料、できたら重要な資料は前日作業ということでお願いをしたいというふうに要望しときます。


 以上です。


○瀬川光子委員  この指定管理者になるのは、3つの管理者になるわけですけれども、こういうケースはちょっとめずらしいのではないかなと思うんですが、スムーズにこれいくんでしょうかね。ちょっと心配なんですけれども。


○小幡教育次長  確かに、受託、指定管理者としては体育協会、財団法人さん1つなんですけども、そちらの方の職員、スタッフを分けて、それぞれのところに配置したり、また、そういった人を配置することによって管理運営はできるというふうに考えています。


○野坂京子委員  すごく複雑だなって思って聞いているんですけれど、委託されるのが、何か一部をこっちにお願いしてみたいな状況なんですよね。そういうことからも、すごく何か複雑で、私も勉強不足だとは思いながら、こういうことで本当にスムーズにいくのかなという何か懸念を持つんですけれども、大伴委員と一緒で、やっぱりこれを少し早く資料でいただきたかったなって思うことと、それと、体協の方の関係の、今、理事やっておられる関係の方からも、その役員構成の面とかでは支障ないんですかね、兼職されることになるんですが。支障ないんでしょうか、お尋ねします。


○小幡教育次長  確かに、体協の理事者に1人、市職員は行っておりますけども、それは体協の方の本体の方なんです。管理運営につきましては、施設の方の管理運営をするとか、そちらの方には市の出向職員が行くとか、そういうことは今後は避けたいというふうには思っております。


○瀬川光子委員長  よろしいでしょうか。


○瀬川光子委員  もう1点だけ、済みません。この指定管理者になることによって、市民のサービスの低下にならないかというのが一番大事なところなんですが、このあたりは使用料の辺で変わることはないんでしょうかね。一応規定がありますかね。


○小幡教育次長  使用料につきましては、上限は条例で定めておりますので、その条例の範囲を超すことはできませんので、その範囲でということになりますので、変わりません。


○瀬川光子委員  わかりました。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、続きまして、第8号議案の説明をお願いいたします。


○小幡教育次長  第8号議案 同じく指定管理なんですけども、こちらのJR西口にありますバンビオ1番館の市民交流フロアと、それから中央生涯学習センターにつきましての部分でございます。公の施設は、今申しました市民交流フロア及び中央生涯学習センター、それから、指定管理者につきましては、大阪ガスビジネスクリエイト株式会社でございます。指定期間につきましても、平成18年4月1日から平成21年3月31日まででございます。


 次のページの参考でございます。


 1番、また期間は飛ばさせていただきまして、2番の募集状況です。募集は2件ございました。大阪ガスビジネスクリエイト株式会社と財団法人京都ユースホステル協会、この2者がございました。選定の方法につきましては、従来と一緒ですので省略さしていただきまして、選定基準につきましても、(1)から(4)ということでさしていただきました。


 それから、お手元の資料なんですけども、13ページからが生涯学習センター、それから市民交流フロアに係る分でございます。


 企画書としまして、13ページから順次37ページまでが基本的にビジネスクリエイトの方から提出されたものでございます。


 それから、次が、18年度、19年度、20年度のそれぞれの収支予測が出されております。これが46ページまでございます。47ページが採点表でございます。


 48、49ページがビジネスクリエイトさんの方の会社概要でございます。


 簡単ですけども、以上、説明とさしていただきます。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 どなたか、御質疑。


○大伴雅章委員  繰り返しになりますけれど、同じ質問をいたします。


 38ページからですかね、それぞれ収支予算あります。具体的に言うたら、今までと財政面でどう異なるのかという質問です。


○小幡教育次長  従来、去年の5月の20日からオープンして、これも指定管理にしてたわけなんですけども、5月20日からですので、若干総トータルといいますか、利用料金も、それから指定管理料も、この18年度からは4月から3月までということになりますので、期間も多くなりますから増えております。そういう意味では増えておりますけども、基本的には変わっておりません。同じパターンできております。


○大伴雅章委員  再度要望しておきますが、やはり今も、これ、物すごいページ数にわたる資料をいただきまして、49ページですか。やっぱり助役さん、これつらいですよ、当日渡されてね。正味このポイントになるのは、チェックのポイントになるのは中身の話と財政面の話ですやん。今までとどう金の出入りが違うんやということと、今までとどう中身が違うんやというのが僕は焦点やと思うんですよね。それをいきなり今日、ばんとこんな資料渡されて、これは無理ですわ。中身については、今までやっている、変わりないよということで、ほとんどわかるにしても、やっぱり金もそうなんで、そういうしっかりと、どういうんか、理解できるような格好で、ちょっと事前に資料提供いただきたいと思います。再度要望しときます。


○野坂京子委員  今現在、ビジネスクリエイトさんが委託業務受けておられて、今回、また指定管理ということでして受けるわけですけれど、私が議員になる前に委託業務されたのはプラネットワークさんだというふうにお聞きしてまして、途中からこれ、変わっているんですよね。済みませんけれど、権利譲渡の禁止というとこら辺での違反というとこら辺にひっかかるのではないかということで、すごくまた引き続き2者の方が募集というか、公募に応募されたというとこら辺では、選定の点数なんか見たらいいんでしょうけれど、すごく不安が残るというか、済みませんけれど、移行、どうして移ったのか、新人議員ですので詳しく教えていただけたらと思うんですけれど。


○小幡教育次長  昨年のスタートしましたときは、確かにプラネットという会社でございました。これは3月31日まで、プラネットさんの方で、今、指定管理お願いしております。ただ、昨年7月1日で、いわゆる商法に基づく会社分割によりまして、こういった指定管理を受ける業務の中身が、同じく大阪ガスのグループやったんですけども、大阪ガスビジネスクリエイトの方に移るというふうな、向こうの方の経過がございました。ただ、それでは大阪ガスの方に私どもの方は移せませんので、現在は同じくプラネットさんがそのまま引き継いで事業をやっていただいております。ただ、そのまま同じスタッフのメンバー、それから、会社の方の財政的な支援も含めて、3月31日までは出向扱いとか、そういった形で配慮していただいていますので、そのまま続けてますけども、4月1日からは新たなということで、今回、募集を再度さしてもらったわけでございます。その中で、2者の中で採点が高かった方ということで、大阪ガスビジネスクリエイトさんに今回提案さしていただいているということでございまして、したがいまして、現在、プラネットにいる、この市民交流フロアとか生涯学習センターにいるメンバーそのものは、7月1日以降は大阪ガスビジネスクリエイトに本席はあるんですけども、出向してます。ですから、それが4月1日からは本籍出向を解かれて、本籍の方に戻って、そのまままた同じく業務を続けていただけるだろうというふうには思っております。


 以上で、もし補足がありましたら、また質問いただければさしていただきたいと思います。


○瀬川光子委員長  よろしいでしょうか。


 ほかにございませんか。


○小谷宗太郎委員  先ほど、採点についての検証の要望を入れたんです。実を言うと、先ほどの部分とかは、もう募集をかけて1者しか出てこなかったんですけど、ここでは初めて2者出てくれば、その意味、内容が非常に出てくるかと思うんですけれども、今回、大伴委員も言われてますけども、審査の当日に資料を出されて、非常に困るという話も、もちろん僕もそのとおりで、非常に困っておるんですけども、それにつけ加えて、やはり事業計画書というのが1つのポイントになってくるかとは思うんです。やっぱりその公金を採点結果によって決定された指定管理者に渡す、やはり広くその事業計画書を見てもらうというふうな流れの中で、以前からうちのほうれんそうの会も言ってるんですけども、公開について、事業計画書の方の。今日提出されているこちらの13ページからのところは、例えば大阪ガスビジネスクリエイトさんだけのものでしかないわけです。実際に京都ユースホステル協会さんも応募に募集されていたわけで、どのような事業計画書を出されたのかわからないんですけれども、やはり出されるんであるならば、やっぱりその募集に応募してきた会社、2社分のを出していただいて、比較検討がどのような形で採点されて、このような結果になったのかというふうなことがわかるような形で、ひとつ提示の方をお願いしたいなということで、ひとつ要望の方を入れておきたいと思います。そうすると公平な採点内容であったとかいうふうな判断もできますんで、よろしくお願いします。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員  なければ、よろしいでしょうか。


 私も、前にプラネットワークのときに、実績があるということで、一応賛成討論をさしてもらった立場で、非常にどうだったかなって、こういうことになって思うわけなんですけれども、3年契約の途中でこういう業務変更が行われるということは、本当に前代未聞では、全国調べてもないのではないかと思うんですけれども、今ちょっとその経過も少しお話しいただいたんですけれども、このことになって、反省と経過報告がありましたかね。


○小幡教育次長  議会に対してという意味でございますか。


○瀬川光子委員  はい。


○小幡教育次長  途中経過は1回、報告は6月議会やったと思いますけど、さしてはいただきましたけども、ちょうどそのときに業者名が7月に変わったと。以後の直近の議会やということで、そのときには報告はさしていただいてます。


○瀬川光子委員  私、こういう大事なことは、きちっと早くに文書ででもいいですから、経過報告をしていただきたいと思うんです。


 それと、今回、また選定があったわけですけれども、2者に対して。この選定も、前のと同じような選定方法だったわけですが、また選ばれたわけですけれども、どの辺で選定がオーケーになったのか、それ。同じことであれば、また同じことが繰り返されるのではないかなという心配がされるんですけれども、何かその選定のときの、今、採点があるわけですけれども、ここを特に注意して今度はしたというところはありませんか。


○小幡教育次長  当然商法に基づく会社分割なり、そういうことの辺は質問のポイントとしては聞かしていただきました。それと、ほかの委員さんの方々のポイントとしましては、ちょうど資料の24ページから25ページ、26ページにかけてなんですけども、特に25、26ページにかけては、従来の長岡京市で取り組んできた社会教育とは違う、生涯学習としての期待があるということで、大きくユースホステルさんよりもポイントが高かった点だということでございます。


○瀬川光子委員  結果的にはここになったわけですけど、親会社は一緒なわけですよね。それで、ほかに候補者として財団法人京都ユースホステル協会ですか、あったわけで、点数は低かったんですけれども、やはり親会社が同じというとこら辺では、非常に心配するわけですね、私は。やっぱりこういうところにまた申し込みをする自体も、私、おかしいと思いますし、きついこと言えば。また契約することもおかしいと私は思いますんです。すごく大事な場所でもありますので、この辺は非常にちょっと心配だなと思いますので、その旨を申し上げておきます。


 以上です。


○瀬川光子委員長  それでは、ございませんね。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  次にまいります。


 第11号議案の説明をお願いいたします。


○大角環境経済部長  それでは、長岡京市まちをきれいにする条例の提案説明を申し上げます。


 生活環境の向上等に関する基本条例にうたわれておりますように、市民、行政、事業者が一体となってまちの環境美化に取り組み、市民の健康で文化的な生活を守り、良好な生活環境の保全を推進するために、また、清潔できれいなまちづくりを推進し、快適で良好な都市環境の実現を図るため、本条例を制定しようとするものでございます。


 この条例は、全3章19条で構成しておりまして、第1章総則の第1条では目的規定、第2条では用語の定義、第3条では市長の責務を定めております。市長は、清潔できれいなまちづくりを推進するために必要な施策の実施に努めるとともに、市民等の美化意識を高めるよう努力することを規定しています。


 第4条では市民等の責務を定めており、市が実施する施策に協力するとともに、ポイ捨てによりまちを汚さないように努めることを規定しています。


 第5条では事業者の責務について定めており、事業者は、市が実施する環境美化施策に協力するとともに、事業所及びその周辺を清潔に保つように努めることを規定しております。


 次に、第2章きれいなまちづくりの推進でございますけれども、第6条で喫煙の制限等について定めており、屋外では吸い殻入れを携帯し、または灰皿が設置されている場所で喫煙する等、ポイ捨ての防止に努めることを規定しています。


 第7条から第11条では、愛玩動物の管理、飼い主の遵守項目、宣伝物等の回収、屋外広告物による宣伝行為の制限、回収容器の設置等、それぞれ行為者ごとの責務を定めております。


 第12条から第15条までは空き地の管理について規定しており、第12条では空き地が不良状態にならないよう適正な管理に努めること、第13条では空き地が不良状態にあると認めるときの勧告及び指導を、第14条では空き地に準ずる土地に対する勧告等を規定し、第15条では空き地の所有者等が雑草等の除去ができないときは、市長に委託することができることを規定しております。


 次に、第16条では環境美化巡視員の設置について定めており、環境美化の推進を図るため、啓発活動のほか、人の混雑する場所等での巡視、その他必要な活動を行う巡視員を置くことができる旨を定めております。


 第17条では環境美化活動団体の育成、支援について定めております。


 次に、第3章附則でございますけれども、18条において調査及び指導について、19条では委任について定めており、条例の施行に関し必要な事項は施行規則で定めることとしております。また、附則において、この条例の施行期日を平成18年7月1日からとするとともに、従前定めておりました空き地に生えている雑草等の除去に関する条例(昭和50年長岡京市第18号)を廃止し、同条例の経過措置に掲げる規定を設けております。


 以上、簡単ですけれども、説明とさしていただきます。


 それと、お手元にこの条例の施行に伴います条例施行規則案をお配りしておりますので、参考としていただきたいと思います。


 以上、簡単ですけども、よろしく御審議をお願いいたします。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 どなたか御質疑ございませんでしょうか。


○小谷宗太郎委員  何点かあるんですけれども、基本的にこの条例を施行するに当たって、この条例に関する広報等も行う必要性がある部分があるかと思うんですけど、それに関する対策等、何か考えておられますかね。


○長谷川環境政策推進課長  まず、4月1日付の市民広報で条例の制定をした旨を伝えますとともに、また、530(ごみぜろ)運動、5月の30日前後に市民の皆さんに御協力をいただいてしている活動の中でもお願いをして、また、環境月間、6月に環境月間がございます。そのときにも、条例の施行が7月ですので、6月にもその旨の啓発をしていきたいと考えております。また、9月が環境衛生週間とかがまたございますので、その機会もとらえまして啓発に努めていきたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○小谷宗太郎委員  例えば愛玩動物について書いてある。これは飼い主のマナーの問題等についても書いてあるかと思うんですけども、やはりこういうふうな方々に対する、例えば広報であるとかいった場合やったら、犬とかの予防接種のときとか、1つ、チャンスがあったりするんじゃないかと思うんですけれども、そのような機会を使って、より広く知れ渡るような形で広報をお願いしたいという要望が1点と、あと、この環境美化巡視員というのが今回設定されているわけなんですけれども、この環境美化巡視員の方々は、環境美化の推進を図るためだけに設置をされるという流れの解釈でよろしいんですか。いわゆる特化しているということなんですけど。


○大角環境経済部長  当然啓発ですけれども、啓発をしていただくための巡視員なんですけれども、今、想定しておりますのは、人が混雑する駅前、長岡京駅前と長岡天神駅前の両駅前で、その駅周辺を吸い殻等、空き缶等のごみ回収をしていただく予定をしております。


○小谷宗太郎委員  駅前周辺のごみ回収をしてもらうという流れに言っておられるんですけど、放置自転車の撤去の方々おられますね。あの方々にお願いすることでけへんのかと、いわゆる一緒にね。ごみの環境美化だけに特化せんと、放置自転車の方々と一緒にしたり、はたまた、これちょっと分野をまたぐんで何ともあれなんですが、最近、特に小学生や子供たちの危険がうたわれている中で、町中を回ってもらわれる中で、ひとつ防犯というのを加えてやっていただけるようなことがあれば、非常にありがたいかと思うんですけど、特化させるというのはどうかというような思いがしますので、1つ、特に言えることは、その放置自転車の方々とリンクできるん違うかなということなんですけども、その点、ちょっとお伺いしたいんですけども。


○大角環境経済部長  御指摘のように、自転車の関係も配置して、建設部の方の所管になるんですけれども、やっておりますし、その辺とは十分調整して対応していきたいと思います。


○小谷宗太郎委員  極力、やっていることもほとんどよく似たものなので、一緒にされるような流れになるような、1つ、要望を入れておきたいと思います。


 以上です。


○大伴雅章委員  私、基本的にはこの条例に賛成する立場ですが、一、二点聞いておきたい点がございます。この条例は、よそなんか、例えばポイ捨て条例なんかは罰則規定ございますよね、千代田区を筆頭に。罰則規定を設けられなかった理由をまずお聞きいたします。


○大角環境経済部長  平成15年で一応議会の方で取り上げていただいて、市長部局サイドで何とか条例制定に向けて取り組む姿勢を示したわけですけども、当初、広く市民に条例案を、罰則を設けた条例案を広く市民の方に御意見をお聞きした、パブリックコメントと言いますが、それを実施した結果、かなりの反響がございまして、賛成と反対がそれぞれかなりの思いを込めてあったものですから、もう一度しっかり検討し直そうということで、生活環境審議会を立ち上げまして、そこでいろいろ有識者と、また、公募市民等の御意見を聞く中で、一定答申をいただいたわけですけども、その答申では、確かにそういうまちをきれいにするという意味で条例の制定は必要であるということと、ただ、その罰則等を設けるに当たっては、やはりそういう社会的な合意形成、そういったものを十分踏まえて取り組む必要があるということを御意見をいただきましたので、当面はそういう啓発的な趣旨の条例から出発しようということで内部的に、今回、このような形になったところでございます。


○大伴雅章委員  非常に妥当だというふうにまず思うわけですが、社会的な合意形成というのは、具体的にどのようなイメージなものなのかということで、仮にそれがある程度、罰則規定というのが導入するべきとなった場合に、どういうようなタイミングでそれがなされるものなのかとか、私も基本的には、私は少なくともこれに賛成なんですよ。ただ、やっぱりこれを出したことによって、わからん話ですが、どこまで効果が出るか、あるいは、いろんな社会的な言動が出てくるかというのも、予測がしがたいこともあるんですけれど、その辺どのように今の時点で考えておられるか、お聞かせ願いたいです。


○大角環境経済部長  まず、先ほどのを少し補足しますと、毎年530(ごみぜろ)運動やってまして、ごみ回収、職員等が一斉に市内、通勤時にごみを回収しているということをやっておるわけでなんですけども、10年、20年前と、毎年やっているとそれほどわからないんですけども、10年、20年前のことをひょっと思い出すと、やはりごみの量が非常に減っている。ですから、マナーの問題なんですけれども、市民のそういった意味でのマナーの向上というのが、やはり一定見られるんではないかというふうな認識を持っております。ですから、そういう方向に進んでいるときに、あえてその罰則を設けて取り締まるということはいかがなものかということで、今回、こういう形にしたわけですけども、ただ、一部の地域においては、やはりまだかなり目に余るといいますか、そういった実情があるというのもお聞きしておりますので、そういったところが改まらない、どうしても、あるいは、むしろひどくなっていくというようなことになれば、一度指導するという権限はあるものの、それでもおさまらない場合、その地域の方々とか、そういったところの御意見をお聞きしながら、やはりこのままではどうもまちがきれいにならないということであれば、もう一度必要な手続を踏んで、条例の見直し等をしていくということは考えられると。今の状況ではそういうふうに考えます。


○西村厚子委員  済みません、今日、初めて質問しますけど、この環境美化巡視員の構成メンバーというか、これ、ここの下にありますように、各種団体及び事業団の中から出られるのか、それとも、広く市民の中で、私もこのメンバーにというふうに公募的にもされるのか、ちょっとお聞きしたいんですけど。


○長谷川環境政策推進課長  巡視員と環境美化活動団体とは別物です。巡視員は、先ほど部長の方から答弁いたしましたように、今、考えてますのは、JRの長岡京駅と阪急長岡天神駅の駅前を清掃活動できるような方を、予算を認めていただきましたら、各2名を配置して、そういう活動に当たっていただくという考え方を持っております。


 それで、一応シルバー人材センターに、言うたら、予算的にはもうそんなありませんので、できましたらシルバー人材センターとか、そういう予算でお願いしていきたいというふうに考えております。


○瀬川光子委員長  よろしいですか。ほかに。


○八木浩委員  基本的に賛成な立場で、ちょっと尋ねたいんですけれど、先日、会派で視察で渋谷区の方に行ってきました。人口20万強、私どもの人口から言ったら2.6倍ぐらいです。たばこの区民税というか、あれが44億円あるんですね。私とこの12.5倍か。というのは市民以外にそれだけ来訪客が多いと。言えば、東京というまちは24時間、ここらで言う、お祭りの場所で生活されているような土地柄やというとこでやっておられる条例の罰則規定というとこもありますわね。


 我がまちは、やっぱり何というてもまだまだ市民の人のマナーの向上とか、モラルも上がってきてますし、今、現状では、さっき部長も説明されておられましたように、この部分でより一層マナーを上げていくという、啓発活動をより充実していってもらいたいなというのが1点でありますし、JRと阪急の駅近辺に、今、巡視員という形で配置を2名ずつされるということなんですけど、単なるポイ捨てのみならず、いろいろと犬の散歩コースとか、いろいろありますんで、これからそういうような部分も踏まえて、どこがやっぱりごみが捨てやすい環境の場所であるんかということも把握していってもらいたいなというのが、これ要望にしときます。


 それと、先ほど、小谷委員の方からも出ましたけれど、包括的に言えば、ごみのポイ捨てのみならず、大型ごみや、産廃や、また、放置自動車、自転車、これも、言えば一種のポイ捨てに近いものなんですね。これからまた分別収集のときにスプレー缶の増えていく時期になりますわね。これも危険なポイ捨ての1つなんですわね。こういうふうな啓発は、やっぱりいま一度、啓発活動の方に力を入れた上で、一歩一歩進んでいってもらいたいなという条例にしていってもらいたいなと思いますんで、これも要望にしときますんで、よろしくお願いします。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○坪内正人委員  1点、要望が、本条例の制定の考え方、それから経緯、これはある一定のコンセンサス、つまり、市民合意で諮問もされて、よくわかりますので、基本的には賛成の立場で考えます。そのときに、実はこれは、要は今回、長岡京市まちをきれいにする条例ということですけれど、大事なことは、今、小谷委員おっしゃったように、例えば7月1日施行するについて、4月ですか、広報をされる計画、そのときに例えば愛玩動物の管理、これは例えば動物愛護法という法もありますね。それから、宣伝物等の回収、これは例えば屋外広告物法という法もありますね。それから、次の10条の回収容器の設置、これは廃棄物の処理法という法もありますね。それから、もう少し大きな意味で言うと、まちづくり条例もありますね。つまり、このまちをきれいにする条例にかかわるほかの法体系、あるいは、現在ある条例とどういうポジションで、あるいは、どういうかかわりをやっているかいうこともあわせてそこに、この1点だけを広報するんじゃなくて、今、そのきれいにするがための取り巻く条例あるいは法体系をぜひ一緒に広報として流してもらえたら、より市民にとってわかりやすいと思いますので、それちょっと要望ですけれども、お願いしたいと思います。


○瀬川光子委員  私も一般質問でさせていただいたんですけれども、今、坪内委員もおっしゃいましたけれども、条例の中にはいろいろほかの課ともかかわってくることが多いと思うんです。教育とか、それこそ、土木関係もね。ですから、環境課だけにとどまらず、いろんなところとやっぱりまちをみんなできれいにしていこうという、そういう連携をぜひとっていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。


○瀬川光子委員長  それでは、次にまいります。


 次は、第18号議案の説明を受け付けます。


○尼子健康福祉部長  第18号議案 長岡京市乳幼児医療費助成に関する条例の一部改正について、御説明を申し上げます。


 参考資料の新旧対照表、最後のこのページでございますけれども、お開きいただきたいと思います。


 今回の改正は、いわゆる対象者を拡充しようというものでございます。それに伴うこの条例の改正ということで、まず、大きくは、表題で、現行の方では「長岡京市乳幼児医療費助成に関する条例」というふうになってございますけれども、これを「長岡京市子育て支援医療費助成に関する条例」ということで、そのタイトルも変えさせていただこうというものでございます。


 あとは、したがいまして、その乳幼児プラス児童をここに加えるということでのそれぞれの改正ということになっておりますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。


 以上、簡単でございますけれども、説明とさせていただきます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 どなたか、御質疑ございませんか。


○野坂京子委員  12月議会でも、我が党派の武山議員の方からも、乳児医療について一般質問もあり、また、請願も多く出されていたわけですけれど、今回のこの助成に関しては本当に高く評価いたします。本当なら国とか府の方での制度がよりもっと充実してたら、請願の中でもありましたように、就学前までということがもうちょっと組み入れたら、より一層請願された皆さんは両手を挙げて喜ばれたのではないかなと思います。そういう意味では、もう一歩、今回、また様子を見る中で、実際には財政的な状況がすごく困難な状況の中で、本当に病気そのものがいつどんな状況で、どんな病がはやる、特にインフルエンザ、この時期なんかもそうですけれど、だったらということも、大はやりになったときのことを考えると、もう少し、財政的には赤字が出てしまって、決算の中では非常に苦しいということになるのかもしれませんけれど、よく言えば、もう一歩就学前までということを強く私自身は要望しておきたいと思います。


○瀬川光子委員長  要望ですね。


○大伴雅章委員  共産党さんは高く評価されているらしいんで、高く高く評価をしたいというふうに思っているんですが、ちょっと教えていただきたい数値があります。非常に財政、単費ですから、非常な財政苦労をされて、私は理事者側の英断だというふうに、そういう意味で高く高く評価しているんですけれども、もちろん就学前になればいいんですけれど、仮に就学前まで予算化しようと思ったら、幾らの単費が必要なのか。また、これは単費ですから、恐らく交付税が減らされますよね。つまり、市が一生懸命努力したのに、国からはほめてもらわんと、何か罰みたいに、もらえるお金が減らされるという、これ、からくりに多分なっとるんやないかなと思うんですけど、そういう意味で、よく3歳から4歳まで、さらに入院の件も財政措置をされたなというふうに思うんですけれど、仮に私どもも、お金さえ、財源さえ豊かであれば、もちろんそうしたいというのは、これは多くの方がそう思っておられるでしょうし、ちなみに幾ら要るのかというのを御紹介いただけたらありがたいです。


○稲田保険年金課長  ただいまの御質問でございますけども、通院の方で1歳当たり約1,500万円くらい要るというふうに試算をしております。今ですと、3歳までですので、3、4、5、6、4歳当たり約6,000万円、これは医療費ですので、その他、審査手数料であるとか、システム変更料であるとか、もろもろがございますが、おおむね1歳当たり1,500万円、6,000万円かかるというふうに、通院の場合は試算しております。


 入院の場合は、また少しちょっと変わるんですが、100万円から150万円前後要るであろうというふうに試算をしております。入院の場合は1歳当たりにつき。


○大伴雅章委員  これは担当課長ではないと思うんですが、ばくっとで結構ですが、交付税も減らされるんですね。そうですか。いいえだけ結構ですんで。たしか私の意識では、交付税は減らされるというふうに聞いているんですが。


○稲田保険年金課長  地方単独の影響力というのがございまして、市町村が母子医療でありますとか、乳幼児医療でありますとか、老人医療、老とか、国の基準、府の基準以上にやりますと、それに伴う補助金が、補助金というか、あなたとこは勝手にこういうことをやってられるようやから、少し減らしますということはございます。ただ、今回やることについては、まだ先ですので、18年度の終わりに幾らぐらいという試算をしまして、送りますので、今のところ、ちょっと幾らという数字は出ません。


○大伴雅章委員  ありがとうございます。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○野坂京子委員  それと、従来からも乳幼児のところでは、何歳ということで切っておられますよね、要するに、誕生日を基準に。入院の方は、これ、1年生から6年生までということで、これは学年で切られるんですかね、入院に関して。お願いします。


○稲田保険年金課長  通院の場合ですが、誕生日の属する月の末日までということにさしてもらっております。入院の方は、今、委員おっしゃいましたとおり、6年生の3月31日までということでございます。


○野坂京子委員  そうすれば、私も早生まれですから、ついつい計算してしまうんですけれど、何か早生まれの人、特に3月なんかすごく損やなという何か気分になってしまうんですけれど、その辺細かい計算してしまうのが主婦的な感覚なのか、申しわけないですけど、これを何歳ということでできないのかなって思うんですけれど、いかがでしょう。


○稲田保険年金課長  今回もいろいろ検討はいたしました。特に通院、入院の方も、4月1日からやることがすごく困難であったんです。例えば3月議会でお出しいたしましたが、採否をいただくのが24日であった、それから一週間で4月1日からやれるかどうかはあったんで、7月1日にするとか、10月1日ありましたが、その間、お困りの方が損害をこうむるもので、少しでもみんな平等にということで、4月1日からやることで、京都府の医師会なり、歯科医師会なり、薬剤師会、乙訓の医師会、薬剤師会、歯科医師会をお回りして、御協力いただけるようお願いに回って、何とか4月1日からやれるようにということでやっておりますので、ただ、その誕生日であるとか、学年であるとかいうことにつきましては、もうちょっと我々としてはどうすることもできなかったので、4月1日からこの条例を施行するということまでしか、ちょっと努力はできませんでした。御理解願いたいと思います。


○瀬川光子委員長  よろしいでしょうか。ほかにございませんか。


○坪内正人委員  ちょっと助役さんにお伺いしますけど、私は評価をしております。それで、なぜ評価をしているかというと、ちょっと視点が違うんですけれど、もちろんその結果に対してはやってますけれど、むしろそれよりも、考え方を高く評価をしたいと思っております。それは、なぜならば、医療費の助成を拡充したいう結果よりも、むしろそのことが子育て支援やという見地で、視点でやられたことを評価したいと思っております。


 そこで、例えば少子化、それから女性の社会進出、参加、これをにらんで子育て支援の一環として、例えば昨年度の駅型保育であるとか、あるいは、それも包括して留守家庭児童をどうしようかということで、その大きな視野で子育ての支援やという知見から、今回、この結果を出したことをぜひ続けてほしいいうか、いう思いなんです。そこで、今後、こういう子育ての支援という見地に立って、例えば計画的に、ひょっとしたら、例えば保育所にエアコンを入れたことも、1つの広義の意味では子育て支援の一環かもわかりませんので、今後、次年度以降も計画的にこういう考え方に立ってやっていくと。子育て支援という考えでやっていくいうことを、ぜひその思いをお伺いしたいんと、考え方に差異があればおっしゃっていただきたいというふうに思っております。私はそういう認識でいます。


○小林助役  まさに今、坪内委員がおっしゃったとおり、我々も考えておりまして、少子高齢化がどんどん進む中で、やはり少子化の問題というのは非常に大きな社会問題であるというふうに思っております。国も非常に力を注いで取り組んでおられるわけですけれども、我が自治体も、やはりその自治体としての力量の範囲で、できる限りの取り組みをしていく必要があるということで、先般、次世代育成の行動計画もつくらしていただきました。あの中で子育て支援という視点から、非常に総合的な幅広い取り組みをしていくという、そういう計画を立てておりますので、あの計画の実現、推進に向かって、引き続き全力を注いでいきたいと。これも市長の基本的な考え方でございますので、ぜひまた御支援をいただきたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。


○坪内正人委員  大変よくわかりました。昨日でしたか、どこか、唐津でしたか、妊娠されたら、もうその時点で5カ月の支給、それもやっぱり医療を援助するというよりも、子育ての一環としてという見地であったと思いますので、ぜひ国の考え方も受けて、継続的にそういう方向でお願いしたいと思います。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○野坂京子委員  そういう意味では、坪内委員がおっしゃるように、私も子育てを支援するというとこら辺では、年齢関係なく、先ほども言いましたように、5歳、6歳まで本当に延びればいいなという思いは物すごく持ってます。また、年齢が上がっていくと同時に、子育て、私も当然経験しているわけですけれど、本当に体力的にも、保育所で言う年中さん、年長さんあたりになると、ぐっと全然違いますね。ですから、先ほど、1歳当たり1,500万円ということで立てておられるようですけれど、若干というか、これよりも少なくなるとは思うんです。ですから、本当に先ほども再度要望ということでしておきたいんですけれど、就学前までせめてというお言葉が、前回、要望書の中にも、請願の中にもありましたように、せめてというのが親の願いだと思うんで、よろしくお願いしたいと思います。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○小谷宗太郎委員  1つ、ほうれんそうの会としての考え方も含めて発言をさせていただきたいと思うんですけど、まず、この改正について、非常に高く評価をしております。大伴委員が言われていた、やはり交付金関係の問題、あと、さらに国保のベースアップ等の問題と絡んできますので、詳しい内容、また予算の方でお話の方をさせていただこうかと思うんですけれども、やはり子育て支援、坪内委員も言われたように、子育て支援という見解から、こういった形の充実というのは必要かと思いますし、また、さらに支援の充実というふうな1つの方向性を、長岡京市の行政という考え方の1つの方向性という意味で、今後もとらえていっていただきたいなという思いです。


 以上で、ひとつ発言の方をしておきます。よろしくお願いしたいと思います。


○瀬川光子委員長  よろしいですか。


○小谷宗太郎委員  よ過ぎるんで、要望は必要ないかと思いますので。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○瀬川光子委員  私も、昨日、子育て支援と少子化克服の立場で一般質問をさせていただいたんですけれども、非常にこれは評価させていただいているところなんですが、1つだけちょっと教えていただきたいんですが、その通院医療費の助成を3歳から1歳上げていただいて4歳になりました。あと、就学前まではこれからさらにお願いをしたいところなんですけれども、その入院医療費が6年生まで拡充しました。その辺で、4歳までで、あとの乳幼児、幼児さんの小学校までの部分がされてないのに、入院の6年生までされたという、その辺の理由はどうだったのかなと、ちょっと思いましたので、お聞きしたい。


○稲田保険年金課長  いろいろと事務局サイドといたしましても、18年の予算の作成に当たりましては、財政当局といろいろとやり合っていくわけなんですが、現在の我が市の財政状況というのは極めて厳しい状況の中で、我々、要求をある程度飲んでいただいた。その中で、予算の範囲内もありますし、もちろん子育て支援にどれだけ貢献するかということもあるんですけども、ないそでを振れない部分も多少はあって、こういった形になったこともございます。ただ、一番は子育て支援、守っていこうということが1番でございます。その次、2番目に財政的な要素があったことも確かでございます。


○瀬川光子委員  大変苦しい感じであります。よくわかりました。結構でございます。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、次にまいります。


 第19号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  第19号議案 長岡京市立総合交流センター設置条例の一部改正について、御説明申し上げます。


 今回の改正は、介護保険法の改正に伴いまして、総合生活支援センターの事業内容を変更するものでございます。


 それでは、参考資料の新旧対照表をごらんいただきたいというふうに思います。


 その21条の2項で、これまで、高齢者の基幹型在宅支援事業ということでございましたけれども、先ほど説明しましたように、改正介護保険法に伴いまして、これを地域包括支援センター事業に変更しようとするものでございます。


 以上、簡単でございますけれども、説明とさせていただきます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明は終わりました。


 どなたか、質疑ございませんでしょうか。


○大伴雅章委員  ずばり名前が変わるだけですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  名前が変わるだけではございません。機能的には、確かに今の在宅介護支援センター事業と関連はあるわけですけれども、まずは、介護保険法にきっちり位置づけされたということがございます。それと、一応地域包括支援センターにつきましては、必ず義務的なものとして設置をしないといけないということが求められております。また、職員体制等につきましても、専門職が3名、最低基準が3名ということで位置づけられております。


 新たに、今までの在宅介護支援センター事業に加えまして、介護予防のケアマネジメント事業というのが入っております。これは介護予防を推進するということで、中心的な役割を担うということで、地域包括支援センターに課せられた業務ということになっております。


 それから、あと、新たな虐待防止とか、高齢者の権利擁護事業、そういったものも新たに含まれます。


 あとは総合相談事業、それから地域のネットワークの中心的な役割という部分につきましては、従来と同様でございます。


○大伴雅章委員  ちょっと勉強不足で教えてほしいんですが、今おっしゃいました、例えば専門職3名が義務づけられるとか、その辺のいわゆる財政的な担保が国庫なり特会からあるんですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  このたび、介護保険事業に地域支援事業というのが新たに位置づけられまして、その地域支援事業に係る経費の2%の割合で地域支援事業交付金が交付されます。それで賄えるかどうかという問題は別としまして、そういった交付金が新たに特別会計の方に位置づけられます。


○大伴雅章委員  今の件はわかりました。ただ、心配するのは、今の基幹型で非常に優秀な、ほかの市にはないような専門職の方が配置されてますよね。その方が継続していくという見通しで考えていいですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  一応社会福祉協議会に委託するという基本的な中で、考え方としては、当然そういった経験のある専門職ということで考えております。今のところ、基幹型の方は2名の配置になっておりますので、若干人事異動等で対応する可能性はございますけれども、基本的には今の職員なりで考えていただいているというふうに考えておりますが。


○大伴雅章委員  よくわかりました。要望ですけれど、ぜひ高い専門性を保って、この改正の趣旨どおり行っていただきたいというふうに思います。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  ないようですので、次にまいります。


 第20号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  第20号議案 平成17年度長岡京市一般会計補正予算(第5号)について、説明をいたします。


 24ページ、25ページをお開きいただきたいと思います。


 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費でございます。これは、今回、補正額は1,504万8,000円ということでございます。この中身は、いわゆる国民健康保険事業特別会計に繰り出しを行おうとするものでございます。この財源が、左側のその補正前の額、補正額の下に財源内訳ということで出てきておりますけれども、いわゆる国民健康保険基盤安定制度の国庫負担金及び府負担金の増加に伴いまして、それを国ルール分に従いまして特会の方に繰り出しを行うものでございます。


 次に、目2の老人福祉費でございまして、介護保険給付費の増加に伴いまして、市負担分12.5%でございますけれども、1,189万6,000円を繰り出そうとするものでございます。


 次に、目5身体障害者福祉費でございますが、認可外の施設、つまり、共同作業所の整備補助金を増額をお願いしようとするものでございます。


 次に、その下の下、目10でございまして、地域福祉センター費で、センターに係る修繕料、今回、120万上げさしていただいております。これはきりしま苑のいわゆる駐車場に入る出入り口のところの舗装部分の改修と、ガラスが損傷しておりますので、それの取りかえということで、主には120万円でお願いをしたいというふうに思っております。


 次に、項2の児童福祉費、目1児童福祉総務費でございます。簡易保育施設の補助金の増ということでお願いをしております。これは認可外保育所での障害児保育を、今年度、途中からでございますけれども、していただいております。そのための補助金の増をお願いするものでございます。


 次に、目2の保育所費でございますけれども、453万3,000円を増額をお願いするものでございまして、この内訳は、次のページの26ページ、27ページの説明のところにございますけれども、主には入所児童の増による対応ということでございます。


 次の目3の委託児童入所運営費の中身も、まずは民間保育所への助成でございますけれども、この01、02、03にかかわる、その委託料の増をいわゆる民間保育所に、この間、入所児童の対応をいただいておりますけれども、その児童数の増による委託料の増ということになっております。


 一方、保育サービスの充実というところの事業で、長岡京駅前保育施設運営補助金減ということになっております。これは逆に、ここの駅前の保育所、保育施設における入所児童の減による減額補正ということで、1,236万3,000円を上げさせていただいております。


 次に、款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費でございまして、まず、アルバイト賃金の減をさせていただいております。実は補正対応でアルバイトの保健師のアルバイト賃金を上げさしていただいたんですが、結果的にその確保がままならんかったということで、なかなか確保が難しいという状況がございまして、この際、減額をさせていただくということでございます。


 その下の新健康情報システム借り上げということでございまして、これも1月から3月分のいわゆる借り上げにかかわって予算を計上させていただいたわけですけれども、結果的にその3月以降での借り上げで済んだということで、その分減額をさせていただこうとするものでございます。


 その下でございます。病院群輪番制病院運営事業負担金増ということでございまして、これは御承知のように、京都市を含めてこういう輪番群の事業を展開してきたわけでございますが、これには従前、国庫補助金が京都市の方に運営助成ということで入っていたわけでございますけれども、今年度からその補助金が一般財源化された、なくなったという状況を踏まえまして、新たに乙訓二市一町に負担増が求められた中身でございまして、その長岡京市分の負担額392万円を計上させていただこうとするものでございます。


 その下の目2の予防費でございますが、これも予防接種医師会委託料減ということでございます。御承知のように、今年度、日本脳炎の予防接種が基本的にいわゆる凍結をされております。したがいまして、その予防接種に係る委託料の減が主な内容ということでございます。


 次に、28ページ、29ページでございまして、目9共同浴場費、これは歳入の部分でいわゆる使用料が減額になったことから、財源内訳の変更ということになっております。したがいまして、歳入で224万7,000円の減の見込みがあるということの内容を受けてのいわゆる財源内訳の変更でございます。


 よろしくお願いを申し上げます。


○小幡教育次長  それでは、10款教育費の補正予算について説明をさせていただきます。


 30ページ、31ページをお開きください。


 教育総務費、目2事務局費でございます。補正額717万2,000円の減額、内訳としましては、31ページ、まず増の方なんですけれども、非常勤職員、いわゆる嘱託職員なんかの社会保険等の負担が、当初19名から22名になりました。その関係で62万5,000円の増をお願いするものでございます。


 次に、幼稚園教育の助成ですけども、これは、まず私立幼稚園の保護者助成金、これが25名の減員ということで、人数が当初の予算よりも減りましたので99万円減額、それから、その下の私立幼稚園就園奨励費補助金でございますけども、これは31人の減ということの原因が税制改正に伴う、いわゆる所得割合によって区分割を4区分にしておりますけども、その関係で若干移動がございました。それと全体の減というのもございますけども、その両方の要因で680万7,000円の減でございます。


 目6生涯学習センターでございます。39万6,000円の増額をお願いするものでございます。これは西口にあります生涯学習センターの器具費ということで、1つはエレベーターをおりられても、どこでどの会議があるのか、ちょっと会場がわからないということで、公民館にありますようなサインスタンドを欲しいという要望がございますので、それを買わせていただくもの、もう1つ、ギャラリーの絵を展示するときのワイヤーなんですけども、若干不足するということで、それの追加をさしていただいて、合わせて39万6,000円をお願いするものでございます。


 次、項2小学校費、目1小学校管理費でございます。453万1,000円の増額をお願いします。これは、まず施設関係でございますけども、施設関係の331万9,000円につきましては、小学校の保健室の空調と、長三のガス管の改修、これが入札残によりまして設計監理委託料及び工事費の減をさしていただくものでございます。


 その次の長法寺小学校の大規模改修工事につきましては、設計委託料は、これも入札残ということで147万5,000円の減額ということでございます。


 それから、その次にございます施設環境の充実事業、消耗品費でございますけども、こちらは小学校の方の教科書改訂に伴います継続学年、それから学級増によりまして、教員の指導本の、指導書の方の購入ということで、332万5,000円お願いするものでございます。


 次のページ、光熱水費でございますけども、小学校の光熱水費約600万円、主に水道ですけども、料金改定がございましたので、不足するということでお願いするものでございます。


 次に、目2教育振興費384万9,000円の増をお願いするものでございます。こちらの方は、1つは、教科書の採択がえに伴います準教科書、いわゆる副読本でございますけども、これは児童生徒用の分、それから教員の指導本も含めて273万円のお願いをするものでございます。


 それから、扶助費につきましては、16名と、いわゆる学校給食、それから学用品につきましては16名増で、それぞれ67万9,000円、59万7,000円の増をお願いするものでございます。


 それから、障害児学級就学奨励費扶助金につきましては、認定人員の減がございました。全体としては115万7,000円の減額ということになります。


 次、項3中学校費、目1中学校管理費377万9,000円の増額をお願いするものでございます。これも前半の部分、工事設計監理につきましては入札残ということで、二中のガス管とプールの設計をした分がございます。その今の残の方が266万6,000円、それから、長中の耐震調査の入札残の方が243万円の減でございます。


 次の消耗品費につきましては、中学校の教科書採択がえに伴います指導書の購入として417万7,000円、光熱水費につきまして300万円の増加につきましては、同じく小学校費と一緒に水道分の料金改定に伴う増でございます。


 それから、教材用備品というのは、教科書の採択がえにかわりまして、教材用の備品を購入するということで、こちらの方は11ではなしに、18節の方の169万8,000円ということでございます。


 それから、2目の教育振興費19万2,000円につきましては、1つは、消耗品として113万7,000円につきましては、採択がえに伴います準教科書、いわゆる道徳の副読本を購入さしていただくものでございます。


 それから、学用品等の扶助費につきましては、3名の減ということで、70万7,000円の減額、それから、障害児学級の奨励につきましては、認定人員の減ということでございます。


 次のページをお願いします。


 項4社会教育費、目5文化財保護費につきましては、財源の振り分けです。京都府の方にお願いしていました補助金ですけども、よその方といいますか、バンビオの方の1,500万円の方を優先されましたので、こちらの方はつかなくなりましたので、一般財源に振らしていただくものでございます。72万5,000円です。


 それから、次、項5保健体育費、目1保健体育総務費100万円の減額でございます。これは中学校の武道場を市民に開放してほしいということで、シルバー人材センターに管理の委託料として100万円計上していたものでございますけども、利用団体の方から、学校と団体とで責任を持って管理を行うということで、もうシルバーに委託しなくてもいいということで、当初、ちょっと様子を見ていたわけですけども、結果的にこのまま支障なく運営できているということで、そのまま100万円減額させていただくものでございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○瀬川光子委員長  説明が終わりました。


 ただいま質疑の途中ですが、1時まで休憩といたします。


              (午前11時49分 休憩)


              (午後 1時00分 再開)


○瀬川光子委員長  それでは、休憩を閉じまして続会をいたします。


 それでは、第20号議案の質疑に入りたいと思います。


 どなたか、御質疑ありませんか。


 款3の民生費と款4の衛生費、ページは24ページから29ページまでの質疑でお願いいたします。


○小谷宗太郎委員  27ページ、ちょっとこれ、人数的なことを聞きたいんですけども、民間保育所への助成ということで、これ、児童数が増えたということによる増額であるという説明ありましたけども、何人見越してたんが何人になったかというのと、あと同じく、保育サービスの充実のところで、駅前保育の入所児童数減によるものという形で、1,236万3,000円の補助金の減になってますが、これは何人見とったのが何人になったという形、ちょっとお伝えいただきたいと思います。


○岡山健康福祉部次長兼児童福祉課長  保育所の児童数自体でございますが、予算を当初組みますのが、前年10月時点で予算を組んでおりますので、16年の10月に1,164名、大体それを基本に組んでおります。それが18年の2月1日が1,187人ということで、23人増えております。


 それと、保育所の民間への補助金の内容につきましては、0歳児から5歳児までの補助金ですが、各年齢によって補助金の単価というのが違いますので、それに応じて、各年齢層が変われば補助金が増えたり、同じ人数がたくさん入ってても、年長児が多ければ逆に補助金が減るというような兆候になりますので、要するに、幼児の方が補助金が高くなっておりますので、そういう関係で補助金の変動があります。


 それと、駅前保育所につきましては、議員の皆様には当初から39名の定員ということでお願いしております。それは0歳児が9名、1歳児が9名、あと2、3歳児で4名ということで、4、5歳児8名で、合計39名、その中でやっぱり今の保育の需要の中でいきますと、0歳から2歳までの保育の需要が非常に多かった、その辺がありまして、今現在、当初、0歳児9名、1・2歳児で18名ですから、今現在、0・1・2歳まで19名が、今、入所しております。そういうことで、年間トータルしまして、補助金として定員オーバーしているような状況ではございませんので、定員を割っているというような状況で今現在進んでおりますので、この補助金を減額さしていただいたと、こういうことであります。


○瀬川光子委員長  よろしいですか。


○小谷宗太郎委員  あとは個別に聞くことにします。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○八木浩委員  ちょっと1点だけ、きりしま苑の修繕料、25ページですが、舗装の修繕なんかなと思うんですけど、あそこ2カ年かけて道路改修されてきたんですけれど、どういうふうな修繕内容になってますんやろね。


○岩岸社会福祉課主幹  今回のきりしま苑の修繕につきましては、きりしま苑の出入り口のバスの出入りを通常行っています舗装と、一般浴室のガラスが割れまして、その取りかえによるものです。


○八木浩委員  道路修繕の方なんですけど、あの前、改修されたとこですね。そのときにそういうような形でできひんかったもんなんか、新たなもんなんやろか、もとからそういう状況にあったもんなんやろか。


○岩岸社会福祉課主幹  今回のそれにつきましては、あくまでもきりしま苑の敷地内でございます。


○瀬川光子委員長  よろしいですか。ほかにございませんか。


○坪内正人委員  29ページまででしたね。人件費のことでお伺いをしたいんですけど、27ページの健康推進運用管理事業のアルバイト賃金が減なんですけども、例えば、総じていわゆる助成金関係は、入る人の多い少ないで増えたり減ったりするんは理屈はよくわかるんです。それで、説明を受けたときに、このアルバイト賃金の減というのは、アルバイトさんを探してたけれども、見つからなかったというふうに解釈しているんですけど、それでよろしいですか。


○熊谷健康推進課長兼乙訓休日応急診療所長兼保健センター所長  先ほど部長が説明申しましたように、正規職員で16年度末日に退職した保健師が1名、それから、17年7月から産休に入りました職員がおります。合計2名分出まして、17年度当初予算には計上できませんでしたので、それでその2名分を6月補正で計上して、人を確保すべく探したんですけれども、結果として1名しか見つからなかったということで、その1名分を今回減額するということでございます。


○坪内正人委員  内容、そうですね。私の質問したいのは、つまり、必要があると。アルバイトさんを増員してでもその業務の必要があると。けれど、結果、探したけど見つからへんということは、1減で、結果として現状でいけたという。


○熊谷健康推進課長兼乙訓休日応急診療所長兼保健センター所長  現状的には1減でやらざるを得ない状況でしたですから、事務事業等の整理あるいは事務のやり方等を効率的に行うことにやったというふうなことになります。ただ、結果的には、やはり正規職員が足らなかったという現状は残ったんですけれども、現実問題としてはその中でやっていったというふうに御理解いただきたいと思います。


○坪内正人委員  わかります。要は、一般的に見て、一般論で必要があって予算を上げたのに、見つからなかったから減額をしたと。それやったら最初からいけるん違うかと、こういうことが一般的ですよ、これだけ見たら、数字だけ。だから、いい悪いは別にして、結果こうやったけど、もう現状で四苦八苦したんやと、残業も増えたんやと、もうやっぱり支障を来すんやというぐらいやからという、その辺を聞いときたかったんです。数字だけ見たら、ああもうそれやったら最初からいけるやないかということにもなりかねんので、その辺だけ、やっぱり苦慮している、難しいと。だから、必要に応じて新年度もこの体制でいきたいということで理解をしておきたいと思います。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○大伴雅章委員  3点ございます。


 まず、25ページから、身体障害者、いわゆる認可に関する補助金ですけれど、少し教えていただきたい点も含めて質問いたします。


 まず、あらぐささんが減りましたから、現在、何カ所ですか、対象、具体名で。


○釼持障害福祉課長  具体的にですか。


○大伴雅章委員  具体名で。


○釼持障害福祉課長  友愛之郷と、それから友愛印刷、それからやよい工房と、ゆうとぴあ・むこうということです。


○大伴雅章委員  これは市単費の補助金ですね。たしか昭和63年ぐらいにみんなが苦労してつくったやつやと思うんですが、その背景として、ほかの施設あるいは法人、公立の施設というのは当時措置でしたから、かなり最低限の一定の、先ほど、義務的経費の話もしましたけれども、義務的にきちんと担保されてましたですよね。ところが、無認可というのが乙訓の特異な現状の中で、やっぱり保護者の運動の中で幾つも立ち上がってきて、法人化を目指して頑張られたという背景が1つあったと思うんですよ。その中で十分な補助がされない中で、京都府さんが京都府単費で立ち上げた要綱に基づいて運営されているもんやと思うんですけれど、基本的には無認可ですから、今も変わらないと思うんですけれど、かなりやっぱり経営的にきついんですよね。そういう中で、例えば京都府は毎年単価上げてきてますよね。例えば、今、6万3,000円か、4,000円か。それも来年、たしか1,000円上げるんですね。ちょっとそのことだけまず確認したいんですが、上げますね。


○釼持障害福祉課長  はい。来年1,000円上がります。


○大伴雅章委員  6万4,000円。というように京都府も、これは基本的にこの制度が自立支援法の枠外に置かれていると思うんですが、たしか枠外ですね。


○釼持障害福祉課長  支援費の方の枠外です。


○大伴雅章委員  枠外ですね。ですから、今回の自立支援法のいい面も、悪い面も、被害は遭わなかったという部分もあるんですけれど、ということで、これは残った部分での、これ、市単独の助成ですよね。今回、増額されるということで、必要やったから増額される。非常に納得する話なんですけれど、少しちょっとこの要綱の趣旨について、やりとりしたいんですけれど、当時、市単独で、これは長岡京市だけが多分先に二市一町でやって、ここがした後、ついてきはったという経過があるんですけれど、その時々の担当の思いとして、先ほど言いましたように、非常に経営的に困難な無認可保育所に対して、何か助成ができないだろうかという知恵を絞って、その例えば、今、4カ所ですか、4カ所の実態に合わしてそれぞれ要綱を改正してきた経過があると思うんですよ。例えば具体的に言いますと、あらぐささんの場合、今、法人化されましたけれど、敷地の補助であるとか、それこそ、借家借りてはるから、そこにかかわるクーラーであるとか、もう細かい細かいとこまで適用するように工夫をして、市として財源補助をされてきたという経過があるんですけれど、そして、今、自立支援法の枠外に置かれましたけれども、府の姿勢見てますと、1人頭負担となる6万3,000円から6万4,000円になった。毎年上げてきてますよね。やっぱり府は必要性を認めていると思うんですよ。その中でこの補助金の有効性というのは、無認可保育所においては非常に最後に残された財源なんですね。これをそれぞれの市の単独でやっていただいている努力というのはすごいもんやというふうに思うんですけれど、例えば、この4カ所について、それぞれの個別の要件はございますよね。例えば、借地でやってはるとこ、自前のとこ、あるいは、上の建物でも、借家でいってるとこやら、物の設備にしても、クーラーがあるとこ、ないとこ、いろんなことございますよね。その辺は十分把握されてますか。


○釼持障害福祉課長  私自身、まだ全部回れてませんので、把握はできていません。


○大伴雅章委員  何が言いたいかというのは、やはりその時々の担当が全部やってきたんは、実態を把握して、少しでもやっぱりその運営に供するようなことをやっていこうという努力されて、要望活動された経過がございますんで、ぜひこの4カ所の実態に合わせて、もう必要ないとこはカットしたらいいと思うんですよ。実態に合わして要綱を組み立てて、この補助金の継続を、予算見たらありましたんで、していただいて、実態に合わせて、その補助金要綱がつくられたときの趣旨に合わせて継続してやっていただきたいという要望をしときます。これが1点。


 2点目、地域福祉センターの修繕費、先ほども質問があった件ですが、ちょっと基本的なことにかかわっての質問をしようと思っております。


 先ほど、議題になりましたいわゆる指定管理者のやつね。あのところで私も質問したんですが、修繕費はどのようなものかというふうな質問、167万7,000円、質問し損なったんですが、これは恐らく管理委託料から、これ、イコールで来たやつですね。そうですね。ということは、この修繕費というのは、今回は玄関の陥没とガラスということで聞いてます。日常的な施設の修繕ですよね。ということで理解したらいいわけですね、今回の補正。これが、例えば指定管理者になれば、今日、資料提出いただいたやつの収支予算書の中にもある修繕費167万7,000円が適用されるという解釈をしたらいいんですか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  一応考え方としては、例えば内部での建物の内部での管理、例えば水道の栓でありますとか、便所のスイッチでありますとか、電球の取りかえ、水中ポンプ、こういうふうなんに関しては、いわゆる委託料の中でやるという考え方、あと、外構とか躯体に関しては、行政の方で施設管理の面からやるということで、今回に関しましては施設管理、外構ということで補正で上げさせていただいております。


○大伴雅章委員  理解できました。それで、実は問題なのは、どこの公共施設もそうですが、きりしま苑、平成3年にできて、私も五十棲さんも一緒に行った口ですけれど、もうかなりたちますんで、いろんな躯体も含めて、これからさらなる修繕、大きな修繕が、大規模修繕が予想されますよね。そのときに、区分けとして、今、聞いたんですが、躯体に関係しては市がそれを持つという認識でいいわけですか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  そのように両者で合意しております。ただ、まあ言うたら、どの部分が躯体かいうことに関しましては、金額等がありますんで、個々の協議ということになると考えています。


○大伴雅章委員  具体的には、例えば設備は躯体ですか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  例えばヘアコン等の大きな設備になりますと躯体と考えますけど、例えば電気等のものに関しては日常の管理の範囲内であると思っています。


○大伴雅章委員  具体的には、設備いうてもいろいろございまして、例えば、特異な例で特浴なんかございますよね。あれ、当時、1,000万円ほどかかりました。あれ、途中で1回つぶれまして、市の修繕費で、修繕費やったと思うんですけど、定かではありませんが、要は市の経費で直した。1回直した経過があるんですよ。ああいう特殊な向こうの施設機能において、特殊な設備、結構高価なものというのは、今の概念で言うと躯体だというふうに認識していいわけですか。


○五十棲健康福祉部次長兼福祉事務所長兼社会福祉課長  非常に難しいとこに入ってきていると思います。といいますのは、特浴の部分につきましては、介護保険の事業部分になりますんで、その中でやりくりできるものであれば、介護保険の事業でやっていただきたいと。ただ、あの設備、あの建物自身は市が提供しているものでありますから、物によっては行政で修繕なりはしていかなくてはならないと考えています。


○大伴雅章委員  なぜこういう議論をするかというのは、今後、発生するであろう問題について、きちんと整理をしなければならない点があろうというふうに思いますから、質問さしていただいているんですけれど、例えば、今おっしゃいますように、その躯体の中身のいわゆる設備であっても、種別が違いますよね。これ、特会の介護保険事業で使うもの、あるいは一般的に使うもの、この種類もありますし、かなりややこしいんですよね、向こうの場合。1つ、確認しておきたいんです。経過なんですけど、助役さん、恐らく御存じないと思うんで、ちょっと知っといてほしいんですね。今日、財政当局がいませんので、昭和の段階からなんですけど、昭和63年ぐらいから、ああいうものを建てていこうというふうな経過の中で、どこに運営にさせようと最後なったんですよ。当時、物すごく失礼な言い方かもわかりませんが、あんまり実態が明確でなかった社会福祉協議会に運営させようということで、当時、平成3年度、平成4年、3年の1月から行っておるんですけれど、市職員を専門職員を含めて採用も含めて13人派遣したんですよ。当時、4名しか社協は正規職員いはらへんかった。そこへ13名派遣したんです。会長さんと市長さん、もちろん話してもうたんですけれど、いわゆる無理やりやってくれなんですよ、実態は。向こう、大きな迷惑やったかもわからんのですよ。そういう経過で建った建物なんですね。市が、ちょっと言葉荒いですが、どっちか言うたら、お願いをしてというか、どっちか言うたら、もう頼むしやってくれと、あんたことで。お金も出すし人も出すし建物も出すしという経過でつくったんです。ところが、ここ十何年間の中でいろんな制度が変わりました。ですから、非常にややこしくなっとるねんけれど、例えば具体的に言うと、当時、平成3年の1月に、今もございますけど、まちじゅう、今、そこらじゅうで走ってます、いわゆる送迎バスございますね、後ろリフトのつく。あれは初め4台整備したんですよね。もちろん市の予算でいったんです、国庫補助つけてね。その後も何やかんやと上手にやりながら、市から出してやっているわけですよ。もう例えばあれ、大体1,000万円近いんです。800万円から1,000万円するんですよ、あのバス1つでも。今、あれはもう介護保険でしかしゃあないなとは思うんですけどね。例えばその1台買いかえるにしても、初め買い与えたんは市なんですね。途中で制度変わったら、もうおまえとこ買えよなんですね。これもある程度、制度が変わったからいたし方ないねんけれど、例えば社協のこれは財政状況の載ってませんけれども、本来なら出すべきやと思ったんですけど、社協の自主財源いうたら何かいうのは、助役さん、ないんですよ。多分助役さんも特別会員になってはる会員募集、あれが1,000万円、今切れてますよ。特別会計で済生会の売店の上がりが、みんな、かつての事務局長が努力してやってきはった。二、三百万あるだけなんですよ。あと全部委託料と補助金なんですよ。先ほどから言うてますように、義務的経費と裁量的経費の話もあって、義務的でないんですよ。例えば市が向こうに対する部分で言うたら、義務的経費でなくなってるんですよ。かつての経過があるんですよ。その辺をしっかり押さえた中で、今の現法体系の中で、民間ですよ、今ね。ほか、民間業者もたくさんありますよ。例えば介護保険事業で言うたら。あるいは、障害福祉の部分でも3年後どうなるかわかりませんよ。そのときになって冷たくぽんとやられたときに、その経過が飛んでしまって、ほかの民間と一緒にやりなさい、これはちょっと違うでというふうに私は思うんで、例えば修繕の1つにしても、あるいは、今後、大規模修繕1つにしても、その過去の成り立ちの経過なり、その間のやっぱりプロセス、今の福祉のいろんな制度が変わってきた、このことをきちんと認識した中で、現状の中でほかの民間と一緒やから、ほかの民間とやりなさいという論法だけは少し避けていただきたいなということで、修繕費にこだわっておるんですけどね。やっぱり管理者が形の上で変わりますよね、制度がね。このことで管理委託料が、今まで、この管理委託料がここであったわけですけれど、これが今度、指定管理者の収支予算書に載っている修繕費になる。これは理解できます。今の区分も大体理解できます。五十棲さんなんか、一番当初、私と一緒に行った口ですから、よく御存じやと思うんで、その辺のやっぱりいてる者がいてる間はいいんですけど、経過が言えて。だから、それをやっぱりきちんと過去の経過、そして、その間の事業の変遷、国の制度の変遷、そして、今の実態、それを勘案した中で、例えば修繕費でもどうしていくんやというしっかりとした論議をしていただきたいなというお願いを含めて、今、ちょっと基本的な論議をしたんですけれど、これはもっと大きな、ここから外れますけど、社協をどう見るかという話やと思うんで、また予算のとこでやりますけれど、そういう御認識だけはしていただきたいという要望にしときます。


 もう1点、27ページ、坪内委員が御質問なされました点、私も気になってたんです。実際、坪内委員おっしゃるとおりなんですけれど、アルバイト賃金のお金なんですね、6月補正したけれど。実際、保健師さんてなかなか見つかりにくいと思うんですよ。だから、ほかの仮に事業でアルバイト賃金を補正上げるときは、ある程度見通しつけてから補正出しますよね。6月の時点では緊急やったんやろうと思うんですが、見通しはあんまり持ってはらへんかったんですね。


○熊谷健康推進課長兼乙訓休日応急診療所長兼保健センター所長  確かに6月という時点でアルバイト賃金を補正するということですので、基本的には、おっしゃるように、その時点で人が想定されていたものではなかったです。


○大伴雅章委員  なかったのか、市単価が安かった、どっちです。人が、ほんまに物理的に一生懸命探したけどなかったのか、いや、その値段ではというのありますやんか。どっちです。


○熊谷健康推進課長兼乙訓休日応急診療所長兼保健センター所長  保健師を採用したいというふうに思って、アルバイトで臨時雇いしたいと思ってたんですけど、その職がいなかったということで、実は、現実的には、1人分についても保健師を極力探したんですけど、いなかったので、看護師という形でそれを採りました。


○尼子健康福祉部長  ちょっとつけ加えて申し上げときたいと思いますけれども、保健師の採用に当たって、アルバイトということで、応募がなかなか、実は18年度には2名の、御存じのように、職員を募集しました。これにかかわってはたしか6人の方々が応募がございました。いわゆる採用という形でのそういう応募した場合は、そういう方が来るということはあるわけですけど、アルバイトということ、あるいは嘱託ということになりますと、なかなかないと。その諸条件がですね、そういう意味ではないということで御理解いただきたいと思います。


○大伴雅章委員  その諸条件ですね、つまり。ペイですよ。これは一定別の条例の中で何々市は何ぼ、何々市は何ぼというのがありますから、これを超えるわけにいかへんのですけど、現状として、例えば、私も似たようなことをやってましたんで、悩むのは、もう少しいい条件やったらあるんですよね。ところが、決められているからないんですよね。結果においてなかって、先ほど、ちょっと課長さん、苦しい御答弁なさってましたんで、非常によくわかるんですけれど、やっぱり事務執行上にかなり、つまり、市民にとって迷惑かけるんですよね。その辺もやっぱり何か柔軟な対応ができないかなというふうなことを率直に思うんですが、助役さん、その辺いかがでしょうか。


○小林助役  今の柔軟なというのは。


○大伴雅章委員  具体的に、例えばもう条例で決められている単価ありますやんか。もう人がないと。人がなかったら、やっぱり条例改正も含めて、周りの市町村も、あれは値段も若干違うとこもあるんですよね。日本全国的に見てですよ。近隣見たら大体調整してはりますやんか。やっぱりこれから、市町村競争になりますでしょう。いい人材確保しよう思うたら、それだけの条件出していかんなんですね。隣見て、向こうが何ぼやから何ぼにするという時代は終わったん違うかなと、個人的に意見持っとるんですよ。そういう意味で聞いてるんです。


○小林助役  おっしゃるように、金額の多寡の問題なのか、それ以外の問題なのか、その辺ちょっとよく実態を調査して、必要ならば、またおっしゃるように、条例改正が必要かもしれませんので、そういうことも含めてちょっと検討さしてもらいたいと思います。


○大伴雅章委員  まともな御答弁や思うんですけども、僕も実は聞いたんですよ。看護師さんや保健師さん、家にいはる人ね。あの単価ではねというのが正直なとこやったんです。僕のたまたま聞いた人がね。それは大きな要因やと思うんですよ。だから、聞いとるんで、どこかまた御検討の余地があったら、ぜひそのことももう少し大きなスタンスの中で考えていただけたらと、これは要望にしときます。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。ありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、10款の教育費の質疑をお受けいたしますが、30ページから35ページにかけて、どうぞ。どなたか御質疑、よろしく。


○野坂京子委員  ページにして35ページになります。13委託料のところで、体育施設開放事業に伴っての減なんですけれど、シルバー人材センターの方に、当初、この委託をされて、武道室でしたか、ちょっと控えているのがないんですけれど、使用団体の人に要するにもうお任せしてしまおうと。様子を見てたら大丈夫だったということだったんですけれど、様子を見ていたが、大丈夫だったというのは、結局はかぎの施錠の関係も含めて、いろんなことが関係してくると思うんです。どれぐらい、その様子を見ていたが大丈夫だったの期間とかも含めて、あと、使用団体はどれぐらいあるのかということも含めて、本当にこの委託料減というのは、減になったいうことはいいことなのかもしれないけれど、私も学校施設とか開放関係でよく体育館も含めて使わせていただくんですけれど、この辺が管理上あいまいになると、いろんな形で、ちょっと5分ぐらいいいかなとか、10分ぐらいいいかなとか、ちょっと何か試合の前やしとか、ちょっと相談がしたいなとか、打ち合わせかしたいなとかで、ずるずると延びていく傾向になるんじゃないかなということを思うんです。一定シルバーの方、だれでもいいんですけれど、管理としてちゃんときちんとした方がおられることで、時間的なものもきちっと守っていけるんじゃないかなと思うんですけれど、お尋ねします。


○塩谷青少年スポーツ課長  今の御質問でございますが、管理面につきましては、武道場だけじゃなしに、体育館、グラウンド含めて、利用団体の責任において時間は守るということで、もし守れない団体がございましたら、ペナルティーをかけさせていただいて、以後、使用停止、期限を区切って使用停止するか、もうずっと使用停止をするというような条件で、今までからお貸ししておりますので、そういう時間的なルーズさというのは出てこないという前提で、今回、これも100万円の対象としておりましたのは、一応かぎの受け渡し、特にかぎの受け渡しの部分で、ちょっと問題があるんじゃないかという御意見がありまして、当初、100万円計上さしていただきまして、以後、中学校と利用団体とお話し合い等さしていただいた中で、責任を持って開錠、施錠をしますというような確約もいただきましたので、そういう条件でお貸しさしていただいておるというような状況でございます。


 それと、利用団体でございますが、長岡中学が21団体、これはちょっと武道場だけという団体ではございませんので、武道場だけ使用する団体という登録をしておりませんので、ほか、体育館、グラウンド等含めた登録団体数ということで、ちょっと御理解をお願いしたいと思います。長岡中学が21団体、長岡第二中学が16団体、長岡第三中学が19団体、長岡第四中学校が9団体、これが学校開放の事業ということで団体登録されております。この中で、先ほど言いましたように、数団体だと思うんですけれども、武道場を使われるのは。特に武道場ですので、剣道、柔道、そういった類になってこようかと思います。


 以上でございます。


○瀬川光子委員長  よろしいでしょうか。


 ほかに。


○大伴雅章委員  今と同じ項目なんですが、私、今、説明聞いておりまして、非常にいいことだなというのが正直なところなんですが、教育長ないしは教育次長にお伺いしますが、学校開放の基本理念というのは何やったんですか。


○小幡教育次長  地域の学校を地元の人たちに使っていただくということで、コミュニティといいますか、そういう地域、皆さん方のコミュニティの養成といいますか、醸成をしていくということだと理解しております。


○大伴雅章委員  まさしく、その理念の具現化だというふうに思っておるんですよ。これも昭和52、3年でしたですか、長岡京市の教育委員会が学校開放基本構想というのを立ち上げられたときに、いわゆる簡単な言葉で言うたら、おらが学校やったんですよね。いろいろありましたけれど。今、この補正減になった100万円が要らなくなった理由は、お聞きすると、ほんまやったら、非常に管理的にシルバーでやる予定やったんやけれど、学校と利用者でそれを自分たちでやりましょうと、こういうふうに僕は聞いたわけなんですよね。先ほど、今、次長がお答えなられた学校開放の理念そのものであるというふうに評価をするんです。こういうやっぱり事象、教育委員会は何らかの格好で仕掛けられたんやないかなという部分で評価するんですけれども、表に出ないですけれど。こういう仕掛けを今後もやっぱりその理念に基づいてしっかりとやっていただきたいというふうに思うんですが、いかがでしょうか。


○小幡教育次長  おっしゃるとおり、地域のコミュニティ、大切ですし、地域の方々で学校を見てもらうということは子供の安全にもつながります。そういう意味では、今、特に取り組んでおります総合型地域スポーツなんかの場合は、これに合うんではないかというふうに思ってますので、今後とも精力的に取り組んでいきたいというふうに思っております。


○野坂京子委員  各団体数もお聞きしたんですけれど、ということは、各団体の方がこれは施錠するいうことは、それぞれの団体の方がかぎを持っておられるということになるんでしょうか。


 先ほど、質問した中に、様子を見ていたがというとこら辺での期間での、様子を見ていた期間、ちょっと知りたいんですけれど、どれぐらいの期間でこれを判断されたのか。


○塩谷青少年スポーツ課長  まず、かぎの問題ですが、武道場については、すべての団体が持っておるというわけではございません。使われる団体が、前日あるいは前々日に教頭先生の方へお借りしにあがると。利用後、また二、三日の間に返却にというようなことで、かぎの管理をしていただいております。


 それと、どの時点で大体判断したのかという御質問でございますけれども、実は毎日利用されているような状況でもございませんので、実は秋から冬にかけての辺まで見守ってきまして、現実に翌年度中といいますか、17年中ずっと見守りまして、年明けに判断を、もう必要ないだろうということで判断をさしていただいたというふうな状況でございます。


 以上でございます。


○野坂京子委員  17年度中見守ったということは、17年度予算を上げていたけれども、結局は様子を優先して、結局、100万円減になったということなんですか。


○塩谷青少年スポーツ課長  17年12月まで様子を見ておったと。18年1月になって、一応もうこの様子ではいけるだろうという判断をいたしましたので、今回、減額をさしていただいたというような状況でございます。


○瀬川光子委員長  よろしいでしょうか。


 ほかにございませんか。


○小谷宗太郎委員  33ページに就学援助支援事業増という、これ、説明、副読本を買ったという形で報告受けとるんですけども、あと、31ページは教育指導書、ほぼあれなんですけども、特にこの副読本という形で聞きたいんですけど、副読本なんていうものは、これは4月の時点で、本来、教育上配っていったりしていくもんなんじゃないのかという観点から考えて、予算づけされててしかるべきやったのに、なぜ補正でということで、ちょっと理由等教えてもらえませんかね。なぜ予算づけでしてなかったんか。


○下野学校教育課長  33ページの上段の方の就学援助支援事業費の中の消耗品増、先ほど、当初、次長の方から説明もさしていただきましたが、この分については準教科書、道徳の準教科書としてのものを補正として上げさしていただいてます。17年度当初の予算化が必要ではなかったかという御質問なんですけども、どの道徳の教科書を使うのかということは、今年度、先生方の中で選定をさしていただいて決めさしていただきましたので、年度当初には確定してなかった要素でございます。


○小幡教育次長  これ、全部18年度から使用の教科書の分でございます。17年度の使用ではございません。


○小谷宗太郎委員  使用が18年度という。


○小幡教育次長  18年度からの分です。


○小谷宗太郎委員  いわば先買いやね。わかりました。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。ありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、第20号議案をこれで閉じさせていただきます。


 次に、第21号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  第21号議案 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ404万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ60億9,557万5,000円とするものでございます。


 それでは、8ページ、9ページをお開きいただきたいと思います。


 歳入の部でございます。


 まず、款5の府支出金でございまして、補正額は1,100万円の減額をさせていただいております。これはいわゆる京都府の未来づくり交付金が不採択になったということがございまして、減額をさせていただいております。


 その下の款8繰入金、これは先ほどの一般会計の中で御審議をいただきました、いわゆる一般会計からの繰入金でございまして、ここの国保特会の中に繰り入れるものでございまして、1,504万8,000円でございます。その内訳の大きなものは、節1の保健基盤安定制度繰入金ということでございまして、保険料の軽減措置分と保険者支援分ということで、それぞれ増額となっているところでございます。


 次に、歳出の部でございまして、10ページ、11ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、一番上の款1総務費でございまして、国保事業等システム変更委託料ということで、70万4,000円の増額をさせていただいております。これは国民健康保険の所得流用の変更と精神・結核賦課金給付率変更等によりますシステムの変更でございます。


 その次の款2以降につきましては、先ほどの歳入との連動によりまして、それぞれ減額したもの、増えたものの財源の組み替えによる内容でございます。


 次に、12ページ、13ページでございまして、款6の保健費の目2の趣旨普及費ということで、今回、65万6,000円の減額をさせていただいております。これは健康世帯表彰の記念品の契約残のためのものでございます。あとは予備費で400万円を増額をさせていただいております。収支調整の結果、増額をさせていただくものでございます。


 以上、説明とさせていただきます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明は終わりました。


 御質疑ありませんでしょうか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、第21号議案を閉じさせていただきます。


 次、第23号議案の説明をお願いいたします。


○尼子健康福祉部長  第23号議案 平成17年度介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、御説明申し上げます。


 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ7,702万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ32億5,371万7,000円とするものでございます。


 それでは、8ページ、9ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、歳入の部でございます。


 介護給付費負担金ということで、今回、2,042万6,000円を増額をさせていただいております。合わせて、款4、款5、款7という形で増額を見ているわけでございますけれども、これは後ほど、歳出の方で説明をさせていただきますけれども、いわゆる給付費の増額に伴いまして、それぞれ負担割合に基づきまして増額をお願いするものでございます。


 次に、款3の国庫支出金、項2の国庫補助金につきましては、調整国庫交付金の減額が162万1,000円と、介護保険事業費国庫補助金増ということで、これはシステム改修に係ります事業補助金の確定に伴う増でございますけれども、こういった中身が国庫補助として歳入としてあるということでございます。


 それから、10ページ、11ページでございます。


 先ほどの一般会計での御審議もいただいたところでございますけれども、事務費等にかかわりまして、一般会計から繰り入れをしている経過がございますけれども、今回、87万1,000円を減額をさせていただくものでございます。


 次に、歳出でございまして、12ページ、13ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、款1の総務費でございますけれども、これは財源内訳、先ほど歳入のところでも御説明を申し上げましたですけれども、いわゆる国庫補助金が増額に伴いまして、財源内訳を変更するものでございます。


 次に、款2の保険給付費、項1の介護サービス等諸費、目1の居宅介護サービス給付費ということで、ここで1億4,713万3,000円の増額を見ているということで、サービス給付費が増額しているということでございます。


 その次、目3施設介護サービス給付費ということで、こちらはいわゆる介護報酬の改定もありまして、1,000万円の減額補正をお願いをするものでございます。


 次に、14ページ、15ページでございます。


 項5特定入所者介護サービス等費ということで、今年度、新たに設けられたこの項目でございまして、特定入所者介護サービスということでございまして、いわゆる改正介護保険法がこの平成17年の10月1日施行がされておりまして、食費あるいは居住費が原則利用者の自己負担分となっております。その自己負担分にかかわって、低所得者の負担軽減、いわゆる補足的給付が実施される中身でございまして、9月補正の段階で介護サービス費からこちらの特定入所者介護サービス費に全額を振りかえた中身でございます。結果的に、この御利用になった方々の人数が当初の予定よりは減ったということで、今回、3,500万円を減額をさせていただくものでございます。


 次に、項6で予備費ということで、収支調整の上、2,511万1,000円を減額をさせていただこうとするものでございます。


 以上、説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  説明は終わりました。


 どなたか、御質疑ございませんか。


○小谷宗太郎委員  13ページの居宅介護サービス給付費ということで、説明のところで、サービス給付費が増えているということで、1億4,713万3,000円の増額をしたという説明をしたんですけれども、説明になってないと思うんですけれども、具体的にその居宅介護サービス給付費負担金増になった理由というのは、人数が増えたとか、具体的に何かあるんですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  結果的には利用者が増えたということでございます。


○小谷宗太郎委員  利用者何名増えたということですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  あくまで、これ、まだ2カ月おくれで最終レセプトの結果ができますので、今現在、11月までの分しかちょっと見込みが立っておりません。具体的に各サービスごとに何名見込んで、何名増えたというような積算ができかねますので、一応その前期分の利用者の数字で後期分を見込みを立てているというふうな状況でございます。


○小谷宗太郎委員  見込みを、そしたら、前回と比べて立てているんなら、もっと早い段階で、これ、組めたんじゃないのかと思うんですけど、なぜ今なんですか。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  前期の状況を見た上で後期をもう一度補正するというふうな形をとっておりまして、3月でいつもこういう形で整理をさせていただいております。


○小谷宗太郎委員  わかりました。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか。


○瀬川光子委員  1点だけ、済みません。15ページの特定入所者介護サービス費負担金減ですけれども、これは、結局、軽減措置になられたことですね。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  そうです。


○瀬川光子委員  当初予算よりもこんだけの額減っているんですが、かなり減っていますが、辞退されたとか、昨日の一般質問では、一応80%でしたか、受けられたということですが、その漏れている人とか、もう一度聞きますが、ないんですね。


○安田高齢介護課長兼老人福祉センター所長  施設の方でも、皆さん、申請するような形で奨励もしておりますので、漏れていることはまずないと思っております。今のところ、実人数としまして、11月現在で374人ということで、あくまでも減額認定書を交付している方の人数になっております。施設の方については、皆さん利用されていますが、ショートステイなんかは利用されたときにこれが発生するということで、具体的には3月にならないと、3月というか、3月までの状況を見ないとわかりませんけれども、一定これぐらいの額でいけるであろうということで減額をさせていただいております。


○瀬川光子委員  わかりました。


○瀬川光子委員長  それでは、この第23号議案を閉じます。


 それでは、質疑も尽きましたようですので、質疑を閉じ、本委員会に付託を受けました議案について、順次採決をとりたいと思います。


 それでは、第2号議案 乙訓福祉施設事務組合の共同処理する事務及び乙訓福祉施設事務組合規約の変更について、賛成の委員の挙手を求めます。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第2号議案は原案どおり可決をされました。


 続きまして、第6号議案 公の施設の指定管理者の指定について、賛成の委員の方、挙手を求めます。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第6号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第7号議案 公の施設の指定管理者の指定について、賛成の委員の方、挙手をお願いします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第7号議案は原案どおり可決をされました。


 次に、第8号議案 公の施設の指定管理者の指定について、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  賛成多数。


 よって、第8号議案は原案どおり可決をされました。


 次に、第11号議案 長岡京市まちをきれいにする条例の制定について、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第11号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第18号議案 長岡京市乳幼児医療費助成に関する条例の一部改正について、賛成の委員の方、挙手をお願いします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第18号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第19号議案 長岡京市立総合交流センター設置条例の一部改正について、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第19号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第20号議案 平成17年度長岡京市一般会計補正予算(第5号)について、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第20号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第21号議案 平成17年度長岡京市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第21号議案は原案どおり可決をされました。


 次、第23号議案 平成17年度長岡京市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、賛成の委員の方、挙手をお願いいたします。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  全員賛成。


 よって、第23号議案は原案どおり可決をされました。


 当委員会に付託を受けました議案の採決は全部これで終わりました。


 まず、請願の審査なんですけれども、まず、受理番号8−1のすべての子どもにゆきとどいた教育をすすめるための請願書について、審査をお願いいたします。


 皆さん、お手元にありますね。それでは、8−1の請願について、何か御意見ございますか。


○小谷宗太郎委員  この間の新聞にも載っていましたけど、国の方向性として、低学年、特に小学校1年、2年は35人学級にというふうな形で、国、府の少人数制について、低学年について変えられていっている中で、今回、このすべての子どもにゆきとどいた教育をすすめるための請願書、特に4項目めの憲法、教育基本法の理念を堅持し云々というところが1つの思いなんでしょうけれども、この1、2、3については、今後、確かに請願として考えていかなくてはいけない内容ではないかというふうに考えております。基本的に趣旨として賛成できるというふうな判断をいたしております。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見ございませんか。


○野坂京子委員  私は、この請願について、紹介議員にならせていただいたわけなんですけれど、特に30人学級はもうかなり言い続けておられる、この請願の内容だと思います。今、子供の学力が本当に低下していると言われている時代なので、私も、以前、子供とかかわる仕事をする中で、本当に個々に援助してあげなければならない児童が増えている中なので、本当に1人でも、変な話、1人でも少ない子供たちを指導していくことの方が、より細かく子供たちの状況も把握しながら学習指導していけるんだろうなと思いますので、京都式の少人数教育とか、少人数学級とか、いろいろと取り入れられておられる現状もすごくわかるんですけれども、基本的なところでの、やはり人数をできるだけ小さな数で絞っていく方がいいのかなというふうに思いますので、ぜひともお願いしたいと私は思っておりますし、請願内容にも賛成できます。


 そして、特に一般質問でもちょっと取り上げさせてもらった中での御答弁もあったんですけれど、学校内での警備員の配置とか、各教室のインターホンの設置とか、すごくもうよくわかります。すごく事故というか、悪質な事故が多い中で、防犯カメラ等を設置、すぐされましたし、施錠関係もしっかりとされているんですけれど、やはりそれでも入ってこられやすい状況にあるいうことで、御答弁の中では、巡回の警備員ですか、セコムさんでしょうね、回っておられるのも知ってますけれど、これは多分子供たちがいる時間帯の巡視警備じゃなかったように把握しているんですけど、間違ってたらまた教えていただきたいと思うんですけれど、その辺では本当にいつ、どこで、特に近い宇治市であったがゆえに、奈良でも下校も含めてなんですけれど、学校の中だと本当に安心してられない状況なんで、ぜひこの辺も含めて、私は請願内容に賛成するものです。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見。


○大伴雅章委員  毎年、同じような請願を出しておられるんですけれど、それぞれの項目の字句を見ると、それなりに文句はないんですけれど、ただ、実態的に、私どもの会派で予算要求資料の中で、長岡京市の全部の学校のクラス数とか、生徒数とか、担任数とか、資料要求しておるんですけれど、それ以前に、私なりに調べた数字で見ますと、実際問題、例えば30人学級として、今、30という基本単位でやっておられて、例えば今、私の手元にある資料でも、1つの学校の1つのクラスなんか、31人学級があるんですよね。これ、30人学級、物理的にやるとなったら2つに分ける、15体16ですよね。授業でサッカーができひんですね。フットサルになってしまうんですよ。まあまあそれはともかくとして、特異な例ですけどね。実態的に見ますと、押しなべて若干のでこぼこはありますけど、各学校について、七、八割が30人学級実現できてますよね。5・6年については、うち独自のやつで加配措置をして、何とかそのぎりぎりのとこみたいなんをクラスを割って、できるだけ少人数学級で努力されているという話もお聞きしております。だから、言葉として30人学級に絶対してくださいというのは、それはできりゃいいというふうに思っております。ただ、実態的に、本当にどうやってやるのかなと考えたときに、予算措置も含めて、かなり現実的な問題としては、技術的に困難性もあります。


 それと、実態的にどうなのかというたら、実際に30人以下のクラス数の方が多いです。過半数占めてます。そして、さらに、高学年、特に必要な高学年については、一定の措置をされている。さらに、2項目め、3項目めについても、一定新しい予算を見ますと、教育委員会なりに努力されている跡が私は見られます。ということから、この請願事項、あえて請願を出される必要はないのではないかなという意見を持っております。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかにございませんか、御意見。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、御意見も尽きたようですので、採決をさせてもらってよろしいでしょうか。


              (「異議なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、請願8−1 すべての子どもにゆきとどいた教育をすすめるための請願について、賛成する方は挙手を願います。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  少数賛成。


 したがいまして、請願8−1につきましては、不採択と決せられました。


 閉会中の継続審査及び調査事件について、お諮りいたします。


 まず、請願7−7号、継続になっていた分ですけれども、長岡京市子どもの医療費助成制度の拡充を求める請願書について、審査をさせていただきたいと思います。


 何か御意見ございますでしょうか。


○大伴雅章委員  先ほどからも条例の話で出ておりますが、私ないしは私の会派といたしましては、この件に関しては、先ほども18号議案で議論されていましたように、市として、やっぱりかなり頑張って財政支出をされたと。請願の趣旨は就学前までですけれど、一定今の財源の中で交付税が減らされるというリスクまでしょってまで、この趣旨に賛同して、市としてできるだけのことはやられたんではないかというふうな認識をしております。もちろん財政事情さえ許されれば、当然そうあってほしいという願うものでありますけれど、今、現時点では市として最大の私は施策を打ったんではないかというふうなことを評価しておりますんで、そういう意味で、昨日の一般質問でも質疑ございまして、健康福祉部長が再答弁でこれ以上の答弁をお持ちしておりませんと、そのとおりかなというふうにも思っております。まず効果を見て、財政と相談をして、国の動向も判断して、さらに許されればやれればいいかなという思いがございますんで、そういう18号議案も、この委員会で通ったことでございますんで、とりあえずこの請願、満額ではなかったけれど、おおむね合格かなというふうなことで私は思っておりますんで、先ほどの請願と同じく、今、もう一度請願を出す必要はないのではないかなという見解を持っております。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見ございますか。


○小谷宗太郎委員  大伴委員が言われたように、ほうれんそうの会としての見解は、18号議案、やはり乳幼児医療費助成に関する条例の一部改正という形で上げられ、また、さらに今回の予算でも、それに関する内容が上げられております。今、本当に現状で長岡京市ができ得る最大の歩み寄りがなされているのではないかと。事実、この請願が上げられた中で、実際に委員会では継続審議でありますけども、出されたことによって、やはり行政が市民に対して歩み寄りを見せたという、1つの大きな市民の側から見ても成果が得られたというふうな形でとらえて、やはり再度、今、この継続審議中である請願7−7号については、一定の方向性及び結果を行政としても頑張って出すことができたのではないかということで、確かに請願に詳しく書かれているように、就学前までの医療費助成について、でき得るならば、そらすればいいことなんでしょうけど、現状ではかなり苦しいと。しかし、その中でも歩み寄りを見せたという形で、1つの評価ができるのではないかということで、あえてこれを継続審議という形で持ち越していくのではなくて、ひとつ一定の成果及び効果が出たのではないかという形で解釈すべきであるというふうな考えを持っております。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見ございませんか。


○野坂京子委員  上を見れば切りがない話なんですけれど、先ほどの議案での審議の中でも発言さしてもらいましたし、本当に財政難の中で、本当に担当課をはじめとこら辺では、本当に検討していただいて、この結果での1歳延び、また、入院については6年生までというとこら辺では、本当に大伴委員ではないですけれど、高くじゃなくて、高く高く高く評価するものですけれども、本当に京都府内あちこち見渡してみますと、まだ高く中学まで通院も含めてやっておられるところもありますし、それぞれの何か御家事情というか、財政事情は当然あるんですけれども、同じ子育てをする母親としては、やっぱりせめてってここの中にもあるんですけれど、就学前までというとこら辺が、やはりこのせめてというとこら辺は、前回、坪内委員がえらいこだわってはったと思うんです、せめてというところに。予防も含めてやっていく必要があるということをかなりおっしゃっていたことを私は記憶しているんですけど、当然そうだろうし、好きこのんで子供を病院に連れていく人もいないだろうし、好きこのんで、特に乳幼児のときなんか病院に行く子なんていないんですよね。注射打ちたいとか、お薬欲しいとか、ましてや聴診器当てられただけ大泣きするような子供もたくさんいますんで、ですから、そんなことで、好きこのんで行くわけでもない。あと、5歳、6歳に関しては、かなり通院に要する費用も減少するいうとこら辺では、せめてというとこら辺をもう少し考えて、どうにかならないかなって私は思います。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見ございますか。


○坪内正人委員  さきの委員会で、この請願をなぜ継続審議にしようかということをもう一度考えてみましたら、方法としては、採決の方法もあった。けれど、何で継続にしよういうのは、それは委員の皆さんみんなが、中身はやっぱり理解できるよと、だから、継続してやっていきましょうと、こういうふうな理解でおります。


 ただ、今日になって、今、大伴委員や小谷委員がおっしゃったように、その継続したことを踏まえてやっていこういうことで、今回、18号議案であるように、こういう条例の医療費の助成ができた。これはやっぱり継続したこともあり、そして、できる範囲内の努力を子育て支援という形に持ってきた請願の趣旨も考えた上の評価やというふうに私はとっておりますので、今回、あえてこれを、こういうことをせずして、もうここで一定の評価はやっぱり認めるべきやと、こういうふうに思っております。


 以上です。


○瀬川光子委員長  ほかに御意見ありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、御意見も尽きたようですので、採決をさせてもらってよろしいでしょうか。


              (「異議なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、請願7−7 長岡京市子どもの医療費助成制度の拡充を求める請願書について、賛成する方は挙手を願います。


                 (賛成者挙手)


○瀬川光子委員長  少数賛成。


 したがって、請願7−7につきましては、不採択と決せられました。


 それでは、教育行政につきまして、報告または連絡がありましたら、よろしくお願いいたします。


○小幡教育次長  特にございません。


○瀬川光子委員長  次に、福祉・保健・医療行政について、何かありますか。


○尼子健康福祉部長  お手元に、実はそれぞれ計画の骨子あるいは素案骨子、計画案というようなことで、今般出させていただいております。実は、17年度の今年度は、私どもの健康福祉部にあって、幾つか既存の計画はあるわけですが、今回、お配りさせていただいたそれぞれ地域健康福祉計画、あるいは障害者(児)福祉基本計画、いわゆるNNプランと申しております。それと、高齢者福祉計画及び介護保険事業計画でございます。これらのそれぞれ計画にかかわって、先ほど申し上げましたように、それぞれ計画案なり骨子ができましたので、この際、お示しをさせていただき、委員の皆様方にも御意見をいただきたいというふうに思っております。本来ならば十分に説明させていただかなければならないかとも思いますけれども、後ほど、お目通しをいただければありがたいというふうに思っております。


 なお、今後、健康推進委員会の各部会でも、さらに議論も加えなければならないというふうな状況にもなっております。


 それから、改めて、御承知のように、障害者自立支援法に基づきまして、18年度にありましては障害福祉計画なるものを策定しなければならないということになっております。これは多分に、いわゆる介護保険事業計画あるいは次世代育成の行動計画と類するようなレベルの目標値を具体的に設定して、全国的にこの1つのサービスの基準を設けよというふうなものになるんではないかなというふうに思っております。なお引き続いて、こういった計画の策定が求められております。私どもの方も、その諸作業を進めてまいりたいというふうに思っております。今後、ますます委員の皆様方には御指導をいただきますようお願いを申し上げまして、ちょっと報告とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


○瀬川光子委員長  次に、環境行政について、何かございますか。


○大角環境経済部長  西山の森林整備構想なんですけれども、昨年の6月3日に立ち上げて、この2月に構想案がまとまりました。これ、皆さんのお手元にもうお配りさしていただいていると思います。この事業に伴うキャッチフレーズも決まりました。つきましては、一通りお目通しをいただいて、また御意見等あれば言っていただきたいというふうに思います。


 以上です。ほかにはございません。


○瀬川光子委員長  それでは、閉会中継続審査及び調査事件についてですが、次も、教育行政について、福祉・保健・医療行政について、環境行政について、同じでよろしいでしょうか。


              (「異議なし」と言う者あり)


○瀬川光子委員長  それでは、付託を受けておりましたことにつきましては、これで終わらせていただきます。


 これで文教厚生常任委員会を閉会いたします。


               (午後2時15分 閉会)











    長岡京市議会委員会条例第27条の規定により署名する。





                        文教厚生常任委員会


                          委 員 長  瀬 川 光 子