議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成28年 10月 総務常任委員会(第9回) 日程単位表示




平成28年 10月 総務常任委員会(第9回) − 10月13日−09号







平成28年 10月 総務常任委員会(第9回)



          総務常任委員会会議記録(第9回)

日時    平成28年10月13日(木)午後4時25分〜午後4時30分

場所    第2委員会室

出席委員  水谷委員長、長野副委員長、大河、松峯、服部、坂下、秋月の各委員

説明員   宇野副市長、中上市長公室長、福井同室副部長、波戸瀬人事課長、岡部同課副課長

事務局   濱岡議会事務局長、佐々木主任

付議事件  1.議案第75号 宇治市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を制定するについて

                          (以上、市長公室)

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時25分 開会



○水谷修委員長 ただいまから第9回総務常任委員会を開会いたします。

 本日の委員会は、お手元に配付いたしております会議日程により進めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.議案第75号 宇治市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を制定するについて



○水谷修委員長 それでは日程第1、議案第75号、宇治市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を制定するについてを議題といたします。当局の説明を求めます。中上市長公室長。



◎中上彰市長公室長 それでは、ただいま議題となりました日程第1、議案第75号、宇治市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を制定するについてにつきまして御説明を申し上げます。

 本件については、雇用保険法の一部改正に伴い所要の改正を行うものでございます。本条例の改正に関しましては、国からの通知等、条件が整い次第、改正をさせていただきたい旨申し上げておりましたが、今般改正に必要な通知等が届きましたので御提案を申し上げるものでございます。議案の取り扱いに関しまして、本委員会の開会等、特段の御配慮をいただきましたことにお礼を申し上げたいと思います。

 なお、本件の概要につきましては、10月3日開催の本委員会において御説明申し上げておりますので、改正の内容について御説明を申し上げます。お手元の新旧対照表で御説明を申し上げたいと思います。

 新旧対照表の1ページ・2ページをごらんいただきたいと思います。第10条第5項及び第6項におきまして、失業等給付のうちの高年齢求職者給付金に相当する退職手当の支給に関して規定しておりますが、その支給対象者として定めております高年齢継続被保険者について高年齢被保険者に改めるものでございます。

 続いて2ページをお願いいたします。第10条第11項におきまして、失業等給付のうちの基本手当に相当する退職手当に賦課して支給されます退職手当の内容に関しまして規定をいたしておりますが、そのうちの広域求職活動費について、求職活動支援費に改正するものでございます。

 その他、改正内容に関連しまして文言等の所要の見直しをさせていただいているものでございます。

 なお、施行期日につきましては、雇用保険法の関連部分及び国家公務員退職手当法の改正施行日と同じく平成29年1月1日とさせていただいており、施行日以降の退職者から適用となるものでございます。以上、議案第75号につきまして御説明を申し上げました。よろしく御審査をいただき御可決を賜りますよう、お願い申し上げます。以上でございます。



○水谷修委員長 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 特にないようですから、質疑はこれにて終結いたします。

 暫時休憩いたします。

     午後4時28分 休憩

     午後4時29分 再開



○水谷修委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。

 次に討論を行います。御意見のある方は御発言願います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 特にないようですから、討論はこれにて終結いたします。

 これより議案第75号、宇治市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を制定するについてを採決いたします。

 本議案は原案のとおり可決すべきものとすることに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 御異議なしと認めます。よって、本議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で本日の日程は全て終了いたしました。

 なお、本委員会の審査結果報告書の作成については委員長に御一任願いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 また、本日の委員会での発言については速記録を点検し、不適切な発言等がございました場合は委員長において精査いたしますので、よろしくお願いいたします。

 これにて本日の委員会を閉会いたします。

     午後4時30分 閉会