議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成20年第1回定例会(第6号 3月28日)




平成20年第1回定例会(第6号 3月28日)





           平成20年第1回福知山市議会定例会会議録(6)








               平成20年3月28日(金曜日)


                 午前10時00分 開議





 
〇出席議員(31名)


      1番  稲 垣 司 郎       2番  池 田 雅 志


      3番  福 島 慶 太       4番  吉 見 光 則


      5番  奥 藤   晃       6番  細 見 秀 樹


      7番  塩 見 卯太郎       8番  木 戸 正 隆


      9番  審 良 和 夫      10番  杉 山 金 三


     11番  大 谷 洋 介      12番  大 西 敏 博


     13番  武 田 義 久      14番  野 田 勝 康


     15番  谷 口   守      16番  高 宮 辰 郎


     17番  高 宮 泰 一      18番  吉 見 純 男


     19番  中 島 英 俊      20番  和 田   久


     21番  松 本 良 彦      22番  井 上 重 典


     23番  塩 見   仁      24番  今 次 淳 一


     25番  芦 田   廣      26番  竹 下 一 正


     28番  加 藤 弘 道      29番  荒 川 浩 司


     30番  足 立   進      31番  仲 林 清 貴


     32番  永 田 時 夫





〇欠席議員(1名)


     27番  芦 田 弘 夫





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長        ? 日 音 彦   副市長     山 段   誠


  副市長       梶 村 誠 悟   企画管理部長  松 田   規


  総務部長      塩 見 康 郎   総務部理事   村 上 政 彦


  環境政策部長    足 立 恵次郎   保健福祉部長  溝 尻 憲 章


  健康推進室長    藤 村 久 樹   市民人権部長  塩 見 誠 二


  人権推進室長    芦 田 豊 文   農林部長    藤 田 重 行


  商工観光部長    岡 田 勝 一   土木建築部長  桐 村 俊 昭


  下水道部長     足 垣 克 己   会計管理者   一 井 晴 機


  財政課長      長 坂   勉   消防長     土 家   潔


  ガス水道事業管理者 芦 田   昭   ガス水道部長  岩 城 一 洋


  市民病院事務部長  西 川 典 行   教育委員長   藤 林   稔


  教育長       大 嶋 正 徳   教育部長    畠 中 源 一


  選挙管理委員長   足 立 昭 彦   監査委員    垣 尾   満





〇議会事務局職員出席者


  局長        芦 田 俊 朗   次長      鎌 田 孝 司





〇議事日程 第3号 平成20年3月28日(金曜日)午前10時開議


  第 1  議第127号及び議第128号


               (質疑から委員会付託)


  第 2  議第127号及び議第128号


               (委員長報告から採決)


  第 3  閉会中の継続審査について


                  (審 議)








◎午前10時00分  開議





○(加藤弘道議長)  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから本会議を再開し、これより本日の会議を開きます。


 本日の会議に、芦田弘夫議員は所用のため欠席する旨の届け出がありましたので、ご報告いたします。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、それにてご了承願います。





◎日程第1  議第127号及び議第128号





○(加藤弘道議長)  それでは、日程第1に入ります。


 議第127号及び議第128号の2議案を一括議題とし、これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 31番、仲林清貴議員。


○31番(仲林清貴議員)  (登壇)  おはようございます。


 日本共産党市会議員団を代表いたしまして、追加提案がありました議第127号、議第128号、それぞれ市長、副市長、ガス水道事業管理者、教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。


 この追加提案されました議案は、昨日の本会議で否決された議第90号並びに議第91号に関連するものでありますが、改めてこの追加議案として提案された理由について伺っておきたいと思います。


 また、なぜこのような形態で、当初から提案をされなかったのか、見解を伺います。


 さらに、6月については、50%減額ではなく、10%の減額になっているのはなぜか、伺っておきたいと思います。


 以上で、1回目の質疑を終わります。


○(加藤弘道議長)  企画管理部長。


○(松田 規企画管理部長)  失礼いたします。


 追加提案をさせていただきました理由でございますが、従来から市長が行政改革の趣旨から、10%の減額を就任以来、してきております。そうした行政改革の取り組みをどうしても続けていきたいということが大きな理由であります。


 もう1点、今回の事件に関しまして、包括的な責任者としての、みずからの姿勢を正していくということを示すためには、やはりこの任期中の中で一定のけじめとして、どうしても形として整理をしたいということで、この二つの理由から改めて提案をさせていただいたわけでございます。


 それから、なぜ当初からこういう形の議案にならなかったのかということでございますが、実は、近隣の市の状況等も勘案して、条例案を作成をいたしたところでございます。私どもの方で把握しておりますのは、例えば綾部市におきましても、任期を超えて10%カットの条例をされておりますし、舞鶴市、宮津市におきましても、任期を考慮しない形の条例案で提案をされておられます。これは、先ほど申し上げた行政改革を断固進めていくという、そうした姿勢を示すためのものでございまして、当初は年度を通じて上程をさせていただいたということでございます。


 それから、6月が10%になったのはなぜかということでございますが、この10%分は、先ほど申し上げましたように、市長が就任以来続けております給料の10%カット、そのことによって行政改革をみずから断行していくという姿勢を示していくということで、この10%分については6月についても継続をさせていただいたと、こういうことでございますので、よろしくご理解いただきますようお願いを申し上げます。


 以上であります。


○(加藤弘道議長)  仲林清貴議員。


○31番(仲林清貴議員)  今、答弁をいただきましたけれども、後ほどの総務委員会でもその質問をさせていただくつもりではおりますが、本会議という場でございますので、非常に議案というのは大切なものだと思っておるんです。これが単独にきのう追加されたわけではなくて、否決という事実がございます。その否決という事実を受けて、改めて提案という形になったわけなんですが、今の答弁でも、任期中にけじめをつけたいと、これはわかるんです。ただ、私が2点目にお伺いした、それではなぜ当初からそういう提案でないのかと。これについては近隣の市というような状況をお話されているんですけれども、Aの質問にはAの答えがあって、Bの質問にはBの答えがあるというふうに、全く切り離されたような答弁としか受けとめられませんで、やはり当初から提案をしたことが、市民的にも理解得られなかったというふうに判断されて、今回提案されたというふうに私は考えているんですけども、そういうお考えというのはないのかどうか。やはり否決という具体的事実を通じて、再提案されたわけですから、やはりその点は、なかなかそういう点ではお認めにならないかもしれませんが、やはり最初の提案が市民的に理解を得られるものではないということで、改めて訂正をされて提案されたと、そういうふうなお考えがあるのかどうか、確認をさせていただきたいというふうに思います。


○(加藤弘道議長)  企画管理部長。


○(松田 規企画管理部長)  本会議での議決は大変重たいものであるとこのように認識をいたしております。


 先ほど申し上げましたように、事務方として、この10%カットというのは、行政改革を断固、断行していきたいという市長の思いを具体化するために、事務方として近隣市の条例等もしんしゃくする中で、原案を作成をいたしました。この点について、配慮が足りなかったということについては、深くおわびを申し上げたいと思っております。


○(加藤弘道議長)  仲林清貴議員。


○31番(仲林清貴議員)  以上で、質疑を終わります。あと、総務委員会でお伺いします。


○(加藤弘道議長)  他に質疑はありませんか。


 25番、芦田 廣議員。


○25番(芦田 廣議員)  (登壇)  福政会の芦田 廣でございます。


 この議案、127号及び128号に対する質疑を行います。


 当初提案の否決されました90号、91号の内容について、この提案の分については、1年間分の12か月の減額という形の中で減額がされました中で、新たに127号、128号については、2か月と19日の減額という形の中で提案が変更されてあったということであります。


 その内容の中で、90号及び91号、当初の提案分について給与減額された減額の総額は幾らであるのか。また、127号、128号に対して2か月19日分の減額総額はいくらになるのかをお伺いをいたします。


 そして、この市長の任期、6月19日という形の中で、副市長、教育長、ガス水道事業管理者、これもあわせて6月19日にした理由についてお伺いをいたしまして、1回目の質疑にさせていただきます。


 以上です。


○(加藤弘道議長)  企画管理部長。


○(松田 規企画管理部長)  失礼いたします。


 当初提案での減額の総額は、790万9,000円でございます。今回、提案をさせていただいております6月19日までの減額の総額につきましては、274万5,000円でございます。


 それから、副市長、教育長の給与の減額が6月19日ということにいたしましたのは、いずれも市長と一心同体で福知山市政を推進していくという姿勢をあらわすために、同一の期日としたものでございます。


 よろしくお願いをいたします。


○(加藤弘道議長)  芦田 廣議員。


○25番(芦田 廣議員)  その金額について了解をいたしました。また、この後、この結果を踏まえた形の中で、委員会の議論をよろしくお願いしたいというふうに思います。


 以上で、質疑を終わります。


○(加藤弘道議長)  他に質疑はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  ないようでありますから、質疑を終結いたします。


 これより、委員会付託を行います。


 議第127号及び議第128号の2議案は、総務委員会に付託いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 再開時間は、追ってお知らせいたします。


                午前10時14分  休憩


                午前11時45分  再開


○(加藤弘道議長)  休憩前に引き続き会議を開きます。





◎日程第2  議第127号及び議第128号





○(加藤弘道議長)  それでは、日程第2に入ります。


 議第127号及び議第128号の2議案を一括議題といたします。


 審議に先立ち、総務委員長から委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。


 総務委員長。


○(吉見光則総務委員会委員長)  (登壇)  総務委員会委員長報告をさせていただきます。


 本日、総務委員会に付託されました議第127号、福知山市長及び副市長並びにガス水道事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議第128号、福知山市教育委員会の教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての2議案につきまして、先ほど委員会を開催し、慎重に審査を行いました。


 まず初めに、一事不再議に当たらないか、当たらない理由について審査をさせていただきました。理事者の方から答弁をいただきまして、今回の新しい提案であるという旨を聞かせていただきました。委員会内部で、委員の承認をとらせていただきまして、それから開催をさせていただきました。


 審査は、委員会審査資料等を中心に、詳細な説明を受け、審査いたしましたので、質疑の主なものの概要と審査結果についてご報告をさせていただきます。


 まず初めに、前回提案されました議第90号、91号の条例がベストであると提案されていたのが、否決をされたということで、また今回、提出された理由についての質疑に対しまして、給与の減額には二つあるということで、行革の観点からと、もう1点は不祥事があったとき、みずからの監督責任を問うということの2点があるということであります。


 前回の提案は、行革に対する減額であり、他市では当面の期間という書き方をしているところもあるということでございます。本市もそれに準じて、提出をさせていただいたと。しかし、市長の任期というものの考え方で議会において否決をされたということで、議会において市長の任期というものの考え方というものに対して重く受けとめる必要があるということで、今回、もう一度それを受けて提出をさせていただいたという答弁でございました。


 それから、減額の率の考え方を問う質問に対しまして、特別職は地方公務員法が適用をされないということであり、法的に懲戒するものがないので、みずからが懲戒を科す。その方法として減額をしたりするということでございます。民間においてやられております労基の規定を目安にして、事業の重要さというものから、勘案をしていくということでございました。


 それから、この90号、91号の否決の後、なぜこういった形になったかということを問う質問に対しまして、市長が自分の信念で行革をしていきたい。職員の不祥事に対する市長としての責任をとりたいという強い思いで、もう一度提案をさせていただきたいということでありました。


 また、それから市長が100分の50を4月と5月、2か月に限られているのはなぜか。任期中、6月19日まで100分の50という考え方はないのかという質問に対しまして、処分というのは1週間、10日、1か月という単位で考えているので、2か月といたしたということであります。専決は、直ちにしたので、端数の日が入っておりますが、処分というものはそういう期間で考えていくものが正しいのではないかという判断でございます。


 そういったいろんな審議をいたしました中で、審議会との関係を問う質問に対しまして、制度としてある以上、審議会の内容をしっかり守っていかなければいけないのではないかという質問に対しまして、市長の政治的判断も必要であって、府下14市の中で減額をしていないのは2市だけであるという答弁でありました。


 そういったいろんな、この件につきまして質疑をさせていただきました。その答弁が今のような形でございます。大変私がメモったようなところを発表させていただいているようなことで、わかりづらいところもあるかと思いますが、以上のような経過で質疑を終了させていただきました。


 討論を経て、採決を行ったところ、当総務委員会に付託されました議第127号、福知山市長及び副市長並びにガス水道管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議第128号、福知山市教育委員会の教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての2議案は、全員賛成。原案どおり可決されましたので、ご報告をいたします。


 以上で、総務委員会の報告とさせていただきます。


○(加藤弘道議長)  以上で、総務委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  ないようでありますから、質疑を終結いたします。


 これより、討論に入ります。


 初めに、委員長報告に対する反対の討論はありませんか。


 13番 武田義久議員。


○13番(武田義久議員)  (登壇)  福政会の武田でございます。


 今、委員長報告がありましたけれども、議第127号、福知山市長及び副市長並びにガス水道管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてと、議第128号、福知山市教育委員会の教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、反対の討論をさせていただきたいと思います。


 我々は、当初提案に賛成した経過の中で、いろんな議論をさせていただきました。当初提案の議第90号、91号に関しましては、やはり我々としては、既に第4次行政改革を進めるというところに賛成してきた立場の人間であります。それに対しまして、今回の市長が提案した任期云々という、形だけにこだわるのではなく、やはりその企画管理部長からも話がありましたけれども、やはりこれを任期で切ってしまうと、今年度予算の組まれている500万円が増になってしまうと。それをどこで今後削っていくかというような状況になろうかというように考えた場合、第4次行政改革を進めるに当たり、今後4年間、この500万円増の4年間で考えますと、2,000万円を削減していかなければならないと。基本的には、その6月以降にどなたが市長になられても、やはり今の世の中をかんがみますと、少なからず最低でも10%をカットしていかなければならないという状況になろうかというふうに私は考えております。


 仮に、新しく市長になられた方がカットをしないというところの意見を出された場合に、この年間500万円をどのように削っていくのか。それぞれの議員さんが、やはり毎回、各定例議会での地元において、いろんな地元に対する要望を出されております。その中でも、やはり10万円でも、100万円でも、少しでも地元要望を実現していただくように話をされてきた経過もございます。それをこの場で、この127号、128号を通しますと、特に一般会計で賛成された議員さんにおかれましては、どこかでこの予算書の中から500万円を削っていかなければならないという状況になりかねないのです。これは、やはり我々としては、市民の目線に立った場合に、市長の給料云々より、市民にとってはどちらがよいのかを選択する場合は、やはり第4次行政改革を進める中にも、市民サービスを少しでも低下させないために、理事者の10%カットを断行していくというのが、私自身の考え方であり、今回の反対する理由でもございます。


 まして今回、議第128号におきましても、教育委員会の教育長の減額を行うにも、この6月19日までという。教育長は11月3日までの任期となっているにもかかわらず、それをこの日にちに合わせてよいのかどうか。そういった場合も踏まえまして考えますと、決して賛成することはできないというところでございます。


 市長等の給料におきましては、報酬審議会等で審議されてきた経過もございますけれども、我々は市長がだれになろうが、第4次行政改革を賛成してきた立場として、財政の軽減を図るべく、議会の責務として断行していくわけであるということを認識しておりますので、今回の提案に関しては反対とさせていただきます。


 ありがとうございました。


○(加藤弘道議長)  次に、賛成の討論はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  次に、反対の討論はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  ないようでありますから、討論を終結いたします。


 これより、1議案ずつ、起立により採決いたします。


 議第127号及び議第128号の2議案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 初めに、議第127号について、委員長報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。


                   (賛成者起立)


○(加藤弘道議長)  起立多数であります。


 よって、議第127号は原案のとおり決しました。


 次に、議第128号について、委員長報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。


                   (賛成者起立)


○(加藤弘道議長)  起立多数であります。


 よって、議第128号は原案のとおり決しました。





◎日程第3  閉会中の継続審査について





○(加藤弘道議長)  次に、日程第3に入ります。


 閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 総務委員会、市民厚生委員会、経済委員会、文教建設委員会、議会運営委員会、由良川改修促進特別委員会、議員定数特別委員会の各委員長より、会議規則第78条の規定に基づく閉会中の継続審査の申し出があり、その内容は、お手元に配付いたしております。


 お諮りいたします。


 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決しました。


 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。


 お諮りいたします。


 本定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 よって、平成20年第1回福知山市議会定例会は、これをもって閉会といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(加藤弘道議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれをもって散会し、平成20年第1回福知山市議会定例会は、本日をもって閉会といたします。


 この後、午後1時10分から議会だより編集委員会、議会運営委員協議会を順次開催いたしますので、よろしくお願いをいたします。


                午後 0時02分  閉会


○(加藤弘道議長)  市長から、発言の申し出がありますので、これを許します。


 市長。


○(?日音彦市長)  失礼いたします。


 議長から発言のお許しをいただきましたので、厚くお礼を申し上げます。


 まず、4年間の任期を終了する最後の議会に当たりまして、一言お礼を申し上げたいと存じます。


 歴代の議長様、議員の皆様には、この4年間、いろいろとご指導いただき、今日を迎えられましたことに対しまして、厚くお礼を申し上げたいと存じます。今議会に提案いたしました全議案につきましてご承認をいただき、まことにありがとうございました。


 また、昨日の賛成討論の中で、木戸議員様、谷口議員様から身に余る温かいお言葉をいただき、厚くお礼を申し上げます。私の所信を申し上げたいと存じます。


 今回の市幹部職員の収賄事件は、福知山市70年の歴史の中で、多くの先人が積み上げてこられた市政と市民の皆様との信頼関係を大きく失墜するものであり、昨日、一部について不起訴の報道がありましたが、市民の皆様に深くおわびを申し上げます。


 こうした中にあって、おしかりのお言葉、あるいは手紙、電話等をいただきました。一方、多くの皆様から、しっかり立て直せ、気概をしっかり持って、徹底して改革に取り組めなどの心温まる激励のお手紙や電話をたくさんいただきました。一度失った市民の皆様との信頼関係を元に戻すことは、並大抵のことではございませんが、何としても立て直すことが私に課せられた責務であると考えております。


 第4次行政改革大綱は、平成19年度から23年までの計画で、道半ばであります。また、第4次総合計画も平成20年度から27年度までの計画です。この2本の柱が福知山市の行政施策方針であり、相互にかみ合い、整合して、しっかり進めていくことが、21世紀にはばたく北近畿の都福知山づくりだと確信いたしております。


 さらに、旧3町はそれぞれの地形条件、気象条件が異なる中で、多くの先人がまちづくりに努力され、それぞれの特色を持ったまちをつくってこられました。この特色をこれからのまちづくりに生かすことが重要と考えております。特に今、福知山市においても人口減少時代に入りつつあり、強い危機意識を持っております。これを食いとめるため、農業、商業、高齢者、障害者、駅周辺などに関する対策を積極的に進めているところでありますが、とりわけ若い人たちに魅力を感じていただき、住みたい福知山、住み続けたい福知山づくりのためには、子育て支援対策と企業立地対策が最も重要な課題と考えております。私は、これらの課題に挑戦するため、多くの市民の皆様のご支援により、市民の皆様の声に耳を傾け、市民の皆様の目線に立った市政を進めるべく、2期目の市長選挙に出馬する決意をいたしました。どうかご支援のほど、よろしくお願いをいたします。


 ありがとうございました。


○(加藤弘道議長)  ご苦労様でございました。


 これで終わります。


 午後1時10分から、よろしくお願いをいたします。





                 午後 0時7分  終了





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                     福知山市議会議長   加 藤 弘 道





                     福知山市議会議員   塩 見 卯太郎





                     福知山市議会議員   杉 山 金 三