議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成21年  5月 臨時会(1) 05月21日−02号




平成21年  5月 臨時会(1) − 05月21日−02号







平成21年  5月 臨時会(1)



(1) 議事日程

             議事日程(第2号)

                         平成21年5月21日

                         午前10時 開議

第1.常任委員の選任

第2.議会運営委員の選任

第3.議案第43号 固定資産評価員の選任同意を求めるについて

第4.議案第38号 平成21年度宇治市一般会計補正予算(第1号)

   議案第39号 平成21年度宇治市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

第5.議案第40号 宇治市市税条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第41号 宇治市建築基準法関係事務手数料条例の一部を改正する条例を制定するについて

第6.議案第42号 専決処分の承認を求めるについて

(2) 会議に付した事件

   日程追加 議長の辞職

   日程追加 選第2号 議長選挙

   日程追加 副議長の辞職

   日程追加 選第3号 副議長選挙

   日程追加 議案第44号 監査委員の選任同意を求めるについて

   日程第1から日程第2まで

   日程追加 選第4号 城南衛生管理組合議会議員の選挙

   日程追加 選第5号 京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

   日程第3から日程第6まで

(3) 出席議員

   議長     坂下弘親君

   副議長    川原一行君

   議員     坂本優子君      中路初音君

          浅井厚徳君      真田敦史君

          平田研一君      石田正博君

          長野恵津子君     青野仁志君

          堀 明人君      帆足慶子君

          山崎恭一君      池内光宏君

          藤田 稔君      田中美貴子君

          (新議長)松峯 茂君  関谷智子君

          河上悦章君      川越 清君

          向野憲一君      (新副議長)水谷 修君

          浅見健二君      菅野多美子君

          矢野友次郎君     西川博司君

          鈴木章夫君      高橋尚男君

          小山勝利君

(4) 説明のため出席した者

         市長          久保田 勇君

         副市長         川端 修君

         副市長         土屋 炎君

         人事監         平本 恵君

         市長公室長       梅垣 誠君

         政策経営部長      岸本文子君

         総務部長        大石昭二君

         市民環境部長      五艘雅孝君

         市民環境部理事     大橋正明君

         市民環境部理事     福田富美男君

         健康福祉部長      田中秀人君

         健康福祉部理事     佐藤政紀君

         理事          石井俊光君

         建設部長        三枝政勝君

         都市整備部長      石井章一君

         会計管理者       坪倉 貢君

         消防長         谷村和男君

         水道事業管理者     桑田静児君

         水道部長        杉村亮一君

         教育長         石田 肇君

         教育部長        栢木利和君

(5) 事務局職員出席者

         局長          兼田伸博

         次長          薮下龍司

         主幹          伊藤裕康

         庶務調査係長      相良章子

         議事係主事       上田敦男

(6) 速記者

                     岡野杏奈

     午前9時59分 開議



○議長(坂下弘親君) これより本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(坂下弘親君) 暫時休憩いたします。

     午前9時59分 休憩

     (休憩中に、各派幹事会、議会運営委員会を開催)

     午後3時25分 再開



○副議長(川原一行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(川原一行君) 議長、坂下弘親議員から議長の辞職願が提出されております。



○副議長(川原一行君) お諮りいたします。

 この際、議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の辞職



○副議長(川原一行君) これより議長の辞職を議題といたします。

     (坂下議長、除斥)



○副議長(川原一行君) まず、事務局長に辞職願を朗読させます。兼田議会事務局長。



◎議会事務局長(兼田伸博君) (辞職願を朗読)

            辞職願

 今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されますよう願い出ます。

  平成21年5月21日

                      宇治市議会議長  坂下弘親

  宇治市議会副議長  川原一行様



○副議長(川原一行君) お諮りいたします。

 坂下弘親議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、坂下弘親議員の議長の辞職を許可することに決しました。

     (坂下議員、復席)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(川原一行君) ただいま議長が欠員となりました。



○副議長(川原一行君) お諮りいたします。

 この際、日程に追加し、選第2号、議長選挙を直ちに行いたいと思います。

 これにご異議はありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程に追加し、選第2号、議長選挙を直ちに行うことに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 選第2号 議長選挙



○副議長(川原一行君) これより選第2号、議長選挙を行います。



○副議長(川原一行君) 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○副議長(川原一行君) ただいま出席議員数は29人であります。投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。



○副議長(川原一行君) 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)

 異状なしと認めます。



○副議長(川原一行君) 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、坂本優子議員から順次投票を願います。

     (坂本議員から順次投票)



○副議長(川原一行君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。



○副議長(川原一行君) 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○副議長(川原一行君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に中路初音議員、平田研一議員、青野仁志議員を指名いたします。

 3人の議員に立ち会いを願います。

     (中路議員、平田議員、青野議員、立ち会いの上開票)



○副議長(川原一行君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数29票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票27票、無効投票2票。有効投票中、松峯議員27票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.75票であります。よって、松峯議員が議長に当選されました。(拍手)



○副議長(川原一行君) ただいま議長に当選されました松峯議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。



○副議長(川原一行君) 松峯議長、あいさつをお願いいたします。

          議長あいさつ



○議長(松峯茂君) (登壇)宇治市議会第30代目の議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび不肖私、議員の皆様方のご推挙を賜りまして、議長の要職に就任させていただきました。まことに身に余る光栄でありまして、衷心から感謝を申し上げる次第でございます。ありがとうございます。

 みずからの浅学非才を省みますと、その責任の重さを一層痛感いたしておりますが、宇治市の輝く未来に向かって限りない発展と市民福祉の推進に渾身の力を込めて、誠心誠意努力をいたす覚悟でございます。

 地方分権が推進され、地方自治体の真価が問われる現代にありまして、議会の果たす役割は一層重要となってくる中、今日まで多くの諸先輩方が営々と築いてこられました宇治市議会の伝統と権威、そして議会制民主主義に基づき、宇治市民の負託にこたえるため、開かれた議会運営に懸命の努力を傾注いたしたいと存じます。

 何とぞ先輩、同僚の皆様方、理事者を初め職員の皆さん、報道関係者の皆様におかれましては、さらなるご指導、ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願いします。(拍手)



○副議長(川原一行君) 松峯議長、議長席にお着き願います。

     (川原副議長退席、松峯新議長議長席に着席)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 副議長、川原一行議員から副議長の辞職願が提出をされております。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 この際、副議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 副議長の辞職



○議長(松峯茂君) これより副議長の辞職を議題といたします。

     (川原副議長、除斥)



○議長(松峯茂君) まず、事務局長に辞職願を朗読させます。兼田議会事務局長。



◎議会事務局長(兼田伸博君) (辞職願を朗読)

            辞職願

 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されますよう願い出ます。

  平成21年5月21日

                      宇治市議会副議長 川原一行

  宇治市議会議長  松峯 茂様



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 川原一行議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、川原一行議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

     (川原議員、復席)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) ただいま副議長が欠員となりました。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 この際、日程に追加し、選第3号、副議長選挙を直ちに行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程に追加し、選第3号、副議長選挙を直ちに行うことと決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 選第3号 副議長選挙



○議長(松峯茂君) これより選第3号、副議長選挙を行います。



○議長(松峯茂君) 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(松峯茂君) ただいまの出席議員数は29人であります。投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。



○議長(松峯茂君) 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)

 異状なしと認めます。



○議長(松峯茂君) 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、坂本優子議員から順次投票願います。

     (坂本議員から順次投票)



○議長(松峯茂君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。



○議長(松峯茂君) 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(松峯茂君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に浅井厚徳議員、石田正博議員及び堀明人議員を指名いたします。

 3人の議員に立ち会いをお願いします。

     (浅井議員、石田議員、堀議員、立ち会いの上開票)



○議長(松峯茂君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数29票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票27票、無効投票2票。有効投票中、水谷議員27票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.75票であります。よって、水谷議員が副議長に当選されました。(拍手)



○議長(松峯茂君) ただいま副議長に当選されました水谷議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。



○議長(松峯茂君) 水谷副議員、あいさつをお願いいたします。

          副議長あいさつ



◆副議長(水谷修君) (登壇)第30代目副議長就任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、副議長にご推挙いただき、皆様に心から御礼申し上げます。

 もとより浅学非才の身でございますが、松峯議長を補佐し、二元代表制の一翼である市議会の役割を十分果たすことと、議会の円滑かつ民主的運営のために誠心誠意努力してまいりますので、ご指導、ご鞭撻くださいますようお願い申し上げ、就任あいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)



○議長(松峯茂君) 本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 暫時休憩いたします。

     午後3時53分 休憩

     (休憩中に、各派幹事会、全員協議会、議会運営委員会を開催)

     午後8時10分 再開



○議長(松峯茂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 この際、議案第44号、監査委員の選任同意を求めるについてを急施事件と認め、日程に追加し、直ちに議題とすることにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議案第44号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議案第44号



○議長(松峯茂君) これより議案第44号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。久保田市長。



◎市長(久保田勇君) (登壇)ただいま議題となりました議案第44号につきましてご説明を申し上げます。

 本案は、議員のうちから選任をいたします監査委員として、関谷智子議員を選任いたしたく、議会の同意を得るため提案をするものでございます。よろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(松峯茂君) これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 本議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(松峯茂君) これより討論に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて討論を終結いたします。



○議長(松峯茂君) これより議案第44号を採決いたします。

     (社会議員団退席)

 本議案はこれを同意するにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第44号はこれを同意することに決しました。

     (社会議員団復席)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 常任委員の選任



○議長(松峯茂君) 次に日程第1、常任委員の選任を議題といたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 常任委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、川原一行議員、向野憲一議員、西川博司議員、田中美貴子議員、高橋尚男議員、関谷智子議員、青野仁志議員、藤田稔議員、以上8人の議員を総務常任委員に、山崎恭一議員、坂本優子議員、松峯茂、川越清議員、鈴木章夫議員、池内光宏議員、菅野多美子議員、以上7人の議員を市民環境常任委員に、水谷修議員、中路初音議員、矢野友次郎議員、石田正博議員、小山勝利議員、坂下弘親議員、河上悦章議員、以上7人の議員を建設水道常任委員に、帆足慶子議員、平田研一議員、真田敦史議員、堀明人議員、長野恵津子議員、浅見健二議員、浅井厚徳議員、以上7人の議員を文教福祉常任委員にそれぞれ指名いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員をそれぞれ常任委員に選任することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議会運営委員の選任



○議長(松峯茂君) 次に日程第2、議会運営委員の選任を議題といたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、帆足慶子議員、山崎恭一議員、田中美貴子議員、平田研一議員、川越清議員、堀明人議員、長野恵津子議員、青野仁志議員、池内光宏議員、藤田稔議員、以上10人の議員を指名いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員に選任することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 次に、水谷修議員、山崎恭一議員、矢野友次郎議員、平田研一議員、小山勝利議員、浅見健二議員、菅野多美子議員、以上7人の議員から城南衛生管理組合議会議長及び同年長議員に対し、同組合議会議員の辞職願が提出、許可され、本市選出の同組合議会議員が7人欠員となります。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 この際、日程に追加し、選第4号、城南衛生管理組合議会議員選挙を直ちに行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程に追加し、選第4号、城南衛生管理組合議会議員選挙を直ちに行うことに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 選第4号 城南衛生管理組合議会議員選挙



○議長(松峯茂君) これより選第4号、城南衛生管理組合議会議員選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 城南衛生管理組合議会議員に、川原一行議員、向野憲一議員、西川博司議員、田中美貴子議員、高橋尚男議員、青野仁志議員、藤田稔議員、以上7人の議員を指名いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました7人の議員を城南衛生管理組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました7人の議員が城南衛生管理組合議会議員に当選されました。

 ただいま城南衛生管理組合議会議員に当選されました川原一行議員、向野憲一議員、西川博司議員、田中美貴子議員、高橋尚男議員、青野仁志議員、藤田稔議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 次に、平田研一議員から京都府後期高齢者医療広域連合議会議長に対し、同連合議会議員の辞職願が提出、許可されており、本市選出の同連合議会議員が1人欠員となります。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 この際、日程に追加し、選第5号、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を直ちに行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程に追加し、選第5号、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を直ちに行うことに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 選第5号 京都府後期高齢者医療広域連合議会議員選挙



○議長(松峯茂君) これより選第5号、京都府後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を行います。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 京都府後期高齢者医療広域連合議会議員に、浅井厚徳議員を指名いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました議員を京都府後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員が京都府後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま京都府後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました浅井厚徳議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 暫時休憩いたします。

     午後8時20分 休憩

     (休憩中に、各常任委員会及び議会運営委員会を開催、正・副委員長の互選等を行う)

     (再開前に、各常任委員会及び議会運営委員会の正・副委員長名を発表)

     午後9時34分 再開



○議長(松峯茂君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第43号



○議長(松峯茂君) 次に日程第3、議案第43号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。久保田市長。



◎市長(久保田勇君) (登壇)ただいま議題となりました議案第43号、固定資産評価員の選任同意を求めるについてにつきましてご説明を申し上げます。

 本議案の固定資産評価員につきましては、地方税法第404条第1項で、市町村長の指揮を受けて固定資産を適正に評価し、かつ、市町村長が行う価格の決定を補助するため、設置をするとされております。今般、4月1日付の人事異動に伴う大石昭二総務部長の任命に伴いまして、地方税法第404条第2項の規定により、同氏を新たに固定資産評価員に選任いたしたく提案をするものでございます。

 よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(松峯茂君) これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 本議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(松峯茂君) これより討論に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて討論を終結いたします。



○議長(松峯茂君) これより議案第43号を採決いたします。

 本議案はこれを同意するにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第43号はこれを同意することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第38号及び議案第39号



○議長(松峯茂君) 次に日程第4、議案第38号及び議案第39号の2議案を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。久保田市長。



◎市長(久保田勇君) (登壇)ただいま議題となりました議案につきまして、それぞれご説明を申し上げます。

 まず、議案第38号、平成21年度宇治市一般会計補正予算(第1号)につきましてご説明を申し上げます。

 補正額は2,184万2,000円で、これによりまして予算総額は565億2,184万2,000円となるものでございます。それでは、補正の主要な事業につきましてご説明を申し上げます。

 まず総務費では、住民訴訟弁護士報酬負担金といたしまして、Bランク弁護士報酬請求事件の判決が確定したことによる経費を計上いたしております。

 商工費では、定額給付金の支給時期に合わせまして、積極的な中小企業の振興と地域経済の活性化を図り、市内の各商店街等が実施する創意工夫あるセールやイベント等への支援を行うため、平成21年度の臨時措置として、中小企業振興対策事業補助金を拡充する経費を追加いたしております。

 また、土木費では、建築指導事務費について長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づき、長期優良住宅の認定に係る経費を追加計上いたしております。

 なお、それぞれの事業費に見合う歳入の補正といたしまして、長期優良住宅の認定に係る手数料を追加計上いたしますほか、なお不足する額につきましては、繰越金を計上いたしております。

 続きまして、議案第39号、平成21年度宇治市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明を申し上げます。

 今回の補正は、平成20年度の決算見込みにおきまして、保険料収入の減少等により収入不足が生じることになりましたので、地方自治法施行令第166条の2の規定により、翌年度歳入をこれに充てるため、繰上充用金の補正を行うものでございます。補正をいたします繰上充用金は4,000万円でございます。

 なお、現在、平成20年度決算に向け出納整理を行っているところでございまして、現時点での決算見込み額をもって予算計上をいたしているところでございます。

 以上、2議案につきまして一括してご説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜り、ご可決をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(松峯茂君) これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 2議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、2議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(松峯茂君) これより討論に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて討論を終結いたします。



○議長(松峯茂君) これより議案第38号及び議案第39号の2議案を一括して採決いたします。

 2議案は、原案のとおり決するにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第38号及び議案第39号の2議案は原案のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第40号及び議案第41号



○議長(松峯茂君) 次に日程第5、議案第40号及び議案第41号の2議案を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。久保田市長。



◎市長(久保田勇君) (登壇)ただいま議題となりました議案につきまして、それぞれご説明を申し上げます。

 まず、議案第40号、宇治市市税条例の一部を改正する条例を制定するについてにつきましてご説明を申し上げます。

 本議案は、地方税法の改正に伴い、所要の改正を行うものであります。

 続きまして、議案第41号、宇治市建築基準法関係事務手数料条例の一部を改正する条例を制定するについてにつきましてご説明を申し上げます。

 本議案は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行に伴い、所要の改正を行うものであります。

 以上、2議案、一括してご説明を申し上げましたが、よろしくご審議を賜り、ご可決をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(松峯茂君) これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 2議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、2議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(松峯茂君) これより討論に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて討論を終結いたします。



○議長(松峯茂君) これより議案第40号及び議案第41号の2議案を一括して採決いたします。

 2議案は、原案のとおり決するにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第40号及び議案第41号の2議案は原案のとおり可決されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第42号



○議長(松峯茂君) 次に日程第6、議案第42号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。久保田市長。



◎市長(久保田勇君) (登壇)ただいま議題となりました議案第42号、専決処分の承認を求めるについてにつきましてご説明を申し上げます。

 本議案は、地方税法等の一部を改正する法律が去る3月31日に公布をされましたことに伴いまして、本市の市税条例につきましても改正する必要が生じたところでございます。

 しかしながら、議会を招集させていただく時間的余裕がなかったことから、やむを得ず平成21年3月31日付をもちまして、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をいたしましたので、これを報告し、承認を求めるため提案をするものでございます。

 よろしくご審議を賜り、ご承認をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(松峯茂君) これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(松峯茂君) お諮りいたします。

 本議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、本議案については委員会付託を省略することに決しました。



○議長(松峯茂君) これより討論に入ります。山崎恭一議員。



◆(山崎恭一君) (登壇)議案第42号、専決処分の承認を求めるについてに対する賛成討論を行います。

 本議案のもとになる国政上の制度は、上場株式等の配当・譲渡益に対する軽減税率の延長です。大資産家優遇との批判もあり、2011年1月1日から10%の軽減税率を本来の税率20%に戻すことになっていたのをさらに3年延長するというものです。

 国税庁の申告所得税標本調査によると、国内の年間所得100億円以上の高額所得者は10人で、これらの人の所得の6分の5が株式の配当譲渡益だと推定されております。試算しますと、1人当たり総額15億4,000万円が減税され、そのうち地方税は3億1,000万円です。大資本家優遇税だと言われるゆえんであり、日本共産党は、国会でこれらを含む地方税法等の一部を改正する法律案に反対いたしました。

 宇治市では、影響額がおおよそ1,500万円程度と推定され、課税標準額が1,000万円を超える税額における住民税分の減税額、すなわち株取引などで1,000万円以上の所得を得た人が、今回の改定で受ける減税額はおおよそ425万円です。その対象となる人数は複数人だそうです。一握りの人々が大きな減税を受けるものです。それ以外に約300人の方々を対象に1,000万円余りが減税になると見られます。

 宇治市における減税の実態は、一部の高額所得者が多くの減税を受けるというものの、国会で指摘をされたほどの極端な例はなく、多くの一般投資家に広く減税されるという面もあり、本議案に賛成するものであります。



○議長(松峯茂君) これにて討論を終結いたします。

 これより議案第42号を採決いたします。

 本議案は、これを承認するにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第42号はこれを承認することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(松峯茂君) 以上をもって、今期臨時議会に付議された事件はすべて議了いたしました。

 これにて本日の会議を閉じ、平成21年5月宇治市議会臨時議会を閉会いたします。

     午後9時48分 閉議・閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                宇治市議会議長   坂下弘親

             (新)宇治市議会議長   松峯 茂

                宇治市議会副議長  川原一行

             (新)宇治市議会副議長  水谷 修

                宇治市議会議員   矢野友次郎

                宇治市議会議員   西川博司