議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成17年第2回臨時会(第2号 5月20日)




平成17年第2回臨時会(第2号 5月20日)





 


           平成17年第2回福知山市議会臨時会会議録(2)








               平成17年5月20日(金曜日)


                 午前10時00分 開議





〇出席議員(25名)


       1番  福 島 慶 太       2番  審 良 和 夫


       3番  杉 山 金 三       4番  松 本 良 彦


       5番  芦 田 弘 夫       6番  野 田 勝 康


       7番  武 田 義 久       8番  竹 下 一 正


       9番  大 西 敏 博      10番  吉 見 光 則


      11番  渡 辺 麻 子      12番  足 立   進


      13番  荒 川 浩 司      14番  田 淵   弘


      15番  井 上 重 典      16番  塩 見   仁


      18番  今 次 淳 一      19番  芦 田   廣


      20番  和 泉 すゑ子      21番  加 藤 弘 道


      22番  有   幸 男      23番  立 道 正 規


      24番  仲 林 清 貴      25番  和 田   久


      26番  永 田 時 夫





〇欠席議員(1名)


      17番  小 野 喜 年





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長          ? 日 音 彦  助役         山 段   誠


  収入役         香 月 芳 雄  企画環境部長     梶 村 誠 悟


  環境推進室長      桐 村 俊 昭  総務部長       塩 見 康 郎


  福祉部長        松 田   規  市民人権部長     畠 中 源 一


  財政課長        長 坂   勉  消防長        芦 田 正 夫


  ガス水道事業管理者   芦 田   昭  ガス水道部長     岡 田 勝 一


  市民病院事務部長    西 川 典 行  教育委員長      藤 林   稔


  教育長         井 本 哲 夫  教育部長       塩 見 誠 二


  教育委員会理事     藤 田 正 博  選挙管理委員長    足 立 昭 彦


  選挙管理委員会事務局長 芦 田 修 一  監査委員       安 達 重 喜


  監査委員事務局長    芦 田 俊 朗





〇議会事務局職員出席者


  局長          福 田 清 治  次長         熊 谷 正 章





〇議事日程 第2号 平成17年5月20日(金曜日)午前10時開議


 第 1  常任委員会委員の指名について


 第 2  議長の常任委員会委員の辞任承認について


 第 3  常任委員会委員長及び副委員長の選任について


 第 4  議会運営委員会委員の指名について


 第 5  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について


 第 6  由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長並びに委員の辞任承認について


 第 7  由良川改修促進特別委員会委員の指名について


 第 8  由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任について


 第 9  市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の辞任承認について


 第10  市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の選任について


                    (審 議)


 第11  議第1号から議第3号まで


                 (質疑から委員会付託)





                午前10時00分  開議


                      


○井上重典議長  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから本会議を再開し、これより本日の会議を開きます。


 本日の会議に、小野喜年議員は検査入院のため欠席する旨の届け出がありましたので、ご報告いたします。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、これにてご了承願います。





             ◎日程第1  常任委員会委員の指名について





○井上重典議長  それでは、日程第1に入ります。


 常任委員会委員の指名についてを議題といたします。


 委員会条例第5条第1項の規定により、常任委員会委員を指名いたします。


 委員の所属と氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


  --------------------------------------------------------------------------------


    総務委員会


    松本 良彦議員  竹下 一正議員  吉見 光則議員  足立  進議員


    田淵  弘議員  井上 重典議員  今次 淳一議員


  --------------------------------------------------------------------------------


    市民厚生委員会


    野田 勝康議員  大西 敏博議員  荒川 浩司議員  塩見  仁議員


    加藤 弘道議員  仲林 清貴議員  和田  久議員


  --------------------------------------------------------------------------------


    経済委員会


    福島 慶太議員  杉山 金三議員  芦田 弘夫議員  和泉すゑ子議員


    立道 正規議員  永田 時夫議員


  --------------------------------------------------------------------------------


    文教建設委員会


    審良 和夫議員  武田 義久議員  渡辺 麻子議員  小野 喜年議員


    芦田  廣議員  有  幸男議員


  --------------------------------------------------------------------------------


○井上重典議長  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたさせましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、常任委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。


 この際、副議長と交代いたします。


                  (副議長 議長席へ)


                  (議長 自席へ)





          ◎日程第2  議長の常任委員会委員の辞任承認について





○加藤弘道副議長  次に、日程第2に入ります。


 議長の常任委員会委員の辞任承認についてを議題といたします。


 この際、井上重典議員の発言を求めます。


 井上重典議員。


○15番 井上重典議員  (登壇)  お願い申し上げます。


 議長の職務に専念いたしますために、常任委員会委員の辞任を承認願いたいと思います。よろしくお願いいたします。


○加藤弘道副議長  ただいま発言がありましたとおり、議長の職務上、常任委員会委員を辞任したい旨の願い出があります。先例により、これを承認することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○加藤弘道副議長  ご異議なしと認めます。


 よって、井上重典議員の常任委員会委員の辞任については、これを承認することに決しました。


 議長と交代をいたします。


                   (議長 議長席へ)


                   (副議長 自席へ)





         ◎日程第3  常任委員会委員長及び副委員長の選任について





○井上重典議長  次に、日程第3に入ります。


 常任委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。


 この際、選任の方法についてお諮りいたします。


 常任委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。


 それでは、常任委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


総務委員会


委員長       松本 良彦 議員


副委員長      吉見 光則 議員


市民厚生委員会


委員長       和田  久 議員


副委員長      大西 敏博 議員


経済委員会


委員長       芦田 弘夫 議員


副委員長      和泉すゑ子 議員


文教建設委員会


委員長       芦田  廣 議員


副委員長      審良 和夫 議員


○井上重典議長  ただいま朗読いたさせましたとおり、常任委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、常任委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





            ◎日程第4  議会運営委員会委員の指名について





○井上重典議長  次に、日程第4に入ります。


 議会運営委員会委員の指名についてを議題といたします。


 委員会条例第5条第1項の規定により、議会運営委員会委員を指名いたします。


 委員の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


  --------------------------------------------------------------------------------


    福島 慶太議員  野田 勝康議員  武田 義久議員  大西 敏博議員


    塩見  仁議員  小野 喜年議員  立道 正規議員  仲林 清貴議員


    永田 時夫議員


  --------------------------------------------------------------------------------


○井上重典議長  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたさせましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





         ◎日程第5  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について





○井上重典議長  次に、日程第5に入ります。


 議会運営委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。


 この際、選任の方法についてお諮りいたします。


 議会運営委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。


 それでは、議会運営委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


               委員長    野田 勝康議員


               副委員長   福島 慶太議員


○井上重典議長  ただいま朗読いたさせましたとおり、議会運営委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





  ◎日程第6  由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長並びに委員の辞任承認について





○井上重典議長  次に、日程第6に入ります。


 由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長並びに委員の辞任承認についてを議題といたします。


 由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長並びに委員から、それぞれの職を辞任したい旨の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 申し出のとおり、辞任を承認することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長並びに委員の辞任を承認することに決しました。





          ◎日程第7  由良川改修促進特別委員会委員の指名について





○井上重典議長  次に、日程第7に入ります。


 由良川改修促進特別委員会委員の指名についてを議題といたします。


 委員会条例第5条第1項の規定により、由良川改修促進特別委員会委員を指名いたします。


 委員の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


  --------------------------------------------------------------------------------


    杉山 金三議員  松本 良彦議員  芦田 弘夫議員  竹下 一正議員


    吉見 光則議員  渡辺 麻子議員  足立  進議員  荒川 浩司議員


    今次 淳一議員  和泉すゑ子議員  立道 正規議員  和田  久議員


  --------------------------------------------------------------------------------


○井上重典議長  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたさせましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、由良川改修促進特別委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





      ◎日程第8  由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任について





○井上重典議長  次に、日程第8に入ります。


 由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。


 この際、選任の方法についてお諮りいたします。


 由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。


 それでは、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


              委員長       杉山 金三議員


              副委員長      足立  進議員


○井上重典議長  ただいま朗読いたさせましたとおり、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





      ◎日程第9  市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の辞任承認について





○井上重典議長  次に、日程第9に入ります。


 市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の辞任承認についてを議題といたします。


 市町村合併特別委員会委員長及び副委員長から、それぞれの職を辞任したい旨の申し出があります。


 お諮りいたします。


 申し出のとおり、辞任を承認することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の辞任を承認することに決しました。





       ◎日程第10  市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の選任について





○井上重典議長  次に、日程第10に入ります。


 市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。


 この際、選任の方法についてお諮りいたします。


 市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。


 それでは、市町村合併特別委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


              委員長       塩見  仁議員


              副委員長      荒川 浩司議員


○井上重典議長  ただいま朗読いたさせましたとおり、市町村合併特別委員会委員長及び副委員長にそれぞれ指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、市町村合併特別委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。





              ◎日程第11  議第1号から議第3号まで





○井上重典議長  次に、日程第11に入ります。


 議第1号から議第3号までの3議案を一括議題とし、これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 12番、足立 進議員。


○12番 足立 進議員  (登壇)  日本共産党市会議員団を代表いたしまして、昨日に提案がありました議案に対する質疑を行います。


 まず、議第1号、平成17年度福知山市一般会計補正予算(第1号)について伺います。


 今回、合併に伴う電算統合に係る準備作業経費として、2億7,800万円が計上されていますが、これは合併の準備に真っ先に取り組むものと、合併協議会の中でも説明がありました。そこで伺いますが、そもそも合併にかかわる電算統合の準備作業の全体像はどうなっているのでしょうか。また、今回の2億7,800万円の内容は何か、また、個人データが当然扱われることになりますが、個人データの流出防止面で契約段階ではどのようなことが盛り込まれてくるのか、伺います。


 さらに、この経費の財源として、3町からの繰り入れと特別交付税が充てられていますが、合併に伴う国の予算措置として、確実に見込める特別交付税なのかどうか、伺っておきます。


 次に、地域再建被災者住宅等支援事業について伺います。


 昨年の12月議会の補正で8,820万円が計上されていますが、まずこの昨年12月での補正での執行状況はどうなっているのでしょうか。また、今回の2,000万円の補正追加された理由と内容はどうなっているのか、お聞かせください。


 さらに、半壊に伴う新築移転は来年の5月31日が申し込み締め切りになっていますが、一方、床上浸水や一部損壊での購入、改修の申請はことし5月末、つまり今月末になっていますが、今回の補正との関係で執行できるのかどうか、伺います。


 次に、議第3号、専決処分の承認について伺います。


 専決第7号の福知山市税条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、国の税制改悪により、年間所得が125万円を下回る65歳以上の人が、今後、住民税の課税対象になってきます。そこで伺いますが、今回の改正によって、本市ではどれくらいの人が該当し、どのような影響があると考えられておられますか。


 さらに、給与所得の源泉徴収が自動的に税務課に申請されることによって、フリーターや派遣社員等の、短期期間雇用で低賃金の労働者からも税の徴収ができることが可能になり、負担が増えることになります。そこで伺いますが、今回このような改正でどのような影響が出てくるのでしょうか。


 以上のことを伺いまして、1回目の質疑を終わります。


○井上重典議長  企画環境部長。


○梶村誠悟企画環境部長  失礼をいたします。


 合併にかかわりますところの補正をお願いしておるわけですが、それらの全体像なり内容ということでご質問があったわけでございます。


 この電算システムの統合にかかわります経費につきましては、1市3町が合併をいたしましたときに、住民生活やその窓口業務の混乱等、支障がありませんように、各種システムで保有しております住民基本台帳、国保、税等のデータを抽出統合を行うというものでございますとともに、本庁支所間でおきますところのネットワーク等の機能を行っていこうというものでございます。


 この電算システムなんですが、今現在、稼動しております1市3町のシステムの概要なんですが、福知山市におきましては、現在、60システムが稼動をいたしております。その中で、基幹系の業務なり、また相互に関連する個人システム業務等があるわけでございますけども、そういったものにつきまして、統合を図っていこうというものでございます。


 現在、3町さんのシステムなんですが、3町さんにおきましては、現在、三和では25のシステム、夜久野町では33、大江町では32のそれぞれのシステムが稼動しておるということでございまして、こういったものにつきまして、福知山市の仕様等に合わせまして統合していこうというものでございます。


 それから、当然こういったシステムを統合いたします場合におきましては、当然、個人データというか、個人情報を扱うわけでございますので、当然そういった保守と流出防止というものにつきましては、当然、各支所間なり部署、それから担当課におきましてセキュリティ対策等も含めまして対応していくということになっております。


 それから、業者につきましては、当然、データ等につきまして、今後確定はしておりませんけれども、それらの業者につきましても、十分セキュリティ対策等につきまして、契約上の約款等を結びまして対応していきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いをいたします。


 以上でございます。


○井上重典議長  建設部長。


○岡田泰博建設部長  地域再建被災者住宅の支援事業でございますが、状況から申し上げますと、現在、192件が受付をいたしまして、現在進めておりますが、平成16年度におきまして、この3月議会で一部繰り越しも承認をいただいたところでございまして、その時点におきましては、130件が終了いたしておりまして、現在、その後の分の62件について繰り越し分と、今回お世話になりますこの2,000万の補正額で対応してまいりたいと、このように思っているところでございます。


 以上でございます。


○井上重典議長  総務部長。


○塩見康郎総務部長  電算の統合経費に係ります財源としましての特別交付税の関係でございますが、今回の経費につきましては、合併推進に係る経費でございますので、機器等のハードにつきましては起債で対応し、それからソフトにつきましては特別交付税で措置をしていくものでございまして、これにつきましては、交付税に盛り込まれておるというふうに考えております。


 それから、税制の影響でございますが、税制改正の関係でございますが、現在、この改正につきましては、平成18年の1月1日からの実施でございますので、詳細については把握をしておりませんが、平成16年度の課税ベースで見てみますと、課税、非課税全体で65歳以上の方が1万3,800人でございます。そのうちの125万円以下の方が1万840人。今回の制度廃止といいますか、新たに課税となる方は、この今言いました1万840人のうち、約2,000人というふうに見込んでおります。これはあくまでも推計でございます。


 そして、影響でございますが、その影響につきましては、特に国民健康保険、それから介護保険等々、こういったことにおきまして、適用段階が移行いたしますために、こういった税制改正の影響が出てくるというふうに考えております。


 それから、フリーターの件でございますが、これにつきましては、今回の改正につきましては、年度途中で退職し、そして翌年の1月1日に給与の支払いを受けていない者につきまして、本人の申告義務はありますものの、いわゆる給与支払いの報告書の提出を義務づけたというものでございまして、納税義務者の所得把握を確実に行うためのものでありまして、現在の非課税のものについて、新たに課税の対象とするものではないということでご承知おき願いたいというふうに思っております。


 以上です。


○井上重典議長  12番、足立 進議員。


○12番 足立 進議員  自席より失礼いたします。


 各項目に対する質疑、答弁、ありがとうございました。


 詳細につきましては、また各委員会でお聞かせ願うこととしまして、1点だけお聞かせ願いたいんですが、地域再建被災者住宅等支援事業にかかわりまして、実際に被災された件数というのはまだありましたので、それに対して192件に対する対応ということで、その被災戸数と今、対応されようとする戸数の差があるわけですけど、その点について、どのように考えておられるのか、どのようにそして対応されようとするのか、その点、お聞かせ願いまして、質疑を終わらせていただきます。


○井上重典議長  建設部長。


○岡田泰博建設部長  ただいまの質疑にご答弁をいたします前に、先ほどのこの130件と62件の数値でございますが、この130件、平成16年の130件のうち、2件があと申し込み辞退がありまして、申しわけなかったんですが、128件と、それから平成17年度に入りまして64件ということで、合計192件ということで、ちょっと訂正をさせていただきたいと思います。


 それから、この当初の被害件数とこの現在の状況でございますが、例えば床上浸水でございましても、早くから、例えば畳でありますとか、対応されて、そしてまた壁等につきましても何ら修理をするような状況ではなかったというような場合もあります。そういったもので、こういった件数になっているのではないかというふうに思っております。


 それから、この間に、例えば新聞、そしてまた広報等でいろいろ周知を図ってまいったところでございまして、現在も数件について相談がございまして、何とかこの今月末で終了をしていくのではないかと、このように思っております。


 以上でございます。


○井上重典議長  他に質疑はありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ないようでありますから、質疑を終結いたします。


 これより、委員会付託を行います。


 お手元に配布いたしております議案付託表のとおり、それぞれの委員会に付託いたします。





○井上重典議長  以上で、本日の議事日程は終了いたしました。


 次回は、来る5月23日、午前10時から本会議を開きます。


 それでは、本日はこれをもって散会といたします。


 ご苦労さまでございました。


 なお、直ちに各派幹事会を開きますので、幹事さんは第1応接室にお願いいたします。


                 午前10時27分  散会