議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成28年  6月 議会運営委員会(第21回) 日程単位表示




平成28年  6月 議会運営委員会(第21回) − 06月16日−21号







平成28年  6月 議会運営委員会(第21回)



          議会運営委員会会議記録(第21回)

日時    平成28年6月16日(木)午後4時00分〜午後4時31分

場所    第2委員会室

出席委員  松峯委員長、稲吉副委員長、宮本、山崎(恭)、真田、久保田、木本、長野、片岡の各委員(石田議長、坂本副議長)

説明員   木村副市長、貝政策経営部長、岩本同部副部長

事務局   濱岡議会事務局長、藤井次長、倉辻副課長、前田係長、佐々木主任、鈴木主任、岩元主任、今津主任

付議事件  1.議会改革に関する調査・検討について

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時00分 開会



○松峯茂委員長 ただいまから第21回議会運営委員会を開会いたします。

 本日の委員会は、議会改革に関する調査・検討について、お手元に配付いたしております会議日程により御協議願う予定をいたしておりますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.議会改革に関する調査・検討について

[資料−−「議員に就任を依頼する宇治市各種審議会・協議会一覧」−−参照]



○松峯茂委員長 それでは日程第1、議会改革に関する調査・検討を議題といたします。

 行政から委嘱される議会役員の選出について、御協議願いたいと思います。まずは、本委員会でのこれまでの議論経過を事務局から説明願います。濱岡局長。



◎濱岡洋史議会事務局長 それでは、ただいま委員長からございました、行政から委嘱されます議会役員の選出に係りますこれまでの協議経過について、御説明させていただきます。

 この件に関しましては、平成27年6月12日に議長より議会運営委員長に対しまして、議会改革に関する調査・検討について(依頼)といたしまして、2項目について調査・検討するよう依頼されたところでございます。依頼されました検討の中には、行政から委嘱される議会役員の選出並びに地方自治法第96条第2項の規定により議会の議決すべき事件を定める等の条例施行規則についての項目がございまして、この間、御議論をいただいていたところでございます。

 その後、本委員会での議論の経過といたしましては、平成27年6月23日・25日・30日に、それぞれ開催が間近に迫っておりました各審議会等への選出を個別に御論議いただき、承認をいただいておりましたが、その後も順次、審議会の開催が予定されていることを踏まえまして、7月2日の本委員会で委員長より、行政から委嘱される議会役員の選出については、十分に議論していただくためにも、今までどおりの選出のやり方をする中で、結論が出た段階で新しいスタートを切ってはどうかとの考えが示されまして、委員会として了承をいただいたところでございます。以上が、行政から委嘱されます議会役員の選出に係りますこれまでの協議経過でございます。



○松峯茂委員長 ありがとうございました。ただいま説明のありましたとおり、議長より、行政から委嘱される議会役員の選出について調査・検討を依頼されておりますが、現在、宇治市民生委員推薦会委員に就任されております議員の任期が平成28年6月20日に、宇治市健康づくり・食育推進協議会委員に就任されております議員の任期が平成28年6月30日にそれぞれ満了を迎えますことから、同推薦会及び協議会委員への議員の就任について御議論いただく必要がございます。任期満了の期限が差し迫っておりますことから、本日本委員会を急遽開催させていただきましたが、行政から委嘱される議会役員の選出について御協議願いたいと思います。

 まずは、お手元に配付いたしております資料により、当局から説明を願います。貝政策経営部長。



◎貝康規政策経営部長 まず、本日我々の手続の関係で急遽議会運営委員会を開催していただくこととなりまして、まことに申しわけございません。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 このたびの民生委員推薦会委員の推薦につきましては、今年度予定している民生委員の一斉改選に際し、民生委員推薦会の活動を6月21日にスタートさせる必要がございましたことから、6月9日に議会へ文書により依頼させていただいたところでございます。手続といたしましては、もう少し余裕を持って進めさせていただくべきところであったと受けとめているところでございまして、今後は委員の皆様に急遽御対応いただくといった御負担をおかけしないよう努めてまいりたいと存じますので、繰り返しになりますが、まことに申しわけございませんが、本件につきましては、どうぞよろしくお取り計らいをお願いいたします。また、6月30日に任期末が到来する健康づくり・食育推進協議会委員につきましても、文書により依頼をさせていただいておりますので、あわせてよろしくお願い申し上げます。

 続きまして、お手元にお配りさせていただいております資料、議員に就任を依頼する宇治市各種審議会・協議会一覧につきまして、御説明を申し上げます。

 まず、1番から20番の各審議会等の名称の右側には順に、審議会等委員の任期、議員に委嘱させていただく審議会等における委員の役職名、従前の就任議員の議会における役職、審議会等を所管する担当課、審議会等が取り扱う市の計画名、その計画の期間をそれぞれお示しいたしております。

 1から10の審議会等でございますけども、こちらにつきましては、右側に計画を書いておりますが、市が策定する計画に意見を反映させる役割を担っていただいております審議会等でございます。網かけをしている2件が今回お願いをさせていただいておりますもので、今年度はこのほかに、一番左のところに予定と書いております、3番・4番・5番・7番が今後、今年度中に任期満了を迎える審議会等でございます。

 その下、11から14でございますけども、この審議会につきましては、市の計画策定に関する役割については持たない審議会ということでございます。

 さらに、その下の15から20の審議会等でございますけども、こちらについては複数の構成団体から成り立っている協議会や実行委員会でございまして、それぞれの協議会の規約等を根拠として設けられておりまして、市長のほうから委員委嘱をするということで議会のほうに御依頼をさせていただくものではなくて、各協議会のほうが議会のほうにお願いをされているものでございます。以上、資料につきましての御説明とさせていただきます。



○松峯茂委員長 ただいま説明のありました内容について、御質疑等がございましたら御発言願います。山崎委員。



◆山崎恭一委員 議会のほうで全体を見直そうと言いながら、今一括して見直すということになかなか着手をしていないところで、随時、迫ってきたら協議をしているわけですけども、それにしても4日後と言われてもという気がします。宇治市民生委員推薦会は私も文福の委員長としてなったこともあるんですが、歴代の方は大変苦労するんです。自分の住んでいるわけでも何でもない、たまたまあきのあったところの推薦委員になってくれということでなるんですが、そこに地の利や人脈がないところで民生委員を選ぶということになりますと、わずかなつてをたどってお願いに上がったりしたこともあるんですが、なかなか民生委員というのは結構重い仕事だということで、そう簡単に引き受けてもらえなくて、歴代、皆さん随分苦労されているんじゃないかと思うんです。まだ自分の住んでいる地域だったら、もう少し人脈も厚くなって動きようもあったのかなと思いますが、議員がここに入って、例えば自分の居住地から大分離れたところの推薦人になるというのはどうなのかなという思いがあります。そんなこともあって、ちょっと僕自身は今ここで返事しかねます。



○松峯茂委員長 御意見でよろしいか。



◆山崎恭一委員 はい。今ここで何らかを決めよと言われても、ちょっと、決定に迷います。



○松峯茂委員長 ほかにございますでしょうか。片岡委員。



◆片岡英治委員 これまでのルールとして、文福の委員長がそのままというケースが多いわけですね。その文福の委員長が推薦人の1人になったとして、それから会合が開かれて、具体的に各地域の民生委員を委嘱していく場合に、ちょっと期間があるんですよね、当然のことながら。行政のほうもちゃんと配慮してくれて、なるべく議員の負担がかからないようにというケースもあるやに聞いております。確かに、日程的にばたばたしているようなところがあって、委員長は、今回は議運の招集は出しませんよと言いながら、夕方かな、事務局からもらって、そういう何かばたばたしたことが起きたなというふうなこともあったので、議長のほうからも要望があると思いますけども、くれぐれも余裕を持って議会のほうへ言っていただくようにお願いしておきます。そんなところです。



○松峯茂委員長 真田委員。



◆真田敦史委員 今、山崎委員が御意見を言っていただいたことは大変理解できることで、私も一緒にやらせていただいたことで、たまたま改選がなかったということで実質のところの動きはなかったんですけど、いろいろお話を聞いていると大変やというようなことはお聞きしていた状況はあります。あともう一つは、全然違う地域に配属されて、そこから探さなくてはいけないというその大変さもあるということも理解できます。

 今回、日程のところで、ちょっと出てくるのが、議論するのが遅かったというのは、すごいやっぱり大きな課題やなとは思うので、それはそれとしてまたしっかりとしていかなければいけないことですし、議員をこの民生委員のに派遣するのをどうするのかというのは、もうちょっとやっぱり議論しないと決め切れないなというのは正直あります。ただ、先ほど貝部長がおっしゃっていたように、民生委員推薦会のほうから依頼が来ているということで、そうしたら、今ここで議会のほうから出しませんというようなことになると、反対にもっと混乱になってしまう可能性があるということを考えたときに、会派としての意見としては、従来どおり委員長・副委員長に行っていただくという形をとっていただくのがいいのではないかというのは、意見としてお伝えしておきます。以上です。



○松峯茂委員長 ほかにございませんか。久保田委員。



◆久保田幹彦委員 私どもも従来どおり文福でいいとは思うんですが、具体的に推薦会の委員の、文福委員長・副委員長はどういう役割を果たすんですか、推薦会において。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 民生委員を推薦する会の委員ですので、地区ごとの状況をヒアリングしていただいたりとか、実際になっていただける方のお家を訪問して、御依頼をいただくというようなことに携わるというふうな説明を受けております。



○松峯茂委員長 久保田委員。



◆久保田幹彦委員 議員である委員そのものが、そのお宅まで行くんですか。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 委員さんは14名おられるということですので、多少差異はあるかもしれませんけれども、一般的に推薦会の委員さんはそのような職責を担っておられるということでございます。



○松峯茂委員長 久保田委員。



◆久保田幹彦委員 わかりました。基本的にはそういうことだということは理解したんですが、大体、民生委員さんは現職の方が高齢になったりなんかして、誰かかわりというか知り合いの方に依頼されることが多いんじゃないかと僕は思うんですが、その辺の、相手の人物をヒアリングでわかって、ほんまにそれでそこまで行くのかどうかというのはちょっと疑問があるんですけど、その中身等はともかく、今回は従来どおり、日も迫っていますから、文福の正副でいいんじゃないかと思っております。以上です。



○松峯茂委員長 ほかにございますか。宮本委員。



◆宮本繁夫委員 この民生委員の推薦会というのは、どういうものに基づいて組織されるんですか。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 直接的には、宇治市民生委員推薦会設置規則でございます。そちらのほうに基づいて設けられたものというふうに認識しております。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 だから、その規則は宇治市がつくったわけですけど、それは上位法があるわけでしょう。民生委員法ってあるでしょう。その8条に何と書いていますか。



○松峯茂委員長 貝政策経営部長。



◎貝康規政策経営部長 ちょっと手元の資料で8条かどうかはわかりませんが、民生委員法に、市町村の議会の議員2人以内を市町村長が委嘱するとの規定が過去にございまして、それが平成25年の法改正によりまして、議員を指定する文言は削除されているという状況でございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 だから、以前は民生委員法で議会の議員など、たしか7人の倍やったから14人やと思いますよ。それを市長が委嘱するものとすることで議員から出すことになっていたんですよ、法的に。それに基づいて宇治市はそういう規則をつくっていたんです。それが、法改正がされたわけです。それは何で議員は外されたんですか。それは経過があったでしょう。そういう経過があるわけですよ。議員が推薦人に、今まで法定要件やったのが外れたのは。そういうやつがあるわけでしょう。そやけども、宇治市の規則はそのまま、改正前の法律の内容で議会の議員2名と書いてあるんでしょう。違うの。書いてへんの。もし書いてあるなら、何でそういうふうにしたのかというのが、経過があるわけでしょう。だから、そこはもうちょっと整理をして、法的に決めなあかんの。



○松峯茂委員長 貝政策経営部長。



◎貝康規政策経営部長 確かに、平成25年の法改正で議員を指定する文言は削除されたわけでございますけども、ただ、当時の法改正後に国から来ております通知の中で、民生委員・児童委員の適任者を得るために民生委員推薦会の役割は大きいため、改正前の規定を参考として、各分野から幅広く構成するようにといった趣旨の通知がございましたことと、あわせまして、我々といたしましては、やっぱりこのところ民生委員の推薦はなかなか、先ほど来も出ていますけど厳しい状況でもございまして、地域に精通されております議員の皆様のお力をぜひおかりしたいということで、お願いしているところでございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 だから、さっき言うてたけど、2つの点があるんですよね。そういう点で、議員のほうもそういう役割でなかなか大変だという思いもあるので、先ほど山崎委員が言ったように。法改正もされた内容もあるわけやから、少し意見も聞いてしまわんと、今直ちに従来どおりオーケーですということはなかなか言いがたいので、少し議論が必要だという話はさせてもらったんです。

 それともう一方は、たとえそうであったとしたって、余りにも余りじゃないですか。最初冒頭、部長は済みませんでしたから始まったけど、21日いうたら火曜日やで。きょう何曜日なの。そんな、余りにも余りじゃないですか。こんなことわかってるのに。急に出てきた話じゃないじゃないですか。だから、ちょっと一体それはどうなっているのやということですよ。二、三日前にはいろいろ言うてはったけど。これ、2つのことある、食育の分も6月の末でしょう。そんなん、余りにも余りじゃないですか。それ以上言いようないけども。



○松峯茂委員長 貝政策経営部長。



◎貝康規政策経営部長 我々といたしましても、大変遅くなって本当に申しわけないと思っておりますけども、私どもといたしましては、議会運営委員会で十分議論をしていかなあかんということを、この間我々、去年も議論にも参加させていただいていましたので十分承知しておったわけですけども、その辺がちょっと我々の認識が不十分なところもございまして、この任期切れというタイミングで協議をさせていただくことが必要かどうかということも含めて、ちょっと不十分な点がございまして、全庁的にはそういう周知徹底をできていない部分もございましたので、こういった形でぎりぎりに依頼をさせていただくことになってしまったということで、私どもの認識が甘かったということでございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 何も遅かったから意地悪をするつもりは全然ないですけども、議会もやっぱり組織ですから、議運に諮られたんやったら議運でまたけじめをつけなあかんでしょう。で、会派も論議をせなあかんでしょう。ですからそれは、委員長が汗かいて努力しはると思いますけども、21日までにもし決められへんかったどうするの。もう21日までに何が何でも決めてもらわないかんわけ。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 21日には委嘱状の交付ですとか、具体的なスケジュールの確認ですとか、それから地区割りの御確認などの作業がございまして、委員の皆さんにはおそろいいただきたいということでございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 委嘱できへんかったら、来れへんやん。どないすんねんな。



○松峯茂委員長 貝政策経営部長。



◎貝康規政策経営部長 先ほど来申し上げておりますけども、本当に大変申しわけないことではございますけども、他の委員さんもおられますので、そういった中で21日に設定しているということもございますので、よろしくお取り計らいいただければと思っております。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 手順としては、何ぼ何でもやってくれやってくれということですけども、議会は議会の手続があるから、それは議会のほうで相談して、委員長の御指示に従いますけど、これまでに意見をまとめよというのやったらまとめますけど。そやけども、それ抜きにはできへんということを真摯に受けとめてもろて。



○松峯茂委員長 皆さんの御意見は、やはりちょっと事前に、もう少し早く知らせていただいて、各会派に持ち帰っていただいて協議も必要ですし、今後そういうことのないようにはお願いしておきたいなというふうには思います。木村副市長。



◎木村幸人副市長 私ども行政内部の連絡徹底が不十分でございまして、短い時間になってしまいまして、大変申しわけなく思っておりますが、さまざまな影響も出てまいりますことから、何とか日程に間に合う形で御調整いただけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○松峯茂委員長 そうしましたら、皆さん、御相談ですけれども。久保田委員。



◆久保田幹彦委員 実際問題、地域で民生児童委員さんの協議会もありますよね。その会長さんなんか、要は民生委員に欠員ができるんだけど、どなたか推薦してもらえないかというような相談はあります。そのとき、私推薦会の何でもないわというわけにいかないので、一応相談に乗って、この人はどうですかということはやっている行為はあるんです。ですから、今後推薦会そのものがやはり、ただ承認するだけの、するだけだったら正副委員長が出席してやるんですが、実際現場まで行くというようなお話が先ほどあったので、その辺になると大分中身が変わってくるんじゃないかと思いますので、ちょっとその辺、今後の課題として意見だけ、済みません。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 誤解があるんじゃないかと思いますけども、今久保田委員が言われたような民生委員推薦会の役割ですか。そんなんやったら、もうどうでもいいじゃないですか。だからもう、ちゃんとどういう仕事やということも理解を我々し切れてへんねんから、今みたいな、決まっとって、あと、ふん言うだけやねんから誰でもできるやないかという話をしてはりますやん。私ら相談受けてるいうて、推薦して。そんなことになってるんやったら、別に、どうでもええことないけども、その程度ですやん。だけど違うということを言っているわけで、大変だと。この14人が分担して地域を分けて、そこで新しく推薦する人どうかとやってるわけで、それはみんな苦労してはるわけですよ。そこが、いやいや、そんなことあらへんよと、簡単なもんですよというのやったら、そうしはったらええけど、違うんやったら違うで、そういうもんではありませんと整理しとけへんかったら、そんなもう、みんなお互いに言いっ放しで、お互いが好きなように理解してるんではあかんのじゃないですか。



○松峯茂委員長 暫時休憩いたします。

     午後4時24分 休憩

     午後4時27分 再開



○松峯茂委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 繰り返しにはなりますけれども、民生委員推薦会委員さんの職責といたしましては、地区ごとにヒアリングを行いまして、民生委員をお引き受けいただける方のところへ御訪問していただき、お願いをしていただくというような実務を担っていただくというような状況でございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 ちなみに、ことしは改選の時期ですか。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 一斉改選の年でございます。



○松峯茂委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 一斉改選の時期で、宇治地区の民生委員の定数は何人ですか。



○松峯茂委員長 岩本副部長。



◎岩本裕子政策経営部副部長 310名です。



○松峯茂委員長 ほかに御意見はございますか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○松峯茂委員長 そうしましたら、きょうこの時点では決めかねるという会派もございますので、一旦お持ち帰りいただくということになろうかと思いますが、何せ日程のほうが、20日には答えを出さなくてはいけないということになります。21日に会議があるということですので、20日までに、大変せわしいですけども、会派のほうで会議を持っていただいて、20日に改めて会議を開かせていただきたいなというふうに思いますが、皆さんの御都合はいかがでしょうか。文福委員会の前はいかがですか。9時半でどうでしょうか。

     (「はい、結構です」と呼ぶ者あり)



○松峯茂委員長 9時半に招集させていただきたいと思いますので、また後で、招集通知のほうを配付させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 それと、また日を改めてですけども、今当局から御説明のありました1番から10番までが、計画に付随する協議会なり審議会があると。そこにも役員の委員の派遣がございます。ここについては、96条第2項の関係もあって、議決をするのかどうかというあたりで、御議論も今1つずつしていただいておりますけれども、今後の議論も必要になってくると思います。

 それと、11番から14番は、計画は持たないけれども任期のある議員の役員の交代があります。この扱いを今後どうしていくのかということがあります。

 15番から20番は、宇治市だけでなしに、協議会、促進会なりで他の地域のところも入っているとか、他の団体のところも入っているとかいうことで、宇治市だけではないということですが、これも議員の役職等々でいろいろと任期もございます。

 このあたり3分割、今枠組みで書いてもらっていますけれども、このあたりをどのように扱っていくかという課題が残っておりますし、これを任期を通じて決め事にしておくのか、それともまたこのように1回1回議論をしていくのかということで、その点も会派のほうにお持ち帰りいただいて御協議しておいていただけたらというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。真田委員。



◆真田敦史委員 それは今度の20日のとき、今度で。



○松峯茂委員長 今真田委員言うてはるけど、今度は30分しかございませんので、そこまでの議論はちょっとできひんと思いますので、会派のほうにお持ち帰りいただいて、協議をしておいていただきたいというふうに思います。

 今回2つの項目が出ておりますので、8番の宇治市健康づくり・食育推進協議会、それと12番の宇治市民生委員推薦会と、この2つをどうするかお聞きさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 ほかに。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○松峯茂委員長 ほかに御意見等がなければ、行政から委嘱される議会役員の選出については、ただいま御協議いただいたとおりといたしますので、よろしくお願いいたします。

 以上で本日御協議願う予定の事項は全て終了いたしましたが、この際何かありましたら御発言願います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○松峯茂委員長 議長、お願いします。石田議長。



◆石田正博議長 お世話になりますけど、どうぞよろしくお願いします。



○松峯茂委員長 以上で本日の日程は全て終了いたしました。

 なお、本日の委員会での発言については速記録を点検し、不適切な発言等がありました場合は委員長において精査いたしますので、よろしくお願いいたします。

 これにて本日の委員会を閉会いたします。

     午後4時31分 閉会