議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成21年第5回臨時会(第1号 7月13日)




平成21年第5回臨時会(第1号 7月13日)





           平成21年第5回福知山市議会臨時会会議録(1)








               平成21年7月13日(月曜日)


                 午前10時00分 開会





 
〇出席議員(32名)


      1番  福 島 慶 太       2番  大 谷 洋 介


      3番  池 田 雅 志       4番  加 藤 弘 道


      5番  奥 藤   晃       6番  細 見 秀 樹


      7番  吉 見 光 則       8番  大 西 敏 博


      9番  審 良 和 夫      10番  今 次 淳 一


     11番  稲 垣 司 郎      12番  松 本 良 彦


     13番  武 田 義 久      14番  野 田 勝 康


     15番  谷 口   守      16番  高 宮 辰 郎


     17番  塩 見 卯太郎      18番  吉 見 純 男


     19番  中 島 英 俊      20番  木 戸 正 隆


     21番  杉 山 金 三      22番  井 上 重 典


     23番  永 田 時 夫      24番  塩 見   仁


     25番  芦 田   廣      26番  竹 下 一 正


     27番  芦 田 弘 夫      28番  荒 川 浩 司


     29番  高 宮 泰 一      30番  足 立   進


     31番  仲 林 清 貴      32番  和 田   久





〇欠席議員


         な   し





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長       松 山 正 治    副市長       芦 田   昭


  副市長      小 西 健 司    企画政策部長    駿 河 禎 克


  総務部長     藤 田 清 治    財務部長      磯 崎 弘 規


  福祉保健部長   吉 田 厚 彦    健康推進室長    谷 垣 英美子


  市民人権環境部長 廣 田 房 代    環境政策室長    加 藤 裕 通


  人権推進室長   田 中 法 男    農林商工部長    衣 川 政 明


  土木建設部長   足 垣 克 己    下水道部長     和 久 秀 輝


  会計管理者    古 口 博 之    消防長       土 家   潔


  財政課長     長 坂   勉    ガス水道事業管理者 岩 城 一 洋


  ガス水道部長   足 立 喜久夫    病院事業管理者   香 川 惠 造


  市民病院事務部長 森 下 恒 年    教育委員長     上 山 英 子


  教育長      荒 木 徳 尚    教育部長      芦 田 豊 文


  教育委員会理事  塩 見 芳 彦    選挙管理委員長   土 田   實


  監査委員     芦 田 芳 樹    監査委員事務局長  村 上 政 彦





〇議会事務局職員出席者


  局長       熊 谷 正 章    次長        辻 本   勝





〇議事日程 第1号 平成21年7月13日(月曜日)午前10時開議


  第 1  会期の決定について


  第 2  議第19号 平成21年度福知山市一般会計補正予算(第4号)


       議第20号 平成21年度福知山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


                  (提案理由の説明)





◎午前10時00分  開会





○(松本良彦議長)  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから平成21年第5回福知山市議会臨時会を開催し、これより本日の会議を開きます。


 本日、市長から、議第19号、平成21年度福知山市一般会計補正予算(第4号)ほか1件の議事事件の送付がありました。


 次に、監査委員から、例月出納検査結果報告がまいっております。その写しについては既に配付いたしておりますので、ご承知おき願います。


 次に、議事説明員の一部変更がございました。印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、お目通しおき願います。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、それにてご了承願います。


 次に、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第128条の規定により、26番、竹下一正議員、27番、芦田弘夫議員、以上の両議員にお願いいたします。





◎日程第1  会期の決定について





○(松本良彦議長)  それでは、日程第1に入ります。


 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日から来る7月17日までの5日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(松本良彦議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日から5日間と決定いたしました。





◎日程第2  議第19号及び議第20号





○(松本良彦議長)  次に、日程第2に入ります。


 お手元に届いております議案書の議第19号、平成21年度福知山市一般会計補正予算(第4号)及び議第20号、平成21年度福知山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を一括議題とし、これより提案理由の説明を求めます。


 市長。


○(松山正治市長)  (登壇)  皆さん、おはようございます。


 それでは、提案理由を説明させていただきたいと思います。


 ただいま上程されました2議案につきまして、提案理由の説明を申し上げたいと思います。


 景気は最悪の時期を脱したとの声も一部には聞かれるところでありますけれども、多くの企業は依然として厳しい状況にあります。


 福知山市におきましても、先日発表されました本年5月の福知山公共職業安定所管内の有効求人倍率は0.37倍であり、これは前年比較では0.02ポイント低下、さらに前年同月比較では0.53ポイントもの大幅な低下となっているなど、雇用情勢は依然として厳しいものとなっております。


 私はこのような厳しい経済、雇用情勢を踏まえ、一日でも早くこのような状態から脱却し、市民生活を守るべく、国の経済危機対策の財源を最大限有効に活用して、迅速に対応することが必要と判断したため、今回、臨時議会を招集させていただき、一般会計、特別会計合わせて総額14億6,670万6,000円の補正をお願いするものであります。


 今回の予算編成に当たっては、現下の厳しい経済、雇用状況を踏まえ、このような需要を生み出す事業を計上すること、未来への投資という観点から、将来の人材育成などに役立つ事業を計上すること、さらに安全・安心確保など必要な施策を前倒しし、実施することを基本的な考えとして、大きく三つの柱で補正予算を編成したところであります。


 一つ目は、がんばる人、生活応援であり、離職された方や地元企業、商店街などを支援するため、1億4,600万円余を計上しております。


 二つ目の柱は、未来の創造性あふれる福知山の実現であり、将来を担う人材育成と環境整備を行うため、6億2,700万円余を計上しております。


 三つ目の柱は、安全・安心なまちづくりの推進であり、安全・安心な環境や生活インフラの整備を行うため、6億9,200万円余を計上しております。


 まず一つ目の柱、がんばる人、生活応援についてであります。


 雇用対策として、急激な経済不況による雇用情勢の悪化により、再就職が困難となっている情勢の中、再就職に向けて資格取得等を行い、スキルアップして、そういうスキルアップしようとする求人者を応援するため、入学料及び受講料の助成を行う経費の補正をお願いするほか、雇用を創出するためのスクール・アシスタント配置事業を初めとする14の事業について、京都府の緊急雇用対策基金の財源を活用して緊急雇用創出事業を実施しようとするもので、これにより、新たに66人の雇用を創出するものであります。


 また、商工業支援として、現在実施している小規模企業融資制度、緊急経営支援を現下の経済状況に鑑み、小規模企業の金利負担を引き続き軽減するため、その期間を平成22年3月31日まで延長する経費をお願いするほか、商店街の活性化を図るため、空き店舗対策や商店街などの振興事業に助成するとともに、市内観光者やイベント参加者の利便性向上を図るため、新町文化センターのトイレを改修する経費などについてお願いするものであります。


 また、農林業支援として営農の継続性を図り、耕作放棄地の発生を未然に防ぐなどのため、農業用水利施設等の更新整備や補修を行う経費をお願いするほか、米粉用米普及促進事業、土づくりの対策事業、さらに有害鳥獣対策として計画捕獲推進の経費をお願いするとともに、優良材生産及び健全な森林造成を図るため、間伐対策事業の経費について補正をお願いするものであります。


 さらに、生活支援として、定額給付金や子育て応援特別手当を受け取ることのできなかったドメスティック・バイオレンス被害者を支援するため、その相当額の給付を行うとともに、保護者の負担を軽減するため、今回のインフルエンザの発生により修学旅行をキャンセルした経費についてお願いするほか、市営住宅設備改善事業にかかわる経費について補正をお願いするものでございます。


 次に、二つ目の柱の未来の創造性あふれる福知山の実現についてであります。


 未来の夢支援として、本市出身のノーベル賞受賞者であり、名誉市民である下村脩さんを本市にお迎えして、市民上げての功績をたたえるとともに、子どもたちや一般の市民の方が第一級の研究に触れ、夢と希望、科学と未来を考える機会を創出するとともに、三段池公園児童科学館内に下村脩さんを紹介するコーナーを設置する経費をお願いしております。


 次に、学校教育支援としては、スクール・ニューディール構想に基づき、情報環境学習の充実を図るため、小学校、中学校、幼稚園のICT環境整備を行うとともに、理科教育の充実を図るため、小学校、中学校の理科教育等設備整備の充足を図る経費をお願いするほか、幼稚園施設の環境整備についてもお願いいたしております。


 また、生活保護制度において、学習支援費の給付創設にかかわる経費についてもお願いしており、さらに夜久野中学校の体育館の天井を改修する経費について補正をお願いいたしております。


 次に、子育て支援としては、良好な保育環境を提供するため、廃園となった川口幼稚園を利用して増改築する、上川口保育園の建設事業費をお願いするほか、平成21年10月1日を支給基準日として、小学校就学前3年間の子を対象として、第一子まで拡大して応援特別手当を支給する経費や、大江統合保育園通園バス整備に関する経費についてお願いするものであります。


 さらに、子宮頚がん、乳がんの女性特有のがん検診について、受診促進を図ることとして補正をお願いしております。


 さらに、環境対策として、低公害車の導入にかかわる経費や環境パーク消火設備機能強化にかかわる経費について補正をお願いするものでございます。


 次に、三つ目の柱、安全・安心なまちづくりの推進についてでありますが、安全・安心対策として、災害時拠点施設となる市庁舎等を初め、広域避難所としている地域公民館などを対象として、耐震診断調査を行うとともに、広域避難所の防災倉庫に被害時の資機材整備を行う経費についてお願いするほか、消防水利の整備として耐震性貯水槽の新設を、さらに消防ポンプ自動車、高規格救急車の更新を行う経費の補正をお願いするものであります。


 次に、生活インフラ対策として、道路舗装改良事業を初め、長田野工業団地内の市道の街路剪定や携帯電話不感地域解消のため、基地局等の整備を行う経費についてお願いするほか、市バス更新にかかわる経費について補正をお願いするものでございます。


 また、下水道関係では、厚中地区浸水対策事業を初め、終末処理場処理施設の改善、かしの木台ポンプ場自動除じん機更新や、マンホールポンプ操作盤の更新経費について補正をお願いするものでございます。


 以上により、一般会計につきましては、総額10億3,967万4,000円の補正を、下水道事業特別会計につきましては、総額4億2,703万2,000円の補正をお願いするものであります。


 以上、提案理由の概要について申し述べましたが、細部につきましては、財務部長が説明いたしますので、慎重にご審議をいただきまして、速やかにご賛同賜りますことを切にお願いいたしまして、提案説明を終わらせていただきます。


○(松本良彦議長)  財務部長。


○(磯崎弘規財務部長)  (登壇)  失礼いたします。


 ただいま上程されました2議案につきまして、細部の説明を申し上げます。


 議第19号及び議第20号は、いずれも予算にかかる議案でございまして、厳しい経済、雇用情勢に迅速に対応するため、国の経済危機対策の財源を最大限有効に活用して、今回補正をお願いするものでございます。


 今回の予算編成の基本的な考え方や三つの柱につきましては、ただいま市長から説明をさせていただきましたので、私の方からは個々の事業の中身につきまして、順にご説明を申し上げます。


 まず、議第19号、平成21年度福知山市一般会計補正予算(第4号)でございますが、恐れ入りますが、お手元に配付をいたしております事項別明細書の5ページをお願いいたします。


 歳出でございます。


 まず、総務費の財産管理費3,000万円の補正についてでありますが、一つ目は、市庁舎等耐震診断調査事業として1,500万円をお願いするものでございまして、災害時の拠点施設としての機能を確保するため、市役所本庁舎及び市民会館の耐震診断調査を実施するものでございます。


 二つ目は、低公害車導入事業として1,500万円をお願いするものでございまして、地球温暖化対策のため、老朽化した公用車をハイブリッド車4台、天然ガス車1台に更新するものでございます。


 次に、文化振興費1,000万円の補正についてでありますが、新町文化センタートイレ改修事業として1,000万円をお願いするものでございまして、新町商店街や広小路商店街に近接しております新町文化センターのトイレを改修し、市内観光者やイベント参加者の利便性を向上させようとするものでございます。


 次に、交通対策費500万円の補正についてでありますが、市バス購入事業として500万円をお願いするものでございまして、三和地域内を運行する老朽化した市バスを更新しようものでございます。


 次に、地域情報化推進費2,585万円の補正についてでありますが、携帯電話基地局等整備事業として2,585万円の補正をお願いするものでございまして、携帯電話不感地域を解消するため、大江町橋谷地区に携帯電話基地局を整備するものでございます。


 次に、諸費300万円の補正についてでありますが、ノーベル賞下村脩さん来福記念事業として300万円の補正をお願いするものでございまして、本市出身で、昨年、ノーベル化学賞を受賞された下村脩さんの来福を記念して、子どもたちや一般の方を招いて、名誉市民顕彰記念式典とノーベル化学賞受賞記念講演会などを開催するものでございます。


 6ページをお願いいたします。


 民生費の社会福祉費58万円の補正についてでありますが、DV被害者特別応援給付金支給事業として58万円の補正をお願いするものでございまして、定額給付金等を受け取ることができなかったドメスティック・バイオレンス被害者の方に対しまして、相当額を支給することにより生活支援を行うものでございます。


 7ページをお願いいたします。


 児童福祉総務費9,133万1,000円の補正についてでありますが、子育て応援特別手当事業として9,133万1,000円の補正をお願いするものでございまして、平成15年4月2日から平成18年4月1日に生まれたお子様を対象として、今回は第一子の方にも対象を拡大して、1人当たり3万6,000円を支給するものでございます。


 次に、児童福祉施設費1億5,380万円の補正についてでありますが、一つ目は、上川口保育園建設事業として1億5,000万円の補正をお願いするものでございまして、良好な保育環境を提供するため、廃園となっている川口幼稚園を利用して、上川口保育園を移転、改築するものでございます。


 二つ目は、大江統合保育園通園バス整備事業として380万円の補正をお願いするものでございまして、来年4月に開園予定の(仮称)大江統合保育園用の通園バスを購入するものでございます。


 8ページをお願いいたします。


 生活保護総務費78万円の補正についてでありますが、生活保護管理的経費として78万円の補正をお願いするものでございまして、次の扶助費の生活保護扶助事業を実施するためのシステム改修費でございます。


 次に、扶助費357万1,000円の補正についてでありますが、生活保護扶助事業として357万1,000円の補正をお願いするものでございまして、児童・生徒の健全育成を支援するため、教育扶助及び高等学校就学費を拡充し、参考書、問題集、辞書等の購入費用やクラブ活動に要する費用に充てるため、経費を助成するものでございます。


 9ページをお願いいたします。


 衛生費の保護指導費944万4,000円の補正についてでありますが、女性特有のがん検診推進事業として944万4,000円の補正をお願いするものでございまして、一定の年齢に達した女性に対しまして、検診手帳を交付するとともに、子宮頚がん及び乳がんの検診料の自己負担をクーポンにより免除するものでございます。


 なお、対象となる年齢は子宮頚がん検診が20歳、25歳、30歳、35歳、40歳。乳がん検診が40歳、45、50歳、55歳、60歳となっております。


 10ページをお願いいたします。


 じん芥処理費2,800万円の補正についてでありますが、環境パーク消火設備機能強化事業として2,800万円の補正をお願いするものでございまして、環境パークリサイクルプラザ内の不燃ごみ等を減量化するための破砕施設について、消火設備の増設と機能強化を図るものでございます。


 11ページをお願いいたします。


 労働費の緊急雇用特別対策事業として、2,754万1,000円の補正についてでありますが、緊急雇用特別対策事業として2,754万1,000円の補正をお願いするものでございまして、新たな雇用を創出するとともに、市役所の事務効率化と機能補完を兼ねる緊急雇用創出事業を実施するものでございまして、説明欄の方に掲げております一番上のやくの木と漆の館機能強化事業など14事業を実施することにより、新たに66人の雇用を生み出すというものでございます。


 13ページをお願いいたします。


 農林業費の農業振興費140万円の補正についてでありますが、一つ目は米粉用米普及促進事業として100万円の補正をお願いするものでございまして、米粉用米の生産、需要拡大を図るため、河西加工場に高速粉砕機を購入するものでございます。


 二つ目は、土づくり推進事業として40万円の補正をお願いするものでございまして、堆肥の利用拡大による土づくりを推進するため、堆肥袋詰め機導入に対して補助するものでございます。


 次に、農地費2,361万6,000円の補正についてでありますが、農地有効利用支援整備事業として2,361万6,000円の補正をお願いするものでございまして、営農の継続性を図るため、農業用排水路施設、農道施設等の簡易な整備等を行うものでございます。


 14ページをお願いいたします。


 林業振興費1,304万8,000円の補正についてでありますが、一つ目は間伐対策事業として900万円の補正をお願いするものでございまして、健全な森林を育て、生産性の高い林業を育成するため、生産森林組合が実施する間伐事業に対しまして追加補助するものでございます。


 二つ目は、計画捕獲推進事業として404万8,000円の補正をお願いするものでございまして、農作物被害を軽減させるため、福知山市有害鳥獣駆除隊が実施する有害鳥獣駆除に対しまして奨励金を追加で支払うものでございます。


 15ページをお願いいたします。


 商工費の商工業振興費3,899万6,000円の補正についてでありますが、一つ目は商店街等振興事業補助として115万円の補正をお願いするものでございまして、商店街のイメージアップや活性化を図ろうとする商店街等が行うイベントに対しまして、今回は緊急経済対策として申請回数制限をなくして追加補助をするものでございます。


 二つ目は、小規模企業融資制度事業「マル福」として1,155万円の補正をお願いするものでございまして、京都府の融資制度小規模企業応援融資利用企業に対しまして、実質金利がゼロになるよう、金利負担分を補給、支援するものでございまして、現在実施しております緊急経済支援を来年3月31日まで延長できるよう、予算の補正とあわせまして債務負担行為の設定をお願いしております。なお、債務負担行為につきましては、議案書の方の6ページの方に上げておりますので、ご覧いただきたいと思います。


 三つ目は、空き店舗活用チャレンジ事業として、193万1,000円の補正をお願いするものでございまして、空き店舗を活用し事業展開を行う商店街に対し、補助金を交付するものでございまして、今回は、広小路商店街と新町商店街の空き店舗の出店計画を応援するものでございます。


 四つ目は再就職応援スキルアップ助成金給付事業として1,004万7,000円の補正をお願いするものでございまして、100年に一度と言われる経済金融危機の影響による現下の厳しい雇用情勢に鑑み、昨年10月1日以降に離職された人に対し、資格、技術取得に要する経費の3分の2、上限5万円でございますが、助成いたしまして、再就職の後押しを行うものでございまして、平成23年3月31日までの受講修了分にまで対応できるよう、予算の補正とあわせまして、これも債務負担行為の設定をお願いをいたしております。


 五つ目は、企業誘致促進及び工場等操業支援基金事業として1,431万8,000円の補正をお願いするものでございまして、長田野工業団地アネックス京都三和等への企業誘致促進及び工場等の操業を支援するために要する資金として積み立てるものでございます。


 これは後ほど、教育費のところでもご説明いたしますが、当初予算で措置されている中学校の生徒用パソコンについて、今回の国の補正による財源を活用して、リースから購入に変更することに伴いまして生じる一般財源1,431万8,000円を、将来の企業誘致対策に充てるため基金に積み立てをお願いするものでございます。


 16ページをお願いいたします。


 土木費の道路維持費400万円の補正についてでありますが、長田野工業団地維持管理事業として400万円の補正をお願いするものでございまして、長田野工業団地内の街路樹剪定を行うものでございます。


 次に、道路新設改良費1億2,000万円の補正についてでありますが、道路舗装改良事業として1億2,000万円の補正をお願いするものでございまして、市民生活の利便性や安全性を向上させるため、幹線主要道路の舗装改良を行うものでございます。


 17ページをお願いいたします。


 公園施設費300万円の補正についてでありますが、ノーベル賞下村脩さんコーナー設置事業として300万円の補正をお願いするものでございまして、本市出身でノーベル化学賞を受賞された下村脩さんの名誉市民としての功績を長くたたえるため、三段池公園児童科学館内に下村脩さんを紹介するコーナーを設置するものでございます。


 18ページをお願いいたします。


 住宅管理費3,000万円の補正についてでありますが、市営住宅設備改善事業3,000万円の補正をお願いするものでございまして、市営住宅の給湯機、浴槽の取り替え等を行い、住環境を改善するものでございます。


 19ページをお願いいたします。


 消防費の消防施設費8,400万円の補正についてでありますが、一つ目は消防水利整備事業として、3,200万円の補正をお願いするものでございまして、震災に強い消防水利を確保するため、耐震性貯水槽を整備するものでございます。


 二つ目は消防車両更新事業として5,200万円の補正をお願いするものでございまして、救急活動と消防活動に必要な老朽化した高規格救急自動車と消防ポンプ自動車を各1台更新するものでございます。


 次に災害対策費700万円の補正についてでありますが、災害時資機材整備事業として700万円の補正をお願いするものでございまして、広域避難所におけるプライバシー保護やストレス軽減を図るための間仕切りセット、及び避難所の運営に活用するための折り畳みリヤカーを各広域避難所に配備するものでございます。


 20ページをお願いいたします。


 教育費の小学校費、学校管理費1億5,739万5,000円の補正についてでありますが、一つ目は、小学校理科教育等設備整備事業として1,400万円の補正をお願いするものでございまして、新学習指導要領で充実強化が求められている理科教育において、理科教育の教材備品を整備し、学習環境の向上を図るものでございまして、後年度に予定していたものを、国の補正による財源を活用して前倒しで整備するものでございます。


 二つ目は、小学校ICT環境整備事業1億4,339万5,000円の補正をお願いするものでございまして、ICTとはInformation&Communication Technologyの略でございまして、情報通信技術の意味でございます。国のスクール・ニューディール構想を受けて、このICTを活用した新しい教育を推進するため、必要な整備を行うものでございまして、主な整備内容といたしましては、各小学区にデジタルテレビを兼ね備えた電子黒板を1台ずつ整備し、ICTを活用した新しい教育を推進するとともに、デジタル放送に対応できるよう、アンテナ配線を改修及び新規布設します。


 また、各小学校の普通教室に構内LANを布設するとともに、授業用パソコンを各1台整備いたしまして、インターネットを活用した学習ができるよう、整備をいたします。


 校務用パソコンを教員1人に1台配備するとともに、各学校と教育委員会を結ぶ校内LANを構築するといったものでございます。


 21ページをお願いいたします。


 中学校費の学校管理費1億5,940万2,000円の補正についてでありますが、一つ目は中学校施設設備改修事業として5,000万円の補正をお願いするものでございまして、夜久野中学校体育館天井パネルを全面改修するものでございます。


 二つ目は、中学校理科教育等設備整備事業として2,000万円の補正をお願いするものでございまして、新学習指導要領で充実強化が求められている理科教育において、理科教育の教材備品を整備するものでございます。


 三つ目は、中学校ICT環境整備事業として1億372万円の補正をお願いするものでございまして、具体的な整備内容といたしましては、各中学校のパソコン教室に1人1台パソコンを整備するとともに、各中学校にデジタルテレビを兼ね備えた電子黒板を1台ずつ整備し、ICTを活用した新しい教育を推進しますとともに、デジタル放送に対応できるようアンテナ配線を改修及び新規布設いたします。


 また、各中学校の普通教室に校内LANを布設するとともに、授業用パソコンを各1台整備し、インターネットを活用した学習ができるよう整備をいたします。


 さらに、校務用パソコンを教員1人に1台配備するとともに、各学校と教育委員会を結ぶ校内LANを構築するといったものでございます。


 なお、説明欄の二つ目のところに、中学校教育用コンピューター更新事業の△1,431万8,000円という補正がございますが、これは先ほど基金積み立てのところでもご説明をいたしましたように、今回、中学校のパソコン教室に1人1台のパソコンを購入整備することといたしましたため、当初予算で措置をされておりますパソコンのリース代を減額補正するものでございます。


 次に、教育振興費113万円の補正についてでありますが、修学旅行キャンセル料助成事業113万円の補正をお願いするものでございまして、保護者の負担軽減を図るため、新型インフルエンザの国内発生による修学旅行の延期により生じましたキャンセル料相当額を助成するものでございます。


 22ページをお願いいたします。


 幼稚園費の279万円の補正についてでありますが、一つ目は、幼稚園施設改修事業として120万円の補正をお願いするものでございまして、幼稚園職員室に空調設備を整備するものでございます。


 二つ目は、幼稚園ICT環境整備事業として159万円の補正をお願いするものでございまして、各幼稚園にデジタルテレビ及びディスクプレーヤーを各1台ずつ整備するものでございます。


 23ページをお願いいたします。


 社会教育費の公民館費380万円の補正についてでありますが、広域避難所耐震診断調査事業として380万円の補正をお願いするものでございまして、広域避難所としての機能を確保するため、昭和56年以前に建築された日新、川口、北陵の3地域公民館の耐震診断調査を実施するものでございます。


 24ページをお願いいたします。


 保健体育費の体育施設費120万円の補正についてでありますが、広域避難所耐震診断調査事業として120万円の補正をお願いするものでございまして、広域避難所としての機能を確保するため、昭和56年以前に建築された有路下体育館の耐震診断調査を実施するものでございます。


 以上で歳出の説明を終わらせていただきまして、恐れ入りますが3ページへお戻り願います。


 歳出にかかる歳入でございますが、分担金の農林業費分担金380万4,000円は農業費分担金で、農地有効利用支援整備事業にかかるものでございます。


 次に、国庫支出金、国庫負担金の民生費国庫負担金267万8,000円は、生活保護費等負担金で、生活保護扶助事業にかかるものでございます。


 次に、国庫補助金の総務費国庫補助金7億1,146万9,000円でありますが、いずれも総務管理費国庫補助金で、一つ目は地域活性化・経済危機対策臨時交付金6億9,423万6,000円でございまして、福知山市の交付限度額と同額を計上いたしております。


 二つ目は、携帯電話基地局整備事業にかかるもの1,723万3,000円でございます。


 次に、民生費国庫補助金9,211万1,000円でありますが、一つ目は児童福祉費補助金9,133万1,000円で、子育て応援特別手当交付金にかかるものでございます。


 二つ目は生活保護費補助金78万円で、生活保護管理的経費にかかるものでございます。


 次に、衛生費国庫補助金944万4,000円は、保健衛生費補助金で、女性特有のがん検診推進事業にかかるものでございます。


 次に、消防費国庫補助金1,250万円は消防費補助金で、消防車両更新事業にかかるものでございます。


 次に、教育費国庫補助金1億4,067万2,000円でありますが、一つ目は小学校費補助金7,869万7,000円で、小学校理科教育等設備整備事業にかかるものが700万円、小学校ICT環境整備事業にかかるものが7,169万7,000円でございます。


 二つ目は中学校費補助金6,118万円で、中学校理科教育等設備整備事業にかかるものが1,000万円、中学校ICT環境整備事業にかかるものが5,118万円でございます。


 三つ目は幼稚園費補助金79万5,000円で、幼稚園ICT環境整備事業にかかるものでございます。


 次に、府支出金の府補助金、総務費府補助金344万6,000円は総務管理費補助金で、携帯電話基地局等整備事業にかかるものでございます。


 次に、農林業費府補助金972万2,000円は農業費補助金で、農地有効利用支援整備事業にかかるものでございます。


 4ページをお願いいたします。


 労働費府補助金2,754万1,000円は、緊急雇用特別対策事業費補助金で、緊急雇用特別対策事業にかかるものでございます。


 次に、諸収入の雑入28万7,000円は、携帯電話基地局整備事業にかかる通信事業者の負担金にかかるものでございます。


 次に、市債の消防債1,250万円は、消防車両更新事業にかかるものでございます。


 次に、市債の教育債1,350万円は小学校債で、小学校ICT環境整備事業にかかるものが1,250万円、中学校債で中学校ICT環境整備事業にかかるものが100万円でございます。


 今回の市債はいずれも後年度元利償還金が100%交付税算入される補正予算債が充たるものでございます。


 なお、ここで1点訂正をお願いしたいんですが、議案書の7ページをお開きいただきまして、一番上のところ、左側のところに、起債の目的の欄、消防事業債となっておりますが、正しくは消防施設整備事業債でございまして、この場で誤りをさせていただきまして、後ほど正誤表の方を配らせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


 以上によりまして、一般会計の総額は1ページから2ページにかけましての総括のとおり、総額に歳入歳出ともに10億3,967万4,000円を追加いたしまして、予算の総額を歳入歳出ともに388億1,855万3,000円とするものでございます。


 次に、議第20号、平成21年度福知山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、事項別明細書の30ページをお開き願います。


 歳出でございますが、事業費の下水道築造費4億2,725万円の補正についてでありますが、一つ目は公共下水道浸水対策事業として、2億円の補正をお願いするものでございまして、ゲリラ豪雨等による浸水被害を軽減するため、現在、厚中地区で進めております地下貯留施設築造事業につきまして、事業を前倒し実施するものでございます。


 二つ目は公共下水道水質保全事業として1億20万円の補正をお願いするものでございまして、終末処理場水処理施設の汚泥かき寄せ機が老朽化しているため、更新するものでございます。


 三つ目は公共下水道地震対策事業として、7,510万円の補正をお願いするものでございまして、公共下水道施設のかしの木台ポンプ場自動除じん機やマンホールポンプの操作盤の改築更新を行うものでございます。


 四つ目は公共下水道資源循環形成事業として5,195万円の補正をお願いするものでございまして、終末処理場汚泥処理施設の老朽化した汚泥焼却炉設備改修及びしさ脱水機の更新を行うものでございます。


 29ページをお願いいたします。


 歳出に対応する歳入につきましては、国庫補助金が2億2,123万2,000円、市債の下水道事業債が2億580万円で、歳出が歳入に不足する21万8,000円につきましては、31ページにありますように、予備費組み替えをお願いいたしております。


 その結果、下水道事業特別会計の予算額は、27ページから28ページにかけての総括のとおり、総額に歳入歳出ともに4億2,703万2,000円を追加いたしまして、これにより予算の総額を歳入歳出ともに50億4,263万2,000円とするものでございます。


 以上で、上程をされました議案につきましてのご説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。


○(松本良彦議長)  これにて、提案理由の説明は終わりました。


 以上で本日の議事日程は終了いたしました。


 次回は明14日午前10時から本会議を開きます。


 それでは、本日はこれをもって散会といたします。


 なお、この後、直ちに各派幹事会を開催いたしますので、よろしくお願いをいたします。


 ご苦労さんでございました。


                午前10時51分  散会