議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 舞鶴市

平成24年 12月 予算決算委員会建設分科会 12月17日−01号




平成24年 12月 予算決算委員会建設分科会 − 12月17日−01号









平成24年 12月 予算決算委員会建設分科会



            予算決算委員会建設分科会会議記録

1 日時    平成24年12月17日(月)

         午前10時30分 開会

         午前10時40分 閉会 (10分)

2 場所    議員協議会室

3 出席委員  尾関善之議長     上羽和幸副議長(委員)

        岸田圭一郎委員長   亀井敏郎副委員長

        梅原正昭委員     谷川眞司委員

        松宮洋一委員     米田利平委員

4 欠席委員  なし

5 出席理事者 副市長       馬場俊一  指導検査室長    上羽一男

        指導検査課長    中西 滋  企画管理部長    堤  茂

        危機管理・防災課長 今儀浩一  企画室長      入江秀人

        企画政策課長    西嶋久勝  総務部長      瀬野淳郎

        総務部次長     竹内 修  総務部次長     小谷眞知子

        管財契約課長    阿部国生  管財契約課主幹   山下圭一

        市民環境部長    参島 肇  人権啓発推進室長  上羽 仁

        啓発推進課長    小宮山昇二 みなと振興・国際交流課長

                                  新宮敦雄

        みなと振興・国際交流課主幹   建設部長      田渕良典

                  有吉央顕

        建設部次長     栢分 章  建設総務課主幹   松本依子

        建設総務課主幹   道林博司  建設部次長     小島善明

        国・府事業推進課主幹      都市計画課長    矢谷明也

                  田中 洋

        都市計画課主幹   河岸 明  建設部次長     飯尾雅信

        土木課主幹     竹内章二  土木課主幹     大草 修

        建築住宅課長    千原明彦  建設住宅課主幹   藤崎浩志

        下水道部長     矢野隆一  下水道部次長    田端一男

        下水道総務課主幹  井田和志  下水道部次長    小酒 学

        下水道建設課主幹  新谷哲也  東浄化センター所長 澤田正裕

        下水道部次長    岡野利明  会計管理者     日置 正

        消防本部予防課長  堀田一典  水道部長      西村元宏

        水道部次長     今安一夫  業務課主幹     本合秀行

        水道部次長     伊藤 茂  水道建設課主幹   飯田則治

        水道建設課主幹   大岡正之  浄水課長      松本泰典

        監査事務局長    中川敦夫  監査事務局主幹   糸井宏暢

6 委員外議員 桐野正明議員  後野和史議員  田村優樹議員

        松岡茂長議員  水嶋一明議員

7 傍聴者   記者(1人)、一般傍聴者(なし)

8 事務局職員 事務局長      竹原和男  事務局総務課長   藤澤 努

        事務局議事係長   川崎弘史  事務局庶務係長   澤田浩章

9 付議事件  (1) 第84号議案 平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)

        (2) 第86号議案 平成24年度舞鶴市下水道事業会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△午前10時30分 開会



○委員長(岸田圭一郎) それでは、引き続き予算決算委員会建設分科会を開会いたします。

 本分科会に送付されました案件は、議案2件であります。議事の運営についてご協力をお願いいたします。

 この際、議長からご発言をお願いいたします。



◆議長(尾関善之) 引き続きご苦労さまでございます。

 予算決算委員会建設分科会では、平成24年度舞鶴市一般会計補正予算の所管事項、平成24年度舞鶴市下水道事業会計補正予算、この議案2件について質疑を行っていただくことになっております。どうぞよろしくお願いいたします。

 以上です。



○委員長(岸田圭一郎) ありがとうございました。

 それでは、審査の順序につきましては、お手元に配付しております審査順序一覧表のとおり、まず一般会計補正予算に係る第84号議案、平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)の所管事項、次に、第86号議案、平成24年度舞鶴市下水道事業会計補正予算(第1号)の順序で審査をお願いしたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(1)第84号議案 平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)



○委員長(岸田圭一郎) それでは、審査に入ります。

 はじめに、第84号議案、平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 なお、本委員会の所管事項は、第1条歳入歳出予算の補正、歳入15款と22款1項8目2節、歳出8款(6項1目を除く)と11款2項、第2条繰越明許費、8款と11款2項、第4条地方債補正(公共土木施設災害復旧費)であります。

 これより質疑に入ります。質疑につきましては、一括して行います。質疑はありませんか。

 米田委員。



◆(米田利平委員) 繰越明許で、8款の土木費、3項の河川費ということで1,700万円上がっておりますけれども、この場所と、それと繰り越ししておる理由等、分かりましたらお願いいたします。



○委員長(岸田圭一郎) 竹内土木課主幹、お願いします。



◎土木課主幹(竹内章二) 繰り越しております河川費につきましては、静渓川の河川の改修工事のほうを繰り越しさせていただいております。現在、工事のほうを進めるに当たりまして、実施に当たりまして、土質のほうが予想以上にちょっと悪かったということで、工法も併せまして、再度、調査をしている段階でございまして、工事のほうが遅れておる状況になっております。

 以上でございます。



○委員長(岸田圭一郎) ほかに質疑はありませんか。

     (発言する者なし)



○委員長(岸田圭一郎) なければ、これをもって質疑を終結いたします。

 それでは、ただいまの第84号議案の所管事項につきまして、賛否などの意見があればご発言をお願いいたします。

     (発言する者なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(2)第86号議案 平成24年度舞鶴市下水道事業会計補正予算(第1号)



○委員長(岸田圭一郎) なければ、次に、第86号議案 平成24年度舞鶴市下水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

 上羽委員。



◆(上羽和幸委員) これも繰越明許費なんですが、今回、4億2,000万円の繰越明許がございまして、議案説明でもありましたが、管布設工事、当初予算でも13億5,000万円程度のうち4億円の繰り越しが決まってしまうというのは、これ、どうなんですかね、どういう、具体的な内容でこうなっていくのか。昨年を見ても繰越額は6億3,000万円ほどありますから、毎年、繰り越しが多くされているようなんですが、その実情というのをちょっと教えていただけますか。



○委員長(岸田圭一郎) 新谷下水道建設課主幹、お願いします。



◎下水道建設課主幹(新谷哲也) お尋ねにお答えいたします。

 下水道事業の進め方に特徴がございまして、まず下流域から順番にやってまいります。そのため、需要につきましては、その下流の状況を踏まえて、設計なり施工をいたしております。そういった中、例えば道路占用、河川占用なんかも発生してまいりまして、そういった協議につきまして、下流域ができないと条件が整わないというようなこともございますことから、そういった手続きに所要の時間を要しているということでございます。金額についても、仰せのとおり、大体、同年度程度の額を見込んでおります。申し上げましたとおり、そういった状況から生じてきているという状況でございます。



○委員長(岸田圭一郎) 上羽委員。



◆(上羽和幸委員) 事情は多少理解ができたんですけれども、予算という流れの中では、これだけ毎回毎回予算の中で繰り越しをされていくのはいかがなものかと思うんですが、予算の組み方について、もうちょっと繰り越しをしないで良い組み方というのはないわけなんですか。



○委員長(岸田圭一郎) 小酒下水道部次長、お願いします。



◎下水道部次長(小酒学) ただいまのご質問にお答えいたします。

 下水道事業は、長きにわたりまして、市民の皆さんの強いご要望にお応えするために、平成27年度の供用開始、全市水洗化を一応目指しまして、事業を推進してまいりました。

 そんな中で、一定、管渠費というものはしっかり要望をいたしまして、それに向けて実施しておるわけですが、やはりいろんな課題等がございまして、先送りせざるを得ない部分がございますが、そこで管渠費を落とすということになりますと、やはり事業費が落ち込むと進捗も進まないということで、また予算もそれからもつかないということで、27年度を目途に進めてきた関係で、一定、管渠費は要望してまいり、同年度程度の繰り越しが生じておるわけですけれども、繰り越しが出ないような工夫はしておるわけですけれども、末端部等に整備区域が移りまして、なかなか市内全域で工事を進めることができませんので、やはり1か所が終われば次という形で、やる箇所数が減ってきたということもございまして、しかしながら、待っておる皆さんの要望にはお応えしたいということで、一生懸命頑張っておるところでございますので、ご理解を賜りたいというふうに思います。



○委員長(岸田圭一郎) 上羽委員。



◆(上羽和幸委員) 下水道整備については、ご努力いただいているということと、今後もしっかり取り組みをお願いしたいということは当然でありますので、ただ課題としてお聞きしただけのことですから、またよろしくお願いいたします。



○委員長(岸田圭一郎) ほかに質疑はありませんか。

     (発言する者なし)



○委員長(岸田圭一郎) なければ、これをもって質疑を終結いたします。

 それでは、ただいまの第86号議案につきまして、賛否などの意見があればご発言をお願いいたします。

     (発言する者なし)



○委員長(岸田圭一郎) なければ、以上で本分科会に送付されました議案に対する質疑は終了いたします。

 なお、予算決算委員会における分科会委員長報告につきましては、委員長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○委員長(岸田圭一郎) 異議なしと認め、そのようにさせていただきます。

 それでは、以上をもちまして、予算決算委員会建設分科会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。



△午前10時40分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 舞鶴市議会委員会条例第30条第1項の規定により、ここに署名する。

                     予算決算委員会建設分科会

                        委員長  岸田圭一郎