議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成11年  9月 定例会 09月27日−05号




平成11年  9月 定例会 − 09月27日−05号







平成11年  9月 定例会



平成11年9月亀岡市議会定例会会議録(第5号)

     平成11年9月27日(月曜日)午後1時00分開議

◯出席議員(30名)

                     苗村活代

                     並河愛子

                     日高省子

                     吉川泰博

                     木曽利廣

                     佐野光男

                     石野善司

                     松本冨雄

                     船越正美

                     大石 武

                     田中 豊

                     立花武子

                     森 良之

                     堤 松男

                     堤 幸男

                     田中義雄

                     山脇英富

                     西田 馨

                     小塩正幸

                     大西竹次

                     佐々木幸夫

                     山木潤治

                     和田信久

                     石野正作

                     竹岡良藏

                     栗山邦雄

                     湯浅誠一

                     野々村嘉平

                     野々村 勉

                     美馬靖征

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

              事務局長   西村邦雄

              次長     葛野 剛

              議事係長   俣野和俊

              主任     野々村寿良

              主事     内藤一彦

              速記     元屋恭子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成11年9月定例会議事日程(第5号)

  平成11年9月27日(月曜日)

  開議   午後1時

  第1   第1号議案から第12号議案並びに平成11年6月定例会への提出に係る第13号議案から第15号議案まで(委員長報告〜表決)

  第2   意見書案について(表決)

  第3   閉会中の継続審査申出について上記のとおり

                              議長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時00分開議



○議長(小塩正幸) 御参集御苦労に存じます。

 これより、9月定例会を再開して、本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 本定例会において、会議出席要求をいたしております谷村助役につきましては、本日、公務出張のため、欠席届が提出されておりますので、御承知おき願います。

 以上で、報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) これより、日程に入ります。

 日程第1、第1号議案から第12号議案、並びに平成11年6月定例会への提出に係る第13号議案から第15号議案までを議題といたします。

 これより、各委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長大西竹次議員。

        〔総務常任委員長(大西竹次) 登壇〕



◆総務常任委員長(大西竹次) 総務常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 まず、第1号議案の平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、歳出で主なものは、総務費では、情報公開条例の制定に先駆けて、庁舎1階に市民情報公開コーナーを設置する経費や、コミュニティ推進経費の増額。

 消防費では、消防団員の公務災害補償費や非常備消防経費の増額。

 教育費では、東別院小学校のプール・体育館の改築に着手するための設計経費、小・中学校の施設管理経費、史跡千歳車塚古墳公有化事業に係る経費等、それぞれ増額補正をするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第8号議案の、職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例は、地方公務員法の改正により、地方公共団体又は国の事務等と密接な関連を有する業務を行う法人の在職期間中における職員の懲戒事由に対しても、処分を行うことができることになったことに伴い、その法人を定めるものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第9号議案の、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例は、介護認定審査会の設置に伴い、介護認定審査委員の報酬の額を定めるものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第11号議案の、亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例は、国民金融公庫法の一部を改正する法律が施行されることに伴い、所要の改正を行うものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、総務常任委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、厚生常任委員長野々村 勉議員。

       〔厚生常任委員長(野々村 勉) 登壇〕



◆厚生常任委員長(野々村勉) 厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 第1号議案の平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主なものは、総務費では、過年度還付金の増額。

 民生費では、介護保険制度の施行に伴い、10月から実施される亀岡病院デイサービス事業への運営経費の増額及び介護認定審査を10月から実施するため、認定審査会等の経費の増額。

 また、衛生費は、交付税の確定による南丹病院組合経費の増額等であります。

 現地調査も行いましたが、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第2号議案の平成11年度国民健康保険事業特別会計補正予算は、過年度医療交付金の精算による返還金892万8,000円を補正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第3号議案の平成11年度簡易水道事業特別会計補正予算は、犬甘野・百陀簡易水道及び下条簡易給水施設を統合しようとするもので、認可設計経費840万円を補正するものであり、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第4号議案の平成11年度老人保健事業特別会計補正予算は、過年度支払基金交付金等の精算に伴う返還金及び前年度決算の確定による一般会計繰出金の精算を合わせ、3,447万円を補正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、6月定例会で閉会中の継続審査の申し出をしておりました平成10年度上水道事業会計決算認定でありますが、第2次亀岡市総合計画に基づき、国の水道整備長期計画・ふれっしゅ水道計画と整合を図りながら、第5次拡張事業の整備を進め、災害等緊急時における飲料水確保のために、湯井配水池整備工事が完成するとともに、三宅浄水場における取水量の安定確保を図るとともに取水施設の整備が行われました。また、耐震性の向上を含め安定給水を図るため、老朽石綿セメント管から鋳鉄管への布設替え等の管網整備が行われました。

 一方、経営面においては、収益的収支において、9,300万8,357円の純損失を計上することとなり、昨年に引き続き2年連続して赤字決算となっております。

 給水人口の鈍化による加入金の減収や、第5次拡張事業の推進に伴う建設費などが増加しており、今後の経営環境はますます厳しさが増してくるものと考えられますので、本拡張事業の適正かつ計画的な推進と、効率的な事業運営により、今後も水需要の安定供給に努められることを望み、採決の結果は、全員をもって認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、産業常任委員長栗山邦雄議員。

        〔産業常任委員長(栗山邦雄) 登壇〕



◆産業常任委員長(栗山邦雄) 産業常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 第1号議案の平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主な内容は、衛生費において、と畜場建設のランニングコスト調査経費。

 農林水産業費において、市内3箇所の土地改良事業に係る工事請負費増。

 商工費では、10月に開催されますJR嵯峨野線100周年記念事業シンポジウムへの負担金。

 そして、災害復旧費では、6月29日から30日にかけての梅雨前線豪雨災害で被害のあった農業用及び林業用施設の災害復旧工事費であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第6号議案及び第7号議案の稗田野・宮川財産区特別会計補正予算は、地域振興のための繰出金及び基金積立金の増額であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第10号議案、亀岡市農業共済条例の一部改正は、農業災害補償法の規定により特定の共済目的の種類につき、区分が改正されたことに伴い、麦種ごとの区分を設定するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、6月定例会で閉会中の継続審査の申し出をしました平成10年度農業共済事業会計決算認定でありますが、主な内容は、水稲については、ウンカの大発生があり、また台風及びその後の長雨により穂発芽が大量に発生し、大きな減収と品質低下が起こり、一部獣害も見られ、共済減収率は2.9%と非常に大きな被害となりました。

 また、麦については、温暖な気候により順調な成育を続けましたが、一部湿害等により苗立ち不良となったほ場については、茎数不足となり、共済減収率は4.3%と平年並みの被害となりました。

 家畜は、引き受け頭数が乳用牛・肉用牛合わせて2,730頭で、前年度に比べ53頭の減少となりました。

 また、大豆・小豆については、台風及び長雨による風水害が起こり、腐敗粒が多量に発生し、共済減収率は、大豆で34.6%、小豆で54.7%と平年を大きく上回る被害となりました。

 農業は、さまざまな自然条件に左右され、大きな被害を受けやすい産業であり、特に最近、鳥獣害が目立ってきておりますので、実状にあった適切な対応をとられること。また、本事業の経営面については、未収金問題が懸念されるので、今後もより一層の努力をされ、安定的な制度となるよう要望し、採決の結果は、全員をもって認定すべきと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、建設常任委員長山脇英富議員。

        〔建設常任委員長(山脇英富) 登壇〕



◆建設常任委員長(山脇英富) 建設常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、第1号議案の平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主な内容は、土木費では、街路事業に係る千代川駅前線及び住宅管理費における市営住宅の修繕、維持経費の増額補正等であり、また、災害復旧費では、6月27日から30日にかけて発生した豪雨災害による道路6件、河川48件の災害復旧であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第5号議案の下水道事業会計補正予算は、企業債について、低利資金への借り換えをするための予算措置であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第12号議案の市道路線の認定及び廃止については、道路新設改良事業により認定及び廃止をしようとするものであり、現地調査も実施しましたが、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、6月定例会において、閉会中の継続審査の申し出をしておりました平成10年度下水道事業会計決算認定でありますが、下水道整備は、市政の重点施策として、市民の快適な居住環境と公共水域の水質保全を図るため、鋭意整備が進められてきたところであります。

 総人口に対する普及率は60.2%で、水洗化率も87.3%、整備面積は769ヘクタールとなっております。

 また、年谷浄化センターは、整備促進に伴う流入汚水量増加に対応するため、第4期の拡張工事に着手、水処理施設等の整備を進め、雨水排水事業についても、年谷川左岸において、水路工等の整備が計画的に進められるなど、積極的な対応が図られております。

 今後とも、収支状況の実態を踏まえながら、的確な経営分析を通じ、健全経営に向け一層の努力を望むものであり、採決の結果は、全員をもって認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、第1号議案の平成11年度一般会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第2号議案から第7号議案までの特別会計補正予算等6件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第8号議案から第12号議案までの条例の一部改正等5件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、平成10年度上水道事業会計、下水道事業会計及び農業共済事業会計決算認定3件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、認定であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり認定されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第2、意見書案を議題といたします。

 お手元配付のとおり、議案は3件であります。

 事務局長に件名を朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 件名を朗読いたします。

 道路整備予算の確保に関する意見書案。

 市町村に対する助成の強化など介護保険法の円滑な実施を求める意見書案。

 農産物の価格安定と自給率の向上を求める意見書案。

 以上、3件であります。



○議長(小塩正幸) ただいまの件名の朗読で、議案の内容は御承知願えたものと思います。

 この際、御質疑はございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、道路整備予算の確保に関する意見書案を、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立多数であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決されました。

 次に、市町村に対する助成の強化など介護保険法の円滑な実施を求める意見書案を、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決されました。

 次に、農産物の価格安定と自給率の向上を求める意見書案を、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

             〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決されました。

 ただいま、可決されました意見書の字句等の整理については、議長に一任

願います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第3、閉会中の継続審査の申し出について

を議題といたします。

 会議規則第104条の規定により、お手元配付の文書のとおり、閉会中の

継続審査の申し出があります。

 決算特別委員長からの申し出のとおり取り計らうことにいたして御異議ご

ざいませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、さよう決します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   総務常任委員長 大西竹次

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第2号)
可決
 



職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 



特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
可決
 


11
亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第2号)
可決
 



平成11年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 



平成11年度亀岡市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 



平成11年度亀岡市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)

 


6月定例会13
平成10年度亀岡市上水道事業会計決算認定について
認定
 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   産業常任委員長 栗山邦雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第2号)
可決
 



平成11年度亀岡稗田野財産区特別会計補正予算(第1号)

 



平成11年度亀岡市宮川財産区特別会計補正予算(第1号)

 


10
亀岡市農業共済条例の一部を改正する条例の制定について

 


6月定例会15
平成10年度亀岡市農業共済事業会計決算認定について
認定
 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   建設常任委員長 山脇英富

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第2号)
可決
 



平成11年度亀岡市下水道事業会計補正予算(第1号)

 


12
市道路線の認定及び廃止について

 


6月定例会14
平成10年度亀岡市下水道事業会計決算認定について
認定
 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                      発議者  大西竹次

                           山脇英富

                           堤 松男

                           和田信久

            意見書案の提出について

 別紙意見書案を当市議会の議決をもって、それぞれの宛先に提出されたく、亀岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        道路整備予算の確保に関する意見書(案)

 道路は、豊かな生活の実現と国土の均衡ある発展を図るためにも最も基本的な社会基盤であります。

 亀岡市ではコミュニティ相互の交流を促進し、地域の発展を図るため、道路整備促進を中心に各種活性化策を展開しているところです。

 しかしながら、本市における道路整備の状況は、全国平均を下回っており、地域の振興を図る上で道路の整備は緊急かつ重要なものであります。地域間の交流を促進する道路、地域の振興を支援する道路、高齢化が進んでいる過疎地域の緊急・防災のための道路、通勤・通学などの日常生活に必要な道路など、道路は生活に密着した基盤施設であり、市民生活の向上を図るため、道路整備をなお一層促進する必要があります。よって、国におかれましては、道路整備の重要性を深く認識され、次の事項について格段の配慮をされるよう強く要望します。

                記

1.平成12年度予算においては、新道路整備五箇年計画にもとづき、円滑に道路整備を推進していくため、道路特定財源制度を堅持するとともに、一般財源を大幅に投入し、道路整備費を拡大すること。

2.活力ある地域づくり・都市づくりを推進するため、市町村道から高規格幹線道路に至る道路網の整備を一層促進すること。

3.渋滞対策、交通安全対策、沿道環境対策、防災対策等安全で快適な生活環境づくりを推進するため、道路整備を一層促進すること。ここに、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

平成11年9月27日

内閣総理大臣 +

大蔵大臣   + 宛

建設大臣   |

自治大臣   +

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                     発議者  大西竹次

                          山脇英富

                          堤 松男

                          立花武子

                          和田信久

            意見書案の提出について

別紙意見書案を当市議会の議決をもって、それぞれの宛先に提出されたく、亀岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        市町村に対する助成の強化など介護保険法

      の円滑な実施を求める意見書(案)来年4月からスタートする介護保険法は、実施直前において、さまざな問題点が浮き彫りにされております。基盤整備の遅れに加え、予定より高くなる保険料負担、特に第1号被保険者保険料の市町村格差(最高で4.4倍)、これまでサービスを受けていた者の認定漏れやサービスの低下、基盤整備の遅れに伴うサービスの不足や欠落、さらには軽度の判定のため、特養等の施設から退所を迫られる高齢者の問題等々。こうした問題点は、全国各地に「保険あってサービスなし」といった事態を招くのみならず、高額の保険料や自己負担等が高齢者・国民の生活を圧迫し、ひいては景気回復にも悪影響をもたらすおそれがあると言わざるを得ません。政府においては、下記の措置を講ずることにより、高齢者の保険料等の軽減を図るなど、介護保険法の円滑な実施を図るべきであります。

                 記

1.平成12年度において、高齢者等の保険料・自己負担を軽減する財政措置を講じるとともに、低所得者や滞納者対策についての市町村に対する財政的支援を強化すること。

2.新ゴールドプランを早期に達成し、在宅介護サービス(訪問介護・看護、グループホーム及び住宅改修サービス等)に重点を置くスーパーゴールドプランを策定・実施すること。

3.認定より漏れる高齢者に対する介護・予防サービスや、市町村が行う横出し・上乗せサービスについて、市町村に対する財政的支援を充実・強化すること。

4.住民が安心してサービスを選択し受けられるように、施設・在宅介護サービス指定業者についての情報公開や、苦情処理体制の整備が適切に行われるよう図ること。

5.要介護の認定業務の円滑な実施のための市町村に対する適切な支援を図ること。

6.介護費用の所得控除制度の創設を図ること。また高額介護サービス費の適切な水準設定を図るとともに、高額療養費(63,600円)と重複する場合の軽減策を講じること。

7.家族介護に対する現金給付を認めること。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定に基づき、意見書を提出する。

 平成11年9月27日

内閣総理大臣+

大蔵大臣  + 宛

厚生大臣  +

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     農産物の価格安定と自給率の向上を求める意見書(案)

わが国の経済社会や食料・農業・農村をめぐる情勢の大きな変化に対応するため、農政の基本となる食料・農業・農村基本法案が国会で審議され、食料自給率の目標や総合的かつ計画的に講ずべき施策等を明示した基本計画の策定など、同法が施行されたところである。過疎化・高齢化が進み、地域の活力が低下しつつある中で、来るべき21世紀において、食料の供給のみならず、国土・環境の保全、水資源のかん養、緑や景観の提供、地域文化の伝承等の公益性・多面的機能を担う、農業・農村を維持・発展させていくとともに、地方分権の視点に立った総合的で柔軟な農業政策を明確に維持していくため、政府におかれては、地域農政に深く関わる下記事項について速やかに具体化を図られたい。

                 記

1.国内農業生産を基本とした食料の安定供給の確保。

2.地域の特色を生かした適地適作の推進と支援。

3.優良農地の確保、豊かな居住環境の創出にもつながる農業基盤整備の促進。

4.再生産への意欲を確保するための所得確保対策の構築。

5.米の作況指数が100を超えた場合、過剰分を飼料用等主食以外の用途に処理する『出荷調整措置』は採用しない。ここに地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

平成11年9月27日

内閣総理大臣+

大蔵大臣  + 宛

農林水産大臣|

自治大臣  +

                  亀岡市議会議長 小塩正幸

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       平成11年9月27日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                  決算特別委員長 石野正作

            閉会中の継続審査申出書

本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

                記

1.事件

  第13号議案〜第53号議案

  平成10年度亀岡市一般会計及び各特別会計決算認定について

2.理由

  審査が結了しないため。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、人権擁護委員候補者の推薦について、本日付け、市長より、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、同委員候補者の推薦に当たり、議会の意見を求められています。本件については、異議がないとの意見を述べることにいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議がないようですので、さよう取り計らいます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 今期定例会に付議された事件は、すべて議了いたしました。これをもって、本日の会議を閉じ、平成11年9月亀岡市議会定例会を閉会いたします。御苦労でした。

                        午後1時25分閉会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

  亀岡市議会議長   小塩正幸

  亀岡市議会副議長  石野正作

  会議録署名議員   石野善司

  会議録署名議員   松本冨雄