議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成14年  2月 臨時会(第1回) 02月15日−01号




平成14年  2月 臨時会(第1回) − 02月15日−01号







平成14年  2月 臨時会(第1回)



平成14年第1回亀岡市議会臨時会会議録(第1号)

    平成14年2月15日(金曜日)午前10時00分開会

◯出席議員(29名)

                     苗村活代

                     並河愛子

                     日高省子

                     吉川泰博

                     木曽利廣

                     佐野光男

                     石野善司

                     松本冨雄

                     船越正美

                     大石 武

                     田中 豊

                     立花武子

                     森 良之

                     堤 松男

                     堤 幸男

                     田中義雄

                     山脇英富

                     西田 馨

                     小塩正幸

                     大西竹次

                     佐々木幸夫

                     山木潤治

                     和田信久

                     石野正作

                     竹岡良藏

                     栗山邦雄

                     湯浅誠一

                     野々村嘉平

                     野々村 勉

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

              事務局長   西村邦雄

              次  長   俣野幸子

              庶務係長   藤田 悟

              議事係長   俣野和俊

              主  査   内藤一彦

              速  記   元屋恭子

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成14年第1回臨時会議事日程(第1号)

  平成14年2月15日(金曜日)

  開議   午前10時

  第1   会議録署名議員指名

  第2   会期決定

  第3   第1号議案から第5号議案まで

        (提案理由説明、質疑〜表決)

 追加日程

  第4   議長の辞職について

  第5   議長選挙

  第6   副議長の辞職について

  第7   副議長選挙

  第8   議会運営委員の辞任及び選任について

  第9   特別委員の辞任及び選任について

  第10   京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙について

  第11   国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙について

上記のとおり

                                     議長

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午前10時00分開会



○議長(野々村勉) 御参集御苦労に存じます。

 これより、平成14年第1回亀岡市議会臨時会を開会いたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 直ちに、本日の会議を開きます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月現金出納検査結果報告が参っており、その写しをお手元に配付しておきましたので、お調べおき願います。

 次に、本臨時会における理事者出席要求につきましては、お手元配付の文書のとおり要求しておきましたので、御覧おき願います。

 なお、出席要求いたしております田中助役、企画管理部長につきましては、病気療養中につき欠席届が提出されており、企画管理部長の事務は、企画管理部理事の掌理となっておりますので、御承知おき願います。

 次に、12月25日付けで教育委員会委員に前田譲氏が就任されておりますので、紹介並びにあいさつを受けることにいたします。

          〔関係理事者 議場中央に進む〕



◎市長(田中英夫) それでは、お許しをいただきまして、紹介をさせていただきます。

 12月定例会で御承認をいただきました前田譲教育委員が、12月25日付けで就任をいただいておりますので、御紹介をさせていただきます。



◎教育委員(前田譲) 失礼します。

 12月25日付けで亀岡市の教育委員に選任されました前田です。

 4月から新しい学習指導要領によって教育がスタートします。

 よくマスコミにも出ていますように、一つは、学校完全週5日制が発足します。

 二つ目には、総合的な学習、いわゆる総合学習が実施されます。

 それと同時に、教師の質が問われる時代となってきます。

 亀岡市の教育の振興のために、一歩でも二歩でも文部省や京都府教委の教育に迫る、そういう教育の取り組みをやってまいりたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。



◎市長(田中英夫) 以上です。どうぞよろしくお願いします。



○議長(野々村勉) 以上で、報告を終わります。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            13監査発第 1122702号

                            平成13年12月27日

亀岡市議会議長 野々村 勉様

                        亀岡市監査委員 坂本次雄

                        亀岡市監査委員 木曽利廣

           例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成13年12月26日(水)

2 検査の対象  平成13年11月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討ししたところ、11月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             13監査発第 2013102号

                             平成14年1月31日

亀岡市議会議長 野々村 勉様

                        亀岡市監査委員 坂本次雄

                        亀岡市監査委員 木曽利廣

           例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成14年1月25日(金)

2 検査の対象  平成13年12月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討したところ、12月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

         なお、当月における計数は別紙のとおりである。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              13議発第 2020802号

                              平成14年2月8日

亀岡市長 田中英夫様

                        亀岡市議会議長 野々村 勉

             会議出席要求について

 平成14年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

                 記

       助役            谷村幸男

       助役            田中 潤

       収入役           畠中一樹

       企画管理部長        田中計一

       企画管理部理事       川勝 雅

       (生涯学習室長)

       総務部長          伴 勝美

       環境市民部長        青柳英男

       健康福祉部長        俣野喜三

       経済部長          長澤幸男

       建設部長          小川勇平

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            13議発第 2020802号の2

                            平成14年2月8日

亀岡市教育委員会

 委員長 櫻井俊則様

                        亀岡市議会議長 野々村 勉

             会議出席要求について

 平成14年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

                 記

       教育長           滝本健二

       教育次長          坂井茂子

       理事            人見 正

     (地球環境子ども村推進室長)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            13議発第 2020802号の3

                            平成14年2月8日

亀岡市公営企業管理者

     若山秀之様

                        亀岡市議会議長 野々村 勉

             会議出席要求について

 平成14年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により貴職の出席を要求します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その他の出席者

       財政課長          栗山 健

       総務部次長         児嶋正晴

       兼総務課長事務取扱

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) これより、日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、先例によりまして、

         並河愛子議員

         木曽利廣議員

 を指名いたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野々村勉) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 次に、日程第3、第1号議案から第5号議案までを一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中市長。

          〔市長(田中英夫) 登壇〕



◎市長(田中英夫) 本日は、平成14年第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位の御参集を賜り、まことにありがとうございます。

 本年は、新年早々の1月8日、「かめおか知恵の郷ネットワーク」、愛称「かめおか知恵ネット」の運用を開始いたしました。市内の小・中学校、主要行政施設、自治会事務所など85施設を結ぶ、亀岡市独自の情報ネットワーク「地域イントラネット」であります。市民の皆様の情報リテラシーを高めていただき、行政情報やイベント情報、さらに生活情報の入手等に大いに御活用いただきたいと考えているところであります。

 それでは、この臨時会に提案いたしております議案につきまして、御説明を申し上げ、よろしく御審議をいただきたいと存じます。

 第1号議案から第4号議案までの4議案は、最重点施策として、市民の皆様の待望久しい市立病院に関する議案であります。

 病院建設の基本設計を終えて、100床規模での実施設計の検討を深めてまいりましたが、具体的な設計に着手するに当たり、懸命の努力を続けました結果、幸いにして病院事業債において実施設計経費が認められる見込みとなりました。そこで、企業会計を起こし、新年度からの着工に備えるため、所要の予算、条例について本議会に提案するものでございます。

 第1号議案の平成13年度一般会計補正予算は、9,200万円を減額し、予算総額を320億4,070万円にするものでありまして、現在、一般会計で予算措置しております実施設計経費の減額補正を行うものでございます。

 第2号議案の平成13年度病院事業会計予算は、本年度中に実施設計業務を完了できるよう、企業債を充当して、所要額5,000万円を計上するものであります。

 第3号議案は、病院事業の設置等に関する条例、第4号議案は、特別会計条例の一部を改正して病院事業会計を設置するものであります。

 次に、第5号議案は、消防団条例の一部改正でありまして、消防団のより円滑な運営を図るため、在職最高年齢や定数の見直しを行い、4月1日から新体制でスタートできるように準備期間を考慮して本議会に提案するものでございます。

 どうぞ、慎重な審議をいただき、御賛同を賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(野々村勉) これより、質疑に入ります。

 第1号議案から第5号議案までについて、一括して御質疑願います。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております第1号議案から第5号議案までにつきましては、お手元配付の議案付託表のとおり、総務・厚生常任委員会に付託いたします。

 総務・厚生常任委員長は、付託議案の審査について、よろしく御配慮を願います。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           平成14年第1回臨時会議案付託表



付託委員会
議案番号
件名

総務常任

亀岡市消防団条例の一部を改正する条例の制定について

厚生常任

平成13年度亀岡市一般会計補正予算(第3号)


厚生常任

平成13年度亀岡市病院事業会計予算



亀岡市病院事業の設置等に関する条例の制定について



亀岡市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 暫時休憩をいたします。

                             午前10時06分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午前11時50分再開



○議長(野々村勉) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 休憩中、総務・厚生常任委員会において、付託議案の審査が終了いたしました。

 これより、委員長の報告を求めます。

 まず、総務常任委員長大西竹次議員。

          〔総務常任委員長(大西竹次) 登壇〕



◆総務常任委員長(大西竹次) 総務常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 第5号議案の亀岡市消防団条例の一部を改正する条例は、昭和43年4月に団員の定数を改正以来、33年間経過する中で、消防団の運営をより円滑に図るため、在職最高年齢制限の廃止及び団員の定数を、現行1,000人以内から900人以内に見直しを行い、平成14年4月1日から実施しようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(野々村勉) 次に、厚生常任委員長大石 武議員。

          〔厚生常任委員長(大石 武) 登壇〕



◆厚生常任委員長(大石武) 厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 第1号議案から第4号議案の4議案は、いずれも市立病院にかかわる予算、条例の議案であります。

 まず、予算関係の第1号議案の平成13年度一般会計補正予算は、病院事業会計の設置と相まって、現在、一般会計予算で措置されている実施設計経費の減額を行うものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第2号議案の平成13年度病院事業会計予算については、本年度中に実施設計業務を完了できるよう、企業債を充当して、所要額5,000万円を計上しようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、条例関係の第3号議案、亀岡市病院事業の設置等に関する条例の制定は、病院事業を設置するため所要の規定を設けるものであります。

 また、第4号議案、亀岡市特別会計条例の一部を改正する条例の制定については、病院事業を行うため、特別会計条例の一部を改正して病院事業会計を設置しようとするものであります。

 これら第3号議案、第4号議案の2議案は、別段異論なく、いずれも採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 なお、病院建設にかかわって、今後、交通のアクセス等市民の利便性に配慮されることを望むものであります。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(野々村勉) 以上で、常任委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、順次採決いたします。

 まず、第1号議案、一般会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(野々村勉) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第2号議案から第4号議案までの3件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(野々村勉) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第5号議案、条例の一部改正を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(野々村勉) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成14年2月15日

亀岡市議会議長 野々村 勉様

                        総務常任委員長 大西竹次

              委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


亀岡市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
可決
 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成14年2月15日

亀岡市議会議長 野々村 勉様

                        厚生常任委員長 大石 武

              委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


平成13年度亀岡市一般会計補正予算(第3号)
可決
 


平成13年度亀岡市病院事業会計予算

 


亀岡市病院事業の設置等に関する条例の制定について

 


亀岡市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

 



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(野々村勉) 暫時休憩をいたします。

                             午前11時56分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             午後3時10分再開

          〔議長交代〕



○副議長(堤幸男) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 この際、日程の追加についてお諮りいたします。

 ただいま、議長の野々村 勉議員から、辞職願が提出されましたので、日程に追加して、本件を議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(堤幸男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(堤幸男) これより、議長の辞職についてを議題といたします。

 この際、議長野々村 勉議員の辞職願を事務局長より朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。

 平成14年2月15日

 亀岡市議会副議長 堤 幸男様

                        亀岡市議会議長 野々村 勉

 以上であります。



○副議長(堤幸男) お諮りいたします。

 野々村 勉議員の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(堤幸男) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

          〔野々村 勉議員 着席〕



○副議長(堤幸男) これより、日程に追加して、議長の選挙を行うことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(堤幸男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(堤幸男) これより、議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○副議長(堤幸男) 投票用紙を配付させます。

          〔投票用紙配付〕



○副議長(堤幸男) 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めて、これより投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。

 記入後は、議席の順に投票を願います。

          〔投票〕



○副議長(堤幸男) 投票漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めて、投票を終了いたします。

 これより、開票を行います。

 立会人に、

         並河愛子議員

         木曽利廣議員

 を指名いたします。

 よって、立ち会いをお願いいたします。

          〔立会人立ち会い 開票〕



○副議長(堤幸男) 選挙の結果を、事務局長より報告させます。



◎事務局長(西村邦雄) 御報告いたします。

     出席議員     29名

     投票総数     29票

     有効投票     29票

 有効投票中、

     堤 松男議員   23票

     山木潤治議員    6票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は、8票であります。

 以上であります。



○副議長(堤幸男) ただいま、事務局長の報告のとおり、堤 松男議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○副議長(堤幸男) ただいま、議長に当選されました同議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、堤 松男議員のごあいさつを受けることにいたします。

 新議長、堤 松男議員。

          〔議長(堤 松男) 登壇〕



○議長(堤松男) 議長のお許しを得まして、一言お礼の言葉を申し上げたいと存じます。

 ただいまは、伝統と格式のある亀岡市議会の第30代の議長を決める議長選におきまして、大変微力な私でございますけれども、大多数の議員の御支援を賜りまして当選をさせていただきました。

 どうもありがとうございました。

 この上は、この名誉ある議会を汚すことなく、議員全員で一丸となって亀岡市議会の先頭を切って頑張らせていただきたいと思いますので、よろしく御指導、御鞭撻を賜りますことを心からお願いを申し上げる次第でございます。

 もう御案内のとおり、田中市政の1期目いよいよ最終年度となってまいりました。それぞれ市政の課題は山積をいたしております。同時に、われわれ亀岡市議会におきましても、長い間の懸案でございました定数の削減問題もいよいよ次期市議選においては28名で実施をするという重要な1年でございます。それだけに、特に亀岡9万6,000市民は、この市議会の活動にも大きな期待を寄せていただいておると、このように思います。

 われわれは心して本年12期のこの残りの10か月間を、市民の負託にこたえられる議会運営、議員活動を一緒になってやってまいりたいと思いますので、どうぞ議員各位、その旨を持っていただいて、そして微力な私でございますけれども、支えていただきますことを心からお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますけれども、一言御礼の言葉とさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(堤幸男) それでは、堤 松男議長、議長席にお着き願います。

          〔議長交代 新議長 着席〕

          〔堤 幸男副議長 退席〕



○議長(堤松男) この際、日程の追加についてをお諮りいたします。

 ただいま、副議長の堤 幸男議員から、辞職願が提出されましたので、日程に追加して、本件を議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(堤松男) これより、副議長の辞職についてを議題といたします。

 この際、副議長堤 幸男議員の辞職願を事務局長より朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。

 平成14年2月15日

 亀岡市議会議長 堤 松男様

                        亀岡市議会副議長 堤 幸男

 以上であります。



○議長(堤松男) お諮りいたします。

 堤 幸男議員の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

          〔堤 幸男議員 着席〕



○議長(堤松男) これより、日程に追加して、副議長の選挙を行うことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(堤松男) これより、副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○議長(堤松男) 投票用紙を配付させます。

          〔投票用紙配付〕



○議長(堤松男) 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めて、これより投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。

 記入後は、議席の順に投票を願います。

          〔投票〕



○議長(堤松男) 投票漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めて、投票を終了いたします。

 これより、開票を行います。

 立会人に、

         並河愛子議員

         木曽利廣議員

 を指名いたします。

 よって、立ち会いをお願いいたします。

          〔立会人立ち会い 開票〕



○議長(堤松男) 選挙の結果を、事務局長より報告させます。



◎事務局長(西村邦雄) 御報告いたします。

     出席議員     29名

     投票総数     29票

     有効投票     29票

 有効投票中、

     大西竹次議員   23票

     佐々木幸夫議員   6票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は、8票であります。

 以上であります。



○議長(堤松男) ただいま、事務局長の報告のとおり、大西竹次議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○議長(堤松男) ただいま、副議長に当選されました同議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、大西竹次議員のごあいさつを受けることにいたします。

 新副議長、大西竹次議員。

          〔副議長(大西竹次) 登壇〕



◆副議長(大西竹次) 議長のお許しをいただきまして、一言、副議長就任のごあいさつをいたしたいと思います。

 早いものでございまして、市制施行以来47年という歳月が経過いたしまして、この伝統ある議会の副議長という職に、皆さんの大多数の御賛同を得まして、ただいま就任させていただいたわけでございます。

 まず最初に、厚くその旨につきまして御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

 21世紀とともに、亀岡市も第3次総合計画が施行され、本年はその2年目ということでございまして、それに基づいてのまちづくりがただいま進められておるところでございます。

 私ども議会人としても、一層努力することによって、その目的達成のために努力していかなければならないと思っております。

 幸いにも堤議長のもとで、私まことに微力ではございますけれども、亀岡市議会の名を汚さないためにも、21世紀の議会のあり方というものを皆さんとともに今後進めていくよう努力をいたしたいと思っております。

 御承知のように、まことに不都合なものでございますけれども、どうか皆さん方の御指導、御鞭撻を心からこいねがいまして、まことに簡単でございますけれども、一言ごあいさつにかえたいと思います。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(堤松男) この際、正副議長を御退任されました、野々村 勉、堤 幸男両議員に対し、一言感謝の言葉を申し上げます。

 昨年は、新たな世紀に夢と希望を膨らませ、市民と拓く新時代に向け、第3次亀岡市総合計画がスタートし、これを指針として市政が推進されたところであります。

 田中市政3年目に当たって、初の女性議会の開催、馬堀駅前区画整理の完成、21世紀を平和の世紀とする取り組み、市立病院建設用地の決定、新保津橋の供用開始等、新たな世紀へ向け着実な第一歩を踏み出した意義ある1年でありました。

 一方、変革と創造の時にあって、新たな議案も多く提案され、また議員定数にかかわっての審議をはじめ、議会運営におきましても多忙な1年間であったかと存じます。

 こうした中で、市民に開かれた議会を目指し、多大の御尽力をいただき、円滑な議会運営の功労は、議員だれもが認めるところでございます。

 新世紀初年の議長、副議長として、野々村 勉議員、堤 幸男議員の業績は、本市議会に輝かしい歴史として刻まれるものであります。

 大変1年間御苦労さまでございました。

 議長、副議長御退任後は、貴重な体験を議会の運営に、そして私たち議員に温かい御指導を賜りますようお願いを申し上げ、まことに簡単で意を尽くしませんが、感謝の言葉といたします。

 御苦労さまでございました。

 この際、退任される両議員から、ごあいさつを受けることといたします。

 野々村 勉議員。

          〔野々村 勉議員 登壇〕



◆(野々村勉議員) 議長退任に際しまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいまは、堤 松男議長様から、身に余るお言葉をいただき、恐縮をいたしているところでございます。

 昨年2月15日から1年間、議長の職を務めさせていただき、今日こうして議員各位のひとかたならぬ御理解、御協力と御支援をいただいて、無事迎えることができました。

 心から感謝を申し上げる次第でございます。

 新世紀初年の議長として、また第3次亀岡市総合計画のスタートの年の議長として就任させていただき、まことに光栄なことで、ここに改めて感謝とお礼を申し上げます。

 今後は、一議員に戻りまして、第3次亀岡市総合計画推進に、ひいては市民福祉の向上、そして円滑な議会の運営に、微力ではございますが、努める所存ございます。

 今後とも議員各位の以前に変わりませぬ御指導を賜りますようお願いを申し上げ、意を尽くしませんが、議長退任に当たってのお礼のごあいさつといたします。

 1年間、本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(堤松男) ありがとうございました。

 続きまして、堤 幸男議員。

          〔堤 幸男議員 登壇〕



◆(堤幸男議員) 失礼をいたします。

 議長のお許しをいただきまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 昨年2月15日の臨時会におきまして、議長とともに副議長に選任いただき、大過なく本日を迎えることができましたのも、議員諸公の温かい御協力、御指導、御鞭撻を賜りましたことに、心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。

 21世紀も2年目に入り、新世紀初頭のまちづくりの推進と市政発展に、また議会運営の円滑化と充実発展に、一議員といたしまして今後努めてまいる所存でございますので、変わらぬ御支援と御協力を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、まことに簡単で意を尽くすことができませんが、一言をもって御礼のごあいさつとさせていただきます。

 まことにありがとうございました。(拍手)



○議長(堤松男) ありがとうございました。

 続いて、日程の追加についてお諮りいたします。

 議会運営委員の辞任及び選任についてを日程に追加して議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(堤松男) これより、議会運営委員の辞任及び選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本日付け

     佐野光男議員

     大石 武議員

     西田 馨議員

     小塩正幸議員

     竹岡良藏議員

 から、議会運営委員を辞任したいとの申し出があり、申し出のとおり辞任を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認め、さよう決します。

 次に、後任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、

     木曽利廣議員

     石野善司議員

     松本冨雄議員

     船越正美議員

     野々村嘉平議員

 を、それぞれ指名いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 本日は、あらかじめ会議時間を延長いたします。

 暫時休憩をいたします。

                              午後3時45分休憩

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                              午後6時50分再開



○議長(堤松男) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 御報告いたします。

 先ほど、各常任委員会及び議会運営委員会において、正副委員長の互選が行われました。

 その結果、お手元配付のとおり、それぞれ選任されましたので、御報告いたします。

 以上で、報告を終わります。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          常任委員会・議会運営委員会正副委員長名簿



常任委員会
委員長
副委員長

総務常任委員会
和田信久
石野善司

厚生常任委員会
石野正作
佐野光男

産業常任委員会
野々村嘉平
佐々木幸夫

建設常任委員会
山脇英富
西田 馨





議会運営委員会
委員長
副委員長


田中義雄
船越正美



    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(堤松男) 次に、日程の追加についてお諮りいたします。

 特別委員の辞任及び選任、京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙、並びに国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙についてを、日程に追加して議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、日程に追加することに決します。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          〔議長交代、議長 降壇・退席〕

          〔副議長 登壇〕



○副議長(大西竹次) まず、特別委員の辞任及び選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本日付け、上桂川対策特別委員の堤 松男議員から、特別委員を辞任したいとの申し出があり、申し出のとおり辞任を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(大西竹次) 御異議なしと認めて、さよう決します。

          〔議長交代 副議長 降壇〕

          〔議長 登壇〕



○議長(堤松男) 次に、後任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、上桂川対策特別委員に野々村 勉議員を指名いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、さよう決します。

          〔野々村 勉議員 退席〕



○議長(堤松男) 次に、京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙についてを議題といたします。

 本日付け、京都中部広域消防組合議会議員の野々村 勉議員より辞職願が提出されました。

 野々村 勉議員の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、京都中部広域消防組合議会議員を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。

 平成14年2月15日

                        亀岡市議会議員 野々村 勉

 亀岡市議会議長 堤 松男様

 以上であります。



○議長(堤松男) お諮りいたします。

 野々村 勉議員の京都中部広域消防組合議会議員の辞職を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

          〔野々村 勉議員 着席〕

          〔議長交代 議長 降壇〕

          〔副議長 登壇〕



○副議長(大西竹次) 次に、選挙の方法についてお諮りいたします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選により、いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(大西竹次) 御異議なしと認めます。

 よって、京都中部広域消防組合議会議員に、堤 松男議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの指名のとおり、当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(大西竹次) 御異議なしと認めます。

 よって、指名のとおり当選人を決定し、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

          〔野々村 勉議員 退席〕

          〔議長交代 副議長 降壇〕

          〔議長 登壇〕



○議長(堤松男) 次に、国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙についてを議題といたします。

 本日付け、国民健康保険南丹病院組合議会議員の野々村 勉議員より辞職願が提出されました。

 野々村 勉議員の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、国民健康保険南丹病院組合議会議員を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。

 平成14年2月15日

                        亀岡市議会議員 野々村 勉

 亀岡市議会議長 堤 松男様

 以上であります。



○議長(堤松男) お諮りいたします。

 野々村 勉議員の国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(堤松男) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

          〔野々村 勉議員 着席〕

          〔議長交代 議長 降壇〕

          〔副議長 登壇〕



○副議長(大西竹次) 次に、選挙の方法について、お諮りいたします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選により、いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(大西竹次) 御異議なしと認めます。

 よって、国民健康保険南丹病院組合議会議員に堤 松男議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの指名のとおり、当選人と定めることに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(大西竹次) 御異議なしと認めます。

 よって、指名のとおり当選人を決定し、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選を告知いたします。

          〔議長交代 副議長 降壇〕

          〔議長 登壇〕

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(堤松男) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 今期臨時会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、平成14年第1回亀岡市議会臨時会を閉会いたします。

 大変長時間にわたり御苦労でした。

                              午後7時00分閉会

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

   亀岡市議会議長   野々村 勉

   亀岡市議会議長   堤 松男

   亀岡市議会副議長  堤 幸男

   亀岡市議会副議長  大西竹次

   会議録署名議員   並河愛子

   会議録署名議員   木曽利廣