議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成19年第 4回定例会(第1日 9月 3日)




平成19年第 4回定例会(第1日 9月 3日)





 



     平成19年 宮津市議会定例会議事速記録 第1号


      第4回





        平成19年9月3日(月) 午前10時00分 開会





◎出席議員(18名)


   馬 谷 和 男     長 林 三 代     宇都宮 和 子


   平 野   亮     北 仲   篤     松 本   隆


   吉 田   透     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   木 内 利 明     松 原   護     松 浦 登美義


   大 森 秀 朗     ? 本 良 孝     小 田 彰 彦


   安 達   稔     加 畑   徹     橋 本 俊 次





◎欠席議員    な  し





◎議会事務局


   局長      岡 ? 正 美    議事調査係長  木 村 裕 志


   主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長      井 上 正 嗣    副市長     松 田 文 彦


   総務室長    森   和 宏    企画財政室長  小 西   肇


   市民室長    山 口 雅 夫    環境保健室長  和田野 喜 一


   福祉室長    大 西 俊 三    産業振興室長  山 口 孝 幸


   上下水道室長  前 田 良 二    出納管理室長  坂 根 雅 人


   教育委員長   上 羽 堅 一    教育長     横 山 光 彦


   教育委員会事務局総括室長       監査委員    森 井 克 實


           中 島 節 史


   建設室監理・事業推進所管副室長


           岩 田 一 秀





◎議事日程(第1号) 平成19年9月3日(月) 午前10時 開会


 日程第1 諸報告


 日程第2 会議録署名議員の指名


 日程第3 会期の決定


 日程第4 報告第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成19年度宮津市一


             般会計補正予算(第1号))


 日程第5 議第59号 固定資産評価審査委員会委員の選任について


 日程第6 議第60号 教育委員会委員の任命について


 日程第7 議第61号 市道路線の認定について


      議第62号 宮津市安全で美しいまちづくり条例の制定について


      議第63号 宮津市情報公開条例の一部改正について


      議第64号 政治倫理の確立のための宮津市長の資産等の公開に関する条例の


            一部改正について


      議第65号 宮津市まちづくり基金条例の制定について


      議第66号 宮津市地域医療確保奨学金等の貸与に関する条例の制定について


      議第67号 平成19年度宮津市一般会計補正予算(第2号)


      議第68号 平成19年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第2


            号)


      議第69号 平成19年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1


            号)


      議第70号 平成19年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


      議第71号 平成19年度宮津市介護予防支援事業特別会計補正予算(第1


            号)


      議第72号 平成19年度宮津市上宮津財産区特別会計補正予算(第1号)


      議第73号 平成19年度宮津市水道事業会計補正予算(第1号)


      議第74号 平成18年度宮津市水道事業会計決算認定について


          ────────────────────


             (開会 午前10時00分)


○議長(小田彰彦)   おはようございます。ただいまから平成19年第4回宮津市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 日程第1「諸報告」であります。


 監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成18年度出納整理期間中の4月分、5月分の一般会計、特別会計、及び平成19年度4月分、5月分の一般会計、特別会計、基金等、並びに平成19年度5月分、6月分の水道事業会計の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


 次に、地方自治法第243条の3第2項の規定により、財団法人宮津市民実践活動センター経営状況説明書、株式会社まちづくり推進機構経営状況説明書及び丹後地区土地開発公社経営状況説明書が提出されておりますので、ごらんおきを願います。


 次に、財団法人京都府市町村振興協会の主催により、ルビノ京都堀川において7月24日に開催された市町村議会委員長研修会に議員3名を、8月3日に開催された市町村1期目議員研修会に議員3名を、及び8月21日に開催された市町村議会広報研修会に議員5名をそれぞれ派遣いたしましたので、御報告いたします。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


        安 達   稔 さん   加 畑   徹 さん


 を指名いたします。


 以上のお二人に差し支えのある場合は、次の議席の方にお願いいたします。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第3「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。今定例会の会期は、本日から9月28日までの26日間といたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。会期は、本日から9月28日までの26日間と決定いたしました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第4 報告第9号を議題といたします。


 提案理由の説明を願います。井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   おはようございます。


 本日から9月議会をお願いいたしましたところ、議員の皆さんには、何かと御多用のところ御出席をいただき、厚くお礼を申し上げます。


 本定例会への提出議案でございますが、本報告案件1件と人事案件のほか補正予算など16議案を本日提出させていただきます。よろしくお願いを申し上げます。


 また、議運でもお願いをいたしておりますが、今会期中に平成18年度の一般会計、特別会計の決算認定等の議案を追加提案させていただくことといたしております。この点、御了承を賜りますようお願いを申し上げます。


 それでは、本案件、報告第9号 平成19年度宮津市一般会計補正予算(第1号)の専決処分の承認を求めることについてでございます。8月7日付で専決処分をさせていただきました補正予算は、去る7月25日に庁舎本館南棟の空調設備が故障をし、設置後30年以上が経過する中で修繕が困難であることが判明したことから、各フロアにパッケージユニット方式のエアコンを設置することとして、その所要経費2,000万円を補正したものでございます。


 酷暑の中での来庁者への配慮や職員の健康管理の面から、一日も早い冷房運転の必要があると判断し、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分による予算措置を行ったものであります。その財源につきましては、全額特定財源として市債を計上いたしております。


 以上、まことに簡単でございますが、御報告を申し上げます。よろしく御承認を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   これより質疑に入ります。御質疑はありませんか。松原 護さん。


○議員(松原 護)   この2,000万円の起債の利率なんですが、6%以内となっておりますが、今のところの予定の利率を教えてやってください。


○議長(小田彰彦)   小西企画財政室長。


○企画財政室長(小西 肇)   利率の関係です。今から当然発行をするわけでございます。この地方債につきましては、中身が建設地方債ということで、一部減収補てんということで、法人税の収入見込みが少し足らないということで、減収補てんの地方債も発行するということにいたしております。現在、この許可をとっておる最中でございまして、利率は今からということになります。今のところ、2%から3%の範囲で見積もり合わせといいますか、多分そういう結果になってくるというぐあいに思っております。以上でございます。


○議長(小田彰彦)   他に御質疑ありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 報告第9号を採決いたします。本件は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。


  本件は、承認することに決しました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第5 議第59号を議題といたします。


 提案理由の説明を願います。井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   ただいま議題となりました議第59号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 固定資産評価審査委員会の委員につきましては、地方税法及び宮津市市税条例の規定により、定数は3人で任期3年となっております。今回、委員のうち前野?治さん及び宮?俊子さんの任期が今月末をもって満了となりますので、引き続き選任についてお願いをするものでございます。お二人とも委員として中立、公正な立場で職務を適正に執行していただいており、人格、識見ともにすぐれ、適任と考えております。御同意賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第59号を採決いたします。お諮りいたします。本件は、同意することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件は、同意することに決しました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第6 議第60号を議題といたします。


             〔上羽教育委員長 退席退場〕


○議長(小田彰彦)   提案理由の説明を願います。井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   ただいま議題となりました議第60号 教育委員会委員の任命につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 教育委員会の委員につきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により、5人の委員をもって組織し、任期は4年と定められております。今回委員のうち上羽堅一さんの任期が今月末をもって満了となりますので、引き続き任命についてお願いをするものでございます。上羽さんは平成4年10月1日から委員として御就任をいただいておりますが、御承知のとおり、人格高潔で教育、学術及び文化に高い識見がある方で、委員として適任と考えております。御同意賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第60号を採決いたします。お諮りいたします。本件は、同意することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件は、同意することに決しました。


             〔上羽教育委員長 入場着席〕


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第7 議第61号から議第74号までの14件を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を願います。岩田建設室副室長。


             〔岩田建設室副室長 登壇〕


○建設室監理・事業推進所管副室長(岩田一秀)   私から、議第61号 市道路線の認定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 今回、認定をお願いしております馬場先線は、大手川河川改修事業による代替地造成時に整備した道路を市道として認定し、管理しようとするものでございます。


 別添の図面もあわせてごらんください。馬場先線につきましては、図面の黒色部分で、起点は宮津市字馬場先2616番地の7、終点は宮津市字宮村小字馬場先1300番地の3で、延長は127.3メートル、敷地幅員は5メートルから9.2メートルでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   森総務室長。


               〔森総務室長 登壇〕


○総務室長(森 和宏)   私から、議第62号から議第64号までの3件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議第62号 宮津市安全で美しいまちづくり条例の制定についてでございます。これは、本年5月に美しく安全で安心なまちを考える市民会議から受けた提言を踏まえて、犯罪のない安全なまち、ごみ、落書き等のない美しいまち、これを目指して、市民と行政等が一体となってつくっていくため、その規範となる条例を制定しようとするものでございます。


 その内容としましては、大きく3点ございます。1点目は、本条例の基本理念として、安全で美しいまちの実現に向けて、市、市民等、地域活動団体、事業者、関係行政機関が協働して、それぞれが主体的かつ積極的に取り組むということを規定いたしております。2点目としましては、それぞれの主体者としての責務等を明確にいたしております。また、3点目としましては、安全で美しいまちへの具体の行動規範を大きく5点定めております。一つには、すべての大もととなる取り組みとしての地域コミュニティーの強化、二つには防犯の推進、子供等の安全の確保、三つには清潔保持のためのポイ捨て、落書き、ペットのふん放置の禁止等、四つには花と緑の推進、五つには公共の場所における歩行喫煙をしない取り組み、これらについて規定をいたしております。


 施行につきましては、一定の周知期間を置いた上でということで、平成20年1月1日からといたしております。


 なお、この条例案につきましては、市民会議からの提言の趣旨を最大限尊重したものとしております。また、この条例をもととして、市民や地域ぐるみの展開が広げられ、ひいては、天橋立を中心とした世界遺産登録を目指す中での住民運動の基盤となることを願うものでございます。


 次に、議第63号 宮津市情報公開条例の一部改正についてでございます。今回の改正は、日本郵政公社の民営化に伴い、その職員の身分も公務員から民間人へと切りかわることから、不開示情報である個人情報の除外規定の中で、公務員の定義から日本郵政公社の用語を削除するものでございます。


 次に、議第64号 政治倫理の確立のための宮津市長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてでございます。郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律と、証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴い、郵便貯金の削除、引用法律名の変更、また、有価証券の範囲の拡大に伴う金銭信託規定の削除など、市長の資産等報告書の記載事項について、所要の規定整備を行うものでございます。


 以上2件の条例の施行日は、それぞれ根拠となる改正法律の施行に合わせたものといたしております。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   小西企画財政室長。


             〔小西企画財政室長 登壇〕


○企画財政室長(小西 肇)   私から、議第65号 宮津市まちづくり基金条例の制定について、提案理由の御説明を申し上げます。


 市民と行政の協働によるまちづくりとして、市民等において、主体的に各種のまちづくり活動を展開していこうとする機運が高まりつつあります。こうした中で、市民が主体的に参画する団体が実施するまちづくり活動の支援・促進を図っていくため、市内外からの寄附金等を財源とする宮津市まちづくり基金を創設しようとするものでございます。


 本基金は、将来的に財団法人民間都市開発推進機構からの財政支援を得ることを念頭に置き、積み増しに努めることとしており、地域振興、元気づくりに資する民間主導によるまちづくり活動への助成経費に充ててまいりたいと考えております。詳細な助成制度については、今後、設計することといたしております。


 なお、現在、商工会議所を中心として、城壁の復活、地域映画プロジェクト等の活動が始まっており、こうした取り組みにも支援ができるよう配意してまいりたいと考えております。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦) 和田野環境保健室長。


             〔和田野環境保健室長 登壇〕


○環境保健室長(和田野喜一)   私から、議第66号 宮津市地域医療確保奨学金等の貸与に関する条例の制定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 京都府北部地域を中心として医師不足問題が深刻化する中で、京都府においては地域医療を担う若手医師の育成を図るため、本年4月に地域医療機関への勤務希望者に対する奨学金等の貸与制度を創設されたところであります。宮津市におきましても、地域医療の充実に必要な医師の養成及び確保を図るため、京都府の貸与制度と連携し、本地域の中核的な病院である府立与謝の海病院及び市内の公的な医療機関に、医師の業務に従事しようとする意思を有する者(専門研修医、臨床研修医、大学院生、大学生)に対して、研修や修学に要する資金を無利子で貸与するため、本制度を創設するものであります。


 なお、貸与終了後、貸与を受けた期間に3年を加えた期間内に、府立与謝の海病院及び市内の公的な医療機関で、医師の業務に貸与相当期間従事した場合は、奨学金等の返還を免除することとしております。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小田彰彦)   井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   引き続きまして、議第67号から議第73号までの予算関係7件と、議第74号 水道事業決算認定につきまして、私から御説明を申し上げます。


 今回お願いをいたしております補正予算は、一般会計、特別会計5件及び水道事業会計で、補正総額は3億6,256万2,000円でございます。


 最初に一般会計でございます。今回、歳入歳出ともに補正額1億3,000万円を計上しております。これに専決補正の2,000万円を合わせて、予算の総額を100億6,682万7,000円とするものでございます。


 先に歳出につきまして、その主なものを御説明申し上げます。別紙の9月補正予算の概要もあわせてごらんいただきたいと存じます。


 まず「市民・地域・NPOとの協働」についてであります。


 元気な宮津づくりに向けて、市民が主体的に参画する団体等が実施するまちづくりプロジェクトを支援するため、その趣旨に御賛同いただける皆さんからの寄附金等を原資とするまちづくり基金を設置することとし、積立金1万円を計上いたしております。なお、積立金の額につきましては、今後の寄附金の動向に応じ、12月以降に改めて補正予算をお願いしてまいりたいと考えております。


 次に、「観光を基軸とした産業振興」についてであります。


 まちなか観光の推進と、商店街のにぎわいづくりを創出していくため宮津商工会議所が実施する中心市街地商店街の空き店舗対策事業に対する補助金、及び天橋立府中観光会が実施する街路灯の整備に対する補助金として、249万円を計上いたしております。


 次に「環境保全と生活環境対策」についてであります。


 自然環境資源の活用による地域活性化に資するため、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助採択を受けて実施する「新エネルギービジョン」の策定に要する経費750万円、清掃工場設置期限の延長に伴う波路自治会自治振興交付金200万円をそれぞれ計上いたしております。


 次に「教育と人材育成」についてであります。


 栗田地区で実施する小・中・高の連携による豊かな体験活動推進事業や、文化庁が主催する本物の舞台芸術体験事業に要する経費など、合計で142万5,000円を計上いたしております。


 次に、「健康増進と福祉の推進」についてであります。地域医療の充実に必要な医師の養成及び確保に資するため、京都府との連携のもと、宮津市地域医療確保奨学金制度を創設し、研修または修学に要する費用に対する貸付金として135万円を計上いたしております。


 次に、「基盤の整備・活用」についてであります。森林整備の推進に向けた地域活動の支援に要する経費189万9,000円を計上いたしておりますほか、養老漁港長江泊地の改良に要する経費300万円、みやづ城東タウン第2次整備に要するに経費803万1,000円、奥波見地区における消火栓新設に要する経費100万円、本年6月の梅雨前線豪雨災害等による農業用施設の災害復旧に要する経費1,625万4,000円をそれぞれ計上いたしております。


 また、これらのほか大手川改修にかかわる市有建物の改築、及び旧宮津エネ研独身寮のアスベスト除去に要する経費として4,455万1,000円を計上いたしましたほか、人事異動等によります人件費の補正をお願いしようとするものであります。


 以上が一般会計歳出補正予算の概要でありますが、その財源といたしましては、国庫支出金等の特定財源1億1,161万7,000円、繰越金等の一般財源1,838万3,000円を計上いたしております。


 次に、特別会計でございます。土地建物造成事業特別会計におきましては、大手川改修に伴う市有建物補償費の確定による整理を初め、所要の補正を行おうとするものであります。


 また、上宮津財産区特別会計におきましては、緑資源機構による分収造林事業に要する経費を追加計上いたしておりますほか、水道事業会計におきましては、大手川河川改修事業に伴い実施する取水施設の移転について、工事内容の変更による経費を追加計上いたしております。


 このほか、国民健康保険事業特別会計ほか、三つの特別会計につきましては、人件費を初め所要の補正を行おうとするものでございます。


 以上が予算関係でございます。


 次に、議第74号 平成18年度宮津市水道事業会計決算認定についてでございます。


 平成18年度における水道水の需要は、使用者の節水意識の向上等による減少傾向が続き、特に使用の多い層の使用量が減少したことにより、年間配水量は約242万立方メートルで、前年度に比べ、約7万立方メートルの減少となりました。


 経営状況につきましては、給水収益が年々減少し、また近年の水道施設の大規模更新に伴い減価償却費が増加する一方で、組織の統合による職員数の削減、及び上下水道料金の一括徴収の実施など、経常経費の節減を図ったことにより、損益勘定においては1,485万円余りの純利益を計上することができました。以下、万円未満切り捨てで説明させていただきます。


 これに前年度からの繰越利益剰余金を加えますと、当年度の未処分利益剰余金は3,302万円となりました。この未処分利益剰余金につきましては、減債積立金に2,000万円を積み立て、残り1,302万円を翌年度に繰り越ししたいと考えております。


 次に、水道施設の拡張改良を主とする資本的収支におきましては、安全で安心な水道水を確保するため須津浄水場及び上宮津浄水場のろ過機能の拡張改良工事を実施したほか、アスベスト問題にかかわる市民の不安解消を図るため、計画的に進めております石綿セメント管等の配水管の布設がえ工事などを実施しました。


 その結果、収入額が支出額に対して1億392万円の不足を生じたため、減債積立金3,000万円、消費税及び地方消費税資本的収支調整額856万円、及び損益勘定留保資金6,535万円で補てんいたしました。


 なお、今後の施設整備を計画的かつ効率的に進めるため、平成19年度からの10年間を期間とした水道整備事業基本計画を策定したところであります。


 以上、決算の概要を述べましたが、水需要をめぐる情勢はさらに厳しい状況となってきていることから、管理の合理化、経費の節減など、一層の企業努力を重ね、また収入の大宗をなす水道使用料金の確実な回収など、財政の健全化対策を進めながら、安全で良質な水道水の安定供給に努めてまいりたいと考えております。


 なお、本決算につきましての監査委員の審査意見は、別添の「平成18年度宮津市水道事業会計決算審査意見書」のとおりでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決、認定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 次回本会議は、9月10日午前10時に開きます。


 本日はこれで散会いたします。


             (散会 午前10時35分)