議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成12年  2月 臨時会(第1回) 02月15日−01号




平成12年  2月 臨時会(第1回) − 02月15日−01号







平成12年  2月 臨時会(第1回)



平成12年第1回亀岡市議会臨時会会議録(第1号)

    平成12年2月15日(火曜日)午前10時00分開会

◯出席議員(30名)

                    苗村活代

                    並河愛子

                    日高省子

                    吉川泰博

                    木曽利廣

                    佐野光男

                    石野善司

                    松本冨雄

                    船越正美

                    大石 武

                    田中 豊

                    立花武子

                    森 良之

                    堤 松男

                    堤 幸男

                    田中義雄

                    山脇英富

                    西田 馨

                    小塩正幸

                    大西竹次

                    佐々木幸夫

                    山木潤治

                    和田信久

                    石野正作

                    竹岡良藏

                    栗山邦雄

                    湯浅誠一

                    野々村嘉平

                    野々村 勉

                    美馬靖征

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

             事務局長   西村邦雄

             次長     葛野 剛

             議事係長   俣野和俊

             主任     野々村寿良

             主事     内藤一彦

             速記     元屋恭子

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成12年第1回臨時会議事日程(第1号)

 平成12年2月15日(火曜日)

 開議   午前10時

 第1   会議録署名議員指名

 第2   会期決定

 第3   第1号議案及び第2号議案

             (提案理由説明、質疑〜表決)

追加日程

 第4   議長の辞職について

 第5   議長選挙

 第6   副議長の辞職について

 第7   副議長選挙

 第8   議会運営委員の辞任及び選任について

 第9   特別委員の辞任及び選任について

 第10   京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙について

 第11   国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙について

上記のとおり

                             議長

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       午前10時00分開会



○議長(小塩正幸) 御参集御苦労に存じます。

 これより、平成12年第1回亀岡市議会臨時会を開会いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 直ちに、本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく例月現金出納検査結果報告、並びに同法第199条第9項の規定に基づく定期監査結果報告及び工事監査結果報告が参っており、その写しをお手元に配付しておきましたので、お調べおき願います。

 次に、本臨時会における理事者出席要求につきましては、お手元配付の文書のとおり要求しておきましたので、御覧おき願います。

 次に、1月4日付けで教育委員会委員に桜井俊則氏が就任されておりますので、紹介並びにあいさつを受けることにいたします。

     〔関係理事者 議場中央に進む〕



◎市長(田中英夫) それでは、お許しをいただきまして、紹介をさせていただきます。

 12月定例会で御承認をいただきまして、教育委員に選任をいたしました桜井俊則委員が、1月4日付けで就任をいただいておりますので、御紹介をいたします。



◎教育委員(桜井俊則) おはようございます。

 1月4日付けで教育委員に選任いただきました桜井俊則でございます。

 もう少し早くごあいさつにお伺いさせていただかなければいけないわけでございますが、特にこのような機会を設けていただきまして、ごあいさつをさせていただけることに、心より感謝申し上げます。

 ただいま、亀岡市教育委員会は、心の教育推進事業ということで、積極的に心の教育事業を推進いたしております。どうぞ議会の先生方の温かい御指導と御協力を得まして、教育委員として、微力ではございますが全力を尽くしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 はなはだ簡単ではございますが、選任いただきましたお礼のごあいさつと教育委員としての決意をお話いたしまして、就任のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○議長(小塩正幸) 以上で、報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                      11監査第88号

                      平成12年1月5日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                  亀岡市監査委員 坂本次雄

                  亀岡市監査委員 田中義雄

     例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成11年12月27日(月)

2 検査の対象  平成11年11月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果   各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討ししたところ、11月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        11監査第101号

                        平成12年2月9日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                  亀岡市監査委員 坂本次雄

                  亀岡市監査委員 田中義雄

     例月現金出納検査の結果に関する報告

 地方自治法第235条の2第1項の規定に基づき、例月現金出納検査を執行しましたので、同条第3項の規定により、その結果に関する報告を次のとおり提出します。

1 検査実施日  平成12年1月26日(水)

2 検査の対象  平成11年12月分の収入役及び公営企業管理者の権限に属する現金の出納

3 検査の結果  各会計における歳入歳出並びに歳入歳出外現金について、収支証拠書類・関係帳簿により調査・照合・検討したところ、12月分の現金出納事務の計数は正確であることを認めた。

          なお、当月における計数は別紙のとおりである。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       11監査第97号

                       平成12年1月31日

亀岡市議会

  議長 小塩正幸様

                  亀岡市監査委員 坂本次雄

                  亀岡市監査委員 田中義雄

     定期監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第4項の規定による監査を実施し、同条第11項の規定に基づき、監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により、次のとおり提出します。

     記

1.監査の種類  平成11年定期監査

2.監査の対象  企画管理部、総務部、市民部、福祉部、会計課、議会事務局、選挙管理委員会事務局及び公平委員会事務局に係る平成11年度の財務に関する事業の執行について

3.監査の期間  自 平成11年10月 5日

         至 平成11年 1月20日

4.監査の方法  監査対象部局等から財務に関する事務の執行状況についてあらかじめ資料の提出を求め、これに基づいて関係各課長等から執行状況の説明を聴取するとともに必要に応じて細部資料及び諸帳簿の呈示を求め監査を執行した。

5.監査の結果  次のとおり

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       11監査第98号

                       平成12年1月31日

亀岡市議会

  議長 小塩正幸様

                  亀岡市監査委員 坂本次雄

                  亀岡市監査委員 田中義雄

     工事監査の結果に関する報告

 地方自治法第199条第5項の規定による工事監査を実施し、同条第11項の規定に基づき、監査の結果に関する報告を決定しましたので、同条第9項の規定により、次のとおり提出します。

     工事監査結果報告

1.監査実施期間  平成11年11月17日〜平成11年度11月18日

2.監査の対象工事

 (1)亀岡市立大成中学校校舎増築及び改修工事(建築)

 (2)亀岡市立大成中学校校舎増築及び改修工事(機械)

 (3)亀岡市立大成中学校校舎増築及び改修工事(電気)

3.監査の概要

 この工事監査については、社団法人大阪技術振興協会との間に工事技術調査に係る業務委託契約を締結し、平成11年9月30日現在で、土木建築部及び公営企業部から報告のあった契約金額が1,000万円以上の工事68件の中から3件を選び監査の対象として実施したものです。

 なお、この監査結果報告は、同協会技術士の調査意見を参考として作成したものであることを申し添えます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                      11議第221号

                      平成12年2月8日

亀岡市長 田中英夫様

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

     会議出席要求について

 平成12年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

            記

      助役         谷村幸男

      収入役        中川太郎

      企画管理部長     畠中一樹

      生涯学習都市推進室長 人見 正

      総務部長       俣野喜三

      市民部長       田中計一

      人権・同和室長    加茂 巖

      福祉部長       服部 保

      健康いきいき推進部長 坂井茂子

      経済部長       井上盛夫

      都市建設部長     青柳英男

      土木建築部長     小川勇平

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                      11議第222号

                      平成12年2月8日

亀岡市教育委員会委員長 藤村吉子様

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

     会議出席要求について

 平成12年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により貴職及び次の者の出席を要求します。

            記

      教育長        橋詰澄雄

      教育次長       川勝 雅

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                      11議第223号

                      平成12年2月8日

亀岡市公営企業管理者

    若山秀之様

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

      会議出席要求について

 平成12年第1回亀岡市議会臨時会に地方自治法第121条の規定により出席を要求します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その他の出席者

      財政課長       栗山 健

      総務課長       八木利隆

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) これより、日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、先例によりまして、

        大石 武議員

        立花武子議員

 を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第3、第1号議案及び第2号議案を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中市長。

     〔市長(田中英夫) 登壇〕



◎市長(田中英夫) 2000年の新春は、コンピューター2000年問題の混乱もなく順調に推移し、無事スタートしたところでありますが、いよいよ21世紀が間近に迫ったことを実感するものであります。

 さて、本日ここに、平成12年第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には御多用中にもかかわりませず、御参集いただき、まことに感謝にたえないところでございます。

 それでは、ここに提案いたしております議案につきまして、御説明を申し上げます。

 この臨時会に提案いたしております、第1号議案の亀岡市部設置条例及び第2号議案の亀岡市公営企業の組織等に関する条例は、いずれも行政組織機構に関する条例の制定議案でございます。

 開かれた市政、市政の経営という観点から、スリム化、スクラップアンドビルドを念頭に、一層の簡素・効率化を図るとともに、市民にわかりやすく機能的な組織機構とするため、組織の再編整備を図ろうとするものであります。今、新年度に向け、重要施策を推進するため積極的な平成12年度予算を鋭意編成中であり、この新たな組織により、20世紀に残された課題の解決と21世紀への確たる道筋をつけてまいりたいと考えているところであります。

 以上、いずれも急施を要する案件のため臨時会提案となりましたが、よろしく御審議、御賛同を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(小塩正幸) これより、質疑に入ります。

 第1号議案及び第2号議案について、御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 暫時休憩をいたします。

                       午前10時05分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       午前11時40分再開



○議長(小塩正幸) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 第1号議案及び第2号議案について、御質疑ございませんか。

 山木潤治議員。



◆(山木潤治議員) ただいま議題となっております第1号議案及び第2号議案につき、2点につきまして質疑をいたします。

 1点は、今回の機構改革が、どういう点で開かれた市政であり、市民にわかりやすい組織機構となるのか、組織機構なのかという点につきまして。

 そして2点目は、職員の皆さんにとりまして仕事がやりやすく、そしてスムーズに進行するのかどうかという、この2点につき、市長の見解を求めたいと思います。

 以上です。



◎市長(田中英夫) お答え申し上げます。

 私自身は、政治姿勢として、開かれた市政と、そして市民の皆さんとの対話の中で、できる限りまちづくりを進めていきたいと、このように考えております。そのことが執行しやすく、スムーズにいけるような組織として今回改正をしたということでありまして、組織の一つ一つについて、こうだからこれが開かれていると、そういうようなものではなかろうと思っております。

 それと、それが職員にとってどうであるかという話でありますが、職員にとってどうであるかということの前に、市政を運営するのにとってどうであるかということが大事でありまして、そのことを基本といたしておりますけれども、もちろん職員にとってそれがスムーズにお互いが調整をしながらできるような組織としてこれができ上がっておるものと自信を持っております。

 以上でございます。



○議長(小塩正幸) ほかに御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま提案されております議案について、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、委員会付託を省略することに決します。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、第1号議案及び第2号議案を、一括して起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩をいたします。

                       午前11時43分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       午後3時30分再開

     〔議長交代〕



○副議長(石野正作) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 この際、日程の追加についてお諮りいたします。

 ただいま、議長の小塩正幸議員から、辞職願が提出されましたので、日程に追加して、本件を議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(石野正作) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(石野正作) これより、議長の辞職についてを議題といたします。

 この際、議長小塩正幸議員の辞職願を事務局長より朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。

 平成12年2月15日

 亀岡市議会副議長 石野正作様

                    亀岡市議会議長 小塩正幸

 以上であります。



○副議長(石野正作) お諮りいたします。

 小塩正幸議員の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(石野正作) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

     〔小塩正幸議員 着席〕

 これより、日程に追加して、議長の選挙を行うことに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(石野正作) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(石野正作) これより、議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(石野正作) 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○副議長(石野正作) 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めて、これより投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。

 記入後は、議席の順に投票を願います。

     〔投票〕



○副議長(石野正作) 投票漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)投票漏れなしと認めて、投票を終了いたします。

 これより、開票を行います。

 立会人に、

        大石 武議員

        立花武子議員

 を指名いたします。

 よって、立ち会いをお願いいたします。

     〔立会人立ち会い 開票〕



○副議長(石野正作) 選挙の結果を、事務局長より報告させます。



◎事務局長(西村邦雄) 御報告申し上げます。

    出席議員     30名

    投票総数     30票

    有効投票     30票

 有効投票中、

    湯浅誠一議員   24票

    山木潤治議員    6票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は、8票であります。

 以上でございます。



○副議長(石野正作) ただいま、事務局長の報告のとおり、湯浅誠一議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(石野正作) ただいま、議長に当選されました同議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、湯浅誠一議員のごあいさつを受けることにいたします。

 新議長、湯浅誠一議員。

     〔議長(湯浅誠一) 登壇〕



○議長(湯浅誠一) 失礼いたします。

 ただいまは、図らずも皆さん方、議員の方々の御推挙によりまして、伝統ある亀岡市議会議長の職を与えていただきましたこと、まことに身に余る光栄と、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 御承知のとおり、私は浅学非才そのものでございまして、皆さん方の御期待に沿うことは到底かなわないかと存じますが、御推挙をいただきました以上は、誠心誠意その職に尽くしたいと決意しておる次第でございます。そして、躍進する亀岡市政を議会の立場から寄与してまいりたいと存じます。

 どうか皆様方、変わりませぬ御指導と御協力、そして御叱正を賜りますことを心からお願いを申し上げまして、はなはだ簡単で意を尽くしませんが、就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(石野正作) それでは、湯浅誠一議長、議長席にお着き願います。

     〔議長交代 新議長着席〕

     〔石野正作副議長 退席〕



○議長(湯浅誠一) この際、日程の追加についてお諮りいたします。

 ただいま、副議長の石野正作議員から、辞職願が提出されましたので、日程に追加して、本件を議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) これより、副議長の辞職についてを議題といたします。

 この際、副議長石野正作議員の辞職願を事務局長より朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、副議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。

 平成12年2月15日

 亀岡市議会議長 湯浅誠一様

                   亀岡市議会副議長 石野正作

 以上であります。



○議長(湯浅誠一) お諮りいたします。

 石野正作議員の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

     〔石野正作議員 着席〕



○議長(湯浅誠一) これより、日程に追加して、副議長の選挙を行うことに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) これより、副議長の選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(湯浅誠一) 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○議長(湯浅誠一) 投票用紙の配付漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めて、これより投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。

 記入後は、議席の順に投票を願います。

     〔投票〕



○議長(湯浅誠一) 投票漏れはありませんか。(「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めて、投票を終了いたします。

 これより、開票を行います。

 立会人に、

        大石 武議員

        立花武子議員

 を指名いたします。

 よって、立ち会いをお願いいたします。

     〔立会人立ち会い 開票〕



○議長(湯浅誠一) 選挙の結果を、事務局長より報告させます。



◎事務局長(西村邦雄) 御報告いたします。

    出席議員     30名

    投票総数     30票

    有効投票     30票

 有効投票中、

    野々村嘉平議員  24票

    佐々木幸夫議員   6票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は、8票であります。

 以上であります。



○議長(湯浅誠一) ただいま、事務局長の報告のとおり、野々村嘉平議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(湯浅誠一) ただいま、副議長に当選されました同議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、野々村嘉平議員のごあいさつを受けることにいたします。

 新副議長、野々村嘉平議員。

     〔副議長(野々村嘉平) 登壇〕



○副議長(野々村嘉平) それでは、失礼をいたします。

 一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 ただいまは、多数の議員の皆様方によりまして、副議長に当選をさせていただきました。まことにありがとうございました。

 今後は、亀岡市政発展のために、誠心誠意努力をいたしますとともに、議長を補佐して、スムーズな議会運営を微力ながら頑張っていく所存でございます。議員皆様方の御指導と御協力を賜りますよう切にお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(湯浅誠一) この際、正副議長を御退任されました両議員に対し、一言感謝の言葉を述べさせていただきます。

 このたび退任されました前小塩議長、石野副議長に、高いところからではございますが、議員一同を代表いたしまして御礼の言葉を申し上げたいと存じます。

 昨年は、第12期議員最初の年でありますとともに、田中市政が誕生し、亀岡市政が新たな体制のスタートを切った年でもありました。また、地方分権の具体化や、情報公開の推進とともに、議会運営の活性化が求められた年でもありました。

 こうした中で、市民に開かれた議会の運営を目指し、積極的に対処されるとともに、円滑な議会運営に御尽力をいただきましたその功労は、議員だれもが認めるところでございます。本当に御苦労さんでございました。

 議長、副議長御退任後も、私たち議員の温かい御指導をいただきますことを切にお願いを申し上げ、はなはだ簡単で意を尽くしませんが、御礼の言葉とさせていただきます。

 まことにありがとうございました。

 この際、両議員からごあいさつを受けることといたします。

 小塩正幸議員。

     〔小塩正幸議員 登壇〕



◆(小塩正幸議員) 辞任に際しまして、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。

 先ほどは、湯浅議長さんから、身に余るお言葉をちょうだいいたしまして、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 昨年2月17日から約1年間、議長の職を全うさせていただきましたことは、これひとえに議員各位の皆様方の御協力と御支援の賜物と、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 今年は市制45周年という節目の年でもございます。また、21世紀へ向けての架け橋の年でもございます。一議員に戻りましても、亀岡市の発展並びに市民の福祉向上のために一生懸命努めてまいる所存でございます。

 今後とも以前に変わらぬ御指導を賜りますことを、議員各位、そして事務局の皆様方にお願いを申し上げまして、私からの退任のごあいさつにかえさせていただきます。

 1年間どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(湯浅誠一) ありがとうございました。

 続きまして、石野正作議員、お願いいたします。

     〔石野正作議員 登壇〕



◆(石野正作議員) 失礼をいたします。

 議長からお許しをいただきましたので、一言御礼のごあいさつを申し上げたいと存じます。

 昨年の2月17日の臨時議会に、不肖私、微力ながら副議長の大役を仰せつかりまして、本日まで、大過なく本日を迎えることができましたのも、議員諸公の皆さん方の温かい御協力、御指導、また御鞭撻の賜物と、心から感謝を申し上げる次第でございます。

 今後とも、一議員といたしまして、市政の発展のため、また議会の充実発展のために努力をしてまいる所存でございます。変わらぬ御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(湯浅誠一) ありがとうございました。

 本日は、あらかじめ会議時間を延長いたします。

 暫時休憩をいたします。

                        午後4時00分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        午後4時50分再開



○議長(湯浅誠一) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 この際、日程の追加についてお諮りいたします。

 議会運営委員の辞任及び選任についてを日程に追加して、議題といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔議長交代 議長退席〕



○副議長(野々村嘉平) これより、議会運営委員の辞任及び選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本日付け、

    大石 武議員

    堤 松男議員

    山脇英富議員

    西田 馨議員

    大西竹次議員

    湯浅誠一議員

 から、議会運営委員を辞任したいとの申し出があり、申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(野々村嘉平) 御異議なしと認めて、さよう決します。

     〔議長入場 議長交代〕



○議長(湯浅誠一) 次に、後任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、

    吉川泰博議員

    石野善司議員

    松本冨雄議員

    船越正美議員

    田中義雄議員

    野々村 勉議員

 をそれぞれ指名いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 暫時休憩をいたします。

                       午後4時55分休憩

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       午後10時50分再開



○議長(湯浅誠一) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

 御報告いたします。

 先ほど、各常任委員会及び議会運営委員会において、正副委員長の互選が行われました。

 その結果、お手元配付のとおり、それぞれ選任されましたので、御報告いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     常任委員会・議会運営委員会正副委員長名簿



常任委員会
委員長
副委員長


総務常任委員会
大西竹次
石野善司


厚生常任委員会
野々村 勉
立花武子


産業常任委員会
松本冨雄
森 良之


建設常任委員会
山脇英富
西田 馨










委員長
副委員長


議会運営委員会
木曽利廣
田中義雄









 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(湯浅誠一) 以上で、報告を終わります。

 次に、日程の追加についてお諮りいたします。

 特別委員の辞任及び選任、京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙、並びに国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙についてを、日程に追加して議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、日程に追加することに決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔議長交代 議長退席〕



○副議長(野々村嘉平) まず、特別委員の辞任及び選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本日付け、上桂川対策特別委員の湯浅誠一議員から、特別委員を辞任したいとの申し出があり、申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(野々村嘉平) 御異議なしと認めて、さよう決します。

     〔議長入場 議長交代〕



○議長(湯浅誠一) 次に、後任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、上桂川対策特別委員に小塩正幸議員を指名いたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔小塩正幸議員 退席〕



○議長(湯浅誠一) 次に、京都中部広域消防組合議会議員の辞職及び選挙についてを議題といたします。

 本日付け、京都中部広域消防組合議会議員の小塩正幸議員より辞職願が提出されました。

 小塩正幸議員の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、京都中部広域消防組合議会議員を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。

 平成12年2月15日

                    亀岡市議会議員 小塩正幸

 亀岡市議会議長 湯浅誠一様

 以上であります。



○議長(湯浅誠一) お諮りいたします。

 小塩正幸議員の京都中部広域消防組合議会議員の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

     〔小塩正幸議員 着席〕



○議長(湯浅誠一) 次に、選挙の方法についてお諮りいたします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりいたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めます。

 京都中部広域消防組合議会議員に、野々村嘉平議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの指名のとおり、当選人と定めることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めます。

 よって、指名のとおり当選人を決定し、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔小塩正幸議員 退席〕



○議長(湯浅誠一) 次に、国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職及び選挙についてを議題といたします。

 本日付け、国民健康保険南丹病院組合議会議員の小塩正幸議員より辞職願が提出されました。

 小塩正幸議員の辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 朗読いたします。

 辞職願

 今般、都合により、国民健康保険南丹病院組合議会議員を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。

 平成12年2月15日

                    亀岡市議会議員 小塩正幸

 亀岡市議会議長 湯浅誠一様

 以上であります。



○議長(湯浅誠一) お諮りいたします。

 小塩正幸議員の国民健康保険南丹病院組合議会議員の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(湯浅誠一) 御異議なしと認めて、許可することに決します。

     〔小塩正幸議員 着席〕

     〔議長交代〕



○副議長(野々村嘉平) 次に、選挙の方法について、お諮りいたします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりいたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(野々村嘉平) 御異議なしと認めます。

 国民健康保険南丹病院組合議会議員に湯浅誠一議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの指名のとおり、当選人と定めることに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(野々村嘉平) 御異議なしと認めます。

 よって、指名のとおり当選人を決定し、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選を告知いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔議長交代〕



○議長(湯浅誠一) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 今期臨時会に付議されました事件は、すべて議了いたしました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、平成12年第1回亀岡市議会臨時会を閉会いたします。

 大変長時間にわたり御苦労でした。

                       午後11時00分閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

  亀岡市議会議長  小塩正幸

  亀岡市議会議長  湯浅誠一

  亀岡市議会副議長 石野正作

  亀岡市議会副議長 野々村嘉平

  会議録署名議員  大石 武

  会議録署名議員  立花武子