議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成17年第4回定例会(第1号 9月 7日)




平成17年第4回定例会(第1号 9月 7日)





           平成17年第4回福知山市議会定例会会議録(1)








               平成17年9月7日(水曜日)


                 午前10時00分 開会





 
〇出席議員(26名)


      1番  福 島 慶 太       2番  審 良 和 夫


      3番  杉 山 金 三       4番  松 本 良 彦


      5番  芦 田 弘 夫       6番  野 田 勝 康


      7番  武 田 義 久       8番  竹 下 一 正


      9番  大 西 敏 博      10番  吉 見 光 則


     11番  渡 辺 麻 子      12番  足 立   進


     13番  荒 川 浩 司      14番  田 淵   弘


     15番  井 上 重 典      16番  塩 見   仁


     17番  小 野 喜 年      18番  今 次 淳 一


     19番  芦 田   廣      20番  和 泉 すゑ子


     21番  加 藤 弘 道      22番  有   幸 男


     23番  立 道 正 規      24番  仲 林 清 貴


     25番  和 田   久      26番  永 田 時 夫





〇欠席議員


         な   し





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長          ? 日 音 彦  助役         山 段   誠


  収入役         香 月 芳 雄  企画環境部長     梶 村 誠 悟


  環境推進室長      桐 村 俊 昭  総務部長       塩 見 康 郎


  福祉部長        松 田   規  市民人権部長     畠 中 源 一


  人権推進室長      岩 城 一 洋  経済部長       藤 田 重 行


  建設部長        岡 田 泰 博  福知山駅周辺整備室長 和 久 秀 輝


  下水道部長       衣 川 慎 一  財政課長       長 坂   勉


  消防長         芦 田 正 夫  ガス水道事業管理者  芦 田   昭


  ガス水道部長      岡 田 勝 一  病院事業管理者    藤 田 佳 宏


  市民病院事務部長    西 川 典 行  教育委員長      藤 林   稔


  教育長         井 本 哲 夫  教育部長       塩 見 誠 二


  教育委員会理事     藤 田 正 博  選挙管理委員長    足 立 昭 彦


  選挙管理委員会事務局長 芦 田 修 一  監査委員       安 達 重 喜


  監査委員事務局長    芦 田 俊 朗





〇議会事務局職員出席者


  局長          福 田 清 治  次長         熊 谷 正 章





〇議事日程 第1号 平成17年9月7日(水曜日)午前10時開議


  市会報第5号  例月出納検査の結果報告について


  第 1  会期の決定について


  第 2  議第17号 平成17年度福知山市一般会計補正予算(第4号)


       議第18号 平成17年度福知山市国民健康保険事業特別会計補正予算


             (第1号)


       議第19号 平成17年度福知山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


       議第20号 平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算


             (第3号)


       議第21号 平成17年度福知山市農業集落排水施設事業特別会計補正予


             算(第1号)


       議第22号 平成17年度福知山都市計画事業石原土地区画整理事業特別


             会計補正予算(第1号)


       議第23号 平成17年度福知山都市計画事業福知山駅周辺土地区画整理


             事業特別会計補正予算(第1号)


       議第24号 平成17年度福知山市介護保険事業特別会計補正予算


             (第1号)


       議第25号 平成17年度福知山市ガス事業会計補正予算(第1号)


       議第26号 平成17年度福知山市水道事業会計補正予算(第1号)


       議第27号 福知山市事務分掌条例の制定について


       議第28号 水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の


             推進に関する法律の一部を改正する法律の制定に伴う関係条


             例の整理について


       議第29号 福知山市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について


       議第30号 福知山市簡易水道設置条例の一部を改正する条例の一部を改


             正する条例の制定について


       議第31号 福知山市駅前広場条例の制定について


       議第32号 福知山市自転車等駐車場条例の制定について


       議第33号 福知山市手数料条例の一部を改正する条例の制定について


       議第34号 福知山市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


       議第35号 平成16年度福知山市歳入歳出決算の認定について


       議第36号 平成16年度福知山市企業会計決算の認定について


       議第37号 普通財産の無償譲渡について


       議第38号 字の区域及び名称の変更について


       議第39号 損害賠償の額について


       議第40号 市道路線の認定及び廃止について


       議第41号 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少


             及び京都府自治会館管理組合規約の変更について


       議第42号 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共


             団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合


             規約の変更について


       議第43号 福知山地区土地開発公社定款の一部変更について


       議第44号 専決処分の承認について


       報第2号 継続費精算書の報告について


       報第3号 損害賠償の額について


                  (提案理由の説明)





◎午前10時00分  開会





○(井上重典議長)  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから平成17年第4回福知山市議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 本日、市長から、議第17号、平成17年度福知山市一般会計補正予算(第4号)ほか27件の議事事件の送付がありました。


 次に、監査委員から、例月出納検査の結果報告がまいっております。その写しをお手元に配布いたしておりますので、お目通しおき願います。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、それにてご了承願います。


 次に、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第128条の規定により、1番、福島慶太議員、2番、審良和夫議員、以上の両議員にお願いいたします。





◎日程第1  会期の決定について





○(井上重典議長)  それでは、日程第1に入ります。


 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から来る9月30日までの24日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(井上重典議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から24日間と決定いたしました。





◎日程第2  議第17号から議第44号まで





○(井上重典議長)  次に、日程第2に入ります。


 お手元に届いております議案書の議第17号、平成17年度福知山市一般会計補正予算(第4号)から、議第44号、専決処分の承認についてまでの28議案を一括議題とし、これより提案理由の説明を求めます。なお、報第2号、第3号についてもあわせて報告願います。


 市長。


○(?日音彦市長)(登壇)  まず、台風14号の襲来につきまして、九州、四国、中国地方に甚大な被害をもたらし、被災されました皆さん方にお見舞いを申し上げます。


 本市におきましては、災害警戒本部を設置し、各コミセンを広域的な自主避難場所として開設いたしまして、ご利用をいただきました。現在のところ、大きな被害の報告は入っておりませんが、現在も巡回調査中でございます。


 ただいま上程されました諸議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます前に、本年度の上半期が経過いたしましたところで、本市財政の見通しにつきまして、簡単に申し上げたいと存じます。


 平成17年度の地方財政対策は、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が回復傾向にある一方で、公債費が高い水準で推移することや、社会保障関係経費の自然増等により、平成8年度以来、10年連続して大幅な財源不足が生じることとなりました。このため、歳出全般にわたり見直しを行うことにより、歳出総額の計画的な抑制を図る一方で、当面の重要課題である人間力の向上発揮、個性と工夫に満ちた魅力ある都市と地方の形成、少子高齢化対策、循環型社会の構築、地球環境問題への対応等に財源の重点的配分を図ることとし、歳入面においては、地方税負担の公平適正化の推進と、安定的な財政運営に必要な地方交付税、地方税などの一般財源の確保を図ることを基本に、引き続き生じることとなった大幅な財源不足につきまして、地方財政の運営上、支障が生じないよう、適切な補てん措置を講ずることとなったものであります。


 こうした中、先般、普通交付税並びに市税の当初調定分が確定いたしましたので、これらに基づきまして、本年度の収支を考えてみますと、普通交付税につきましては36億5,683万7,000円となり、当初予算として計上いたしておりました35億円は確保することができました。


 前年度交付額と比較いたしますと、額で4,290万6,000円、率にいたしますと1.2%の減少となっております。法人税収入の伸びがその主な要因であると考えております。


 市税につきましては、個人市民税は減少いたしますものの、固定資産税におきましては、償却資産の伸びにより、予算計上額は確保できる見通しであります。


 また、法人市民税は景気の回復が続く中、当初予算を上回る見通しであります。


 市税収入全体といたしましては、法人市民税の増嵩に注視する必要がありますが、市税総額の予算計上額を若干上回るのではないかと考えております。


 なお、歳入につきましては、地方税、地方消費税交付金、自動車取得税交付金など、交付金関係を総合的に勘案いたしまして、予算計上しております一般財源は確保できるものと予測しております。


 一方、歳出面におきましては、計画いたしました諸事業は円滑に実施すべく努力してまいる所存でありますが、今後の財政運営につきましては、厳正で節度ある計画的な執行に努め、市税を初め各収入の状況等も見守りつつ、健全な財政運営を図ってまいらなければならないと考えております。


 続きまして、提案いたしております諸議案につきまして、説明を申し上げます。


 今回提出いたしました補正予算は、平成18年1月1日の合併までに事前に準備をしておかなければならないと対処できないもの、国、府等の補助事業の確定に伴いますもの、その他緊急に予算措置を必要とするものについて、お願いいたしております。


 一般会計でございますが、総務費につきましては、合併後の事務に支障のないよう、庁舎事務室賃貸借等にかかる経費など、合併準備に要する経費をお願いするもののほか、(仮称)北近畿の都センターの基本構想策定業務をお願いいたしますとともに、佐藤太清画伯の遺族より、佐藤太清記念美術館整備のためと、佐藤太清賞公募美術展の充実を図るため、篤志寄附がありましたので、その趣旨に沿い、おのおの基金に積み立てます。


 また、去る4月25日に発生したJR福知山線列車脱線事故の教訓を踏まえまして、北近畿タンゴ鉄道株式会社が実施する安全対策に、緊急安全対策整備費補助金の交付をお願いいたしますとともに、生活保護への決算額が補助決定額を下回ったことによりまして、国、府に対して補助金の返還をお願いするものや、法人の確定申告により、法人市民税の還付が当初予算以上に生じる見込みとなり、予算不足が生じますので、所要の経費を補正をお願いいたしております。


 民生費につきましては、新たに乳幼児医療費受給者証を作成する経費など、合併準備に要する経費のほか、認知症対応通所介護ふれあいホーム整備事業が補助採択を受けましたので、その所要の経費につきまして、補正をお願いいたしております。


 衛生費につきましては、前立腺がん検診等電算システム開発経費など、合併準備に要する経費のほか、アスベスト飛散防止対策として、含有が確認された企業会計の施設を含む3施設に対して、企業会計を除く2施設につきまして、飛散防止の安全対策経費の補正をお願いいたしております。


 また、最終処分場整備事業につきましては、追加の補助採択があり、当初予算を上回ることとなりましたので、補正をお願いいたしております。


 農林業費につきましては、遷喬?地区の基盤整備促進事業などにつきまして、補助採択がありましたため、所要の経費の補正をお願いいたしております。


 商工費につきましては、福知山市中小企業特別融資制度事業、福知山市住宅及び店舗改修資金助成におきまして、当初予算以上にあっせんや助成申請が生じる見込みとなりましたため、補正をお願いいたしております。


 土木費につきましては、新市の都市計画地図作成経費の合併準備に要する経費のほか、駅前広場の開設に伴い、円滑な管理運営を行うための経費や橋りょう耐震工事につきまして、国の補助採択を得ることができたものなどや、補助内示が当初予算を上回るものなどにつきまして、所要の経費の補正をそれぞれお願いいたしております。


 消防費につきましては、消防団にかかる所要の経費など、合併準備に要する経費のほか、アスベスト対策といたしまして、災害現場活動安全対策経費につきまして補正をお願いいたしております。


 教育費につきましては、小・中学校施設の銘板等の整備などの合併準備に要する経費のほか、IT等活用家庭学習支援調査研究事業など、採択を受けました所要の経費につきまして、補正をお願いいたしております。


 国民健康保険事業特別会計につきましては、すべて合併準備に要する経費として、国民健康保険事業基金に積み立てをする経費などの補正をお願いいたしております。


 下水道事業特別会計につきましては、特定環境保全公共下水道事業に追加補助の見通しを得ましたので、補正をお願いいたしますとともに、公債費におきまして、高金利・高資本費対策として、高金利から低金利の借り換えを行う経費につきまして、補正をお願いいたしております。


 老人保健医療事業特別会計につきまして、合併準備に要する経費といたしまして、受給者証等を更新する経費の補正をお願いいたしております。


 農業集落排水施設事業特別会計につきましては、公債費の高資本費対策として、高金利から低金利の借り換えを行う経費につきまして、補正をお願いいたしております。


 石原土地区画整理事業特別会計につきましては、当初予算を上回る補助採択を得ることができましたため、補正をお願いいたしておりますほか、車両物損事故による損害賠償金の補正をお願いいたしますとともに、別途、議第39号、損害賠償の額についてとあわせお願いいたしております。


 福知山駅周辺土地区画整理事業特別会計につきましては、当初予算を上回る補助採択を得ることができましたため、補正をお願いいたしております。


 介護保険事業特別会計につきましては、被保険者証更新費用の合併準備に要する経費のほか、要介護認定モデル事業の導入を図り、平成18年4月からの認定作業の円滑化を図るなどの経費といたしまして、補正をお願いいたしております。


 ガス事業会計につきましては、旧ガス製造工場跡事務棟売却損に要します経費の補正をお願いいたしております。


 水道事業会計につきましては、アスベスト飛散防止対策事業といたしまして、所要の経費の補正をお願いいたしておりますほか、橋りょう管調査や修繕につきまして所要の経費を、また高金利対策といたしまして、低金利に借り換えをいたします経費につきまして、補正をお願いいたしております。


 次に、条例について申し上げます。


 議第27号、福知山市事務分掌条例の制定につきましては、三和町、夜久野町及び大江町との合併に伴う機構改革に伴いまして、部の分掌事務につきまして、所要の規定の整備を行うものであります。


 議第28号、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律の制定に伴う関係条例の整理につきましては、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律の制定に伴いまして、福知山市水防協議会条例、福知山市消防団員等公務災害等補償条例、災害に際し応急措置の業務に従事した者に係る損害補償に関する条例の整備を行うものであります。


 議第29号、福知山市火災予防条例の一部改正につきましては、消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部を改正する法律等の制定等に伴いまして、所要の規定の整備を行うものであります。


 議第30号、福知山市簡易水道設置条例の一部を改正する条例の一部改正につきましては、簡易水道を統合することに伴い、施設名及び給水区域にかかる規定の整備を行うものであります。


 議第31号、福知山市駅前広場条例の制定につきましては、駅前広場の設置及び管理について、必要な事項を定めるものであります。


 議第32号、福知山市自転車等駐車場条例の制定につきましては、自転車等駐車場の設置及び管理について、必要な事項を定めるものであります。


 議第33号、福知山市手数料条例の一部改正につきましては、京都府の事務処理の特例に関する条例の一部改正に伴い、所要の規定の整備を行うものであります。


 議第34号、福知山市都市公園条例の一部改正につきましては、三段池公園に松風亭を設置することに伴い、所要の規定の整備を行うものであります。


 次に、平成16年度決算につきまして、申し上げます。


 平成16年度決算につきましては、監査委員の監査を終えましたので、その意見を付して提出いたしております。


 平成16年度の経済状況は、一部に弱い動きが見られるものの、年度全体を通じて見ますと、企業収益が大幅に改善するなど、企業部門が引き続き堅調な中、雇用環境が持ち直す動きが見られるなど、民間事業中心の回復が見られました。このような状況の中、景気の緩やかな回復を受けまして、法人市民税や固定資産税を中心に伸びが見られましたが、三位一体の改革によりまして、地方交付税や臨時財政対策債が減少するなど、限られた財源の有効活用を最大限に図りながら、市民の健康を守る拠点施設であります市民病院の全面改築を進めますとともに、福知山駅周辺を中心とする都市基盤整備事業の促進、さらには少子高齢化社会に対応した福祉環境の充実を図るとともに、川口中学校の全面移転改築につきましては、校舎移転に取りかかるなど、教育環境の整備充実に努めてまいりました。


 平成16年度は、たび重なる台風、とりわけ台風23号の襲来被害によりまして、51年ぶりとなる未曾有の大災害となり、緊急かつ早期の復旧が求められ、その対応に職員一丸となって対処するとともに、財政調整基金の活用を図りながら、災害復旧に全力を尽くしたところでございます。


 さらに、平成15年度より協議を進めてまいりました1市3町の合併につきましても、たび重なる協議の結果、新時代、北近畿をリードする創造性あふれる町といたしまして、21世紀にはばたく北近畿の都福知山の実現を目ざして、京都府に合併申請を行っておりましたが、平成17年8月12日に、総務省告示がなされたところであり、平成16年度の執行につきましては、所期の成果を上げることができたと思う次第であります。


 一般会計でございますが、歳入のうち、市税につきましては、個人市民税は厳しい経済環境を反映し、前年度を下回る結果となりましたが、景気の緩やかな回復により企業収益が改善され、増収となり、固定資産税におきましても、償却資産は減収となりましたものの、土地、家屋におきまして増収となり、償却資産の落ち込みをカバーする形となりました。その結果、市税収入全体といたしましては、2.47%の増となりました。


 地方交付税につきましては、基準財政需要額が前年対比1.03%の減となる一方、基準財政収入額におきましては、法人市民税、固定資産税、地方消費税交付金が増収になり、新たに所得譲与税が創設算入されましたことによりまして、前年比2.73%の増によりまして、交付額が対前年7.85%の減となり、特別交付税と合わせまして5.45%の減となりました。


 歳出につきましては、災害復旧事業や各種事業を展開するに際しまして、市民の皆様方と行政が一体となりまして、新しいまちづくりに向けた基盤づくりに努めた結果、所期の目的を達成したものと考えております。


 収支につきましては、実質収支におきまして、4億8,610万円余の黒字決算となりました。


 特別会計におきましては、国民健康保険事業ほか15会計につきまして、それぞれの設置目的に沿って、一般会計と区分して独立採算を基本に、行財政運営を行っているものでございますが、全会計におきまして、所期の目的を達成したものと考えております。


 決算の収支は、3会計が黒字、10会計が赤字、3会計が収支差し引きゼロでございます。赤字決算のうち、先行投資的な性格を有する事業につきましては、今後の社会情勢も予見しながら、慎重な運営を心がけるつもりでありますが、赤字体質より脱却できない会計につきましては、総合的、抜本的に検討を加えなければ、健全財政を基本とした運営を目ざさなければならないと認識いたしております。


 企業会計でございますが、ガス事業会計につきましては、需要家戸数及び販売量は減少しましたが、繰り延べ勘定償却の完了に伴いまして、当年度は3,550万円余の純利益を計上することができました。


 水道事業会計につきましては、給水戸数、総給水量ともに増加し、また諸経費の削減に努めた結果、当年度は9,910万円余の純利益を計上することができました。


 ガス事業、水道事業、それぞれ企業会計として独立採算の原則を重く受け止め、今後とも健全経営に努力いたしますとともに、市民のライフラインとして、安全・安定供給に万全を期したいと考えております。


 病院事業会計につきましては、病院改築計画に基づき建設を進めますとともに、地域の基幹的病院として使命を果たすべく、医療提供体制の充実に努め、地域住民の高度化、多様化する医療ニーズに対応してまいりました。その収支につきましては、総患者数は増加し、診療収入は増収となりましたが、病院改築に伴う企業債利息や減価償却費等が増加し、当年度は2,890万円余の純損失を計上することになりました。


 議第37号、普通財産の無償譲渡につきましては、福知山市字堀小字水内3471番地の土地につきまして、西日本旅客鉄道株式会社に無償で譲渡するものでございます。


 議第38号、字の区域及び名称変更につきましては、三和町、夜久野町及び大江町の区域の編入に伴いまして、変更をお願いするものであります。


 議第40号、市道路線の認定及び廃止につきましては、3路線の認定、2路線の廃止をお願いするものであります。


 議第41号、京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更、議第42号、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約の変更につきましては、いずれも合併に伴いまして、それぞれ管理組合規約の改正を要する必要が生じましたため、お願いするものでございます。


 議第43号、福知山地区土地開発公社定款の一部変更につきましては、三和町、夜久野町、大江町が福知山市に編入合併されることに伴い、福知山地区土地開発公社定款について、所要の改正を要する必要がありますので、お願いするものでございます。


 議第44号、専決処分の承認につきましては、来る9月11日執行の衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査執行経費について、急施を要するため、8月9日付で専決処分をしたものでございます。


 以上、提案理由の概要につきまして申し述べましたが、細部につきましては総務部長が説明いたしますので、慎重にご審議をいただきまして、速やかにご協賛を賜りますよう、お願い申し上げます。


○(井上重典議長)  総務部長。


○(塩見康郎総務部長)(登壇)  失礼をいたします。


 本定例会に上程をされました議案並びに報告につきまして、細部の説明を申し上げます。


 議第17号から議第26号の議案につきましては、いずれも補正予算にかかわる議案でございますので、お手元に配布をいたしております予算事項別明細書によりまして、ご説明を申し上げます。


 議第17号、平成17年度福知山市一般会計補正予算(第4号)でございますが、予算事項別明細書8ページをお願いいたします。


 歳出でございますが、総務費の一般管理費から財産管理費につきましては、いずれも合併準備に要する経費でございまして、その主なものは、本庁の内線外線電話等の整理経費、新市のガイドブック作成経費、また庁舎事務室の賃貸借等の経費でございます。


 次のページの企画費150万円は、(仮称)北近畿の都センターの基本構想策定業務にかかる経費をお願いいたしております。


 文化振興費2,991万3,000円は、佐藤太清画伯のご遺族様よりの篤志寄附を、佐藤太清記念美術館整備基金並びに佐藤太清賞基金に積み立てるものでございます。


 諸費8,725万6,000円は、新市合併記念セレモニーにかかる経費のほか、北近畿タンゴ鉄道株式会社が実施をいたします緊急安全対策整備に対する助成並びに生活保護費の国、府への補助金返還と法人市民税の還付をお願いいたしております。


 民生費の社会福祉費、社会福祉総務費267万3,000円は、合併準備に要する経費で、乳幼児医療費並びに福祉医療費の各受給者証の新規発行にかかる所要の経費でございます。


 10ページをお願いいたします。


 老人福祉費883万5,000円は、3町の老人医療受給者証の一斉更新など、合併準備に要します経費のほか、補助採択を受けました認知症対応ふれあいホームの施設整備に助成する経費をお願いいたしております。


 衛生費の環境衛生費730万円は、商工会館並びに企業交流プラザにかかりますアスベスト飛散防止のための安全対策経費でございます。


 保健指導費350万円は、合併準備経費といたしまして、前立腺がん検診等の電算システム開発経費をお願いいたしております。


 老人保健医療事業費153万9,000円は、特別会計への繰出金でございます。


 次のページのじん芥処理費3,649万1,000円は、指定ごみ袋作成販売並びに蛍光管分別収集実施に伴います所要の合併準備経費のほか、最終処分場整備事業に国庫補助金が増額となりましたので、お願いをいたしております。


 農林業費の農地費8,649万1,000円は、基盤整備促進事業によります遷喬?地区に府補助金が増額となりましたので、お願いをいたしておりますほか、事業採択を受けました土地改良施設維持管理適正化事業などでございます。


 12ページをお願いいたします。


 商工費の商工業振興費4,783万7,000円は、中小企業特別融資制度事業並びに住宅及び店舗改修資金助成が予算不足となる見込みでございますので、お願いをいたしております。


 土木費の道路維持費130万2,000円は、新たに開設をいたしますJR福知山駅前広場の円滑な管理運営を行うための所要の経費でございます。


 橋りょう新設改良費1,926万7,000円は、国の補助採択を受けました橋りょう耐震化事業にかかる所要の経費でございます。


 次のページの河川総務費7,580万3,000円は、天井川並びに十三丘川の河川改修事業に国庫補助金が増額となりましたので、お願いをいたしております。


 都市計画総務費600万円は、新市の都市計画図の作成経費ほか、都市再生推進事業に補助採択を受けましたので、所要の経費の補正をお願いしております。


 14ページをお願いいたします。


 土地区画整理費9,426万4,000円は、まちづくり交付金事業、次の街路事業費3億528万円は、寺町岡篠尾線惇明工区、石原土地区画整理事業並びに福知山駅周辺土地区画整理事業、さらに公園施設費2,046万円は、三段池公園整備事業に、それぞれ国庫補助金が増額となりましたので、お願いをいたしております。


 次のページの消防費の常備消防費150万円は、アスベスト対策といたしまして、消防職員用の防じんマスクを購入する経費でございます。


 非常備消防費683万8,000円は、消防団にかかる合併準備経費をお願いいたしております。


 消防施設費87万6,000円は、通信指令システムの設定など、合併準備に要する経費でございます。


 教育費の教育振興費312万6,000円は、小学生社会科副読本製作などの合併準備経費のほか、京都府のモデル事業として採択を受けましたIT等活用家庭学習支援調査研究事業をお願いいたしております。


 16ページをお願いいたします。


 小学校費の学校管理費449万5,000円は、3町の小学校にかかる合併準備経費でございます。


 教育振興費35万円は、京都府から事業採択を受けました生徒指導推進協力員活用調査研究事業でございます。


 中学校費の学校管理費263万7,000円は、3町の中学校にかかる合併準備経費のほか、国の補助採択を受けました理科教育教材充実事業でございます。


 次のページの社会教育総務費200万円は、国の補助採択を受けました市内埋蔵文化財情報発信事業でございます。


 以上で歳出の説明を終わらせていただきまして、続いて歳入の説明をさせていただきます。


 戻っていただきまして、4ページをお願いいたします。


 歳入でございますが、地方交付税1億7,683万7,000円は、普通交付税並びに特別交付税を補正財源に充てるものでございます。


 農林業費分担金888万円は、遷喬?地区の基盤整備促進事業にかかるものでございます。


 衛生手数料746万3,000円は、指定ごみ袋販売にかかるものでございます。


 土木費国庫負担金2,050万円は、三段池公園整備事業並びに駅周辺土地区画整理事業公共施設等管理者負担金にかかります増と、石原土地区画整理事業公共施設管理者負担金にかかわります減との差し引きでございます。


 次のページ、衛生費国庫補助金626万1,000円は、最終処分場整備事業にかかるものでございます。


 土木費国庫補助金1億7,273万8,000円は、橋りょう耐震化事業、天井川及び十三丘川の改修事業、寺町岡篠尾線惇明工区事業、まちづくり交付金事業、石原及び福知山駅周辺土地区画整理事業公共施設管理者負担金、都市再生推進事業にかかるものでございます。


 教育費国庫補助金156万6,000円は、中学校の理科教育教材充実事業、市内埋蔵文化財情報発信事業にかかるものでございます。


 民生費府補助金500万円は、ふれあいホーム整備事業にかかるものでございます。


 農林業費府補助金4,703万円は、遷喬?地区の基盤整備促進事業にかかるものでございます。


 土木費府補助金2,684万3,000円は、橋りょう耐震化事業、石原及び福知山駅周辺土地区画整理事業公共施設管理者負担金にかかるものでございます。


 消防費府補助金314万6,000円は、分団旗新調など、消防団の合併準備にかかるものでございます。


 6ページをお願いいたします。


 教育費府委託金125万円は、生徒指導推進協力員活用調査研究事業、IT等活用家庭学習支援調査研究事業にかかるものでございます。


 物品売払収入3万7,000円は、新市の都市計画図売り払いにかかりますものでございます。


 総務費指定寄附金2,991万3,000円は、佐藤太清画伯のご遺族よりの篤志寄附でございます。


 基金繰入金924万円は、駅高架下東駐輪場整備事業並びに最終処分場整備事業にそれぞれ当該基金を充てるものでございます。


 次のページの雑入2,663万4,000円は、人事給与関係の電算処理など、合併準備にかかわります3町等からの負担金のほか、市単費ほ場整備事業にかかるものでございます。


 衛生債2,210万円は、最終処分場整備事業にかかるものでございます。


 土木債1億7,940万円は、まちづくり交付金事業、寺町岡篠尾線惇明工区事業、福知山駅周辺土地区画整理事業公共施設管理者負担金、三段池公園整備事業にかかります増と、石原土地区画整理事業公共施設管理者負担金にかかります減との差し引きでございます。


 繰越金1億5,290万4,000円は、前年度繰越金を補正財源に充てるものでございます。


 以上によりまして、1ページから3ページにかけましての総括の歳入歳出のとおり、議第17号は、歳入歳出の総額に歳入歳出ともに8億9,774万2,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出ともに291億8,964万2,000円とするものでございます。


 18ページと19ページをお願いいたします。


 給与費明細書及び継続費の調書でございますので、後ほどお目通しを賜りたいと存じます。


 以上で、一般会計の説明を終わらせていただきまして、次に、特別会計についてご説明を申し上げます。


 21ページをお願いいたします。


 議第18号、平成17年度福知山市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、いずれも合併準備に要する経費でございまして、国保証等の更新など、合併準備に要する経費の補正をお願いしております。補正額は、歳入歳出ともに8,526万1,000円であり、これによりまして、歳入歳出の総額を歳入歳出ともに52億4,396万1,000円とするものでございます。


 25ページをお願いいたします。


 議第19号、平成17年度福知山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、特定環境保全公共下水道事業に国庫補助金が増額となりましたのでお願いをするほか、高金利、高資本対策として、借り換えにかかわる所要の経費の補正をお願いいたしております。補正額は、歳入歳出ともに1億7,230万円でございまして、これによりまして、歳入歳出の総額をそれぞれ歳入歳出ともに40億6,430万円とするものでございます。


 29ページをお願いいたします。


 議第20号、平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、合併準備経費としての受給者証等更新にかかる経費の補正をお願いしております。補正額は歳入歳出ともに153万9,000円でございまして、これによりまして、歳入歳出の総額をそれぞれ歳入歳出ともに60億8,952万8,000円とするものでございます。


 31ページをお願いいたします。


 議第21号、平成17年度福知山市農業集落排水施設事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、高資本費対策として借り換えにかかわる所要の経費の補正をお願いいたしております。補正額は歳入歳出ともに1,740万円でございまして、これによりまして、歳入歳出の総額をそれぞれ10億3,530万円とするものでございます。


 33ページをお願いいたします。


 議第22号、平成17年度福知山都市計画事業石原土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、国庫補助金の増額に伴いまして、公共施設管理者負担金が増額となりましたため、これを財源といたしまして、所要の補正をお願いいたしておりますほか、別途議案でもお願いいたしております車両物損事故にかかわります損害賠償金の補正をお願いいたしております。補正額は、歳入歳出ともに2,550万1,000円でございまして、これによりまして、歳入歳出の総額をそれぞれ歳入歳出ともに25億5,950万1,000円とするものでございます。


 35ページをお願いいたします。


 議第23号、平成17年度福知山都市計画事業福知山駅周辺土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、国庫補助金の増額に伴いまして、公共施設管理者負担金が増額となりましたため、これを財源といたしまして、所要の補正をお願いするものでございます。補正額は、歳入歳出ともに2億1,600万円でございまして、歳入歳出の総額は歳入歳出ともに、それぞれ29億9,700万円とするものでございます。


 37ページをお願いいたします。


 議第24号、平成17年度福知山市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、合併準備経費としての被保険者証更新にかかる経費のほか、要介護認定モデル事業並びに支払基金交付金等の返還にかかわります経費の補正をお願いいたしております。補正額は、歳入歳出ともに1,335万6,000円でございまして、歳入歳出の総額は、歳入歳出ともにそれぞれ34億3,835万6,000円とするものでございます。


 41ページをお願いいたします。


 議第25号、平成17年度福知山市ガス事業会計補正予算(第1号)につきまして、予算総括表によりましてご説明を申し上げます。


 篠尾地内にあります旧ガス工場跡地の一部売却及び同売却土地上の旧管理棟の売却に伴います補正をお願いするものでございます。特別利益の増は土地にかかる売却益で、特別損失の増は、建物にかかる売却損等でございます。


 また、資本的収入の増は、土地建物の売却に伴います差益を除きました売却代金でございます。


 以上によりまして、42ページのとおり、補正後の収益的収支は、5,347万7,000円の純利益、資本的収支は、1億6,797万6,000円の不足額となりますが、損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。


 49ページをお願いいたします。


 議第26号、平成17年度福知山市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、予算総括表によりましてご説明を申し上げます。


 営業費用の増は、急速ろ過地洗浄ポンプ室にかかりますアスベスト飛散防止のための安全対策経費、また六人部大橋橋りょう管修繕など、所要の経費でございます。


 また、資本的収支の増は、高金利対策として、借り換えにかかわる所要の経費でございます。


 以上によりまして、50ページのとおり、補正後の収益的収支は666万8,000円の純利益となります。なお、資本的収支不足額は、収支増額の補正のため、当初予算と同様でございます。


 恐れ入りますが、議案書の35ページをお願いいたします。


 議第27号、福知山市事務分掌条例の制定につきましては、3町との合併により、平成18年1月1日からスタートいたします新福知山市の組織機構等を定めるものでございます。


 第1条で、市長事務部局におけます部の設置を定めますとともに、次のページの第2条におきまして、部の分掌事務をそれぞれ定めております。


 39ページをお願いいたします。


 議第28号、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律の制定に伴う関係条例の整理につきましては、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部改正に伴いまして、福知山市水防協議会条例、福知山市消防団員等公務災害等補償条例、災害に際し応急措置の業務に従事した者に係る損害賠償に関する条例の3関係条例につきまして、所要の規定の整備を行うものであります。


 40ページの附則に、この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の規定は、平成17年7月1日から適用することといたしております。


 41ページをお願いいたします。


 議第29号、福知山市火災予防条例の一部改正につきましては、消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部改正に伴いまして、改正するものでございます。


 この41ページの第1条関係は、平成15年8月に発生しました三重県のごみ固形燃料発電所爆発火災事故を初め、指定可燃物及びそれと同等の危険性を有する物品が原因となります産業事故災害が多発したことを受けまして、火災予防対策の充実を図るものでございます。


 54ページをお願いいたします。


 第2条関係は、住宅火災による死者数が近年、全国的に増加傾向で推移し、今後も高齢化の進展とともにさらに増加するおそれがあることによりまして、住宅への火災警報器の設置を義務づけることなどを定めるものでございます。


 60ページをお願いいたします。


 第3条関係は、家庭用燃料電池の普及を図る観点から、新たに燃料電池発電設備の位置、構造及び管理の基準などを定めるものでございます。


 63ページをお願いいたします。


 この63ページの中段あたりから、施行期日を定めております。


 第1条関係の施行期日は、平成17年12月1日といたしておりますが、既存施設等に一定の経過措置を設けております。


 また、第2条関係の施行期日は、平成18年6月1日といたしておりますが、既存の住宅については、平成23年5月31日までの間は適用しないことといたしております。


 さらに、第3条関係の施行期日は、平成17年10月1日といたしておりますが、既存施設等に一定の経過措置を設けることといたしております。


 67ページをお願いいたします。


 議第30号、福知山市簡易水道設置条例の一部を改正する条例の一部改正につきましては、次のページの別表のとおり、岩戸、下小田、立原、十三丘、下川口、金谷の6簡易水道を牧川簡易水道に統合することに伴いまして、改正をいたすものでございます。


 69ページをお願いいたします。


 議第31号、福知山市駅前広場条例の制定についてでございますが、福知山市駅前広場の設置及び管理等を定めるものでございます。


 第1条で、設置に関して定めますとともに、その他、各条におきまして管理運営上の項目をそれぞれ定めております。


 75ページをお願いいたします。


 この条例は、規則で定める日から施行することといたしておりますが、施行日前における使用許可等の手続につきましては、公布の日から施行することといたしております。


 79ページをお願いいたします。


 議第32号、福知山市自転車等駐車場条例の制定についてでございますが、福知山市自転車等駐車場の設置及び管理を定めるものでございます。


 第1条で、設置に関して定めますとともに、その他各条におきまして、管理運営上の項目をそれぞれ定めております。


 84ページをお願いいたします。


 中段以下でございますが、この条例は規則で定める日から施行することといたしておりますが、施行日前における定期利用許可の手続につきましては、公布の日から施行することといたしております。


 87ページをお願いいたします。


 議第33号、福知山市手数料条例の一部改正につきましては、京都府の事務処理の特例に関する条例の一部改正に伴いまして、車両広告物の手数料にかかる規定を削除するものでございます。


 この条例は、平成17年10月1日から施行することといたしております。


 89ページをお願いいたします。


 議第34号、福知山市都市公園条例の一部改正につきましては、三段池公園に松風亭を設置することに伴いまして、使用料等を定めるものでございます。


 90ページをお願いいたします。


 この条例は、平成17年10月1日から施行することといたしておりますが、施行日前における使用許可手続につきましては、公布の日から施行することといたしております。


 91ページをお願いいたします。


 次に、議第35号、平成16年度福知山市歳入歳出決算の認定について、さらに93ページの議第36号、平成16年度福知山市企業会計決算の認定につきまして、ご説明をさせていただきますが、お手元に配布をいたしております平成16年度福知山市歳入歳出決算説明及び成果報告書等によりまして、説明をさせていただきますので、まことに恐れ入りますが、福知山市歳入歳出決算説明及び成果報告書をご覧いただきたいと存じます。


 平成16年度福知山市一般会計歳入歳出決算でございますが、3ページをお願いいたします。


 成果報告書の3ページの決算の概要につきましては、前段で国並びに本市の予算編成及び財政運営の基調を概括いたしておりまして、後段には、収支決算の状況を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 右下に一般会計決算状況を掲げております。


 平成16年度の歳入総額は、287億6,640万5,000円、前年度に対しまして5.2%の増で、また歳出につきましては、280億6,559万8,000円、前年度に比し5.7%の増でございます。歳入歳出差し引き額は、7億80万7,000円でございまして、この額から上段に掲げております継続費逓次繰越事業に充てます一般財源及び繰越明許費の各事業の翌年度へ繰り越します一般財源の2億1,470万7,000円を差し引きいたしますと、平成16年度一般会計における実質収支は、4億8,610万円の黒字決算でございます。なお、この実質収支額につきましては、その2分の1を財政調整基金に積み立てまして、残額は平成17年度への繰越措置を講じたところでございます。


 4ページをお願いいたします。


 2の主な一般財源の状況でございますが、合計で対前年度比2億3,075万6,000円、1.45%の増となっております。


 市税は、対前年度比2億3,247万8,000円、2.47%の増、地方譲与税は対前年度比1億4,360万円、43.09%の増となっております。


 また、地方交付税は対前年度比2億6,324万7,000円、5.45%の減となっております。


 3の投資的経費の状況でございますが、増減の主なものにつきまして、ご説明を申し上げます。


 民生費関係の減は、前年度で執行いたしましたさくら保育園施設整備補助、みどり、花園保育園整備補助の減が主なものでございます。


 農林業費関係の減は、金谷連絡道整備事業、ふるさと農道緊急整備事業の完了等によるものでございます。


 土木費関係の大幅な減は、駅周辺土地区画整理事業、三段池公園整備事業の事業費が大幅に減少したこと等によるものでございます。


 教育費関係の減は、前年度執行の下六人部小学校体育館大規模改修等が主なものでございます。


 災害復旧事業の大幅な増は、51年ぶりとなります未曾有の大災害をもたらしました台風23号にかかわります災害復旧でございます。


 総額で55億3,972万2,000円、対前年度比3億5,139万9,000円、5.96%の減となっております。


 右側の4の義務的経費でございますが、人件費につきましては、事業費支弁人件費を除きますと、対前年度比4.39%、2億4,132万9,000円の増となっております。特別職の退職等によります退職手当、災害関連にかかります超勤手当等の増が主な要因でございます。


 扶助費の増は、児童手当、台風23号にかかわります災害救助費等が主なものでございます。


 公債費につきましては、対前年度比13億9,444万1,000円、43.79%の大幅な増となっておりますが、減税補てん債の借り換えによる一括償還及びNTT債の一括償還等が主な要因でございます。


 歳出決算総額に占めます元利償還金の構成比は16.32%でございます。なお、16年度末の一般会計地方債残高は、322億411万9,000円となっております。


 5ページの歳入決算についてでございますが、まず、市税全体の決算額は96億3,765万1,623円で、対前年度比2億3,247万7,914円、2.47%の増となっております。


 個人市民税は給与所得の減少によりまして減となりましたが、法人市民税は、企業収益の改善を受けまして増、固定資産税、都市計画税は、土地における負担調整措置、家屋の新増築の増等によりまして、前年を上回っております。


 たばこ税の増は、税率改正によるものでございます。


 なお、本年度より入湯税を創設いたしております。


 種目別構成比は、市民税が36.77%、固定資産税が53.12%、その他が10.11%となっております。


 なお、現年分及び滞納繰越分を含めました市税全体の徴収率につきましては、前年度より0.88ポイント上がりまして93.30%となっております。


 6ページをお願いいたします。


 以下、前年度との決算対比、CマイナスD欄で、増減の主なものにつきまして、目により説明を申し上げます。


 2の地方譲与税につきましては、三位一体改革によります税源移譲として、所得譲与税が創設されたことによりまして、大幅な増となっております。


 4の利子割交付金及び5の株式等譲渡所得割交付金は、平成16年度より創設されたものであります。


 6の地方消費税交付金につきましては、前年度交付分が16年度に交付されたことによりまして、大幅に増えております。


 11の地方交付税は、普通交付税が36億9,974万3,000円で、前年度比3億1,530万3,000円、7.85%の減、一方、特別交付税は、8億6,906万5,000円で、災害等によりまして、前年度比5,205万6,000円、6.37%の増となっておりまして、総額の前年対比は2億6,324万7,000円、5.45%の減でございます。


 10ページをお願いいたします。


 最下段の衛生手数料の減は、一般廃棄物処理手数料の減が主なものでございます。


 次のページの最下段、民生費国庫負担金の増は、生活保護費負担金、被用者小学校第3学年修了前特例給付負担金の増と、公立保育所の運営費が一般財源化されましたことによります減との差し引き増が主なものでございます。


 12ページをお願いいたします。


 下段の土木費国庫負担金の減は、街路事業、区画整理事業、公園事業、公営住宅建設事業のそれぞれの減が主なものでございます。


 次のページの上段、災害復旧費国庫負担金の増は、16年発生災害にかかる公共土木施設等の復旧事業によるものでございます。


 また、衛生費国庫補助金の増の主なものは、NTT債の一括償還に伴うものでございますし、さらに土木費国庫補助金の増は、街路事業費の増と、区画整理事業の減との差し引き増が主なものでございます。


 14ページをお願いいたします。


 中ほどの教育費国庫補助金の減は、前年度におきまして、下六人部小学校体育館大規模改修事業を行ったことによるものでございます。


 次のページの最下段、民生費府負担金の減は、公立保育所の運営費が一般財源化されましたことによります減が主なものでございます。


 18ページをお願いいたします。


 下段の農林業費府補助金の増は、団体営ため池等整備事業、基盤整備促進事業遷喬?地区、林地崩壊防止事業のそれぞれの増によるものでございます。


 次のページの土木費府補助金の減は、駅周辺土地区画整理事業の減が主なものでございます。


 20ページをお願いいたします。


 中ほどの教育費府補助金の減の主なものは、川口中学校全面移転改築事業に伴う減でございますし、災害復旧費府補助金の増は、16年発生災害にかかる農業田施設等の復旧事業並びに地域再建被災者住宅等支援事業によるものでございます。


 23ページをお願いいたします。


 下段の一般寄付金の減は、前年度に財団法人福知山地区土地開発公社より寄附を受けたことによるものでございます。


 24ページをお願いいたします。


 中ほどの基金繰入金の増は、財政調整基金、長田野工業団地公園緑地事業基金の増と、地域福祉基金の減との差し引き増が主なものでございます。


 次のページをお願いいたします。


 中ほどの総務債の減は、治水記念館整備事業にかかるものでございますし、衛生債の増は、最終処分場整備事業によるものでございます。


 また、農林業債の減は、ふるさと農道緊急整備事業の完了によるもの、さらに土木債の減は、公園整備事業、公営住宅建設事業のそれぞれの減が主なものでございます。


 27ページをお願いいたします。


 最上段の教育債の減は、前年度執行の下六人部小学校体育館大規模改修事業の減と、雀部小学校運動場拡張事業の増との差し引き減が主なものでございます。


 災害復旧債の増は、16年発生災害の復旧事業によるものでございますし、住民税等減税補てん債の増は、平成7、8両年度発行分の借り換えによるものでございます。また、臨時財政対策債につきましては、地方交付税財源の一部を地方へ振り向けられたものでございまして、本市の枠配分でございます。


 以上によりまして、平成16年度一般会計収入決算額は287億6,640万4,986円となりまして、対前年14億995万5,500円、5.2%の増でございます。


 次に、歳出決算につきまして、前年度決算と比較いたしまして、増減の主なものにつきまして、目によりご説明を申し上げます。28ページをお願いいたします。


 下段の一般管理費の増は、退職手当の増が主なものでございます。


 次のページの中段の財産管理費の減は、減債基金積立金の減が主なものでございます。


 30ページをお願いいたします。


 中段、文化振興費の減は、治水記念館整備事業並びに美術館整備事業積立金の減が主なものでございますし、最下段の諸費の減は、法人市民税等の過年度交付金が主なものでございます。


 次のページの徴税総務費の増は、固定資産税の評価替え業務、土地家屋評価管理業務の各事業の増などが主なものでございます。


 最下段の戸籍住民基本台帳費の増は、戸籍電算化システムにかかるものでございます。


 34ページをお願いいたします。


 社会福祉援護費の増は、身体障害者並びに知的障害者にかかわります支援費の増が主なものでございます。


 次のページの老人福祉費の減は、高齢者地域福祉拠点施設整備事業の減と、介護保険事業特別会計への繰出金増との差し引き減が主なものでございます。


 38ページをお願いいたします。


 最下段の児童措置費の増は、児童手当並びに児童扶養手当の増が主なものでございます。


 40ページをお願いいたします。


 生活保護費の扶助費の減は、生活保護費支給額の減でございます。


 42ページをお願いいたします。


 最下段の診療所費の増は、川口内科診療所、三岳診療所及び川口歯科診療所の公設民営化移行に伴います国民健康保険診療所費特別会計への繰出金増でございます。


 次のページの上段、老人保健医療事業費の増は、老人保健医療事業特別会計への繰出金でございます。


 また、じん芥処理費の増は、最終処分場整備事業第2期及び第3期の増が主なものでございます。


 44ページをお願いいたします。


 上段のし尿処理費の減は、昨年度におきまして、合特法関連の転廃交付金を執行したことによるものでございます。


 48ページをお願いいたします。


 上段の農地費の減は、ふるさと農道緊急整備事業の完了に伴います減並びに過年度土地改良事業補助金の減が主なものでございます。


 次のページの上段、林業振興費の増は、林地崩壊防止事業の増でございますし、最下段の商工業振興費の増の主なものは、中小企業緊急特別融資制度によるものでございます


 52ページをお願いいたします。


 最下段の河川総務費の減は、防衛施設周辺障害防止対策事業の西川改修並びに準用河川改修事業の天井川改修が主なものでございます。


 次のページの最下段の街路事業費の大幅な減は、福知山駅周辺土地区画整理事業並びに石原長田野線等の事業費減によるものでございます。


 54ページをお願いいたします。


 上段の都市下水路費の増は、市街地排水対策事業雨水貯留施設整備の増と、前年度執行のポンプピット築造工事費の減との差し引き増が主なものでございますし、下段の公園施設費の減は、三段池公園並びに福知山城公園の整備にかかわります事業費減が主なものでございます。


 次のページの中段、住宅建設費の減は、秋津が丘団地建て替え事業によるものでございます。


 59ページをお願いいたします。


 最下段、小学校費の学校建設費の減は、下六人部小学校体育館大規模改修の完了に伴います減と、雀部小学校運動場拡張事業の増との差し引き減が主なものでございます。


 64ページをお願いいたします。


 中段より下、体育施設費の減は、温水プール省エネルギー化改修事業の完了に伴います減でございますし、最下段の土木施設災害復旧費から、68ページの最上段、教育措置費にかけましては、いずれも平成16年の台風23号を初めといたします、災害発生に伴います増でございます。


 68ページをお願いいたします。


 最下段、公債費の元利償還金の大幅な増は、平成7、8両年度発行の減税補てん債を、借り換えによりまして一括償還を実施したこと、さらにNTT債につきましても、一括償還を実施したことによるものでございます。


 以上によりまして、平成16年度一般会計の歳出決算額は、280億6,559万8,020円で、対前年15億1,140万2,288円、5.7%の増となっております。


 次に、特別会計につきまして、説明をさせていただきます。


 71ページをお願いいたします。


 福知山市国民健康保険事業特別会計でございますが、歳入決算額は49億4,307万9,261円、これに対しまして、歳出決算額は47億7,262万526円でございまして、1億7,045万8,735円の黒字決算でございます。


 78ページをお願いいたします。


 この78ページの資料にもございますように、加入世帯数、被保険者数ともに増加となっております。保険料につきましては、療養給付費の増額を見込み、引き上げをお願いしたところでございまして、一般被保険者1世帯当たり0.02%、1人当たり1.09%増となっております。


 決算につきましては、繰越金、退職者療養給付費交付金の追加交付等によりまして黒字決算となっております。なお、現年分、滞納分を含めました保険料の徴収率につきましては、前年度より0.57ポイント下がりまして、77.04%となっております。


 次のページの福知山市国民健康保険診療所費特別会計につきまして、ご説明申し上げます。


 歳入決算額は、3億1,825万9,081円、歳出決算額、3億2,960万1,115円でございますが、川口内科診療所、三岳診療所及び川口歯科診療所を公設民営化に移行するため、当該施設にかかわります赤字額1億8,549万4,832円を清算するため、一般会計より繰り入れを行いました。その結果、1,134万2,034円の赤字決算となっております。


 81ページをお願いいたします。


 上段の表に、3つの診療所の診療件数、患者数、診療収入を前年度と対比をいたしまして記載をしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 82ページをお願いいたします。


 福知山市用品調達事業特別会計でございますが、歳入決算額3,894万5,308円に対しまして、歳出決算額3,947万2,034円で、差し引き、在庫品に相当いたします52万6,726円の赤字決算でございます。下段にも書いておりますように、事務事業の執行に必要な物品の集中購入を行いまして、事務事業の円滑な運営を図ったものでございます。


 次のページの福知山市と畜場費特別会計でございますが、歳入歳出決算額とも2,466万8,030円で、差し引きゼロとなっております。広域食肉センターの維持管理の収支不足を3市の負担金と本市の一般会計よりの繰出金で補てんいたしまして、収支の均衡を図ったものでございます。


 85ページをお願いいたします。


 福知山市簡易水道事業特別会計でございますが、歳入決算額10億5,637万6,890円、歳出決算額11億5,149万105円、収支差し引き額から翌年度繰越財源の390万円を差し引きいたしまして、9,901万3,215円の赤字決算でございます。


 88ページをお願いいたします。


 この88ページの欄外に、事業の概要を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 次のページの福知山市下水道事業特別会計でございますが、歳入決算額39億374万9,197円、歳出決算額38億6,212万7,432円、収支差し引き額から翌年度繰越財源の217万6,000円を差し引きいたしまして、3,944万5,765円の黒字決算でございます。


 92ページをお願いいたします。


 この92ページの欄外に、事業の概況を記述しておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 次のページの福知山市宅地造成事業特別会計でございますが、歳入決算額3億4,643万5,095円に対しまして、歳出決算額8億3,186万2,205円で、4億8,542万7,110円の赤字決算となっております。事業計画に基づきまして事業進捗を図ったものでございまして、事業の進捗率は57.6%でございます。


 95ページをお願いいたします。


 福知山市休日急患診療所費特別会計でありますが、歳入歳出決算額はいずれも2,368万4,161円で、収支差し引きゼロでございます。一般会計からの繰り入れで、収支の均衡を図っておりまして、受診者は前年度より50人増の1,477人となっております。


 97ページをお願いいたします。


 福知山市公設地方卸売市場事業特別会計でございますが、歳入決算額は3,044万9,412円に対しまして、歳出決算額5億7,058万7,567円で、差し引き5億4,013万8,155円の赤字決算でございます。取り扱い額は、前年度と比べまして、青果の部では2.4%の増となっておりますが、水産の部は11.1%の減でございます。


 99ページをお願いいたします。


 福知山市老人保健医療事業特別会計でございますが、歳入決算額61億1,752万9,995円に対しまして、歳出決算額61億3,720万2,722円で、1,967万2,727円の赤字決算となっております。


 101ページをお願いいたします。


 この101ページの欄外に、事業の概要を記述しておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 102ページをお願いいたします。


 福知山都市計画事業福知山駅南土地区画整理事業特別会計でございますが、歳入決算額2,408万7,443円、歳出決算額15億1,616万1,889円で、14億9,207万4,446円の赤字決算となっております。保留地の売り払いに努めたところでございまして、事業の進捗率は99.7%となっております。


 104ページをお願いいたします。


 福知山市農業集落排水施設事業特別会計につきましては、歳入決算額6億3,345万5,882円に対しまして、歳出決算額10億1,130万7,487円、3億7,785万1,605円の赤字決算となっておりますが、前年度より収支の改善を図ったところでございます。


 106ページをお願いいたします。


 この106ページの欄外に事業の概要を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 次のページの福知山市産業廃棄物処理事業特別会計でございますが、歳入歳出決算額とも2億1,831万1,567円で、収支差し引きゼロとなっております。処理量は、対前年度比10.94%の増、処理手数料につきましても、5.59%の増となっております。なお、本特別会計は平成16年度で廃止をし、平成17年度からは一般会計が引き継ぐことといたしております。


 109ページをお願いいたします。


 福知山都市計画事業石原土地区画整理事業特別会計でございますが、歳入決算額1億6,502万6,659円、歳出決算額20億9,273万9,325円、収支差し引き額から翌年度繰越財源の509万7,750円を差し引きいたしまして、19億3,281万416円の赤字決算となっております。道路築造、物件の移転補償等を積極的に進めまして、当年度末におけます事業進捗率は約87%でございます。


 111ページをお願いいたします。


 福知山都市計画事業福知山駅周辺土地区画整理事業特別会計につきましては、歳入決算額9億9,079万3,500円に対しまして、歳出決算額17億5,202万4,448円で、7億6,123万948円の赤字となっております。物件移転、道路整備等を実施したところでございまして、当年度末の事業進捗率は約47%でございます。


 113ページをお願いいたします。


 福知山市介護保険事業特別会計でございますが、歳入決算額33億1,140万1,206円、歳出決算額32億2,700万2,724円で、8,439万8,482円の黒字決算となっております。年間平均被保険者数は3万6,234人、年間平均認定者数は2,262人となっております。


 以上で特別会計を終わらせていただきまして、次に、議第36号、平成16年度福知山市企業会計決算の認定につきまして、ご説明を申し上げます。


 お手元に配布をいたしております平成16年度福知山市企業会計決算、ガス事業・水道事業をご覧いただきたいと思います。


 初めに、ガス事業でございますが、ガの8ページをお願いいたします。


 福知山市ガス事業報告書によりまして、ご説明を申し上げます。


 概況の総括事項におきましては、ガス事業の概況を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 収支につきましては、需要家及び販売量の減少、料金の値上げ改定等によりまして、ガス売り上げは減少をいたしましたが、前年度までの繰延勘定償却の完了に伴いまして、3,550万8,176円の純利益となっております。


 次に、損益につきまして、ガの3ページのガス事業損益計算書によりまして、ご説明を申し上げますので、ガの3ページをお願いいたします。


 本年度の経常損益は、下から6行目に記載をいたしておりますとおり、3,550万8,176円の利益となりました。さらに、前年度未処理欠損金が7億5,814万2,512円でございますので、当年度未処理欠損金は7億2,263万4,336円となります。この欠損金の処理につきましては、ガの5ページのガス事業欠損金処理計算書によりまして処理することといたしております。


 続きまして、水道事業決算につきまして、ご説明を申し上げます。水の8ページをお願いいたします。


 福知山市水道事業報告書によりまして、ご説明を申し上げます。


 概況の総括事項におきましては、水道事業の概況を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 収支につきましては、給水収益の増加によりまして、9,915万1,787円の純利益となりました。


 次に、損益につきまして、水の3ページの水道事業損益計算書によりましてご説明を申し上げますので、水の3ページをお願いいたします。


 本年度の経常損益は、下から4行目に記載をいたしておりますとおり、9,915万1,787円の利益となっております。特別損益はございませんので、この額が純利益となりますが、前年度繰越利益剰余金770万9,844円を加えまして、当年度未処分利益剰余金は1億686万1,631円となります。この剰余金処分につきましては、水の5ページの水道事業剰余金処分計算書のとおり、処理する予定といたしております。


 続きまして、病院事業会計につきまして、ご説明を申し上げます。


 別冊の平成16年度福知山市企業会計決算書、病院事業をご覧いただきたいと存じます。


 病院事業の7ページをお願いいたします。


 福知山市病院事業報告書によりまして、ご説明を申し上げます。


 概況の総括事項におきまして、病院事業の概況を記述いたしておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 収支につきましては、総患者数の増加によります診療収入の伸びがありましたが、病院改築に伴います企業債利息や減価償却費等が増加をいたしました結果、2,893万1,161円の純損失となっております。


 次に、損益につきまして、2ページから3ページにかけまして記載をいたしております病院事業損益計算書によりましてご説明をさせていただきますので、2ページをお願いいたします。


 この2ページから3ページにかけまして損益計算書を掲げておりますが、本年度の経常損益は3ページの下から6行目のとおり、1,297万4,913円の損失となりました。特別損益は1,595万6,248円の損失となりましたので、当年度純損失は2,893万1,161円となります。前年度繰越利益剰余金が2億8万2,395円となりますので、これを差し引きいたしますと、当年度未処分利益剰余金は1億7,115万1,234円となります。この剰余金処分につきましては、4ページの下段に掲げております病院事業剰余金処分計算書のとおり、全額を翌年度に繰り越すことといたしております。


 以上で、決算関係の説明を終わらせていただきまして、再度、議案書に戻らさせていただきます。


 恐れ入りますが、議案書の95ページをお願いいたします。


 議第37号、普通財産の無償譲渡についてでありますが、福知山市字堀小字水内3471番地に所在をいたします宅地8,287.75平方メートル、評価額が2億8,366万4,551円の福知山市の普通財産を、京都府福知山市字天田118番地の1、西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社長 森田力夫氏に無償譲渡をするものでございます。


 97ページをお願いいたします。


 議第38号、字の区域及び名称の変更につきましては、三和町、夜久野町及び大江町の区域の編入に伴いまして、次のページから掲げております別紙の調書のとおり、変更するものでございます。


 99ページをお願いいたします。


 議第39号、損害賠償の額につきましては、平成17年3月15日、石原地内におきまして、車道の段差により上水道の仕切り弁に衝突し、自動車が損傷したことによる相手方の損害を賠償するものでございます。損害賠償額は、50万363円でございます。


 101ページをお願いいたします。


 議第40号、市道路線の認定及び廃止につきましては、JR福知山駅高架開業に伴いまして、次のページの別紙のとおり、認定3路線、廃止2路線をお願いいたしております。


 103ページをお願いいたします。


 議第41号、京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更について、並びに105ページの議第42号、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合が組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約の変更につきましては、いずれも合併に伴いまして、当該管理組合の規約をそれぞれ変更するものでございます。


 107ページをお願いいたします。


 議第43号、福知山地区土地開発公社定款の一部変更につきましては、平成18年1月1日から、三和町、夜久野町及び大江町が福知山市に編入合併されることに伴い、福知山地区土地開発公社定款につきまして、次のページの別紙のとおり、所要の改正をお願いをいたしております。


 109ページをお願いいたします。


 議第44号、専決処分の承認についてでございますが、来る9月11日執行の衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査執行経費につきまして、急施を要しましたため、次のページの専決第2号のとおり、8月9日に専決処分を行ったものであります。


 111ページをお願いいたします。


 報第2号、継続費精算書の報告についてでございますが、継続事業として執行してまいりました秋津が丘公営住宅建設事業第4期分につきまして、継続年度が終了いたしましたので、次のページの別紙のとおり、継続費の精算報告を申し上げておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 113ページをお願いいたします。


 報第3号、損害賠償の額につきましては、地方自治法第180条第1項の規定によりまして、次のページの専決第1号につきましては平成17年6月29日に、さらに3ページの専決第3号につきましては平成17年8月19日に、それぞれ専決処分をしたものでございます。その内容と額につきましては、それぞれ記載をいたしておりますとおりでございますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 以上で、上程をされました議案及び報告につきましての説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますよう、お願いを申し上げます。


○(井上重典議長)  これにて、提案理由の説明は終わりました。


 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。


 次回は、来る9月15日午前10時から本会議を開きます。それまで、議案熟読のため休会といたします。


 なお、一般質問の通告締め切りは明8日の午後3時となっておりますので、期限までに通告書の提出をお願いいたします。


 それでは、本日はこれをもって散会といたします。


 なお、この後、一般質問の順番を決める抽選を行いますので、抽選の必要な方は第一応接室にご参集ください。


 ご苦労さまでございました。


                午前11時44分  散会