議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宮津市

平成17年第 3回臨時会(第1日 5月27日)




平成17年第 3回臨時会(第1日 5月27日)





 



     平成17年 宮津市議会臨時会議事速記録 第1号


      第3回





平成17年5月27日(金) 午前10時00分 開会





◎出席議員(21名)


   北 仲   篤     谷 口 喜 弘     下 野 正 憲


   大 森 秀 朗     仲 島 淳 一     吉 田   透


   平 野   亮     木 内 利 明     森 岡 一 雄


   木 村 健 二     橋 本 俊 次     尾 上 董 明


   齊 藤 末 夫     馬 谷 和 男     福 井 愿 則


   宇都宮 和 子     ? 本 良 孝     松 本   隆


   松 浦 登美義     小 田 彰 彦     安 達   稔





◎欠席議員   な し





◎議会事務局


   局長      小 倉 勇次郎    課長      志 達 正 一


   議事調査係長  松 原   護    主査      林 本 佳代子





◎説明のため出席した者の職氏名


   市長      ? 田 敏 夫    助役      井 上 正 嗣


   収入役     才 本   進    総務部長    上 田 清 和


   市民部長    山 口 雅 夫    福祉部長    松 田 文 彦


   産業経済部長  大 西 俊 三    建設部長    山 ? 文 博


   水道部長    南   繁 夫    総務部次長   森   和 宏


   産業経済部理事 坂 根 雅 人    建設部次長   前 田 良 二


   合併調整室長  山 口 孝 幸    財政課長    小 西   肇


   教育委員長   上 羽 堅 一    教育長     横 山 光 彦


   教育次長    中 島 節 史    監査委員    森 井 克 實





◎議事日程  平成17年5月27日(金) 午前10時 開会


 日程第1 諸報告


 日程第2 会議録署名議員の指名


 日程第3 会期の決定


 日程第4 報告第1号 専決処分の承認を求めることについて(宮津市市税条例の一部を改正する条例)


      報告第2号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度宮津市一般会計補正予算(第7号))


      報告第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度宮津市老人保健医療特別会計補正予算(第2号))


      議第56号 平成17年度宮津市一般会計補正予算(第1号)


      議第57号 平成17年度宮津市土地建物造成事業特別会計補正予算(第1号)


      議第58号 平成17年度宮津市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)


      議第59号 平成17年度宮津市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


            ――――――――――――――――――――――――


             (開会 午前10時00分)


○議長(森岡一雄)   おはようございます。


 ただいまから平成17年第3回宮津市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 日程に入るに先だち、市長から人事異動についての発言の申し出がありますので、これを受けることといたします。


 ?田市長。


               〔?田市長 登壇〕


○市長(?田敏夫)   おはようございます。


 本日、臨時議会をお願いをいたしました。議員の皆さんには、何かと御多用の中を御出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。


 ここでお許しをいただきまして、去る4月1日付で行いました人事異動に伴います議会出席者の異動について、御紹介をさせていただきます。


 産業経済部長に、大西俊三。建設部次長・都市整備課長事務取扱に前田良二。


 以上、二人でございます。よろしくお願いを申し上げます。


○議長(森岡一雄)   日程第1「諸報告」であります。


 監査委員から地方自治法第199条第9項の規定に基づく平成16年度定期監査結果報告書及び地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく平成16年度1月分及び2月分の一般会計、特別会計、基金等並びに水道事業会計の2月分及び3月分の例月出納検査結果報告書が提出されており、原文は議会事務局に保管しておりますので、随時ごらんおきを願います。


 次に、平成17年4月22日に、舞鶴市商工観光センターにおいて、舞鶴市議会主催の議員研修会が行われ、宮津市議会から13名の議員派遣を行いましたので、御報告いたします。


         


        ――――――――――――――――――――――――


○議長(森岡一雄)   日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、


          齊 藤 末 夫さん   馬 谷 和 男さん


 を指名いたします。


        ――――――――――――――――――――――――


         


○議長(森岡一雄)   日程第3「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。今臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。会期は本日1日間と決定いたしました。


        ――――――――――――――――――――――――


         


○議長(森岡一雄)   日程第4 報告第1号から報告第3号まで並びに議第56号から議第59号までの7件を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を願います。上田総務部長。


              〔上田総務部長 登壇〕


○総務部長(上田清和)   それでは、私から、報告第1号から報告第3号につきまして、御説明を申し上げます。


 報告第1号につきましては、先の3月定例会閉会後の全員協議会におきまして、専決処分の必要性から、あらかじめその概要について御説明申し上げたところでございます。


 なお、半島振興法等の改正に伴い、不均一課税の対象業種に「旅館業」が加えられるとして、「半島振興法における固定資産税の特例に関する条例」の一部改正についても御説明申し上げましたが、その後、今回の改正により、旅館業が対象となる地域は、半島振興対策地域のうち「過疎地域に準ずる地域」であり、宮津市はその地域に該当しないことが明らかになりましたので、御理解いただきたいと存じます。


 今回の改正の概要につきましては、お手元に資料を配付させていただいておりますので、ごらんいただきたいと存じます。


 報告第1号 市税条例の改正につきましては、今国会で地方税法等の一部を改正する法律が3月18日に可決成立し、3月25日付で公布されたことを受けまして、地方自治法第179条第1項の規定により、3月31日付で専決処分させていただいたものでございます。


 それでは、市税条例の一部を改正する条例の主な改正点につきまして御説明申し上げます。


 まず、個人市民税関係の改正でございますが、年齢による優遇措置の見直しと現役世代と高齢者間の税負担の公平を確保するため、年齢65歳以上の者に対する非課税措置及び減額措置を廃止するものでございます。


 なお、非課税措置の廃止につきましては、経過措置を講ずることといたしております。


 次に、肉用牛の売却による事業所得の課税の特例の延長につきましては、肉用牛生産の健全な発展と経営の安定を図るため、肉用牛の売却による事業所得に係る所得割額を免除する課税の特例の適用期限を平成21年度まで3年間延長するものでございます。


 次に、金融証券税制の改正につきましては、「新規公開株式に係る譲渡所得等の金額を2分の1とする課税の特例」について、上場株式等に係る譲渡所得等の課税の特例との関係から廃止するものでございます。


 次に、特定管理株式が価値を失った場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の創設につきましては、特定口座で管理されていた株式が、発行会社の倒産による清算結了等により、無価値化損失となった場合は、株式等の譲渡損失とみなす措置を講ずるものでございます。


 次に、特定中小会社が発行した株式の譲渡所得等の課税特例の延長につきましては、特定中小会社が発行した株式の譲渡所得等の金額を2分の1とする税制上の優遇措置を2年間延長するものでございます。


 次に、固定資産税関係でございますが、震災等の長期避難指示に係る被災住宅用地を避難指示等の解除後3年度分まで住宅用地とみなす特例措置が創設されたものでございます。


 次に、特別土地保有税及び都市計画税関係につきましては、今回の地方税法の改正に伴い、引用しております条項を整理するものでございます。


 次に、報告第2号及び報告第3号の予算関係2件につきまして、御説明を申し上げます。


 3月31日付で専決処分させていただきました補正予算は、一般会計、老人保健医療特別会計で、総額4,241万5,000円を増額補正したものでございます。


 最初に、一般会計補正予算(第7号)でございます。


 平成16年度発行の市債に係る許可予定額の見通しに基づき、歳入歳出それぞれ所要の補正を行いましたほか、医療給付費の決定に伴う老人保健医療特別会計繰出金を増額する一方で、歳入予算の減額に合わせて予備費を減額補正したものでございます。


 次に、老人保健医療特別会計補正予算(第2号)でございます。


 医療給付費の決定に伴うもので、あわせて、支払基金交付金、国・府支出金及び一般会計繰入金等の財源調整をいたしたものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、3件御報告を申し上げます。よろしく御承認を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(森岡一雄)   ?田市長。


               〔?田市長 登壇〕


○市長(?田敏夫)   続きまして、私の方から、議第56号から議第59号までの予算関係4件につきまして、御説明申し上げます。


 今回、お願いいたしております補正予算は、一般会計及び特別会計3件で、補正総額は19億9,333万9,000円でございます。


 最初に、議第56号 一般会計補正予算(第1号)でございます。


 今回、歳入歳出ともに9億7,950万円を追加いたしまして、予算の総額を123億6,130万7,000円とするものでございます。


 下水道事業特別会計における繰上充用に係る財源として、繰出金9億7,950万円を追加計上するもので、その財源としましては、財政健全化債の発行による市債を計上いたしております。


 次に、特別会計3件でございます。


 いずれも平成16年度末におきまして赤字が見込まれますことから、地方自治法施行令第166条の2の規定により、繰上充用をしようとするもので、補正総額は10億1,383万9,000円でございます。


 その内容につきましては、参考資料として配付いたしております「平成16年度会計別決算見込調書」をごらんいただきたいと存じます。


 まず、議第57号 土地建物造成事業特別会計補正予算(第1号)でございます。


 平成16年度の単年度収支は1億9,441万4,000円の黒字となる見込みでございますが、前年度までの累積赤字があることから、これと相殺し、2億1,245万2,000円を繰上充用しようとするものでございます。


 次に、議第58号 老人保健医療特別会計補正予算(第1号)でございます。


 御承知のとおり、この会計につきましては、老人保健法に基づきまして、医療給付費等を社会保険診療報酬支払基金、国、府及び市がそれぞれ負担することとなっております。市以外は概算で交付され、翌年度において過不足を精算する方法がとられております。今回の補正も、このことによるものでございまして、合計で3,420万6,000円の赤字となっており、その額を繰上充用しようとするものでございます。


 次に、議第59号 下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。


 この会計につきましては、公債費及び維持管理費の膨らみに加え、使用料収入の伸び悩みから、年々収支差が拡大し、一般会計からの繰入必要額が増加する傾向となっております。


 今回の補正は、一般会計において、昨年の台風23号に係る施策にかかわって財源不足が生じたこと、また、予定していた市有財産の処分ができなかったことなど、きわめて厳しい財政状況にあることから、平成16年度においては、一般会計からの繰り入れを見送ることとし、結果として、9億7,300万円の赤字が生じる見込みとなっておりますことから、その額を繰上充用しようとするものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、よろしく御審議の上、可決賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(森岡一雄)   ここで、議案熟読のため、約15分間休憩をいたします。


             (休憩 午前10時13分)


        ――――――――――――――――――――――――


             (再開 午前10時28分)


○議長(森岡一雄)   休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより質疑に入ります。議題のうち、まず報告第1号から報告第3号までの3件について、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。3件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。


 3件については、委員会付託を省略することに決しました。


 一括して討論に入ります。3件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 報告第1号から報告第3号までの3件を一括して採決いたします。


 3件は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんは起立願います。


              〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。


 3件は、承認することに決しました。


        ――――――――――――――――――――――――


○議長(森岡一雄)    次に、議第56号から議第59号までの4件について、一括して質疑に入ります。御質疑はありませんか‥‥‥馬谷和男さん。


○議員(馬谷和男)   議第59号の下水道事業特別会計補正予算について、ちょっとお聞きしたいんですが、9億7,950万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれというふうに書いてありますけれども、下水道事業の今後の見通しですか、どのように見通しをされているのか、その辺ちょっと詳しくお聞かせ願いたいです。


○議長(森岡一雄)   山?建設部長。


○建設部長(山?文博)   下水道事業につきましては、供用開始から現在で12年を経過いたしております。使用料で維持管理費の今のところ60%しか賄えてない状況にございまして、先日の全員協議会のときにもお示ししました財源の健全化対策でも示しておりますけれども、今後、下水道の経営安定化計画を策定しまして、維持管理費をある程度回収できる料金体系を今年度中に行い、まず増収に努めたいと考えております。


 それと、建設コストの縮減と効率的な整備にも努めてまいりたいと考えております。ただ、下水道事業は公共用水域の水質保全や生活環境の改善と公益便益を生む事業でございますので、まだそれと建設途上にもあるということから、一般会計の繰り入れによりましてある程度整備は進めてまいりたいと考えております。


 御理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。


○議長(森岡一雄)   他に御質疑はありませんか‥‥‥質疑なしと認めます。これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。4件については、委員会付託を省略することにいたしたいと思います。御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(森岡一雄)   異議なしと認めます。


 4件については、委員会付託を省略することに決しました。


 一括して討論に入ります。4件に対し、反対その他の御意見はありませんか‥‥‥意見なしと認めます。これで討論を終結いたします。


 議第56号から議第59号までの4件を一括して採決いたします。4件は、原案のとおり決することに賛成の皆さんは起立願います。


              〔起 立 全 員〕


○議長(森岡一雄)   起立全員であります。


 4件は、原案のとおり可決されました。


        ――――――――――――――――――――――――


○議長(森岡一雄)   以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 これで本日の会議を閉じ、平成17年第3回宮津市議会臨時会を閉会いたします。


             (閉会 午前 10時32分)





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








                 宮津市議会議長   森 岡 一 雄





                 会議録署名議員   齊 藤 末 夫





                  同   上    馬 谷 和 男