議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成17年第 6回定例会(第5日12月22日)




平成17年第 6回定例会(第5日12月22日)





 



     平成17年 宮津市議会定例会議事速記録 第5号


      第6回





           平成17年12月22日(木) 午前10時00分 開議





◎出席議員(20名)


   北 仲   篤     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   大 森 秀 朗     仲 島 淳 一     吉 田   透


   平 野   亮     木 内 利 明     森 岡 一 雄


   木 村 健 二     ? 本 良 孝     尾 上 董 明


   齊 藤 末 夫     馬 谷 和 男     福 井 愿 則


   橋 本 俊 次     松 本   隆     松 浦 登美義


   小 田 彰 彦     安 達   稔





◎欠席議員(1名)      宇都宮 和 子





◎議会事務局


   局長      小 倉 勇次郎    課長      志 達 正 一


   議事調査係長  松 原   護    主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長      ? 田 敏 夫    助役      井 上 正 嗣


   収入役     才 本   進    総務部長    上 田 清 和


   市民部長    山 口 雅 夫    福祉部長    松 田 文 彦


   産業経済部長  大 西 俊 三    建設部長    山 ? 文 博


   水道部長    南   繁 夫    総務部次長   森   和 宏


   産業経済部理事 坂 根 雅 人    建設部次長   前 田 良 二


   合併調整室長  山 口 孝 幸    財政課長    小 西   肇


   教育委員長   上 羽 堅 一    教育長     横 山 光 彦


   教育次長    中 島 節 史    監査委員    森 井 克 實





◎議事日程(第5号) 平成17年12月22日(木) 午前10時 開議


 日程第1 諸報告


 日程第2 議会改革特別委員会の中間報告の件


 日程第3 議第104号 宮津市、大江町義務教育に関する事務の事務委託に関する規約の廃止について


      議第105号 宮津市と福知山市との間の義務教育に関する事務の委託について


      議第106号 宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例及び宮津市職員の旅費に関する条例の一部改正について


      議第107号 宮津市市税条例の一部改正について


      議第108号 宮津市代替バス運行事業に関する条例の一部改正について


      議第109号 宮津市ターミナルセンター条例の一部改正について


      議第110号 宮津会館条例の全部改正について


      議第111号 栗田区民センター条例の廃止について


      議第112号 宮津市中津集会所条例の廃止について


      議第134号 宮津市立前尾記念文庫条例の一部改正について


      議第135号 宮津市立公民館条例の一部改正について


      議第136号 宮津市中央公民館使用条例の全部改正について


      議第137号 宮津市野外活動センター大江山ロッジ条例の一部改正について


      議第138号 みやづ歴史の館条例の全部改正について


      議第139号 重要文化財旧三上家住宅条例の全部改正について


      議第140号 宮津市民体育館条例の全部改正について


 日程第4 議第113号 宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正について


      議第114号 宮津市福祉センター条例の全部改正について


      議第115号 宮津市老人デイサービスセンター条例の全部改正について


      議第116号 宮津市在宅介護支援センター条例の一部改正について


      議第117号 宮津市保育所条例の一部改正について


 日程第5 議第118号 宮津市林業振興センター条例の全部改正について


      議第119号 宮津市大江山バンガロー村条例の全部改正について


      議第120号 宮津市漁港管理条例の一部改正について


      議第121号 宮津市海洋つり場条例の全部改正について


      議第122号 宮津市食品卸売センター条例の一部改正について


      議第123号 宮津市大江山スキー場リフトの設置及び管理に関する条例の全部改正について


      議第124号 宮津市天橋立ユース・ホステル条例の全部改正について


      議第125号 宮津市ぶらりんぐセンター条例の全部改正について


      議第126号 宮津市自然環境活用施設条例の廃止について


      議第127号 宮津市労働会館条例の廃止について


      議第128号 宮津市手数料条例の一部改正について


      議第129号 宮津市営駐車場条例の一部改正について


      議第130号 宮津市都市公園条例の一部改正について


      議第131号 宮津都市計画事業中町通地区土地区画整理事業施行規程及び宮津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について


      議第132号 宮津市公共下水道条例の一部改正について


      議第133号 宮津市公共下水道使用料条例の一部改正について


 日程第6 議第141号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)


 日程第7 議第142号 平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第8 議第143号 平成17年度宮津市市立診療所事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第9 議第144号 丹後地区広域市町村圏事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び丹後地区広域市町村圏事務組合規約の変更について


      議第145号 宮津市・加悦町・岩滝町・伊根町・野田川町合併協議会の廃止について


      議第146号 丹後地区土地開発公社定款の一部変更について


      議第147号 宮津与謝消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮津与謝消防組合規約の変更について


      議第148号 加悦町と宮津市との間の廃棄物処理に係る事務の委託に関する規約の廃止について


      議第149号 岩滝町と宮津市との間の廃棄物処理に係る事務の委託に関する規約の廃止について


      議第150号 野田川町と宮津市との間の廃棄物処理に係る事務の委託に関する規約の廃止について


      議第151号 伊根町と宮津市との間の廃棄物処理に係る事務の委託に関する規約の変更について


      議第152号 与謝野町と宮津市との間の廃棄物処理に係る事務の委託について


      議第153号 岩滝町宮津市中学校組合規約の変更について


      議第154号 宮津市長、助役及び収入役の給与に関する条例の一部改正について


      議第155号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正について


 日程第10 常任委員会、議会運営委員会並びに特別委員会の審査及び調査を閉会中も継続するの件


          ────────────────────


〇委員会審査結果報告書


                            平成17年12月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       総務文教委員長 木 内 利 明





               委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


 ┌───────┬────────────────────────────┬──────┐


 │事件番号   │件          名                │審査結果  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第104号 │宮津市、大江町義務教育に関する事務の事務委託に関する規 │原案可決  │


 │       │約の廃止について                    │      │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第105号 │宮津市と福知山市との間の義務教育に関する事務の委託につ │原案可決  │


 │       │いて                          │      │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第106号 │宮津市の特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に │原案可決  │


 │       │関する条例及び宮津市職員の旅費に関する条例の一部改正に │      │


 │       │ついて                         │      │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第107号 │宮津市市税条例の一部改正について            │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第108号 │宮津市代替バス運行事業に関する条例の一部改正について  │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第109号 │宮津市ターミナルセンター条例の一部改正について     │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第110号 │宮津会館条例の全部改正について             │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第111号 │栗田区民センター条例の廃止について           │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第112号 │宮津市中津集会所条例の廃止について           │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第134号 │宮津市立前尾記念文庫条例の一部改正について       │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第135号 │宮津市立公民館条例の一部改正について          │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第136号 │宮津市中央公民館使用条例の全部改正について       │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第137号 │宮津市野外活動センター大江山ロッジ条例の一部改正につい │原案可決  │


 │       │て                           │      │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第138号 │みやづ歴史の館条例の全部改正について          │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第139号 │重要文化財旧三上家住宅条例の全部改正について      │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第140号 │宮津市民体育館条例の全部改正について          │原案可決  │


 ├───────┼────────────────────────────┼──────┤


 │議第141号 │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、所管部 │原案可決  │


 │       │分                           │      │


 └───────┴────────────────────────────┴──────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                            平成17年12月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       厚生水道委員長 下 野 正 憲





            委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬─────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第113号 │宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正 │原案可決 │


│       │について                         │     │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第114号 │宮津市福祉センター条例の全部改正について         │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第115号 │宮津市老人デイサービスセンター条例の全部改正について   │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第116号 │宮津市在宅介護支援センター条例の一部改正について     │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第117号 │宮津市保育所条例の一部改正について            │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第141号 │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、所管部分 │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第143号 │平成17年度宮津市市立診療所事業特別会計補正予算(第2号 │原案可決 │


│       │)                            │     │


└───────┴─────────────────────────────┴─────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                            平成17年12月14日


 議長 森 岡 一 雄 様


                       経済建設委員長 福 井 愿 則





            委 員 会 審 査 結 果 報 告 書


 本委員会付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により報告します。


                   記


┌───────┬─────────────────────────────┬─────┐


│事件番号   │件          名                 │審査結果 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第118号 │宮津市林業振興センター条例の全部改正について       │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第119号 │宮津市大江山バンガロー村条例の全部改正について      │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第120号 │宮津市漁港管理条例の一部改正について           │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第121号 │宮津市海洋つり場条例の全部改正について          │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第122号 │宮津市食品卸売センター条例の一部改正について       │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第123号 │宮津市大江山スキー場リフトの設置及び管理に関する条例の全 │原案可決 │


│       │部改正について                      │     │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第124号 │宮津市天橋立ユース・ホステル条例の全部改正について    │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第125号 │宮津市ぶらりんぐセンター条例の全部改正について      │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第126号 │宮津市自然環境活用施設条例の廃止について         │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第127号 │宮津市労働会館条例の廃止について             │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第128号 │宮津市手数料条例の一部改正について            │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第129号 │宮津市営駐車場条例の一部改正について           │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第130号 │宮津市都市公園条例の一部改正について           │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第131号 │宮津都市計画事業中町通地区土地区画整理事業施行規程及び宮 │原案可決 │


│       │津市営住宅等設置及び管理条例の一部改正について      │     │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第132号 │宮津市公共下水道条例の一部改正について          │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第133号 │宮津市公共下水道使用料条例の一部改正について       │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第141号 │平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、所管部分 │原案可決 │


├───────┼─────────────────────────────┼─────┤


│議第142号 │平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第2号)  │原案可決 │


└───────┴─────────────────────────────┴─────┘


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


             (開会 午前10時00分)


○議長(森岡一雄)    おはようございます。


 ただいまから本日の会議を開きます。


 本日、宇都宮和子さんから欠席する旨届け出がありましたので御報告いたします。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)    日程第1 諸報告であります。


 監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成17年度一般会計、特別会計、基金等の9月分及び水道事業会計10月分の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)    日程第2 議会改革特別委員会の中間報告の件を議題といたします。


 当特別委員会の所管事項であります議員定数等について、委員長の報告を願います。議会改革特別委員長、木村健二さん。


            〔木村議会改革特別委員長 登壇〕


○議会改革特別委員長(木村健二)   おはようございます。


 それでは、議会改革特別委員会の中間報告をさせていただきます。


 議会改革特別委員会における、議員定数において、一般質問のあり方について及び日曜議会の開催についての調査・研究の経過とその概要について中間報告を申し上げます。


 本特別委員会は、さきの9月定例会におきまして、議員定数等についてを付議事件として設置され、以来6回にわたり所管事項について、調査・研究を行いました。


 まず初めに、若干の経過について申し上げますが、10月20日に委員1人の欠席がありましたが、第1回委員会を開催し、調査・研究課題の選定について、協議、決定をいたしました。そして、その課題に対する資料の収集を行い、11月4日に第2回委員会を開催し、資料に基づき協議を行い、一度、各会派において意見調整をお願いすることといたしました。そして、第3回委員会を11月24日に開催し、各会派の意見調整を聴取するとともに、今後の日程について協議を行い、12月9日、委員1人の欠席があり、オブザーバーとして正副議長の出席の中、第4回の委員会を開催いたしましたが、全委員の出席の中で協議することとし、第5回委員会を12月13日、第6回委員会を12月19日に開催し、議員定数についてのみ、再度の各会派の意見調整について協議し、採決を行いました。


 次に、協議内容でありますが、まず、議員定数については、全国市議会議長会の平成16年12月末現在における、合併特例法が適用されていない667市のうち、議員定数を上限数を下回る条例定数とする623市の市議会議員定数に関する調査結果報告によりますと、国勢調査人口5万人未満の市は、全国に209市あり、26人の法定数に対し、21人の定数を定めている市は121市で、57.9%を占めており、中でも22人を定数としている市が57市と最も多く、次には20人としている市が50市の状況でありました。また、府内各市並びに近畿圏の人口5万人未満当たりの市の状況もあわせて協議する中で、大勢が定数を削減しようとする意見でありました。


 定数削減に反対する意見としては、議員定数は、議会の審議能力、住民意思の適正な反映を確保することを基本とすべきであり、地方分権時代により、議会の役割がますます重要になっている現状において、単純な定数の一律削減論は適当ではない。また、近隣市町と競って定数削減を行うことは、地域における少数意見を排除することになりかねないので、削減については反対である。財政健全化の中で定数を削減する議論であれば、議員報酬を5万円削減すべきであるとの意見がありました。


 また、削減に賛成する意見としては、議会は、地域における政治の機関であり、行政体制の一部ではない中で、議員定数は行政の簡素合理化と同じ観点からのみ論ずる問題ではないと思うが、現在の当市の財政状況なり、近隣市町議会の定数並びに市民感情を考慮すれば削減すべき、また市民の声を聞くと、議員は数だけおればよいというものではなく、もっと専門職として頑張ってほしいと思うなどの声があり、議会としても市民の負託にこたえ、削減する必要があるなどの意見がありました。


 削減数については、2人を削減して19人に、3人を削減し18人との意見がありました。


 そうした中、特別委員会として、次期一般選挙から議員定数を3人削減することとし、21人を18人とすることについて、採決の結果、賛成多数で18人と決しました。


 なお、一般質問のあり方について及び日曜議会の開催については、メリット、デメリットなどを調査・研究を行い、協議の結果、引き続き継続して協議することとなりました。


 以上のとおり、特別委員会の中間報告とし、以上で報告を終わります。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第3 議第104号から議第112号まで及び議第134号から議第140号までの16件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。


 総務文教委員長、木内利明さん。


             〔木内総務文教委員長 登壇〕


○総務文教委員長(木内利明)   おはようございます。


 ただいま議題となりました議第104号から議第112号まで及び議第134号から議第140号までの条例の一部改正、全部改正等につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る12月14日に全員出席のもと委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、審査を行いました。


 まず、議第104号でありますが、宮津市字小田地域の中の茶屋地区に居住する児童生徒は、加佐郡大江町の学校を通学区域としておりましたが、平成18年1月1日から大江町が福知山市に編入されることになり、本規約を廃止するものであります。


 続きまして、議第105号につきましては、宮津市と福知山市との間の義務教育に関する事務の委託につきまして、地方自治法第252条の14第1項の規定に基づき、新たに福知山市に事務委託するもので、通学区域及び経費の負担等について規約を定めるものであります。


 次に、議第106号につきましては、来年3月1日に、加悦町、岩滝町、野田川町の3町が合併し、新たに与謝野町が誕生することにより、同条例規定中の町名を与謝野町に改めるものであります。


 次に、議第107号につきましては、個人市民税(普通徴収に限る)、または固定資産税(都市計画税含む)の1年間分を一括前納された方に、一定の報奨金を交付する前納報奨金制度について、市民の納税意識の定着等により当制度の目的は一定達成されていること、また、個人市民税にあっては、特別徴収の方法により納税される給与所得者にはこの制度が適用できないという、税負担の公平性の問題があることから、全国的にも廃止傾向にあり、本市においても廃止しようとするものであります。


 次に、指定管理者制度の導入とこれを機に行う公の施設管理の見直しに伴い、各公の施設に係る条例の所要の規定整備等を行うもので、議第110号、議第135号、議第136号、議第138号、議第139号、議第140号については、指定管理者対応する施設のうち、公募せず団体を特定する施設で、指定管理者による管理の規定を追加、利用料金制の規定整備、使用不許可の内容を明記、施設の開館時間・休館日の根拠規定の追加等について規定整備をするものであります。


 次に、議第108号、議第109号、議第134号については、直営による業務委託に移行する施設で、施設の維持補修や特定の事業など定型的な業務が中心で、管理者の裁量余地が見込めない施設については、従来の管理委託の条文を削除し、業務委託として位置づけるものであります。


 次に、議第111号については、純然たる地区公民館として位置づけることとし、公の施設条例を廃止するものであります。


 次に、議第112号については、現在の使用状況から、公の施設条例を廃止し、地元自治会へ普通財産として貸し付けるものであります。


 次に、議第137号については、現在休館しているが、当面条例は残すこととし、従来の管理委託の条文を削除するものであります。


 当委員会としては、公の施設管理を指定管理者制度へ移行するに伴い、関係条例について全部改正、一部改正等が行われているが、本制度の導入趣旨に基づき、管理者に一定の裁量権をゆだね、市民サービス・利便性の向上、行政経費の節減がより一層図られるよう努力されたいとの経過意見がありましたが、採決の結果、全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの委員長の報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長の報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第104号から議第112号まで及び議第134号から議第140号までの16件を一括して採決いたします。16件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。16件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。16件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第4 議第113号から議第117号までの5件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。


 厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   おはようございます。


 それでは、ただいま議題となりました議第113号から議第117号までの5件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る12月14日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、議案説明を受け、それをもとに質疑、意見を交わし、審査を行いました。


 まず、議第113号 宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正についてでございます。


 質疑においては、有料化し、かつ、その料金が高くなるほどごみ減量化に効果的だと説明があったが、根拠は何かとの質疑があり、環境省がごみ処理の有料化に係る調査をし、有料化している自治体のデータをプロットしたところ、そういう傾向の結果が得られているとの答弁がありました。


 また、資源ごみ袋については今回の有料化の対象となっていないが、そのことによりリサイクル率が高まるという認識でいいのかとの質疑があり、お見込みのとおりであり、審議会においても資源化を徹底する意味から、資源ごみ袋については対象としない方がよいという意見があったとの答弁がありました。


 また、1市4町が同じ焼却場で処理しているにもかかわらず、宮津市だけが有料化になることで、住民に不公平感が生まれる。宮津市だけがなぜ有料化に踏み切ったのか、根拠は何か、なぜ4町は有料化せずにできるか研究はしているのかとの質疑があり、ごみ処理の有料化については、国の方針として有料化を推進すべきこととされている。1市4町においても、4町に有料化せずにできる格段のシステムがあるというようなことではなく、伊根町は既に検討段階に入っていると聞いており、他の3町についても、現在は合併を目前に控え、まだ検討できる状態にないだけであり、いずれ取り組まれるものと思われる。宮津市においては、厳しい財政状況という背景もあり、また、4町と比較し、1人当たりのごみ排出量が、可燃ごみで1.6倍、観光客分を差し引いても1.4倍と多くなっているという現実がある。ごみの多く出る業種の事業所が多いことも一つの要因と考えているが、有料化の導入により、減量化を図る必要があると考えている。また、事業所についても、同じごみ袋で排出してもらうこととなるため、ごみ量に応じて公平に御負担いただくシステムになるとの答弁がありました。


 また、有料化導入後も現行のごみ袋は使えるのかとの質疑があり、実施期日をもって切りかえを行うため、現行のごみ袋は使えなくなるので、準備期間の間に使い切っていただきたい。さらに、現在のごみ袋は仕様だけを市が定めて、製造・販売等はすべて業者で行っているが、有料化の分については、市が発注し作成することになるので、市民のニーズに対応して一定のバリエーションを取りそろえることが可能になるとの答弁がありました。


 また、有料化に伴う収入について、目的税的な扱いとし将来に向けて基金を積み立てるなどの考えはないのかとの質疑があり、ごみ処理には年間3億円以上の経費がかかっている一方で、有料化に伴う収入は5,000万円程度の見込みであり、基金積み立てできるレベルにはない。一般財源とし、全額ごみ処理経費に充てさせていただく予定にしているとの答弁がありました。


 審査の経過の中では、議案に反対の立場から、有料化によってごみの減量化が図れるとのことだが、宮津市民は従前から分別によりごみの減量化に取り組んでおり、それにもかかわらず、ごみの量が減らないから有料化するというのは納得できない。また、来年度は、税制改正を含め、各種税・公共料金が軒並み上がることとなるため、市民、とりわけ低所得者層への打撃は非常に大きい。よって、今般の有料化は市民生活の実態から見て受け入れがたいとの意見。賛成の立場からは、年間12億円の歳入不足という宮津市の危機的な財政状況を考えると、有料化はやむを得ない。ただし、市民説明会に従前以上の時間と労力をかけ、市の財政状況、ごみ減量化の現状、ごみ処理に係る経費等についての説明責任をきちんと果たし、かつ、有料化により市民にも負担をお願いしなければならないことについて十分な理解がいただけるよう、徹底して取り組まれたいとの意見がありました。


 次に、議第114号 宮津市福祉センター条例の全部改正についてでございます。


 質疑においては、利用料金について、現行の1.2倍以内という上限枠を設けるのではなく、指定管理者にもっと裁量権を持たせた方が経営努力をしやすい環境になるのではないかとの質疑があり、福祉センターについては、施設の維持管理経費や人件費等も含め、すべての管理経費を使用料収入で賄う料金設定はできず、このたびの利用料金を設定したとの答弁がありました。


 また、利用しやすい管理運営が望まれるが、考えはとの質疑があり、指定管理者制度の趣旨は、公の施設をできるだけ有効・効率的に活用することにあり、従前どおりの管理運営ということではなく、できるだけ多く利用していただくという姿勢への意識改革を求めていきたいとの答弁がありました。


 また、開館時間、使用料の減免等については規則で規定されているが、指定管理者の意向を取り入れる考えはあるかとの質疑があり、減免の取り扱いは指定管理者の意向を聞くことは考えていないとの答弁がありました。


 また、指定管理者の経営努力によって利益が大幅に改善された場合には、単に市から補てんする委託料が減額されるだけで、指定管理者へのメリットは特にないのかとの質疑があり、指定管理者制度は公的施設の有効活用と経費削減であるが、福祉センターは指定管理料を変更する考えであるとの答弁がありました。


 また、公募によらず現在管理している団体を指定管理者に選定することでコンプリートするのでは、制度導入による経営改善効果は望めない。将来的に公募する考えも持っているかとの質疑があり、福祉センターについては、施設内に事務所を構える社会福祉協議会を選定したいと考えており、これによって一体的・効率的な管理が期待できることから、公募によらないこととしている。公募についてはその時々の状況を見ながら対応していきたいとの答弁がありました。


 また、質疑の中で、市民が利用しやすい施設運営並びに指定管理者制度導入のメリットを十分に生かせる運用に努められたいとの意見がありました。


 次に、議第115号 宮津市デイサービスセンター条例の全部改正についてでございます。


 本改正は、当該施設は公募によらずに指定管理者を選定することとし、条例において、業務の範囲や管理の権限を定め、あわせて、利用料金制度の導入に係る条文を規定するものとの説明がありました。


 次に、議第116号 宮津市在宅介護支援センター条例の一部改正についてでございます。


 本改正は、当該施設は高齢者等の相談業務を中心に行う施設で、管理者の裁量余地の見込めない施設であることから、従来の管理委託の条文を削除し、市の直営による業務委託に変更を行うとの説明がありました。


 次に、議第117号 宮津市保育所条例の一部改正についてでございます。


 本改正は、市立保育所7園のうち、宮津保育所を廃止しようとするものでございます。同施設は、平成14年度から社会福祉法人城東福祉会に運営委託し、公設民営施設となっていますが、平成18年4月以降、民設に移行し、民間保育園として運営されることで協議が調っているとの説明がありました。


 質疑においては、運営経費はどうなるのかとの質疑があり、現在は公設のため交付金での対応だが、民設となることによって国から負担金が交付されるため、現行よりも500万円程度、市の単費が軽減されるメリットがあるとの答弁がありました。


 また、今後、宮津地区には公立保育所は置かない考えかとの質疑があり、保育ニーズの高まりはあるものの、少子化の進行によって児童の増加が見込まれる状況にはなく、保育所を新設することは考えていないとの答弁がありました。


 また、民間保育園を宮津地区以外へも広げる考えはあるかとの質疑があり、民間で担っていただけるものは民間でとの考え方から、可能性は探っていきたいが、少人数保育所については、民間による経営は困難と考えているとの答弁がありました。


 また、民設民営となることによって、財産の扱いはどうなるのかとの質疑があり、土地・建物については無償貸し付けをし、備品等についてはそのまま使っていただくことになるとの答弁がありました。


 また、修繕・改修についての考えは、他の園との違いはあるのかとの質疑があり、現時点で改修しなければならない箇所については市が行うことで協議をしている。小修繕等については民間で対応するが、大規模改修の場合は、国庫補助金等の制度を通しての支援を考えているとの答弁がありました。


 以上が審査の概要であります。


 審査の結果、委員会としては特に付すべき意見もなく、それぞれ採決の結果、議第113号については賛成多数、議第114号から議第117号までの4件については全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか。


 平野亮さん。


               〔平野議員 登壇〕


○議員(平野亮)   おはようございます。


 ただいま議題となりました議第113号について見解を述べ、討論としたいと思います。


 日本経済は、中国の景気に影響されることもあり、大企業や銀行・証券会社を初め、特殊な企業にあって、かつてのリストラ効果により設備投資が順調に回復し、新聞紙上ではかつてない企業利益を計上していると報道されています。この状況を見て、日銀も政府も、景気は回復基調にある認識しています。


 一方、好景気の企業は、来春闘に対して賃上げを容認する姿勢を打ち出しています。他方、失業率は依然として高く、雇用形態は二重三重の形態化によって低賃金化が進められ、国民の所得は二極化が常態化し、貧富の格差が拡大しています。


 国も地方も厳しい財政状況下にあり、特に小泉政権下で進められている三位一体改革は地方の時代に逆行する政治手法と言わざるを得ません。


 このような事態が、国民生活に密接にかかわりを持つ地方の財政状況を極度に悪化させています。


 国は、税制改正、医療改革、福祉政策の後退など、国民に負担を強要してきています。


 去る15日、自民、公明の両党は、与党税制大綱を決定しました。増税は2兆円規模と言われ、さきの税制改正とあわせ、国民大衆に対する大増税路線は避けて通れない状況と言わざるを得ません。市民税の増額、関連して健康保険・介護保険の増額、各種法的支援制度適用の可否、加えて医療改革、障害者自立支援法の改悪など、市民は増税集中プランを受けることになります。市民の生活状況は、「市民税の課税における1人当たりの平均総所得金額は減少傾向にあり、厳しい状況と認識している」との市長答弁がありました。来年以降はさらに厳しさを増すものと認識しております。


 かかる状況下で、ごみ有料化や下水道料金の改定は、さらに市民の暮らしを圧迫することにつながりかねません。


 市の財政状況も極度に悪化し、市民には、新聞紙上を通じて、5年間で約60億円の財源不足が報道されているものの、市民にはその実感が全く共感をされていません。市民に負担増を求めるには、まず、私たちも含め、市側にある者が一層の厳しさを身をもって示し、市民の理解と協力を求めることが欠かせません。


 さらに、今後引き続いて議題となります下水道料の改定は、受益者負担の性格もあり、自己の生活環境の改善という立場もこれあり、財政状況と未整備地区との関連から、苦渋の選択としてやむを得ないものと認識せざるを得ません。ごみの有料化については、市民各層、生活条件にかかわりなく、その負担を余儀なくされるものであります。したがって、国の税政改革を初めとする大増税が市民の暮らしにどのような影響を来すのか、どのような生活条件の市民に、どんな負担をもたらすことになるのか。その状況を見定めながら、実施時期・金額を含め、再検討されることが望まれます。


 よって、今議会で議決されることには反対するとともに、引き続き審議をされることが適当である、このように考えております。議員の皆さんの御賛同をお願いして討論といたします。


○議長(森岡一雄)   他に御意見はありませんか。


 馬谷和男さん。


               〔馬谷議員 登壇〕


○議員(馬谷和男)   ただいま議題となっております議第113号 宮津市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部改正について、日本共産党宮津市会議員団を代表して、反対の立場から意見を述べたいと思います。


 今回、宮津市廃棄物減量化等推進審議会より、一般廃棄物の有料化について、平成17年11月18日に答申があり、12月の定例議会に提案されました。


 提出された本議案の提案理由は、廃棄物の減量化や排出者負担の公平化等を図ることを目的とし、一般廃棄物の有料化を実施するものとされております。


 答申案の中の有料化の背景説明では、一般廃棄物量の推移は近年ほぼ横ばいで推移しているが、全国平均や京都府平均と比較してもまだまだ多い排出量となっており、平成22年度までの目標を達成するためには、ごみ排出抑制のための新たな施策が必要であると現在の状況を述べ、有料化の目的として、有料化することによってごみ問題に対する意識が一層高められ、ごみの総体的な抑制が図れることが期待でき、そのために、一つ、ごみの減量と資源化の推進、二つ、ごみ処理の費用負担の公平化、三つ、ごみ処理費用の確保及び削減、以上3点が上げられております。


 しかし、この提案理由説明の文言には重大な問題と矛盾があり、ごみ有料化の理由としてはなじまないものとなっております。


 まず第1点は、有料化によって、ごみの総体的な抑制が図られることを期待していることです。有料化という、お金によって抑制できるという発想がまず問題であります。全国的な統計で効果があると説明されましたが、地球環境を守るという大きな問題からすれば、市民に対する説明と粘り強い啓蒙が根底になければなりません。御存じのように、地方の経済状況が悪化する中で、お金がなければ不法投棄や野焼きなどに走らざるを得ない状況も考えられます。


 また、観光客をふやすことを市政政策の重要課題とされているなら、旅館や商店など、観光関係に携わる人にとって、有料化は重い足かせとならざるを得ません。説明では、観光客が出すごみは余り多くないとのことですが、それが観光地に置かれているごみ箱だけの集積量のことなのか、食堂や旅館なども含まれているのでしょうか。旅館やホテルの集客がふえれば、ごみの量がふえるのは当然のことでもありますし、有料化によってごみの量を抑制しようという発想と、集客とごみ増大の矛盾をどのように解決されるのか説明がありません。ごみの量がこの数年変化がないとするならば、特に有料化しなければならないという理由の根拠が乏しいと言わざるを得ません。


 2点目に、答申案では、「現状のまま推移した場合、意識のある人とない人の差はますます拡大し、ごみ減量化の目的達成は困難である」とし、「排出量に応じて費用負担額が増減するシステムは、市民一人ひとりのごみの減量に対する努力が直接反映され、公平な費用負担とごみ減量化を図ることにつながる」と、一見さらっと書いてありますが、ここには重大な問題が書かれております。それは、ごみの増大に影響が出るほど意識のない人が宮津市民の中にあるのかという疑問と、何げないこの文言に、意識のある人とない人を対立させ、市民の不信感をあおる市民べっ視の感覚がうかがえる文章であります。


 これを、事実も示さず、一般論にすりかえ、さらに意識のない人と排出量を同一視するというように、問題を二重にすりかえ、正当化の論理を組み立てていることです。事業所や旅館、食堂は、一般家庭よりごみの排出量が多く、事業の発展や集客によってごみの増減のあることは当たり前ですが、果たしてこのことを指して、意識のない人と呼ぶのでしょうか。


 さらに問題なのは、公平性を装って高料金の有料化を正当化していることです。現在のシステムに公平性がないとするならば、問題点を具体的に明らかにし、その改良点を示すべきであって、いきなり3倍から4倍も高くするという有料化の根拠にはなりません。


 3点目は、ごみ処理経費の問題で、今後、施設の老朽化に伴う経費や、建設等に係る起債の償還が年4億円程度必要となり、現状のままでは処理経費を市の財政では負担できなくなるおそれがあり、市財政を大きく圧迫してきていると述べながら、有料化によって収納が見込まれる5,000万円は、ごみ処理費用に充てられることなく一般財源化するとの説明がありました。これはなぜなのか、疑問のあるところです。


 以上、3点について、有料化の問題点や疑問を述べてきました。


 要するに、市財政が危機的な状況にあることから、その財源を確保するために、取りやすいところから取ること以外に有料化の理由に根拠はないということであり、市長みずからの市財政の破綻に反省する言葉もなく、その失政のツケを市民に押しつけようとするものであります。


 文章というものは正直なもので、作成した人の意思が表現されるものです。また、その反省のない態度は、日ごろの行動にもあらわれるものであります。


 ここに、つい最近作成された、私たち議員にも配付された、平成18年度京都府予算に関する要望書の冊子があります。表紙には写真もあり、紙質も厚く、立派なものであります。


              〔要望書の冊子を示す〕


 中身を見てみますと、文字は20ポイントの大きなもので、しかも45ページある中で、半分以上空白のあるページは18ページあり、半分以下の空白のページは6ページもあります。あわせると、半分以上のページに空白があることになります。それに付録として多色刷りの地図がついております。地図の説明が必要とする項目には各ページに書かれており、このような大判の地図は必要のないものではないでしょうか。ところが一方では、財政再建のために、宮津広報と議会だよりの一色刷りが提案されているところであります。


 京都府職員出身の市長と助役、それに総務部長がここにおられますが、これを提出する府の部署には20ポイントの大きな文字を使用しないと見えない人がおられるのでしょうか。また、これほどまでにもしないと府は要望書を受け取ってもらえないというのでしょうか。今、あなた方3名は、財政再建のための市のトップの責任者であります。市民や市職員を犠牲に、一円でもひねり出すために予算を組もうとされておりますが、このようなときに、このような印刷物がよくもつくれたものであります。あなた方の感覚が疑われるところであります。


 みずからを律する感覚のない人が、市民や市職員を犠牲にして、宮津市の財政再建ができるのか疑問であります。宮津市は、京都府の出先機関でもなく、京都府の下請機関でもありません。ましてや、府職員の天下り先として考えておられるならもってのほかであります。宮津市は自立した自治体であることをここで強く申し述べたいと思います。


 さて、ここまで本議案の問題点や疑問を申し述べてきましたが、日本共産党宮津市会議員団は、次の理由から本議案に反対するものであります。


 一つには、ごみの減量は、地球環境を守る大きな立場から、市民への理解を深める啓蒙と粘り強い市民との協力・協働がごみ減量の基本であり、市民の対立をあおり、市民への不信感を基本に、有料化によって減量化が図られるとする立場は到底受け入れられるものではありません。


 二つには、国保や介護保険、さらに身体障害者への負担増など、低所得者や社会的弱者へのしわ寄せが強まる中で、毎日の生活に密着した公共性の高いごみ有料化は、市民生活を一層圧迫するものであります。


 三つには、1市4町をエリアとするごみ処理の広域化が行われたもとで、宮津市だけが他町に先駆けてごみを有料化することは、市民にとって受け入れがたいものであり、財政が危機に直面しているとき、みずからの市政運営について反省の言葉もなく、みずからも律することができないでごみ有料化を実施することは断じて許されません。


 是が非でもごみ有料化が必要であるならば、みずからの財政運営の誤りを認め、健全な財政再建策を確立した上で、市民の了解を得るべきであります。


 以上、反対理由を申し述べて、本条例の改正に対する討論といたします。


○議長(森岡一雄)   他に御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議題のうち、まず、議第113号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 多 数〕


○議長(森岡一雄)   起立多数であります。本件は、委員長報告のとおり可決されました。 


 次に、議第114号から議第117号までの4件を一括して採決いたします。4件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。4件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。4件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第5 議第118号から議第133号までの16件を一括して議題といたします。


 委員長の報告を願います。


 経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となりました議第118号から議第133号までの16件につきまして、一括して審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 当委員会は、去る12月14日、委員全員出席のもと委員会を開催し、所管の部課長等の出席を求め、付託議案の審査を行いました。


 初めに、議第118号から議第127号、129号及び議第130号の12件についてであります。


 いずれも指定管理者制度の導入に関連する施設の条例の全部改正、一部改正及び廃止で、12件のうち、指定管理者制度へ移行する施設が6件、直営による業務委託をする施設が4件、普通財産へ移行し貸し付ける施設が2件であります。


 指定管理者制度に移行する施設について、料金の設定に関しては、文化・スポーツ等、市民が日常的に使用する施設については、基本的には1時間単位で上限額を設定し、公共性を考慮して1.2倍、観光・レジャー的な施設については、収益性・採算性の観点から1.5倍とし、指定管理者の裁量に任せ、最終的には市の承認を得て決定するとの説明がありました。


 行財政改革の一環としての効果はどうかとの質疑があり、原則的には、指定管理者の自主自立運営を期待しつつ、事業計画書や収支予算に基づき、収支に不足を生じると認められる場合は、指定管理料を協議の上定めていくこととなるが、これまでの委託料に比べると、額は低く設定することになる。また、施設の使用については、今までとほぼ同じ形で利用者に提供されるよう調整してまいりたいとのことでありました。


 また、使用料について、上限額が時間単位になっているが、従来の全日、半日単位がなくなり、時間単位で設定されるのかとの質疑に対し、上限を時間単位で定めたものであり、従来の全日、半日、夜間の区分や、それ以外の時間単位でも貸し出しができるもので、利用の促進が図れるよう、指定管理者の裁量に任せるとのことでありました。


 次に、議第128号、議第131号及び議第132号についてであります。


 いずれも法律等の改正により、引用条項にずれ等が生じたもので、引用条項を整備するため一部改正を行うとの説明がありました。


 次に、議第133号 宮津市公共下水道使用料条例の一部改正についてであります。


 下水道事業の経営安定化を図るため、公共下水道使用料を改定するもので、基本料金については、10立方メートル当たり現行900円を1,350円とし、超過料金についても所要の改正を行いたい。改定率は、平均49.8%であるとの説明を受けました。なお、実施時期は、公共下水道使用料金等審議会の答申に付記された意見を勘案し、平成18年10月分から実施することとし、市民に対する周知は、広報みやづへの掲載及び対象自治会への資料配布により行うとの説明がありました。


 質疑の中で、水洗化率は74%であるとのことでありましたが、未利用者の加入促進も大事であるが、100%加入されたとしても、現行料金では約1億円の不足が生じることとなる。その原因は何かとの質疑に対し、自然条件等により整備費が高くつき、当初計画より整備面積が少なくなり、水洗化人口も減少したため、流量下水量が少なくなる等、下水道使用料金と流域下水道維持管理負担金の乖離が大きくなったためである。当初の料金設定では、維持管理費はほぼ賄える設定であったとの答弁がありました。


 また、12年間料金改定をしなかったのはなぜかという質疑に対し、利用の状況を勘案し、水洗化促進の観点や水道料金の改定等もあり、今回の改定となったとのことでありました。


 まとめにおいては、宮津市公共下水道使用料の改定について、宮津市の財政状況等を勘案すると、一定理解はできるが、9月議会で国民健康保険料の改定があり、また今回ごみの有料化も提案されており、それに加えて、今、下水道使用料金の値上げをすることは性急であるので、時期をずらすべきだ、市民の理解も得られないという意見がありましたが、委員会としては、一つ、指定管理者制度に移行するに当たっては、市民の利便性が後退することのないよう十分考慮すべき、一つ、下水道使用料金の改定については、?適正な時期にそのときの状況に見合った料金改定をすべき、?未加入者の加入促進について強力に働きかけをすべき、?改定に当たっては、予定している10月請求分から実施するのではなく、11月請求分から実施をすべき、?宮津市公共下水道使用料金等審議会の付記された意見を十分尊重されたいとの5点を意見を付し、議第118号から議第127号、議第129号及び議第130号の12件一括、議第128号、議第131号及び議第132号の3件一括、議第133号1件についてそれぞれ採決の結果、いずれも全員賛成により、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 一括して討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか。


 馬谷和男さん。


               〔馬谷議員 登壇〕


○議員(馬谷和男)   ただいま議題となりました議第133号 宮津市公共下水道使用料条例の一部改正について、日本共産党宮津市会議員団を代表して見解を述べ、討論といたします。


 今回提案された条例改正は、下水道使用料を50%近く大幅に引き上げようとするもので、その理由として、下水道事業スタート時点の使用料そのものが低額である上に、12年間にわたり料金改定を行わなかったこと、また、下水道の面整備や普及率が計画どおり進んでいないこと、さらに、流域下水道の負担金が下水道事業会計を圧迫していることなどが上げられております。


 しかし、そのいずれの理由も市民には全く責任がありません。特に下水道事業スタート時点から12年間続いてきた現行使用料は、下水道の普及を促進させたいという市当局の政策的な側面が極めて色濃いものです。


 下水道の維持管理費が赤字を生むに至った原因が専ら行政側にあるのなら、その責任は当然市当局が負うべきであって、下水道使用料の大幅引き上げという、市民に責任を転嫁するがごとき対応には、日本共産党宮津市会議員団は賛成できません。


 第2に、下水道使用料の大幅な引き上げは、市民はもとより、特に下水道の使用量が大きいホテル、旅館、飲食関係などの地元業者に多大な負担を強いることになります。


 今、小泉自公政権のもとで、税制や医療制度等の大幅な改悪が画策され、国民の負担増は3兆3,000億円に達すると報じられておりますが、その上に国保税の引き上げ、ごみの有料化など、公共料金が次々と引き上げられれば、市民の暮らしも営業も一層困難となることは間違いありません。


 このようなとき、宮津市の地域経済をますます冷え込ませるような施策は避けるべきであります。


 第3に、多大な累積赤字を抱える下水道事業会計の現状は、当然のことながら、市長の行政執行と財政運営の大きな問題点が反映しており、そのしわ寄せをもろに受けているという事実です。


 下水道は、全国どこの自治体でも住民の要望が強く、また、住民が文化的な生活を営むバロメーターとして力を注いでおります。このようなもとで、十分とは言えないまでも、下水道事業に対する交付税措置もされておれば、多くの自治体が住民負担の軽減策として交付税措置額を超える一般会計からの繰り入れも行っております。


 ところが、本市では、財政が極度に緊迫し、本来下水道事業会計に繰り入れなければならない交付税措置額を他に流用するという事態が生じており、これが下水道事業会計の多大な累積赤字を生む要因となっております。仮に市長が情勢の変動や財政運営の見通しを誤らず、本市が健全財政で推移しておれば、下水道使用料のこのような大幅引き上げは避けられたものと思われます。


 このように、今回の下水道使用料の大幅引き上げは、市政運営の根幹にかかわる問題であり、行政の一部分として見るわけにはいきません。


 以上の理由を述べて、本条例の改正に対し、日本共産党市会議員団の反対討論といたします。


○議長(森岡一雄)   他に御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議題のうち、まず、議第133号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 多 数〕


○議長(森岡一雄)   起立多数であります。本件は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、議第118号から議第132号までの15件を一括して採決いたします。15件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。15件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。15件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第6 議第141号を議題といたします。


 順次、委員長の報告を願います。


 総務文教委員長、木内利明さん。


             〔木内総務文教委員長 登壇〕


○総務文教委員長(木内利明)   ただいま議題となりました議第141号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、当委員会に付託されました所管部分につきまして、その審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 審査においては、今回の補正予算は、総額で2,505万1,000円を追加計上し、予算総額を128億6,726万7,000円にするものであります。


 所管分について、主な歳出ですが、来春に行われる京都府知事選挙に係る平成17年度分の経費650万円、この経費については、全額、平成17年度府支出金・委託金での歳入が見込まれています。


 次に、コミュニティ助成事業の採択に伴い、滝馬自治会の祭用備品として長胴太鼓(2尺)1台、長胴太鼓(1尺・両面三巴入り)1台、締太鼓4台に対する助成金250万円。


 次に、国・府・全国市町村を相互に結ぶ国全体のネットワークシステムの構築として、総合行政ネットワークシステム基盤整備事業に135万4,000円。


 次に、日本消防協会助成事業の採択に伴い、自衛消防隊(江尻婦人自衛消防隊)の老朽化した軽可搬ポンプの更新に要する経費100万円がそれぞれ追加計上となっております。


 当委員会としては、特に申し上げる意見等もなく、採決の結果、全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   次に、厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   ただいま議題となっております議第141号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、厚生水道委員会に付託されました所管部分につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 質疑においては、障害者認定審査試行事業にかかわり、調査員、認定審査会のあり方について質疑があり、訪問調査は、来年4月から9月までは職員で対応していくが、将来的には委託も考えている。審査会については、件数が介護保険ほど多くないことから広域での設置を考えているが、丹後圏域では、京丹後市が既に単独設置を表明されているため、1市4町での設置に向け検討に入っている。委員は、医師や障害福祉関係の学識経験者等で構成し、設置圏域内で選任との答弁がありました。


 審査の結果、委員会として特に付すべき意見もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   次に、経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となっております議第141号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第5号)中、経済建設委員会に付託された所管部分について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 まず、林業施設災害復旧事業については、台風23号に伴う林道尾手路線の8工区に係る国庫災害復旧事業及び林道・治山事業の積算事務の簡素化を図るため、京都府が使用している林道・治山事業積算システムの購入費であるとの説明がありました。


 積算システムの購入に対して、その内容と費用対効果について、また災害復旧に対しては、今の時期に予算計上をしたのはなぜかとの質疑があり、積算システムについては、システムの中に単価表がデータとしてあり、工事延長等を入力すれば自動的に積算し、設計書がつくれるようになっている。昨年の災害時は、手計算では追いつかないためリースをしていたが、今後、林道事業・治山事業が継続してあり、購入しても約2年で採算がとれるとのことでありました。


 復旧工事費の予算計上については、接続する市道下世屋畑線の道路復旧工事の進捗が当初見込みより早まり、17年度工事完了の見込みとなったため、京都府の指導もあり、今回予算計上じた。なお、これで台風23号に係る林道災害の予算措置はすべて済み、早期復旧に努めてまいりたいとのことでありました。


 次に、LOHAS調査研究事業についてであります。


 民間と大学によるLOHAS宮津・里山研究会が取り組む地域資源を活用した健康産業の創出に関する共同研究が、京都ウェルネス産業コンソーシアム助成事業に採択されたことから、市としても支援するとの説明を受けました。


 次に、企業誘致対策事業については、水を活用した企業を誘致するため、由良の2ヵ所で試掘し、水量・水質を調査するとの説明を受けました。


 水利用の企業誘致とはどういった内容か、水が出ない場合はどうするのかとの質疑があり、企業は特定していないが、おいしい水等、水を素材とした業種を誘致したいと考えている。水量については、専門家からは一定確保できると聞いているとのことでありました。


 次に、観光ネットワーク事業として、浜町埋立地未利用地を有効に活用するため、浜町の整備にあわせ、文珠・府中等のネットワーク機能を構築し、観光地として整備するめの調査をするとの説明を受けました。


 由良地区はどうなのかとの質疑があり、今回は調査のエリアが限定されているため対象となっていないが、将来的には海上ネットワーク等、由良も含めて考えたいという構想はあり、可能性も含めて調査はしたいとのことでありました。


 以上、主なものを申し述べましたが、委員会としては特に申し上げる意見もなく、採決の結果、全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの各委員長の報告に対する質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 討論に入ります。ただいまの各委員長の報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第141号を採決いたします。本件に対する各委員長の報告は、可決であります。本件は、各委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、各委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第7 議第142号を議題といたします。


 委員長の報告を願います。


 経済建設委員長、福井愿則さん。


             〔福井経済建設委員長 登壇〕


○経済建設委員長(福井愿則)   ただいま議題となりました議第142号 平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 補正の内容は、補助対象事業費を1,000万円追加支出し、それに伴う財源調整で単独事業費を1,000万円減額するものである。なお、補助対象事業については、地下水対策等、単独事業については他事業との調整により、整備を後年度に送ることにしたとの説明を受けました。


 委員会としては特に申し上げる意見もなく、採決の結果、全員賛成で、原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第142号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第8 議第143号を議題といたします。


 委員長の報告を願います。


 厚生水道委員長、下野正憲さん。


             〔下野厚生水道委員長 登壇〕


○厚生水道委員長(下野正憲)   ただいま議題となりました議第143号 平成17年度宮津市市立診療所事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。


 本件は、日置・府中両診療所の患者数の増加に伴う補正であるとの説明がありました。


 質疑においては、患者数の増加の要因は病診連携によるものかとの質疑があり、地域人口が減少する中での増加であり、病診連携以外に大きな要因は見当たらないとの答弁がありました。


 審査の結果、委員会として特に付すべき意見もなく、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(森岡一雄)   ただいまの委員長報告に対しての質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 討論に入ります。ただいまの委員長報告に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第143号を採決いたします。本件に対する委員長の報告は、可決であります。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、委員長報告のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第9 議第144号から議第155号までの12件を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を願います。


 上田総務部長。


              〔上田総務部長 登壇〕


○総務部長(上田清和)   私から、議第144号から議第147号までの4件及び議第154号、議第155号の2件の、計6件につきまして提案理由の御説明を申し上げます。


 まず、議第144号 丹後地区広域市町村圏事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び丹後地区広域市町村圏事務組合規約の変更について、議第146号 丹後地区土地開発公社定款の一部変更について、議第147号 宮津与謝消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び宮津与謝消防組合規約の変更についての3件についてでございます。


 いずれも、来年3月1日に合併により与謝野町が設置されることに伴い、各団体の規約または定款について、構成団体の名称変更等所要の改正を行うものでございます。


 次に、議第145号 宮津市・加悦町・岩滝町・伊根町・野田川町合併協議会の廃止についてでございます。


 これも与謝野町の設置に伴い、2月28日をもって本協議会を廃止することとしてお諮りするものでございます。


 次に、議第154号 宮津市長、助役及び収入役の給与に関する条例の一部改正について及び議第155号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正についてでございます。


 いずれも、職員の給与改定にかかわるものでございますが、改正の概要につきましてはお手元に参考資料を配付させていただいておりますので、あわせてごらんいただきたいと存じます。


 まず、議第155号 宮津市一般職職員の給与に関する条例の一部改正についてでございます。


 従来から、本市職員の給与につきましては、国家公務員に準拠することを基本といたしておりますが、本年度の改定につきましても、人事院勧告並びに国家公務員の給与法の一部改正に準じることを基本に、本俸及び諸手当を改定しようとするものでございます。


 ただし、本年度の人勧に伴う改正内容は、本俸及び扶養手当はマイナス、勤勉手当はプラスという内容の中で、プラス・マイナスあわせると、年間給与ではほとんど差がないことから、年度途中の改定を見送り、職員組合の合意を得て、来年4月からの実施とするものでございます。


 なお、本年人勧では、今回の改正内容に加えて、来年度から抜本的な給与構造の見直しもあわせて勧告されたところでございます。


 さらに、本市の危機的な財政状況を克服するためには、現在の独自の給与減額措置についても、4月から拡大して継続する必要があるものと考えております。


 このことから、現在、その準備作業や職員組合との協議を進めているところでございますが、これらの改正内容につきましては、改めて3月議会でお諮りする予定としております。


 次に、議第154号 宮津市長、助役及び収入役の給与に関する条例の一部改正についてでございます。


 本市三役の期末手当については、従来から国家公務員の指定職に準じた支給割合としていることから、本年人勧の改定に準じて、年間0.05月分のプラス改定をしようとするものでございます。実施時期は、一般職の勤勉手当同様、来年4月からといたしております。


 なお、この条例改正に伴い、準用規定により、議員及び教育長の期末手当も同様の改定が図られることとなります。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡一雄)   山口市民部長。


              〔山口市民部長 登壇〕


○市民部長(山口雅夫)   私から、議第148号から議第152号までの5件につきまして、相関連がありますので、一括して提案理由の御説明を申し上げます。


 来年の3月1日に、加悦町、岩滝町及び野田川町が合併し、与謝野町が設置されることに伴い、平成14年10月1日から実施しております廃棄物の広域処理に係る規約について、加悦町、岩滝町及び野田川町との規約を廃止し、与謝野町との規約を定めますとともに、伊根町との規約について、団体の名称変更等所要の改正を行おうとするものでございます。


 以上、まことに簡単ですが、提案理由の説明とさせていただきます。


 よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡一雄)   中島教育次長。


              〔中島教育次長 登壇〕


○教育次長(中島節史)   私から、議第153号 岩滝町宮津市中学校組合規約の変更について、提案理由の御説明を申し上げます。


 岩滝町宮津市中学校組合を組織する岩滝町が、来年3月1日に加悦町及び野田川町と合併し、新たに与謝野町となりますことから、当組合規約の変更が生じますので、所要の改正を行うものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡一雄)   ここで議案熟読のため、約15分間休憩いたします。


             (休憩 午前11時19分)


          ────────────────────


             (再開 午後11時35分)


○議長(森岡一雄)   休憩前に引き続き会議を開きます。


 議題のうち、まず、議第144号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。


 これで討論を終結いたします。


 議第144号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第145号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第145号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第146号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第146号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第147号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第147号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第148号から議第152号までの5件に対し、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。5件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。5件については、委員会付託を省略することに決しました。


 一括して討論に入ります。5件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第148号から議第152号までの5件を一括して採決いたします。5件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。5件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第153号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第153号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第154号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第154号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


 次に、議第155号を議題といたします。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りします。本件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。本件については、委員会付託を省略することに決しました。


 討論に入ります。本件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第155号を採決いたします。本件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立を願います。


               〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。本件は、原案のとおり可決されました。


          ────────────────────


○議長(森岡一雄)   日程第10 常任委員会、議会運営委員会並びに特別委員会の審査及び調査を閉会中も継続するの件を議題といたします。


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                        総務文教委員長 木 内 利 明





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)行財政・税制について


 (2)総合計画について


 (3)教育について


 (4)消防・防災について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                        厚生水道委員長 下 野 正 憲





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)福祉について


 (2)環境衛生について


 (3)保健・医療について


 (4)上水道事業について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                        経済建設委員長 福 井 愿 則





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)農林・水産業について


 (2)商工・観光について


 (3)労政・定住促進について


 (4)企業誘致について


 (5)都市計画について


 (6)土木・建築について


 (7)下水道事業について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                     議会運営委員会委員長 ? 本 良 孝





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)本会議等の運営について


 (2)次期議会の日程について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                 議会情報化等特別委員会委員長 馬 谷 和 男





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)議会広報の編集・発行及び調査・研究に関する事項について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                 地域整備促進特別委員会委員長 平 野   亮





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)高速自動車道について


 (2)大手川等改修対策について


 (3)丹後リゾート開発について


 (4)都市再開発(浜町埋立地)について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                             平成17年12月22日


 議長 森 岡 一 雄 様


                   議会改革特別委員会委員長 木 村 健 二





   閉会中の継続審査及び調査申出書


 本委員会は、審査及び調査中の事件について、閉会中もなお継続審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第104条の規定により申し出ます。


                   記


1 事 件


 (1)議員定数について


 (2)一般質問のあり方について


 (3)日曜議会の開催について


 (4)その他議会改革について


2 理 由


  審査及び調査が結了しないため


        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


○議長(森岡一雄)   各委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の審査及び調査の申し出があります。


 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の審査及び調査に付することに御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。各委員長から申し出のとおり決定いたしました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 ここで市長から発言の申し出がありますので、受けることといたします。


 ?田市長。


               〔?田市長 登壇〕


○市長(?田敏夫)   ただいま12月定例会に上程申し上げました議案、追加も含めましてすべて可決として議了をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。


 大変厳しい財政状況の中で、何とかこの困難を克服をして、将来への持続的な発展を目指しながら、市民との協働の中で頑張っていきたいと、このように思っております。今後ともの御理解、御協力をお願い申し上げます。


 さて、本年も残すところあとわずかでございます。皆さんにもひとつ御家族ともどもよい年を迎えられますようお祈りを申し上げる次第でございます。


 大変お疲れのところ恐縮でございますが、お許しをいただきまして、収入役の人事の件について御報告を申し上げ、また、今後のことにつきましても御承知いただきたいと思います。御理解をお願いをする次第です。


 才本収入役でございますが、御承知のとおり任期が来年の1月21日をもって満了いたします。才本収入役は、昭和41年に宮津市に奉職をいたしまして、建設課勤務を振り出しに、平成3年には産業部の商工観光課の主幹、平成4年に企画部開発振興課長、平成6年には建設部長として市の要職を担っていただきました。この間、世屋高原の家族旅行村の誘致、整備とか、あるいは財団法人市民実践活動センターの立ち上げでございますとか、さらには鉄道存続に係りますKTRの体制整備、また、京都縦貫自動車道綾部宮津道路の開通促進、それとかかわります中町地区の沿道区画整理方、街路事業の推進など、その時々の重要課題にも取り組んでいただいたところでございます。


 さらに、引き続いて平成10年の1月に収入役への就任をお願いをし、以来2期8年にわたりまして市の出納責任者として、また、市三役としての職責を果たしていただいたところでございます。


 今般2期目の任期が満了するに当たりまして、御自身から、現在の宮津市の各般の諸情勢を考えて、今期で退きたいというような一連のお話も伺い、申し出を受けたところでございます。私といたしましても、これを真摯に受けとめまして、1月22日以降は、当面、収入役不在として対応し、今後その職そのもののあり方についても検討してまいりたいと、このように考えておるところでございます。


 以上、収入役人事に係ります今後の考え方について申し述べました。あらかじめ御了知の上、御理解を賜りたいと、このように思っております。


 なお、この後、お許しいただいて、収入役自身からごあいさつを申し上げたいということでございますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(森岡一雄)   才本収入役。


               〔才本収入役 登壇〕


○収入役(才本進)   議会後の貴重な時間をおかりいたしまして一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいま市長さんの方から御丁寧に御説明をいただきましたように、私、来年、平成18年1月21日の2期目の任期満了をもちまして、宮津市収入役の職を退任させていただくことになりました。こうして退任のごあいさつをさせていただく機会を設けていただきましたことに、議長さん初め、議員の皆さんに厚くお礼を申し上げます。


 私は、先ほどもございましたように、昭和41年宮津市職員に採用されまして、平成10年1月からは収入役に就任させていただき、2期8年間、通算では39年と6ヵ月間宮津市にお世話になりました。その間、13の職場を経験させていただき、その職場ごと、また業務ごと、また私の立場ごとにいろいろの思い出がございますが、中でも昨年の台風23号による大災害、天災とは申しましても、衝撃的な出来事でございました。


 また、この災害の傷跡もまだ完全にはいえない中で、さらに財政面などかつてない大きな試練の時を迎える宮津市に何のお役にも立てず退任させていただくことに、まことに申しわけない気持ちもいたしますが、一方で、今後、より一層の経費削減、また、簡素な組織で効率的な行政運営というものが求められます今こそ、退任に最善のタイミングであると私自身は考えておるところでございます。


 退任を前に我が身を振り返りまして、浅学非才の身で何とか今日まで職責を果たしてこれましたのも、議員の皆さん、また市長さん、また先輩、同僚の諸氏の公私にわたる御指導、御交誼のたまものと、厚くお礼申し上げます。


 終わりになりましたが、宮津市の今後のますますの発展と皆様方の御活躍を祈念申し上げまして、まことに簡単で意を尽くしませんが、退任のごあいさつとさせていただきます。本当に長い間ありがとうございました。


                  (拍手)


               〔森岡議長 起立〕


○議長(森岡一雄)   それでは、12月定例会の閉会に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。


 今定例会は、12月1日開会以来、本日まで22日間にわたりまして、提案されました諸議案に対し、議員の皆様には熱心に御審議いただき、本日ここに全議題を終了し閉会できますことは、議員皆様の御精励と、市長初め理事者の皆様の御協力のたまものと、御礼を申し上げます。


 ことしも余すところわずかとなりました。皆様方におかれましては気ぜわしい年の瀬を迎えられますが、くれぐれも御自愛をいただきまして、よいお年を迎えられますようお祈りいたしまして閉会のごあいさつとさせていただきます。


               〔森岡議長 着席〕


 これで本日の会議を閉じ、平成17年第6回12月宮津市議会定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。


             (閉会 午前11時51分)





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








                 宮津市議会議長   森 岡 一 雄





                 会議録署名議員   小 田 彰 彦





                  同   上    北 仲   篤