議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成17年第5回臨時会(第2号11月18日)




平成17年第5回臨時会(第2号11月18日)





           平成17年第5回福知山市議会臨時会会議録(2)








              平成17年11月18日(金曜日)


                 午前10時00分 開議





 
〇出席議員(26名)


      1番  福 島 慶 太       2番  審 良 和 夫


      3番  杉 山 金 三       4番  松 本 良 彦


      5番  芦 田 弘 夫       6番  野 田 勝 康


      7番  武 田 義 久       8番  竹 下 一 正


      9番  大 西 敏 博      10番  吉 見 光 則


     11番  渡 辺 麻 子      12番  足 立   進


     13番  荒 川 浩 司      14番  田 淵   弘


     15番  井 上 重 典      16番  塩 見   仁


     17番  小 野 喜 年      18番  今 次 淳 一


     19番  芦 田   廣      20番  和 泉 すゑ子


     21番  加 藤 弘 道      22番  有   幸 男


     23番  立 道 正 規      24番  仲 林 清 貴


     25番  和 田   久      26番  永 田 時 夫





〇欠席議員


         な   し





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長          ? 日 音 彦  助役         山 段   誠


  収入役         香 月 芳 雄  企画環境部長     梶 村 誠 悟


  環境推進室長      桐 村 俊 昭  総務部長       塩 見 康 郎


  福祉部長        松 田   規  市民人権部長     畠 中 源 一


  人権推進室長      岩 城 一 洋  経済部長       藤 田 重 行


  建設部長        岡 田 泰 博  福知山駅周辺整備室長 和 久 秀 輝


  下水道部長       衣 川 慎 一  財政課長       長 坂   勉


  消防長         芦 田 正 夫  ガス水道事業管理者  芦 田   昭


  ガス水道部長      岡 田 勝 一  病院事業管理者    香 川 惠 造


  市民病院事務部長    西 川 典 行  教育委員長      藤 林   稔


  教育長         井 本 哲 夫  教育部長       塩 見 誠 二


  教育委員会理事     藤 田 正 博  選挙管理委員長    足 立 昭 彦


  選挙管理委員会事務局長 芦 田 修 一  監査委員       垣 尾   満


  監査委員事務局長    芦 田 俊 朗





〇議会事務局職員出席者


  局長          福 田 清 治  次長         熊 谷 正 章





〇議事日程 第2号 平成17年11月18日(金曜日)午前10時開議


  第 1  議第48号及び議第49号


                   (委員長報告から採決)





◎午前10時00分  開議





○(井上重典議長)  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから本会議を再開し、これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、それにてご了承願います。





◎日程第1  議第48号及び議第49号





○(井上重典議長)  それでは、日程第1に入ります。


 議第48号及び議第49号を一括議題といたします。


 審議に先立ち、総務委員長から、委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。


 総務委員長。


○(松本良彦総務委員会委員長)(登壇)  おはようございます。


 総務委員会の報告をさせていただきます。


 今臨時会において、総務委員会に付託されました議第48号、福知山市一般職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議第49号、福知山市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についての2議案を、11月15日に委員会を開催し、慎重に審査を行いましたので、その審査概要と結果について、ご報告いたします。


 まず、給料表の改定に伴って、減額となる最高額と最低額について、また『広報ふくちやま』に掲載された平均給与月額と今回の改正に伴う平均給与の違いについての質疑や、条例改正附則の特例措置の中の調整額と基準額との関係で、休職者や育児休業の場合、期末手当は調整しないということだが、今回、該当する方がおられるかどうか、さらに給与条例改正に伴う京都府下の臨時議会の開催状況や、平成18年度の抜本的な給与構造改革の内容についての質疑がありました。


 減額となる最高額と最低額につきましては、行政職給料表で見れば、例えば1級で最低の額が21号の600円、部長級の9級で見れば18号の1,500円の減額となっている。また、『広報ふくちやま』掲載分と今回の改正に伴う平均給与の違いは、『広報ふくちやま』掲載分は一般行政職のみの平均であり、また今回の改正による数値は、行政職平均で消防職員を含んだものとなっており、消防職員は1号給上に位置づけられていることなどによるものである。


 また、平成17年12月に支給する期末手当に関する特例措置の調整額と基準額との関係では、年度途中で育児休業や休職が終わり復職された方などで、調整額が基準額を上回る場合は、この調整は行わないことになっているとの答弁がありました。


 さらに、京都府下11市の臨時議会の開催状況については、11月臨時会で本市と同様に一部改正等を提案しているところは7市で、また12月の定例会で先議議案として議決されるところが2市、あとの2市については、現在、それぞれの市の独自で職員給与の減額を実施されており、減額改定を1月から施行予定のため、12月定例会に上程されると聞いているとの答弁でございました。


 平成18年度からの抜本的な給与構造改革の内容については、昭和32年以来50年ぶりの改革となり、俸給表の水準を全体として平均で4.8%引き下げ、中高年層は7%の引き下げになるが、一定期間につき激変緩和措置が導入される予定となっている。


 また、地域手当の新設があり、民間賃金の地域間格差が適切に反映されるように、民間賃金の高い地域において地域手当が導入され、さらに勤務成績の給与への反映では、勤務成績に基づく昇給制度の導入もうたわれているが、現時点では、はっきりとしていない。また、不明な点も多くある。今後、調整を行い、平成18年3月の定例議会で条例改正並びに予算措置をお願いすることとなるものと考えていると答弁がありました。


 続いて、改正に伴い、地域経済に及ぼす影響や、平成14年度時点と比較すると、現在、平均給与はどのぐらいの減額になっているのか、また今回の人事院勧告に伴う議会提案の考え方についての質疑もありました。


 これに対し、地域経済への影響は、市内の民間福祉団体など本市職員の給与体系に沿った形での給与体系とされているところもあると聞いているので、そういった中では、市職員の給与改定が民間諸団体なり民間企業に若干の影響を与えるのではないかと考えている。


 また、平成14年度給与改定との比較では、単純に一般行政職の平均ではあるが、平成14年度が34万7,400円で、平成17年度は34万1,500円、これは『広報ふくちやま』の掲載レベルでの一般行政職の比較であるが、その差額は5,900円でマイナス1.7%の減額となっている。


 さらに、今回の人事院勧告に伴う議案提案の考え方については、予算を伴う条例の提出に当たっては、本来予算措置が必要となるが、今回の改正は減額分と増額分との差し引きがほぼ均衡しており、また必要な予算が措置されているので、条例のみお願いをするものであるとの答弁がありました。


 なお、議第49号については、特にご報告申し上げる質疑はありませんでした。


 以上のような経過で質疑を終了し、討論を経て採決を行いましたところ、当総務委員会に付託されました議第48号、議第49号の2議案とも全員賛成で、原案承認可決されました。


 以上で、総務委員会の報告を終わります。


○(井上重典議長)  以上で、委員長の報告は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 質疑はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(井上重典議長)  ないようでありますから、質疑を終結いたします。


 これより、討論に入ります。


 初めに、委員長報告に対する反対の討論はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(井上重典議長)  賛成の討論はありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○(井上重典議長)  ないようでありますから、討論を終結いたします。


 これより、1議案ずつ起立により採決いたします。


 議第48号及び議第49号の2議案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。


 初めに、議第48号について、委員長報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。


                    (賛成者起立)


○(井上重典議長)  起立全員であります。


 よって、議第48号は、原案のとおり決しました。


 次に、議第49号について、委員長報告のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。


                   (賛成者起立)


○(井上重典議長)  起立全員であります。


 よって、議第49号は、原案のとおり決しました。


 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。


 お諮りいたします。


 本臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 よって、平成17年第5回福知山市議会臨時会は、これをもって閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(井上重典議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれをもって散会し、平成17年第5回福知山市議会臨時会は、本日をもって閉会といたします。


 この後、直ちに市町村合併特別委員会、その後、全議員協議会を順次開催いたしますので、よろしくお願いいたします。


 ご苦労さまでございました。


                午前10時10分  閉会





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                      福知山市議会議長  井 上 重 典





                      福知山市議会議員  杉 山 金 三





                      福知山市議会議員  松 本 良 彦