議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 舞鶴市

平成24年 12月 予算決算委員会経済消防分科会 12月14日−01号




平成24年 12月 予算決算委員会経済消防分科会 − 12月14日−01号









平成24年 12月 予算決算委員会経済消防分科会



            予算決算委員会経済消防分科会会議記録

1 日時    平成24年12月14日(金)

         午後2時16分 開会

         午後2時25分 閉会 (9分)

2 場所    議員協議会室

3 出席委員  尾関善之議長

        山本治兵衛委員長   松田弘幸副委員長

        伊田悦子委員     上野修身委員

        高田堅一委員     松岡茂長委員

        和佐谷 寛委員

4 欠席委員  なし

5 出席理事者 副市長       馬場俊一  危機管理部長    堤  茂

        総務部長      瀬野淳郎  総務部次長     竹内 修

        総務部次長     小谷眞知子 市民環境部長    参島 肇

        保健福祉部長    坪内幸久  産業振興部長    山崎仁士

        観光まちづくり室長 砂原由明  観光商業課長    櫻井晃人

        文化振興課長    石原雅章  文化振興課主幹   山下美晴

        産業振興・雇用対策課長     みなと振興・国際交流課長

                  岡野昌和            新宮敦雄

        みなと振興・国際交流課主幹   産業振興部次長   福田豊明

                  有吉央顕

        農林課主幹     井本正樹  農林課主幹     戸田篤志

        水産課長      山口泰司  水産課主幹     大機淳一

        建設部長      田渕良典  会計管理者     日置 正

        消防長       竹内謙一  消防次長      岡山 正

        消防本部総務課長  岩田清明  消防本部総務課主幹 山口裕司

        消防本部予防課長  堀田一典  消防本部警防課長  森川芳博

        消防本部救急救助団長      消防本部通信指令課長

                  竹内義和            羽賀田 淳

        監査事務局長    中川敦夫  監査事務局主幹   糸井宏暢

6 委員外議員 桐野正明議員  高橋秀策議員  林 三弘議員

        米田利平議員

7 傍聴者   記者(なし)、一般傍聴者(なし)

8 事務局職員 事務局長      竹原和男  事務局総務課長   藤澤 努

        事務局調査係長   石本勝則  事務局議事係主査  樋口佐由理

9 付議事件  (1) 第84号議案 平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△午後2時16分 開会



○委員長(山本治兵衛) それでは、引き続き予算決算委員会経済消防分科会を開会いたします。

 予算決算委員会から本分科会に送付されました第84号議案の所管事項につきまして質疑をお願いしたいと存じますので、議事の運営についてご協力のほどよろしくお願いいたします。

 この際、議長からご発言をお願いいたします。



◆議長(尾関善之) それでは、午前中に引き続きまして大変ご苦労さまでございます。

 どうぞ慎重な審査をよろしくお願いをいたします。



○委員長(山本治兵衛) ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(1)第84号議案 平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)



○委員長(山本治兵衛) 本分科会に送付されました議案は、お手元に配付してあります審査順序一覧表のとおり、第84号議案、平成24年度舞鶴市一般会計補正予算(第5号)所管事項の1件であります。

 本分科会の所管を申し上げますと、第1条歳入、16款府支出金、議案書18ページ、19ページ、22款市債のうち農林水産施設災害復旧債及び商工債、22ページ、23ページ、歳出、2款総務費、1項4目文化振興費、26ページ、27ページ、6款農林水産業費、50ページから55ページ、7款商工費、56ページから57ページ、9款消防費、66ページから67ページ、11款災害復旧費、1項農林水産施設災害復旧費、76ページから77ページ、そして第2条、繰越明許費のうち11款災害復旧費、1項農林水産施設災害復旧費、そして第4条、地方債補正のうち農林水産施設災害復旧費、中心市街地立体駐車場及びコミュニティ施設取得事業費であります。

 質疑は一括して行いたいと存じますので、該当するページをお示しいただいてご発言をお願いしたいと思います。

 質疑はありませんか。

 伊田委員。



◆(伊田悦子委員) 農林水産業費の51ページ、主な事務事業調べ、ナンバー2なんですけれども、この農業者戸別所得補償制度推進事業、これ市内の3組織ということになっているんですが、一体どこなのでしょうか。その地域と補助の内容を教えてください。



○委員長(山本治兵衛) 井本農林課主幹。



◎農林課主幹(井本正樹) 伊田委員の質問にお答えいたします。

 3組織につきましては、1つは与保呂三字営農組合、みあざというのは三字ということで与保呂、常、木ノ下の三字でございます。それからもう一つが、平機械組合、それから池内作業受託組合ということで、それぞれほとんどの営農の関係は、水稲の作業受託が中心でございます。大体それぞれ春、秋7ヘクタールとか8ヘクタールくらいの作業受託を行っている団体でございます。

 補助の内容といたしましては、1法人当たり定額40万円ということになっておりまして、これは国の制度で定額ということでございまして、法人化に当たりましては、法人の大小問わず大体40万円かかるということが国の試算でされておりまして、従いまして40万円ということでございます。市内の法人化の予定の団体に聞きましても30数万円要るというようなことでお聞きしております。

 以上でございます。



○委員長(山本治兵衛) 伊田委員。



◆(伊田悦子委員) それでちょっと教えてほしいんですけれども、市内には法人化されたところというのはあるんでしょうか。また、今後予定があるのか。



○委員長(山本治兵衛) 井本農林課主幹。



◎農林課主幹(井本正樹) 市内には農事組合法人といいますのは4法人ございますが、またこういう集落営農型の法人というのはございません。ちなみに4法人といいますのは農事組合法人でございまして、多祢寺高原牧場、山本産業、三和鶏園、それからアグリイベリスという4法人ございます。

 それから今後の予定でございますが、また規模の大きい営農を行っている集落営農ございますので、そういったところにつきましては、法人化のお話がありましたら協力あるいは推進をしていきたいと考えております。何カ所かはあり得ると思います。まだ正式にはお話は聞いておりません。

 以上でございます。



○委員長(山本治兵衛) ほかに質疑はありませんか。

 松岡委員。



◆(松岡茂長委員) それでは、主な事務事業調べのナンバー3ですけれども、マイコムの鑑定評価額6,217万4,000円が適正かどうかなんですけれども、鑑定評価というのはどのようになされたのか、以前に説明があったかもしれませんが、もう一回聞かせていただけますか。



○委員長(山本治兵衛) 砂原観光まちづくり室長。



◎観光まちづくり室長(砂原由明) 今、鑑定評価のことでございますが、これは昨年末にこのような法的手法に委ねるということをお聞きしまして、市のほうもそうなれば、当然破産とか含めて考えていかなければならないというふうな事態が想定されますことから、資産の管理上、鑑定評価を取得しました。それは24年1月1日時点の鑑定評価をまず取得しております。

 鑑定評価につきましては、当然鑑定評価基準に基づきまして積算価格収益還元法に基づく収益価格を比較考慮して出されたものでございます。それを今回の特定調停によりまして、裁判所のほうが採用資料、そして価格形成要因の判断、そして手法の適用等、妥当だということで判断されて今回採用になったものでございます。

 以上です。



○委員長(山本治兵衛) 松岡委員。



◆(松岡茂長委員) 同じくナンバー3のところに、その鑑定評価額の下に建物価格と借地権価格というのがあります。借地権価格というのは、これは東商連の借地権だと思いますが、それでよろしいでしょうか。



○委員長(山本治兵衛) 砂原観光まちづくり室長。



◎観光まちづくり室長(砂原由明) これは、建物所有を目的とした土地賃貸借契約を設定したことによって借地権が発生するということになります。借地権の設定者は市、借地権者は東商連ということになります。



○委員長(山本治兵衛) ほかに質疑はありませんか。

     (発言する者なし)



○委員長(山本治兵衛) ほかに質疑がなければ、これをもって質疑を終結いたします。

 それでは最後に、ただいまの第84号議案の所管事項につきまして、賛否などの意見があればご発言をお願いいたします。

     (発言する者なし)



○委員長(山本治兵衛) なければ、以上で本分科会に送付された議案に対する質疑は終了いたしました。

 なお、予算決算委員会における分科会委員長報告につきましては、委員長に一任願いたいと思いますが、ご異議はありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○委員長(山本治兵衛) ご異議なしと認め、そのようにさせていただきます。

 それでは、以上をもちまして予算決算委員会経済消防委員会分科会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。



△午後2時25分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 舞鶴市議会委員会条例第30条第1項の規定により、ここに署名する。

                     予算決算委員会経済消防分科会

                        委員長  山本治兵衛