議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 宇治市

平成21年  3月 定例会 02月25日−02号




平成21年  3月 定例会 − 02月25日−02号







平成21年  3月 定例会



(1) 議事日程

             議事日程(第2号)

                         平成21年2月25日

                         午前10時 開議

第1.諸報告

第2.議案第4号 平成21年度宇治市一般会計補正予算

   議案第5号 平成21年度宇治市国民健康保険事業特別会計予算

   議案第6号 平成21年度宇治市老人保健事業特別会計予算

   議案第7号 平成21年度宇治市後期高齢者医療事業特別会計予算

   議案第8号 平成21年度宇治市介護保険事業特別会計予算

   議案第9号 平成21年度宇治市墓地公園事業特別会計予算

   議案第10号 平成21年度宇治市簡易水道事業特別会計予算

   議案第11号 平成21年度宇治市飲料水供給施設事業特別会計予算

   議案第12号 平成21年度宇治市公共下水道事業特別会計予算

   議案第13号 平成21年度宇治市水道事業会計予算

   議案第17号 宇治市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第18号 宇治市手数料条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第19号 宇治市建築基準法関係事務手数料条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第25号 宇治市介護保険条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第26号 宇治市国民健康保険条例の一部を改正する条例を制定するについて

第3.議案第14号 宇治市組織条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第15号 宇治市個人情報保護条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第16号 宇治市総合計画審議会設置条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第20号 宇治市社会福祉事業基金条例の一部を改正する条例を制定するについて

   議案第21号 淀川・木津川水防事務組合規約の変更について

   議案第22号 市道路線の認定について

   議案第23号 市道路線の廃止について

   議案第24号 宇治市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を制定するについて

   議案第27号 黄檗市営住宅建替事業(第3・4期)に伴う建築主体工事の請負契約を締結するについて

第4.請願第21−5号 国民健康保険料の引き上げをしないことを求める請願

(2) 会議に付した事件

   議事日程に同じ。

(3) 出席議員

   議長     坂下弘親君

   副議長    川原一行君

   議員     坂本優子君      中路初音君

          浅井厚徳君      真田敦史君

          平田研一君      石田正博君

          長野恵津子君     青野仁志君

          堀 明人君      帆足慶子君

          山崎恭一君      池内光宏君

          藤田 稔君      田中美貴子君

          松峯 茂君      関谷智子君

          河上悦章君      川越 清君

          向野憲一君      水谷 修君

          浅見健二君      菅野多美子君

          矢野友次郎君     西川博司君

          鈴木章夫君      高橋尚男君

          小山勝利君

(4) 説明のため出席した者

         市長          久保田 勇君

         副市長         川端 修君

         副市長         土屋 炎君

         収入役         小沢章広君

         人事監         平本 恵君

         市長公室長       塚原理俊君

         政策経営監       溝口憲一君

         理事          坪倉 貢君

         総務部長        梅垣 誠君

         市民環境部長      五艘雅孝君

         市民環境部理事     大石昭二君

         市民環境部理事     福田富美男君

         健康福祉部長      田中秀人君

         健康福祉部理事     岡本惠司君

         理事          石井俊光君

         建設部長        三枝政勝君

         都市整備部長      石井章一君

         消防長         倉谷喜治君

         水道事業管理者     桑田静児君

         水道部長        杉村亮一君

         教育長         石田 肇君

         教育部長        栢木利和君

(5) 事務局職員出席者

         局長          兼田伸博

         次長          八木隆明

         主幹          伊藤裕康

         庶務調査係長      相良章子

         議事係主任       角田哲也

(6) 速記者

                     岡野杏奈

     午前10時04分 開議



○議長(坂下弘親君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸報告



○議長(坂下弘親君) 日程第1、諸報告を行います。

 監査委員から報告のありました定期監査結果報告1件、例月出納検査結果報告2件、随時監査結果報告1件及び出資団体監査結果報告1件については、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ごらんおき願います。

 次に、議長において受理いたしました請願は、お手元に配付いたしております請願文書表(第1号)のとおり、所管の常任委員会に付託いたしましたから、ご報告いたしておきます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成21年3月宇治市議会定例会

            請願文書表(第1号)

                         平成21年2月25日

[総務常任委員会]

  請願第21−3号 地元建設業者の健全育成および、雇用促進を求める請願

[市民環境常任委員会]

  請願第21−1号 DV防止対策のより一層の推進を求める請願

[文教福祉常任委員会]

  請願第21−2号 現行保育制度の堅持・拡充と、保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書提出を求める請願

  請願第21−4号 要約筆記奉仕員派遣事業の充実を求める請願

※(請願者の住所及び氏名、請願の要旨、紹介議員の氏名並びに受理年月日は、別添請願書の写しのとおり)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         ┌−−−−−−−−┐

                         |受理第21−3号|

                         └−−−−−−−−┘

               請願書

件名 地元建設業者の健全育成および、雇用促進を求める請願

紹介議員

  水谷 修、向野憲一、帆足慶子、山崎恭一、中路初音、

  坂本優子、池内光宏

     地元建設業者の健全育成および、雇用促進を求める請願

[請願の趣旨]

 建設業者は、わが国の基幹産業として経済活動と雇用機会を確保するために大きな役割を担ってきました。しかし、近年の緊縮財政の下、公共工事の減少等が受注競争を激化し、施工単価や労務費の引き下げにつながり、建設従事者の生活を不安定なものとしています。また過度な競争は、ダンピングを招き、労働条件の悪化や建設技能労働者の減少による公共工事の品質低下が懸念される状況です。

 こうした中、平成13年に「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」が施行され、併せて「地域の雇用と経済を支える優良な中小・中堅建設業者の受注の機会が確保されるように配慮すること」「建設労働者の賃金・労働条件が適切に行われるよう努めること」等の附帯決議が付されました。

 今後、地域の建設産業を健全に発展させ、工事における安全や品質を確保するとともに、地元経済の活性化を図るために、公共工事における新たなルールが必要です。

 よって宇治市議会において、公共工事において地元発注率を高められることを通じて、地元建設業者の仕事確保、建設従事者に適正な賃金・労働条件が確保されますよう、条件整備が図られることを請願するものです。

                 記、

1.宇治市が発注する建設工事において、地元建設業者の仕事確保、市内建設労働者の雇用促進、賃金・労働条件の確保が促進されるルールを確立されること。

 宇治市議会議長 坂下弘親様

                         2009年2月18日

                      全京都建築労働組合宇治支部

                         支部長 杉原信男

                         宇治市宇治下居4−7

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         ┌−−−−−−−−┐

                         |受理第21−1号|

                         └−−−−−−−−┘

               請願書

件名 DV防止対策のより一層の推進を求める請願

紹介議員

  平田研一、帆足慶子、堀 明人、青野仁志、浅見健二、

  藤田 稔、浅井厚徳

          DV防止対策のより一層の推進を求める請願

               請願趣旨

 DV法については、平成13年10月13日に施行されて以降、平成16年12月2日・平成20年1月11日施行と二度の改正がなされてきました。DVが社会問題化する中で、この法と法改正が、DVの被害者及び、その家族、又社会における様々な問題解決に向けて大きく寄与してきたことは、評価をいたしております。

 しかし、今回の法改正における市町村の役割を鑑みた時、努力義務とはいえ、市町村の役割以上に、まだまだ大きく国の施策として、整えなければならない課題が山積しております。

 宇治市におかれましては、引き続き、国・府への要望をお願いいたしますとともに、次期のUjiあさぎりプランに下記項目につきまして、盛り込んでいただきますよう、よろしくお願いいたします。

               請願事項

1.こどもに対する支援体制の充実

    ・学校の転校手続きや学用品の用意等が速やかに、かつ円滑になされ、子どもの教育を受ける権利が侵害されないような施策の充実

2.DV被害者の就労・自立に向けた長期的支援について

    ・生活再建に向けた相談・助言など専門的な支援員の配置

3.シェルターなど、民間施設への運営補助制度の充実

                         平成21年2月16日

宇治市議会議長

  坂下弘親様

                 改正DV防止法を市政の施策に生かす会

                        宇治市広野町宮谷219

                              岡本カヨ子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         ┌−−−−−−−−┐

                         |受理第21−2号|

                         └−−−−−−−−┘

               請願書

件名 現行保育制度の堅持・拡充と、保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書提出を求める請願

紹介議員

  坂本優子、水谷 修、向野憲一、帆足慶子、山崎恭一、

  中路初音、浅見健二、池内光宏

 現行保育制度の堅持・拡充と、保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書提出を求める請願書

               請願趣旨

 国に対して「現行保育制度の堅持・拡充と、保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書」を提出してください。

               理由

 急激な少子化の進行のもとで、次世代育成支援に対する国と自治体の責任はこれまでにも増して大きくなっており、なかでも、保育・学童保育・子育て支援施策の整備・施策の拡充に対する国民の期待が高まっています。2006年以来、第165回国会、第166回国会、第169回国会、第170回国会において「保育・学童保育・子育て支援施策の拡充と予算の大幅増額を求める請願書」が衆参両院で全会派一致で引き続いて採択されていることは、こうした国民の声の反映に他なりません。

 しかし、この間、経済財政諮問会議、地方分権改革推進委員会や規制改革会議などで行なわれている保育制度改革論議は、直接契約・直接補助方式の導入や最低基準の廃止・引き下げなど、保育の責任を後退させる市場原理に基づく改革論であり、国会で採択された請願内容と逆行するものと言わざるを得ません。こうした改革がすすめば、子どもの福祉よりも効率が優先され、過度の競争が強まることになります。保育の地域格差が広がるだけでなく、家庭の経済状況により子どもが受ける保育のレベルにも格差が生じることになるでしょう。

 保育の実施責任を担う市町村が、地域の実情に応じて保育・子育て支援施策拡充のための努力をすることは当然ですが、すべての自治体で旺盛な施策の前進をはかり、国全体として保育の維持向上を実現するためには、国と地方自治体の責任を明記した現行保育制度を基本にしつつ、これを拡充すること、すなわち国家的な基準(最低基準)の底上げと、財政の後押しが必要不可欠です。真に少子化対策をすすめるのであれば、国としてこの分野における予算枠を大幅に改善することが急務といえます。

 つきましては、貴議会より、国に対して、「現行保育制度の堅持・拡充と、保育・学童保育・子育て支援予算の大幅増額を求める意見書」を採択していただけるよう請願いたします。

2009年2月16日

宇治市議会

議長 坂下弘親様

                          宇治保育運動連絡会

                           会長 山本いつみ

            宇治市宇治琵琶45−2 宇治市職員労働組合気付

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         ┌−−−−−−−−┐

                         |受理第21−4号|

                         └−−−−−−−−┘

               請願書

件名 要約筆記奉仕員派遣事業の充実を求める請願

紹介議員

  松峯 茂、帆足慶子、平田研一、堀 明人、青野仁志、

  浅見健二、藤田 稔、浅井厚徳

 私たち難聴・中途失聴者が社会参加する際に一番困ることは、話の内容を聞き取れないことです。そのため、私たちは社会や家族からも孤立しがちです。私たちが安心して暮らしていくためには、要約筆記によるコミュニケーション支援が必要です。

 現在、宇治市では要約筆記奉仕員派遣事業実施要綱(昭和62年4月1日施行)により、要約筆記奉仕員を派遣していただいていますが、原則団体派遣しか認められていないため、個人派遣を必要とするときは、障害福祉課の窓口へ行き事情を説明し、市の判断を待たないといけません。

 つきましては、下記の場合はいつでも個人派遣が受けられるように要綱を改正し、要約筆記奉仕員派遣事業の充実を図ってください。

                 記

 1 医療機関の受診、相談

 2 官公庁、学校その他公的機関において行う手続き、相談または事業に参加する場合

 3 就職面接、労働条件その他就労に関する活動を行う場合

 4 会議、研修、会議等に参加する場合

 5 冠婚葬祭、自治会活動など、家庭生活又は地域活動を行う場合

                         平成21年2月20日

 宇治市議会議長 坂下弘親様

                    請願者 氏名 宇治市難聴者協会

                            会長 西村篤子

                  連絡先 宇治市木幡南山4番地の25

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第4号から議案第13号まで、議案第17号から議案第19号まで、議案第25号及び議案第26号



○議長(坂下弘親君) 次に日程第2、議案第4号から議案第13号まで、議案第17号から議案第19号まで、議案第25号及び議案第26号、以上15議案を一括して議題といたします。

 これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。



○議長(坂下弘親君) お諮りいたします。

 15議案については、17人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、15議案については、17人の委員をもって構成する予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。

 ただいま設置されました予算特別委員会の委員については、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において、川原一行議員、水谷修議員、向野憲一議員、山崎恭一議員、松峯茂議員、田中美貴子議員、平田研一議員、真田敦史議員、小山勝利議員、高橋尚男議員、川越清議員、鈴木章夫議員、関谷智子議員、青野仁志議員、池内光宏議員、藤田稔議員及び浅井厚徳議員、以上17人の議員を指名いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました17人の議員を予算特別委員に選任することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第14号から議案第16号まで、議案第20号から議案第24号まで、及び議案第27号



○議長(坂下弘親君) 次に日程第3、議案第14号から議案第16号まで、議案第20号から議案第24号まで、及び議案第27号、以上9議案を一括して議題といたします。

 これより質疑に入ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第14号から議案第16号まで、議案第20号から議案第24号まで、及び議案第27号、以上9議案は、お手元に配付いたしております議案付託表(第1号)のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成21年3月宇治市議会定例会

            議案付託表(第1号)

                         平成21年2月25日

[総務常任委員会]

  議案第14号 宇治市組織条例の一部を改正する条例を制定するについて

  議案第15号 宇治市個人情報保護条例の一部を改正する条例を制定するについて

  議案第16号 宇治市総合計画審議会設置条例の一部を改正する条例を制定するについて

  議案第21号 淀川・木津川水防事務組合規約の変更について

[建設水道常任委員会]

  議案第22号 市道路線の認定について

  議案第23号 市道路線の廃止について

  議案第27号 黄檗市営住宅建替事業(第3・4期)に伴う建築主体工事の請負契約を締結するについて

[文教福祉常任委員会]

  議案第20号 宇治市社会福祉事業基金条例の一部を改正する条例を制定するついて

  議案第24号 宇治市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を制定するについて

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 請願第21−5号



○議長(坂下弘親君) 次に日程第4、請願第21−5号を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本請願は、お手元に配付いたしております請願文書表(第2号)にとおり、予算特別委員会に付託の上、審査いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、請願第21−5号は予算特別委員会に付託の上、審査することに決しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成21年3月宇治市議会定例会

            請願文書表(第2号)

                         平成21年2月25日

[予算特別委員会]

  請願第21−5号 国民健康保険料の引き上げをしないことを求める請願

※(請願者の住所及び氏名、請願の要旨、紹介議員の氏名並びに受理年月日は、別添請願書の写しのとおり)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         ┌−−−−−−−−┐

                         |受理第21−5号|

                         └−−−−−−−−┘

               請願書

件名 国民健康保険料の引き上げをしないことを求める請願

紹介議員

  坂本優子、水谷 修、向野憲一、帆足慶子、山崎恭一、

  中路初音、浅見健二、池内光宏

     国民健康保険料の引き上げをしないことを求める請願

請願主旨

 2月2日、宇治市の国民健康保険運営協議会から出された答申では、21年度の国民健康保険料は現行より、1.医療分と後期高齢者支援金分保険料3.99%アップ、2.介護保険第2号被保険者の介護納付金分保険料が5.42%アップなど、さらなる国保加入者負担増の内容となっています。

 米国のサブプライムローンに端を発した世界恐慌の嵐を受けて、我が国も100年に一度という大不況の中、職と住居を失った労働者が街にあふれる異常な事態となっています。不景気の長期化と、それに伴って今後とも離職者が増えることは容易に想像できます。とりわけ、年金生活者・中小業者・自営業者など低所得者が大半を占める国民健康保険加入者にとって、今日の不況の影響ははかりしれません。国民健康保険は加入者にとって、生活の基盤、命のよりどころです。保険料が上がれば、さらに滞納者が増え、この生活の基盤を崩してしまうことになります。このような時こそ住民の命とくらしを守る施策を優先することに最大の努力を払うのが自治体の仕事ではないでしょうか。

 一般財源からの繰入金の増額を行い、これ以上国保料を引き上げないよう強くお願いいたします。

請願項目

1 国民健康保険料を引き上げないでください。

2009年2月20日

宇治市議会

議長 坂下弘親様

            医療と国保をよくする宇治の会

             会長 平本克行

              宇治市宇治壱番120−1 宇治民主商工会内

            (参加団体)

             宇治民主商工会会長       村田敏幸

             全日本年金者組合宇治支部支部長 山崎 彰

             やましろ健康医療生協組合理事長 佐藤京子

             宇治生活と健康を守る会事務局長 江守順子

             新日本婦人の会宇治支部支部長  下島敬子

             宇治の高齢者福祉を進める会代表 平田信夫

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(坂下弘親君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 次回は3月2日午前10時より会議を開きますので、ご参集願います。

     午前10時08分 散会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                宇治市議会議長   坂下弘親

                宇治市議会副議長  川原一行

                宇治市議会議員   浅見健二

                宇治市議会議員   菅野多美子