議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成27年 11月 建設水道常任委員会(第10回) 日程単位表示




平成27年 11月 建設水道常任委員会(第10回) − 11月24日−10号







平成27年 11月 建設水道常任委員会(第10回)



          建設水道常任委員会会議記録(第10回)

日時    平成27年11月24日(火)午前10時00分〜午後2時46分

場所    第2委員会室

出席委員  関谷委員長、渡辺副委員長、坂本、岡本、西川、堀、池田の各委員

説明員   木村副市長、齋藤理事、津田建設総括室主幹、安田建設部長、伊賀同部参事、木下都市整備部長、平野同部副部長、岸本同部参事、小片公園緑地課副課長、横山都市計画課長、大井上同課副課長、谷口歴史まちづくり推進課副課長、嶋本交通政策課長

事務局   東議会事務局次長、澤田主任

付議事件  1.宇治川改修工事等について

      2.宇治都市計画生産緑地地区の変更について

      3.第40回宇治市都市計画審議会の開催について

      4.(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要について

      5.木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集について

                   (以上、建設総括室、都市整備部)

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時00分 開会



○関谷智子委員長 ただいまから、第10回建設水道常任委員会を開会いたします。

 本日の委員会は、お手元に配付いたしております会議日程により進めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.宇治川改修工事等について

[資料−−−−「宇治川改修工事等について」−−−−一部省略]



○関谷智子委員長 それでは日程第1、宇治川改修工事等の件を議題といたします。当局の説明を求めます。津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 日程第1、宇治川改修工事等につきまして御報告いたします。お配りしております資料につきましては、国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所からいただいたものでございます。

 今回御報告いたします河川工事は、10月13日に情報提供させていただきました塔の島地区の護岸工事2件と、11月2日に情報提供させていただきました槇島地区の堤防整備工事でございます。また、宇治公園の今年度の植栽計画についても、あわせて御報告いたします。

 では、資料に沿って説明させていただきます。A3判資料1ページ、河川工事のお知らせをごらんください。今年度の塔の島地区の工事は、?塔の島護岸改修工事と、?塔の島左岸護岸ほか工事でございます。

 2ページの平面図をごらんください。塔の島護岸改修工事は、赤色で表示されております。宇治川本川側と工事用道路を施工するものです。塔の島左岸ほか工事は、緑色で表示されております塔の川側と喜撰橋の橋脚の補強工事を行うものとなります。それぞれの標準的な断面は、下段に記載のとおりでございます。

 また、塔の島への工事用車両進入のため、塔の島上流の仮締め切り矢板を利用して、大型土のうを設置し、工事用道路が築造をされます。この工事は10月19日より着手されており、既に塔の島まで築造されております。現在は、塔の島から橘島に向かって、築造工事が実施されているところでございます。

 なお、この工事用道路の左側につきましては、観光客の往来がありますこと、旅館が立ち並んでおりますことから、大型土のうに緑化シートを覆うことにより、景観への配慮に取り組まれております。このイメージ写真が8ページでございます。左から、工事用道路箇所の工事前、無対策の場合、緑化シート設置後となっております。

 お戻りいただき、3ページから7ページは、工事に伴って段階的に行われる宇治公園への立ち入り制限の平面図でございます。

 3ページの、宇治公園占用図(1)をごらんください。12月7日までは秋の観光シーズンでありますことから、塔の島への立ち入り制限を行わない状態で、宇治川本川側の仮設工事が行われる予定でございます。

 4ページの、宇治公園占用図(2)をごらんください。12月8日からは、塔の川側の工事着手に伴い、塔の島への立ち入り制限を行うこととなりますが、橘島への歩行者動線を確保するため、幅4.5メートルの歩行者通路が、塔の島内に設置されます。また、宇治川本川側の護岸工事においても、橘島の上流部がかかるため、一部立ち入り制限が行われます。塔の川側の護岸工事は、川の中が大型土のうで締め切られ、その川底が重機や工事用工事車両の作業ヤードとなります。この作業ヤードへは、工事車両が塔の島を通行し、歩行者通路を横断しますことから、ガードマンが配置されます。なお、歩行者通路は、年末年始を考慮し、1月4日まで確保されます。

 5ページの、宇治公園占用図(3)をごらんください。1月5日から、喜撰橋の橋脚補強工事が着手されます。この補強工事では、河床を掘削し、地中ばりを撤去するため、工事中、橋の強度が低下することから、喜撰橋は3月15日ごろまで通行どめとなり、塔の島全域が立入禁止となります。なお、工事中の宇治川の横断は、橘橋と朝霧橋での通行により、常時可能でございます。

 6ページの宇治公園占用図(4)をごらんください。3月16日ごろには、喜撰橋の橋脚補強工事が概成することから通行どめが解除され、塔の島内の歩行者通路が確保されます。塔の川側の護岸工事と締め切り大型土のうの撤去は、3月29日を目途に完了となりますが、宇治川本川側の護岸工事は引き続き行われます。

 7ページ宇治公園占用図(5)をごらんください。3月30日以降、さくらまつりの時期における塔の島と橘島の状況をあらわした図面でございます。3月30日以降については、塔の川の締め切り大型土のうは全て撤去され、塔の島・橘島への立ち入り制限はなくなりますが、安全確保のため、立ち入り防止柵は存置されます。宇治川本川側の護岸工事は、4月上旬を目途に完了され、仮設工事の鋼矢板及び工事用道路の撤去は、5月30日を目途に完了となります。

 なお、宇治川改修工事の予定等につきましては、市民の皆様へ広く周知させていただくため、9月15日号の市政だよりに掲載をいたしましたが、塔の島への立入禁止に関します情報についても、12月1日号に掲載を予定しております。

 次に、宇治公園の今年度の植栽計画についてでございます。

 9ページをごらんください。今年度工事の護岸掘削等で支障となる塔の島の樹木につきましては、桜7本を橘島へ移植し、クロマツ9本ともみじ6本は、一時的に島外へ搬出します。また、橘島へは桜が9本新植されます。これによりまして、宇治公園全体の樹木は212本となります。

 最後に、10ページ?の、槇島地区堤防整備工事でございます。堤防強化を図ることを目的に、隠元橋上流の左岸堤防において、94メートルの整備が行われます。施工内容は右下の標準横断図に記載のとおり、既存堤防の川側に盛り土を行い、遮水シートやブロックマットにより護岸が整備されます。この工事は11月9日より実施されており、平成28年3月10日完成を目途に行われております。

 11ページをごらんください。この工事に伴い、工事箇所の府道向島宇治線は、北行き一方通行の交通規制となります。期間は12月から1月初旬までの終日となりますが、12月28日から1月5日の間は規制を一旦解除すると、国より伺っております。

 なお、今回御説明しました各工事の施工時期等につきましては、現時点での予定でございまして、今後の工事進捗により前後する場合があると、国より伺っております。以上、宇治川改修工事等についての御報告でございます。



○関谷智子委員長 これより質疑を行います。岡本委員。



◆岡本里美委員 説明いただきました11ページの、槇島地域の隠元橋付近のほうの工事なんですけれども、交差点付近の拡大図を見ますと、隠元橋からの車も左折できず、京都のほうからの車も、そのまま直進はできないということで、急になっています坂道をたくさんおりる車が、迂回のためふえてくるかと思います。時間を見ましても、朝8時から夜6時まで、夕方でしたら5時以降、とても暗くなってきますので、この坂道を下ったところ、信号のない横断歩道が小学生の通学路となっている箇所でもありますので、工事とは直接関係ないかもしれませんが、そういった周りの通行の方への配慮もお願いしたいと要望しておきます。よろしくお願いいたします。



○関谷智子委員長 ほかに。坂本委員。



◆坂本優子委員 塔の島の改修なんですけど、これ、来年5月30日で、大体もう全部塔の島改修工事は終わるんでしょうか。まだ残っているところがありますか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 この工事につきましては、塔の島地区につきましては、全体の工程につきましては、平成30年度まで続くことでありまして、今年度の27年度分の工事が、28年5月30日までかかる予定となってございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 これを見ましたら、?の塔の島護岸の改修工事のほうなんですけど、護岸の改修とあわせて、河床に堆積した土砂も取るということで書いてあるんですけど、それで、これまでかなりいろいろされてきたんだけど、この堆積した土砂を取り除いて、川底から計画水位までって、どれぐらい変わってくるんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 ?の塔の島護岸整備の河床掘削ですけども、今年度施工箇所において一部河床掘削されますけれども、おおむね1メートルぐらい掘削するようなことを聞いております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 となると、これまでから、さらに1メートルぐらい掘削なって、その堆積した土砂も取ったら、さらに深くなってくるんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 現状の河床よりも、1メートル程度深くなると伺っております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 この堆積した土砂の撤去というのは、これまでも何回かされてきたんでしょうか。この工事だけだったんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 今回する箇所については、今回が初めてとなっております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 それはわかるんですけど、今回の塔の島の改修工事あるんですけど、それ以前から、そういう改修工事が決まっていないその間のとき、以前に改修工事をやって、また今回ということになっているんですけど、この期間の間でも、堆積した土砂というのは、取り除くというようなことはされていましたでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 塔の島地区については、下流のほうから順次河床掘削は、現在までしているところでございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 かなり流れが早く、ダムができてから以降はかなり早くなって、上からぼろぼろとかなり流れてきて、たまってきているというようなことは、専門家の、専門家というか工事の関係者の方からもいろいろお聞きしているんですけど、それに合わせて、やっぱり堆積した土砂を取り除いて、さらに流れをよくして、これまで水をたくさん流さなあかんということで、塔の島の改修工事もされているんですけど、それだったら、されてきたんかなということでお聞きしたんですけども、今回が塔の島の改修に合わせて初めてであったら、それでおっしゃっていただいたらいいんですけど。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 今回が初めてでございますが、この間、台風等とかで上から流れてきて堆積している分もありますが、国において、河床の高さとか、その辺については毎年観測されて、必要に応じて対応するようなことは聞いております、維持管理の中で。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 左岸の護岸のほうなんですけど、?の工事のほうなんですけど、塔の川のほうなんですけど、これ、かなり斜面がきついですよね。もう、設計されて工事に入っているからあれなんですけども、見ていると、ますますすごく斜面がきつくなっているなというのを思って、人が落ちたときの安全対策とかいうのは、どういうふうに考慮されているんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 確かに、勾配が1対0.5、標準断面に書いておりますが、真ん中に小段をおおむね大体1メートル50ほど設けていますので、直接川の中には落ちないような形にはなっているかと思います。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 落ちるときって勢いがあるじゃないですか。ごろごろっといくんじゃないかという感じで、私なんか思ったりするんですけど、その後、すごく斜面がきつくなっているから、余計にちょっと心配な感じがするんです。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 宇治公園のほうでございますけども、ここについては、京都府の管理されている公園であることから、横断防止柵を設置する予定になっていると伺っております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 全部、塔の川のほうのところ、柵をつけるんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 塔の島及び橘島、公園内をぐるり、必要に応じて柵をすると伺っております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 どれぐらいの柵なんですか、高さは。人が入れないような柵なんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 80センチ程度と聞いております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 親水性を高めて、こういう形になったんやけど、何か結局、柵つけないと絶対危ないと思うので、それはそれでいいと思うんですけど、最初のコンセプトがかなり変わったかなという感じは思います。

 槇島地区の堤防整備なんですけども、宇治川左岸の改修工事はこれで終わりということに、河川整備計画の中では終わりということになってくるんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 整備計画で位置づけられています堤防強化、必要な箇所につきましては、宇治川については、これが最後と伺っております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 ほんなら、以前も大曲のところで一番水が当たるところで、のり面というか、ちょうど下のところ、水が当たる部分が崩れて、補修工事をやっていただいたりとか、そういうこともあったんですけど、その整備計画で、ここは危ないでということで、それはもう順次改修工事がされてきて、今度のところが最後ということなんですが、その計画に入っていないところは、何キロというか何百メートルか、それはどれぐらいあるんですか、結局。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 計画がございませんので、何キロとかそういうところは、ちょっとわかりかねます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 この宇治区域の宇治川のところで、工事されてきたのが何キロかと。ほんで、全域からそれを引いたら、あと残りどれぐらい残っているかわかるかと思いますけど。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 宇治川区域の左岸の堤防の整備済み箇所でございますけども、整備計画に載っているところで、この間の決算委員会でも現地調査をしていただきましたが、おおむね約0.7キロほどと聞いております。整備済み箇所がです。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 それで、整備済みで、今度またされるわけですよね、ここが最後のところということで。それが出てきた部分ですよね。それで整備済みプラス今回の分を足して、宇治橋から下流のところ、隠元橋までですか、宇治区域で言えば。それの長さから、その区域、整備済みプラス今回のところを引いたら、整備されていないところは何キロになるかということをお尋ねしたんですけど。今、わからなかったら、また後で結構です。教えていただきたいと思います。

 それで、宇治橋から下流のところ、かなり中州がありますよね。これはどうされるんですか。見ていたら、中州があるから、余計に一番堤防の弱い大曲のとこら辺とか、水が当たりやすくなっているというのもあるんですけど、この辺の対策は、どういうふうに考えているんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 塔の島地区の河川改修工事とは別に、その部分につきましては、通常の維持管理の中で、今後どうしていくか検討されると伺っております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 もう結構ですけども、上はトンネル工事をやっていて、下流の塔の島のところでも、かなり工事をやっていて、下流のところに、どんどん土・石ころなんかが流れ込んできて、どうしたって中州ができやすくなってくる。そうなると、1,500トン流そうかというのより先に、大きな洪水というか大雨が降ったとき、こういう対策打てるんかなという何かこう心配もありますので、両方合わせてやっていただきたいなと思うのと、河川整備計画に載っていないところも、やっぱり宇治川堤防って脆弱ですよ、右岸にしても左岸にしても。やっぱりもう一度、改修をきちっとやっていただきたいなと思います。以上で質問を終わります。



○関谷智子委員長 先ほどの坂本委員の質問に関しては、資料として出していただくということでよろしいですか。津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 国のほうに、出せるものか一度確認してからになるかと思いますけども。今、私のほうで把握している距離ですけども、訂正させていただきたいんですけども、整備計画に載っています、宇治区域の堤防強化が必要な区間でございますが、今年度も含めて約0.7キロでございまして、そのうち、今回の工事は、先ほども御説明しました94メートルとなっていますので、約100メートルですので、約0.1キロとなっておりますので、今年度の箇所含めずに、整備済み箇所はおおむね大体0.6キロとなってございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 国に問い合わせていただいてもいいんですけども、宇治区域の、宇治川の長さ、その整備済みというか計画に載っているところ、箇所を引いたら、大体わかりますよね。それでよろしくお願いします。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 これは発注者が国ということで、お答えいただける範囲で結構なんですけど、1つは、まず工事金額、それぞれの金額を教えていただきたいのと、あとは、これは受注をされている中で、宇治市内の業者って1者さんだけだと思うんです。例えば、国の発注される、どの程度の規模の工事か、金額をお聞かせいただいた後でいいんですけれども、要は、何が言いたいかというと、この程度の護岸工事、トン土のうというか大型土のうを積むような護岸工事をというのは、当然市内の土木業者でも十分に施工は可能だと思いますので、その入札のメンバーの中に、宇治市内の業者がどの程度入っていてとか、例えば、こういう国発注の工事に、宇治市内の業者を受注させていただけるような、そういう宇治市から国に対する取り組みであったり、そういうことができないのか。

 大体、何を聞きたいのかわかっていただけますかね。要は、宇治市内のいわゆる、特に土木業者さんにとって、余りまとまった公共事業がないので、できればこういう国が発注されるような、そこそこのまとまった規模の工事を市内業者に発注ができるような、何かそういう手だてがないのかというのを、お聞かせいただきたいと思います。

 もう1個は、塔の島の工事をされるときに、観光センター周辺に料理旅館とかいろいろあるんですけれども、このあたりの影響とか、このあたり、どうお考えなのか。当然、説明もされていて、納得もいただいていると思うんですが、反応もお聞かせいただきたいなと思います。

 それと、出初め式は、塔の島はやっていないんでしたっけ。じゃ、ことしも塔の島ではやらないということなんですね。

     (「西宇治公園です」と呼ぶ者あり)



◆堀明人委員 そうですか。それは結構です。以上。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 まず、料理旅館とかが近接しているところの対応でございますけども、国において、事前に工事の説明とか、その辺はできるだけ丁寧に説明していただいて、また工事中でも、いろいろな意見があるかもしれませんけれども、それについても丁寧に聞いて、適切な対応をしていただくように、宇治市のほうからもお願いしているところでございますし、特に、直接宇治市のほうに苦情とか要望とか、その辺は連絡が入ってきていない状況でございます。

 あと、工事金額でございますけども、大変申しわけございませんが、これについては、手持ち資料、ちょっと今回持っておりませんので、ちょっとわからないということでございます。

 あと、国の発注についてでございますけども、あくまで国の発注工事でございまして、発注するエリアも、淀川河川事務所のほうで発注していますことから、かなりエリアも広いところでございまして、なかなか宇治市の業者を入れてくれという、ちょっとその辺は難しいかなと思っております。ただ、施工業者につきましても、宇治市内の業者は当然現場が近いので、他市の業者と比べて現地状況をかなりわかっていると思いますので、そういったところを生かして、入札に参加しているんじゃなかろうかなとは思っているところでございます。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 近隣のお店に関しては、おそらくこの宇治川の景色なり、あるいは営業時間中の工事の音であったりというところ、商売やられていたら気になられると思いますので、そのあたりは、きめ細やかなケアをお願いしたいと思います。

 あと、発注の関係なんですけど、僕が申し上げているのは、淀川事務所ですから、範囲が広いのも大体ある程度は承知していますけれども、ちょっと入れたってえなみたいな話じゃなくて、やっぱりそのあたりを、きちっと宇治市から、その地域特性に応じた、おそらくその入札のメンバーを見たときに、宇治市の業者がどんだけ入っているのかという、僕、そんなに入っていないと思うんですよね。おそらく、そこそこの、いわゆる経審点数の高いところばっかりになってきていると思うんですよね。ですから、そういうあたりを、本当にそのちょっと入れたってえな的な話ではなくて、そのあたりで宇治が、宇治市民が、国の工事にきちっと対応、御協力も気持ちよくできるような、そういうことも考えても、宇治市の業者に工事を発注していくようなことを、理事、どうですか。それは宇治市として働きかける、口をきくというよりも、抜本的な発注の要件として国に求めていくべきじゃないかと思うんです、そういう地域要件といいますか。それ、どうですか。



○関谷智子委員長 齋藤理事。



◎齋藤博紀理事 確かに大きな工事でございますし、地域で工事をしていただけますので、堀委員おっしゃるように、地元の業者に参入していただくというの、本当にこれ、いい話だと思います。

 ただ、国のほうにおいて、入札に当たりましては、総合評価方式というのを採用しているところでございまして、もちろん、その中で、工事のいろいろな難しい着眼点の点数もあり、今、おっしゃられたように、地元に根差した企業を使うという、多分そういう背景もあろうかと思います。そういった意味で、宇治市としては、国のこういった大きな事業に参入できるような技術力を持つ業者というのは、必要なんだと思うんですけども、残念ながら、そこまでの業者がどれだけいるかというのが把握できておりませんけれども、当方としても、国の、もしくは府でもいいですけども、そういった大規模事業、大きな事業、そういったものに算入できるような技術力というのは、やっぱり高めていく必要があると思います。そういった意味からしますと、宇治市も建設業界などなど、いろいろな団体がございますので、そういった方々と意見交換をしながら、技術力のレベルアップというものに、まずは努めていきたいということを思っています。その上で、一定、国のほうからの参入の条件が合えば、ぜひ、宇治市の業者として、大規模事業に携わっていただきたいということは、私も強く思っているところでございます。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 1日平均、ダンプトラック、どのぐらい出入りしますか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 今現在、工事しておりますけど、今のところ、おおむね、大体1日当たり60台程度と聞いております。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 一番多いときで何台なんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 今のところ、大体マックスで60台程度となっておりますが、今後、仮設道路を撤去するときに、土を搬出しないといけないんですけれども、そのころにつきましては、かなり台数がふえると聞いております。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 そのトラックは、塔の島工事現場からどこへ向けて行きますか。市内を通り抜けていくんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 現場につきましては、塔の川でございますけども、宇治川ライン、大津南郷宇治線を通って、白川林道を経由しまして、宇治白川線から宇治槇島線を通って、京滋バイパス側道を通りまして、京都市内のほうに向かうと聞いております。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 先ほど、槇島の工事で通学路にもかかっているというお話がありましたけども、塔の島関係の工事のダンプトラックで、そういう通学路にかかるようなところ、通るようなことはないわけですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 宇治白川線とか十一外線とか、その辺も通りますので、通学路は当然通りますが、それにつきましても、国のほうに、十分そういうところも走るので、通学路だけじゃなしに、全体を通してしっかりした運行をするように要望はしておりまして、また、ダンプにつきましては前面に、塔の島護岸改修工事とか工事名とかそういうのをしっかりと張って、どこのダンプかというのをわかるようにしていただいているところですので、そういった状況でございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 具体的に、例えばガードマンの方を配置するとか、そういう手だては打っておられるんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 現場周辺には交通誘導員はいますが、ダンプの運行ルートそれぞれの道につきましては、ガードマンは配置しておりません。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 そのあたりも、特に通学路なんぞは、重点的にガードマンの配置を国へ要望していただきたいと思いますが、先ほど、槇島の迂回路のところにも通学路があるという話でしたが、要望だけでしたけど、具体的に、例えばこの迂回路の通学路にかかるところは、その時間帯、ガードマン配置するという要望はできませんか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 今のところ、所轄警察と協議して、ガードマンの配置とか、その辺、規制も含めて協議しておりまして、また工事着手前につきましては、当然、宇治市の学校教育関係の部署にも、事前に国のほうから工事の説明をお願いしたところでございますので、今後につきましては、状況を見て、適切に対応していきたいと考えているところでございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 槇島の迂回経路ですけども、これはこの青の線のところで限定されるのか、これはほかにも、交差点すぐ左に折れる道とか、この信号を左折する道とか、狭いところへ入る道がありますわね。これはオーケーなんですか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 迂回路のこの位置図につきましては、一応こういう形でしておりまして、今、おっしゃられました隠元橋左岸のすぐ下の細い生活道路になるかと思うんですが、ここにつきましては、11ページ右側の、生活道路につき一般車両は通行できませんといった、こういった看板を設置して、注意喚起をしているところでございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 この信号のところも、進入できないということになるんですか。左折はできるわけですね、信号のところは。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 文教大学の信号のところにつきましては通れますが、極力大きな道を通っていただくような形で、交通規制計画図ということで、その南側の大きい道路につきまして、迂回路として示させていただいている状況でございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 その辺、もうちょっと精査して、細かく状況を見ていただいて、ここの文教大学の信号のところを左折すれば、狭い住宅地、今おっしゃった生活道路につながるところで、ここをどんどん車が通るようなことになりましたら、大変な状況にもなる可能性もあるので、これは町内会への説明とかはもう済んでいるんでしょうか。



○関谷智子委員長 津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 町内会の説明をした中で、一応、生活道路の細い道は通らないようなことで、11ページ右側の3カ所に、二重丸を表示させていただいております南北の生活道路ですけども、ここに、生活道路につき一般車両は通行できませんという形で、地元からの要望で設置しているような状況でございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 御存じのように、ここは渋滞するところで、この文教の信号を左折する車が、今度多くなるんでないかという、そういう思いがありますので、ぜひその辺、ちょっとまた現状も見ていただいて、対策も適切にとっていただきたいなという思いでおりますので、ぜひよろしくお願いします。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 質疑はないようですから、これにて終結し、本件は打ち切らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2.宇治都市計画生産緑地地区の変更について

[資料−−−「宇治都市計画生産緑地地区の変更について」−−−参照]



○関谷智子委員長 次に日程第2、宇治都市計画生産緑地地区の変更の件を議題といたします。当局の説明を求めます。岸本参事。



◎岸本育男都市整備部参事 ただいま議題となりました日程第2、宇治都市計画生産緑地地区の変更につきまして、御説明を申し上げます。

 宇治都市計画生産緑地地区につきましては、本年2月6日の宇治市都市計画審議会におきまして、2つの地区の生産緑地地区廃止を含め、面積にいたしまして0.56ヘクタールの減少について御審議をいただき、生産緑地地区176地区、面積51.70ヘクタールに変更させていただいたところでございます。その後、生産緑地地区の区域におきまして、所有者からのお申し出によりまして、生産緑地法で定める農業の継続が困難と認められるもの、また公共施設の用に供するものにつきまして、その生産緑地地区から廃止する必要が生じましたので、生産緑地地区の都市計画の変更を行うものでございます。廃止となる地区が3地区、面積の減少となる地区が4地区、分割による新規地区が1地区となっております。また、新規に1地区の追加指定となっております。

 それでは、お手元にお配りをさせていただきました資料1の計画書(案)に基づき、御説明を申し上げます。

 1ページをごらんいただき、地区番号順に御説明をさせていただきます。

 まず、地区番号五−9でございます。地図は6ページになっております。6ページをごらんいただきまして、御説明を申し上げます。場所は岡谷小学校の南側、五ケ庄野添でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる区域でございます。本件は従事者の故障によるもので、いわゆる主たる従事者の方の病気によりまして農業の継続が困難となり、約0.29ヘクタールが廃止となり、面積が約0.24ヘクタールに変更となるものでございます。

 続きまして、2番目の、地区番号五−23でございます。地図は7ページでございます。場所は南部小学校の北側、五ケ庄岡本でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる区域でございます。本件も従事者の故障によるものでございます。約0.04ヘクタールが廃止、面積が約0.05ヘクタールとなるものでございます。

 続いて、3つ目の、地区番号大−2でございます。地図は8ページをごらん願います。場所は西大久保小学校東側、大久保町山ノ内でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる区域でございます。本件も従事者の故障によるもので、約0.13ヘクタールが廃止、面積が約0.08ヘクタールとなるものでございます。

 次に、地区番号伊−10でございます。地図は9ページでございます。場所は伊勢田小学校北側、伊勢田町井尻でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる地区でございます。本件は、従事者が亡くなられたことによりまして農業の継続が困難となり、約0.11ヘクタールの廃止となり、地区廃止となるものでございます。

 続きまして、地区番号伊−21でございます。地図は10ページでございます。場所は伊勢田神社東側、伊勢田町大谷でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる地区でございます。本件につきましても、従事者が亡くなられたことによりまして、約0.06ヘクタールが廃止となり、地区廃止となるものでございます。

 続きまして、地区番号槇−5でございます。地図は11ページでございます。場所は隠元橋西側、槇島町清水でございます。赤色の箇所が、今回追加指定となる区域でございます。現況は田んぼでございます。既存の生産緑地地区に囲まれております。追加指定することによりまして、生産緑地地区が整形になり、生産緑地保全上、有効かつ宅地化農地の宅地化を阻害しないものでございます。約0.1ヘクタールが増加となり、面積が約1.35ヘクタールとなるものでございます。

 続きまして、地区番号槇−18でございます。地図は12ページでございます。場所は槇島コミセン北側、槇島町十一でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる地区でございます。本件は、従事者が亡くなられたことによりまして、約0.15ヘクタールが廃止となり、地区廃止となるものでございます。

 続きまして、地区番号槇−28でございます。地図は13ページでございます。場所は槇島コミセン西側、槇島町大川原でございます。黄色の箇所が、今回廃止となる区域でございます。本件は、従事者が亡くなられたことによりまして、約0.16ヘクタールが廃止、及び公共施設の用に供するために約0.01ヘクタールが廃止となります。さらに槇−28の2地区への分割による、約0.06ヘクタールの廃止と合わせ、約0.23ヘクタールが廃止となりまして、面積が約0.49ヘクタールとなるものでございます。

 続いて、最後ですが、地区番号槇−28の2でございます。地図は同じく13ページで御説明を申し上げます。場所は同じく槇島コミセン西側、槇島町大川原でございます。赤色の箇所が、今回新規となる区域でございます。本件は、ただいま御説明いたしました槇−28地区の分割による、約0.06ヘクタールの増加で、新規地区となるものでございます。

 以上、5つの地区におきまして変更、3つの地区が廃止、1つの地区が新規となりまして、生産緑地地区数は174地区、面積は約50.85ヘクタールに変更するものでございます。

 続きまして、2ページに戻らせていただきます。2ページから、また御説明を申し上げます。2ページにつきましては、今、御説明申し上げました生産緑地地区の変更の概要として、変更前と変更後の地区数と面積、及びその増減表でございます。3ページは、新旧対照表でございます。2ページと同じ内容でございます。4ページは、今回の9件の生産緑地の変更理由でございます。

 5ページでございます。5ページは、農政サイドとの調整状況でございまして、生産緑地法に基づく農政部局との合議を得まして、京都やましろ農協中宇治支店及び農業委員会に買い取りあっせんの照会をいたしましたところ、五−10の地区の買い取り申し出におきまして、希望者へのあっせんによりまして営農者への所有権移転となり、生産緑地地区として継続することになったところでございます。その他の買い取りあっせんの照会につきましては、希望者なしといった回答をいただいております。

 今回変更いたします本計画案につきまして、平成27年10月16日から平成27年10月30日まで縦覧に供しましたところ、意見書の提出はございませんでした。

 次に6ページから13ページは、今御説明を申し上げました計画図でございまして、重複いたします赤色の部分は今回変更となる箇所、黄色の部分は今回廃止となる箇所、緑色の部分は生産緑地として残る地区でございます。最後のページは、今回変更となる9件の全体の位置図でございます。

 以上で、宇治都市計画生産緑地地区の変更につきましての概要説明とさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。

 なお、本件につきましては、あす午後3時から開催をさせていただきます、第40回宇治市都市計画審議会に付議をすることにいたしております。重ねて、よろしくお願いをいたします。



○関谷智子委員長 これより質疑を行います。質疑はございませんか。坂本委員。



◆坂本優子委員 1つだけお聞きしたいんですけど、毎回、生産緑地って減っていきますよね。減っていく報告しか受けないんですけど、今、宇治の農業従事者、これは農林サイドになるんかもしれないですけど、戸数というか人数とか、そういうようなのは把握されておられますか。こちらではされてないですか。



○関谷智子委員長 岸本参事。



◎岸本育男都市整備部参事 ただいまの、市内の農業従事者の方の人数とか、そういった詳しいことにつきましては、残念ながら、私どもでは掌握はしておりませんので、ひとつ御理解を願います。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 なかなか農業を続けていくには困難なことだと思うんですけども、減っていく報告しか受けなくて、どんどんやっぱり減っているんですよね、全体で面積、生産緑地のところでいえば。すごい残念なので、やっぱり何か手を打たないと。

 ほんで、減る理由というのは、やっぱり後継者がいないとか、ずっと従事されていた方が亡くなって、その後、継ぐ人がいないとか、そういうことが主たる理由になってくるので、宇治市として政策をつくっていかないと、これはほっておいたら何ぼでも減るのはもう目に見えているので、ぜひよろしくお願いしたいなと思います。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 ほかにないようですから、質疑はこれにて終結し、本件は打ち切らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3.第40回宇治市都市計画審議会の開催について

[資料−−−「第40回宇治市都市計画審議会の開催について」−−−参照]



○関谷智子委員長 次に日程第3、第40回宇治市都市計画審議会の開催の件を議題といたします。当局の説明を求めます。大井上副課長。



◎大井上誠都市計画課副課長 それでは日程第3、第40回宇治市都市計画審議会の開催について御報告いたします。

 配付させていただいております資料の次第でございます。あす11月25日水曜日午後3時から、宇治市議会棟第3委員会室において開催を予定しております。議事の内容でございますが、議案審議として、日程第2で御報告いたしました、宇治都市計画生産緑地地区の変更についての1件でございます。

 委員の皆様には、あす25日午後3時からの都市計画審議会への御出席をいただきますよう、よろしくお願いいたします。なお、都市計画審議会でも、ただいまの建水報告資料を用いて御審議いただきますので、お持ちくださいますよう、あわせてお願いいたします。以上で、日程第3の説明を終わります。



○関谷智子委員長 これより質疑を行います。質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 特にないようですから、質疑はこれにて終結し、本件は打ち切らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△4.(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要について

[資料−−−「(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要について」−−−参照]



○関谷智子委員長 次に日程第4、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要の件を議題といたします。当局の説明を求めます。谷口副課長。



◎谷口弘明歴史まちづくり推進課副課長 それでは日程第4、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要について御報告いたします。

 平成27年3月5日開催の建設水道常任委員会において、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要についてを御報告させていただきましたが、その後、国が示すPFI事業のプロセスに従い、6月29日に実施方針の策定・公表を行い、また、9月7日に特定事業の評価・選定・公表を行ってまいりました。これまでの経過を踏まえ、事業計画や事業費及び収入構造の明確化等について、市民・議会の御理解がさらに深まるよう、本計画概要を再度取りまとめましたので、既に御報告させていただいた内容も含めながら、歴史公園の計画概要について御報告いたします。

 資料1の(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要(改訂版)でございますが、お手元の資料に記載しておりますとおり、8項目について取りまとめております。今回計画概要を改正いたしました項目につきましては、本文中の左側にアスタリスクマークをおつけさせていただいております。

 それでは、資料1の1ページをごらんください。資料1の1ページから3ページでは、歴史公園の整備に至った背景や課題とともに、歴史公園の整備目的などを取りまとめております。この歴史公園の整備目的でございますが、国指定史跡宇治川太閤堤跡が発見されたことを契機に、遺跡の保存・活用を図るとともに、宇治の歴史・文化・観光に関する情報発信や宇治茶に関する魅力発信、地域住民相互の交流促進を目的に整備するもので、人口減少社会においても、活力あふれ、持続的に発展する魅力ある宇治市を築いていく上で、交流人口の増加につながる施策である観光振興の推進に必要な施設であると考えています。さらに、京都府と連携した宇治茶の世界文化遺産登録に向けた取り組みや、お茶の京都、日本遺産に関する取り組みは、本市の歴史・文化を生かしたまちづくりにとって追い風となっておりますことから、この時期を逃さず、積極的に取り組むべき事業であると考えております。

 続きまして、4ページから9ページでは、歴史公園の整備概要として、修景茶園のコンセプトや、ミュージアムの展示と宇治茶体験を通じて周遊観光へとつなげていく、基本的な考え方を取りまとめております。

 4ページをごらんください。史跡ゾーンの面積につきましては、現在、当課で管理している歴史公園横の浮舟宮跡敷地を、歴史公園の整備に合わせて史跡ゾーンに取り込んだことや、整備面積の精査により、全体で約2.4ヘクタールから約2.5ヘクタールへと見直しております。

 5ページをごらんください。史跡Bゾーンでは、太閤堤がつくられた後に、時間の経過とともに砂州が形成され、茶園として利用された時代を再現するとともに、茶摘み体験が行える修景茶園を整備いたします。ここでは、現代茶園とは異なる歴史的な茶園景観を再現するため、茶の木を列状ではなく、絵図等に見られますような島状に配植したいと考えております。

 7ページをごらんください。地域・観光交流センターのセンター内のミュージアムの展示では、お手元の資料で展示コンセプトとしてお示ししておりますように、宇治茶と宇治の歴史や文化を物語風にアレンジして、わかりやすく伝えることで、宇治を訪れた方々に宇治の新たな魅力に気づいていただき、また、宇治茶体験では、五感を通じて、宇治茶への関心と理解を深めていただくことで、質の高い周遊観光へと誘うように工夫してまいりたいと考えております。

 続きまして、10ページから14ページでは、歴史公園の整備費、初期投資と運営による収入について取りまとめております。

 10ページをごらんください。まず、歴史公園の整備につきましては、地域・観光交流センターの延べ床面積を約3,000平米程度とし、直営方式で事業を実施した場合を想定して整備費を試算いたしますと、全体で約72億6,000万円程度となり、改定前の約80億4,000万円から、7億8,000万円の削減を図っており、建築単価や展示制作費の精査によるものでございます。整備事業費の内訳につきましては、お手元の資料中段の一覧表に記載のとおりでございますが、今回、費目別及び財源別の円グラフを追加しております。

 次に、11ページをごらんください。管理・運営期間につきましては、改定前15年間としておりましたが、本事業における債務負担設定額を算出する際、歴史公園オープン時期を平成31年9月と設定いたしましたことから、今回15.5年間としております。歴史公園を整備後、仮に直営方式で直営施設として15.5年間管理・運営した場合を想定して、人件費や建物・庭園等の維持管理費、更新が必要となるミュージアムの展示更新費などを試算して合わせますと、管理・運営費、ランニングコストは年間約1億2,000万円程度で、これを15.5年間に換算いたしますと約18億8,000万程度となり、改定前の約24億円から5億2,000万円の削減は、管理・運営における配置人員等の人件費によるものでございます。したがいまして、事業に着手して施設の建設後15.5年間の維持管理費を含めた総事業費は、約91億4,000万円程度となり、改定前の約104億円から、約12億6,000万円の削減を図っております。

 次に、12ページをごらんください。収入の検討に際し、歴史公園の来園者数を予測いたしますと、来園者数が安定するオープン5年目において、年間約25万9,000人程度を見込んでおり、その内訳は、ミュージアムには年間11万2,000人程度、宇治茶体験には約2万人程度、レストラン・喫茶には年間2万3,000人程度、ミュージアムショップには年間5万1,000人程度、地域交流センターには8万4,000人程度、エントランスロビーには2万8,000人程度を合わせまして、年間31万8,000人となりますが、ミュージアムを利用し、かつレストラン・喫茶またはミュージアムショップを利用される方の重複利用者、年間約5万9,000人を差し引いております。

 後段からは、来園者数予測の考え方について、今回追加させていただきました。まずミュージアムについて御説明をする前に、本文中に記載しております展示という文言がございますが、これはミュージアムの展示を意味しておりますので、御了承いただきますようお願い申し上げます。

 それでは、ミュージアムにつきまして、全国の博物館の施設・運営データや各県の人口データ等を統計的に分析した結果、エリア人口及び延べ床面積を説明変数とした推計式を採用しております。しかし、この方法で求めた予測値は、現在想定しております施設規模を建設した場合に、ほかの施設の実績から見込まれる標準的・平均的な入館者数の値を示すものであり、宇治市独自の地域性や展示の魅力を考慮できていないことから、この方式で予測した源氏ミュージアム入館者数と実績値とを比較した補正係数を追加し、源氏物語ミュージアム相当の展示の魅力がある施設となるよう補正した予測値を、開館5年後の展示利用者数としております。

 次に、宇治茶体験につきましては、公共性が高く、複数の宇治茶体験を同時実施しているという点で、本施設の体験プログラムと類似している八十八夜茶摘みの集いの参加者数をもとに体験比率を算出し、その比率を施設の入館者数のうち、展示、ミュージアムショップ、またはレストラン・喫茶の目的のいずれかで訪問した入館者数に乗じた推計値を、開館5年後の茶体験利用者としております。

 レストラン・喫茶につきましては、展示を利用し、かつレストラン・喫茶を利用する場合と、展示を利用せず、レストラン・喫茶のみを利用する場合に分けて推計しております。展示を利用する場合は、展示利用者のうち、宇治観光で飲食する比率と、本施設で飲食する比率を乗じた値を利用者数として推計し、また、展示を利用しない場合は、京阪宇治駅前において食事の案内を受けた観光客数を、JR宇治駅前にある宇治市観光案内所の旅館・食事案内数から推計し、これを合計した人数を、開館5年後のレストラン・喫茶の利用者数としております。

 ミュージアムショップにつきましては、展示を利用し、かつミュージアムショップを利用する場合と、展示を利用せず、ミュージアムショップのみを利用する場合に分けて推計しております。展示を利用する場合は、展示利用者のうち、宇治観光でお土産を購入する比率、及び宇治を出るとき最後に利用する交通機関が、京阪電車並びにマイカーである比率を乗じた値を利用者数として推定し、また展示を利用しない場合は、京阪宇治駅前における観光案内窓口利用者数を、JR宇治駅前にある宇治市観光案内所の観光案内窓口利用者数から推計し、これを合計した人数を、開館5年後のミュージアムショップの利用者数としております。

 地域交流センターにつきましては、宇治市公民館・市民会館の貸し会議室等の利用実績の平均値を利用者数の推計値とし、また、源氏物語ミュージアムの各種講座の実績値をもとに、自主講座による利用者を推計し、これを合計した人数を、年間5年後の地域交流センターの利用者数としております。

 エントランス広場やロビーにおきましては、駅前観光案内所にふらっと立ち寄り、観光パンフレットを持ち帰る観光客数と同等であると仮定し、京阪宇治駅前における年間パンフレット配布数を、JR宇治駅前にある宇治市観光案内所の年間パンフレット配布数から推定し、これを開館5年目のエントランス広場、ロビーの立ち寄り者数としております。

 次に、14ページをごらんください。施設内の計画しておりますミュージアムや宇治茶体験、レストラン、駐車場などからは、来園者数に応じて一定の収入が見込めますことから、オープン5年後における年間収入が、約1億2,000万円程度が見込めると予測しておりまして、15.5年間の総収入は、約18億円程度が見込めると予測しております。維持管理費と収入の差額は、改定前の約6億円から5,000万円程度縮減しておりますことから、15.5年間における本市の実質負担額は、直営方式とした場合でも、初期投資費を除いて年間平均で約320万円程度と考えており、PFI事業として実施することで、年間の維持管理費の削減効果や、民間のノウハウを生かした効果的な集客などによる収入の向上などが、さらに期待できるものと考えております。なお、負担額の縮減につきましては、収入の影響に配慮しながら、維持管理における人員配置等の人件費を精査いたしました。

 続きまして、15ページをごらんください。15ページでは、交通アクセスと駐車場について、その課題と解決に向けた基本的な考え方を取りまとめております。平成23年度に実施した宇治市観光動向調査では、宇治への来訪時の交通手段として、JRが40%、京阪が25%、観光バス8%、マイカーが22%などとなっており、今後はJRの高速化・複線化第二期事業の進捗により、JRの利用がさらに伸びる可能性があります。このような中、京阪宇治駅は、歴史公園の最寄りの駅となりますが、現状では改札口から大きく迂回する必要があるため、改札口付近から歴史公園につながる、新たな歩行者動線の確保を検討しているところでございます。

 次に、歴史公園を訪れる交通手段といたしましては、できる限り公共交通での来訪をお願いしてまいりますが、マイカーによる来訪需要に応じた一定の駐車場確保も必要と考えております。今後、宇治公民館・市民会館のマイカー利用率の実績も考慮いたしまして、駐車規模約60台の検討を進めてまいりたいと考えております。また、観光バスへの対応といたしましては、歴史公園のアクセスに課題が多いことから、今後、宇治公民館跡地の活用も視野に入れた検討が必要と考えております。

 続きまして、16ページから19ページをごらんください。歴史公園の整備PFI方式を実施した場合の効果について取りまとめております。

 16ページをごらんください。歴史公園につきましては、単に社会資本としての施設整備を行うだけでなく、宇治の歴史・文化・観光に関する情報発信や宇治茶に関する魅力発信、地域住民相互の交流促進など、維持管理・運営も含めた総合的な観点で、効率的かつ効果的に施設を整備し、質の高いサービスを提供することが求められておりますことから、従来から実施しておりました直営方式などに加えまして、民間活力の導入方策について検討してまいりました。その結果、設計・建設、維持管理・運営、資金調達を一括して委ねるPFI方式が、本事業に最も望ましい事業方針であると考えに至ったところでございます。

 次に、17ページをごらんください。本事業は、特定事業の選定時の6.3%のVFMを見込んでおり、今後、事業内容が具体化する中で、VFMの上昇も期待できると考えております。

 次に19ページをごらんください。本事業をPFI方式で実施した場合、民間のノウハウを生かしたさまざまな提案により、サービス水準の向上が見込めることから、本市の財政面においては、事業全体のコスト削減に加え、財政支出の抑制に期待ができると考えております。お示ししているグラフは、財政支出の抑制効果として、一般財源の平準化のイメージをあらわしたものでございまして、直営方式と比べてPFI方式は運営期間の負担額が一定ふえるものの、建設期間の負担を抑え、運営期間内で平準化することができるものでございます。

 最後に、20ページの資料2をごらんください。歴史公園整備事業の今後の流れでございますが、今年度は、史跡ゾーンのAゾーンにおきまして、遺構再現パネル製作や造成工事を発注し、またBゾーンでは修景茶園の造成工事や茶樹の植栽を予定しており、今後も引き続き、歴史公園整備に鋭意取り組んでまいりたいと考えております。

 なお、参考資料といたしましては、PFI事業の実施状況をおつけさせていただいております。以上をもちまして、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要についての御報告といたします。

     (「議事進行」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 今、御丁寧に御説明いただいたんですけれども、委員長・副委員長にもお聞かせいただきたいんですけど、これ、きょう御報告いただく内容は、我々どういうスタンスで、この報告はどういう位置づけとしてお聞きしたらいいんでしょう。

 というのは、9月の定例会において、このいわゆるPFIという手法を含めて、債務負担行為が盛り込まれた計画自体が削除される修正案を出して、それは可決されたと、そういう流れになっている中で、今、冒頭説明に入られる前にも、特段、そのことにも触れられることもなく、いきなり何事もなかったかのようにこれを出してこられて、しかも、中身、ほとんど変わっていないですわね、これ。我々、これはどういう位置づけの報告としてお聞きしたらいいのか、ちょっとわからないので、お聞かせいただきたいですね。その中身がどうというよりも、中身も全然変わっていないし、この間、本来であれば、この経過も踏まえる中で、こういうふうにこれを変更していきたいのでこうですよという御説明があって、説明を受けるんならあれだけど、何事もなかったように出されて、位置づけがわからないですね、その説明の、報告の位置づけというんですか。



○関谷智子委員長 暫時休憩いたします。

     午前11時18分 休憩

     午前11時36分 再開



○関谷智子委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。

 ただいまの堀委員の議事進行につきまして、当局より、きょうに至るまでの経過について説明を願います。木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 本日、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要につきまして資料を御用意し、説明をさせていただきたいということで、この場を設定させていただきましたけども、この間、資料の冒頭にも書いてございますように、特にPFIに関しては、幾つかのプロセスを経た上で、去る9月定例会におきまして、PFI事業に先立つ債務負担行為の設定議案を提案させていただきました。この議案につきましては、このPFIを削除する修正案が提案されまして、修正案が可決されたという経過がございました。そのときの提案理由といたしましては、まだまだこの事業計画についての市民理解が深まっていないという内容が、一番中心的な理由であったかというふうに考えているところでございます。

 今回、改めまして、(仮称)宇治川太閤堤跡歴史公園の計画概要につきましては、去る27年3月に御報告させていただいた内容が、これまでの議論のベースになっていたかと思いますけども、そのベースになっていた資料につきましては、9月定例会に提案させていただいた債務負担行為の内容と、十分整合が図れていない部分もございましたし、3月から9月にかけて、いろいろ検討が進んだ結果、変更している部分もございました。さらに、この間、幾つかの検討も加えてまいりました。そういった内容を踏まえまして、これから進んでいきたいという我々の考え方を、まずこの議会のほうに御報告させていただくとともに、市民理解が深まりますように、さらなる努力を積み重ねる一つのベースとして本日御報告させていただいて、議会からも御意見をいただく中で、我々の方向性を見定めていきたいという趣旨でございますので、御理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 なお、今回の資料の中で、また順次御説明なり御質問なりいただくことになろうかと思いますけども、大きな修正点といたしましては、事業費を大きく改めさせていただきました。それから、事業の説明の中で特に御関心の高かった入館者数、あるいは利用者数の予測の考え方につきまして、皆さん、あるいは議会・市民の理解が深まりますように、さらに、前回以上に詳しい説明をさせていただきたいということ、それから、PFI事業につきましては、この間、我々も十分いろいろな事業方式を比較検討する中で、PFI方式が最も望ましいという考えに変わりはございませんけども、そういった事業手法について、さらなる理解が深まるように、本来ですとPFI事業でございますので、基本は性能発注という形でございますので、余り事業の概要を詳しく示していかないのが通例ではございますけども、できる限り、我々の持っている情報をしっかりお出しする中で、十分御議論させていただきたいということでございますので、よろしくお願いいたします。



○関谷智子委員長 これより質疑を行います。質疑のある方、挙手願います。坂本委員。



◆坂本優子委員 今、これを出されてきた思いというか、執行部の意思というところをお聞かせいただいたんですけど、9月定例会の修正案って、継続ではなくて、削除だったんですよ。削除でした。その文言の中に、市民理解が深まっていないというようなことがありましたけど、その前の補正質疑とか一般質問なんかでも、かなりのいろいろな示された事業についての質問が出ていました。補正で盛り込まれていましたから、今までなかったような、議運の中で勉強会というか報告会というか、報告もされて質疑もされました。だから、かなり議会のほうで理解がないとか、まだ到達が低いとか、そういうことは地方紙でもかなり出ていたんですけども、そういう一般質問の内容とか補正の質疑とか、いろいろなことが発信されていって、やっていたわけですけども、結局それでなったのは削除ということであって、じゃ、これはもうちょっと理解が深まっていないから、継続してやっていこうよということではなかったと思うんです。そういうことの中で、今回これが出されてきたというの、ほんまに、先ほど議事進行で堀委員のほうからも出ていましたけど、本当にどうなのかなというふうに思ったんですけども、市のほうとしては、9月議会で、市としての団体の意思が示されたということについては、これは提案のところで市民理解が得られていなかった、深まっていなかったということだけのところを足がかりにして、これ、進めてされているんですけど、9月議会で修正案が可決されたということについては、どういうふうに思っていらっしゃるんですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 この間、決算特別委員会でもさまざまな御質問をいただきまして、御答弁を申し上げておりますけれども、まず、この間、私どもといたしましても、さまざまな経過も、所在もずっと説明しておりますので、さまざまな経過を踏まえながら積み上げてきたものでございます。

 そのようなものが、9月定例会におきまして、PFIに必要な債務負担行為を提案させていただきましたが、修正案が、本事業については市民の理解が深まっているとは言えずということで、修正をするという議会の御意思でございました。その間、補正質疑でありましたり、あるいは討論でありましたり、さまざまな御意見もいただいたことは、十分認識をいたしております。

 いずれにいたしましても、まず、深まっていないということでもございますし、我々のほうも、PFIということで進んできておりますので、どこまでお出しできるかということも含めて理解を、市民そして議会の皆様方に、我々が積み上げた事業について、よりさらに理解を深めていただくという努力は必要だと思っておりますので、今回、このような形でまずお出しをさせていただいております。

 先ほど申し上げましたように、中身的には、この間、まさに積み上げてきたものでございますので、大きくあそこを変えるとかPFIをやめるとか、そんな形ではもちろんございませんけれども、内容的にも精査も一定させていただいたつもりでもございますし、またこれから、さらに検討もしたいと思いますけれども、私どもとしては、そういう受けとめ方で、まず、過去の経緯も含めまして、この建設水道常任委員会で御説明をさせていただきながら、また御意見をいただきながら、検討してまいりたいというふうに思っておりますので、その点、御理解を賜りたいと存じます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 市のほうとしては、これでやっていきたいということで、議会が反対しようがどうしようが、進めていくということがよくわかったんですけども、私、この説明でも、非常に失礼やなという感じで思ったんですけど、理解が深まっていないということでおっしゃっているけど、十分理解しております。その上に立って、これはだめなんじゃないかということで言っているわけなんですけど、この9月議会の中で、そういうことが出されて1ヵ月ちょっとたつわけですけども、この間で、一体何が変わったわけですか。精査されて、金額というか計画の必要な額とかがいろいろ精査されたりとか、入館者数とかがもうちょっと具体的な見通しが出されたりしていたわけですけど、じゃ、なぜ、これ9月議会に出されなかったんですか。9月議会で、一般質問、補正質疑いろいろあったけども、PFIの手法としては、そういう具体的なことは言えないということで、なかなかかみ合わなかったわけなんですけど、それはその時点で、既にこういう数値はわかっていらっしゃったんですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 今回の歴史公園の事業計画をする段階で、さまざまな検討はしてまいりました。ただ、一方で、このPFI方式を採用するとなりますと、基本的には性能発注方式というのをとります。すなわち、具体的な例えば数値、例えば会議室の面積でございますとか、どのようなものをつくっていくのかという、目的物の詳細な図面を出すということにはなりません。あくまで性能という内容を言葉に直して、今後要求水準というのを出していくというのが、PFI方式の特徴でもございます。その特徴を最大限有効に活用しようといたしますと、やっぱり事業者からの提案を待つというのが、基本的な流れになってまいります。この事業者からの提案を受けるに当たりまして、全国でも、どのような発注の仕方をしているのか、我々も調査してまいりましたし、どの程度まで事前に公表して、どの程度が事後の提案によって決まっていくのかというところを、我々も勉強してきたところです。

 そういった中で、専門家の方々からも意見を聞きながら、この程度の内容で進むべきだということをアドバイスいただきながら、前回、議会でもいろいろ御説明をさせていただいたところなんですけども、我々としては、残念ながら、市民・議会の理解が十分深まらないということでございましたので、改めて、どこまでなら出しても、いわゆる発注に対して支障にならないのかというところの、ぎりぎりの限界点を探るということをさせていただきました。

 そんな中で、今回の資料の中でも、かなり詳しく書かせていただいている部分もあろうかと思いますけれども、もちろんこれは、発注者側としての我々の考えをまとめたものでございますので、今後、こういう形で考えが最終的にまとまりますれば、これを改めて要求水準書という形に書き直しをさせていただいて、その要求水準に基づいて、事業者からの提案を受け、その提案に対しまして、審査もしていくということにつなげていければなという思いでございますので、よろしくお願いいたします。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 だから、PFI手法であれば、もうここまでしか出せないという専門家のアドバイスも受けてとおっしゃっていたけど、そのPFI手法、性能発注のやり方でやっていくことについては、これはあかんということになったわけですよ。その多額の債務負担行為でやっていくに当たって、そういう霧がかかったようなそういうやり方では、PFIの専門アドバイザーがいはるんですよね、そういう方々のところでのやり方でやるんでは、あかんということになったと思うんですよね。やっぱり20年以上にわたる、後々の財政にも影響してくるものについては、きちっと議会として明確にしなきゃいけない。その細かいところまであれですけども、少なくとも、もうちょっとこうしていかないと、そういう霧がかかったようなやり方は問題だということになったと思うんですよね。だから、削除となったと思うんですけども、例えば、補正質疑、一般質問の中で、お茶摘みのことについて、一番宇治市が歴史公園の中でメーンにしているのはお茶のことやと思うんですけど、お茶のことについてどうするのかという質問が出たと思うんですよね。お茶の育成、どこがどうするのか。そのお茶の製茶のやり方どうするのかとか、いろいろ出たと思うんですけど、そういうことや宇治公民館・市民会館を今利用されているサークル・団体の方々、こっちを新しく地域交流センターで使っていただいたらいいということだけど、その貸し室料、賃料、どうするのか。必要でないのか。教育のほうは、公民館を機能移転するということでおっしゃっているから、そうなったら、その職員を配置するのか、どういう会議室の機能移転の中身になるのかとか、そういうのが市民生活にかかわる重要なところで、意見・質問が出ていたのに、そういうことについても何の回答もないわけですよね。そういうことを考えたら、ただ金額がこうだけということでは、この報告自体が、物すごくこれまで議会出てきた質問にもまともに答えていないし、一体どうなんかなというふうに思うわけなんですけど、このことについては、どのようにされているんですか。これまでの質問、もう項目でもいいですから、そんなん整理して出していただきたいなと思いますけど。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 今のいろいろな御意見については、議会からも出されていることは十分承知しておりますし、それに関する検討も逐一やってきているところなんですけども、それを最終的には要求水準にどのように盛り込むかというところが、1つ一番大きなポイントかなというふうに思っています。この要求水準書をつくっていくための一番ベースになるのが、きょうお出ししているこの資料になるのかなというふうに思っております。

 そこで、十分記載ができていない部分、多々あろうかと思います。その部分につきましては、やっぱり大半が、事業者からの提案に委ねるべきことかなというふうに考えておりますので、提案の中で決まることに関しましては、当然ながら、我々のほうが、こうしますということが言い切れない部分でございます。ただ、その考え方については、できる限り、我々お示ししたつもりでございますので、この考え方について御議論いただきたいというふうに思いますし、考え方を変えるんであれば、またそういうやりとりの中で、我々も検討をしていく場面も出てくるのかなというふうに思います。

 基本的に、まずは我々の考え方を、ここでお示しさせていただく。この考え方を、最終的には要求水準という形に書き込むことによりまして、具体的な提案が事業者から得られるということにつながっていくようにやっていくのが、PFIの手法でございまして、従来型の、いわゆる直営方式でございますと、細かいところまでまずは決めて、それに関する仕様を決めた上で、仕様どおりにつくっていただくということが従来の手法なんですけども、そこの発想が大きく違うというところで、どうしても具体的な数字でもってお話ができないというのが、我々としても確かにもどかしいところではあるんですけど、そういう手法であるがゆえに、なかなか具体的な数字、あるいは御説明できひんということを、まずもって御理解をお願いしたいなということでございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 ある程度、私も理解しているんです。そういう性能発注でといったら、民間の発想というか、それを大いに活用したいというか、尊重したいということもあるんでしょう。この枠の中でやっていただくということでしょう。で、何度も言いますけど、9月議会、補正予算の修正案というのは、そういう性能発注のやり方はちょっとなじまないという、二十何年間市民の税金を投入していくわけですから、そのことについては、ちょっと議会として責任が持てない問題があるということでのことやったと思うんです。これは、もうかみ合いませんから、これ以上いいですけど、そういう上に立って聞きたいんですけど、このスケジュールですけど、27年度でAゾーンの造成工事、Bゾーンの造成工事、茶の木植樹開始となっているんですけども、これは今、どこまで進められているんですか。



○関谷智子委員長 谷口副課長。



◎谷口弘明歴史まちづくり推進課副課長 史跡ゾーンにおけますAゾーン及びBゾーンの、平成27年度の進捗状況につきましては、Aゾーンにつきましては発注終わりまして、今現在、再現をするところの池の造成工事を目的としております。詳細につきましては、池の周りの擁壁の設置及び池の底面の基礎工、そして遺構再現パネルの基礎の工事でございます。

 Bゾーンにつきましては、現在まだ発注をしておりませんが、修景茶園の造成工事を予定しております。以上がAゾーン及びBゾーンの現在の進捗状況でございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 Bゾーンの発注が済んだら、こういう茶の木を植えていくということになってくるわけですか。



○関谷智子委員長 谷口副課長。



◎谷口弘明歴史まちづくり推進課副課長 Bゾーンにつきましては、造成工事及び茶の木の植栽につきましては、今年度させていただく予定にしております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 それでいくと、これもPFIの中に入ってくるわけですよね。これは市の直営いうことで、関係ないわけですか。わかりました。

 それで、今回資料が出ていますけれども、全国の状況です。それで、実はこの間、会派のほうで、神奈川県横須賀市の長井海の手公園に行ってきたんですけど、PFI事業というのが国のほうでPFI法が制定されて、割と新しいところで公園整備というので、都市公園の整備というので、PFIの手法を取り入れてされたんですけど、ソレイユの丘というのを。わざわざ入れていただいているんですけど、ここへ行っていろいろと職員の方からお話を聞くと、やっぱりいろいろ観光客のニーズがすごく変わってくる。だから、長期契約でやっていくのがニーズに合わない。だから、ここは2つの方式を取り入れてやらはったんですけども、もう事業開始からわずか、1つは10年、もう一つはもっと短くですけども指定管理に移したりとか、今、全部指定管理でやってはるんですけど、となっているんです。何でそういうことにしたんですかと言ったら、1つは不透明だと。ニーズがいろいろ変わってくるから、長期間同じ業者でやるということについて、非常に責任が持てないというか、合わないということですよね。いろいろ不祥事も起こさはって、市民からかなり苦情も出たりとか意見も出たりとかして、そういうこともあるし、市の負担が減ったんかふえたんか、どうだったのか、直営でやった場合どうだったのかというのは検証できないとおっしゃっていました、最終的にはわかりませんという。もうかったんかもうかっていないのか、市の負担が減ったのか減っていないのか、結局わからへんと。ただ、SPCはもうかったでしょうということはおっしゃっていましたけど、そういうものでありました。

 だから、これでいろいろ出していただいているけど、長井海の手公園のところで言えば、非常にPFIでやったことについては、今、指定管理で、議会でも市のほうでも、きちっと事業が掌握できるから、報告もされてできるから、透明性・公平性が保てるからいいんだということでおっしゃっておりました。

 やっぱり、資料で出していただいていますけど、いろいろあるわけですよ、こもごも。そういうことについては、市民の方も議会のほうも勉強しています。担当課のところは、もっと勉強されているかもしれないけど、宇治の手法にはなじまないなということで言っているわけで、何も井の中のカワズで結論を出したわけではないわけなんですよね。そういうことで非常に思います。

 最後にちょっと言っておきたいんですけど、この間、議会の中から出された補正質疑、一般質問、いろいろありました。そこで質問がありましたでしょう。性能発注だから答えられないということで、部長、ずっと答弁に立たれていたんですけど、それをちょっとどういう質問が出たのかということぐらいは、やっぱり整理していただきたいんです。どういう答弁ができるかは別として、その上に立って、それが今度また、これは何が何でもやりたいとうことで出してこられているんですけど、それについて、少なくとも答えていただきたいなというふうに思いますので、そういう整理をしていただきたいと、資料なりで出していただきたいと思います。いかがですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 わかりました。さまざまな質問出されておりますし、私も答弁の中で、性能発注だから、この答弁については御容赦願いたいというふうにお答えさせていただいたものもございます。この間、PFIの専門家なんかもいろいろ御意見を伺う中で、どこまでだったら発注に支障がないのかというところも、改めてアドバイスいただいたりしております。それも含めて整理をさせていただきたいと思います。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 それはよろしくお願いします。1つだけちょっとお聞きしたいんですけど、この賃料収入というのが入っていますよね。2億3,000万円というやつ、14ページなんですけど、その上で、収入予測というのがいろいろ出ているんですけど、これでいくと、地域交流センター、会議室とかは、それはお金がかかる貸し室という計算の上で、この賃料収入、駐車場とか以外のところの収入にこれは含まれているんですか。含まれていないの。



○関谷智子委員長 谷口副課長。



◎谷口弘明歴史まちづくり推進課副課長 収入におけます会議室等につきましては、運営収入の中に入っております。賃料収入につきましては、独立採算にしておりますレストラン・喫茶、ミュージアムショップの年間賃料がここに記載されておりまして、会議室等につきましては運営収入のところに含まれております。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 わかりました。ということは、公民館機能移転するということで言われていますけど、賃料が発生する。教育委員会のほうでは、賃料は取らないというようなこともおっしゃっていますけど、そういうことは整理されていないということになるのかなと思うんですよね。教育委員会のほうは、宇治公民館、これは機能移転するということで、何年間か知りませんけど賃料は取らないんだということで、そういうようなことをおっしゃっているんですけども、これについては、この運営収入の中に賃料が入っているんだったら、これはかみ合うていないわけですか、このことについては。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 現在の宇治公民館・市民会館のうち、公民館利用に関しては無料になっています。使用料が無料。それから、市民会館については、有料という扱いになってございます。機能移転しますのは公民館だけではなくて、市民会館部分も含めて機能移転をするということにしてございます。

 公民館を有料にするのか無料にするのかというのは、また教育委員会で今後十分議論されるというふうに考えますけども、我々、施設をつくって使っていただく側としては、当然ながら、分け隔てなく、会議室の使用料ということでいただくことになろうかというふうに考えております。したがいまして、この14ページの運営収入の中には、利用されたら利用された分に応じた使用料をいただくと、これがPFI事業者の収入としてカウントをされるという形になろうかと思います。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 市のほうの考え、わかりました。部局ですごく変わるのかなと思いますけど、考えはわかりました。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 ちょっと舌足らずだったと思うんですが、PFIの事業としては、賃料として入るという整理が1つあります。それをどうやってどこから取るかというのは、また違う問題になります。そこのところで、今、教育委員会のほうで、公民館をどうするかという、どういう形でやろうかという議論をしていただいているというふうに、私は認識をしておりまして、それを私ども、議論しながら、どういう形で公民館機能を整理していくのかいうのは、これからの問題だと思っています。

 ただ、PFI事業者のところの整理は、今、部長から答弁がありましたように、これは運営収入という整理になっているということでございますので、少し角度が違うので、誤解のないようにお願いいたします。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 PFI事業者の収入のところは保証しながら、その分については、利用者については、公民館とかそういう活動されている方の賃料については、宇治市のほうで何らかの補填をされるのかなというようなふうに今思いましたけど、そういうことではないんですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 私が答弁いたしましたのは、今、教育委員会でも議論をしていただいておりますし、その議論を踏まえながら、今後また事業としてどういう負担をするかいう組み立てをしていこうということで、PFI事業の中身としては、そこがどっちかわからないということは組めませんので、それは事業者としては、そこは運営収入にはなるでしょう。あとは、全体の議論の中でどういう形でいただくのか、あるいは場合によったら、いただかないのかも含めて、議論をしていくということでございますので、よろしくお願いします。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 わかりました。最後、1つだけお聞きしたいんですけど、先ほどAゾーン・Bゾーン、茶の木の植樹というので、27年度のところに入っておりましたけども、今回いろいろ意見もある中で、新たにまた報告し直すということで出されてきたんですけど、この間は9月議会、補正予算で債務負担行為、25億のが出たんですが、これはまた12月議会で出されてくる、3月のところで出されてくる、どういう段取りでされていくんですか。やっぱりお金の補償というか、もしされるんだったら出されてくると思うんですけど、どういうことを考えておられるんですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 もう12月定例会で補正を出そうと思いますと、たちまち言わなければならない状態の日でございますので、今のところはそこにはいないと思っておりますので、そうなると、そこはないと。我々といたしましては、やはりオリンピックだったり、それから日本遺産の動きであったりとか、お茶の京都の動きであったりとか、それから前から答弁いたしますように、補助の関係であったりとか、いろいろな問題がございまして、やはりこの年度内がぎりぎりかなというふうに判断をいたしておりますので、その中でさらに詰めてまいりたいと思っております。いずれにいたしましても、12月の補正で今お出しをするということはないだろうと思っておりますので、御理解賜りたいと存じます。



○関谷智子委員長 暫時休憩いたします。

     午後0時12分 休憩

     午後1時14分 再開



○関谷智子委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。

 質疑のある方。池田委員。



◆池田輝彦委員 午前中、いろいろなお話があったんですけども、いろいろな考え方があるかと思います。私は、9月定例会の中では、まだまだ賛成というところまでには、まだ不安があるという思いでした。その中で、きょう、資料をいただいたときに、前に比べて、少し思いを出してくれたんだなというのは、受けとめました。

 その中で、少し、それも含めて質問したいんですけども、最初は、茶摘み体験をやっていただこうという構想ですけども、茶摘みは時期的なものがあるかと思いますが、茶摘みの時期が外れたときは、これはできないなということで、違う室内の体験になるかと思いますけども、茶摘みは大きな目玉だと思うんです。それにかわる、違う時期にはとか、そういうような思い、構想があれば、お聞かせ願いたいと思いますけども。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 今、委員御指摘のとおり、お茶摘みについて、やっぱり季節物ですので、限られているということになります。生産者の方ともいろいろ御意見交換させてもらう中で、飲用製品、商品として出すわけではないので、少し収穫時期を延ばすようなしつらえ方をするとか、あるいは、お茶摘みだけじゃなくて、お茶に関することをいろいろと体験してもらうということで、本ずという伝統的な栽培方法等についても残していきたいという思いもありましたので、例えば、そういう本ずの伝統的な設置の仕方とか、あるいはいろいろな、ひも一つにしても結び方がいろいろあるというふうに聞いていますので、そういったことも、少し技術的なとこら辺もお伝えをするというようなことも必要になってくるでしょうし、今、生産者の方ともいろいろと御意見を聞きながら、どんなイベントができるのかというのを少し我々のほうも勉強してみて、その合間をうまく埋めて、途切れないようにしていきたいなというふうに考えております。



○関谷智子委員長 池田委員。



◆池田輝彦委員 あと、7ページから8ページの間に、市外への周遊観光へと誘うように工夫しますというところが2カ所あるんですけども、周遊観光に誘って、周遊していただければいいと思うんですが、この周遊をどの範囲、どのぐらいの規模で思っていられるのかなと。というのは、歩いて回れる周遊の範囲なのか、何か交通機関に乗らなければ回れないような範囲なのかと。もし、歩いて回るんであれば、今現在、宇治橋周辺に限定される。ただ、もっと大きい範囲で考えているんであれば、その交通機関が、市民の方も非常にバスが余り走っていない分、困っている中で、広範囲であれば、タクシーなのかマイカーなのか。マイカーでしたら、駐車場とか行く先々あるのかとか、そのあたりが、どういう思いでこの周遊観光に誘うように工夫するという構想なのか、ちょっとそこがわからないので、そのあたりを教えていただければと思います。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 1つは、周遊観光のほうに結びつけていくということで、まだまだ宇治の歴史・文化、いいところはたくさんあったりとか、あるいはいろいろと系統立ててお話をすれば、興味を持っていただくような内容がたくさんあります。その辺の情報発信の仕方というのは、我々もまだまだ課題があるなと思っています。

 おっしゃっているように、歴史公園の中で、「あ、そういうことやったんか、よくわかった」だけではおもしろくないので、宇治の観光にいい部分としては、少し足を伸ばしていただいて現地のほうに出向いていただくと、例えば、ほんま物が見れるとか、その伝承されてきたいろいろな逸話とか物語に対するものが、現地に残っているとかいうようなことも肌身で感じていただくことができるというのが、1つ強みだなと思っています。

 だから、まずはそういう情報発信することによって、そういう、次、足を運んでもらうというところの背中を、少し押させてもらうというようなことを考えようとしています。

 徒歩圏内でいいますと、やはり我々のイメージとしたら白川あたり、あるいは三室戸寺のあたりかなというふうに思っています。もし、いろいろな提案の中で、もう少し足が伸ばせるようなことになるのであれば、萬福寺であるとか、あるいは小倉のほうにも、できたら足を伸ばしていただいて、自然環境なり、茶園もたくさんありますので、小倉のほうのお茶のいろいろな物語も、現地を見ていただくというようなことも、しつらえとしてはあるのかなというふうに思っております。



○関谷智子委員長 池田委員。



◆池田輝彦委員 ですので、それに対して交通機関をどのように思うてはるのかなということ。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 できるだけ、周遊観光においても足を伸ばしてもらおうと思えば、公共交通、電車も含めて公共交通を利用していただきたいという思いがあるんですけども、まだちょっと具体的にしっかりと絵は描けていないんですけれど、例えば、自転車を使っていただいて、レンタサイクルで回っていただくということもありますでしょうし、きちっとしたそういうルートを設定するとかいうのもありますし、少し、先ほど言い忘れましたけども、日本遺産の関係の、いろいろ物語もありますので、ストーリー立てたものもありますので、そういったところ、ルートを設定して、自転車がいいのか歩いて行ける距離なのかというようなことは幾つかプランを立てて、その情報をしっかりと、この歴史公園の中で提案するというようなやり方が必要なのかなとは思っています。



○関谷智子委員長 池田委員。



◆池田輝彦委員 歩いてとか自転車というのは、お元気な方ということですね。足腰のしっかりした方という捉え方だと思うんですけど、そうでない方もいらっしゃいまして、そこがそういう巡回バスとか、実はそれが今、バス不足の地域で絡めて利用したりとか。もし、観光客が乗っていただけるんであれば、地元の方もそれに便乗というか、それで市内各地を、結構古墳とかいろいろなところに、ちょこちょこいい茶園とかありますので、そんなのを結べたらおもしろいなとは思うんです。それはそれで結構です。

 あと、8ページの観光コンシェルジュという言葉、今回8ページに載っていたんですけど、これはどんな方がどう、何か資格、ある程度の教育を受けてやるかと思うんだけど、どういった方がこういう仕事につくというようなことですか。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 特に資格をお持ちの方、どうしてもということではないんですけれど、いろいろな観光−−周遊観光ということになるんですけど−−に向けて、いろいろな観光のルートとか、あるいはそういうリクエストに対して、どういうふうにお答えしていくかというような、そういう提案をしていただけるような方を置いて、そこでいろいろと、コンサルティングというとちょっと言い過ぎかもわかりませんけど、皆さんが興味をお持ちになった、あるいは興味を持って来られた方を、いろいろアドバイスしたりとかコンサルティングして、周遊観光のほうに効率よく回っていただくような、そういう御案内のできるような方をセットしようかなというふうに考えております。



○関谷智子委員長 池田委員。



◆池田輝彦委員 わかりました。先日も道の駅を少し視察させていただいたんですけど、非常に繁盛しておりまして、私が思うに、館長の情熱がすばらしかったということで、やはりリーダーというか経営する側というか、1人の方の熱い思いが、全て成功のまずは出発点なのかなという感じがありましたので、そういう観光をお誘いする側も、決まり切ったことを決まり切って言うというよりも、本当にここがすばらしいんだというような熱い思いが伝われば、非常にいい案内になっていくんではないのかなと、非常にそれを感じました。

 あと、この14ページの年間収入の予測で、いろいろ削減されまして、最終的には、年間平均で約320万円程度の実質負担額ということで、これだけ見ると、実質負担額が320万ということは、手が出しやすい金額なのかなと思いますけれども、午前中も、公民館の使用の件に、使用料がどこから出てくるんだろうと、ここが今後、何となく市が負担していくのかなというふうに、どうしても見受けられるんですけども、そのあたりが、ここには320万と出ていても、プラス、やっぱり市が出す分が、ほかにもあるんじゃないのかなと思います。さらに、さまざまな御提案、これからあるかと思うんですけど、私のスタンスとしては、ある面、さらに努力されて、これならという思いがあれば、自分の中に確信があれば、いい事業かな。でも、やはりまだまだ、ここはどうなんだろうという不安材料がちりばめられていたら、どうしても踏み切れないという、それが私の個人的な思いですので、また、そのあたりも払拭していただけるような御提案が、今後あればと思っております。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。西川委員。



◆西川友康委員 ちょっとこの資料について確認したいんですけども、いろいろ先ほどから話が頭の中でこんがらがっているので、ちょっと整理させてもらいたいと思うんですけども、先ほども収入とかもあったんですけども、この15ページまでというのは、直営であろうがPFIであろうが、基本的には一緒という考えですね。直営であっても、こういう形で太閤堤をやっていきます。直営であれば、もっと詳しい内容をもっと盛り込んで説明ができるかと思うんですけど、今回、PFIということは16ページ以降あるんですけど、もしPFIを使うのであれば、さらによりよいものができるであろうということもあって、その辺を、ちょっと民間の人とお任せして、膨らみを持たせていくために、ちょっとぼんやりしているというふうに感じているんですけども、この資料的には、そういうふうな内容で認識して大丈夫なんですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 おっしゃるとおりでございます。普通、直営方式ですと、我々が毎年度の予算の中で、建物の設計、あるいは公園・庭園部分の設計をやりまして、それに係るコストを全部きっちりと積み上げて、議会や市民の皆さんにも、こういったものをつくるということで、かなり詳細な情報を最初にお伝えする中で、そのお伝えした情報どおりのものをつくっていくというのが、直営方式の形になろうかと思いますし、一方で、PFIの方式になりますと、つくる物自体を提案に委ねます関係で、基本的な考え方をまずお示しをして、こういった性能発注というんですけども、この性能発注の中身の考え方をお示しすることで、まずは御理解をいただくとともに、その上で、この性能をクリアして、さらに何かすぐれた提案がいただけないかという形で、今後進んでいくことになります。

 具体的なその建物の形、色・デザイン・材質、そういったものは、事業者が最終的には確定をする中で、そこで初めて細かい絵面が出ていくという形になって、ちょっと一般の発注と手順が違いますもんですから、そういう形になります。

 この資料でいきますと、前半の部分は直営方式を前提としてつくっておりまして、直営方式でこのような内容になります。これをさらにPFIでやりますと、後半の形でやるのが、一番ここに合っているんじゃないかという提案をさせていただいておりまして、一番違うのは、19ページの財源計画の部分で、かなり一般財源の平準化が図れるという点と、それから随所に書いていますけども、我々が要求するもの、プラスアルファの何か提案が出てくることによって、総合的な来園者へのサービス提供につながっていくというふうに考えています。



○関谷智子委員長 西川委員。



◆西川友康委員 一応、この資料のことについては、理解させてもらったんですけども、やっぱり前回の話もありましたように、今回PFI初めてということで、その辺がわかりにくいところもあると思いますので、そういうところもしっかりと踏まえて、一応根本的には、ここまでは宇治市は、こんだけやるということも最初のほうでも言われているので、その辺の懇切丁寧な説明と、またそれとPFIに対しての説明、その辺がごっちゃになりやすくなると思いますので、その辺は引き続きしっかりやっていただきたいと思います。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。堀委員。



◆堀明人委員 ちょっと冒頭に議事進行でいろいろ意見を申し上げたんですけど、要は、中身の問題にはなかなか入れなくて、この前の9月議会で、議会が行った意思決定、これは先ほど副市長の答弁の中にもありましたけれども、市が提案をされてきたこの事業のやり方、PFIでやっていくんだということに、これを保証する債務負担行為の補正予算を、議会としては削除して修正案を可決したと、こういうことになっていますね。

 ですから、ここで我々も勘違いしてはいけないのは、継続して審査をしているんじゃないということなんですよ。そこを僕は、なぜ今すっとこの議論に入るのか、僕はよくわからないんですけど。

 そもそも、議会が意思を決定した。PFI方式の、先ほども言いましたね、2回目ですよ。PFIに必要な債務負担行為を削除したんです。しかし、きょう出てきたこの報告というのは、17ページ、PFI方式が最も望ましい事業方式であると考えていますと、こういう報告が出ているわけですよ。単純にお聞かせいただきたいのは、議会の意思決定を受けて、それを改めて提案されるときの、当局、論理的におかしいん違うかと思うんですよね。PFIだめですよということで、議会は意思決定しました。それで、また変更点ありますねんて、きょう新たに出されたのでまた、だめですよと言っていたPFIでやりますよということを提案されることが、論理的に破綻していないですか。簡単に言うと、だめだと言われて、これはもう決定事項なんですよ、議会の意思なんですよ。そこを僕らも、もう本当に僕自身も間違えたらいけないんだけど、これ、審査を継続しているんじゃないですね。上書きしたんですよ。当局が出された補正予算案を、議会の意思で上書きしたんです。その上書きの内容はというと、PFIの部分の債務負担行為をどけたんですよ。なのにもかかわらず、きょう出てくるこの提案がPFI方式だというところに、僕は論理が破綻しているんじゃないかと思うんですけど、これはいかがですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 まず、PFIを実施するに際しまして、どうしても必要な債務負担の予算をお願いいたしまして、それが修正をされたということは事実としてございます。まずは提案理由だと思っておりますが、その提案理由といたしましては、市民の理解が深まっていないということでございました。

 私どもとしては、これも先ほどから繰り返しになりますが、この太閤堤の事業に関しましては、一定積み上げてきたものもございます。そういう意味で、深まっていないということに関して、我々としては、まず御理解をいただくために何をするのか、どうするのかということを、一定、この間できる整理をしながら、今回、より厚くしたというか、内容的にも少し充実して、お出しさせていただいております。

 これはPFIでやることが、少なくとも9月の時点で市民理解が深まっていない、あるいは事業そのものが、内容が、市民理解が深まっていない。どちらかということについては、ちょっと微妙なところがあるわけですが、いずれにしても、PFIという手法を使ってやるこの事業そのものについて、市議会としては市民理解が深まっていないと。したがって、今、それを予算として可決することについては適切ではないので、修正をされたということだと思っておりますので、私どもといたしましては、その際、補正質疑であったり、あるいは討論であったりでおっしゃっていただいたことを、そのとおりできるかどうか、にわかに難しい部分がございますけども、一定整理できることはしながら、説明をより厚くしていこう、詰めていこうということで、今回この建設水道常任委員会に資料をお出しして、まず、その御説明の一歩を切っていくということでございますので、これでPFIを引っ込めていないからおかしいということは少し違うかなと。PFIでやるということは、この間、申し上げておりましたので、我々の思いとしてはそうでございますので、それについてもう少し説明させていただこうという理解でおります。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 もうそれは全然違うくて、もちろんPFIでやる方式については、それはPFIの中にもいろいろやり方があるんじゃないですか。だから、もっとやっぱり、そこをきちっと議論すべきところは、僕はあると思っていますよ。

 ただ、このPFIを担保するための債務負担行為が、これは情緒の話じゃなくて、もうこれはきちんと手続的に削除されたんですよ。その削除の範囲はというと、20年間にわたってPFIを担保する予算を削除したんです。これはどういうことかというと、市民理解が深まっていないから、もっと説明したら、審査を継続したら、またわからんよという話じゃないんですよ。一旦、これはもう完全に当局が出された予算案を、議会の意思で上書きしたんです。それはそう思われないですか。何か、今、副市長のお話を聞いていると、説明が足らんから、もうちょっと説明したら同じことで通るんやという、そのために通すんや、だからきょう報告しているんやというふうに聞こえますけど、そういうことですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 議会として債務負担行為の部分について修正をされたということは、そのように認識いたしております。ただ、申し上げておりますように、提案理由で私どもは判断しますし、さまざまな御議論があるのも事実ですが、提案理由としては、やっぱり市民の理解が深まっていないということでございますので、我々としては、今までやってきた、あるいは積み上げてきたものについて、さらなる市民の皆さん、あるいは議会の議員の皆様方の御理解をいただけるように努力をするというのが、基本的な考え方でございます。

 ただ、これで我々が説明していく中で、さまざまな御議論もあろうかと思いますので、それはまたお伺いしながら、検討すべきことは検討する必要があろうかと思いますけども、ただ、これでもってこの事業そのものが、全くしてはいけない事業だという形での認識までは持ち合わせておりませんので、よろしくお願いいたします。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 この間、本当によくおっしゃるんですよ。提案理由が市民の理解を得ているとは言えないということだから、市民の理解を得るためにやっていくんだと。ここで言う市民の理解というのを簡単にいうと、この議会制民主主義における議会のことですよ。議会の中での説明もきちんとできていないし、もちろん、いわゆる僕は本会議でも申し上げましたけれども、市民の皆さん、例えば商工関係の皆さん、観光関係の皆さん、不安がられているのは事実ですよ。その辺の説明にも行かれているというのもお聞きしていますけど、ただ、やっぱり1つ、ここまで経てきた経過の事実として、経過はやっぱりそこは受けとめていただきながら、その上で次の対応を御提案いただかないと、これ、どう見ても、ここに書いている平成27年3月からのそのものを、そのまま継続して出してきていただいていて、ちょっと厚みを増したから、これでどうやというようにしか聞こえないですよね、それは。

 だから、僕が冒頭に議事進行で、これはちょっと姿勢としておかしいんじゃないですかということを申し上げたのは、やっぱり議会の意思決定ということについて、むしろわかっていないこっちが頭悪いんだぐらいの、そういう認識でいらっしゃるんじゃないかなと思って。理解できないこっちが悪いんだぐらいの。だから、もうちょっと時間かけてわからすから、ちょっと待ってよみたいなことが、ホームページの文言に出ていたんじゃないかなと僕は思うんですけど、それはどうですか。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 そのようなことを申し上げるつもりもございませんし、私どもが出させていただきました予算の債務負担行為を修正されたということは、そのように私も受けとめております。ただ、我々も一定この間積み上げてきておりますし、その説明があるいは十分でなかった部分があったんかということも踏まえまして、我々自身も、内部で、ある意味反省というか議論もしながら、具体的にもう少し詰めて説明をしていこうということで思っておりますので、理解していないのが悪いとか、そういう意味ではなくて、理解をしていただくように努めていくということで考えておりますし、その上で、また御判断がいただけるのかなと思っておりますので、我々としては精いっぱい努力してまいりたいと思っております。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 ですから、今まで積み上げてきたものがあるとおっしゃる、それはよくわかりますよ。それはもう平成19年にこれが発掘されて以降、いろいろ取り組みされていることについての経緯、これを史跡指定されるような取り組みをされてきた経過等についても、僕はこれまでかねがね敬意も表しているし、ありがたいなと思っていますよ。

 だからこそ、僕はこの太閤堤のこれをどうしていくかというのが、本当にいつも何回も、いつも言うてますけど、観光宇治にとってラストチャンスだと思いますよ。なかなかこれだけまとまった拠点整備というのは、それはもう二度とできないと思いますわ。だから、僕、本当に中身もこれでいいんですかということは、修正案の賛成討論でも申し上げていますし、ただ、そのことについては全く何ら触れることなく、中身について、しかも民間の提案を待っているんやと言いながら、この地域・観光交流センターの概要図と、これはほぼほぼ機能もこれを担保せえということでしょう、これ、簡単に言うと。そもそも、我々としたら、本当にこの機能でええのかというところからスタートしているわけですから、そこを本当に僕は、この前の公民館機能の移転の問題もそう、駐車場の問題もそう、PFIが本当にいいのかということもそう、例えば、ミュージアム自体が本当に必要なのかということもそうですよ。そんなことも含めて、本当にゼロベースでもう1回議論をしないと、これは5年先、10年先に閑古鳥が鳴いて、よくいろいろな観光地であるような寂しい状態になるのが嫌やからこうやって真剣にお伝えしているんです。そこはわかっていただきたいです。

 それとマーケティングのいろいろ勉強とかさせてもらう中で感じるのは、よくこれは物の本に書いてありますけど、足し算の観光行政ほど失敗するものはないんですよ。足し算というのは何かというと、宇治でいうと、お茶もやりたい、歴史もやりたい、秀吉もやりたい、太閤堤もやりたい、桜もやりたい、もみじもやりたいいうて、いろいろなものを足し算していって、結局できたもの、何やわからへんのですわ。論点が定まらへんといいますかね。歴史と観光、歴史と文化、文化と歴史というキーワードで、これはグーグル検索をしたら、何十万件とヒットするんですよ。そこで宇治市が何番目に出てくるかということですよ。もう歴史って、断トツにそれは京都市が一番ですよね。で、そういう形でいくと、本当に僕は、やっぱりもっと宇治市として、この観光拠点で全面に出すものというのは、もっと精査して、もっと鋭くシャープに、観光客の皆さん、市民の皆さんの心にずばっと刺さるような、そういうものを考えないと、歴史もやりたい、お茶もやりたい、観光もやりたい、公民館もやりたいというような、そういう焦点のぼけたような政策が、本当に全国各地、失敗しているんですよ、現実として。そこを本当に僕はお伝えしたいんです。ですから僕は、何回も言いますけど、この太閤堤の拠点整備していくのは大賛成です。だから、一番最初のときなんて、80億の予算が、これが10億けちって、10億あと出したら本当にすばらしいものになって、10年先、20年先まで市民の皆さんにも喜んでもらえるんであれば、そこでけちるべきじゃないみたいな話もしましたよ、最初に。だけど、この今のプランもそうですし、まず、そのPFIとか、今回の9月議会のそういう議会の意思の決定は、そういうことも全て含めて、市民の理解が得られているとは言えないということを、これは議会の理解が得られているとは言えないということを、お伝えしているんですよ。だからそこは、僕はあんまり拡大解釈をして、ただ、説明するアリバイをつくっていく、アリバイを積み重ねていくような、そういう捉え方をされないほうがいいと思いますけどね。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 堀委員のいろいろな考え方についても、私も、こういう施設をつくるときに、いろいろなことをこの間考えてきました。

 一番最初に宇治川太閤堤跡が見つかったときに、本当にここを新たな観光拠点にするんだ、スタートはそこからです。この新たな観光拠点のあり方って、どういうようなものかというのを、相当長い年月をかけて、ああでもないこうでもないという議論を、庁内・庁外含めて重ねてきた結果が、現在に至るという状況でございます。

 そういう意味でいいますと、いろいろな側面で、100点とは言えないかもしれませんけども、盛り込ませていただいたつもりですし、それからおっしゃるように、一つのテーマを絞って、源氏物語ミュージアムのように、かなりターゲットを絞って成功している事例もあります。それから、複合施設として失敗している事例も、我々も散見いたしますし、そういったものに、失敗の事例はやっぱり失敗として、我々は反省しながら、よりよいものになるように、どうすればいいのかという議論もしてまいりましたし、それからあと、やっぱり財源面でも、どのように国費をとってくるかとか、あるいはうまく運営できるか。そういった側面からも考えていきますと、現在の計画が、一定、合格点がとれる内容ではないかなというふうに判断をして、議会のほうにも説明をさせてきていただいたということでございますし、なかなかゼロベースで見直しというのは、この間の経過を踏まえますと、難しいものがあろうかなというふうに思います。

 まだまだ十分な理解が得られていないというのは、そういった側面も含めまして、やっぱり表には出ていないけど、我々、いろいろ検討して、これは難しいなと思ったこともありますし、そういったものも含めて、やっぱりやりとりの中で御説明をする機会が、まだまだ不足していたのかなという反省もしているところですので、改めて、本日はこういう形の資料をおつくりさせていただいて、きょう、こういう場でいろいろ御意見を伺う中で、我々が今までストックしてきたというか、考えてきたけども実らなかったものがあるかもしれませんし、もっといいものがあれば、それはそれなりに我々ももっと検討していく価値もあると思いますので、そういう場になればなという思いで、この資料をつくらせていただいたところでございます。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 例えば、この太閤堤の整備を、具体的にどういう施設をつくったり、どういう機能を持たすかという、いわゆるコンセプトとか、そういうところに関しては、これはそこに立ち会われるリーダー的な方のリーダーシップに委ねられるべきでしょうし、それはもう本当に主観が入りますから、これが正しいということは、なかなか言いにくいと思います。

 ただ、ですから、要はもうその結果的に、市民の皆さんがまず喜ばれて、観光客の皆さんにも、末永く愛されるような組織とはどういうものかということを、やっぱりそれぞれが研究していくべきだろうと思うんですが、それはそれとして、ただ、やっぱり冒頭から申し上げていますように、じゃ、これこの形で、仮にまた補正予算なり当初予算なりということで、またPFIで向こう20年間債務負担行為をつけてやられるような提案をされるとしたときに、これ、議会としたら、結局同じことが出てきたら、同じ答えになりますよ、それは。間違いなく、それは。

 市民の理解が得られるということをおっしゃるけれども、どういうことになったら、市民の理解が得られたと判断されるんでしょう。そこが極めて曖昧な言い方じゃないですか、市民の理解が。逆に、提案理由も、市民の理解が得られているとは言えないと言っているのは、これは3会派が提案しているわけですよ。3会派、それぞれ微妙に、やっぱりその反対の、修正案に賛成する、微妙な意図が違うところはあるけれども、ただしかし、やっぱり共通点としては市民理解、議会の中での理解も深まっていないし、議論も十分じゃないという、いわゆる最大公約数的な提案理由の説明をしているわけですよ、あえて。だから、その中で、それぞれの会派が、賛成討論の中で、共産党さんは共産党さん、公明党さんはされていないけど、自民党は自民党で、こういう理由やということを、討論で申し上げているわけです。だから、そこはやっぱり中身が少しずつ違うから、最大公約数の提案理由を申し上げているわけやけども、だから、その市民理解が得られてないという、ふわっとした理由になっているのを、そこをとって、ふわっとした解決をされようとしても、実際にどこかの段階では、これまた議案として提案されるわけでしょう。これ、ずっとこうやって議論で時間を過ごすわけじゃない。おっしゃるように、年度内には一定の方向性を出さなあかんと、こうおっしゃっているわけですから、それをしようと思うと、やっぱりまずはこの間、9月議会で少なくとも議会が不安に感じたこと、疑問に感じたこと、ここを徹底的に改善なり訂正して、ここでこう変わりましたよ、こう変わりましたよ、これで安心でしょうというようなものを出していただくのが、普通のオーソドックスなやり方違うかなと思うんですけど。

 つまり何かというと、議会の議論は見ているけど、遠くから見ていて、でも、出してきたものというのは全く何も中身変わっていない、極端にいうと。折り合おうとしていないものですよ、簡単にいうと。我々が一旦反対したものを、もう1回どうだと突きつけているんですよ。それに対して議会がどう感じるか、それは人それぞれやと思いますけれど、僕はちょっと、なかなかきょうのそのやり方というのは納得できないですね。いかがでしょう、副市長。



○関谷智子委員長 木村副市長。



◎木村幸人副市長 市民の理解というか、おっしゃっているように、宇治市としての団体意思というのは、当然市議会の議決がなければ成立いたしませんので、市議会の議決をいただくために努力をする必要があるとは我々思っておりますし、今回これを出したのも、一定我々としては、PFI方式をとる前提ではありますけれども、その中で、専門的な方の意見も聞きながら、どこまでぎりぎり出せるのかなと、イメージが湧いていただけるために出せるのかなというのも、一定、市役所の中では、工夫しながら出させていただいております。

 引き続き、我々としては、きょうお出しさせていただいて、御意見をいただいておりますし、その中でできることできないことがございますし、できることについては当然やっていく。それで説明を尽くしていくというふうに思っております。

 その中で、私、午前中に申し上げましたけれども、いつまでもこのままというふうにまいりませんので、御理解をいただける努力を尽くすというか、御理解をいただく努力をして、その上で、またお出しをさせていただかざるを得ないのかなとは思っておりますけども、いずれにしても、まずは努力をしていくということで思っておりますので、これもその第一段階というわけではありませんが、一つ我々としては説明をさせていただこうということでお出しをし、きょう説明をさせていただき、今、さまざまな御意見をいただいておりますので、また、それを持ち帰りながら履行してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 繰り返しになりますけれども、本当にこの太閤堤の整備を、いいものをつくっていただきたいと、こういう気持ちで、この議論をさせていただいているということだけは申し上げたいと思います。別に、僕はこの事業自体をやめようなんていう気持ちは毛頭なくて、ただ、やっぱりこれをやっていく以上、それこそ本当に、議会としても責任を持って議決ができるような中身と、その手法で進めていただく、そのための我々議会だと思っていますので、ですから、そこを本当に御理解いただいて、やっぱり議会としての意思決定のプロセスを十分に踏まえていただいた提案の仕方、あるいは提案の内容というのを、またお待ちしたいというふうに思います。

 ですから、きょうのところは、特に中身について私のほうから質問するということはありませんけれども、先ほど申し上げたようなこと、次回、また何かそういう形で御提案いただけるんであれば、そのときに、中身については質問させていただきたいと思います。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 今もお話ありますように、議会が意思決定したということは、市の方針になるわけでしょう。別に、市当局と議会が対立しているわけでないわけです。これ、予算をもう削除したというのが、市の決定なんですよ。それを今、無視しているような説明がありましたね。これ、20ページのこの流れですけども、これが新たにつけ加えられたんですけども、先ほども質問ありましたけども、茶の木の植樹開始いうのは、これはこの31年度グランドオープン、このときにPFIで管理・運営を任すということを前提にしてやっておられるわけでしょう。完全に、この今、堀委員がおっしゃっている議会の意思決定、市民の理解を得るためにと言いながら、一方では、もう議会の意思決定を無視して、市の決定を無視して、こんなことをやっているということになりませんか、これ。決算委員会でも、こういう指摘がありましたけども、改めて聞きますが、どうですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 これに関しても繰り返しになるんですけども、歴史公園の整備全体については、この間、宇治茶と歴史・文化の香るまちづくり構想や、歴史的風致維持向上計画において、一定御理解もいただいてきたものというふうに考えております。

 その中で、特に史跡ゾーンにつきましては直営方式でやっていくということで、直営方式で整備をしていくという形で考えておりますので、まずは、整備として、我々が与えられた任務を、しっかりと果たしていく必要があるというふうに考えております。

 茶の木については、史跡ゾーンの中で茶園の景観をつくっていきたいということが1つ、それから将来的には、PFIとして事業が成立した場合には、PFI事業者において、そこでの茶摘み体験でございますとか、いろいろなことが想定されるわけですけども、ここでつくりました茶園については、PFIに限らず、宇治にとって、宇治の玄関口、京阪宇治駅から眺めた茶園の景観であり、宇治を代表する茶の木がそこにあると。方式は別としても、そこで茶摘み体験ができる場になっていく、これについては、やっぱり必要なことだというふうに考えておりますので、我々としては、茶の木、植えてから大分時間がかからないと成長しませんので、そろそろ木の植栽を進めていく必要があるというふうに考えているところでございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 るる説明されますけど、PFI事業の債務負担行為が否決されて、それに逆らうような感じで、新たにこれを提案してきているわけで、これはもう今、市のスタンスが厳しく問われていますけども、これがいろいろ説明されますけども、議会の意思決定関係なしに進めていくというような市のスタンス、ここにあるように思います。

 それからもう一つ、重要な問題や思いますけど、これは内容はほぼ一緒で数字だけ変えていますね。債務負担行為、提案するとき、何かそごがあったような先ほど説明がありましたけど、提案そのものが間違うていたということですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 債務負担が間違っていたんではなくて、債務負担のときに設定させていただいた全体金額と、それからそれ以前に御説明させていただいていた、3月時点で総額80億と言っておりました金額との間での精査をいたしましたので、最初に申し上げていました金額を少し圧縮をかけていると。それを今回、全体をわかりやすく説明をさせていただけるように、一覧表にまとめたということです。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 債務負担行為25億を提案されたときの数字は、今回紹介されたこの数字なんですか。80億に数字でやられたのか、72億の数字、25億の債務負担行為設定されたのは、どっちの数字でやっているんですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 債務負担行為の設定に関しましては、80億という概算事業費を3月にお出ししまして、そのうち、PFI事業に切り分けるべき事業は、どの分野かという精査をいたしました。この切り分けられました事業費について、実際に細かな精査をして、予算として計上していくわけですけども、当然ながら、切り分けました債務負担行為の金額の算出した精度というのが、上がってきております。

 この精度が上がったものと、3月の時点で概算80億と言っていたものの精度には、当然、差があります。この差がある中で、数字の内容を説明求められたわけですけども、説明するのは、なかなかPFIという事情もあってお出しできひんかった部分について、今回少し情報を詳しく説明させていただくのとあわせまして、その80億というものの精度をさらに上げることによって、今回の資料が整合のとれたものになってきているということで、理解をしていただきたい。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 むちゃくちゃな説明しているん違いますか。17ページ、PFIの対象事業費、この文書では42億と書いているでしょう。しかし、最初、56億でしたよ。56億で提案して、それでそれがPFI対象事業費と言って、そのうちの25億を債務負担行為にするという提案じゃなかったんですか。もともと前提にしてる、これを変えているじゃありませんか。どっちが正しいんですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 先ほども申し上げましたように、ことし3月にお出しした全体事業費80億円、これをさらに精査をして、そのうちの債務負担の対象になる事業費を切り分けたものが、9月議会に提案させていただいた債務負担行為の金額となっております。

 当然、この間、3月以降、いろいろ事業費の精査をする中で、債務負担を−−25億という金額を積み上げてまいりました。そこのタイムラグの中で、当然80億のほうも順次精査をしていっている状況でございます。

 今回お出ししたのは、債務負担行為のときに申し上げました金額と精度を合わせた全体事業費を算出いたしまして、総額72.6億円という形で一覧表としてまとめさせていただきましたので、今後はこの数字が生きていくものというふうに考えています。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 もう一つ根本的に説明がおかしいのは、17ページの直営方式とPFI方式の差で6.3%のVFMが出るということで、これを説明しているでしょう。このまま残っているでしょう。しかし、今、直営方式のこの費用が、ぐっと圧縮されたわけでしょう、80億から70、全体経費では、もう13億ぐらい。そうしたらVFMは違うん違いますか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 10ページで全体事業費72.6億円となってございます。工事費ベースでいきますと、交流ゾーン・史跡ゾーン合わせて30.8億円。このうちの工事費でいきますと、交流ゾーンの金額がPFIの対象事業費になります。この数字は、あくまで直営方式で算出した事業費でございますので、この中からPFI対象事業費を抜き出しまして、さらに維持管理経費から収入の部分を差し引いた金額にVFMを掛けますと、先日提案いたしましたPFI事業費の、債務負担行為の額になっていくということになります。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 説明がぐちゃぐちゃやと思います、それは。全体の事業費が圧縮されているのに、なぜVFM、そのままなんですか。常識で考えたら、これはもっと狭まるん違いますか。その辺の説明、わかりません。

 それと、この参考資料、これはPFI事業はもうやらんほうがいいという資料ですか。先ほど、指摘があったように、もうPFIではできないので、指定管理でやっているという事例が出ていますし、それからここのほとんどがVFM2桁の事業です。宇治の事業、半分ぐらいです、それの。

 それから、これ、僕、前も紹介しましたけども、僕の紹介したやつと一緒で、だんだんと減ってきているわけです。PFI事業、やるところの増加率が少なくなっているわけでしょう。これはもうPFIから撤退するという、これは事例を挙げてはるんですか。これは、どこにPFIの有利さ、この参考資料で読み取るんですか。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 まず、資料のほうですけれども、皆さん、インターネットとかあるいは関係省庁のところを見て、御存じのところはあろうかと思いますけれども、やはり実際に行われてきている事例というのを、しっかりとお示ししないと、御理解が深まらない部分もあるだろうということで、できるだけ類似の近いもの、私どもと同じものというのは、我々もオンリーワンでやっているつもりですので、世界にどこにもないとは思いますけれども、限りなく類似の近いものを拾い上げて、お示しをしたということです。この数字自体も、下降しているというよりも、もう事例が何百件というふうに出ておりますので、限りなく右肩上がりに上がっていくというようなことは、当然考えられないと思いますので、いろいろなガイドラインが出る中で、やはりいろいろな事業も精査をされた中で、確実に効果が上がってくるものが、事業として運営されていくんだろうと思います。

 それと、先ほど御指摘のありました、海の手公園の部分についても、当初はPFIで運営を、建設等伴う部分の事業については、その期間PFIで実施をされて、次、継続する場合にどうするかということを精査されて、指定管理、当然、PFIで効果が上がるような箱物の建築物というのがありませんので、継続するときに、どういうふうなやり方がいいかということで、ほかの事例も含めて指定管理にされたと、そういう判断をされたということですので、全てが全てPFIを否定するような資料をお集めしたというつもりはなくて、こういう事例が全国にありますと、PFIの事例をお示ししたということでございます。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 今回精査されて、改めて数字を出されているわけですけども、この数字の根拠とかは、今の説明では、もう明らかになっていないと思います。特に14ページ、この実質負担額、桁違いに変わるというのは、信頼できますか、この数字。もとは、年平均4,000万と言うていたわけでしょう。それが今回は320万。桁違いに違いますやん。何か都合のよいように数字をやっているんですかね、これ。

 先ほど、議会で出た質問に対して、整理して報告するという話でしたけども、こういう今回の新しい数字、事業費が何で七、八億も減ったのか、維持管理費が何で五、六億も減ったのか、それもあわせて報告してもらうように、きょう、やりとりはあれですので、要望したいですけど、どうですか。



○関谷智子委員長 平野副部長。



◎平野正人都市整備部副部長 先ほど、最初の御説明のときにも申し上げましたように、我々、この計画を出して、具体的に、実は3月にお出ししたその1年前にも、概要というのは説明をさせていただきまして、その間、少しずつ内容を精査して、具体性を持たせてくるというような御説明を続けさせていただいというふうに、私としては思っています。

 精査する中で、事業費についても、いろいろな補助金もの、いろいろなもの、原資になる、できるだけ宇治市の一般財源に負担のかからないようなものを探してくるということはお約束しつつ進めてまいりましたので、そういうことも努力もしましたし、内容についても、もっともっと精査する必要があるということで、3月の段階で80億という数字はお示しをしましたものの、その中身についても、絶えず精査してきたつもりです。今回、債務負担行為を上げさせてもらうという段になって、3月からこの間までの間の精査した内容をお示ししたということです。

 今回のこの320万という年間の実質負担額についても、最初のときにも御説明していましたように、これ以外には、当然イニシャルコスト、最初にいろいろな箱物の建物建てたりとか、施設を整備するお金というのは当然あります。以前の4,000万のところも、そういうことで精査をさせてもらったんですけれども、誤解のないように、運営費については320万というふうにお話をしましたけれど、これも、できるだけ収益、収入のほうに影響のないように、いろいろと精査をした上で、人員配置、あるいは建物のコストというのを削減するというようなことで取り組んだ結果でございます。

 これも、以前より少しずつでも精査をしていく中で、精度を上げていく。できるだけ負担のかからないようにやっていくということをお約束しながら、事業を進めておりますので、その成果であるというふうに受け取っていただけたら、ありがたいと思います。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 その減額された精査した中身を、もう少し詳しくまとめてもらえますか。例えば、さっき、維持管理費で人件費の見直しとか言わはったでしょう。その辺が気になるんですよ。結局、人を減らしたら、公共サービスに見合うような、そういうサービスできるんですかという、そういう点が心配ですわ。大体その辺、人件費を減らすのがあれですわ。その辺、絞ってくるわけですからね、圧縮しようと思ったら。その中身を知りたいんです。だから、そういうような資料を出してください。

 工事費も、何か工事面積を減らすとか何か言うてはったね、建築面積。そういうなのも、先ほど、内容が一緒言うてはったけども、内容も変わってくるんじゃないかという思いがありますので。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 これをもし直営方式で実施していくということであれば、例えば、維持管理に関する組織はこう考えているとか、どういう人員配置をするとかというのが、今後の管理運営の全体に係ってくる大きな要素になってくるわけですけども、我々は、今、この事業をPFIでやろうとしているということでございまして、PFI事業者に、我々の、いうたら手のうちと言いますか、こういう金額で見ていますよ、あるいは、こういう配置で見ていますよということを、事前に申し上げるということになりますと、なかなかちょっとこれ、入札の中で、非常に我々が不利な立場に陥る可能性が強うございまして、これは改めてアドバイザーさんの意見を聞く必要があろうかと思いますけども、基本的には、人員配置でございますとか、あるいは人件費が幾らかとかいうことについては、この間、全国の事例なんかでお話を聞いていますと、公表すべきではない事項に当たるのではないかなというふうに考えているところです。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 説明はきょうで終わりと。精査した金額の内容については、きょうの説明でもう終わりということですか。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 基本的には、この間いろいろお話をさせていただいていますように、例えば、建物の機能は維持する。機能を維持する中で、どうやってコストダウンを図っていくのかというところを、精度を上げて試算をしたということでございます。

 例えば、床面積一つとりましても、最終的には、これは事業者からの提案で、数字が固まっていくということになりますので、我々は、おおむね3,000平米程度の建物を建てていくということを、考えているところです。その3,000平米において発揮される機能というのは、こういうものだということを規定いたしまして、その機能が確保できるようなものを、相手に求めていくという形になります。

 設計デザイン等は、ここに図面で2階建てのこういったフロアで、こういう並びになっているというふうに提示しておりますけども、当然ながら、これは設計の中で配置が変わったり、もっといいものが提案されれば、そちらのほうを採用するという形になっていきますので、あくまで直営方式でやったときの、一つの行政側が持っているプランであるというふうに考えていただく必要があるかなというふうに思います。



○関谷智子委員長 渡辺副委員長。



◆渡辺俊三委員 説明、わかりません。また引き続き説明を求めていきたいと思います。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。

     (「関連」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 結局、平行線なんですよね、副委員長の質問も堀委員、私も含めてなんですけど、PFI方式だったら性能発注だというのは、ようわかっているんです。直営やったら仕様発注というか、細かく決めていくということでされていた。今までとごろっと手法が違うわけですから、細かいことは言えませんとおっしゃっていること、ようわかっているんですよ。

 それで、だからその手法では、ちょっと議会として責任が持てませんよというのが、9月議会の修正案の中身だと思うんです。市民理解を得られていないということを理由にされているけれども、本筋のところは、そういう性能発注のやり方では、議会として責任が持てませんよということだったわけですよ。その継続か削除かというのは、物すごい違いがあると思うんです。今、市がまた報告されているのは、継続だったという立場でやられているから、全然かみ合わないんです。そのことについては、どういうふうに考えておられるんですか。削除されたんですけど、継続だという立場で報告をされている、そのことについては、どういうふうに思ってはるんですか。議会の意思の重みというのを、どういうふうに受けてとめておられるのか、ちょっとそこだけお聞かせ願いたいと思います。



○関谷智子委員長 木下部長。



◎木下健太郎都市整備部長 私も、9月定例会におきまして、まず修正案が可決されるということになったことについて、重く受けていく必要があるというふうに思っております。

 私ども、やっぱりどのように受けとめたらいいのかというのを、皆さんの討論、あるいは修正案の提案理由等も含めて、一生懸命聞いてきたつもりでございます。

 その中で、先ほど、堀委員からもありましたように、いろいろな、議会の中でも意見があって、それを集約した形で、市民理解が十分深まっていないということでございましたので、まずは我々としては、その理解が深まる努力をしていくということが一番大事だなというふうに思いましたので、今回、建設水道常任委員会の資料として、もう少し、今までお出しできていなかった情報も含めて、出させていただいたということでございまして、これを改めて御説明する中で、しっかりと御意見も拝聴していきたいというふうに考えているところでございます。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 結局、平行線になるんやということがようわかったんですけど、やっぱりすごく議会軽視というか、そういう思いをすごく持ってはるというの、何年間にわたって研究もされてきて、これがベストやという思い、その熱意はすごく感じるんですけども、でも、そのことについて、申しわけないけど、ちょっとあきませんよということで、待ったがかかった状態の結果が出たわけですから、そのことについては真摯に受けとめていただいて、最初からもう1回事業そのものを、どの会派のところでも、史跡は保存するというのでは一致しているわけですから、どういう保存の仕方をするのかという、そういうことに戻って考えていただかんと、これはすごく議会の意思を軽視されているというふうにとられても仕方がないような、そういうことになっているんじゃないかと私は思います。以上、意見だけ言っておきます。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 ほかにないようですから、質疑はこれにて終結し、本件は打ち切らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△5.木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集について

[資料−−−「木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集について」−−−参照]



○関谷智子委員長 次に日程第5、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集の件を議題といたします。当局の説明を求めます。嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 日程第5、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集について、お手元の資料に基づきまして御報告申し上げます。

 市内のバリアフリー化につきましては、昨年度に、宇治市交通バリアフリー全体構想改訂版を策定しており、本年3月5日の建設水道常任委員会では、平成27年度から、木幡駅周辺地区の基本構想策定に着手する予定であることを、御報告させていただきました。

 このたび、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)を取りまとめ、市民意見を募集することといたしましたので、御報告申し上げます。

 初めに、検討の経過と今後の予定について御説明いたします。裏面をごらんください。本年3月に、宇治市交通バリアフリー全体構想改訂版を策定し、木幡・黄檗・伊勢田の3地区を、新たに重点整備地区に位置づけいたしました。今年度に入りまして、5月28日、10月30日の2回にわたって、バリアフリー検討委員会において、木幡駅周辺地区の基本構想について御議論いただくとともに、6月13日には、木幡駅周辺のタウンウオッチングを実施し、本日添付の資料1、基本構想(素案)として取りまとめました。本日の委員会において、この内容を御報告させていただいた後、本年12月7日から翌28年1月8日までの間で、パブリックコメントを実施したいと考えております。その後、パブリックコメントの御意見を踏まえ、さらに検討を進めまして、今年度中に基本構想を策定していく予定で考えております。

 続きまして、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)について御説明いたします。

 資料1をごらんください。表紙をめくっていただきますと、目次がございます。?は、バリアフリー新法についての説明のほか、基本構想の目的や目標年度、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想策定の背景について記述しております。?は木幡駅周辺地区の概要で、同地区の現在の状況や、タウンウオッチングで抽出した課題などを記述しております。?、?、?以降は、木幡駅周辺地区のバリアフリー化に向けた基本理念と基本方針、バリアフリー化事業計画などに関する記述といたしております。

 続きまして、次の1ページから2ページは、バリアフリー新法についてや、バリアフリー新法の基本的枠組み等についての記述を入れております。

 3ページ、4、目標年度をごらんください。目標年度につきましては、昨年度に改訂いたしました宇治市交通バリアフリー全体構想改訂版の目標年度と整合を図るため、同じ内容としており、整備目標年度は原則平成32年度とするものの、関係機関等との協議状況に応じて柔軟に対応するものとし、できることから事業を進めていくものとしております。

 続きまして、5、計画の位置づけには、上位計画である宇治市第5次総合計画や宇治市都市計画マスタープランのバリアフリーに関連する記述について紹介しております。

 続きまして4ページの6、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想策定の背景につきましては、7ページまでにかけまして、昨年度改訂いたしました全体構想の内容を記述しております。昨年度の全体構想改訂の際に、木幡駅周辺地区が重点整備地区に位置づけられたことから、基本構想の策定に着手し、JR木幡駅のバリアフリー化など、できる限りの整備に取り組むことについて記述しております。

 8ページと9ページには、木幡駅周辺地区の人口や立地している主要な日常生活の施設、公共交通や道路の整備状況等について記述しております。

 10ページから13ページには、地区内における主な課題として、タウンウオッチングによって抽出した問題点や課題について記述しております。タウンウオッチングでは、10ページに記述しておりますように、検討委員会委員や地域住民、障害者の方々、道路管理者など、行政関係者も含めまして43名の参加者で実施いたしております。タウンウオッチング当日は、資料のとおり、2つのコースに分かれて、地域内にあるバリアの点検を行っていただき、木幡地域福祉センターでワークショップを行いました。11ページ下の部分から12ページにかけての記述がワークショップで出された御意見で、13ページには、出された御意見を地図上に取りまとめておりますので、ごらんおきいただきたいと存じます。

 続きまして14ページ、?、基本理念と基本方針をごらんください。木幡駅周辺地区の基本理念につきましては、宇治市交通バリアフリー全体構想の基本理念も踏まえまして、枠内に記述しておりますように、「すべての人が移動しやすく快適に生活できる、やさしさと助けあいのまち 木幡」とさせていただきました。また、この基本理念の実現のため、14ページ下の枠内に記述しておりますように、3つの構成からなる基本方針を定めまして、15ページに、それぞれの説明を記述いたしております。

 次に16ページをごらんください。?、重点整備地区の設定についてでございます。バリアフリー新法では、基本構想に移動等の円滑化に係る事業を重点的かつ一体的に進めるための区域を、重点整備地区として定めることとされております。また、重点整備地区の要件といたしましては、バリアフリー新法や国の定める基本方針において、その具体的な内容が示されています。16ページの枠内には、重点整備地区の要件についてまとめており、旅客施設または官公庁施設といった生活関連施設が、徒歩圏内に集積している地区であることなどを記述しております。また、バリアフリー新法では、基本構想に生活関連施設・生活関連経路を定めることとされておりますが、次の17ページに、それらの説明を記述しております。

 続いて18ページの表は、先の重点整備地区の要件と照らし合わせて、木幡駅周辺地区の状況を整理し、今回の重点整備地区の区域が要件を満たしていることを確認するために作成したもので、19ページの表は、木幡駅周辺地区で位置づける生活関連施設・生活関連経路を表にまとめたものでございます。

 具体的な重点整備地区の区域案は、20ページの図に記載しておりますので、ごらんください。今回の基本構想では、京阪及びJR木幡駅の周辺で、木幡地域福祉センター、木幡公民館、宇治木幡郵便局など、特に高齢者や障害のある方がよく利用する施設が集積していると思われます図中の黒点線の範囲を、重点整備地区の区域に設定いたしました。左下の凡例に生活関連施設と記述がございますが、素案では、2つの駅のほか、木幡公民館、木幡地域福祉センター、宇治木幡郵便局、木幡中学校、木幡保育所の7施設を、生活関連施設に位置づけております。また生活関連経路とは、これら生活関連施設相互間の経路のことであり、素案では、7つの施設を結ぶ図中の赤い部分を、生活関連経路に位置づけております。

 次にバリアフリー化事業計画について、御説明いたします。21ページをごらんください。まず、整備目標年度についてでございますが、今回検討いたしましたバリフリー事業につきましては、枠内に記述しておりますように、短期、中・長期の2つに分類して検討いたしております。短期は、原則として国が定める目標年度である平成32年度までに事業を完了させる事業、中・長期的な事業は、平成32年度までの事業の完了は難しいものの、バリアフリー化に向けた実施可能な事業の検討など、取り組みを進める事業と、このように位置づけております。

 以降、21ページ下段から24ページにかけまして、施設ごとにバリアフリー化事業に係る考え方や事業内容を記述しており、25ページに、これらの内容を事業計画図として取りまとめております。

 バリアフリー化事業の内容について御説明いたしますので、25ページをごらんください。図の左上に説明書きを入れておりますが、二重丸は短期事業、丸は中・長期事業をあらわしております。

 まずタウンウオッチングで多くの御意見のあった、JR木幡駅のバリアフリー化事業についてでございますが、右下のJR木幡駅の枠内に記述しておりますとおりでございます。短期事業と位置づけておりますのは、連続した視覚障害者誘導用ブロックの設置、移動円滑化された経路の整備(エレベーターの設置等)などを予定しております。JR木幡駅の上の枠に、?府道木幡停車場線、さらにその上に、?木幡緑道と書かれた枠がございますが、JR木幡駅からと木幡保育所から、踏切を渡って府道京都宇治線との交差点までの間に、連続した視覚障害者誘導用ブロックの設置を行うことを、短期事業に位置づけました。また、府道木幡停車場線は、歩道に一部段差のある箇所がございますので、段差の改善につきましても、短期事業として位置づけました。また、資料左上から2つ目の枠の、?市道大瀬戸熊小路線、?市道木幡40号線に記述しておりますように、京阪木幡駅から木幡公民館までの間につきましても、連続した視覚障害者誘導用ブロックの設置を、短期事業として位置づけております。

 次にタウンウオッチングで御意見の多かった、木幡地域福祉センターから木幡郵便局の間の道路、?市道五ケ庄六地蔵線につきましては、右上の枠の記述のとおり、幅員が狭く、道路拡幅といった事業の実現は非常に難しい、困難な状況にございますことから、歩行者安全対策の検討として、路側帯のカラー化等を検討することを中・長期事業として位置づけました。また、京阪木幡駅からJR木幡駅間の、?市道大瀬戸熊小路線につきましても、中央の下の枠の記述のとおり、歩行者安全対策の検討としておりますが、こちらにつきましては、特に自動車の交通量も多く、タウンウオッチングでも多くの御意見をいただいておりますことから、路側帯のカラー化等とあわせて、事業の実現可能性や市の財政状況等も鑑みながら、歩道整備につきましても検討していくことを、中・長期事業として位置づけました。京阪木幡駅から木幡中学校までの道路、?市道木幡41号線につきましては、タウンウオッチングの際に、京阪側にある歩道を西側の歩道にまとめてはどうかという御意見をいただいておりましたが、この箇所につきましては、朝の通学時間帯の状況等について、学校との調整や地域の皆様からの御意見なども伺う中で、今後検討していく必要があると考えましたことから、歩道改良の検討、連続した視覚障害者誘導用ブロックの設置を、中・長期事業として位置づけました。事業の概要につきましては、以上でございます。

 なお21ページから24ページに、ただいま御説明いたしました公共交通機関、道路、公園等のバリアフリー化事業について、まとめて記述しております。

 また26ページには、ソフト施策におけるバリアフリーの取り組みとして、心のバリアフリーの推進について記述しております。

 最後の27ページには、バリアフリー基本構想の推進に向けてとして、基本構想策定後もバリアフリー化事業を円滑に進めていくために、進捗管理や評価などを実施していくことについて記述しております。素案の内容につきましては、以上でございます。

 次に素案の内容をもとに作成しました資料2をごらんください。パブリックコメント用の市民意見募集パンフレットの内容も、基本的に素案と同じでございます。

 表紙をめくっていただきますと、1ページには、素案の?のバリアフリー新法の説明、基本構想の目標年度、基本理念と基本方針などを記述しております。

 次の2ページには、素案の?の、木幡駅周辺地区の概要やタウンウオッチングにより抽出した地区内の課題を記述しており、次の3ページには、素案の?以降の、バリアフリー化事業計画の内容をまとめて記述しております。以上をもちまして、木幡駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(素案)への市民意見募集についての報告を終わらせていただきます。



○関谷智子委員長 これより質疑を行います。質疑のある方、挙手願います。西川委員。



◆西川友康委員 バリアフリーなんですけれども、高齢者、障害のある人など、全ての人に対してバリアのない空間をということなんですけれども、このタウンウオッチングの際に、ベビーカーにお子さんを乗せて、もう1人、2人と子供さんを連れられているお母さん方いられると思うんですけども、そういった方は参加はされていないですか。



○関谷智子委員長 嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 今回、バリアフリー、タウンウオッチングにつきましては、10ページ・11ページ、それから13ページまでまとめさせていただいておりますが、今回、参加者といたしましては、呼びかけ等も行っていましたが、障害者団体4協さん−−視覚障害者・身体障害・難聴・聾唖の方、それから地域の住民、木幡地区の方に入っていただいておりますが、今回は特には、ベビーカーを押したりという方は参加されておりません。ただ、車椅子等で御参加されておられる方もおられますので、そういったところも勘案しながら考えていくべきかなというふうに考えております。



○関谷智子委員長 西川委員。



◆西川友康委員 参加はされていなかったみたいなんですけど、今後、パブリックコメントとかもいろいろされるということなので、全ての人ということになりますので、お子さんをベビーカー乗せて、さらにお子さん1人、2人、3人と連れて、さらに荷物をいっぱい持っているお母さん方も、段差があると非常に危険で、子供、どこに飛んでいくかわからない状態になりますので、そういうところでもバリアフリーになるように、そういうところもしっかりと視野に入れて進めていただきたいと思います。よろしくお願いします。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。坂本委員。



◆坂本優子委員 このエリアの中で、生活踏切、これまで使われてきた、それは廃止になっていくということなんですけども、説明会がこの間もあったかと思うんですけれど、何カ所ぐらいあるんでしょうか。



○関谷智子委員長 嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 今回の重点整備地区の中で、生活踏切が何カ所あるかということでございますでしょうか。区域図といたしましては、20ページに載せさせていただいておりますが、ここで見ていただく中では、踏切につきましては入っておりません。微妙に、堂の川の辺が一部あるかもしれませんが、ここはかかっていないところになりますので、区域内には入っておりません。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 わかりました。それで、府道のところとの、府道からこっちというか、これで見ていると、バリアフリー化のJR木幡駅から西側のところでかなり重点されているんですけど、府道まで含めたエリアになっているんですけど、府道のところとのバリアフリーというか、それは何もないんでしょうか。



○関谷智子委員長 嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 今回お出ししております交通バリアフリー基本構想の重点整備地区につきましては、16ページ・17ページ、生活関連施設・生活関連経路、こういった部分で設定をしております。府道等につきまして、どういった考え方かということでございますが、当然、こちらのほうの今回のバリアフリーの構想の中では、こういった生活関連施設・生活関連経路を結ぶこの赤の部分の路線を選んでいるわけですけれども、それ以外の部分につきましても、当然、道路管理者であったりとか、そういった部分では、それぞれ考えていくところになります。特に、今回資料の中で申し上げますと、23ページにございます道路のバリアフリー化事業計画、その中の(1)黒四角の2つ目、その他の道路ということで書かせていただいておりますが、「他の事業や維持管理を行う中で、可能な限り、バリアフリー化を図るように努め、歩行者等の安全対策等に取り組みます」と書かせていただいておりますように、この交通バリアフリーということだけではなくて、それ以外の部分でも、おのおのの管理者の中で進めていくというものでございますので、よろしくお願いいたします。



○関谷智子委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 木幡中学校もあって、府道からおりてくる、東の地域からおりてくる子供たちがたくさんいはりますよね。線路のとこら辺はこう改良されていくということなんですけども、だから、府道の関係も、引き続きバリアフリーというか、安全対策を講じていただきたいということを要望しておきます。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。堀委員。



◆堀明人委員 パブリックコメントについてお聞かせいただきたいんですけど、最近、パブリックコメント、どうなんですか。返りといいますか、どういう状況を想定していらっしゃる、つかんでいらっしゃるんですか。

 何が言いたいかというと、多くの市民の皆さんの御意見をお聞かせいただきたいわけで、やっていただく内容というのは非常にいい内容なので、これはできるだけ多くの市民の皆さんから、生活に根差した声をお聞きするほうがいいと思うんですけど、どうもパブリックコメントというと、余りたくさんの活発な御意見が、お聞かせいただけているようなイメージがないんですが、最近何かこの関係でやられた実績みたいなもの、ありましたっけ。



○関谷智子委員長 嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 交通バリアフリー全体構想、昨年度の改訂のときに、同様の時期にパブリックコメントを実施しておりまして、提出された方としましては10人の方、意見数としては19件ございまして、それぞれまとめて、また公表のほうをさせていただいております。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 10人をどう見るかということやと思うんですけれども、今回、これまでのワークショップなんかの意見交換の模様、写真を見ていても、非常にたくさんの方、参加されているようですし、この写真からも活発な意見交換がされているように感じるので、今回はたくさんパブリックコメントが出るんじゃないかと思いますし、ただ今後、この部署だけに限らず、パブリックコメントをどうとっていくのかという手法を、これもずっと長くこの電子メール・ファクス・郵便・持参、この4つだと思うんですけども、何かこう、もっと今のスマホ時代を反映したような、そういうマイナンバー制度が使えないのかどうか知らんけれども、そういう、もっと本当に市民の皆さんの声を、浅くでもいいと思うんですけども、広く集約できるような方法、またお考えいただけたらなと思いますが、いかがですか。



○関谷智子委員長 嶋本課長。



◎嶋本康宏交通政策課長 今、御意見のほう、ありがたく頂戴しております。特に高齢者、障害者の方を基本として考えていく中で、やはりペーパー等が重要かなと思っております。今回につきましては、対象地域が木幡ということでございますので、絞った形で、またこういった資料を置かせていただくということで、今回は、前回の全体構想等と違いまして、駅であったりとか地域の集会所であったり保育所、幼稚園、こういったところにもお願いして置かせていただいて、できるだけより身近なところで、こういったものを見ていただけるようにしていきたいというふうに予定をしております。また、タウンウオッチングに参加された方、こういった方につきましても、こういった形で素案をつくりましたということで、また御意見を再度確認していくという形で、細やかにやってまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○関谷智子委員長 堀委員。



◆堀明人委員 僕、今回はたくさんお寄せいただけるような雰囲気がしているんですけれども、またその寄せられた御意見を、委員会でも御紹介いただいて、共有していただけたらなと思います。以上です。



○関谷智子委員長 ほかに質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○関谷智子委員長 ほかにないようですから、質疑はこれにて終結し、本件は打ち切らせていただきます。津田主幹。



◎津田寛建設総括室主幹 先ほどの日程第1の宇治川改修等工事についてでございますけれども、その中で、宇治川の左岸堤防の宇治橋下流から隠元橋上流までの延長でございますが、それにつきましては約3.5キロでございまして、河川整備計画におけます宇治市域の堤防強化の必要な区間は、先ほど申しましたとおり約0.7キロでございまして、今年度工事で完了予定でございます。また、河川整備計画外の延長でございますが、その約3.5から0.7キロ引きまして、約2.8キロとなっております。以上でございます。



○関谷智子委員長 以上で本日の日程は全て終了いたしました。

 なお、本日の委員会での発言については、速記録を点検し、不適切な発言等がありました場合は委員長において精査いたしますので、よろしくお願いいたします。

 これにて本日の委員会を閉会いたします。

     午後2時46分 閉会