議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成28年 10月 決算特別委員会(第1回) 日程単位表示




平成28年 10月 決算特別委員会(第1回) − 10月13日−01号







平成28年 10月 決算特別委員会(第1回)



          決算特別委員会会議記録(第1回)

日時    平成28年10月13日(木)午後4時38分〜午後5時05分

場所    第3委員会室

出席委員  鳥居委員長、真田副委員長、片岡臨時委員長、水谷、坂本、渡辺、服部、今川、久保田、中村、木本、関谷、浅井の各委員

事務局   濱岡議会事務局長、藤井次長、倉辻副課長、佐々木主任、鈴木主任、岩元主任、今津主任

付議事件  1.委員長の互選について

      2.副委員長の互選について

      3.委員会審査日程等について

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時38分



◎濱岡洋史議会事務局長 それでは、決算特別委員会設置後、初めての委員会でございますので、委員会条例第7条第2項の規定により、年長の片岡委員さんに臨時委員長をお願いいたします。片岡委員さん、委員長席にお着き願います。

     (片岡委員、委員長席に着席)



○片岡英治臨時委員長 年長のゆえをもちまして臨時委員長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時39分 開会



○片岡英治臨時委員長 ただいまから決算特別委員会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.委員長の互選について



○片岡英治臨時委員長 これより委員長選挙を行います。

 お諮りいたします。委員長の選挙は指名推選の方法により行いますか、それとも投票の方法により行いますか。

     (「指名推選」と呼ぶ者あり)



○片岡英治臨時委員長 指名でというお声があります。指名推選の方法により選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○片岡英治臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、どなたか御推薦いただくことにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○片岡英治臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、どなたか御推薦願いたいと思います。真田委員。



◆真田敦史委員 鳥居委員にお願いしたいと思います。



○片岡英治臨時委員長 お諮りいたします。ただいま御推薦がありました鳥居委員を委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○片岡英治臨時委員長 御異議なしと認めます。よって、鳥居委員が委員長に当選されました。

 鳥居委員長、就任の御挨拶をお願いいたします。委員長と交代いたします。

     (片岡臨時委員長退席、鳥居委員長、委員長席に着席)



△委員長挨拶



○鳥居進委員長 ただいま御推薦いただきました鳥居でございます。知識も経験もまだまだではございますが、決算委員会を円滑に運営させていただきたいと、このように決意しておりますので、各位皆様の御協力のほどよろしくお願いを申し上げます。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2.副委員長の互選について



○鳥居進委員長 次に副委員長選挙を行います。

 お諮りいたします。副委員長の選挙は指名推選の方法により行いますか、それとも投票の方法により行いますか。

     (「指名推選」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 指名推選という御発言がありましたので、指名推選の方法により選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、どなたか御推薦いただくことにしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 御異議なしと認めます。よって、どなたか御推薦いただきたいと思います。久保田委員。



◆久保田幹彦委員 真田委員を推薦いたします。



○鳥居進委員長 ただいま御推薦がありました真田委員を副委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 御異議なしと認めます。よって、真田委員が副委員長に当選されました。

 真田副委員長、御就任の御挨拶をお願いいたします。

     (真田副委員長、副委員長席に着席)



△副委員長挨拶



◆真田敦史副委員長 ただいま副委員長に就任させていただくことになりました真田です。鳥居委員を支え、公平・公正な委員会運営をさせていただけるよう努力していきますので、どうか御協力よろしくお願いいたします。ありがとうございます。



○鳥居進委員長 次に、本委員会の運営について御協議いただくため、各派代表者会議を開きたいと思いますが、よろしいでしょうか。水谷委員。



◆水谷修委員 無会派の方もおられるから、別に必要ないのではないですか。この間、設けてないと思いますが。



○鳥居進委員長 今、水谷委員のほうから、代表者会議を設けなくてもいいのではないか、過去に、前回から、前々回からは設けてないような状況でございますので、そのような御意見がございましたのですが、いかがでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 それでは、代表者会を設けないという形で進めさせていただきたいと思いますので、この本委員会で検討していただくという形をとらせていただきたいと思います。それでよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△3.委員会審査日程等について



○鳥居進委員長 それでは、まず決算特別委員会の委員席について御協議願います。全員協議会の席の配置を基本にして現在御着席のとおりにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議あり」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 水谷委員。



◆水谷修委員 詰めたほうがいいと思います。



○鳥居進委員長 今、水谷委員のほうから御意見がございましたのですけども、次回委員会からは、席順を詰めてしていただくようにお願いしたいと思います。これでよろしいでしょうか。

     (「はい」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 では、そのようにさせていただきます。

 次に、委員会の審査日程について、お手元に配付いたしております審査日程案のとおり開催したいと思いますが、特に御意見等がございましたら御発言願います。片岡委員。



◆片岡英治委員 大したことじゃないのだけど、いつも議会事務局は一番最初の日に来ているのですが、今回からはちょっと変わっているのですけど、何か意味があるのですか。



○鳥居進委員長 濱岡事務局長。



◎濱岡洋史議会事務局長 審査日程表案につきましては、各部局等との調整の結果このような日程案を示させていただいたところでございます。以上のような形で示させていただいているところでございます。

 今回はこのような案でお示しをさせていただいております。これは当局と関係部局等とも調整をさせていただいた結果でございますので、御理解をいただきたいと思います。



○鳥居進委員長 ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 それでは、本委員会の審査日程については、原案のとおり決定させていただきます。

 次に、委員会運営上の留意事項について御協議願います。

     (資料配付)



○鳥居進委員長 限られた日程の中で円滑な委員会運営が求められておりますので、特に皆様の御協力をお願いするとともに、従来の例により、お手元に配付しております留意事項に沿って運営したいと考えております。御意見等がございましたら御発言願います。坂本委員。



◆坂本優子委員 議事整理についての3番の(3)のところの(ア)なんですけど、これは大体5時に終わりましょうということで、委員1人当たり20分というのは、1つの部局の中での20分じゃなくて、例えば10月25日は5つほど部局があるのですけど、課があるのですけど、全部通して20分ということになるのでしょうか。



○鳥居進委員長 濱岡局長。



◎濱岡洋史議会事務局長 ここでは1日のおおむねの発言時間と書かせていただいておりますので、各部局を通じてのおおむねの発言時間の目安というふうに書かせていただいております。



○鳥居進委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 答弁も含んでいるから、すごい厳しいのかなと。長々と質問時間を1人でとるというのは、ほかの方にもいろいろとありますからどうかと思いますけど、これは余りにもちょっときついのではないかなと思うのですけど、例えばたくさんの所管いろいろあるところなんかで20分でという感じになると、これは前からだったのでしょうか。



○鳥居進委員長 濱岡事務局長。



◎濱岡洋史議会事務局長 この委員会運営上の留意事項につきましては、以前からもおおむね20分を1日1人当たりの発言時間、答弁を含むとしてさせていただいておりますが、議事の進行上、委員長のほうで、おおむねということもございますので弾力的に運営をいただいているところではございました。



○鳥居進委員長 坂本委員。



◆坂本優子委員 今回、決算委員会で13人ですよね。13人で委員長はなかなか発言できないかなと思うのですけど、13人としましても20分でと考えても、5時どころかすごい余りますよね。それで言うと、時間まで書いてしまっておいていいのか、臨機応変に委員長が判断してやってくれはると思うのですけど、どうなのかなという思いがしているのですけど、それか、こう書いてあるけどそこは委員長がうまいこと判断していただいて、そんな長々とあれなんですけど、当局のほうにも短く簡潔にというのはお伝えいただくと思うのですけど、どうしても答弁が入って質問して答弁が入ってとなってくると、たくさんの課があったり部があったりしたら、それはちょっと大変厳しいものがありますよね。こうは書いてあるけども大体5時ぐらいに終わろうというめどで委員長がうまいこと判断していただくということで、そういうふうにとっておいてもよろしいでしょうか。



○鳥居進委員長 うまいことできるかどうかわかりませんけども、臨機応変に対応させていただきたいと思います。中村委員。



◆中村麻伊子委員 ただ、委員長も御尽力いただけるとは思うのですけれども、ルールとしてはもう20分ということを目安にしていただいて、当局のほうにも簡潔にしていただくということは皆さんで確認しておいたほうがいいと思うのですが。



○鳥居進委員長 一応、書面上で留意事項として提出させていただいてますので、御確認のほどよろしくお願いしたいと思います。久保田委員。



◆久保田幹彦委員 総括質疑のところの日程について、これもおおむね20分でいいのでしょうか。



○鳥居進委員長 総括質疑については、後でちょっとまた御協議いただくことになってますので、申しわけないです。坂本委員。



◆坂本優子委員 私は含みを持たせて委員長にお任せしたいと思って、もうこれはさわらんでもいいやと思って引っ込めたのですけど、あくまでこれでということで厳守ということでされるのやったら、もうここに書いてあること自体ちょっと検討されたほうがいいのじゃないかなと思う。答弁も含んで、例えば教育とか福祉とかいつもたくさんの質問があるところで答弁も含めて1日20分というのは非常にタイトやし、その時間を区切るというのは、何というか、ダラダラした答弁はあかんでという意味もあるだろうけども、その必要なことについてはやっぱり決算委員として、議会から選出された決算委員としてきちんと審査はせなあかん責任がありますから、そういうのでいうと、ちょっと20分いうのはタイトだなと思うのですよ。でも、ここに書いてあるけども委員長がうまいこと配慮していただくということで、もうこれでいいかなと思っていたのですけども、その辺はどうなんでしょうか。



○鳥居進委員長 暫時休憩いたします。

     午後4時56分 休憩

     午後4時58分 再開



○鳥居進委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。

 先ほど坂本委員からの御発言がございましたが、おおむね皆さんの御意見も同じような御意見をお持ちだということを確認させていただきましたので、20分は、あくまでもこれは目安という形で考えさせていただきまして、あとは臨機応変な対応をさせていただきたい、今までと同じような対応をさせていただきたいと、このように考えていますので、御了解のほうよろしくお願いいたします。

 ほかにございませんか。水谷委員。



◆水谷修委員 ここに会派の1日のおおむねの発言時間を書いてありますから、これは無会派の方は発言は禁止と書いてあるように思いますので、ここは別に会派の3文字が要らんのじゃないですか。何かしらよくわからないけど、いつの時代のものか知らんけど、無会派は発言できないじゃないですか、この字面どおりなら。柔軟にするとかいう問題じゃなくてこれは無会派の方がおられるのだから、部局別審査は配慮したらいいと思いますので、その3文字取ってはぐあい悪いのですか。



○鳥居進委員長 取るように事務局に指示いたしますので、よろしくお願いいたします。それでよろしいでしょうか。

 ほかにございませんか。片岡委員。



◆片岡英治委員 おおむね裁量でやっていただくということですが、僕は教育と観光はちょっと長くなりますので、そのかわりほかのは二、三分ぐらいで終わります。その辺よろしくお願いいたします。



○鳥居進委員長 配慮させていただきます。ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 それでは、今、委員会運営上の留意事項については御確認いただいたということで御判断させていただきたいと思います。

 ほかに御協議いただきたい意向に沿って委員会を進めてまいりますので、御協力よろしくお願いいたします。

 次に、本委員会の最終日に予定しております総括質疑については、従来の例により、委員1人当たり17分の会派持ち時間制を今回も採用し、総括質疑の順序等については大会派順とさせていただきたいと考えております。以上のことについて御意見のある方は御発言願います。水谷委員。



◆水谷修委員 決算委員会は17分でしたか。議員が定数削減したのですけども、違うのではないでしょうか。



○鳥居進委員長 倉辻副課長。



◎倉辻崇秀議会事務局副課長 決算特別委員会につきましては、20分にするということを決めたということではございませんが、過去24年度からはずっと20分で総括質疑のほうは行われております。



○鳥居進委員長 水谷委員。



◆水谷修委員 前例踏襲を私は必ずしもせなあかんとは思いませんけど、最初に事務局がつくった委員長案は、ここ何年かの例を案として出すのが普通だと思いますので、今後ちょっと口述書はそうしといてもろて、今回は昨年と同様にしといてもろて、来年以降ちょっと一々17分と書かんでも数年の前例に基づいた口述を準備するのが事務局の、つまり委員長の案とするようにしていただいたほうがいいと思いますが、いかがでしょうか。



○鳥居進委員長 濱岡局長。



◎濱岡洋史議会事務局長 ただいまの御意見、口述としては前年度の実績等も考慮しながらつくらせていただくことにしたいと思いますが、いずれにいたしましても、その確認をいただきますのはこの決算委員会での場となりますので、口述については次年度以降また検討して前向きに対処していきたいというふうに考えます。



○鳥居進委員長 水谷委員。



◆水谷修委員 ことしは前年やこの何年かの前例によって20分で、定数削減したわけですから十分時間はできると思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○鳥居進委員長 今、水谷委員のほうから御意見がございました20分ということが提案されております。そのことについて御協議していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。よろしいでしょうか。

     (「20分でいいと思います」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 では、総括質疑については、先ほど水谷委員からの御提案がございました20分という形でさせていただきたいと思いますので、委員1人当たり20分の会派持ち時間制を今回採用させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

 総括質疑の順については大会派順、これも踏襲させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ほかに御意見はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○鳥居進委員長 御意見がないようですので、そのようにさせていただきます。

 以上で、本日の日程は全て終了いたしました。

 なお、本日の委員会での発言については速記録を点検し、不適切な発言等がありました場合は委員長において精査いたしますので、御了承願います。

 これにて本日の委員会を閉会いたします。

     午後5時05分 閉会