議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成12年  6月 定例会 07月04日−05号




平成12年  6月 定例会 − 07月04日−05号







平成12年  6月 定例会



平成12年6月亀岡市議会定例会会議録(第5号)

     平成12年7月4日(火曜日)午後1時00分開議

◯出席議員(30名)

                     苗村活代

                     並河愛子

                     日高省子

                     吉川泰博

                     木曽利廣

                     佐野光男

                     石野善司

                     松本冨雄

                     船越正美

                     大石 武

                     田中 豊

                     立花武子

                     森 良之

                     堤 松男

                     堤 幸男

                     田中義雄

                     山脇英富

                     西田 馨

                     小塩正幸

                     大西竹次

                     佐々木幸夫

                     山木潤治

                     和田信久

                     石野正作

                     竹岡良藏

                     栗山邦雄

                     湯浅誠一

                     野々村嘉平

                     野々村 勉

                     美馬靖征

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

              事務局長   西村邦雄

              次長     俣野幸子

              庶務係長   藤田 悟

              議事係長   俣野和俊

              主査     内藤一彦

              速記     元屋恭子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成12年6月定例会議事日程(第5号)

  平成12年7月4日(火曜日)

  開議   午後1時

  第1   報告第1号から報告第6号まで並びに

        第1号議案から第7号議案まで

                 (委員長報告〜表決)

  第2   意見書案について  (表決)

  第3   閉会中の継続審査申出について

追加日程

  第4   第11号議案  (提案理由説明、表決)

上記のとおり

                              議長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時00分開議



○議長(湯浅誠一) 御参集御苦労に存じます。

 これより、6月定例会を再開して、本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月現金出納検査結果報告が参っており、その写しをお手元に配付しておきましたので、お調べおき願います。

 以上で、報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       12監査第17号

                       平成12年6月8日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   亀岡市監査委員 坂本次雄

                   亀岡市監査委員 堤 松男

     例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成12年5月26日(金)

2 検査の対象  平成12年4月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討したところ、4月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        12監査第24号

                        平成12年6月27日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   亀岡市監査委員 坂本次雄

                   亀岡市監査委員 堤 松男

     例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成12年6月26日(月)

2 検査の対象  平成12年5月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討したところ、5月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) これより、日程に入ります。

 日程第1、報告第1号から報告第6号まで並びに第1号議案から第7号議案までを、一括して議題といたします。

 これより、各委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長大西竹次議員。

        〔総務常任委員長(大西竹次) 登壇〕



◆総務常任委員長(大西竹次) 総務常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、報告第1号の平成11年度亀岡市一般会計補正予算は、歳入では、地方交付税、市債、地方消費税交付金、府支出金、地方譲与税等の増額と、基金繰入金等の減額の財源補正。

 また、歳出は、将来の財政運営に備えて、減債基金に2億500万円を積み立てるものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、報告第3号、4号、5号の専決処分は、いずれも地方税法等の一部改正に伴い、亀岡市税条例等を一部改正するものであります。

 報告第3号の亀岡市税条例の一部を改正する条例は、市民税において、所得割の課税最低限の金額の改正、固定資産税において、商業地等の宅地に係る税負担の上限を段階的に引き下げることとする改正等を行ったものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 報告第4号の亀岡市都市計画税条例の一部を改正する条例は、固定資産税の規定の改正に準じ、所要の規定整備を行ったものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 報告第5号の亀岡市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例は、法の一部改正に伴い、所要の規定整備を行ったものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、第2号議案の亀岡市情報公開条例の制定は、行政機関が保有している公文書を広く公開し、知る権利を、開示を請求する権利として具体化することにより、市民の市政への参加を促し、より開かれた市政の推進を図ろうとするものであります。

 出資法人への要請については、この条例に基づく市の施策に準じた措置を講ずるよう要望し、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第3号議案の亀岡市立幼稚園条例の一部を改正する条例は、少子化対策の一環として、国の幼稚園就園奨励費補助金交付要綱の改正に伴い、亀岡市立幼稚園の保育料減免基準を拡大するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第4号議案の亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正等に伴い、非常勤消防団員等に対する損害補償の充実を図るため、補償基礎額等の額を改正し、所要の規定整備を行うものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第5号議案の亀岡市消防団員退職報償金条例の一部を改正する条例は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴い、団員の処遇改善を図るため、消防団員退職報償金の支払額を改正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第6号議案の亀岡市立東別院小学校屋内運動場等改築及び整備工事請負契約の締結は、2億4,150万円で、吉岡敬・大栄共同企業体と本契約を締結し、平成13年3月31日完成を期するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(湯浅誠一) 次に、厚生常任委員長野々村 勉議員。

       〔厚生常任委員長(野々村 勉) 登壇〕



◆厚生常任委員長(野々村勉) 厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 第1号議案の平成12年度老人保健事業特別会計補正予算は、平成11年度社会診療報酬支払基金交付金等の交付額確定による返納金であり、財源については、前年度繰越金等で措置されており、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、本委員会の報告といたします。



○議長(湯浅誠一) 次に、産業常任委員長松本冨雄議員。

        〔産業常任委員長(松本冨雄) 登壇〕



◆産業常任委員長(松本冨雄) 産業常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 報告第6号の亀岡市農業共済条例の一部を改正する条例の制定は、農業災害補償法の一部改正等に伴い、家畜共済、園芸施設共済等に関する事項の改正を行ったものであります。

 採決の結果は、別段異論なく、全員をもって承認すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(湯浅誠一) 次に、建設常任委員長山脇英富議員。

        〔建設常任委員長(山脇英富) 登壇〕



◆建設常任委員長(山脇英富) 建設常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、報告第2号、専決処分の平成11年度都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算でありますが、起債許可額の最終決定に伴う歳入予算の組み替えであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、第7号議案、宮前地区汚水処理施設建設工事請負契約の締結は、農業集落排水事業に係る汚水処理施設建設工事の本契約を締結しようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(湯浅誠一) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、報告第1号から報告第6号までの専決処分承認案6件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、承認であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(湯浅誠一) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり承認されました。

 次に、第1号議案の平成12年度老人保健事業特別会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(湯浅誠一) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第2号議案から第5号議案までの条例の制定等4件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(湯浅誠一) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第6号議案及び第7号議案の工事請負契約の締結について2件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(湯浅誠一) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 次に、日程第2、意見書案を議題といたします。

 お手元配付のとおり、議案は1件であります。

 事務局長に件名を朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 件名を朗読いたします。

 道路特定財源制度の堅持に関する意見書(案)

 以上、1件であります。



○議長(湯浅誠一) ただいまの件名の朗読で、議案の内容は御承知願えたものと思います。

 この際、御質疑はございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 これより、討論に入ります。

 通告により、発言を許します。並河愛子議員。



◆(並河愛子議員) 私は、日本共産党亀岡市議会議員団を代表いたしまして、道路特定財源制度の堅持に関する意見書(案)について、反対の討論を行います。

 国の道路整備五箇年計画は、1954年の第1次策定以来、進められている事業です。道路特定財源制度は、ガソリン税、石油ガス税、軽油引取税、自動車取得税、自動車重量税など、受益者、原因者負担の考え方に基づいて自動車利用者から道路整備費の負担を求める制度です。その税額は年間6兆円にもなっています。

 政府の無制限なモータリゼーション、高速幹線道路優先の道路政策による巨額の予算の投入は、過密・過疎を激しくし、交通渋滞、交通事故、交通公害を多発させ、路面電車の廃止に加え、地方公営企業の赤字を招き、ローカル線の切り捨てなど、公共交通機関の衰退を招き、住民の足を奪っています。

 大型道路整備事業は、ゼネコン奉仕型の公共事業を拡大し、浪費の温床になっています。その財源になっているのが道路特定財源制度です。

 日本共産党は、国民生活の利便、国土のつり合いのとれた発展、安全と効率、エネルギーの浪費の抑制などの総合的な交通運輸体系をつくることが大切であると考えています。

 道路、鉄道、航空、海運など、さまざまな交通手段の特性を生かし、バランスのとれた交通体系を確立してこそ、住民の足としての交通機関を発展させることができます。

 道路整備計画の策定に当たっては、地域住民が熱望している市町村道、都道府県道など、本市では特に宇津根新国道線や、国道372号・423号の整備促進をはじめとする市民の生活と密着した地方道重点の整備計画とし、そのための財源を保障すべきと考えます。

 この道路特定財源を、幹線自動車道路づくりに集中して使う現在の新道路五箇年計画と、財政を抜本的に転換し、道路特定財源制度は廃止をして、道路、港湾、航空など、交通関係の特別会計を一元した総合交通特別会計を創設すべきと考えます。

 以上の視点から、生活道路整備を重点とし、地域住民の願いにこたえる内容にするためにも、道路特定財源制度の堅持に関する意見書(案)に対する反対討論といたします。



○議長(湯浅誠一) 以上で、討論を終結いたします。

 これより、採決をいたします。

 道路特定財源制度の堅持に関する意見書案を、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(湯浅誠一) 起立多数であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決されました。

 ただいま可決されました意見書の字句等の整理につきましては、議長に一任願います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 次に、日程第3、閉会中の継続審査の申出についてを議題といたします。

 会議規則第104条の規定により、お手元配付の文書のとおり、閉会中の継続審査の申出があります。

 厚生・産業・建設の各常任委員長からの申出のとおり取り計らうことにいたして御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   総務常任委員長 大西竹次

     委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

     記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報1
専決処分の承認を求めることについて

 平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第5号)
承認
 


報3
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市税条例の一部を改正する条例の制定について

 


報4
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について

 


報5
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定について
承認
 



亀岡市情報公開条例の制定について
可決
 



亀岡市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市消防団員退職報償金条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市立東別院小学校屋内運動場等改築及び整備工事(建築)請負契約の締結について

 









  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

     委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

     記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成12年度亀岡市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)
可決
 









  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   産業常任委員長 松本冨雄

     委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

     記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報6
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市農業共済条例の一部を改正する条例の制定について
承認
 









  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   建設常任委員長 山脇英富

     委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

     記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報2
専決処分の承認を求めることについて
承認
 



 平成11年度亀岡市都市計画土地区画 整理事業特別会計補正予算(第3号)宮前地区汚水処理施設建設工事請負契約の締結について
可決
 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                       発議者 野々村 勉

                           田中義雄

                           木曽利廣

                           和田信久

     意見書案の提出について

 別紙意見書案を当市議会の議決をもって、それぞれの宛先に提出されたく、亀岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      道路特定財源制度の堅持に関する意見書(案)

 道路は、国民生活や経済・社会活動を支える最も基礎的な施設で、特に亀岡市は市域面積が広大で道路網の整備を市政の最重点課題としているところであり、その整備をより一層推進することが必要不可欠である。

 政府税制調査会において、「道路特定財源を一般財源化する」、「道路をつくることが環境破壊である」との議論がなされている。

 しかしながら、こうした議論は、道路整備の推進を切望する亀岡市の意向に合わないものであるとともに、道路整備が円滑な自動車交通を確保することにより環境改善に資することを理解していないものである。

 道路特定財源制度を堅持し、今後とも着実に道路整備を行うことを強く求める。

     記

1. 新道路整備五箇年計画に基づき、円滑に道路整備を推進するため、引き続き道路特定財源制度及び道路整備特別会計制度を堅持するとともに、特定財源による道路整備の推進に支障を来す恐れのある制度を導入しないこと。

2. 地域間の活発な交流を支え、活力ある地域づくり、まちづくりを実現するため、また、防災対策、渋滞対策、交通安全対策等安全で快適な生活環境づくりを推進するため、市町村道から高規格道路に至る整備を一層促進すること。

3. 地方の道路財源を確保するとともに地方財政対策を充実すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成12年7月4日

  内閣総理大臣+

  大蔵大臣  | 宛

  建設大臣  |

  自治大臣  +

                   亀岡市議会議長 湯浅誠一

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

     閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

     記

1.事件

   第8号議案 平成11年度亀岡市上水道事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   産業常任委員長 松本冨雄

     閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

     記

1.事件

   第10号議案 平成11年度亀岡市農業共済事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         平成12年7月4日

亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   建設常任委員長 山脇英富

     閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

     記

1.事件

   第9号議案 平成11年度亀岡市下水道事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 次に、日程の追加についてお諮りいたします。

 市長より、第11号議案、損害評価会委員の委嘱についてが提出されましたので、この際、日程に追加して議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、日程に追加することに決します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) これより、第11号議案を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中市長。

          〔市長(田中英夫) 登壇〕



◎市長(田中英夫) 議員各位には、連日慎重に御審議をいただき、また、ただいまは、これまでに提案いたしましたすべての議案に御賛同を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 ここに提案をいたしております人事議案につきまして、御説明を申し上げます。

 第11号議案は、損害評価会委員1名の補充選任につきまして、亀岡市農業共済条例第104条の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 何とぞ、御賛同を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(湯浅誠一) お諮りいたします。

 本件については、質疑等を省略して、直ちに採決いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 第11号議案、損害評価会委員の委嘱についてを、採決いたします。

 本案、同意することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、同意することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 今期定例会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、平成12年6月亀岡市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労でした。

                         午後1時22分閉会

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

   亀岡市議会議長   湯浅誠一

   亀岡市議会副議長  野々村嘉平

   会議録署名議員   堤 幸男

   会議録署名議員   田中義雄