議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成19年第 1回定例会(第5日 3月19日)




平成19年第 1回定例会(第5日 3月19日)





 



     平成19年 宮津市議会定例会議事速記録 第5号


      第1回





       平成19年3月19日(月) 午前10時00分 開議





◎出席議員(18名)


   馬 谷 和 男     長 林 三 代     宇都宮 和 子


   平 野   亮     北 仲   篤     松 本   隆


   吉 田   透     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   木 内 利 明     松 原   護     松 浦 登美義


   大 森 秀 朗     ? 本 良 孝     小 田 彰 彦


   安 達   稔     加 畑   徹     橋 本 俊 次





◎欠席議員    な  し





◎議会事務局


   局長      岡 ? 正 美    議事調査係長  木 村 裕 志


   主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長      井 上 正 嗣    副市長     松 田 文 彦


   収入役職務代理者出納管理室長     総務室長    森   和 宏


           坂 根 雅 人


   企画財政室長  小 西   肇    市民室長    山 口 雅 夫


   環境保健室長  南   繁 夫    福祉室長    大 西 俊 三


   産業振興室長  山 口 孝 幸    上下水道室長  前 田 良 二


   教育委員長   上 羽 堅 一    教育長     横 山 光 彦


   教育委員会事務局総括室長       監査委員    森 井 克 實


           中 島 節 史


   建設室監理・事業推進所管副室長


           岩 田 一 秀





◎議事日程(第5号) 平成19年3月19日(月) 午前10時 開議


 日程第1 諸報告


 日程第2 議第19号 宮津与謝消防組合規約の変更について


      議第20号 丹後地区広域市町村圏事務組合規約の変更について


      議第21号 京都府後期高齢者医療広域連合を組織する普通地方公共団体の数


            の減少及び京都府後期高齢者医療広域連合規約の変更について


      議第28号 宮津市副市長の定数を定める条例の制定について


      議第29号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に


            ついて


      議第30号 宮津市職員の分限に関する条例の一部改正について


      議第31号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について


      議第32号 宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す


            る条例の一部改正について


      議第33号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正について


      議第34号 宮津市公共施設管理基金条例の制定について


      議第35号 宮津市市税条例の一部改正について


      議第36号 宮津市国民健康保険条例の一部改正について


      議第37号 老人医療費の支給に関する条例の一部改正について


 日程第3 議第22号 宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定審査会


            共同設置規約の変更について


      議第27号 与謝野町宮津市中学校組合規約の変更について


      議第38号 宮津市休日応急診療所条例の一部改正について


 日程第4 議第23号 宮津市大江山バンガロー村の指定管理者の指定について


      議第24号 市道路線の廃止について


      議第25号 市道路線の認定について


      議第26号 財産の取得の一部変更について


      議第39号 宮津市観光振興基金条例の制定について


      議第40号 宮津市営駐車場条例の一部改正について


      議第41号 宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について


      議第42号 宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正につい


            て


 日程第5 議第43号 平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)


 日程第6 議第44号 平成18年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第


            3号)


      議第45号 平成18年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第


            2号)


 日程第7 議第46号 平成18年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


      議第47号 平成18年度宮津市介護予防支援事業特別会計補正予算(第


            1号)


      議第49号 平成18年度宮津市休日応急診療所事業特別会計補正予算(第1


            号)


 日程第8 議第48号 平成18年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第9 市議第 1号 宮津市議会会議規則の一部改正について


      市議第 2号 宮津市議会委員会条例の一部改正について


          ────────────────────


〇委員会審査結果報告書


                              平成19年3月13日


 議長 小 田 彰 彦 様


                        総務委員長 吉 田   透





   委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第19号  │宮津与謝消防組合規約の変更について            │原案可決  │


│       │                             │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第20号  │丹後地区広域市町村圏事務組合規約の変更について      │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第21号  │京都府後期高齢者医療広域連合を組織する普通地方公共団体の │原案可決  │


│       │数の減少及び京都府後期高齢者医療広域連合規約の変更につい │      │


│       │て                            │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第28号  │宮津市副市長の定数を定める条例の制定について       │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第29号  │地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理 │原案可決  │


│       │について                         │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第30号  │宮津市職員の分限に関する条例の一部改正について      │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第31号  │公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第32号  │宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関 │原案可決  │


│       │する条例の一部改正について                │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第33号  │宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正について   │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第34号  │宮津市公共施設管理基金条例の制定について         │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第35号  │宮津市市税条例の一部改正について             │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第36号  │宮津市国民健康保険条例の一部改正について         │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第37号  │老人医療費の支給に関する条例の一部改正について      │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第43号  │平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管部分 │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第44号  │平成18年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第3 │原案可決  │


│       │号)                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第45号  │平成18年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2 │原案可決  │


│       │号)                           │      │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成19年3月13日


 議長 小 田 彰 彦 様


                       厚生文教委員長 宇都宮 和 子





   委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。





                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第22号  │宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定審査 │原案可決  │


│       │会規約の変更について                   │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第27号  │与謝野町宮津市中学校組合規約の変更について        │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第38号  │宮津市休日応急診療所条例の一部改正について        │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第43号  │平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管部分 │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第46号  │平成18年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号) │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第47号  │平成18年度宮津市介護予防支援事業特別会計補正予算(第1 │原案可決  │


│       │号)                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第49号  │平成18年度宮津市休日応急診療所事業特別会計補正予算(第 │原案可決  │


│       │1号)                          │      │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成19年3月13日


 議長 小 田 彰 彦 様


                       産業建設委員長 松 本   隆





   委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第23号  │宮津市大江山バンガロー村の指定管理者の指定について    │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第24号  │市道路線の廃止について                  │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第25号  │市道路線の認定について                  │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第26号  │財産の取得の一部変更について               │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第39号  │宮津市観光振興基金条例の制定について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第40号  │宮津市営駐車場条例の一部改正について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第41号  │宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第42号  │宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正につ │原案可決  │


│       │いて                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第43号  │平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管部分 │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第48号  │平成18年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)  │原案可決  │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


             (開議 午前10時00分)


○議長(小田彰彦)   おはようございます。


 ただいまから本日の会議を開きます。


 日程第1「諸報告」であります。


 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成18年度の水道事業会計1月分の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第2 議第19号から議第21号まで、及び議第28号から議第37号までの13件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。総務委員長 吉田 透さん。


              〔吉田総務委員長 登壇〕


○総務委員長(吉田 透)   おはようございます。


 ただいま議題となりました議第19号から議第21号まで、及び議第28号から議第37号までの13件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月13日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の室長等の出席を求め、付託議案の審査を行いました。


 まず、議第28号 宮津市副市長の定数を定める条例の制定についてでありますが、地方自治法の改正により、本年4月1日から助役制度が廃止され、副市長制度が創設されることから、条例により、副市長の定数を1名と定めるものであるとの説明を受けました。


 次に、議第32号 宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでありますが、本市の財政再建に向け、非常勤特別職職員についても、原則、報酬額の1割を減額することとし、また、同職員から報酬等を返上する申し出があった場合は、これを支給しないことができるとするものであるとの説明を受けました。


 次に、議第33号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正についてでありますが、主な改正は、財政健全化に向けた取り組みとして、平成18年度から実施している一般職職員の給料の減額措置を1年間延長するほか、人事院勧告に基づき、扶養親族のうち、3人目以降の子供に対する扶養手当の額を、5,000円から6,000円に引き上げるものであるとの説明を受けました。


 次に、議第34号 宮津市公共施設管理基金条例の制定についてでありますが、電源立地地域対策交付金の一部について、平成18年度と19年度の2年間で8億円を積み立てる予定であり、みやづ歴史の館、中央公民館、市民体育館、東部不燃物処理場、粗大ごみ処理施設、清掃工場の6つの公共施設の管理経費に充当していくこととしているとの説明を受けました。


 6施設への充当額は幾らかとの質疑があり、平成19年度から1億1,400万円ずつ、5年間取り崩し、その後は4,700万円ずつ取り崩す計画にしているとの答弁がありました。


 次に、議第36号 宮津市国民健康保険条例の一部改正についてでありますが、結核医療に係る結核医療付加金の根拠法令等について改正を行うものであるとの説明を受けました。


 以上、付託されました13議案のうち、特に多くの質疑が交わされたもののみを申し述べましたが、そのほかの議案につきましては、特に申し上げる意見等もなく、それぞれ採決の結果、各議案とも全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第19号から議第21号まで、及び議第28号から議第37号までの13件を一括して採決いたします。13件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。13件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。13件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第3 議第22号、議第27号及び議第38号の3件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。厚生文教委員長 宇都宮和子さん。


            〔宇都宮厚生文教委員長 登壇〕


○厚生文教委員長(宇都宮和子)   ただいま議題となりました議第22号、議第27号及び議第38号の3件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月13日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の室長等の出席を求め、審査を行いました。


 初めに、議第22号 宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定審査会共同設置規約の変更についてであります。


 本審査会は、平成18年4月に施行された障害者自立支援法に基づき、宮津市を事務局として1市2町で共同設置したもので、事務局は委員の任期に合わせて交代することとしており、平成19年4月からの2年間は与謝野町が事務局を受け持つこととなるため、規約における事務局の規定等を変更するものであるとの説明がありました。


 次に、議第27号 与謝野町宮津市中学校組合規約の変更についてであります。


 地方自治法の改正により収入役を廃止されることに伴い、新たに会計管理者を置くこととなることから、規約の一部を改正するものであるとの説明がありました。


 次に、宮津市休日応急診療所条例の一部改正についてであります。


 今回の改正は、健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、診療報酬の算定方法が新たに告示されたことを受け、新たな告示名に改めるものであるとの説明がありました。


 審査の結果、委員会としては、特に付すべき意見もなく、議第22号、議第27号及び議第38号の3件を一括採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第22号、議第27号及び議第38号の3件を一括して採決いたします。3件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。3件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。3件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第4 議第23号から議第26まで、及び議第39号から議第42号までの8件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。産業建設委員長 松本 隆さん。


             〔松本産業建設委員長 登壇〕


○産業建設委員長(松本 隆)   ただいま議題となりました議第23号から議第26号、及び議第39号から議第42号の8件について、審査の経過と結果を一括御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月13日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の室長等の出席を求め、審査を行いました。


 議第23号 宮津市大江山バンガロー村の指定管理者の指定については、指定期間の満了に伴い、改めて指定の議決を要するものである。


 議第24号 市道路線の廃止について及び、議第25号 市道路線の認定については、市道駅裏線の一部を廃道とし、その代替として農道を市道に取り込むため、路線全体を一たん廃止し、起点を変更して新たに認定するものである。


 議第26号 財産の取得の一部変更については、昨年の9月議会で議決された市道小松原由振谷線の道路用地の取得価格に変更が生じたため、議会の議決を要するものである。


 議第39号 宮津市観光振興基金条例の制定については、主たる財源を入湯税とし、観光振興をより強力に展開するとともに、入湯税の使途をより明確にするため基金を創設するものである。なお、これにより、従来の観光レクリエーション基金は廃止するとの説明がありました。


 これについて、市民感情としては、基金を積み立てる資金があるのなら、今の観光事業に投資し、経営改革をやるべきという意見もあるのではないかとの質疑に対し、使途を明確にするため、一たん基金に積み立て、まちなか観光の振興などに即充当させていただきたいと思っているとの答弁がありました。


 次に、議第40号 宮津市営駐車場条例の一部改正については、道路交通法施行規則の一部改正に伴う所要の改正である。


 議第41号 宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正については、城東地区内の民間社宅を譲り受け、若者世代を中心とした市営住宅として活用するため、所要の改正を行うものであるとの説明がありました。


 管理戸数52戸に対し、4月に24戸しか募集しないのはなぜかとの質疑があり、現在、3棟のうち2棟はまだ入居者がおられるためであるとの答弁がありました。


 次に、議第42号 宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正についてであります。


 これは、波見谷地区の3つの簡易水道施設の老朽化に伴い、統合整備をするため条例改正するものであるとの説明がありました。


 改正に当たって、統合整備の手法は各簡易水道施設を接続するのかとの質疑に対し、平成19年度から新たな施設整備工事に着手するとのことでありました。


 審査においては、議第39号について、基金制定の趣旨が生かせるよう、今後も使途・目的を明確にし、観光振興に有効に活用していただきたいとの経過意見がありましたが、委員会としては、特に付すべき意見もなく、8件一括採決の結果、全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第23号から議第26号まで、及び議第39号から議第42号までの8件を一括して採決いたします。8件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。8件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。8件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第5 議第43号を議題といたします。


 順次、委員長の報告を願います。総務委員長 吉田 透さん。


              〔吉田総務委員長 登壇〕


○総務委員長(吉田 透)   ただいま議題となりました、議第43号 平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、総務委員会に付託されました所管部分につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 今回の補正につきましては、歳入歳出ともに2億4,621万8,000円を増額し、予算総額を116億92万5,000円とするものであります。


 まず、歳入の主なものは、交付金及び国庫補助金等の確定による補正、留保していた普通交付税の補正、また、他の財源の確定による市債の減額補正等であります。


 審査においては、当委員会所管の歳入について質疑が交わされ、地方特例交付金の減額理由は何かとの質疑があり、当初予算において、地方財政計画の伸び率を用いて見込んでいた減税補てんに係る交付金が減収したものであるとの答弁がありました。


 また、土地売り払い収入が減額となっているが、売り払いの状況はどうかとの質疑があり、当初計画していた部分の中には、境界確定のおくれや、買い手が高齢者等のために交渉が進んでいないものもあるが、当初予算の約半額を収入する見込みであるとの答弁がありました。


 次に、歳出の主なものでありますが、総務室所管分は、人事異動や共済組合追加費用の減額等に伴う人件費の減額などであります。


 次に、企画財政室所管分でありますが、北近畿タンゴ鉄道経営対策基金負担事業は、平成17年度決算の赤字補てんであります。また、地方バス路線運行維持対策等補助事業は、路線バス事業者に対し補助するもので、輸送に係る燃料費が高騰したため補正するものであります。また、公共施設管理基金積立金は、みやづ歴史の館等の公共施設の管理経費に継続的に充当していくため、電源立地地域対策交付金の一部を公共施設管理基金に積み立てをするものであります。


 次に、市民室所管分は、国民健康保険事業特別会計への繰り出しや、後期高齢者医療制度の準備作業としての個人情報提供システム及び保険料徴収システムの開発経費などであります。


 以上、主なものを申し述べましたが、付託されました本件につきまして、当委員会としては、特に申し上げる意見等もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   次に、厚生文教委員長 宇都宮和子さん。


            〔宇都宮厚生文教委員長 登壇〕


○厚生文教委員長(宇都宮和子)   ただいま議題となっております、議第43号 平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、厚生文教委員会に付託されました所管部分につきまして、審査の経過と結果の主なものを御報告申し上げます。


 初めに、環境保健室所管分についてであります。


 清掃総務費について、人事異動に伴う職員人件費に係る所要の補正をするものであるとの説明がありました。


 次に、福祉室所管分についてであります。


 児童手当給付事業998万5,000円の減額補正について、制度改正による所得制限緩和分及び対象児童数の見込み誤りによるものであるとの説明がありました。


 対象児童数の見込み誤りとなった理由は何かとの質疑があり、改正に伴う児童手当受給者数は、国の試算では、新5、6年生児童数の85%から90%が対象になるだろうということで、それに基づいて見込んでいたが、実際には公務員や所得基準を上回る方が多かったことにより、結果的に国の見込みより少なくなったとの答弁がありました。


 次に、生活保護費給付事業1,700万円の減額補正については、生活保護世帯・人員の減少によるものであるとの説明がありました。


 全体的に生活保護世帯の減少傾向が見られるが、審査を厳しくしているのではないかとの質疑があり、就労支援やハローワークと連携しながら事業を展開したことにより、就労につながってきている。また、前期での廃止があり、扶助費が減少したもので、厳しく審査をしているものではないとの答弁がありました。


 次に、教育委員会事務局総括室所管分についてであります。


 小学校施設整備事業1,319万円については、学校施設の耐震化として、由良小学校体育館の耐震補強工事及び宮津小学校の火災受信盤取りかえ工事、由良小学校の複式学級に伴う教室の改修費を計上しており、このうち、由良小学校体育館の耐震補強工事については、国の補正予算を受けることにより、平成19年度の計画を前倒し、平成18年度事業として補正したもので、翌年度へ全額を繰り越し、執行することとしているとの説明がありました。


 審査の結果、委員会としては、特に申し上げる意見もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   次に、産業建設委員長 松本 隆さん。


             〔松本産業建設委員長 登壇〕


○産業建設委員長(松本 隆)   ただいま議題となっております、議第43号 平成18年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、産業建設委員会に付託された所管部分について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 初めに、雇用促進奨励補助事業40万円についてであります。


 昨年、1事業所において新たに2名が雇用され、1年を経過することから助成するとの説明がありました。


 今年度で事業を打ち切るのはなぜかとの質疑に対し、本交付要綱は3年間の時限措置として実施したものであり、本年度で終了すること、有効求人倍率はよくなっているものの、まだ地域経済は厳しいと認識はしているが、厳しい財政状況等を踏まえ、継続しないことにしたとのことでありました。


 なお、3年間の実績は、8事業所で18名の雇用があり、助成したとのことでありました。


 次に、林業施設管理運営事業108万6,000円についてであります。


 今年度から指定管理者制度に移行した宮津市大江山バンガロー村について、施設利用者の伸び悩みによる利用料金の減少に伴い、管理運営経費の不足分を指定管理料として支払うものであるとの説明がありました。


 利用者が減少した原因は何か。また、指定管理者に対し、経営責任と経営努力を行政としてもチェックする必要があるのではないかとの質疑に対し、利用者の減少については、台風災害で約6ヵ月間休止をしたことが一番大きな原因ではないかと考えている。集客のための経営改善、経営努力については指定管理者とも話をし、具体の検討をしていただいているとのことでありました。


 丹後縦貫林道リフレッシュ事業37万3,000円については、整備計画の見直しに伴う測量設計事業費の負担金、除雪事業800万円については、今後の見込み日数1日を含めた除雪費用の補正であるとの説明がありました。


 審査においては、丹後縦貫林道について、通行に支障を来すこともあり、全体管理の方法を考えていただきたい。雇用対策については新たな制度をつくり、雇用の促進を図るべきではないかなど議論され、また、指定管理者制度については、所期の趣旨が果たせるよう、行政と指定管理者が連携を密にし、経営改善、経営努力をするべきであるとの経過意見がありましたが、委員会としては、特に付すべき意見はなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの各委員長報告に対する質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。ただいまの各委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第43号を採決いたします。本件に対する各委員長の報告は、可決であります。本件は、各委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


○議長(小田彰彦)   ただいま、起立の確認ができませんでしたので、もう一度採決をいたします。本件は各委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは、起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。本件は、各委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第6 議第44号及び議第45号の2件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。総務委員長 吉田 透さん。


              〔吉田総務委員長 登壇〕


○総務委員長(吉田 透)   ただいま議題となりました議第44号及び議第45号につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 まず、議第44号 平成18年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、今回の補正につきましては、歳入歳出ともに3,000万円を減額し、予算総額を2億3,381万2,000円とするものであります。


 その理由としては、平成18年度に見込んでいた土地の売り払い収入のうち、漁師町埋立地の共同利用地が売却できない見通しとなったため、3,000万円を減額するものであるとの説明を受けました。


 次に、議第45号 平成18年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、平成20年4月から実施される後期高齢者医療制度に伴う国保電算システムの改修経費と、保険財政共同安定化事業拠出金の確定に伴う補正であるとの説明を受けました。


 以上、付託されました2件につきましては、特に申し上げる意見等もなく、それぞれ採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第44号及び議第45号の2件を一括して採決いたします。


 2件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。2件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。2件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第7 議第46号、議第47号及び議第49号の3件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。厚生文教委員長 宇都宮和子さん。


            〔宇都宮厚生文教委員長 登壇〕


○厚生文教委員長(宇都宮和子)   ただいま議題となりました議第46号、議第47号及び議第49号の3件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 初めに、議第46号 平成18年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。


 介護予防特定高齢者施策事業76万5,000円の減額補正については、市内2ヵ所で実施をしてきた、はつらつ教室の実施回数の減に伴う運動指導員の謝礼及びバスの送迎回数減に伴う委託料であるとの説明がありました。


 特定高齢者を選ぶ方法としては、国の指導により集団健診で選ぶことになっているのかとの質疑があり、基本健康診査の受診の際に、国が定めたチェックリスト等で把握する方法と、主治医の診断、あるいは民生委員、保健師等が訪問する中で候補者として選ぶ方法があるが、今年度は集団健診や個別健診を中心に選定を行ったとの答弁がありました。


 また、この事業に参加してもらうためには、対象者を把握する場所をもっと拡大すべきではないかとの質疑があり、ことしは初年度ということで対象者を選ぶことが難しかったが、次年度に向けて検討することとしているとの答弁がありました。


 次に、配食サービス事業64万8,000万円の減額補正については、食事の配達に要する件数が当初1万3,000件を見込んでいたが、経費負担200円を増額したこと、また、橋北方面の配達を料飲組合から依頼されているシルバー人材センターの配達員が、病気により配達できなかったことによる件数の減が主な要因であるとの説明がありました。


 配食サービスの利用回数の減ということで、状況把握はしているのかとの質疑があり、利用者の施設入所等や死亡が新規に希望される方よりも多い状況で、マイナスの方向に移行してきているとの答弁がありました。


 次に、議第47号 平成18年度宮津市介護予防支援事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。


 介護予防支援事業1,601万5,000円の減額補正については、地域包括支援センターが介護予防支援事業所として要支援認定者に対して行うケアプランの作成を、当初、居宅介護支援事業所へ委託する予定であったが、ケアマネージャーの不足から委託できなかったことによるもので、ケアプランの作成は、地域包括支援センターやセルフケアプランで対応したとの説明がありました。


 次に、議第49号 平成18年度宮津市休日応急診療所事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。


 診療収入180万円の減額補正については、インフルエンザ等の患者数の減少により、診療収入が当初予算額を下回る見込みとなったことから、その減額分を、本市、与謝野町及び伊根町からの分担金として、一般会計繰入金及び雑入で受け入れるものであるとの説明がありました。


 審査のまとめにおきましては、介護予防特定高齢者施策事業は、介護認定に移行しないための重要な施策である。今年度においてはこの制度を利用する方が少なかったことから、さらに今後は医師等の意見を参考にして、より多くの方が対象となるよう努めていただきたいとの経過意見があり、配食サービス事業については、お年寄りにとっては楽しみであり、生活の一部でもある。今回未配達地域ができたようだが、指導するなどの対応をされ、今後このようなことが起きないようにしていただきたいとの経過意見がありましたが、委員会としては特に申し上げる意見もなく、議第46号、議第47号及び議第49号を一括採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第46号、議第47号及び議第49号の3件を一括して採決いたします。3件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。3件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。3件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第8 議第48号を議題といたします。


 委員長の報告を願います。産業建設委員長 松本 隆さん。


             〔松本産業建設委員長 登壇〕


○産業建設委員長(松本 隆)   ただいま議題となりました、議第48号 平成18年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 今回の補正は、流域下水道維持管理負担金及び建設負担金の見直し等による減額補正、及びゼロ工事国債の採択に伴い、下水道施設整備工事に係る債務負担行為5,000万円の設定をお願いするものであるとの説明を受けました。


 審査の過程においては、京都府との協議や経営努力により、負担金が減額となったことについては高く評価をする。今後もより一層経営努力をして、負担金等の削減が図られるよう、京都府に働きかけをされたいとの意見がありましたが、委員会としては、特に付すべき意見はなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(小田彰彦) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第48号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。本件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第9 市議第1号及び市議第2号の2件を一括して議題といたします。


 発議者から提案理由の説明を願います。木内利明さん。


               〔木内議員 登壇〕


○議員(木内利明)   ただいま上程されました、市議第1号 宮津市議会会議規則の一部改正について、及び市議第2号 宮津市議会委員会条例の一部改正につきまして、発議者を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布され、議会制度の充実に関する事項等が、政令により、同年11月24日から施行されたことに伴い、会議規則及び委員会条例について所要の改正を行うものでございます。


 まず、会議規則の改正についてですが、常任委員会、議会運営委員会、または特別委員会は、議会の議決すべき事件についての議案を議会に提出できることとされたため、手続規定等の改正を行うほか、本会議の会議録の作成が電磁的記録でもできることとされたため、所要の改正を行うものでございます。


 次に、委員会条例の改正についてですが、常任委員、議会運営委員、または特別委員の選任または辞任については、これまで議長が会議に諮り、議決しておりましたが、会議に諮らず、議長権限でできることとされたため、所要の改正を行うとともに、各委員会の会議録の作成が電磁的記録でもできることとされたため、あわせて改正するものでございます。


 なお、施行の日は、附則におきまして、いずれも公布の日からといたしております。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。


 なお、提案内容の詳細につきましては、お手元に配付のとおりでございます。御賛同を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。2件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。2件については、委員会付託を省略することに決しました。


 一括して討論に入ります。2件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 市議第1号及び市議第2号の2件を一括して採決いたします。2件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。2件は、原案のとおり可決されました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 次回本会議は、3月29日午前10時に開きます。


 本日はこれで散会いたします。


             (散会 午前10時47分)