議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成11年  6月 定例会 06月22日−05号




平成11年  6月 定例会 − 06月22日−05号







平成11年  6月 定例会



平成11年6月亀岡市議会定例会会議録(第5号)

     平成11年6月22日(火曜日)午後1時00分開議

◯出席議員(29名)

                     苗村活代

                     日高省子

                     吉川泰博

                     木曽利廣

                     佐野光男

                     石野善司

                     松本冨雄

                     船越正美

                     大石 武

                     田中 豊

                     立花武子

                     森 良之

                     堤 松男

                     堤 幸男

                     田中義雄

                     山脇英富

                     西田 馨

                     小塩正幸

                     大西竹次

                     佐々木幸夫

                     山木潤治

                     和田信久

                     石野正作

                     竹岡良藏

                     栗山邦雄

                     湯浅誠一

                     野々村嘉平

                     野々村 勉

                     美馬靖征

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(1名)

                     並河愛子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(6名)

              事務局長   西村邦雄

              次長     葛野 剛

              議事係長   俣野和俊

              主任     野々村寿良

              主事     内藤一彦

              速記     元屋恭子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成11年6月定例会議事日程(第5号)

  平成11年6月22日(火曜日)

  開議   午後1時

  第1   報告第1号から報告第6号まで並びに第1号議案から第12号議案まで

                 (委員長報告〜表決)

  第2   意見書案について(表決)

  第3   農業委員の推せんについて

  第4   閉会中の継続審査申出について追加日程

  第5   第16号議案及び第17号議案

                 (提案理由説明、表決)

上記のとおり

                              議長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後1時00分開議



○議長(小塩正幸) 御参集御苦労に存じます。

 これより、6月定例会を再開して、本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 直ちに、日程に入ります。

 日程第1、報告第1号から報告第6号まで並びに第1号議案から第12号議案までを、一括して議題といたします。

 これより、各委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長大西竹次議員。

        〔総務常任委員長(大西竹次) 登壇〕



◆総務常任委員長(大西竹次) 総務常任委員会に付託されました議案について、審査経過概要と結果を報告いたします。

 まず、報告第1号、専決処分の平成10年度一般会計補正予算でありますが、歳入において、地方消費税交付金、地方交付税、市債、府支出金、地方譲与税等の確定による増額補正、また、歳出では、将来の財政運営に備えて減債基金に4億2,000万円を積み立てるものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 報告第3号、第4号、第5号の専決処分は、いずれも地方税法の一部改正に伴い、亀岡市税条例等を一部改正するものであります。

 まず、報告第3号の亀岡市税条例の一部を改正する条例は、市民税において、所得割や長期所有土地の譲渡所得の税率改正、市たばこ税において税率の改正、固定資産税において固定資産評価審査申出期間の延長等をするものであり、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 報告第4号の亀岡市都市計画税条例の一部を改正する条例は、地方税法の改正による引用条項の改正を行ったものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 報告第5号の亀岡市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例は、固定資産評価審査委員会の審理の合理化及び審査申出の機会の充実のため、所要の改正を行ったものであり、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、第1号議案の平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分で、主なものは、総務費で、外国青年招致経費、消防費で、消防団員の公務災害補償費、教育費で、英語指導主事異動経費及び不登校児童適応指導総合調査研究事業に係る経費等、それぞれ増額補正をするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第7号議案の亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴い、損害補償の充実を図るため、補償基礎額並びに介護補償の額を改正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 第8号議案の亀岡市消防団員退職報償金条例の一部を改正する条例の制定は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部改正に伴い、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、退職報償金の支払額を改正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、総務常任委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、厚生常任委員長野々村 勉議員。

        〔厚生常任委員長(野々村 勉) 登壇〕



◆厚生常任委員長(野々村勉) 厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、報告第1号の平成10年度亀岡市一般会計補正予算は、老人保健事業特別会計において、特定財源の一部が翌年度交付になる見通しとなることに伴い、平成10年度はやむを得ず一般会計繰出金で一時補填するための所要の金額を補正するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、報告第6号の亀岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定は、国民健康保険の国庫負担金及び被用者保険等保険者拠出金等の算定等に関する政令及び地方税法の一部を改正する法律の施行に伴い、それぞれ関連する事項が専決処分されたものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、第2号議案の亀岡市介護認定審査会条例の制定は、介護保険制度の施行に伴い 介護認定審査を平成11年10月から実施するため審査会を設置しようとするものであります。介護の認定に当たり、公平、公正、正確、迅速な審査を望み、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、産業常任委員長栗山邦雄議員。

        〔産業常任委員長(栗山邦雄) 登壇〕



◆産業常任委員長(栗山邦雄) 産業常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、第3号議案、亀岡市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改正は、近く一部供用開始となる犬甘野地区農業集落排水処理施設を追加するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第10号議案、土地改良事業の施行については、東本梅町松熊・赤熊地区において、ほ場整備で築造した農道整備を行い、その機能を十分発揮させ、あわせて農業経営の安定に寄与するものであります。

 採決の結果は、別段異論なく、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第12号議案、亀岡市特定環境保全公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する契約の締結は、保津町内において下水道整備を図ることにより、生活環境の改善と桂川の水質保全に資するものであり、日本下水道事業団に建設工事と監理業務を委託して実施するものであります。

 採決の結果は、別段異論なく、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、建設常任委員長山脇英富議員。

        〔建設常任委員長(山脇英富) 登壇〕



◆建設常任委員長(山脇英富) 建設常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、報告第2号、専決処分の平成10年度都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算でありますが、起債許可額の最終決定に伴う歳入予算の組み替えであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決しました。

 次に、第1号議案、平成11年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主な内容は、民生費では、本年10月に設立予定の京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合への負担金、土木費では、地方特定道路整備事業で実施する市道春日部法貴線の事業費であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第4号議案、亀岡市住居表示審議会条例の一部改正は、組織の見直しによる規定の整備であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第5号議案、亀岡市都市公園条例の一部改正は、公園整備事業により整備された篠町の山本ふれあい公園と、開発行為により建設された南つつじヶ丘の桜台アゼリア公園の二つの都市公園を新たに設置しようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第6号議案、亀岡市下水道条例の一部改正は、下水道排水設備工事に係る指定店制度及び責任技術者登録の京都府下統一に伴い、関連の規定を整備するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第9号議案、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合の設立については、貸付金回収事務と起債償還事務を共同処理するための一部事務組合を京都府下関係市町により設立し、市町の回収事務の軽減を図り、貸付金の債権管理を公平かつ適正、効率的に進めようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第11号議案、市道路線の認定及び廃止については、道路新設改良事業による1路線、開発に伴う18路線を認定し、開発に伴う1路線を廃止しようとするものであり、現地調査も実施いたしましたが、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 次に、討論の通告はございません。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、報告第1号から報告第6号までの専決処分承認案6件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、承認であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり承認されました。

 次に、第1号議案の平成11年度一般会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第2号議案から第11号議案までの条例の制定等10件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第12号議案の契約の締結についてを、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第2、意見書案を議題といたします。

 お手元配付のとおり、議案は1件であります。

 事務局長に件名を朗読させます。



◎事務局長(西村邦雄) 件名を朗読いたします。

 ガイドライン法案に関する意見書(案)

 以上、1件でございます。



○議長(小塩正幸) ただいまの件名の朗読で、議案の内容は御承知願えたものと思います。

 この際、御質疑はございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上で、質疑を終結いたします。

 これより、討論に入ります。

 通告により、発言を許します。山木潤治議員。



◆(山木潤治議員) 私は、日本共産党亀岡市議会議員団を代表いたしまして、ガイドライン法案に関する意見書案賛成の討論を行います。

 去る5月24日、ガイドライン(日米軍事協力指針)、すなわち戦争法の成立が参議院で強行されました。採択を強行いたしました政府と自民・自由・公明各党の責任は重大でございます。

 ガイドライン、すなわち戦争法は、国際法も無視して、アメリカが一方的に引き起こした戦争に、日本が、攻撃もされていないのに、自治体や民間も含めて国ぐるみ参加する仕組みづくりであります。ガイドラインは、戦争マニュアル以外の何物でもありません。憲法の範囲内とか、武力行使と一体でないなどの説明が、国民をあざむく言葉のごまかしにすぎないということも、国会論戦を通じてはっきりとしてまいりました。

 戦争法は、二度と戦争をしないことを誓ったわが国の憲法の最も重要な土台、今日の日本の原点を投げ捨てて、自衛隊の海外派兵とアメリカの戦争に公然と加担する道に踏み出すものであります。

 戦争法の成立で闘いが終わったわけではございません。230以上の地方議会が戦争法を批判する意見書を採択しております。自治体や、交通・運輸・医療機関などの関係者や、労働者、文化人、宗教者が、思想信条を超えて、各界各層の国民が戦争法反対の声をあげてきました。東京明治公園での5月21日の5・21全国集会で確認をされた、私たちは戦争協力に拒否をします、これは今後の闘いにとりまして重要な意義を持っております。

 私たちは、戦争法の発動を絶対に許さない国民的闘いを進めていく立場から、改めて本意見書を提出するものであります。

 以上をもちまして、本意見書案賛成の討論といたします。



○議長(小塩正幸) 以上で、討論を終結いたします。

 これより、採決をいたします。

 ガイドライン法案に関する意見書案を、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立少数であります。

 よって、本案は、否決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       〔堤 幸男議員・野々村嘉平議員  退席〕



○議長(小塩正幸) 次に、日程第3、農業委員の推せんについてを議題といたします。

 農業委員会委員の任期が、来たる7月19日をもって満了することに伴い、農業委員会等に関する法律第12条第2項の規定により、議会が推せんする農業委員会委員を議長より指名いたしたいと思います。

 本件については、

  佐々木尚子さん

  四方美代子さん

  堤 幸男議員

  野々村嘉平議員

 の4名を推せんすることといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、よって、指名のとおり4名を推せんすることに決しました。

       〔堤 幸男議員・野々村嘉平議員  着席〕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程第4、閉会中の継続審査の申出についてを議題といたします。

 会議規則第104条の規定により、お手元配付の文書のとおり、閉会中の継続審査の申出があります。

 厚生・産業・建設の各常任委員長からの申出のとおり取り計らうことにいたして御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、さよう決します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   総務常任委員長 大西竹次

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報1
専決処分の承認を求めることについて

 平成10年度亀岡市一般会計補正予算(第5号)
承認
 


報3
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市税条例の一部を改正する条例の制定について

 


報4
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について
承認
 


報5
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定について

 



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)
可決
 



亀岡市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市消防団員退職報償金条例の一部を改正する条例の制定について

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報1
専決処分の承認を求めることについて

 平成10年度亀岡市一般会計補正予算(第5号)
承認
 


報6
専決処分の承認を求めることについて

 亀岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
承認
 



亀岡市介護認定審査会条例の制定について
可決
 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   産業常任委員長 栗山邦雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



亀岡市農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
可決
 


10
土地改良事業(小規模零細地域農業基盤整備事業)の施行について

 


12
亀岡市特定環境保全公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する契約の締結について

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   建設常任委員長 山脇英富

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報2
専決処分の承認を求めることについて

 平成10年度亀岡市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)
承認
 



平成11年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)
可決
 



亀岡市住居表示審議会条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市下水道条例の一部を改正する条例の制定について

 



京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合の設立について

 


11
市道路線の認定及び廃止について

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                       発議者 山木潤治

                           佐々木幸夫

                           立花武子

                           田中 豊

                           苗村活代

          意見書案の提出について

 別紙意見書案を当市議会の議決をもって、それぞれの宛先に提出されたく、亀岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        ガイドライン法案に関する意見書(案)

 新たな日米防衛協力のためのガイドラインに基づく「周辺事態措置法」などが、今国会で可決・成立したところである。

 この法は、地方公共団体が管理する施設の利用、人員や物資の輸送、給水、公立病院への患者の受け入れなどについて、国が地方公共団体に協力を求めることができることを想定するものであり、関係する地方公共団体の住民にあっては、公共施設や民間施設の利用などについて制限されることになる。本法が住民生活や地域経済活動に影響を及ぼす可能性のあることを懸念するものである。

 よって、政府におかれては、こうした地方公共団体の立場を十分理解されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

 1999年6月22日

  内閣総理大臣+

  外務大臣  + 宛

  自治大臣  |

  防衛庁長官 +

                   亀岡市議会議長 小塩正幸

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

           閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

                 記

1.事件

   第13号議案 平成10年度亀岡市上水道事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   産業常任委員長 栗山邦雄

           閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

                 記

1.事件

   第15号議案 平成10年度亀岡市農業共済事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                       平成11年6月22日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   建設常任委員長 山脇英富

           閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、亀岡市議会会議規則第104条の規定により申し出ます。

                 記

1.事件

   第14号議案 平成10年度亀岡市下水道事業会計決算認定について

2.理由

   審査が結了しないため。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 暫時休憩をいたします。

                         午後1時25分休憩

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後2時30分再開



○議長(小塩正幸) 休憩前に引き続いて会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 次に、日程の追加についてお諮りいたします。

 市長より、第16号議案及び第17号議案が提出されましたので、この際、日程に追加して議題といたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、日程に追加することに決します。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) これより、第16号議案及び第17号議案を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中市長。

          〔市長(田中英夫) 登壇〕



◎市長(田中英夫) 議員各位には、連日慎重に御審議をいただき、また、ただいまは、これまでに提案いたしましたすべての議案に御賛同を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 ここに提案をいたしております人事議案につきまして、御説明を申し上げます。

 まず、第16号議案につきましては、近く任期が満了いたします教育委員会委員1名の任命について、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により同意をお願いするものであります。

 次に、第17号議案は、現在欠員となっております公平委員会委員1名の補充選任につきまして、地方公務員法第9条第2項の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 以上で、提案理由の説明を終わります。何とぞ御賛同を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(小塩正幸) お諮りいたします。

 ただいま提案されました議案については、質疑等を省略して、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、さよう決します。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、第16号議案、教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 本案、同意することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、同意することに決しました。

 次に、第17号議案、公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 本案、同意することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議なしと認めて、同意することに決しました。

 次に、人権擁護委員候補者の推薦について、本日付け、市長より、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、同委員候補者の推薦に当たり、議会の意見を求められています。

 本件については、異議がないとの意見を述べることにいたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小塩正幸) 御異議がないようですので、さよう取り計らいます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 今期定例会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、平成11年6月亀岡市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労でした。

                         午後2時35分閉会

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

   亀岡市議会議長   小塩正幸

   亀岡市議会副議長  石野正作

   会議録署名議員   木曽利廣

   会議録署名議員   佐野光男