議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 城陽市

平成19年第2回定例会(第1号 6月14日)




平成19年第2回定例会(第1号 6月14日)





平成19年


      城陽市議会定例会会議録第1号


第 2 回





     平成19年6月14日(木曜)午前10時00分開会





 
〇出席議員(22名)


 園  崎  弘  道  議 員


 阪  部  晃  啓  議 員


 松  下  仁  志  議 員


 藤  城  光  雄  議 員


 熊  谷  佐 和 美  議 員


 増  田     貴  議 員


 寺  地     永  議 員


 相  原  佳 代 子  議 員


 奥  田  龍 之 介  議 員


 浦  畑  眞 一 郎  議 員


 西     泰  広  議 員


 清  澤  昌  弘  議 員


 飯  田     薫  議 員


 野  村  修  三  議 員


 安  村     治  議 員


 千  古     勇  議 員


 八  島  フ ジ ヱ  議 員


 宮  園  昌  美  議 員


 畑  中  完  仁  議 員


 大  西  吉  文  議 員


 若  山  憲  子  議 員


 語  堂  辰  文  議 員


〇欠席議員(0名)


〇議会事務局


 樋  口  治  夫  局長


 沢  田  扶 美 子  次長


             議事調査係長事務取扱


 山  中  美  保  主事


 駒  居     武  主事


 涌  井  憲  政  速記


〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者


 橋  本  昭  男  市長


 栗  栖  俊  次  副市長


 西  尾  雅  之  教育長


 岩  井     広  理事


 柏  本  光  司  理事


 水  野  幸  一  市長公室長


 本  城  秋  男  行財政改革推進部長


 森     俊  博  総務経済環境部長


 村  田  好  隆  福祉保健部長


             福祉事務所長


 池  上  忠  史  まちづくり推進部長


 狩  野  雅  史  都市管理部長


 中  嶋  忠  男  消防長


 辻     文  明  会計管理者


 木  村  孝  晴  上下水道部長


             公営企業管理者職務代理者


 中  村  範  通  教育部長


 菱  本  忠  雄  福祉保健部次長


             福祉事務所次長


 小  嶋  啓  之  財政課長


〇議事日程(第1号) 平成19年6月14日(木曜)午前10時00分開議


 第1         諸報告


 第2         議席の変更について


 第3         会議録署名議員の指名について


 第4         会期の決定について


 第5         議会運営委員の選任について


 第6 議案第37号  特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の


            一部改正について(市長提出)


 第7 議案第38号  城陽市長の選挙における選挙運動用ビラの作成


            の公営に関する条例の制定について(市長提出)


 第8 議案第39号  城陽市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


            (市長提出)


 第9 議案第40号  城陽市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改


            正について(市長提出)


 第10 議案第41号  市道路線の認定について(市長提出)


 第11 議案第42号  市道路線の認定について(市長提出)


 第12 議案第43号  損害賠償額の決定について(市長提出)


 第13 議案第44号  平成19年度(2007年度)城陽市一般会計補正予算(第1号)


            (市長提出)


 第14 議案第45号  平成19年度(2007年度)城陽市国民健康保険事業特別会計補正


            予算(第1号)(市長提出)


〇会議に付した事件


 議事日程に同じ


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  おはようございます。


 ただいまの出席議員数は22名でございます。


 これより平成19年第2回城陽市議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程に入るに先立ち、市長からあいさつをお受けいたします。


 橋本市長。


○橋本昭男市長   おはようございます。今期定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 季節は、いよいよ梅雨入りの様子でございます。梅雨どきのうっとうしさは、とかく体調を崩しがちでございます。議員各位におかれましては、ますますお体ご自愛いただきますようお願いをいたします。


 さて、本日、平成19年第2回城陽市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては何かとご多用の中、全員の出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。


 それでは、この場をお借りいたしまして、平成18年度の各会計の決算見込み、これが現時点でほぼ確定いたしましたので、ご報告を申し上げます。


 7会計全体の歳出決算規模は448億900万円となる見込みでございます。このうち一般会計の歳入歳出決算見込みは、歳入で229億6,900万円、歳出で225億8,900万円でありまして、形式収支では3億8,000万円、ここから翌年度に繰り越す財源を除きました実質収支では約1億5,200万円の黒字決算となる見込みでございます。


 なお、平成18年度の決算につきましては次期定例会に上程を行うことで現在事務を進めているところでございます。ただいまの数値は5月末の出納閉鎖後の速報値でございます。よろしくご理解賜りますようお願いを申し上げます。


 最後になりますが、今期定例会に提案を申し上げております諸議案につきまして、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げ、まことに簡単でございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第1、諸報告を行います。


 まず市長から、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づく平成18年度城陽市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告、平成18年度城陽市国民健康保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告、平成18年度城陽市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告、平成18年度城陽市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告が送付されており、既に配付いたしておりますので、ごらん願います。


     ──────────────────────


報告第9号





   平成18年度(2006年度)城陽市一般会計繰越明許費


   繰越計算書の報告について





 平成18年度(2006年度)城陽市一般会計補正予算第4号第2条の繰越明許費について、別紙のとおり平成19年度(2007年度)に繰り越したので地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき報告する。





  平成19年6月14日報告


  (2007年)





               城陽市長 橋 本 昭 男


                         平成18年度城陽市一般会計繰越明許費繰越計算書


                         (2006年度)





                                                       (単位:千円)


┌─────┬────────┬─────────────┬────┬──────┬─────────────────────────────┐


│     │        │             │    │      │     左 の 財 源 内 訳             │


│     │        │             │    │      ├────┬───────────────────┬────┤


│ 款   │    項   │   事 業 名     │ 金 額│翌年度繰越金│既収入 │         未収入特定財源   │    │


│     │        │             │    │      │    ├─────┬────┬────┬───┤一般財源│


│     │        │             │    │      │特定財源│国庫支出金│府支出金│ 地方債│その他│    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │国民健康保険事業特別会計繰│    │      │    │     │    │    │   │    │


│3.民生費 │1.社会福祉費  │             │ 15,000│   15,000│    0│   3,000│    0│    0│   0│ 12,000│


│     │        │出金           │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │後期高齢者医療制度保険料徴│    │      │    │     │    │    │   │    │


│3.民生費 │1.社会福祉費  │             │ 14,000│   14,000│    0│   5,812│    0│    0│   0│  8,188│


│     │        │収システム開発等事業     │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │2.道路橋りょう費│市道204号線道路改良事業  │ 20,010│   20,010│    0│     0│    0│ 20,000│   0│   10│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │2.道路橋りょう費│JR中ノ島踏切改良事業    │ 114,023│   95,205│    0│     0│    0│ 95,200│   0│    5│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │2.道路橋りょう費│街かど安全対策等整備事業 │ 60,407│   30,000│    0│     0│    0│    0│   0│ 30,000│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │2.道路橋りょう費│生活道路改良事業     │ 70,627│    5,300│    0│     0│    0│    0│   0│  5,300│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │4.河川費    │排水路等改修事業     │ 43,842│   21,770│    0│     0│    0│    0│   0│ 21,770│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │4.都市計画費  │(仮称)北幹線整備事業   │ 158,000│   150,950│ 150,950│     0│    0│    0│   0│    0│


│     │        │             │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │長池駅木津川右岸運動公園 │    │      │    │     │    │    │   │    │


│8.土木費 │4.都市計画費  │             │ 160,023│   45,110│    0│     0│    0│ 30,000│15,070│   40│


│     │        │線・東城陽線整備事業    │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┼────────┼─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│     │        │今池小学校体育館大規模改造│    │      │    │     │    │    │   │    │


│10.教育費 │2.小学校費   │             │ 126,000│   126,000│    0│  36,055│    0│ 89,900│   0│   45│


│     │        │事業           │    │      │    │     │    │    │   │    │


├─────┴────────┴─────────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼────┼───┼────┤


│                            │    │      │    │     │    │    │   │    │


│       合    計               │ 781,932│   523,345│ 150,950│  44,867│    0│ 235,100│15,070│ 77,358│


│                            │    │      │    │     │    │    │   │    │


└────────────────────────────┴────┴──────┴────┴─────┴────┴────┴───┴────┘





     ──────────────────────


報告第10号





   平成18年度(2006年度)城陽市国民健康保険事業特別会計


   繰越明許費繰越計算書の報告について





 平成18年度(2006年度)城陽市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号第2条の繰越明許費について、別紙のとおり平成19年度(2007年度)に繰り越したので地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき報告する。





  平成19年6月14日報告


  (2007年)





               城陽市長 橋 本 昭 男





                 平成18年度城陽市国民健康保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書


                 (2006年度)





                                                          (単位:千円)


┌────┬──────┬─────────┬────┬──────┬────────────────────────────┐


│    │      │         │    │      │          左 の 財 源 内 訳       │


│    │      │         │    │      ├────┬──────────────────┬────┤


│ 款  │  項   │  事 業 名  │金  額│翌年度繰越金│既収入 │     未収入特定財源      │    │


│    │      │         │    │      │    ├─────┬────┬───┬───┤一般財源│


│    │      │         │    │      │特定財源│国庫支出金│府支出金│地方債│その他│    │


├────┼──────┼─────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼───┼───┼────┤


│    │      │         │    │      │    │     │    │   │   │    │


│1.総務費│1.総務管理費│国民健康保険料特別│ 15,000│   15,000│    0│     0│    0│   0│15,000│    0│


│    │      │徴収システム開発事  │    │      │    │     │    │   │   │    │


│    │      │業        │    │      │    │     │    │   │   │    │


├────┴──────┴─────────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼───┼───┼────┤


│                     │    │      │    │     │    │   │   │    │


│     合   計           │ 15,000│   15,000│    0│     0│    0│   0│15,000│    0│


│                     │    │      │    │     │    │   │   │    │


└─────────────────────┴────┴──────┴────┴─────┴────┴───┴───┴────┘





     ──────────────────────


報告第11号





   平成18年度(2006年度)城陽市介護保険事業特別会計


   繰越明許費繰越計算書の報告について





 平成18年度(2006年度)城陽市介護保険事業特別会計補正予算第2号第2条の繰越明許費について、別紙のとおり平成19年度(2007年度)に繰り越したので地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき報告する。





  平成19年6月14日報告


  (2007年)





               城陽市長 橋 本 昭 男





                 平成18年度城陽市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越計算書


                 (2006年度)





                                                        (単位:千円)


┌────┬──────┬───────┬────┬──────┬────────────────────────────┐


│    │      │       │    │      │        左 の 財 源 内 訳         │


│    │      │       │    │      ├────┬──────────────────┬────┤


│ 款  │  項   │ 事 業 名 │金  額│翌年度繰越金│既収入 │      未収入特定財源     │    │


│    │      │       │    │      │    ├─────┬────┬───┬───┤一般財源│


│    │      │       │    │      │特定財源│国庫支出金│府支出金│地方債│その他│    │


├────┼──────┼───────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼───┼───┼────┤


│    │      │       │    │      │    │     │    │   │   │    │


│1.総務費│1.総務管理費│介護保険システム変│  2,060│    2,060│    0│   1,030│    0│   0│   0│  1,030│


│    │      │更事業    │    │      │    │     │    │   │   │    │


├────┴──────┴───────┼────┼──────┼────┼─────┼────┼───┼───┼────┤


│                   │    │      │    │     │    │   │   │    │


│  合     計          │  2,060│    2,060│    0│   1,030│    0│   0│   0│  1,030│


│                   │    │      │    │     │    │   │   │    │


└───────────────────┴────┴──────┴────┴─────┴────┴───┴───┴────┘





     ──────────────────────


報告第12号





   平成18年度(2006年度)城陽市公共下水道事業特別会計


   繰越明許費繰越計算書の報告について





 平成18年度(2006年度)城陽市公共下水道事業特別会計補正予算第3号第2条の繰越明許費について、別紙のとおり平成19年度(2007年度)に繰り越したので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定に基づき報告する。





  平成19年6月14日報告


  (2007年)





               城陽市長 橋 本 昭 男


                   平成18年度城陽市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書


                   (2006年度)





                                                      (単位:千円)


┌────┬─────┬─────────┬────┬──────┬─────────────────────────┐


│    │     │         │    │      │       左 の 財 源 内 訳       │


│    │     │         │    │      ├────┬───────────────┬────┤


│  款 │   項 │ 事 業 名   │金  額│翌年度繰越額│既収入 │     未収入特定財源   │    │


│    │     │         │    │      │    ├─────┬─────┬───┤一般財源│


│    │     │         │    │      │特定財源│国庫支出金│地 方 債│その他│    │


├────┼─────┼─────────┼────┼──────┼────┼─────┼─────┼───┼────┤


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


│2.土木費│1.下水道費│公共下水道整備事業│ 889,556│   427,300│    0│  69,000│  358,300│   0│    0│


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


│    │     │         │    │      │    │     │     │   │    │


└────┴─────┴─────────┴────┴──────┴────┴─────┴─────┴───┴────┘





     ──────────────────────


○宮園昌美議長  同じく市長から、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づく平成18年度城陽市水道事業会計予算繰越計算書の報告が送付されており、既に配付いたしておりますので、ごらん願います。


     ──────────────────────


報告第13号





   平成18年度(2006年度)城陽市水道事業会計予算


   繰越計算書の報告について





 平成18年度(2006年度)城陽市水道事業会計予算のうち、建設又は改良に要する経費の一部について、別紙のとおり平成19年度(2007年度)に繰り越したので、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第26条第3項の規定に基づき報告する。





  平成19年6月14日報告


  (2007年)





               城陽市長 橋 本 昭 男





                           平成18年度城陽市水道事業会計予算繰越計算書


                           (2006年度)





                         地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額





┌──────┬──────┬─────┬──────┬─────┬───────┬────────────────────┬─────┬────────┬────────┐


│      │      │     │      │     │       │                    │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │                    │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │ 左 の 財 源 内 訳        │     │翌年度繰越額に │        │


│      │      │     │      │ 支払義務 │ 翌 年 度   │                    │     │        │        │


│  款   │   項  │ 事業名  │ 予算計上額 │     │       │                    │ 不用額  │係る繰越を要す │  説 明   │


│      │      │     │      │ 発生額 │ 繰 越 額  ├──────┬──────┬──────┤     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │るたな卸資産の │        │


│      │      │     │      │     │       │ 企 業 債  │ 工事負担金 │ 損益勘定 │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │購入限度額   │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │ 留保資金 │     │        │        │


├──────┼──────┼─────┼──────┼─────┼───────┼──────┼──────┼──────┼─────┼────────┼────────┤


│      │      │     │     円│   円 │      円 │     円│     円│     円│   円 │       円 │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│4 資本的支出│1 建設改良費│久津川1号 │ 87,126,000│    0 │  87,126,000 │ 18,700,000│ 36,300,000│ 32,126,000│    0 │       0 │地下埋設物等の支│


│      │      │第12工区 │      │     │       │      │      │      │     │        │障物件が当初想定│


│      │      │配水管布設│      │     │       │      │      │      │     │        │以上に輻輳してい│


│      │      │替工事(そ │      │     │       │      │      │      │     │        │たこと等による │


│      │      │の1)等  │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


│      │      │     │      │     │       │      │      │      │     │        │        │


└──────┴──────┴─────┴──────┴─────┴───────┴──────┴──────┴──────┴─────┴────────┴────────┘





     ──────────────────────


○宮園昌美議長  次に監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成19年1月分から4月分までの例月現金出納検査結果報告が送付されており、お手元に配付しておりますので、ごらん願います。


     ──────────────────────


                      8城監第73号


                      平成19年3月30日


                      (2007年)





城陽市議会議長 野 村 修 三 様








                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美








     例月現金出納検査の結果に関する報告について





 地方自治法第235条の2第1項の規定により例月現金出納検査を執行したので、同条第3項の規定によりその結果に関する報告書を次のとおり提出します。








       例月現金出納検査の結果に関する報告書





1 検査の対象


 (1)収入役所管の一般会計及び特別会計に属する


    平成19年(2007年)1月末日現在における現金の出納状況


 (2)公営企業管理者所管の水道事業会計に属する


    平成19年(2007年)1月末日現在における現金の出納状況





2 検査日


   平成19年(2007年)2月19日





3 検査の結果


  各会計に属する各種出納簿残高、保管現金及び預金残高等の計数を会計諸帳簿と照合した結果、それぞれ符合し正確であると認めた。(別紙 参照)








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


                      8城監第79号


                      平成19年4月2日


                      (2007年)





城陽市議会議長 野 村 修 三 様








                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美








     例月現金出納検査の結果に関する報告について





 地方自治法第235条の2第1項の規定により例月現金出納検査を執行したので、同条第3項の規定によりその結果に関する報告書を次のとおり提出します。








       例月現金出納検査の結果に関する報告書





1 検査の対象


 (1)収入役所管の一般会計及び特別会計に属する


    平成19年(2007年)2月末日現在における現金の出納状況


 (2)公営企業管理者所管の水道事業会計に属する


    平成19年(2007年)2月末日現在における現金の出納状況





2 検査日


   平成19年(2007年)3月22日





3 検査の結果


   各会計に属する各種出納簿残高、保管現金及び預金残高等の計数を会計諸帳簿と照合した結果、それぞれ符合し正確であると認めた。(別紙参照)








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


                      9城監第15号


                      平成19年5月1日


                      (2007年)





城陽市議会議長 野 村 修 三 様








                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美








     例月現金出納検査の結果に関する報告について





 地方自治法第235条の2第1項の規定により例月現金出納検査を執行したので、同条第3項の規定によりその結果に関する報告書を次のとおり提出します。








       例月現金出納検査の結果に関する報告書





1 検査の対象


 (1)収入役所管の一般会計及び特別会計に属する


    平成19年(2007年)3月末日現在における現金の出納状況


 (2)公営企業管理者所管の水道事業会計に属する


    平成19年(2007年)3月末日現在における現金の出納状況





2 検査日


   平成19年(2007年)4月24日





3 検査の結果


   各会計に属する各種出納簿残高、保管現金及び預金残高等の計数を会計諸帳簿と照合した結果、それぞれ符合し正確であると認めた。(別紙参照)








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


                      9城監第23号


                      平成19年5月31日


                      (2007年)





城陽市議会議長 宮 園 昌 美 様








                  城陽市監査委員 森 澤 博 光








     例月現金出納検査の結果に関する報告について





 地方自治法第235条の2第1項の規定により例月現金出納検査を執行したので、同条第3項の規定によりその結果に関する報告書を次のとおり提出します。








       例月現金出納検査の結果に関する報告書





1 検査の対象


 (1)収入役所管に係る


    平成19年(2007年)4月末日現在における現金の出納状況


 (2)公営企業管理者所管に係る


    平成19年(2007年)4月末日現在における現金の出納状況





2 検査日


   平成19年(2007年)5月21日





3 検査の結果


   各会計に属する各種出納簿残高、保管現金及び預金残高等の計数を会計諸帳簿と照合した結果、それぞれ符合し正確であると認めた。(別紙参照)








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  同じく監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定に基づく平成18年度定期監査結果報告、平成18年度随時(工事)監査結果報告、平成18年度出資団体監査結果報告が送付されており、お手元に配付しておりますので、ごらん願います。


     ──────────────────────


                       8城監第77号


                       平成19年4月2日


                       (2007年)





城陽市議会議長


 野 村 修 三 様





                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美





         定期監査の結果報告について





 地方自治法第199条第1項及び第4項の規定により平成18年度(2006年度)定期監査を実施したので、同条第9項に基づき、その結果に関する報告書を次のとおり提出します。


 なお当該監査の結果を参考として措置を講じたときは、地方自治法第199条第12項の規定により、その旨を監査委員まで速やかにご報告願います。





           定期監査の結果報告書





第1 監査の実施期間


   平成18年(2006年)8月から平成18年(2006年)11月まで





第2 監査の対象


 ? 市 長 公 室 1秘 書 課 2防 災 課 3市民活動支援室


 ? 総務経済環境部 1総務電算情報課(電算情報係を除く。)


 ? 福祉保健部   1福 祉 課 2高齢介護課 3健康推進課


           4子育て支援課(保育園・学童保育所含む。)


           5国保医療課


 ? 上下水道部   1営 繕 課 2工 務 課 3下水道課


 V 議会事務局





第3 監査の手続き


   この監査に当たっては、主として平成18年度(2006年度)の財務に係る事務(予算の執行、収入、支出、契約、現金等の出納と保管、財産管理等の事務)の執行並びに経営に係る事業の管理が、法令等に基づいて適正かつ効率的、合理的に行われたかを主眼に、抽出した事項について監査を実施した。





第4 監査の結果


   前記の手続により各課の監査を行った結果、おおむね適正に処理されていると認められた。ただし、次の事項については、各課において十分留意するとともに、今後さらに改善または検討を加え、能率的かつ効果的な事務の執行に努められたい。








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


                       9城監第13号


                       平成19年5月1日


                       (2007年)





城陽市議会議長


  野 村 修 三 様





                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美





 平成18年度(2006年度)随時(工事)監査の結果報告について





 地方自治法第199条第5項の規定により、平成19年(2007年)2月22日に実施した随時(工事)監査2件について、同条第9項の規定に基づき、その結果に関する報告書を次のとおり提出します。





   平成18年度(2006年度)随時(工事)監査の結果報告書





第1 監査の実施期間


   平成19年(2007年)2月22日





第2 監査の対象


   1   市道3001号線その2道路改良工事


   2   青谷1号関連(第6工区の1)面整備工事





第3 監査の手続


   この監査は、抽出した2件の工事について業務調査を実施した。また、提出された書類を検分し、関係者に工事等に係る説明を求めるとともに施工現場の調査を行った。


   なお、監査の実施に当たっては、工事の技術調査を社団法人大阪技術振興協会に業務委託し、その調査報告を参考としている。





第4 監査の結果


   監査の対象別の工事概要及び監査の結果は、次のとおりである。


   今後とも、施設の機能発揮はもとより、最少の経費で最大の効果をあげることを念頭に、経費の縮減策に意を用いられたい。








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


                       9城監第12号


                       平成19年5月1日


                       (2007年)





城陽市議会議長


 野 村 修 三 様





                  城陽市監査委員 森 澤 博 光





                  城陽市監査委員 宮 園 昌 美





        出資団体監査結果の報告について





 地方自治法第199条第7項の規定により出資団体監査を実施したので、同条第9項の規定に基づき、その結果に関する報告書を次のとおり提出します。





          出資団体監査結果の報告書





第1 監査の対象   株式会社サンガタウン城陽


第2 監査の対象期間 平成17年(2005年)4月 1日から


           平成19年(2007年)3月31目まで





第3 監査の実施期間  平成18年(2006年)12月19日から


            平成19年(2007年) 3月31日まで


第4 監査の手続


   この監査は、株式会社サンガタウン城陽(以下「サンガタウン」という。)の事務事業に係る経理事務(収入、支出、契約、現金等の出納と保管、財産管理等の事務等)及び運営執行が、法令等に基づき適正かつ効率的、合理的に行われたかを主眼として実施した。


   監査に当たっては、事務及び計数等の積算、根拠等を明らかにする関係調書、帳簿類等の提出を求めて審査し、これら関係調書から抽出した項目に関して当該職員等から説明等を聴取するとともに、必要なものについては実地調査を行った。





第5 監査の概要及び監査の結果


   監査対象の事務事業の概要及び監査結果については、次のとおりである。








         ─── 内容は別冊に収録 ───


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  次に、地方自治法第100条及び会議規則第159条の規定に基づく平成19年第1回臨時会閉会以降の議員の派遣については、お手元に配付のとおりでございます。


     ──────────────────────





                     議員の派遣について(報告)





                                          平成19年 6月14日





 地方自治法第100条及び会議規則第159条の規定により次のとおり議員を派遣したので報告します。








                           記





┌─────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬─────────┐


│  件  名   │  派遣目的  │ 派遣場所 │  派遣期間  │ 派遣議員 │  備  考   │


├─────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼─────────┤


│         │        │      │        │      │         │


│         │府下各市議会との│      │        │      │         │


│京都府市議会議長会│連絡調整及び意見│ 京都市  │平成19年5月30日│ 大西吉文 │19.5.24 議長決裁 │


│         │交換      │      │        │      │         │


│         │        │      │        │      │         │


└─────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴─────────┘





     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第2、議席の変更についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会内会派の異動に伴い、お手元に配付の議席図のとおり、議席の変更を行います。


 これにご異議ありませんか。


      (「異議なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  ご異議なしと認めます。よって、お手元に配付の議席図のとおり、議席の変更を行うことに決しました。


     ──────────────────────


                       城陽市議会議席図








┌────┬────┬────┐  ┌────┬────┬────┬────┐  ┌────┬────┬────┐


│ 14 │ 15 │ 16 │  │ 17 │ 18 │ 19 │ 20 │  │ 21 │ 22 │    │


│    │    │    │  │    │    │    │    │  │    │    │    │


│野 村 │安 村 │千 古 │  │八 島 │宮 園 │畑 中 │大 西 │  │若 山 │語 堂 │    │


│ 修 三│   治│   勇│  │ フジヱ│ 昌 美│ 完 仁│ 吉 文│  │ 憲 子│ 辰 文│    │


└────┴────┴────┘  └────┴────┴────┴────┘  └────┴────┴────┘








┌────┬────┬────┐  ┌────┬────┬────┬────┐  ┌────┬────┬────┐


│ 4  │ 5  │ 6  │  │  7 │  8 │ 9  │ 10 │  │ 11 │ 12 │ 13 │


│    │    │    │  │    │    │    │    │  │    │    │    │


│藤 城 │熊 谷 │増 田 │  │寺 地 │相 原 │奥 田 │浦 畑 │  │西   │清 澤 │飯 田 │


│ 光 雄│ 佐和美│   貴│  │   永│ 佳代子│ 龍之介│ 眞一郎│  │ 泰 広│ 昌 弘│   薫│


└────┴────┴────┘  └────┴────┴────┴────┘  └────┴────┴────┘








┌────┬────┬────┐


│  1 │ 2  │ 3  │


│    │    │    │


│園 崎 │阪 部 │松 下 │


│ 弘 道│ 晃 啓│ 仁 志│


└────┴────┴────┘





                       ┌──────┐


                       │      │


                       │      │


                       │      │





     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第3、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、松下仁志議員、藤城光雄議員を指名いたします。


 両議員にお差し支えのある場合には、次の議席の方にお願いいたします。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第4、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から7月3日までの20日間といたします。


 これにご異議ありませんか。


      (「異議なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、20日間と決定いたしました。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第5、議会運営委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 委員会条例第6条第1項の規定により、八島フジヱ議員を新たに議会運営委員に指名いたします。


 これにご異議ありませんか。


      (「異議なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  ご異議なしと認めます。よって、八島フジヱ議員を議会運営委員に選任することに決しました。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第6、議案第37号及び日程第7、議案第38号を一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 橋本市長。


○橋本昭男市長  〔登壇〕 議案第37号及び議案第38号の2議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず議案第37号、特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部改正に伴い、投票所の投票管理者等の報酬額を改定すること、並びに近隣市町との均衡を考慮し、学校医等の報酬額を改定したいので提案するものでございます。


 続きまして議案第38号、城陽市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、公職選挙法の一部改正により、地方公共団体の長の選挙において、選挙運動のために使用するビラの頒布をすることができることとされたことに伴い、城陽市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関して必要な事項を定めたいので提案するものでございます。


 以上、何とぞよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。


○宮園昌美議長  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


        (「なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております議案第37号及び議案第38号については、総務常任委員会に付託いたします。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第8、議案第39号から日程第11、議案第42号までの4議案を一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 橋本市長。


○橋本昭男市長  〔登壇〕 議案第39号から議案第42号までの4議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず議案第39号、城陽市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴いまして、損害補償に係る保障基礎額の加算額を引き上げたいので提案するものでございます。


 続きまして議案第40号、城陽市消防賞じゆつ金及び殉職者特別賞じゆつ金条例の一部改正につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴いまして、障害等級の適用に関する規定の整備を行いたいので提案するものでございます。


 続きまして議案第41号、市道路線の認定につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、都市計画法第32条の規定に基づく、同意協議による開発行為によって設置された道路につきまして、今後、市道として認定し、本市において維持管理を行いたいので提案するものでございます。


 続きまして議案第42号、市道路線の認定につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、地元住民から市道認定について強い要望があり、また地域住民の生活に密着した道路でもあることから、今後、本市において維持管理を行いたいので提案するものでございます。


 以上、何とぞよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。


     ──────────────────────


議案第41号





   市道路線の認定について





 市道路線を次のとおり認定したいので、議会の議決を求める。





  平成19年6月14日提出


  (2007年)


                    城陽市長 橋 本 昭 男





              認 定 路 線 調 書


┌────┬────┬──────┬───────┬─────┬──┐


│    │    │      │       │ 総延長(m)│図面│


│整理番号│路線名 │起    点│終    点 ├─────┤  │


│    │(号) │      │       │ 幅 員(m)│番号│


├────┼────┼──────┼───────┼─────┼──┤


│    │    │城陽市長池 │城陽市長池  │  48.7 │  │


│ 3-1-9-1│3191│      │       ├─────┤ 1 │


│    │    │北裏110番14 │北裏110番19先 │   6.0 │  │


└────┴────┴──────┴───────┴─────┴──┘





     ──────────────────────


議案第42号





   市道路線の認定について





 市道路線を次のとおり認定したいので、議会の議決を求める。





  平成19年6月14日提出


  (2007年)


                    城陽市長 橋 本 昭 男





              認 定 路 線 調 書


┌────┬────┬────────┬────────┬─────┬──┐


│    │    │        │        │ 総延長(m)│図面│


│整理番号│路線名 │ 起    点 │ 終    点 ├─────┤  │


│    │(号) │        │        │ 幅 員(m)│番号│


├────┼────┼────────┼────────┼─────┼──┤


│    │    │城陽市久世   │城陽市久世   │  54.8 │  │


│ 1-1-9-5│1195│        │        ├─────┤ 1 │


│    │    │下大谷15番100先 │上大谷115番26先 │4.8〜6.7 │  │


└────┴────┴────────┴────────┴─────┴──┘





     ──────────────────────


○宮園昌美議長  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


        (「なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  質疑なしと認めます。


 ただいま議題となっております議案第39号から議案第42号までの4議案については、建設消防常任委員会に付託いたします。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第12、議案第43号、損害賠償額の決定についてを議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 橋本市長。


○橋本昭男市長  〔登壇〕 議案第43号、損害賠償額の決定につきまして、ご説明申し上げます。


 本件は、平成18年8月9日、富野小学校体育館において発生した、富野学童保育所における、学童保育中の学童負傷事故につきまして、その損害賠償額を決定したいので提案するものでございます。


 以上、何とぞよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。


     ──────────────────────


議案第43号





   損害賠償額の決定について





 損害賠償の額を次のとおり決定したいので、議会の議決を求める。





 平成19年6月14日提出


 (2007年)





                城陽市長 橋 本 昭 男








1 損害賠償の額  金457,510円





2 損害賠償の相手方





  住 所  城陽市長池北清水64番地の12





  氏 名  石原 滉太の親権者 父 石原 陽太


                 母 石原 有美子


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 畑中議員。


○畑中完仁議員  今回の件、大変気の毒な件であり、そして保護者の皆さんも大分心配なされたんではないかという気がするんですけど、その中で、この事案を見ていますと、学童保育中にあった事故であって、こういう部分から言えば、行政が預かるのもいろんな意味で心配したり、こういうこともあり得る部分で、びびるというか、いろんな意味で緊張していかねばならないなという部分で、大変かなという部分がすごい外から見ててあるんですけど。


 45万7,510円も大変大きな事故で、先ほど言うたように保護者の方は気の毒やったと思うんですけど、その内訳がありますね。どういう形で、慰謝料とかいろんなちょっと内訳をお聞かせ願いたいのと、そして全部保険で出るということですね。こういう部分、私わからないんですけど、どれぐらいの保険をお掛けになって、どれぐらいやったら、例えばこういう部分やったらすべてのケースで保険が出るのか、何千万までとか、いろんな意味で保険の僕はあり方がわからないんですけど、どういうふうになっているんですかね。保険、お幾らぐらい掛けて、どういうふうな部分になっているのか、ちょっとその辺説明してほしいのと、そして、これからこういう事例が当然いろんな意味で、生きていくということはリスクを抱えて生きていくということやと思うんですけど、いろんな意味で、次に心配になるのは、こういうことが起きて、すべて子どもに、やったらあかん、これやったらあかん、そういうことに私はならへんかなという、そういう心配なんですよ。だから、もっともっと学童保育として、先生と呼ぶのか指導員と呼ぶのか私知らないんですけど、伸びやかに子どもをやっぱり育てていかんなん中にやっぱりリスクがつきまといます。そういう部分で言えば、ただこれを、こういう部分は発生するから、これは危ないからという部分をやってええのか。そして、常にそういう責任のあり方、そしてまたこういう子どもの望み度、こういうことをどう思われるんですかね、こういう事件があって。これからも当然あることではあると思うんですけど、どういうふうにその辺を考えていくかということによって、やっぱり子ども、城陽っ子をのびのび育てるというのが僕は大きな趣旨やと思うんですけど、それにも負けずやっぱり、もっともっといろんな意味で、この事例は事例としても、考えていかんなん部分があると思うんですけど、そのあたり、これからどうお考えになるのか。


 以上3点、お願いします。


○宮園昌美議長  村田部長。


○村田好隆福祉保健部長  まず損害賠償額の内訳なんですけれども、1つは治療費が、入院が5日で通院が14日ございました。それに伴いまして16万7,760円です。それから付き添い費として、入院と通院時に保護者の方の付き添いが要りましたので、それが4万3,050円です。それから、そのときに交通費がかかっております。交通費の実費が1万200円です。それから入院雑費として、入院時に雑費を5,500円必要だったということで、払っております。それから傷害の慰謝料として23万1,000円。これにつきましては自動車事故の任意保険等の額を参考にしまして積算をしているということでございます。


 それから、事故にかかわります保険制度なんですけれども、これは市の業務遂行上の過失であったり、また法律上の損害賠償を負うという場合について、損害賠償をしてもらうということでの保険に加入をしております。全国市長会の保険制度に加入しております。


 それから、これ1年間に、住民基本台帳の人数掛ける4円58銭という額で、総額で37万8,423円の保険を支払っております。賠償の場合につきましては、いわゆる市の方にそういう瑕疵があった場合のみ支払われるということでございまして、庁舎であったり福祉施設であったり、そういう部分、また、そういう社会福祉業務等、そういう業務において事故等が市の責任において発生したという場合に補償がされるという制度でございます。補償の限度額としては、賠償1名について2,000万円、1事故に対して2億円、それから財物の賠償としましては、1事故に対して1,000万円の補償になっております。


 それから、事故に対して、今回、不幸にこういうような事故が発生をいたしまして、市としましても、このようなことが二度と起こらないように、学童保育内での指導というものを強めていると。特に安全指導という部分ですね。これについてはマニュアル化をいたしまして、視点としましては5項目ほどの視点でマニュアル化で対応していくと。また職員の心構えとして、事故が発生したときにどう対応していくのかということ、それから事故そのものを未然に防止するためにどのような手だてが必要なのか、それから安全指導の目標。個々の児童も含めて、こういうことをしたら事故が起こりますよという個々の安全指導の目標を設定をしていくと。それから、安全指導のポイントとして、低学年、それから中学年それぞれに対して適切な安全指導をしていくと。さらには、事故発生時の注意事項を徹底をしていこうというような取り組みをいたしております。議員がおっしゃるように、学童保育所自体が、両親が就労等で家庭において監護できない方を対象にして留守家庭児童を預かっているということで、児童の健全な育成を図るということが最大の目的でございますので、こういうマニュアル化についても、過度な指導にならないような、適切な指導をしていくと。日常の子どもの管理においても、そういう趣旨のもとで努めていきたいというふうに考えております。


○宮園昌美議長  畑中議員。


○畑中完仁議員  まず初めの質問の中の慰謝料の額ですが、四十何万の部分の中で慰謝料分がようわからないんですけど、23万か何かおっしゃったんですが、自動車事故と同じような算出の仕方とおっしゃったんですけど、その部分がちょっとわからないので、もうちょっと具体的に、なぜ23万が必要やったんか、ちょっと私はそれを理解できないので、まして子どものことで、子どものそういういろんな意味での負担がその分にはね返っているのか私はわからないので、ちょっとそこを詳しく教えてもらえますでしょうか。


 そして、今の37万8,000円の保険料ですが、ちょっとそこももうひとつわからなかったのは、福祉やら庁舎やら、どうのこうのとおっしゃたんですけど、それは全市民対象なんですか。


 それで言うと、だれが判定するんですかね。市が例えばこういう事故をして市民に迷惑をかけたから、そしてだれが判定するんですか。要するに、例えば何か事故が起きたら保険会社なりが考えますでしょう。だれがそれは判定するんですか。そのあたりをもうちょっと詳しく教えてもらえますか。


 そして安全指導ですが、マニュアルをつくるとか、いろいろ子どもさんに事故がないように取り組むというのが第一番やと思うんですけど、結局こういう事故が起こって現場の、例えば私が心配しているのは、現場で働いておられる指導員の方がおられますよね。その人らが萎縮せえへんかなと思うんですよ。すぐ、こんなんやったらあかんとか。逆に言うたら、もっともっとやっぱり、けがもするやんという話をしていかなあかん部分があるように思うんですよ、逆に。そういういろんな部分で、この人たちを上の方から安全や安全やと言い過ぎると、これもどうかなという気がするんで、そのあたりのやっぱりバランスは必要やと思うんで、ただ単にやはり安全、安全というのは、やっぱり子どもの部分ですから、ある程度けがもするでしょうし、そういう中で自然的な普通の対応をできるようにしていくべきかなと思うんですけど。


 以上。


○宮園昌美議長  村田部長。


○村田好隆福祉保健部長  まず慰謝料の関係なんですけれども、本来、慰謝料というのは、生命、身体、自由、名誉などを侵害する不法行為によって生じた精神的苦痛に対する損害賠償ということが位置づけられております。


 今回の事象におきましては、集団遊びでの指導の中で、市の指導員がその場所を離れておると。しかもボールじゃなしに、もともとは、かごを持って、そのかごの中に後ろからボールを入れるといった遊びなんですけれども、その指導が不適切であったという部分がありまして、市の方が、そういう意味では指導が不十分であるという瑕疵の責任を負っていると。そういう意味からして今回、慰謝料の対象になってくるというふうに考えておりますし、その慰謝料の基準につきましては、これは保険会社が一定基準を持っております。その保険会社の基準としますのは、いわゆる自動車事故での自賠責の責任保険におけるものを根拠にしているということでございます。


 それから、保険料の対象の物件と、それはだれがどういうふうに決めるのかといったご質問なんですけれども、賠償の責任保険の対象となる施設につきましては市の庁舎等含めて、公共の方でつくっている施設すべてでございます。その施設の行事において、市の方に指導上の問題があったり施設の瑕疵の責任があったりした場合に、この保険の対象となるということでございます。


 それから、この保険制度については、市の業務遂行上の過失に起因する法律上の損害賠償責任を負う場合ということが規定をされております。したがって、今回の事例につきましても顧問弁護士等とも相談をさせてもらって、市の方に責任があるということが明確になっていると。その中で今回の市の賠償額を決定しているということでございます。


 それから、指導員が萎縮しないかといった問題なんですけれども、これにつきましては、今回の事例において指導上、不十分であった点が何点かございました。まずはそういうことにおいて不適切な指導にならないように、安全を十分確認しながら指導していくということを第一義にしております。そういう意味からして、今後、そういう指導の問題と、子どもが楽しく生き生きと過ごす時間帯とのバランスについては、指導員と月1回の研修、打ち合わせ等もしておりますので、そういった中で十分議論をしながら進めていきたいというふうに考えております。


 以上です。


○宮園昌美議長  畑中議員。


○畑中完仁議員  今の話の中で、いろんな意味でどうかなと思う点いろいろおっしゃったんですけど。例えば集団遊びで、指導員さんがいいひんことによって事故が起きて、それを問われるという、そういう部分かもわからんけど、それやったらしょうがないところがあるでしょう。それも言うたら気の毒な部分があるように思いますよ。ただ、こうなれば確かに法律的にはそういう部分の責任を負わねばならないということはわかるんですけど、ただ、そうやったらどんな部分でも、これ防ぎようがないのと違うかなと思うんですけど。それは顧問弁護士なり、公としての責任を果たすというのは必要ですけど、そのあたりはちょっと、あんまり行き過ぎるとどうかなと思いますので、ちょっと、ある程度のけがはいろんな意味で補償しやんなんけど、生きるということはリスクがあるということをもっと考えるべきやと思います。


 以上、終わります。


○宮園昌美議長  ほかに質疑はありませんか。


 西議員。


○西泰広議員  ちょっと今の議論を聞いていて、ふっと疑問に思いましたんですが、瑕疵があるという問題で、場所を離れた、それから不法行為がある、指導が不適切であるというのは、場所を離れたというのは、体育館の外のバッと出て、どこかでサボっていたのか、それとも場所を離れたというのは、A君に対してぐっと凝視していなかったんか、どういう状態で瑕疵があるという客観的判断をしたのかね。今の畑中議員の指摘にもありましたけど、普通の場合、保険で済むような話ではないのかなという気がするんですけども、その点、弁護士が頼りがいがある弁護士らしいですけど、うちの顧問弁護士は。裁判に弱いらしいですけど、どういう状態、具体的な、リアリティーを持ったちょっと現場報告をお願いいたします。


○宮園昌美議長  村田部長。


○村田好隆福祉保健部長  この事象は体育館の中で、児童が42人でございました。集団遊びをするということで、一番最初は指導員がかごを背負って、その背負った指導員が逃げると。それを子どもたちが追いかけてボールを入れるといった遊びでございます。これについては、以前にみんなでやったという経験がございます。10学童保育所が集まって、その中でゲームをしたと。そのときはずっと指導員が鬼になって、かごを持って逃げていると。使用するボール自体も、今回はゴムのボールを使ったんですけれども、そのときは玉入れに使う布製のボールを使って実施をしておったと。今回は、それが4年生の子どもに背負わしたということと、それからボール自体が布製じゃなしにゴムのボールを使ったということで、踏んだらこける、転倒する危険性が非常にあったという点、それと指導員が2人体制で指導しておったんですけれども、お迎えのお母さんが来られて、体育館の外に出たということで、指導員体制が1人になったと。そのときに当然、指導の中では一たん中止をするとか、そういう判断ができたであろうと。それをせずに、そのまま使用させたということで、危険認識そのものが小学生の中学年、4年生であれば、そこまで十分認識しているということは考えにくいということで、弁護士の方とも相談した結果、市の方の瑕疵を認めざるを得ないという判断に至ったものでございます。


○宮園昌美議長  西議員。


○西泰広議員  瑕疵というのは、1人は見ていたわけですよね、指導員が。瑕疵の部分は、2人から1人になったからそうなった、ボールの質が違うからそうなったというのは不適切な行為、不法行為、指導不適切というふうに言えるのかどうか。そこの部分がもうひとつよくわからないんですわ。それ以上言っても、弁護士が判断したというふうに言わはると思いますけど、それはいわば保護者との接触といいますか、交渉の中で出てきた話やろうというふうに思うんですけども。例えば、私らが親の場合だったらそれは慰謝料という問題になるのかなあという気がしますけどね、普通の感覚で言えば。保険金で治療すれば、治ればそれでいいんじゃないかなというふうに思いますけどね。だから、いわば最近よくある、学校に言ったら何でも言うことを聞いてもらえるという風潮はぜひともなくしていただきたいので、よろしくお願いいたします。


 終わります。


○宮園昌美議長  ほかに質疑はありませんか。


        (「なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  これをもって質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第43号については、委員会付託を省略いたします。


 これにご異議ありませんか。


        (「異議なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第43号については、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


        (「なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  討論なしと認めます。


 これより議案第43号を採決いたします。


 議案第43号は、原案のとおり可決することに賛成の方は挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


○宮園昌美議長  全員挙手。よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  日程第13、議案第44号及び日程第14、議案第45号を一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 橋本市長。


○橋本昭男市長  〔登壇〕 議案第44号及び議案第45号の2議案につきまして、一括してご説明申し上げます。


 まず議案第44号、平成19年度城陽市一般会計補正予算第1号につきまして、ご説明申し上げます。


 今回の補正は、補正前予算額223億8,100万円に、歳入歳出それぞれ2,584万3,000円を追加し、予算の総額を224億684万3,000円とするものでございます。


 歳出予算といたしましては、総務費で、ジュニア議会開催事業10万円。民生費で、富野学童保育所事故賠償金45万8,000円。土木費で、山城青谷駅周辺整備事業300万円。教育費で、史跡久津川車塚・丸塚古墳土地購入事業2,228万5,000円を計上いたしております。


 次に、歳入予算といたしましては、国庫支出金で、史跡等購入費補助金1,782万7,000円。府支出金で、未来づくり交付金222万8,000円。繰入金で、財政調整基金繰入金533万1,000円。諸収入で、富野学童保育所事故賠償保険金45万7,000円を計上いたしております。


 このほか、債務負担行為で、後期高齢者医療制度保険料徴収システム開発等事業につきまして、限度額2,000万円を計上いたしております。


 続きまして議案第45号、平成19年度城陽市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号につきまして、ご説明申し上げます。


 今回の補正は、債務負担行為のみの補正でございまして、国民健康保険料特別徴収システム開発等事業につきまして、限度額を4,500万円といたします債務負担行為を設定するものでございます。


 以上、何とぞよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。


○宮園昌美議長  ただいま議題となっております議案第44号及び議案第45号については、本日は提案理由の説明のみにとどめ、質疑等は後日行いますので、ご了承願います。


     ──────────────────────


○宮園昌美議長  以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 明日6月15日から6月21日までは休会とし、6月22日午前10時から本会議を開きます。


 これにご異議ありませんか。


        (「異議なし」と言う者あり)


○宮園昌美議長  ご異議なしと認めます。


 よって、6月22日午前10時から本会議を開きますので、お集まり願います。


 本日はこれをもって散会いたします。


        午前10時37分     散 会








 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                城陽市議会議長  宮 園 昌 美





                会議録署名議員  松 下 仁 志





                   同     藤 城 光 雄