議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成20年  9月 議会運営委員会(第26回) 日程単位表示




平成20年  9月 議会運営委員会(第26回) − 09月18日−26号







平成20年  9月 議会運営委員会(第26回)



          議会運営委員会会議記録(第26回)

日時    平成20年9月18日(木)午後1時50分〜午後2時02分

場所    第1委員会室

出席委員  水谷委員長、松峯副委員長、宮本、平田、高橋、堀、関谷、青野、池内、藤田の各委員(坂下議長、川原副議長)

説明員   川端副市長、溝口政策経営監、坪倉理事(財務室長)、佐藤同室参事

事務局   兼田議会事務局長、八木次長、伊藤主幹、相良係長、谷主任、角田主任、須原主任

付議事件  1.本会議再開後の議事運営について

審査内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後1時50分 開会



○水谷修委員長 ただいまから第26回議会運営委員会を開会いたします。

 本日の委員会は、本会議再開後の議事運営についてご協議願う予定をいたしておりますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.本会議再開後の議事運営について

[資料−−−−−「委員会審査報告書(議案第51号)」

        「委員会審査報告書(議案第56号)」−−−−−参照]



○水谷修委員長 それでは、日程第1、本会議再開後の議事運営を議題といたします。

 最初に、局長から説明願います。兼田局長。



◎兼田伸博議会事務局長 それでは、本会議再開後の議事運営についてご説明を申し上げます。

 本日の本会議で総務常任委員会に付託されておりました議案第51号、及び市民環境常任委員会に付託されておりました議案第56号につきまして、委員会審査を終了いただきましたので、再開後、まず議案第51号の日程追加をお諮りいただき、議題としていただきまして、委員長報告に対する質疑、討論、採決の順にお願いいたしたいと思います。

 次に、議案第56号の日程追加をお諮りいただき、議題としていただきまして、委員長報告に対する質疑、討論、採決の順にお願いいたしたいと思います。

 以上でございます。



○水谷修委員長 ただいま説明のありました内容について、ご質疑等がございましたらご発言願います。宮本委員。



◆宮本繁夫委員 先ほど2つの常任委員会が開かれて、審議されて可決されたということですから、本会議でそれを処理していったらいいと思うんですけども、先ほどの市民環境常任委員会の中でも質疑の中で、原課が法改正を見落としていたということを、それ、いろいろ述べられたんですけども、後の処理の問題でご質疑があったんですけども、この間の議運の話ともちょっと関係するんですけども、端的に言って、法改正に伴って条例改正が必要だというふうに市当局として認識しはったんはいつなんですか。もうちょっと言いますと、条例改正が必要だというふうに副市長に報告があったんはいつですかね。



○水谷修委員長 川端副市長。



◎川端修副市長 この9月定例会を迎えるに当たりまして、今の議案でいきますれば56号になりますけども、こういう議案を出すと。したがって、これは、法律の改正からいけば、5月1日に施行になっている、いわゆる施行日を既に徒過しているということを聞いたのはいつかというのは、大変申しわけございません、何月何日というふうにはっきりと覚えていないというのが正直なところでございます。

 いずれにいたしましても、私が聞いた時点で、もう少し早く、既に徒過をしているのは事実でございました。そんな5月1日以降、速やかに聞いたということではもちろんなかったかなとは思いますが、私は、少なくともこれは徒過をしているし、これは議会で上程をするとすれば、議会にご迷惑をかけるなということを感じましたのは、いつかということは明確ではございませんものの、今から思えば、そのときに議会の方にすぐにご相談をすれば、もう少し議会運営委員会の皆様方も、また、他の議員の皆様方ももう少し状況がどうであったかということをご理解していただけた時期ではないかと、このように受けとめております。大変申しわけございません。いつかというのははっきりと覚えていないというのが正直なところでございます。



○水谷修委員長 宮本委員。



◆宮本繁夫委員 先ほど、前の議運でもいろいろ議論しましたし、さきの2つの常任委員会でも審査したことですから、あえて私が繰り返すことはないんですけども、ただ、意見だけちょっと述べさしていただきたいのは、原課がいろいろ対応していくわけですけども、法改正などを見過ごすことはあってはならないけども、そういうこともあり得るんですよね。今後、組織的に対応していきたいという話がありましたら、それはやっていただきたいと私は思います。

 ただ、そういうことが起こったときにどう処理をしていくかというのが、私は、むしろ問われているんです。原課が見落としたのはけしからんということはあるんですけども、そうじゃなくて、そういった場合にどう処理をしていくか。しかも、地方自治体というのは、副市長も百もご承知のとおり、法令や条例に基づいてしていくわけですから、何も条例によらずに市民にいろいろ義務を課すこともできないことも当たり前のことですよね。ですから、そういう事態をつくらないということは大前提であるわけでしょう。

 先ほどの質疑を聞いていましたら、6月議会の直前に、条例改正せんでもええと思うていたけども、やっぱり改正せなあかんというふうに認識したんは6月定例会の直前だったと、だから、いとまがなかったという話もあったんです。

 私は、3月定例会のときにも、会期中にも条例を差しかえてやったことが、ご存じだと思いますよね。法施行が5月1日になっているわけですから、そういう法律とのそごが出てくるわけですから、5月末であったって、6月定例会中にも追加提案もまたできたでしょうし、もしできなかったとしても、それをどう処理していくかということは、やっぱり議会とも、副市長も言われましたけど、相談していただいて、専決でしていくのか、いやいや、大事なことだから臨時議会を開かれるのか、それはいろいろありますけどね。ただ、そういう法違反は、法律とそごを来すような状態をつくらないということが大前提でなかったら私はやっぱりあかんと思うので、そこはやっぱりよく、こうした問題は、やっぱり行政というのは法律や条例に基づいて仕事をしていっているんだということをやっぱり徹底していく必要があるんじゃないかなというふうに私は思うんですね。

 それで、見落としもあるでしょうけども、落とした場合に、どう、そしたら、その処理をしていくのか、それが、今問われているみたいですね。危機管理という問題ではありませんけど、そこの対応がね。

 それで、先ほど聞いたのは、所管の副市長が、「私は知りませんでした、報告がなかったですから」というのもまたどうだったかと思うんですけどね。副市長の方にも非は定かでないにしたって、そんなに古い話じゃないというお話ですよね。それはまた法規の方も対応して、これはやっぱり条例改正をせなあかんでということは認識しているわけですから、いろんなところからうまく判断ができていなかったということがやっぱり私はあると思いますんで、だれがこうのという問題じゃなくて、そうした問題はやっぱり速やかに対応していくということですね。

 やっぱり行政というのは難しいようなことを言うけども、やっぱり法律や条例でルールをつくっておかないと、実害があったとかなかったとか、申請があったとかなかったというのはまた全然別の話ですからね。そういう点では、今後注意をしてやっていただきたいなという点で、そこはやっぱり何を徹底するかということが一番大事なことでして、見落としたらあかんねやということはもちろんですけど、それだけじゃなくて、そうした場合にどうするかということが、私は大事かなと思いますんであえて意見を言わしていただきましたけども、ぜひそういうことでやっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○水谷修委員長 ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 ほかにご質疑等はないようですので、本会議再開後の議事運営についてはご了承願ったものといたします。

 暫時休憩いたします。

     午後1時58分 休憩

     午後2時00分 再開



○水谷修委員長 休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。

 それでは、休憩中に確認いたしました各会派のご意向を踏まえまして、以後の本会議の議事運営について、念のため、再度、局長から説明願います。兼田局長。



◎兼田伸博議会事務局長 それでは、念のため確認をさせていただきます。

 まず、議案第51号でございますが、質疑につきましては、なし、討論につきましては、なし、採決につきましては、簡易採決でお願いをいたしたいと思います。

 次に、議案第56号でございますが、質疑につきましては、なし、討論につきましては、なし、採決につきましては、簡易採決でお願いをいたしたいと思います。

 以上でございます。



○水谷修委員長 ただいま説明のありました内容について、ご質疑等がありましたらご発言願います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 特にないようですので、説明のありましたとおり議事を進めさせていただきます。

 以上でご協議願う予定の事項はすべて終了いたしましたが、この際、何かございましたらご発言願います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○水谷修委員長 議長から何かございますか。



◆坂下弘親議長 特にありません。



○水谷修委員長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 なお、本日の委員会での発言については、速記録を点検し、不適切な発言等がありました場合は委員長において精査いたしますので、よろしくお願いいたします。

 これにて委員会を閉会いたします。

     午後2時02分 閉会