議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成18年第 5回定例会(第1日 9月 4日)




平成18年第 5回定例会(第1日 9月 4日)





 



     平成18年 宮津市議会定例会議事速記録 第1号


      第5回





        平成18年9月4日(月) 午前10時00分 開会





◎出席議員(18名)


   馬 谷 和 男     長 林 三 代     宇都宮 和 子


   平 野   亮     北 仲   篤     松 本   隆


   吉 田   透     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   木 内 利 明     松 原   護     松 浦 登美義


   大 森 秀 朗     ? 本 良 孝     小 田 彰 彦


   安 達   稔     加 畑   徹     橋 本 俊 次





◎欠席議員    な  し





◎議会事務局


   局長      岡 ? 正 美    議事調査係長  木 村 裕 志


   主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長      井 上 正 嗣    収入役職務代理者出納管理室長


                              坂 根 雅 人


   総務室長    森   和 宏    企画財政室長  松 田 文 彦


   市民室長    山 口 雅 夫    環境保健室長  南   繁 夫


   福祉室長    大 西 俊 三    産業振興室長  山 口 孝 幸


   建設室長    山 ? 文 博    上下水道室長  前 田 良 二


   企画財政室財政所管副室長       教育委員長   上 羽 堅 一


           小 西   肇


   教育長     横 山 光 彦    教育委員会事務局総括室長  


                              中 島 節 史


   監査委員    森 井 克 實





◎議事日程(第1号) 平成18年9月4日(月) 午前10時 開会


 日程第1 諸報告


 日程第2 会議録署名議員の指名


 日程第3 会期の決定


 日程第4 報告第10号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度宮津市一


             般会計補正予算(第3号))


 日程第5 議第 84号 監査委員の選任について


 日程第6 議第 85号 市道路線の廃止について


      議第 86号 市道路線の認定について


      議第 87号 財産の取得について


      議第 88号 宮津市特別職報酬等審議会条例の一部改正について


      議第 89号 宮津市消防団条例の一部改正について


      議第 90号 宮津市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


      議第 91号 宮津市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部改正について


      議第 92号 宮津市国民健康保険条例の一部改正について


      議第 93号 平成18年度宮津市一般会計補正予算(第4号)


      議第 94号 平成18年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第


             2号)


      議第 95号 平成18年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


      議第 96号 平成18年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


      議第 97号 平成18年度宮津市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)


      議第 98号 平成18年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


      議第 99号 平成18年度宮津市上宮津財産区特別会計補正予算(第1号)


      議第100号 平成18年度宮津市水道事業会計補正予算(第1号)


      議第101号 平成17年度宮津市水道事業会計決算認定について


 日程第7 宮津市農業委員会委員の推薦について


          ────────────────────


             (開会 午前10時00分)


○議長(小田彰彦)   おはようございます。


 ただいまから平成18年第5回9月宮津市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 日程第1「諸報告」であります。


 監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成17年度出納整理期間中の5月分の一般会計、特別会計、基金等及び平成18年度5月分の一般会計、特別会計、基金等並びに平成18年度6月分の水道事業会計の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


 次に、地方自治法第243条の3第2項の規定により、財団法人宮津市民実践活動センター経営状況説明書、株式会社まちづくり推進機構経営状況説明書及び丹後地区土地開発公社経営状況説明書が提出されておりますので、ごらんおきを願います。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


        宇都宮 和 子 さん   平 野   亮 さん


 を指名いたします。


 以上のお二人に差し支えのある場合は、次の議席の方にお願いいたします。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第3「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りをいたします。今定例会の会期は、本日から9月28日までの25日間といたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。会期は本日から9月28日までの25日間と決定いたしました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第4 報告第10号を議題といたします。


 提案理由の説明を願います。井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   おはようございます。


 本日から9月議会をお願いいたしましたところ、議員の皆さんには、何かと御多用のところを御出席いただき、厚く御礼申し上げます。


 本定例会への提出議案でございますが、本報告案件1件と人事案件のほか補正予算など18議案を本日提案させていただきます。よろしくお願いを申し上げます。


 また、議運でもお願いいたしておりますが、今会期中に平成17年度の一般会計、特別会計の決算認定等の議案を追加提案させていただくことといたしております。あわせて御了承賜りますようお願い申し上げます。


 それでは、本案件、報告第10号、平成18年度宮津市一般会計補正予算の専決処分の承認を求めることについてでございます。


 8月1日付で専決処分をさせていただきました補正予算は、去る7月18日から19日にかけての梅雨前線の豪雨で被災しました林道成相線などの林業施設3路線7ヵ所及び世屋、養老、日ヶ谷地区などの農地農業用施設22ヵ所に係る測量設計並びに応急復旧に要する経費730万円を追加補正したものでございます。


 9月7日から予定されている災害査定までに復旧工法を決定する必要があること、また崩土により林道、農道の通行に支障を来したため応急復旧の必要があることから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分による予算措置を行ったものであります。


 その財源につきましては、市債等の特定財源208万円、一般財源として地方交付税522万円を計上いたしております。


 以上、まことに簡単でございますが、御報告を申し上げます。よろしく御承認を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小田彰彦)   これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 報告第10号を採決いたします。本件は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(小田彰彦)   起立全員であります。


  本件は、承認することに決しました。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第5 議第84号を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、下野正憲さんの退席を願います。


              〔下野議員 退席退場〕


○議長(小田彰彦)   提案理由の説明を願います。


 井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   ただいま議題となりました議第84号 監査委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 本市の監査委員は、御承知のように、地方自治法及び本市条例により定数は2名で、1名は識見を有する者から、もう1名は議員のうちから選任することとされております。


 このたび、7月9日の宮津市議会議員の任期満了に伴い、大森秀朗議員の後任として下野正憲議員を選任させていただきたいと存じます。


 下野議員につきましては、皆さんよく御承知いただいておりますので、経歴等の紹介は省略させていただきますが、財務に関する事務の執行、事業の管理等を監査していただく監査委員として、適任であると考えております。


 御同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(小田彰彦)   これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第84号を採決いたします。お諮りいたします。本件は、同意することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。本件は、同意することに決しました。


              〔下野議員 入場着席〕


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第6 議第85号から議第101号までの17件を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を願います。


 山?建設室長。


              〔山?建設室長 登壇〕


○建設室長(山?文博)   私から、議第85号から議第87号までの3件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 最初に、議第85号 市道路線の廃止について及び議第86号 市道路線の認定については、相関連しますので、あわせて御説明申し上げます。添付の図面もあわせてごらんください。


 日置地域にあります市道門地中山線は、京都府立丹後海と星の見える丘公園の区域内で終点となっておりますが、当公園が本年8月1日に開園されたことに伴い、府立公園として道路部分も含め一体的に府で管理していただくため、公園区域内の市道を廃止しようとするものでございます。このことにより終点位置の変更が生じるため、議第85号で路線全体を一たん廃止し、議第86号で公園区域を除き新たに認定をお願いするものでございます。これにより延長は1,654.9メートルから1,483.2メートル、また最小幅員は1メートルから2メートルとなります。


 次に、議第87号 財産の取得についてでございます。今回取得しようとする土地は、平成13年2月から京都府道路公社建設事務所が鳥取豊岡宮津自動車道宮津野田川道路の第12トンネル工事用道路として使用していたものを、平成16年9月議会におきまして小松原由振谷線として市道認定し、あわせて債務負担行為の議決をいただき、丹後土地開発公社におきまして当該道路用地の取得を進めてきたものでございます。このたび同公社による用地取得にめどがついたことから、早期の供用開始を図るため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、同公社と土地取得契約を締結するための議決をお願いするものでございます。取得面積は4万1,812.02平方メートル、取得価格は事務費等も含めて5,000万円でございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小田彰彦)   森総務室長。


               〔森総務室長 登壇〕


○総務室長(森 和宏)   私から、議第88号から議第91号までの4件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議第88号 宮津市特別職報酬等審議会条例の一部改正についてでございます。本年2月に策定した宮津市行政改革大綱2006の一環として、今般、補正予算において、特別職報酬等審議会の開催に係る所要の経費を計上させていただいております。こうした中で、現在の審議会の委員構成は、審議会条例第3条において、市内の公共的団体等の代表者その他住民として限定をいたしておりますが、できるだけ広い見地から幅広く意見を求めてまいりたいという観点から、委員は必要の都度、市長が任命するとして、限定条文を削除しようとするものでございます。


 次に、議第89号 宮津市消防団条例の一部改正についてでございます。


 初めに、議案外の内容となりますが、消防団の最近の活躍、奮闘ぶりにつきまして、まずもって御報告を申し上げます。先般8月6日の京都府消防操法大会において、宮津市消防団がポンプ車操法の部で史上初の2大会連続優勝という快挙をなし遂げられました。さらに小型ポンプの部でも6位入賞という立派な成績を上げていただきました。また、本番という面では、去る7月の豪雨に際して264人の団員が出動し、深夜から早朝にかけて避難誘導や警戒等に当たっていただいたところであります。


 それでは、本題の消防団条例の改正についてでございます。改正の主な内容は、消防団員の定数を550人から510人に改めようとするものでございます。地域の消防、防災の最大のかなめと言える消防団活動を将来にわたって維持していくため、宮津市消防団においては新入団員の勧誘に懸命の努力をされ、団員確保に努めていただいておりますが、後継者そのものがいない、あるいはなかなか入団に理解をしていただけないなど、その確保が困難な状況にあり、団員数は減少傾向をたどっております。具体的には、現在の定員550人に対して本年3月末に500人あった団員が、4月の入れかわりで新入団員が思うように確保できず、現在486人という状況になっております。こうした状況の中で、消防団とも協議を行った結果、今後さらにその確保努力を強めていきたいという団の思いをあわせ、今回550人から510人に改めたいというものでございます。また、あわせて消防組織法の一部改正に伴いまして引用条項に変更が生じたことから、所要の整備を行っております。


 次に、議第90号 宮津市消防団員等公務災害補償条例の一部改正及び議第91号 宮津市非常勤消防団員退職報償金支給条例の一部改正について、一括御説明申し上げます。


 両案件ともに、消防組織法の一部改正に伴い引用条項に変更が生じたこと等から所要の整備を行うものでございます。


 なお、4条例とも、施行は公布の日からといたしております。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(小田彰彦)   山口市民室長。


              〔山口市民室長 登壇〕


○市民室長(山口雅夫)   私から、議第92号 宮津市国民健康保険条例の一部改正につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 今回の改正につきましては、去る6月21日に健康保険法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、国民健康保険における出産育児一時金を健康保険と同様10月より30万円から35万円に改正し、給付の改善を図るものでございます。また、あわせて医療機関の窓口で支払う一部負担金の規定については、法律で法定負担割合として定められている事項であることから、削除するものでございます。


 なお、附則において、本条例は本年10月1日から施行し、新出産育児一時金については、同日以後の出産から適用することとしております。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小田彰彦)   井上市長。


               〔井上市長 登壇〕


○市長(井上正嗣)   引き続きまして、議第93号から議第100号までの予算関係8件と議第101号 水道事業決算認定につきまして、私から御説明申し上げます。


 今回お願いいたしております補正予算は、一般会計、特別会計6件及び水道事業会計で、補正総額は3億8,506万6,000円でございます。


 最初に、一般会計でございます。今回、歳入歳出ともに1億4,965万9,000円を追加いたしまして、予算の総額を112億7,045万1,000円とするものでございます。


 先に、歳出につきまして、その主なものを御説明申し上げます。別紙の9月補正予算の概要もあわせてごらんいただきたいと存じます。


 第1は「こころ豊かに行動する市民社会の創出」についてであります。元気な宮津づくりに資するため、スポーツや文化等の分野で市民の誇りとなるような活躍に対し、激励と祝福の懸垂幕の掲出に要する経費20万円を計上いたしておりますほか、小学校における職場体験等のキャリア教育の推進に要する経費28万円、小学校、中学校及び幼稚園の教育施設に係る耐震診断等に要する経費を合わせて4,334万円を追加計上いたしております。


 第2は「あたたかく安心に満ちた市民生活の創出」についてであります。新規結成予定の自主防災組織の活動支援及び組織の結成を誘導するため、安全装備品の配付並びに防火広報用視聴覚資機材の整備等に要する経費59万9,000円を追加計上いたしております。


 第3は「たくましく躍動する元気産業の創出」についてであります。国庫・府補助の内示により、栗田漁業生産組合が実施します水産物荷さばき施設及び殺菌流動海水氷製造装置の整備に対する補助金5,473万8,000円、魚屋栄伸会が実施する街路灯の整備に対する補助金236万8,000円を計上いたしております。


 第4は「暮らしと活力を支える都市空間の創出」についてであります。火葬場の黒煙、悪臭の発生を抑制するため、ばい煙処理施設の新設に要する経費400万円を追加計上いたしております。また、京都府の急傾斜地崩壊対策事業の事業化に伴い、小田宿野地区の現地調査及び詳細設計に係る事業負担金を100万円、災害に強い森づくり事業の採択を受け、一昨年の台風23号による2次災害の防止に資するため、喜多柿ヶ成地区の渓流に堆積している流木等の処理及び森林整備に要する経費1,236万円を計上いたしておりますほか、国庫・府補助の内示により、養老漁港海岸、大島地区の侵食対策事業に係る深浅測量及び設計に要する経費600万円を計上いたしております。


 また、これらのほか、宮津市行政改革大綱2006における市役所の内部改革の一環として特別職等の報酬の見直しを検討するため、特別職報酬等審議会の開催に要する経費24万5,000円を追加計上いたしましたほか、人事異動等によります人件費の補正をお願いしようとするものであります。


 以上が一般会計歳出補正予算の概要でありますが、その財源といたしましては、国庫支出金等の特定財源1億1,318万3,000円、地方交付税等の一般財源3,647万6,000円を計上いたしております。


 次に、特別会計でございます。


 国民健康保険事業特別会計におきましては、本年10月から実施予定の保険財政共同安定化事業に係る拠出金を初め、所要の補正を行おうとするものであります。


 また、簡易水道事業特別会計におきまして、国庫補助の内示により由良及び日ヶ谷簡易水道における基幹改良事業に要する経費を追加計上いたしておりますほか、水道事業会計におきましては、大手川河川改修事業に伴い、取水施設の移転に係る詳細設計等に要する経費を計上いたしております。


 このほか、土地建物造成事業特別会計ほか3特別会計につきましては、人件費を初め所要の補正を行おうとするものでございます。


 以上が予算関係でございます。


 次に、議第101号 平成17年度宮津市水道事業会計決算認定についてでございます。


 平成17年度における水道水の需要は、利用者の節水意識の向上等により減少傾向が続く中、水道水の大口利用者である宿泊施設や企業等の利用量が特に減少したことにより、年間配水量は約249万立方メートルで、前年度に比べ約2.6%の減となりました。


 有収率は、老朽管の更新及び漏水調査の実施など漏水防止対策により93.54%と高い水準を維持しております。


 経営成績につきましては、給水収益が年々減少する中で、職員人件費などの経常経費の節減を図ることにより、何とか平成17年度においては損益勘定において1,790万円の純利益を計上することができました。これに前年度からの繰越利益剰余金を加えますと、当年度の未処分利益剰余金は4,816万円となりました。この当年度未処分利益剰余金の処分につきましては、減債積立金に3,000万円を積み立て、残りの1,816万円を翌年度に繰り越す利益剰余金としたいと考えております。


 次に、水道施設の拡張改良費を主とする資本的収支におきましては、水道水の水質及び水量の安定確保を図るため、上宮津浄水場の施設改良工事、惣ポンプ所の加圧ポンプの改修工事及び石綿セメント管の布設がえ工事等を実施しました。また、平成16年10月の台風23号により被災しました滝馬及び滝上浄水場等の基幹施設の本復旧工事を実施しました。これにより、台風23号で被災いたしました施設の復旧工事はすべて終了いたしました。これらの結果、経理上、収入額が支出額に対して1億60万円の不足を生じたため、この不足額は減債積立金4,000万円、建設改良積立金400万円、消費税及び地方消費税資本的収支調整額533万円及び損益勘定留保資金5,127万円で補てんをいたしました。


 以上、決算の概要を申し述べましたが、水需要をめぐる情勢は依然として厳しい状況が続いていることから、管理の合理化、経費の節減など一層の企業努力を重ね、事業の効率的な運営など財政の健全化対策を進めながら、安全で良質な水道水の安定供給に努めてまいりたいと考えております。


 なお、本決算につきましての監査委員の審査意見は、別添の平成17年度宮津市水道事業会計決算審査意見書のとおりでございます。よろしく審査の上、認定賜りますようお願い申し上げます。


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   日程第7 宮津市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、松原護さんの退席を願います。


              〔松原議員 退席退場〕


○議長(小田彰彦)   議会推薦の宮津市農業委員会委員が1名の欠員となっております。


 お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、松原護さんを推薦することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小田彰彦)   異議なしと認めます。松原護さんを宮津市農業委員会委員に推薦することに決しました。


              〔松原議員 入場着席〕


          ────────────────────


○議長(小田彰彦)   以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 次回本会議は9月11日午前10時に開きます。


 本日はこれで散会いたします。


             (散会 午前10時32分)