議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 亀岡市

平成28年  6月 定例会 06月23日−05号




平成28年  6月 定例会 − 06月23日−05号







平成28年  6月 定例会



         平成28年6月亀岡市議会定例会会議録(第5号)

         平成28年6月23日(木曜日)午後2時00分開議

◯出席議員(23名)

                            酒井安紀子

                            三上 泉

                            冨谷加都子

                            小川克己

                            奥村泰幸

                            奥野正三

                            田中 豊

                            並河愛子

                            山本由美子

                            竹田幸生

                            平本英久

                            小松康之

                            福井英昭

                            齊藤一義

                            菱田光紀

                            小島義秀

                            馬場 隆

                            藤本 弘

                            木曽利廣

                            明田 昭

                            湊 泰孝

                            西口純生

                            石野善司

◯欠席議員(1名)

                            堤 松男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局(5名)

                 事務局長       門 哲弘

                 次長         山内偉正

                 議事調査係長     鈴木 智

                 主任         三宅晃圓

                 主任         池永菜穂子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成28年6月定例会議事日程(第5号)

 平成28年6月23日(木曜日)

   開議 午後2時

 第1 報告第1号から報告第3号まで及び第1号議案から第7号議案まで(委員長報告〜表決)

 第2 第8号議案(提案理由説明、質疑、表決)

 第3 決算特別委員会の設置について

 第4 京都スタジアム(仮称)検討特別委員会の設置について

上記のとおり

                                 議長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           午後2時00分開議



○議長(西口純生) 御参集御苦労さまです。

 ただいまから、6月定例会を再開して、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西口純生) 直ちに日程に入ります。

 日程第1、報告第1号から報告第3号まで及び第1号議案から第7号議案までを一括して議題とします。

 各委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員長、石野善司議員。

     [総務文教常任委員長(石野善司) 登壇]



◆総務文教常任委員長(石野善司) 総務文教常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 まず、報告第2号及び報告第3号については、地方自治法第179条の規定に基づき、専決処分されたものであります。

 報告第2号、亀岡市税条例等の一部改正については、地方税法等の一部改正に伴うものであり、その主な内容は、既存住宅の省エネ改修工事に係る、固定資産税減額措置の申告記載事項を変更することのほか、法律の施行に伴い所要の規定整備を行ったものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決定しました。

 報告第3号、亀岡市立幼稚園条例の一部改正については、子ども・子育て支援法施行令の一部改正に伴うものであり、その主な内容は、一定所得までの世帯について、従来の多子軽減における年齢の上限を撤廃するとともに、ひとり親世帯等の保育料の負担軽減措置を拡大すること、また、京都府第3子以降保育料無償化事業により、一定要件を満たす世帯の第3子の保育料を無料とすることの改正を行ったものであります。

 別段異論なく、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決定しました。

 次に、第1号議案、平成28年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)所管分について、その主な内容は、総務費では、ふるさと納税制度のさらなる活用により、寄附金1億円を目指すとともに、返礼品として地元産品を数多く取りそろえることで、地域経済の活性化と亀岡市のPRを進めることとして、民間業者への管理委託経費なども含めた、ふるさと力向上経費の増額補正、及び平成28年熊本地震に係る職員派遣等の被災地支援経費の補正計上、消防費では、災害時における救助活動の充実強化を図るために、全ての消防団に油圧ジャッキを配備することとした消防団経費の増額補正、教育費では、京都府からの委託を受けて実施する、「訪問型家庭教育支援事業」などの教育研究会等経費の増額補正であります。

 別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 次に、第2号議案、亀岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部改正については、継続的かつ円滑な行政サービスの提供を行うため、長期継続契約を締結することができる契約に、ふるさと納税寄附金に係る業務の委託に関する契約を追加しようとするものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 なお、指摘要望事項として、第1号議案のふるさと力向上経費の増額補正、及び第2号議案にかかわって、寄附していただいた方に係る、個人情報のセキュリティ対策について、業務管理を委託する民間業者との間で、万全を期していただくよう望むものであります。

 次に、第3号議案、亀岡市市民プール条例の一部改正については、施設の老朽化等に伴い、犬甘野市民プールを廃止するものであり、別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 次に、第4号議案、亀岡市税条例等の一部改正については、地方税法等の一部改正に伴い、法人市民税の法人税割の税率を改正すること、また、軽自動車税に環境性能割を導入すること等の改正をしようとするものであります。

 採決に先立ち、消費税増税に反対の立場から、消費税率10%段階における、法人市民税の税率等を改正する内容を含んだ、当該条例の一部改正は認められないとする反対討論がありましたが、採決の結果は、多数をもって原案可決すべきものと決定しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(西口純生) 次に、環境厚生常任委員長、馬場隆議員。

     [環境厚生常任委員長(馬場 隆) 登壇]



◆環境厚生常任委員長(馬場隆) 環境厚生常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要と結果を報告いたします。

 まず、報告第1号の平成27年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)については、想定を上回る急激な医療費の増加に対応するため、所要の経費をやむを得ず専決処分したものであり、採決の結果は、全員をもって承認すべきものと決定しました。

 なお、今後、医療の高度化による高額医療費の支出を適切に見込まれるよう、指摘要望するものです。

 次に、第1号議案、平成28年度亀岡市一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その内容は、衛生費において、妊娠期から子育て期にわたるまでのさまざまなニーズに対して、総合的な相談支援を提供するワンストップ拠点としての子育て世代包括支援センターを開設する経費を増額補正するものであります。

 別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 なお、可決に当たり、事業の実施に当たっては、先行自治体の事例をよく研究するとともに、既存事業との連携を図られることを指摘要望するものです。

 次に、第5号議案、亀岡市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定については、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部改正により、家庭的保育事業等における保育士の確保が困難な状況を踏まえ、当分の間、保育士の数の算定について、幼稚園教諭、小学校教諭及び養護教諭等についても、保育士とみなすことができることとされたこと等に伴い改正するものであります。

 採決に先立ち、国の言うとおりに改正するのではなく、必要になってから、亀岡市の状況を見ながら判断していくべきものであるとの反対討論が、また賛成討論として、本市において今後、保育士不足が解消できなくなった際に慌てて条例を改正するよりも、現段階で法整備しておくことは、子育て・教育で憧れのまちを標榜する本市にとって不利益になるものではないとの意見がありました。

 採決の結果は、多数をもって原案可決すべきものと決定しました。

 次に、第6号議案、亀岡市立病院経営審議会条例の制定については、市立病院の経営に関する重要事項等について審議するため、病院事業管理者の附属機関として審議会を設置し、必要な事項を定めるものであります。

 別段異論なく、採決の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 以上、簡単でありますが、本委員会の報告とします。



○議長(西口純生) 次に、産業建設常任委員長、小島義秀議員。

     [産業建設常任委員長(小島義秀) 登壇]



◆産業建設常任委員長(小島義秀) 産業建設常任委員会に付託されました議案について、審査の経過概要とその結果を報告します。

 まず、第1号議案、平成28年度亀岡市一般会計補正予算の本委員会所管分でありますが、その主な内容は、総務費では、一般財団法人自治総合センターの助成を受けて実施する防犯灯設置経費の増額補正、土木費では、国の集約都市形成支援事業(コンパクトシティ形成支援事業)を活用して、「立地適正化計画」の策定に向けて基礎調査業務等を行う経費、また、市景観条例に基づき、景観まちづくり団体の活動に助成を行う景観形成事業経費の増額補正であります。

 審査の中では、立地適正化計画の策定に係り、都市機能を集積するコンパクトシティの考え方に対して、周辺地域におけるまちづくりの課題を踏まえて慎重に取り組むべきとの意見等が出されましたが、審査の結果は、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 次に、第7号議案、地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正は、建築基準法の規定に基づき、適正な都市機能と健全な都市環境を確保するため、篠町篠向谷地区地区整備計画区域内及び中矢田町才ノ溝地区地区整備計画区域内における建築物の制限に関し、必要な事項を定めるものであり、別段異論なく、全員をもって原案可決すべきものと決定しました。

 以上、簡単ではありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(西口純生) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 ただいまから、委員長報告に対する質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

     [「なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西口純生) ないようでございますので、以上で質疑を終わります。

 次に、討論を行います。

 通告により、発言を許します。

 田中豊議員。



◆(田中豊議員) 私は、日本共産党亀岡市議会議員団を代表して、第4号議案、亀岡市税条例等の一部を改正する条例の制定について、反対の討論を行います。

 2016年度の地方税法改正案は、去る3月29日に成立しましたが、日本共産党はこの改正が消費税10%への増税を前提に、昨年、一昨年に引き続き、外形標準課税のさらなる拡大や法人住民税法人税割の税率引き下げを行うなど、黒字大企業を一層優遇する内容となっていることから、反対をいたしました。

 さて、この第4号議案は、市税に関する条例改正が複数盛り込まれたものとなっています。このうち、再生可能エネルギー発電設備の固定資産税の減税、自動車取得税にかわる環境性能割への軽減税率の設定、軽自動車税のグリーン化特例の1年延長については、市民負担の軽減措置となっており、これらの部分については賛成するものです。

 しかし、セルフメディケーション推進のためのスイッチOTC薬控除の創設は、医師の判断ではなく自己判断で、市販薬を服用することに誘導しようとするものであり、薬の間違った服用により病気の重篤化につながりかねません。望ましい医療から市民を遠ざける危険のある制度です。

 次に、法人市民税の法人税割の税率引き下げについてですが、政府は消費税8%の引き上げ時に地方間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るためとして、地方税である法人住民税の一部を地方法人税、国税として地方交付税の原資とする仕組みを創設しました。今回の改正は、消費税率10%への引き上げ時に同様の地域格差が発生するとして、法人住民税率を引き下げるとともに、地方法人税率を引き上げ、地方交付税原資化の規模を拡大するものです。自治体間の税収格差の是正は、地方交付税の財源保障と財政調整の両機能を強化することでなされるべきであり、消費税10%への増税と消費税を地方財政の主要財源に据えていく狙いと一体のものとなっており、反対するものです。

 そもそも、消費税は所得が低いほど負担が重くなるという逆進性を持ち、国民の暮らしと中小零細業者の営業を脅かしている税制です。安倍政権は、10%増税の延期を表明しましたが、これは消費税増税路線と大企業と大資産家を優遇するアベノミクスが破綻していることをみずから認めていることにほかなりません。消費税の増税は延期ではなく、中止することを強く求めまして、第4号議案に反対の討論といたします。



○議長(西口純生) 以上で討論を終わります。

 ただいまから、順次採決を行います。

 まず、報告第1号から報告第3号までの専決処分承認案3件を一括して、起立により採決します。

 本案に対する委員長の報告は、承認です。

 本案、委員長報告のとおり決定することに賛成者の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(西口純生) 起立全員です。

 よって、本案は委員長報告のとおり承認されました。

 次に、第1号議案、一般会計補正予算案を起立により採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 本案、委員長報告のとおり決定することに賛成者の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(西口純生) 起立全員です。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第4号議案、第5号議案を除く第2号議案から第7号議案までの条例議案4件を一括して起立により採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 本案、委員長報告のとおり決定することに賛成者の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(西口純生) 起立全員です。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第4号議案、亀岡市税条例等の一部を改正する条例の制定についてを起立により採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 本案、委員長報告のとおり決定することに賛成者の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(西口純生) 起立多数です。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第5号議案、亀岡市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてを起立により採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 本案、委員長報告のとおり決定することに賛成者の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(西口純生) 起立多数です。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            平成28年6月23日

 亀岡市議会議長 西口純生様

                    総務文教常任委員長  石野善司

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報2
専決処分の承認を求めることについて
 亀岡市税条例等の一部を改正する条例の制定について
承認
 


報3
専決処分の承認を求めることについて
 亀岡市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について

 



平成28年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)
可決
 



亀岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市市民プール条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市税条例等の一部を改正する条例の制定について

 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            平成28年6月23日

 亀岡市議会議長 西口純生様

                    環境厚生常任委員長  馬場 隆

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要


報1
専決処分の承認を求めることについて
 平成27年度亀岡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)
承認
 



平成28年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)
可決
 



亀岡市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について

 



亀岡市立病院経営審議会条例の制定について

 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            平成28年6月23日

 亀岡市議会議長 西口純生様

                    産業建設常任委員長  小島義秀

             委員会審査報告書

 本委員会に付託の事件は、審査の結果、次のとおり決定したから、亀岡市議会会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



議案番号
件名
議決結果
摘要



平成28年度亀岡市一般会計補正予算(第1号)
可決
 



亀岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西口純生) 次に、日程第2、第8号議案、曽我部山林管理委員会委員の任命についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 桂川市長。

     [市長(桂川孝裕) 登壇]



◎市長(桂川孝裕) 議員各位には、連日慎重に御審議いただきまして、まことに感謝にたえない次第でございます。

 ここに追加提案いたしております人事議案につきまして、御説明申し上げます。

 第8号議案の曽我部山林管理委員会委員の任命につきましては、近く任期が満了いたします委員9名の任命について、亀岡市山林の管理及び処分に関する特例条例第4条の規定により、議会の同意をお願いするものでございます。

 どうぞ、慎重に御審議いただきまして、御賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(西口純生) お諮りします。

 ただいま提案されました議案については、質疑等を省略して、直ちに採決したいと思いますが、御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西口純生) 御異議なしと認め、質疑等の省略を決定しました。

 ただいまから、採決を行います。

 本案、同意することに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西口純生) 御異議なしと認め、同意することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西口純生) 次に、日程第3、決算特別委員会の設置についてを議題とします。

 お諮りします。

 本市議会に、22人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、平成27年度各会計決算に関する事項を所管とし、閉会中の継続審査をすることにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西口純生) 御異議なしと認め、特別委員会を設置し、閉会中の継続審査をすることに決定しました。

 ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元配付のとおり委員を指名しますので、御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (平成28年6月定例会)

           決算特別委員会委員名簿

                            (22名)議席順

               酒井安紀子

               三上 泉

               冨谷加都子

               小川克己

               奥村泰幸

               奥野正三

               田中 豊

               並河愛子

               山本由美子

               竹田幸生

               平本英久

               福井英昭

               齊藤一義

               菱田光紀

               小島義秀

               馬場 隆

               藤本 弘

               木曽利廣

               明田 昭

               湊 泰孝

               石野善司

               堤 松男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西口純生) 次に、日程第4、京都スタジアム(仮称)検討特別委員会の設置についてを議題とします。

 お諮りします。

 本市議会に、12人の委員をもって構成する京都スタジアム(仮称)検討特別委員会を設置し、京都スタジアム(仮称)に関することを所管とし、審査期限は審査が終了するまでとして、閉会中の継続審査をすることにしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]



○議長(西口純生) 御異議なしと認め、特別委員会を設置し、審査期限は審査が終了するまでとし、閉会中の継続審査をすることに決定しました。

 ただいま設置されました京都スタジアム(仮称)検討特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元配付のとおり委員を指名しますので、御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (平成28年6月定例会)

      京都スタジアム(仮称)検討特別委員会委員名簿

                            (12名)議席順

               三上 泉

               山本由美子

               平本英久

               福井英昭

               齊藤一義

               菱田光紀

               小島義秀

               馬場 隆

               藤本 弘

               木曽利廣

               湊 泰孝

               石野善司

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西口純生) 以上をもって、今定例会に付議された事件は全て議了しました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、平成28年6月亀岡市議会定例会を閉会します。

 御苦労さまでした。

                           午後2時24分閉会

 地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。

   亀岡市議会議長    西口純生

   亀岡市議会副議長   福井英昭

   会議録署名議員    小島義秀

   会議録署名議員    藤本 弘