議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成11年  3月 定例会 03月12日−05号




平成11年  3月 定例会 − 03月12日−05号







平成11年  3月 定例会



平成11年3月亀岡市議会定例会会議録(第5号)

     平成11年3月12日(金曜日)午後2時00分開議

◯出席議員(30名)

                     苗村活代

                     並河愛子

                     日高省子

                     吉川泰博

                     木曽利廣

                     佐野光男

                     石野善司

                     松本冨雄

                     船越正美

                     大石 武

                     田中 豊

                     立花武子

                     森 良之

                     堤 松男

                     堤 幸男

                     田中義雄

                     山脇英富

                     西田 馨

                     小塩正幸

                     大西竹次

                     佐々木幸夫

                     山木潤治

                     和田信久

                     石野正作

                     竹岡良藏

                     栗山邦雄

                     湯浅誠一

                     野々村嘉平

                     野々村 勉

                     美馬靖征

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(5名)

              事務局長   茨木國夫

              次長     西村邦雄

              議事係長   俣野和俊

              主査     山崎浩久

              速記     元屋恭子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成11年3月定例会議事日程(第5号)

  平成11年3月12日(金曜日)

  開議   午後1時

  第1   第57号議案から第86号議案まで

       及び第88号議案

                    (委員長報告〜表決)

上記のとおり

                              議長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         午後2時00分開議



○議長(小塩正幸) 御参集御苦労に存じます。

 これより、3月定例会を再開して、本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 日程に入るに先立って、御報告いたします。

 3月10日の予算特別委員会及び各特別委員会において、正副委員長の互選が行われました。

 その結果、

   予算特別委員長   木曽利廣議員

   同じく副委員長   松本冨雄議員

   基幹交通対策特別委員長   堤 幸男議員

   同じく副委員長       石野善司議員

   上桂川対策特別委員長    湯浅誠一議員

   同じく副委員長       山木潤治議員

   地域改善対策特別委員長   木曽利廣議員

   同じく副委員長       大石 武議員

   環境対策特別委員長     船越正美議員

   同じく副委員長       佐野光男議員

 が選任されましたので、御報告いたします。

 以上で、報告を終わります。

 次に、9日の一般質問において、苗村活代議員に不適切な発言がありました。つきましては、議長において、後刻、会議録を調査して、措置することといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) これより、日程に入ります。

 日程第1、第57号議案から第86号議案まで及び第88号議案を一括して議題といたします。

 これより、各委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長大西竹次議員。

        〔総務常任委員長(大西竹次) 登壇〕



◆総務常任委員長(大西竹次) 総務常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 まず、第57号議案の平成10年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主なものは、まず歳出では、総務費における、財政調整基金、減債基金等の積立金及びコミュニティ推進経費の増額、市史編さん経費の減額。消防費における、京都中部広域消防組合負担金の増額。教育費における、給食センター建設事業費及び生涯学習の推進経費並びに施設建設事業費の減額。公債費における、長期債償還金の増額及び利子精算等による減額。諸支出金における、公益施設整備基金積立金の増額であります。それぞれ、年度末に向けての精算見込みにより補正しようとするものであります。

 歳入では、財政調整基金繰入金の減額、繰越金及び減税補てん債の増額等の補正であります。

 いずれも、年度末に向け、適切な対応と執行が図られるよう望むものであります。

 採決の結果は、別段異論なく、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、厚生常任委員長野々村 勉議員。

        〔厚生常任委員長(野々村 勉) 登壇〕



◆厚生常任委員長(野々村勉) 厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 まず、第57号議案の平成10年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主なものは、総務費では、戸籍住民基本台帳経費の精算見込みによる減額。民生費では、国民健康保険事業特別会計繰出金の増額、ホームヘルプサービス経費、敬老事業経費、老人保護措置経費、生活保護扶助費、それぞれの精算見込みによる減額。衛生費では、高度総合医療センター経費、火葬場等整備事業費の減額、その他事業実施に伴う精算整理が主なものであります。

 採決に先立ち、国民健康保険事業特別会計繰出金及び高度総合医療センター経費に対して、反対討論もありましたが、採決の結果は、多数をもって、原案可決すべきものと決しました。

 次に、第58号議案の平成10年度国民健康保険事業特別会計補正予算でありますが、療養給付費の減額等、年度末の精算整理を行う、歳入歳出のそれぞれの補正であり、反対討論もありましたが、採決の結果は、多数をもって、原案可決すべきものと決しました。

 次に、第59号議案の、平成10年度簡易水道事業特別会計補正予算でありますが、その主な内容は、施設維持管理経費の減額及び曽我部・馬路両簡易水道の施設整備事業の完成に伴う歳入歳出それぞれの補正等であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって、原案可決すべきものと決しました。

 次に、第63号議案の平成10年度上水道事業会計補正予算でありますが、その主な内容は、施設拡張費及び施設改良費の精算見込みによる減額等であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第88号議案の損害賠償額の決定についてでありますが、曽我部簡易水道の漏水事故による損害賠償の額を決定するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、産業常任委員長栗山邦雄議員。

        〔産業常任委員長(栗山邦雄) 登壇〕



◆産業常任委員長(栗山邦雄) 産業常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、第57号議案の平成10年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主な内容は、農林水産業費においては、東本梅町松熊地区の小規模零細地域農業基盤整備事業にかかる国の補助金内示による事業費の減額。林道西長尾線改良事業費の府補助金内示による減額。商工費においては、地域振興券交付事業事務費の事業確定による増額。災害復旧費においては、昨年の台風7号及び10号による林道松尾谷線の被害が大きく、工期の関係で翌年度対応とするための減額。その他、事業実施に伴う精算整理が主なものであります。

 その中で、未曾有の経済不況の中、地元経済活性化のため、地域振興券交付事業のスムーズな執行を望み、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第61号議案の平成10年度生活排水処理事業特別会計補正予算は、国の経済対策により補助金内示があったことによる、西別院町犬甘野地区、本梅町の農業集落排水事業及び保津町の特定環境下水道事業の施設建設費の増額。また、東別院町小泉地区の小規模集合排水施設建設事業において、府営ほ場整備の換地事務の遅れにより、施設建設費の減額。その他、事業実施に伴う精算整理が主なものであります。

 別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第65号議案の平成10年度農業共済事業会計補正予算は、天候不順による被害の増加による畑作物共済勘定の増額であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第66号議案から第86号議案の亀岡財産区ほか20財産区特別会計補正予算は、地域振興のための繰出金の増額、また、公共事業に伴う土地の売却収入による基金積立金の増額が主なものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 次に、建設常任委員長山脇英富議員。

        〔建設常任委員長(山脇英富) 登壇〕



◆建設常任委員長(山脇英富) 建設常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告いたします。

 まず、第57号議案の平成10年度一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、土木費の主な内容は、道路新設改良費における、辺地対策事業の市道南掛湯谷線並びに藤垣内線に係る事業確定及び精算見込みに伴う減額補正、街路事業費における、千代川駅前線に係る国の追加補正に伴う増額補正、住宅建設費では、前川原住宅3期工事事業確定に伴う減額補正等であります。

 また、災害復旧費の主な内容は、台風7号による被害河川7件の事業確定及び精算見込みに伴う減額補正であります。

 なお、道路整備事業、河川改良事業、街路整備事業、公園整備事業及び現年公共土木施設災害復旧事業において、一部繰越明許費が設定されておりますが、速やかな事業執行を望み、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第60号議案の平成10年度住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算は、繰り上げ償還に伴う基金繰入金等の増額補正であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第62号議案の平成10年度都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算は、馬堀駅前土地区画整理事業における、上水道布設工事及び給水負担金に係る減額補正等であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 次に、第64号議案の平成10年度下水道事業会計補正予算の主な内容は、処理場費の汚泥処分委託料、設備修繕費の精算見込みによる減額補正、及び管渠布設費の布設工事の精算見込みによる減額補正等であり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(小塩正幸) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 御質疑ございませんか。(「進行」と呼ぶ者あり)

 以上をもって質疑を終結いたします。

 これより、討論に入ります。

 通告により発言を許します。立花武子議員。



◆(立花武子議員) 私は、日本共産党亀岡市議会議員団を代表して、第57号議案、平成10年度亀岡市一般会計補正予算(第4号)及び第58号議案、平成10年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の2件についての反対討論を行います。

 まず、一般会計補正予算でありますが、4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費のうち、高度総合医療センター経費2億9,649万9,000円の減額は、亀岡市民にとって最も要望の高い病院建設の減額であります。当初、平成10年度予算において、ベッド数65床を核として施設建設に向けて検討する経費と提案説明されてきたところであります。ところが、地域医療、かかりつけ医充実と、全体体系をつくって、また医療法改正によりむずかしくなったことなど説明がなされ、減額とされたところであります。

 これまで、平成6年度は、病院構想計画作成、平成7年度は高度総合医療センター準備経費、平成8年度は公的医療施設整備基本構想、平成9年度は210床を基本とする高度総合医療センター実施設計費、基本計画、そして平成10年度は65床を核として、基本計画、実施設計費と順次進められてきたところであります。

 市民の期待を担って、担当職員の熱心な取り組みがされてきたにもかかわらず、予算計上がアドバルーンとして掲げられてきたとしか思えないところであります。

 わが党が、昨年、先進地視察に訪問した石巻市において、平成10年1月オープンの石巻市民病院は、206床でスタートし、さらに増床計画が予定されています。市長は、市民要望に応えられるべきであります。

 次に、一般会計、3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費のうち、国民健康保険事業特別会計繰出金、及び特別会計、8款繰入金、その他一般会計繰入金増、同和減免分289件、815万2,000円についてであります。

 この点につきましては、従来から、わが党議員団は、国保料を払いたくても払えない人たち、低所得者層に対する一般施策として減免規定を設けるべきで、一昨年3月、法期限終了となり、制度にもない同和減免をいつまでも市長の特別施策としてすべきでないと指摘してきたところであります。

 亀岡市は、毎年、国保加入者約1万1,000世帯の1割が現年度の未納となっていて、しかもそのうち年間300万円未満の所得世帯が70%となっています。そして、平成10年度末の保険料滞納累積額5億200万円を超える額となってきております。したがって、他市も行っている一般施策としての減免規定こそ必要なのではないでしょうか。

 市民の期待に応える予算執行にすべきことを指摘いたしまして、反対の討論といたします。



○議長(小塩正幸) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより、順次採決をいたします。

 まず、第57号議案、平成10年度一般会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立多数であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第58号議案、平成10年度国民健康保険事業特別会計補正予算を、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立多数であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第59号議案から第65号議案までの各特別会計補正予算7件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第66号議案から第86号議案までの各財産区特別会計補正予算21件を、一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第88号議案、損害賠償額の決定について、起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。

 本案、委員長報告のとおり決することに賛成者の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小塩正幸) 起立全員であります。

 よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年3月12日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   総務常任委員長 大西竹次

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


57
平成10年度亀岡市一般会計補正予算 (第4号)
可決
 







 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年3月12日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   厚生常任委員長 野々村 勉

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


57
平成10年度亀岡市一般会計補正予算(第4号)
可決
 


58
平成10年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 


59
平成10年度亀岡市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

 


63
平成10年度亀岡市上水道事業会計補正予算(第2号)

 


88
損害賠償額の決定について

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年3月12日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   産業常任委員長 栗山邦雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


57
平成10年度亀岡市一般会計補正予算 (第4号)
可決
 


61
平成10年度亀岡市生活排水処理事業特別会計補正予算(第2号)

 


65
平成10年度亀岡市農業共済事業会計補正予算(第1号)

 


66
平成10年度亀岡市亀岡財産区特別会計補正予算(第2号)

 


67
平成10年度亀岡市東別院財産区特別会計補正予算(第1号)

 


68
平成10年度亀岡市稗田野財産区特別会計補正予算(第1号)

 


69
平成10年度亀岡市畑野財産区特別会計補正予算(第1号)

 


70
平成10年度亀岡市馬路財産区特別会計補正予算(第1号)

 


71
平成10年度亀岡市旭財産区特別会計補正予算(第1号)

 


72
平成10年度亀岡市千歳財産区特別会計補正予算(第1号)

 


73
平成10年度亀岡市保津財産区特別会計補正予算(第1号)

 


74
平成10年度亀岡市篠財産区特別会計補正予算(第2号)
可決
 


75
平成10年度亀岡市中野財産区特別会計補正予算(第1号)

 


76
平成10年度亀岡市井手財産区特別会計補正予算(第1号)

 


77
平成10年度亀岡市西加舎財産区特別会計補正予算(第1号)

 


78
平成10年度亀岡市宮川財産区特別会計補正予算(第1号)

 


79
平成10年度亀岡市川関財産区特別会計補正予算(第1号)

 


80
平成10年度亀岡市美濃田財産区特別会計補正予算(第1号)

 


81
平成10年度亀岡市杉財産区特別会計補正予算(第1号)

 


82
平成10年度亀岡市山階財産区特別会計補正予算(第1号)

 


83
平成10年度亀岡市印地財産区特別会計補正予算(第1号)

 


84
平成10年度亀岡市河原尻財産区特別会計補正予算(第1号)

 


85
平成10年度亀岡市元千歳国分財産区特別会計補正予算(第1号)

 


86
平成10年度亀岡市国分財産区特別会計補正予算(第1号)

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                        平成11年3月12日

亀岡市議会議長 小塩正幸様

                   建設常任委員長 山脇英富

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


57
平成10年度亀岡市一般会計補正予算 (第4号)
可決
 


60
平成10年度亀岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

 


62
平成10年度亀岡市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 


64
平成10年度亀岡市下水道事業会計補正予算(第3号)

 







  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小塩正幸) 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 15日から、予算特別委員会、常任委員会開催のため、本会議は開かれま

せん。

 次の本会議は、3月29日再開いたします。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労でした。

                         午後2時23分散会