議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成14年  3月 議会運営委員会(第6回) 日程単位表示




平成14年  3月 議会運営委員会(第6回) − 03月25日−06号







平成14年  3月 議会運営委員会(第6回)



          議会運営委員会会議記録(第6回)

日時    平成14年3月25日(月)午前9時58分〜午前10時10分

場所    第1委員会室

出席議員  矢野委員長、藤田副委員長、松峯、宮本、帆足、高橋、久保田(代理)、鈴木、関谷、浅見の各委員(小山議長、西川副議長)

説明員   川端助役、小沢総務部長、藤井同部次長、稲石財政課長

事務局   佐野議会事務局長、末滝主幹、八木係長、川口主査、松本主査、中森主任、

付議事件  1.追加提出議案について

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前9時58分 開会



○矢野友次郎委員長 ただいまから第6回議会運営委員会を開会いたします。

 本日の委員会は、追加提出議案の説明について、お手元に配付いたしております会議日程によりご協議願う予定をいたしておりますので、よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.追加提出議案について

[資料−−−−「平成14年3月宇治市議会定例会追加提出議案」、「平成13年度宇治市一般会計補正予算(第8号)の概要」−−−−参照]



○矢野友次郎委員長 それでは、日程第1、追加提出議案を議題といたします。

 当局の説明を求めます。川端助役。



◎川端修助役 おはようございます。

 13年度補正予算につきましては、さきの3月14日にご審議をいただき、ご可決いただいたところでございますが、このたび、菟道小学校体育館改築工事に伴います国からの貸付金の事業認定額、これが増額でまいりましたことに伴いまして、地方債の追加計上、並びにこれに伴いまして一般財源の減額、これを行う必要が出てまいりました。したがいまして、3月議会定例会最終日に追加提案をさせていただきたいとこのように考えておりますので、この13年度補正予算につきましてご説明させていただきたい、このように思っております。

 なお、詳細につきましては総務部長より説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。



○矢野友次郎委員長 小沢総務部長。



◎小沢章広総務部長 おはようございます。

 それでは、お手元のほうにお配りをさせていただいております資料に基づきましてご説明をさせていただきたいと思います。まずB4縦型の資料といたしまして、「一般会計補正予算(第8号)の概要」という資料をお配りをさせていただいております。これに基づきましてご説明をさせていただきたいというふうに思います。

 今回の補正予算は、財源を組み替えるための補正予算でございますので、一番上の表にございますように補正額はゼロでございまして、予算総額の変更はございません。

 次に、財源を組み替えをするための理由を記載をさせていただいております。ここに「菟道小学校体育館改築事業に係る公立学校施設整備資金貸付金貸付事業認定額の増額により地方債の追加計上並びにこれに伴う一般財源の減額」を行うという理由を書かさしていただいております。財源を組み替えをする理由でございますが、先ほど申しました菟道小学校の体育館の改築事業に係ります貸付金の事業認定額の増額によりまして、地方債の追加計上、並びに一般財源の減額を行うというようなものでございますが、先ほど、助役も申しましたように、去る3月14日にご可決をいただいたものでございますが、国の第二次補正予算に絡みます補正でございました。

 内容的には、通常の国の補助金の交付にかえまして、NTT株式の売却収入を活用した無利子貸付が行われることになっておりまして、地方公共団体が借り入れる場合は地方債に該当するということになっております。したがいまして、さきの補正予算では、補助金相当のNTT無利子貸付金を特定資金公共投資事業債、こういう名称で地方債の限度額といたしまして、去る3月の補正予算では3事業一括をいたしまして6億9,240万円の設定をいたしたところでございます。しかし、3月18日付で府教委より貸付事業認定の通知がございまして、補助単価がアップしたことに伴いまして地方債を2,580万円増額をいたしますとともに、一般財源の減額については、地方消費税交付金について減額になる見込みでありますことから、同額の2,580万円を減額すると、こういう内容でございます。

 表の方で詳しくご説明をさせていただきますが、表の左側に工事費がございます。工事費2億358万2,000円は、市が考えております補助対象見込み額でございまして、実施面積で割ります実施単価でございますが、ここに記載いたしてますように22万1,525円になるわけでございます。これに、対象外となります備品と解体費を合わせまして2,300万円、これを対象外経費として加えまして、事業費といたしましては、合計欄にありますように2億2,658万2,000円を過日の補正予算で提案をさせていただいたところでございます。

 次に、表の真ん中に7号補正時とあります。ここをご説明をさせていただきますが、これが補正予算当時の補助制度の内容でございます。さきの補正予算では、体育館、これ鉄骨造りでございます。これにかかります国の13年度の補助単価、ここにありますように17万4,300円、平米当たりでございます。これに実施面積919平米ございましたので、掛け合わせました結果の補助対象経費、1行上になりますが1億6,018万2,000円ということでございまして、超過負担が4,340万円、宇治市が想定をいたしました左側の工事費2億0,358万2,000円との差し引きが超過負担と、こういうことでございます。これが4,340万円ございました。このときの財源内訳でございますが、下段の方を見ていただきたいんですが、補助金相当額の特定資金公共投資事業債、これが補助金相当分6,240万円見込んでおりました。それと、小学校施設整備事業債として、いわゆる100%充当の補正予算債でございますが9,780万円見込んでおりました。一般財源といたしましては差し引き6,638万2,000円でございました。こういう補正予算のときの財源内訳でございます。

 次に、表の右側、今回と書いておる欄をごらんいただきたいわけでございますけれども、3月18日付で府教委より貸付事業認定の通知がございまして、補助単価は、ここにありますように20万0,400円にアップされます。これに伴いまして、当然補助対象経費が増額になります。ここにありますように、補助対象経費は1億8,600万7,000円にふえました。超過負担が1,757万5,000円に減少をいたしております。補助対象経費がふえることによって、超過負担が減ったと、こういう差引勘定でございます。このことで、補助金相当額と、それから100%充当の補正予算債が増額になりまして、今回の補正予算時での財源内訳が、ここに記載いたしておりますように、補助金相当の公共投資事業債は7,240万円、それから100%充当の補正予算債が1億1,360万円、それで一般財源が減りまして4,058万2,000円、こういうような財源内訳になるものでございます。

 で、表の下段の一番右端でございますが、差し引きとして今回補正予算をさせていただきたいというふうに考えている部分でございまして、補助金相当分の特定事業債が1,000万円の追加と、それから小学校施設整備事業債、これを1,580万円増額をいたしますとともに、一般財源については追加補正という記載が抜けておりますけれども2,580万円、地方消費税交付金について減額をさせていただくと、こういう内容でございます。

 なお、当初より実施単価につきましては、国の補助基準単価を上回ります、先ほど申しましたように22万1,525円、平米当たりでございますが、これで積算をいたしておりますので、事業費の補正は行わずに財源組み替えの補正予算をさせていただきたい、こういう内容でございます。よろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○矢野友次郎委員長 ただいま説明のありました内容について、ご質疑等がありましたらご発言願います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○矢野友次郎委員長 特にご質疑等はないようですので、追加提出議案についてはご了承願ったものといたします。

 次に、事務局から説明させます。佐野局長。



◎佐野純二議会事務局長 ただいまご了承いただきました追加提出議案につきましては、本会議最終日に即決いただくことになりますけれども、質疑の通告の締め切りにつきましては申し合わせを準用さしていただきまして、最終日前日、28日の午後1時を通告の締め切りとしていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上でございます。



○矢野友次郎委員長 以上で、本日ご協議願う予定の事項はすべて終了いたしましたが、この際、何かありましたらご発言願います。

 議長から何かありましたらご発言願います。



◆小山勝利議長 特にありません。



○矢野友次郎委員長 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 なお、本日の委員会での発言については、速記録を点検し、不適切な発言等がありました場合は、委員長において精査いたしますので、よろしくお願いいたします。

 これにて本日の議会運営委員会を閉会いたします。

     午前10時10分 閉会