議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成18年第 1回定例会(第5日 3月17日)




平成18年第 1回定例会(第5日 3月17日)





 



     平成18年 宮津市議会定例会議事速記録 第5号


      第1回





       平成18年3月17日(金) 午前10時00分 開議





◎出席議員(20名)


   北 仲   篤     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   大 森 秀 朗     仲 島 淳 一     吉 田   透


   平 野   亮     木 内 利 明     木 村 健 二


   ? 本 良 孝     尾 上 董 明     齊 藤 末 夫


   馬 谷 和 男     福 井 愿 則     宇都宮 和 子


   橋 本 俊 次     松 本   隆     松 浦 登美義


   小 田 彰 彦     安 達   稔





◎欠席議員(1名)      森 岡 一 雄





◎議会事務局


   局長      小 倉 勇次郎    課長      志 達 正 一


   議事調査係長  松 原   護    主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長       ? 田 敏 夫    助役      井 上 正 嗣


   収入役職務代理者 小 谷 栄 一    総務部長    上 田 清 和


   市民部長     山 口 雅 夫    福祉部長    松 田 文 彦


   産業経済部長   大 西 俊 三    建設部長    山 ? 文 博


   水道部長     南   繁 夫    総務部次長   森   和 宏


   産業経済部理事  坂 根 雅 人    建設部次長   前 田 良 二


   合併調整室長   山 口 孝 幸    財政課長    小 西   肇


   教育委員長    上 羽 堅 一    教育長     横 山 光 彦


   教育次長     中 島 節 史    監査委員    森 井 克 實





◎議事日程(第5号) 平成18年3月17日(金) 午前10時 開議


 日程第1 諸報告


 日程第2 議第18号 宮津会館、宮津運動公園、宮津市民体育館、みやづ歴史の館及び宮津市中央公民館の指定管理者の指定について


      議第31号 重要文化財旧三上家住宅の指定管理者の指定について


      議第36号 宮津市議会議員及び宮津市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について


      議第37号 宮津市国民保護協議会条例の制定について


      議第38号 宮津市国民保護対策本部及び宮津市緊急対処事態対策本部に関する条例の制定について


      議第39号 宮津市部設置条例の全部改正について


      議第40号 宮津市職員の特殊勤務手当に関する条例の全部改正について


      議第41号 宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


      議第42号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正について


      議第43号 宮津市職員の寒冷地手当支給条例の一部改正について


      議第44号 宮津市職員の旅費に関する条例の一部改正について


      議第45号 宮津市ターミナルセンター条例の一部改正について


      議第46号 宮津市代替バス運行事業に関する条例の廃止について


      議第60号 宮津市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


      議第62号 宮津市立幼稚園保育料条例の一部改正について


      議第63号 宮津市社会教育活用施設条例の一部改正について


      議第64号 宮津市歴史資料館条例の一部改正について


 日程第3 議第19号 宮津市福祉センターの指定管理者の指定について


      議第20号 宮津市デイサービスセンター松寿園の指定管理者の指定について


      議第21号 宮津市デイサービスセンターせんごくの指定管理者の指定について


      議第22号 宮津市デイサービスセンターはまなす苑の指定管理者の指定について


      議第32号 宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定審査会の共同設置について


      議第47号 宮津市国民健康保険条例の一部改正について


      議第48号 宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正について


      議第49号 宮津市火葬場設置及び使用に関する条例の一部改正について


      議第51号 宮津市介護保険事業基金条例の一部改正について


      議第52号 宮津市老人デイサービスセンター条例の一部改正について


      議第53号 宮津市立診療所条例の廃止について


      議第54号 宮津市介護保険条例の一部改正について


      議第61号 宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正について


 日程第4 議第23号 由良農林漁業体験実習館の指定管理者の指定について


      議第24号 宮津市林業振興センターの指定管理者の指定について


      議第25号 宮津市大江山バンガロー村の指定管理者の指定について


      議第26号 宮津市海洋つり場の指定管理者の指定について


      議第27号 世屋高原家族旅行村の指定管理者の指定について


      議第28号 宮津市大江山スキー場施設の指定管理者の指定について


      議第29号 宮津市天橋立ユース・ホステルの指定管理者の指定について


      議第30号 宮津市ぶらりんぐセンターの指定管理者の指定について


      議第33号 公有水面埋立てに関する意見について


      議第34号 市道路線の認定について


      議第35号 市道路線の廃止について


      議第55号 宮津市公設市場条例の一部改正について


      議第56号 宮津市営駐車場条例の一部改正について


      議第57号 宮津市都市公園条例の一部改正について


      議第58号 宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について


      議第59号 宮津市公共下水道条例の一部改正について


 日程第5 議第50号 宮津市特別会計設置条例の一部改正について


 日程第6 議第65号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)


 日程第7 議第66号 平成17年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第8 議第67号 平成17年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


      議第68号 平成17年度宮津市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)


      議第69号 平成17年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第9 議第70号 平成17年度宮津市天橋立ユース・ホステル事業特別会計補正予算(第1号)


      議第71号 平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


          ────────────────────


〇委員会審査結果報告書


                             平成18年3月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       総務文教委員長 木 内 利 明





   委員会審査結果報告書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第18号  │宮津会館、宮津運動公園、宮津市民体育館、みやづ歴史の   │原案可決  │


│       │館及び宮津市中央公民館の指定管理者の指定について     │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第31号  │重要文化財旧三上家住宅の指定管理者の指定について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第36号  │宮津市議会議員及び宮津市長の選挙における選挙公報の発   │原案可決  │


│       │行に関する条例の制定について               │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第37号  │宮津市国民保護協議会条例の制定について          │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第38号  │宮津市国民保護対策本部及び宮津市緊急対処事態対策本部   │原案可決  │


│       │に関する条例の制定について                │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第39号  │宮津市部設置条例の全部改正について            │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第40号  │宮津市職員の特殊勤務手当に関する条例の全部改正につい   │原案可決  │


│       │て                            │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第41号  │宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償   │原案可決  │


│       │に関する条例の一部改正について              │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第42号  │宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正につい    │原案可決  │


│       │て                            │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第43号  │宮津市職員の寒冷地手当支給条例の一部改正について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第44号  │宮津市職員の旅費に関する条例の一部改正について      │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第45号  │宮津市ターミナルセンター条例の一部改正について      │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第46号  │宮津市代替バス運行事業に関する条例の廃止について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第60号  │宮津市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について   │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第62号  │宮津市立幼稚園保育料条例の一部改正について        │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第63号  │宮津市社会教育活用施設条例の一部改正について       │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第64号  │宮津市歴史資料館条例の一部改正について          │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第65号  │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管   │原案可決  │


│       │部分                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第66号  │平成17年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算    │原案可決  │


│       │(第3号)                        │      │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成18年3月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       厚生水道委員長 下 野 正 憲





   委員会審査結果報告書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第19号  │宮津市福祉センターの指定管理者の指定について       │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第20号  │宮津市デイサービスセンター松寿園の指定管理者の指定に   │原案可決  │


│       │ついて                          │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第21号  │宮津市デイサービスセンターせんごくの指定管理者の指定   │原案可決  │


│       │について                         │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第22号  │宮津市デイサービスセンターはまなす苑の指定管理者の指   │原案可決  │


│       │定について                        │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第32号  │宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定   │原案可決  │


│       │審査会の共同設置について                 │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第47号  │宮津市国民健康保険条例の一部改正について         │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第48号  │宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部   │原案可決  │


│       │改正について                       │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第49号  │宮津市火葬場設置及び使用に関する条例の一部改正につい   │原案可決  │


│       │て                            │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第50号  │宮津市特別会計設置条例の一部改正について中、所管部分   │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第51号  │宮津市介護保険事業基金条例の一部改正について       │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第52号  │宮津市老人デイサービスセンター条例の一部改正について   │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第53号  │宮津市立診療所条例の廃止について             │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第54号  │宮津市介護保険条例の一部改正について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第61号  │宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正   │原案可決  │


│       │について                         │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第65号  │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管   │原案可決  │


│       │部分                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第67号  │平成17年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算    │原案可決  │


│       │(第1号)                        │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第68号  │平成17年度宮津市老人保健医療特別会計補正予算(第2   │原案可決  │


│       │号)                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第69号  │平成17年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3   │原案可決  │


│       │号)                           │      │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成18年3月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       経済建設委員長 福 井 愿 則





   委員会審査結果報告書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬──────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第23号  │由良農林漁業体験実習館の指定管理者の指定について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第24号  │宮津市林業振興センターの指定管理者の指定について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第25号  │宮津市大江山バンガロー村の指定管理者の指定について    │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第26号  │宮津市海洋つり場の指定管理者の指定について        │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第27号  │世屋高原家族旅行村の指定管理者の指定について       │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第28号  │宮津市大江山スキー場施設の指定管理者の指定について    │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第29号  │宮津市天橋立ユース・ホステルの指定管理者の指定につい   │原案可決  │


│       │て                            │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第30号  │宮津市ぶらりんぐセンターの指定管理者の指定について    │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第33号  │公有水面埋立てに関する意見について            │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第34号  │市道路線の認定について                  │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第35号  │市道路線の廃止について                  │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第50号  │宮津市特別会計設置条例の一部改正について中、所管部分   │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第55号  │宮津市公設市場条例の一部改正について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第56号  │宮津市営駐車場条例の一部改正について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第57号  │宮津市都市公園条例の一部改正について           │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第58号  │宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について     │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第59号  │宮津市公共下水道条例の一部改正について          │原案可決  │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第65号  │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、所管   │原案可決  │


│       │部分                           │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第70号  │平成17年度宮津市天橋立ユース・ホステル事業特別会計   │原案可決  │


│       │補正予算(第1号)                    │      │


├───────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議第71号  │平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3    │原案可決  │


│       │号)                           │      │


└───────┴─────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


             (開議 午前10時00分)


○副議長(安達稔)   おはようございます。


 ただいまから本日の会議を開きます。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第1「諸報告」であります。


 監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成17年度の一般会計、特別会計、基金等12月分及び水道事業会計1月分の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第2 議第18号、議第31号及び議第36号から議第46号まで並びに議第60号、議第62号から議第64号の17件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。総務文教委員長、木内利明さん。


             〔木内総務文教委員長 登壇〕


○総務文教委員長(木内利明)   おはようございます。


 ただいま議題となりました議第18号、議第31号及び議第36号から議第46号まで並びに議第60号、議第62号から議第64号までの17件について、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月14日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、付託議案の審査を行いました。


 まず、議第18号、議第31号でありますが、本年4月1日から指定管理者制度を導入する公の施設に係る地方自治法第244条の2第6項の規定による指定管理者の指定についてであります。


 最初に、議第18号でありますが、宮津会館、運動公園、市民体育館、歴史の館、中央公民館の5つの施設の管理を一括して、財団法人宮津市民実践活動センターに指定するものであります。


 議第31号については、旧三上家住宅の管理を天橋立観光協会に指定するもので、指定期間は、いずれも平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間であります。施設の利用料金は、平均2割アップの改定で予定されておりますが、舞台等については単体使用ができるようにするなど、利用料金の負担軽減策も検討されているとのことであります。


 また、減免措置については、利用目的、利用者や施設ごとにばらつきが生じないよう基準の統一化を図る中で、財政再建の観点から、65歳以上の高齢者及び社会教育関係団体の使用に係る従来の減免を廃止するとの説明を受けました。


 なお、質疑の中で、高齢者等の減免のあり方など減免制度のコンセプトについての意見の交換が行われました。


 次に、議第36号 宮津市議会議員及び宮津市長の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定についてでありますが、市議会議員及び市長の選挙において、候補者の氏名、経歴、政見等を有権者に広く周知する選挙公報を発行するため、公職選挙法第172条の2の規定により、その発行に関して必要な事項を定めるものであります。


 次に、議第37号、議第38号でありますが、国民保護法第39条第1項の規定に基づき設置する宮津市国民保護協議会条例(議第37号関連)の制定及び同法第27条第1項の規定に基づき設置する宮津市国民保護対策本部及び宮津市緊急対処事態対策本部に関する条例(議第38号関連)の制定について、その組織及び運営に関して必要な事項を定め、本年4月1日から施行するものであります。


 次に、議第39号、議第60号でありますが、新たな行政改革の一環として、限られた人員で迅速かつ的確に対応する行政組織を構築するため、本年4月から組織の再編を行うものであります。ピーク時の360人からこれまで60人を削減してきたが、今後5年間でさらに40人を削減するためには、現行の係長級以上を中心に削減していくことが余儀なくされており、より一層簡素で機動力が発揮でき、意思決定の迅速化等が図れる効率的な行政組織を目指していきたいとの説明がありました。それに対し、人員削減により職員の士気及び行政サービスの低下が生じないよう留意していただきたいとの経過意見がありました。


 次に、議第40号、議第41号、議第42号、議第43号、議第44号でありますが、本市の危機的な財政の再建を図るため、人件費削減措置の一環として、給与、報酬、費用弁償、特殊勤務手当、旅費の抜本改革等を行うものであるとの説明に対し、特殊勤務手当については、現行15種類と大幅な廃止になっているが、どのような基準で精査されたのかとの質疑に対し、不快、著しく危険と認める業務に限定したものであるとの答弁がありました。


 また、級別標準職務表で現行8等級から6等級制への移行に伴い、平均4.8%の減額給与となるが、一定の経過措置は考えられているとのことでした。給与カット等処遇の悪化で、優秀な人材の確保や組織の新陳代謝が図れるかが憂慮されるので、今後十分配慮をしていただいたとの経過意見がありました。


 次に、議第45号、議第62号、議第64号でありますが、行政改革における収入の改革策として、財源確保の観点から使用料、手数料について一定の増額改定を行うため、関連条例の規定整備を行うものであります。


 議第62号の幼稚園保育料については、約20%の負担増となりますが、一方、保護者のニーズを考慮し、教育時間の1時間延長(午後2時までを午後3時まで)を本年5月から実施したいとの説明がありました。


 次に、議第46号でありますが、上宮津地区住民の生活路線として市営バスを運行してきたが、乗車密度が0.5人と低く、本市の財政再建の観点から独自の運行を廃止し、丹海バスへの運行委託に転換しようとするものであります。路線経路については若干の変更は余儀なくされるが、乗車料金については現行料金程度となるとの説明がありました。


 次に、議第63号でありますが、波見余暇活用センター(旧養老小学校波見分校体育館)について、施設の活用状況や管理費など費用対効果の観点から、普通財産に移管する所要の改正をするとの説明を受けました。


 以上、付託されました17議案のうち、特に多くの質疑が交わされたのみを申し述べましたが、そのほかの議案につきましては申し上げる事項もなく、それぞれ採決の結果、議第37号、議第38号、2件については、賛成多数、残り15議案については、いずれも全員賛成により原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。宇都宮和子さん。


              〔宇都宮議員 登壇〕


○議員(宇都宮和子)   ただいま議題となりました議第37号 宮津市国民保護協議会条例の制定について及び議第38号 宮津市国民保護対策本部及び宮津市緊急対処事態対策本部に関する条例の制定について、日本共産党宮津市会議員団を代表しまして、本議案には反対の立場から討論を行います。


 2003年6月に成立した武力攻撃事態法は、有事の基本法と位置づけられ、この基本的枠組みに沿って、米軍行動円滑化法案や国民保護法案を具体化したものが有事関連7法案3条約です。この法案のカテゴリーは、主に4つに分けられ、その中に国民保護法案が組み込まれています。国民保護法は、武力攻撃事態等において、国民の生命、身体及び財産を保護するとして、住民の避難誘導、避難住民の救援に関する措置について定め、こうした国民保護のための措置の実施を国、地方公共団体等の責務としています。


 国民は、協力の要請を受けたときは必要な協力をするよう努めるものとするとされ、消火活動や医療、負傷者の運搬などが規定されています。そして、物資の収容や立入検査に応じなかった場合等の罰則規定も置かれています。ここで問題なのは、法の眼目である住民の避難が極めて非現実的だということです。


 政府は、武力攻撃事態が想定される攻撃類型型として、1航空機や船舶により地上部隊が上陸する攻撃、2ゲリラや特殊部隊による攻撃、3弾道ミサイル攻撃、4航空機による攻撃の4つを示しておりますが、1の航空機等の地上部隊の例は、我が国に対する本格的な侵略事態生起の可能性が低下したと政府自身も認めておりますし、また、他の例も現実性が極めて低いということは、国会答弁でまともな説明がなかったことにも明らかです。仮にこうした攻撃を想定したとしても、ミサイル攻撃や特殊部隊の攻撃をどう予測し、住民をどう避難させるか、避難の有効性、実効性は極めて乏しいと言わざるを得ません。


 鳥取県が行った住民避難シミュレーションでは、東部3町村の全住民2万6,000人が隣の兵庫県へ避難するためには、11日間を要するものとされています。政府は、避難を要する地域が1県全域に及ぶ場合もあるとされていますが、2003年に行われた鳥取県主催の国民保護フォーラムでは、鳥取市民12万人を避難させることは検討の余地を超えていると意見書が上がりました。果たして有事法制は国民を保護するものなのでしょうか。


 鳥取県で行われた国民保護担当市町村職員教育訓練において、自衛隊隊長が太平洋戦争の沖縄戦における住民避難を例に挙げ、戦闘地域に住民を残さないことが重要と指摘し、基本的には戦場にいては邪魔になるものを立ち去らせることが目的であったと述べています。米軍行動円滑法、特定公共施設等利用法によって、米軍、自衛隊の行動が最優先され、住民避難と米軍の行動が矛盾を来した場合には、米軍が優先される可能性を否定しないというのが政府答弁です。住民避難は、米軍と自衛隊の軍事行動、戦闘行動に必要な地域から邪魔になる住民を排除することを本質的な目的としているのです。


 小泉首相は、備えあれば憂いなし、日本が攻められたときへの備えと説明してきました。しかし、有事法制の確信は、日本が攻撃を受けていない、日本有事に至るはるか前の段階から、日本が自衛隊を初め地方公共団体、民間まで官民挙げて戦争遂行中の米軍に対し、支援を行う日常的な体制をつくるところにあるのです。しかも、政府の判断だけで土地の強制使用を認め、国民の財産権も侵害することを認めています。これで一体国民の保護はどこにあるのでしょう。アメリカのイラク攻撃と占領の泥沼状態は、紛争の武力により解決がいかに非現実的であるかが明らかになっています。戦争の世紀、20世紀の教訓を踏まえ、21世紀の進路が問われている今、改めて憲法9条を外交の基本に据えることが真に国民の保護になってくるのです。


 以上の観点から、この各条例の制定は到底認めることはできません。よって、この各条例は反対であることを述べまして、討論といたします。


○副議長(安達稔)   他に御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議題のうち、まず議第37号及び議第38号の2件を一括して採決いたします。


 2件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。


 2件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 多 数〕


○副議長(安達稔)   起立多数であります。


 2件は、委員長報告のとおり可決されました。


 続きまして、議第18号、議第31号、議第36号及び議第39号から議第46号まで、並びに議第60号、議第62号から議第64号までの15件を一括して採決いたします。


 15件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。


 15件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 15件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第3 議第19号から議第22号まで、議第32号、議第47号から議第49号まで、及び議第51号から議第54号まで、並びに議第61号の13件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   おはようございます。


 ただいま議題となりました議第19号から議第22号まで、議第32号、議第47号から議第49号まで、議第51号から議第54号まで、及び議第61号の13件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月14日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、審査を行いました。


 初めに、議第19号 宮津市福祉センターの指定管理者の指定について、議第20号 宮津市デイサービスセンター松寿園の指定管理者の指定について、議第21号 宮津市デイサービスセンターせんごくの指定管理者の指定について、並びに議第22号 宮津市デイサービスセンターはまなす苑の指定管理者の指定についてであります。


 審査においては、デイサービスセンターについて、施設で設定されている利用料金が異なるが、統一できないかとの質疑があり、併設型と単独型では国の示す基準単価が異なり、また施設によって加算額も異なる。現在、事業所が示している料金設定は、各事業所の裁量の範囲であり、行政として料金の統一を働きかけることは適当でないとの答弁がありました。


 次に、議第32号 宮津市、伊根町及び与謝野町障害者介護給付費等支給認定審査会の共同設置についてであります。


 審査においては、認定審査対象者の市町別の人数はとの質疑があり、宮津市が約100名、伊根町が約20名、与謝野町が約180名で、1市2町で約300名が対象となるとの答弁がありました。


 次に、議第47号 宮津市国民健康保険条例の一部改正についてであります。


 本議案は、障害者自立支援法の施行に伴い、本年4月1日から国民健康保険における精神の通院医療にかかわる自己負担額を現物給付する精神結核医療付加金の給付条項について、所要の改正を行おうとするものとの説明がありました。


 次に、議第48号 宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正について、並びに議第49号 宮津市火葬場設置及び使用に関する条例の一部改正についてであります。


 本議案は、いずれも今回の財政再建に伴い、財源確保の観点から使用料、手数料を見直し、20%の増額改定とするものとの説明がありました。


 次に、議第51号 宮津市介護保険事業基金条例の一部改正についてであります。


 本議案は、介護保険法の改正によって、高齢者の介護予防と自立を支援する地域支援事業が創設されたことに伴い、介護保険事業の充当事業として規定するものとの説明がありました。


 次に、議第52号 宮津市老人デイサービスセンター条例の一部改正についてであります。


 本議案は、介護保険法の改正によって、新たな事業として軽度認定者の要介護状態の軽減、状態維持を目的とする新予防給付が導入されたが、この新予防給付における介護予防通所介護サービスを老人デイサービスセンターで実施することから、所要の改正を行おうとするものとの説明がありました。


 次に、議第53号 宮津市立診療所条例の廃止についてです。


 本議案は、市立の日置診療所及び府中診療所を3月31日でもって閉鎖しようとするもので、4月1日からは、現診療所長の開設による民営診療所として、これまで同様、日置、世屋及び府中地区の医療を担っていただくこととなるとの説明がありました。


 審査においては、土地、建物は無償貸与されるのか、また建物等の修繕のあり方はとの質疑があり、土地、建物は有償で貸し付けることとする。修繕については、初期の医療環境の整備に係る修繕及び大規模修繕は宮津市が行い、小修繕は借り主が行うことで協議していくとの答弁がありました。また、診療所内の医療機器等物品の取り扱いはとの質疑があり、無償譲渡を予定してるとの答弁がありました。


 次に、議第54号 宮津市介護保険条例の一部改正についてであります。


 本議案は、第2期介護保険事業計画の見直しに伴い、平成18年度から平成20年度までの第3期事業計画の策定とあわせて、第1号被保険者の保険料を改定するものとの説明がありました。


 審査においては、激変緩和措置のあり方として、第1段階及び第2段階と、それ以外の段階で上げ幅が異なるのはなぜかとの質疑があり、低所得者層の負担を緩和するため、宮津市において該当が見込まれる第2段階について、初年度の上げ幅を少なく設定したとの答弁がありました。


 審査の過程では、反対の立場からは、激変緩和措置は国会の附帯決議であり、取得段階の細分化についても、宮津市独自の施策とは言えず、評価に値するものではない。むしろ大幅な保険料の引き上げは、低所得者の生活をさらに圧迫するもので、賛成できない。また、賛成の立場からは、取得段階を6段階から8段階へ細分化されることとあわせて、激変緩和措置を講じるとともに、さらに宮津市独自の施策として、低所得者層に対し、一定の配慮を図られている点について評価する。第3期においても、新しい制度である地域支援事業を有効に活用し、介護保険事業の運営に当たられたいとの意見がありました。


 次に、議第61号 宮津市簡易水道等設置並びに管理に関する条例の一部改正についてであります。


 本議案は、京都府立丹後海と星の見える丘公園への給水を日置簡易水道から行うこととして、新たな地下水源を確保し、浄水場の拡張改良を行ったことにより、本簡易水道の給水区域等について、所要の改正を行うものとの説明がありました。以上が審査の概要であります。


 審査の結果、委員会としては、特に付すべき意見もなく、それぞれ採決の結果、議第19号から議第22号まで、議第32号、議第47号から議第49号まで、議第51号から議第53号まで、及び議第61号の12件については、全員賛成、議第54号については、賛成多数で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。馬谷和男さん。


               〔馬谷議員 登壇〕


○議員(馬谷和男)   ただいま議題となりました議第54号 宮津市介護保険条例の一部改正について、日本共産党宮津市会議員団を代表して見解を述べ、反対討論といたします。


 今回、提案された条例改正は、介護保険料の改定率を42.4%引き上げ、現在の基準月額2,894円を4,120円に大幅に引き上げるものです。その理由として、第2期介護保険事業計画の改定に伴い、介護保険料率を改めるものとしています。


 今、日本の政治状況は、国民との間で小泉内閣の構造改革とアメリカべったりの政治の矛盾が吹き出しております。小泉内閣が進める社会保障の構造改革は、国庫負担の削減、保険料の引き上げ、応益負担の導入、規制緩和、市場原理の導入を共通の課題として、年金、医療、介護、福祉など社会保障の全分野にわたって、関係法・制度を連続的に改悪するものになっています。その原則は、自立自助であり、みずからの努力が先にあって、次に互助があり、それでも生活の維持に困った場合に国が助けるという考え方であります。


 第162国会で強行採決された改正介護保険法は、要支援などの軽度障害者への在宅サービスの利用を制限し、介護施設の部屋代、食費を自己負担にして保険料の大幅アップを図るなど、利用者へのしわ寄せを内容とする改悪であることが明らかになりました。


 また、小泉自民・公明政権のもと、総選挙後の特別国会で、ごく短期間の審議で可決・成立した障害者自立支援法は、所得の少ない障害者の福祉サービス利用に応益負担を導入して、大多数の障害者の福祉サービスを削ろうとしています。


 こうした社会保障の制度改悪は、高齢者、障害者、児童などの個別の領域を超えて、全体的な関連を持ちながら連続的に進め、国民の負担をふやし、社会福祉を圧迫することが小泉内閣の構造改革の本質であります。


 また、2005年11月7日付朝日新聞は、三位一体改革に対する47都道府県知事アンケートで、焦点となっておりました生活保護費の国庫負担引き下げに対し、46人の知事が評価できないと回答する中で、ただ1人京都府知事は、どちらとも言えないと回答したことを報じましたが、山田京都府知事がどこを向いて府政を行っているのか疑われるものでありました。


 地方自治法は、地方公共団体の役割として、第1条の2項で、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施すると規定しており、社会福祉の増進を図ることが地方自治体の第一義的な任務であることは、私が言うまでもないでしょう。今、市町村や民間の社会福祉法人は、人的、財政的に多くの課題を抱えています。それだけに、これら市町村の福祉行政や福祉サービスに対しての支援が国や京都府に求められているのではないでしょうか。


 こうした状況の中で、介護保険制度の見直しのため、介護保険法の改正が2005年6月に成立いたしました。2006年度から始まる新しい制度には、幾つもの問題点があります。その主な点を指摘したいと思います。


 一つ目は、新予防給付の導入です。これまで要支援、要介護1でサービスを受けていた人の大部分が新予防給付の対象者に変わります。これは、介護予防を口実に、軽度者が家事援助などのこれまでの介護サービスを利用することを抑制しようとするものです。


 二つ目は、特別養護老人ホームなどの施設入所者からホテルコストと食事を全額徴収することです。低所得者への減免措置があるものの、これではモデルケースの人でもぎりぎりの生活しかできないものであります。


 三つ目は、地域密着型サービスの創設です。このサービスを行う事業所は市町村が指定し、介護報酬の水準や事業所の基準も市町村で定めることができます。このサービスに介護保険が使えるのは、その市町村に住んでる被保険者のみで、他の市町村に住んでる人は全額自費となります。


 今回の改正は、ふえ続けるサービス利用が財政を破綻させかねないとの危機感から、持続可能な制度にするために、サービス利用の抑制と利用者負担が強められたものであります。もともと介護保険制度が始まる以前の高齢者や保険の事業は、その費用のおよそ50%を国が負担していたものですから、したがって、介護保険の財政危機に当たっては、現在の国の25%負担を増額することが本筋であります。


 また、京都府の果たすべき割合は、一つは、国の制度としての保険料、利用料の減免制度の確立を国に働きかけることです。現在の制度では、保険者である市町村の裁量で保険料を減免することに対して厚生労働省は、保険の全額免除の禁止、一律減免の禁止、一般財源からの繰り入れ禁止の三原則を押しつけています。府としても、減免制度を確立するとともに、国に対しても減免制度の確立を強く働きかけるべきであります。また、国の財政負担を25%から50%への引き上げを求めることが今必要であります。


 しかし、山田府知事は、2003年11月、府議会決算特別委員会での介護保険の減免措置にかかわる答弁において、「市町村がやられるのは、本当にそれは市町村の判断でやられてるわけですから、私はそれについてコメントする立場にはありませんけれども、都道府県というのは別に市町村の援助団体ではないんです。」と述べています。住民の生活に直接かかわる市町村が福祉サービスの提供に責任を持っていますが、府内どこでも同じサービスが受けられるように財政援助をするのが府の責任ではないでしょうか。


 本市の今回の条例改正で、市民に42.4%の高額の負担を求めることになりますが、財政危機にある宮津市は、あらゆる分野で今、市民に負担を強いています。これでは、市民の生活は苦しくなるばかりで救われません。財政危機を招いた?田市長の責任は、いよいよ重大であります。昨日、宮城県議会では、財政危機にあることから、知事と特別職の退職金の廃止を決めたとのニュースがありましたが、福祉を守る責任がある自治体の長たるものは、これぐらいの決意を持つべきであります。本市としても、国に対し、25%以上の財政負担を要求し、府にも財政援助を求めるべきであります。


 以上の理由を述べて、本条例の改正に対する日本共産党市会議員団の反対討論といたします。


○副議長(安達稔)   他に御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議題のうち、まず議第54号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、可決であります。


 本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 多 数〕


○副議長(安達稔)   起立多数であります。


 本件は、委員長報告のとおり可決されました。


 続きまして、議第19号から議第22号まで、議第32号、議第47号から議第49号まで、及び議第51号から議第53号まで、並びに議第61号の12件を一括して採決いたします。


 12件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。


 12件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 12件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第4 議第23号から議第30号まで、及び議第33号から議第35号まで、並びに議第55号から議第59号までの16件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となりました議第23号から議第30号及び議第33号から議第35号並びに議第55号から議第59号の16件について、審査の経過と結果を一括御報告申し上げます。


 当委員会は、去る3月14日、委員1人の欠席がありましたが、委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、審査を行いました。


 初めに、議第23号から議第30号までの8件についてであります。


 これは指定管理者制度を導入する公の施設の指定管理者の指定についてで、議第23号、由良農林漁業体験実習館と議第27号、世屋高原家族旅行村の2施設については公募により、そのほかの6施設については、これまでの管理委託先への指定に向けて手続を進め、それぞれ申請内容等を審査し、候補者を選定したとの説明がありました。


 指定期間については、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間となっているが、議第25号の大江山バンガロー村については、平成18年4月1日から1年間となっている。理由は何かとの質疑があり、大江山バンガロー村については、大江山スキー場等大江山周辺の4施設を一体的にお願いするのが効率的であり、その方向で協議をしてきたが、調整に時間を要し、今後1年間の指定期間の中で全体的な状況を勘案しながら調整していただくということになったとのことでありました。


 次に、議第33号 公有水面埋立てに関する意見についてであります。


 これは小田宿野地先の公有水面を埋め立て、物揚場、護岸、臨海道路及び漁港施設用地を新設するため、京都府知事から公有水面埋立法第3条第1項の規定により、市長の意見を求められ、同条第4項の規定により議会の議決を要するとの説明を受けました。


 次に、議第34号 市道路線の認定についてであります。


 今福小田線については、主要地方道路綾部大江宮津線喜多バイパスの完成に伴い、当該道路の一部分移管を受け、市道として認定しようとするもの。また、百合が丘4号線については、現在実施中の府営住宅百合が丘団地の建替事業に伴い、今回廃止を予定している市道中ノ坪線及び矢場横田線の一部分を住宅用地として利用するため、両市道をあわせた百合が丘住宅の外周部分を新たな市道として認定しようとするもので、延長285.8メートル、敷地幅員3.8メートルから7メートルであるとの説明を受けました。


 また、議第35号 市道路線の廃止については、府営住宅建替事業による造成に伴い、中ノ坪線及び矢場横田線を廃止しようとするものであるとの説明を受けました。


 議第34号の百合が丘4号線について、幅員3.8メートルにもかかわらず市道認定するのはどうなのかとの質疑に対し、道路の奥に倉庫や民間アパートがあり、その方々の通行の確保や、以前から市道認定しているところでもあり、6メートルの担保もされているため、市の基準は4メートルであるが、ある程度応用はしなければならないこともあるとのことでありました。


 次に、議第55号から議第57号の3件についてであります。


 これは、財政再建に伴う財源確保の観点から、それぞれ使用料を20%程度見直す条例の改正で、議第55号の公設市場については、経過措置として、現在使用しておられる方は、許可期限内は改正前の使用料を適用するとのことであります。


 また、議第56号、宮津市営駐車場及び議第57号、宮津市都市公園については、それぞれ他市の状況も勘案し、決定したとの説明がありました。


 次に、議第58号 宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正についてであります。


 公営住宅法施行令の一部改正に伴い、宮津市営住宅等設置及び管理条例の条項に変更が生じたことにより、所要の規定整備を行おうとするものである。また、耐用年数を経過し、老朽化の著しい中村団地がすべて空き家となったことから、用途廃止を行うこととし、同条例別表2から名称、位置を削除するとの説明がありました。


 次に、議第59号 宮津市公共下水道条例の一部改正についてであります。


 これは、下水道排水設備指定工事業者に対し、5年の有効期間満了後、引き続き指定を受けようとする場合、新たに手数料を徴収するため、所要の改正を行おうとするものであるとの説明を受けました。


 まとめにおいては、審査の過程で、議第34号 市道路線の認定について、宮津市の認定基準はあるが、地域の実情によっては柔軟な対応をしていただきたいとの意見がありましたが、委員会としては特に付すべき意見もなく、16議案について採決の結果、いずれも全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第23号から議第30号まで、及び議第33号から議第35号まで、並びに議第55号から議第59号までの16件を一括して採決いたします。


 16件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。


 16件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 16件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第5 議第50号を議題といたします。


 順次、委員長の報告を願います。厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   ただいま議題となりました議第50号 宮津市特別会計設置条例の一部改正について中、厚生水道委員会に付託されました所管部分につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 本議案は、市立診療所の民営化を受け、市立診療所事業特別会計を廃止するもの並びに介護保険法の改正を受け、市が介護予防支援事業を行うことから、地方自治法第209条第2項の規定に基づき、これに係る特別会計を新たに設置するものとの説明がありました。


 審査の結果、委員会として特に申し上げる意見はなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で、当委員会所管の部分についての報告を終わります。


○副議長(安達稔)   次に、経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となっております議第50号 宮津市特別会計設置条例の一部改正について中、経済建設委員会に付託された所管部分について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会の所管は、第1条第2号、天橋立ユース・ホステル事業特別会計についてであります。指定管理者制度移行と利用料金制度の採用に伴い、特別会計として経理の必要がなくなるため、廃止するとの説明を受けました。


 委員会としては特に申し上げる意見もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの各委員長報告に対する質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。ただいまの各委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第50号を採決いたします。


 本件に対する各委員長の報告は、可決であります。


 本件は、各委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 本件は、各委員長報告のとおり可決されました。


 ここで約10分間休憩をいたします。


             (休憩 午前10時50分)


          ────────────────────


             (再開 午前11時00分)


○副議長(安達稔)   休憩前に引き続き会議を開きます。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第6 議第65号を議題といたします。


 順次、委員長の報告を願います。総務文教委員長、木内利明さん。


             〔木内総務文教委員長 登壇〕


○総務文教委員長(木内利明)   ただいま議題となりました議第65号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)の所管分につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 今回の補正につきましては、歳入歳出ともに43億5,325万6,000円を追加し、予算の総額を172億2,052万3,000円とするものであります。特に今回は、平成18年度からの5年間が市債償還のピークと見込まれることから、宮津市行政改革大綱2006に基づく公債費対策として、これまでに発行した市債の一部42億485万7,000円について借りかえを行うものであり、今後の公債費の償還の平準化を図ろうとするものであります。


 次に、歳出で主なものは、市庁舎内のアスベスト除去工事費1,250万円、日ヶ谷小学校アスベスト囲い込み工事費等628万8,000円、北近畿タンゴ鉄道近代化設備整備費補助事業291万円、これにつきましては、昨年の福知山線脱線事故を受け、国の緊急安全対策、軌道道床硬質構造化を行うものであります。また、地方バス路線運行時対策等補助事業490万3,000円でありますが、田井線、世屋線について従来、府補助金は直接丹海へ交付されていたものが、補助金制度の改正により市が一たん受け入れ、丹後海陸交通へ交付するための追加計上であります。


 以上、付託されました本件につきまして、特に申し上げる事項もなく、採決の結果、本件は、全員賛成により原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   次に、厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   ただいま議題となっております議第65号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、厚生水道委員会に付託されました所管部分につきまして、その主な審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 市民部市民課所管分については、国民健康保険基盤安定負担金等に係り、福祉部福祉企画課所管分については、老人ホーム入所措置、外出支援サービス並びに介護保険低所得者対策等に係り、社会福祉課所管分については、次世代育成支援対策交付金の新設等に係り、健康対策課所管分については、重度心身障害者老人健康管理費支給並びに老人医療費支給等に係り、それぞれ所要の補正を行おうとするものとの説明がありました。


 審査の結果、委員会として特に申し上げる意見はなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で、当委員会所管の部分についての報告を終わります。


○副議長(安達稔)   次に、経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となっております議第65号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第6号)中、経済建設委員会に付託された所管部分について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 初めに、天橋立ユース・ホステル事業特別会計繰出金126万4,000円についてであります。これはユース・ホステルの宿泊者数が約24%減少する見込みとなり、不足相当額を特別会計に繰り出しするもので、減少の理由は、愛知博覧会や年末年始の大雪の影響によるものであるとの説明がありました。


 次に、土地開発公社用地取得資金貸付金5,736万6,000円の減額については、大手川改修事業に伴う代替地確保に係る貸付金の確定によるものであるとのことであります。


 次に、除雪事業7,300万円についてであります。現在の除雪実績は、稼働日数48日、稼働時間3,843時間、除雪費用は約7,188万円で、今後の稼働も予測して計上させていただいたとの説明がありました。


 除雪に対する補正は多額であるが、これまでの委託料はどのように支払ったのかとの質疑に対し、今年度の委託料はまだ支払っていない。業者の報告に基づき精算払いとしている。除雪期間が3月15日までとなっており、それ以降に早急に支払いをしたいとのことでありました。


 なお、実績を把握するため、とりあえず電話で速報を入れてもらい、後日、日報を提出していただいているとのことでありました。


 次に、都市下水路整備事業670万円については浜町下水路の土砂堆積によるしゅんせつに要する事業費、公園整備事業1,792万6,000円の減額は、災害ごみ置き場として使用していた宮津運動公園グラウンド整備工事完了による執行残であるとの説明がありました。


 次に、林業施設災害復旧事業費415万7,000円については、台風23号により倒木の被害を受けた市有林の森林機能回復を図るため、当初予算による1.21ヘクタールに加え、残地1.19ヘクタールの被害木伐採と1.21ヘクタールの跡地造林を行うための事業費、また公共土木施設災害復旧事業費1億904万7,000円については、16年度配分決定された事業費を17年度へ振りかえる措置と、滝川橋及び今福中橋の復旧事業の宮津市負担分決定により、4,562万4,000円の補正をするものであるとの説明を受けました。


 以上、主なものを申し述べましたが、委員会としては特に申し上げる意見もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの各委員長報告に対する質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。ただいまの各委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第65号を採決いたします。


 本件に対する各委員長の報告は、可決であります。


 本件は、各委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 本件は、各委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第7 議第66号を議題といたします。


 委員長の報告を願います。総務文教委員長、木内利明さん。


             〔木内総務文教委員長 登壇〕


○総務文教委員長(木内利明)   ただいま議題となりました議第66号につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 今回の補正につきましては、歳入歳出ともに3,000万円を減額し、予算の総額を3億7,776万8,000円とするものであります。その理由としては、平成17年度において見込んでいた土地、漁師町埋立地共同利用地の一部の売り払い収入が確保できない見通しとなり、3,000万円を減額するものであり、次年度において整理できるよう調整をしているとの説明がありました。


 以上、付託されました本件につきまして特に申し上げる事項もなく、採決の結果、本件は、全員賛成により原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第66号を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、可決であります。


 本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 本件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第8 議第67号から議第69号までの3件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   ただいま議題となりました議第67号から議第69号までの3件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 初めに、議第67号 平成17年度宮津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてです。


 本議案は、一般会計繰入金、繰越金並びに16年度に交付された国庫支出金の療養給付費等負担金の超過交付額についての国への返還等について、所要の補正を行おうとするものとの説明を受けました。


 次に、議第68号 平成17年度宮津市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)についてです。


 本議案は、現年度分医療費負担金、一般会計繰入金並びに医療給付費等について、所要の補正を行おうとするものとの説明を受けました。


 次に、議第69号 平成17年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてです。


 審査においては、介護保険の更新時期が集中する場合に、認定審査等に時間を要し、結果として認定がおくれるケースがあるようだが、更新時期の平準化を図ることはできないかとの質疑があり、介護認定の申請件数は増加しているが、できるだけスムーズに調査を行い、早期に認定審査会にかけることができるようスピードアップに努めるとともに、平準化についても1年間の計画の中でシミュレーションをしてみることも必要と考えているとの答弁がありました。


 審査の結果、委員会として特に申し上げる意見はなく、それぞれ採決の結果、いずれも全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第67号から議第69号までの3件を一括して採決いたします。


 3件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。


 3件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 3件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○副議長(安達稔)   日程第9 議第70号及び議第71号の2件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となりました議第70号及び議第71号について、2件一括、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 初めに、議第70号 平成17年度天橋立ユース・ホステル事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。


 平成17年度の宿泊者数減少により、事業収入を223万5,000円減額し、一般会計から126万4,000円繰り入れるほか、予備費87万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ96万円を減額補正し、予算総額を871万1,000円とするとの説明を受けました。


 次に、議第71号 平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。


 内容は、繰越明許費と債務負担行為をするもので、繰越明許費については公共下水道施設整備事業に800万円、対象工事は府中、大垣地内の面整備用の管渠を布設するものである。債務負担行為については、期間は平成17年から平成18年まで、限度額3,000万円で、内容は、辻町地内、これは市道辻町今福線でございますが、この面整備用の管渠を布設するものであるとの説明がありました。


 委員会としては特に申し上げる意見もなく、それぞれ採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○副議長(安達稔)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか。‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対、その他の御意見はありませんか。‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第70号及び議第71号を一括して採決いたします。


 2件に対する委員長の報告は、可決であります。


 2件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○副議長(安達稔)   起立全員であります。


 2件は、委員長報告のとおり可決されました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 次回本会議は、3月30日午前10時に開きます。


 本日はこれで散会いたします。


             (散会 午前11時20分)