議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成15年  6月 定例会 06月09日−01号




平成15年  6月 定例会 − 06月09日−01号







平成15年  6月 定例会



         平成15年6月亀岡市議会定例会会議録(第1号)

         平成15年6月9日(月曜日)午前10時00分開会

◯出席議員(28名)

                     苗村活代

                     並河愛子

                     風早浩一

                     小塩早苗

                     松本冨雄

                     桂川孝裕

                     篠原咲子

                     井上耕作

                     山下雅史

                     湊 泰孝

                     田中 豊

                     立花武子

                     日高省子

                     大石 武

                     西田 馨

                     隅田盛和

                     西口純生

                     明田 昭

                     野田博司

                     木曽利廣

                     山木潤治

                     森 良之

                     野々村嘉平

                     竹岡良藏

                     石野善司

                     田中義雄

                     堤 松男

                     石野正作

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

               事務局長  兒嶋正晴

               次長    俣野幸子

               庶務係長  八木達夫

               議事係長  俣野和俊

               主任    西田 淳

               速記    元屋恭子

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成15年6月定例会議事日程(第1号)

 平成15年6月9日(月曜日)

   開議  午前10時

 第1 会議録署名議員指名

 第2 会期決定

 第3 報告第1号から報告第5号まで

             (提案理由説明)

 第4 第1号議案から第13号議案まで

             (提案理由説明)

上記のとおり

                                   議長

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              午前10時00分開会



○議長(石野正作) 御参集御苦労に存じます。

 これより、平成15年6月亀岡市議会定例会を開会いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石野正作) 直ちに、本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石野正作) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 市長より、地方自治法第180条第2項の規定に基づく損害賠償額の決定についての専決処分の報告2件、及び地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく亀岡市土地開発公社ほか各法人の経営状況報告書9件が提出されております。

 また、地方自治法施行令並びに地方公営企業法の規定に基づく予算執行についての計算書、報告第1号から報告第4号が提出されております。

 さらに、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月現金出納検査結果報告並びに同法第199条第9項の規定に基づく定期監査結果報告、工事監査結果報告、財政援助団体監査結果報告、行政監査結果報告及び随時監査結果報告が参っており、写しをお手元に配付しておきましたので、お調べおき願います。

 次に、本定例会における理事者出席要求につきましては、お手元配付の文書のとおり要求しておきましたので、御覧おき願います。

 次に、4月1日付けで助役に寸田武氏、監査委員に井上貞夫氏、教育委員に出口眞人氏が就任されておりますので、これより、紹介並びにあいさつを受けることとします。

 続いて、参与及び4月1日付けで部長、次長、課長級職員の異動がありましたので、紹介を受けることにします。

     [関係理事者 議場中央に進む]



◎市長(田中英夫) それでは、お許しをいただきまして、紹介をさせていただきます。

 去る3月定例会で御承認をいただきまして、寸田助役が4月1日付けで就任をいたしましたので、紹介させていただきます。



◎助役(寸田武) 議長のお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま、田中市長さんから御紹介をいただきましたとおり、私、市議会の御同意を賜りまして、去る4月1日付けをもちまして、亀岡市助役に任命をされました寸田武でございます。

 もとより大変微力ではございますけれども、田中市長の方針を体しまして、亀岡市政のさらなる発展のために誠心誠意努めてまいる所存でございます。

 そして、職責を果たしていきたい、このように考えておりますので、市議会議員の先生方の御指導、御鞭撻、そして御支援を賜りますよう心からお願い申し上げまして、簡単でございますけれども、就任に当たってのあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



◎市長(田中英夫) それでは、同じく4月1日付けで、監査委員に井上貞夫氏、教育委員会委員に出口眞人氏にそれぞれ御就任をいただいております。

 よろしくお願いします。



◎監査委員(井上貞夫) 去る3月議会におきまして、監査委員に選任をいただきました井上でございます。

 今日までの行政経験を生かしまして、私に与えられました職務を全うし、市政の発展に努めたいと考えております。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。



◎教育委員(出口眞人) 出口眞人でございます。

 4年間、教育委員会の教育委員を体験させていただきましたが、学校教育は当然大切でございますけれども、家庭教育や地域教育の重要性というのを私自身は大変痛感しております。

 そういった中で、議会の先生方の御協力、御指導を賜りながら、すばらしい亀岡の教育ができたらなというふうに考えております。

 どうぞよろしくお願いいたします。



◎市長(田中英夫) それでは、引き続きまして、参与及び4月1日付けの人事異動により異動となりました部長級の職員につきまして、人事担当の寸田助役から紹介をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。



◎助役(寸田武) それでは、私のほうから参与及び4月1日付けで人事異動を行いました部長級の職員につきまして、御紹介を申し上げます。

 なお、公営企業部につきましては公営企業管理者から、教育委員会事務局につきましては教育長から紹介をさせていただきます。

 参与の並河昭數でございます。病院事業に関することを担当いたしております。

 企画管理部長の伴勝美でございます。

 生涯学習部長の川勝雅でございます。

 生涯学習部理事で、交流活動センターへ派遣しております坂井茂子でございます。

 総務部長の栗山健でございます。

 健康福祉部長で、福祉事務所長及び休日急病診療所長を兼ねて命じております八木利隆でございます。

 経済部長の桂紀之でございます。

 建設部長の美馬義晴でございます。

 以上で部長級の職員の紹介を終わりますが、次長、課長級の職員につきましては、それぞれの担当部長のほうから紹介申し上げますので、よろしくお願いをいたします。



◎企画管理部長(伴勝美) 企画管理部の次長、課長級の異動職員を紹介申し上げます。

 企画管理部次長兼企画総務課長の数井邦雄でございます。

 地域情報課長の船越卓でございます。

 執行管理課長の久世耕司でございます。

 会計課参事の山内幸治でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎生涯学習部長(川勝雅) 続きまして、生涯学習部の次長、課長級の異動職員を御紹介申し上げます。

 生涯学習部次長で、生涯学習かめおか財団へ派遣しております山下昇でございます。

 生涯学習部次長兼生涯学習総務課長の高屋輝雄でございます。

 生涯学習部次長兼地球環境子ども村課長の平井幸男でございます。

 馬路文化センター館長兼馬路児童館長の穂積稔でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎総務部長(栗山健) 総務部次長、課長級の異動職員を御紹介申し上げます。

 総務部次長で、京都中部広域消防組合に派遣いたしております中井喜嗣でございます。

 納税課長の人見豊でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎環境市民部長(関口征治) 続きまして、環境市民部の次長、課長級の異動職員を紹介を申し上げます。

 環境市民部次長兼環境総務課長の松本行雄でございます。

 環境事業課参事の上原嘉文でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎健康福祉部長(八木利隆) 健康福祉部次長、課長級の異動職員を御紹介を申し上げます。

 健康福祉部次長で、社会福祉協議会へ派遣をいたしております稲垣誠でございます。

 別院保育所長の八田輝代でございます。

 福祉推進課長の今西聡でございます。

 老健国保課長の芦田俊孝でございます。

 病院開設課長の大坪正秋でございます。

 病院開設課参事の小川泉でございます。

 病院開設課参事の林田真由美でございます。

 病院開設課参事の永澤伸一でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎経済部長(桂紀之) 続きまして、経済部の課長級の異動職員を御紹介申し上げます。

 経済総務課長の本間茂でございます。

 農林整備課長の柴田芳夫でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎建設部長(美馬義晴) それでは、建設部の次長級の異動職員を御紹介させていただきます。

 建設部次長でございまして、体育協会へ派遣いたしております斉藤正之でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎公営企業管理者(若山秀之) 公営企業部の部長級の異動職員を御紹介申し上げます。

 公営企業部長の石山良治でございます。

 次長級、課長級につきましては、部長のほうから御紹介をさせていただきます。



◎公営企業部長(石山良治) 公営企業部の次長級、課長級の異動職員を御紹介申し上げます。

 公営企業部次長兼営業課長の江見邦博でございます。

 公営企業総務課長の田川幸男でございます。

 下水道課長の橋本誠一でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎教育長(滝本健二) 教育委員会事務局の部長級の異動職員を紹介させていただきます。

 教育次長の中澤基行でございます。

 次長、課長級につきましては、教育次長より紹介をさせていただきます。



◎教育次長(中澤基行) それでは、教育委員会事務局及び教育機関の次長、課長級の異動に伴います職員を御紹介申し上げます。

 教育委員会次長兼学校教育課長の山内幸博でございます。

 教育総務課長の今西猛でございます。

 社会教育課長の俣野秀樹でございます。

 社会教育課参事の葛野剛でございます。

 学校給食センター所長の加賀山稔でございます。

 図書館長兼中央公民館長の中澤猛でございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(石野正作) 以上で、報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              15総発第3060204号

                              平成15年6月2日

亀岡市議会議長

  石野正作様

                             亀岡市長 田中英夫

              専決処分の報告について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、下記について別紙のとおり専決処分したので報告します。

                   記

 報告第1号 損害賠償額の決定について

 報告第2号 損害賠償額の決定について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              14監査発第3033105号

                              平成15年3月31日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 坂本次雄

                          亀岡市監査委員職務執行者

                                  栗山邦雄

           例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成15年3月26日(水)

2 検査の対象  平成15年2月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿等との照合その他通常実施すべき検査手続を実施したところ、2月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              15監査発第3050201号

                              平成15年5月2日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 井上貞夫

                          亀岡市監査委員 石野善司

           例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成15年4月28日(月)

2 検査の対象  平成15年3月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿等との照合その他通常実施すべき検査手続を実施したところ、3月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              15監査発第3053001号

                              平成15年5月30日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 井上貞夫

                          亀岡市監査委員 石野善司

           例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成15年5月26日(月)

2 検査の対象  平成15年4月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿等との照合その他通常実施すべき検査手続を実施したところ、4月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              14監査発第3033101号

                              平成15年3月31日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 坂本次雄

                          亀岡市監査委員職務執行者

                                  栗山邦雄

             定期監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第4項の規定による監査を実施し、同条第11項の規定に基づき、監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により次のとおり提出します。

                   記

1.監査の種類  平成14年度定期監査

2.監査の対象

   (1) 亀岡財産区外29財産区に係る平成13年度の財務に関する事務の執行について

   (2) 経済部(経済総務課・農林整備課・国営事業推進課・商工観光課・自動車学校)・建設部(建設総務課・都市整備課・道路河川課・建築住宅課・鉄道事業課・桂川幹線道路課)・教育委員会事務局(曽我部小学校・畑野小学校・別院中学校・育親中学校)に係る平成14年度の財務に関する事務の執行について

   (3) 健康福祉部(福祉総務課・福祉推進課・老健国保課・介護保険課・健康増進課・医療施設建設準備課)・教育委員会事務局(亀岡小学校・安詳小学校・川東小学校・詳徳小学校・亀岡中学校・高田中学校)・公営企業部(公営企業総務課・営業課・水道課・下水道課)に係る平成14年度の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理について

3.監査の期間

   (1) 平成14年7月10日〜平成14年8月30日

   (2) 平成14年10月25日〜平成14年12月27日

   (3) 平成15年1月20日〜平成15年3月25日

4.監査の方法

   監査対象部局等から事前に資料の提出を求め、これに基づいて関係各課長等から事務の執行状況を聴取するとともに、必要に応じて細部資料及び諸帳簿の提示を求め監査を実施した。

5.監査の結果   次のとおり

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              14監査発第3033103号

                              平成15年3月31日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 坂本次雄

                          亀岡市監査委員職務執行者

                                  栗山邦雄

             工事監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第5項の規定による工事監査を実施し、同条第11項の規定に基づき、監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により、次のとおり提出します。

               工事監査結果報告

1.監査実施期間  平成14年11月21日〜平成15年3月25日

2.監査の対象工事

  (1) 亀岡市立安詳小学校屋内運動場改築工事(建築)

  (2) 農集(仮称)本梅浄化センター建設工事(その2)

  (3) 市道鎌倉線道路改良工事

  (4) 上池改修工事

  (5) 街路事業馬堀駅自転車駐車場新築工事(建築・機械)

  (6) 亀岡市立病院建設工事

  (7) 亀岡市公共下水道事業曽我部汚水1号幹線その3布設工事

3.監査の方法及び結果

  この監査については、社団法人大阪技術振興協会と工事技術調査等に係る業務委託契約を締結し、平成14年9月30日現在で、企画管理部執行管理室及び公営企業部から報告のあった契約金額が1,000万円以上の工事31件の内から7件を選び、監査の対象として実施したものです。

  なお、この監査結果報告は、同協会技術士の調査意見を参考として作成したものであることを申し添えます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              14監査発第3033102号

                              平成15年3月31日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 坂本次雄

                          亀岡市監査委員職務執行者

                                  栗山邦雄

           財政援助団体監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第7項の規定による監査を実施し、同条第11項の規定に基づき監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により次のとおり提出します。

                   記

1.監査の種類 財政援助団体監査

2.監査の対象 財団法人亀岡市都市緑花協会

3.監査の期間 平成14年11月11日〜平成14年12月27日

4.監査の範囲及び方法  財団法人亀岡市都市緑花協会(以下「都市緑花協会」という。)における平成13年度都市緑花協会補助金(人件費補助・事務所借上補助・基金造成補助)に係る出納及びその他の事務が適正に処理されているか等を監査するため、事前に資料の提出を求め、これに基づいて事務の執行状況を聴取するとともに、関係書類の提示を求めて監査を実施した。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              14監査発第3033104号

                              平成15年3月31日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 坂本次雄

                          亀岡市監査委員職務執行者

                                  栗山邦雄

             行政監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第2項の規定による監査を実施し、同条第11項の規定に基づき、監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により次のとおり提出します。

                   記

1.監査の種類  行政監査

2.監査の対象

   (1) 経済部(経済総務課・農林整備課・国営事業推進課・商工観光課・自動車学校)・建設部(建設総務課・都市整備課・道路河川課・建築住宅課・鉄道事業課・桂川幹線道路課)に係る平成14年度契約に関する事務の執行について

   (2) 健康福祉部(福祉総務課・福祉推進課・老健国保課・介護保険課・健康増進課・医療施設建設準備課)・公営企業部(公営企業総務課・営業課・水道課・下水道課)に係る平成14年度契約に関する事務の執行について

3.監査の期間

   (1) 平成14年10月30日〜平成15年1月31日

   (2) 平成15年1月20日〜平成15年3月25日

4.監査の方法

   監査対象部課から提出された資料に基づき、平成14年度9月末及び12月末現在の契約件数513件から115件を抽出して、契約に係る関係書類の提示を求め監査を実施した。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              15監査発第3040701号

                              平成15年4月7日

亀岡市議会議長 石野正作様

                          亀岡市監査委員 井上貞夫

                          亀岡市監査委員 石野善司

             随時監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第5項の規定による監査を実施し、同条第11項の規定に基づき監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により次のとおり提出します。

                   記

1.監査の種類  平成15年度随時監査

2.監査の対象  物品及び貯蔵品棚卸状況

3.監査実施日  平成15年4月3日(木)

4.監査の結果  会計課管理の物品及び、公営企業部管理の貯蔵品(緊急修繕用材料及びメーター)の残高数量を抽出により関係帳簿と突合するとともに、保管状況について監査を実施したところ棚卸状況は適正であった。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              15議発第3060202号

                              平成15年6月2日

亀岡市長 田中英夫様

                          亀岡市議会議長 石野正作

               会議出席要求について

 平成15年6月亀岡市議会定例会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

                   記

            助役       谷村幸男

            助役       寸田 武

            収入役      畠中一樹

            参与       並河昭數

            企画管理部長   伴 勝美

            生涯学習部長   川勝 雅

            総務部長     栗山 健

            環境市民部長   関口征治

            健康福祉部長   八木利隆

            健康福祉部理事  北村和也

            経済部長     桂 紀之

            建設部長     美馬義晴

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             15議発第3060202号の2

                             平成15年6月2日

亀岡市教育委員会

  委員長 櫻井俊則様

                          亀岡市議会議長 石野正作

               会議出席要求について

 平成15年6月亀岡市議会定例会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

                   記

            教育長      滝本健二

            教育次長     中澤基行

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             15議発第3060202号の3

                             平成15年6月2日

亀岡市公営企業管理者

  若山秀之様

                          亀岡市議会議長 石野正作

               会議出席要求について

 平成15年6月亀岡市議会定例会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

                   記

            公営企業部長   石山良治

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その他の出席者

            財政課長     稲垣勝彦

            総務課長     西崎 豊

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石野正作) これより、日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、先例によりまして、

         松本冨雄議員

         桂川孝裕議員

 を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石野正作) 次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日より、6月26日までの18日間といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(石野正作) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石野正作) 次に、日程第3、報告第1号から報告第5号まで、及び日程第4、第1号議案から第13号議案までを一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中市長。

     [市長(田中英夫) 登壇]



◎市長(田中英夫) 四方を囲む山並みの緑も一段と濃さを増し、保津川の水面を通り過ぎるさわやかな風に、初夏の到来を感じる季節となってまいりました。

 本日ここに、6月定例会を招集いたしましたところ、議員各位の御参集を賜り、誠にありがとうございます。

 初めに、去る5月10日に重症急性呼吸器症候群(SARS)に感染した台湾の医師が本市を訪れていたことに発します問題につきましては、市民の皆様に多大の御心配をおかけいたしましたが、すでにホームページ等でお知らせをしておりますように、二次感染の危険はなくなり、安心して生活を送っていただける状況となっております。

 この間、市民の皆様には冷静な行動をとっていただき、また、関係施設の方々にも情報公開等、積極的に対応いただいたところであり、改めて感謝とお礼を申し上げます。

 先般、市内の観光や商業面での風評被害をはじめとした影響等についての調査を取りまとめたところであり、今後必要な支援を行っていくこととしております。

 さて、依然として厳しい経済情勢にある中、国においては引き続き「改革なくして成長なし」との基本的な考え方に立って、構造改革を一体的かつ整合的に実行していくこととされており、地方分権改革推進会議においても、地方分権改革の中心となります、税源・国庫補助負担金・地方交付税改革、いわゆる三位一体の改革についての意見が公表されたところであります。

 私は、去る5月23日に、全国市長会を代表して、地方六団体において設置されました地方自治確立対策委員会におきまして意見陳述を行い、税源移譲による地方税財源の拡充のほか、地方交付税の持つ財源調整や財源保障機能の堅持など、本来の地方分権の主旨にあった議論が進められるよう、強く要請を行ってきたところでありますが、残念ながら、今回の意見は、税源移譲を先送りする中で、国庫補助負担金や地方交付税を削減するなど、地方分権とかけ離れた国家財政救済のための三位一体の改革となっています。

 地域の自己決定に基づいた自主的な行財政運営を行うためには、地方への単なる負担転嫁とならないことが前提であり、今後の動向を注視するとともに、必要に応じて国等へも働きかけてまいりたいと考えております。

 一方、本市におきましては、賑わいと活力のあるまちづくりに向け、JR亀岡駅舎整備など都市基盤整備事業を積極的に実施するとともに、観光の振興、交流人口の増大に向けた取り組みを進めているところであります。

 こうした中、5月2日には、京都学園大学の協力を得る中で、亀岡春まつりにあわせまして「にぎわいホットステーション」を開設いたしました。

 また、5月10日には、JR山陰本線京都〜園部間の完全複線化事業の起工記念式典が行われ、沿線の自治体や住民の悲願実現に向けて大きな一歩を踏み出し、今後、2008年度の完成を目指し、本年度から実施設計や用地買収が始まることとなり、完全複線化が実現いたしますと、運行本数の増発、所要時間の短縮等によりまして、本市のさらなる発展と地域振興に大きく寄与するものと期待しているところであります。

 さらに、5月23日には、地域を限定して規制緩和を行う構造改革特別区域計画として申請しておりました「都市・農村ふれあい交流特区」の認定を受けることができました。

 これによりまして、農家自らが区域の限定なく市民農園を開設できることとなり、新たな農業経営の方策として農地の有効活用を促進するとともに、都市と農村の交流による賑わいの創出等が図れるものと考えており、本市といたしましても、市民農園の円滑な運営に向けた取り組みを行う所存であります。

 今後とも、これらの事業推進に、議員各位の一層の御支援、御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、ここに提案いたしております報告並びに議案につきまして、御説明を申し上げ、よろしく御審議をいただきたいと存じます。

 報告第1号から報告第5号につきましては、いずれも専決処分について承認を求めるものでございます。

 報告第1号の平成14年度亀岡市一般会計補正予算につきましては、去る3月31日に、平成14年度事業に係ります起債許可額の最終決定を受けましたので、起債限度額の変更を行うとともに、国・府からの譲与金・交付金等につきましても、年度末にその金額が確定したこととあわせまして、歳入予算の組み替えについて専決処分いたしたものでございます。

 報告第2号から報告第4号は、税関連の条例の一部改正及び廃止でございまして、地方税法の一部を改正する法律が3月31日に公布されたことに伴いまして、それぞれ関連いたします条例の改正及び廃止を行うため、やむを得ず専決処分いたしたものでございます。

 報告第2号の市税条例の一部改正は、市民税において配偶者特別控除のうち控除対象配偶者について、配偶者控除に上乗せして適用される部分の控除の廃止及び上場株式等に係る譲渡所得等の金額について、課税する特例を創設するとともに、長期所有上場特定株式等の譲渡所得に係る特別控除の特例を廃止する改正を行ったものであります。

 また、市たばこ税の税率を、7月1日以後に売り渡し等が行われた製造たばこに限り、引き上げることとし、特別土地保有税については、平成15年度以降、新たな課税は行わないものとし、所要の改正を行ったものであります。

 報告第3号の都市計画税条例の一部改正は、所要の規定整備を行ったものであります。

 報告第4号の特別土地保有税審議会条例の廃止は、特別土地保有税審議会の付議要件が廃止されたことから、条例を廃止したものであります。

 次に、報告第5号の消防団員等公務災害補償条例の一部改正は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、補償基礎額及び介護補償の額を引き下げる改正を行うため、やむを得ず専決処分いたしたものでございます。

 第1号議案の平成15年度亀岡市一般会計補正予算は、5億5,930万円を追加し、予算総額を278億6,930万円にしようとするものでございます。

 その主な内容といたしましては、まず、最終処分場の整備でございます。

 これまで、東別院町大野地区の山林を建設候補地の一つとして検討するため、生活環境影響調査、基本設計等を進めてきたところであります。

 このたび、生活環境影響調査の調査結果がまとまり、処分場建設による周辺の大気や水質など生活環境への影響は小さいと評価されたことから、本候補地を処分場用地として、用地の取得並びに詳細設計等に着手していくため、衛生費に5億1,840万円を計上いたしております。

 また、国の緊急地域雇用創出特別基金事業に、新たに中小企業特別委託事業が創設されたことから、本事業を活用する中で、経営状況の厳しい市内中小企業者の経営の安定及び雇用の創出を促進することとし、労働費に2,400万円を計上しております。

 なお、これらの財源といたしましては、地方債等の特定財源と地方交付税の一般財源で措置しております。

 第2号議案から第11号議案までの10議案は、条例議案でございます。

 第2号議案の職員定数条例の一部改正は、来年度の市立病院の開院に向け、新たに市立病院の職員定数を定めようとするものでございます。

 第3号議案の職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部改正は、亀岡都市文化開発機構の特別清算の終結に伴い、地方公務員法第29条第2項に規定する法人から削除しようとするものでございます。

 第4号議案の退職手当に関する条例の一部改正は、雇用保険法等の一部改正に伴い、所要の規定整備を行うものでございます。

 第5号議案の手数料徴収条例の一部改正は、住民基本台帳法の一部改正に伴い、市民からの申請に基づき交付する住民基本台帳カードの交付手数料を定めようとするものでございます。

 第6号議案の幼稚園条例の一部改正は、国の幼稚園就園奨励費補助限度額の改正を受けて、亀岡市立幼稚園の保育料減免基準を改正しようとするものでございます。なお、私立幼稚園の保育料の減免に対する助成措置につきましても、この幼稚園条例の改正に対応した措置を実施する予定としております。

 第7号議案の消防団員退職報償金条例の一部改正は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴い、団員の処遇改善を図るため、退職報償金の支払額を改正しようとするものでございます。

 第8号議案の病院事業の設置等に関する条例の一部改正は、病院事業に地方公営企業法の全部を適用するため、所要の規定整備を行うとともに、損害賠償額の決定について、議決事件となる基準額を改正しようとするものでございます。

 第9号議案の病院の企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の制定は、病院事業に地方公営企業法の全部適用を行うのに伴い、企業職員の給与の種類及び基準を定めようとするものでございます。

 第10号議案の街路灯等管理基金条例の一部改正は、南つつじヶ丘団地内の街路灯の管理に関する基金の全額処分により、基金を廃止し、題名を改めようとするものでございます。

 第11号議案の自転車等駐車場条例の一部改正は、JR馬堀駅前自転車等駐車場の整備に伴い、位置及び駐車料金を改正しようとするものでございます。

 次に、第12号議案は、土地改良事業の施行につきまして、土地改良法第96条の2第2項の規定により、議決をお願いするものでございます。

 第13号議案は、市道路線につきまして、4路線を認定し、3路線を廃止しようとするものでございます。

 以上をもちまして、説明を終わります。

 どうぞ慎重に御審議をいただきまして、御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(石野正作) 本日は、この程度といたします。

 6月17日午前10時より再開して、一般質問を行います。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労でした。

                              午前10時34分散会