議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成17年第2回臨時会(第1号 5月19日)




平成17年第2回臨時会(第1号 5月19日)





 


           平成17年第2回福知山市議会臨時会会議録(1)








               平成17年5月19日(木曜日)


                 午前10時00分 開会





〇出席議員(25名)


       1番  福 島 慶 太       2番  審 良 和 夫


       3番  杉 山 金 三       4番  松 本 良 彦


       5番  芦 田 弘 夫       6番  野 田 勝 康


       7番  武 田 義 久       8番  竹 下 一 正


       9番  大 西 敏 博      10番  吉 見 光 則


      11番  渡 辺 麻 子      12番  足 立   進


      13番  荒 川 浩 司      14番  田 淵   弘


      15番  井 上 重 典      16番  塩 見   仁


      18番  今 次 淳 一      19番  芦 田   廣


      20番  和 泉 すゑ子      21番  加 藤 弘 道


      22番  有   幸 男      23番  立 道 正 規


      24番  仲 林 清 貴      25番  和 田   久


      26番  永 田 時 夫





〇欠席議員(1名)


      17番  小 野 喜 年





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長          ? 日 音 彦  助役         山 段   誠


  収入役         香 月 芳 雄  企画環境部長     梶 村 誠 悟


  環境推進室長      桐 村 俊 昭  総務部長       塩 見 康 郎


  福祉部長        松 田   規  市民人権部長     畠 中 源 一


  人権推進室長      岩 城 一 洋  経済部長       藤 田 重 行


  建設部長        岡 田 泰 博  福知山駅周辺整備室長 和 久 秀 輝


  財政課長        長 坂   勉  消防長        芦 田 正 夫


  ガス水道事業管理者   芦 田   昭  ガス水道部長     岡 田 勝 一


  病院事業管理者     藤 田 佳 宏  市民病院事務部長   西 川 典 行


  教育委員長       藤 林   稔  教育長        井 本 哲 夫


  教育部長        塩 見 誠 二  教育委員会理事    藤 田 正 博


  選挙管理委員長     足 立 昭 彦  選挙管理委員会事務局長


                                  芦 田 修 一


  監査委員        安 達 重 喜  監査委員事務局長   芦 田 俊 朗





〇議会事務局職員出席者


  局長          福 田 清 治  次長         熊 谷 正 章


  次長補佐兼庶務係長            次長補佐兼調査係長  二条久保 憲作


              小 林 重 幸





〇議事日程 第1号 平成17年5月19日(木曜日)午前10時開議


 市会報第3号  例月出納検査の結果報告について


 第 1  会期の決定について


 第 2  議長の辞職承認について


 第 3  議長の選挙


 第 4  副議長の辞職承認について


 第 5  副議長の選挙


                    (審 議)


 第16  議第1号 平成17年度福知山市一般会計補正予算(第1号)


 議第2号 平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)


 議第3号 専決処分の承認について


                  (提案理由の説明)


 第17  議第4号 監査委員の選任について


                    (審 議)





                午前10時00分  開会





○井上重典議長  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから平成17年第2回福知山市議会臨時会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 本日の会議に、小野喜年議員は通院のため欠席する旨の届け出がありましたので、ご報告いたします。


 本日、市長から、議第1号、平成17年度福知山市一般会計補正予算(第1号)ほか2件の議事事件の送付がありました。


 次に、監査委員から、例月出納検査結果報告がまいっております。その写しをお手元に配布いたしておりますので、お目通しおき願います。


 次に、議事説明員の一部変更がございました。印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、ご承知おき願います。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、それにてご了承願います。


 次に、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第128条の規定により、23番、立道正規議員、24番、仲林清貴議員、以上の両議員にお願いいたします。


               ◎日程第1  会期の決定について





○井上重典議長  それでは、日程第1に入ります。


 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日から来る5月24日までの6日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日から6日間と決定いたしました。





               ◎日程第2  議長の辞職承認について





○井上重典議長  次に、日程第2に入ります。


 議長の辞職承認についてを議題といたします。


 この際、副議長と交代いたします。


 副議長、よろしくお願いいたします。


                  (副議長 議長席へ)


                   (議長退場)


○野田勝康副議長  議長から、辞職願が提出されております。まず、その辞職願を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


                     辞職願


今般、都合により、福知山市議会議長の職を辞したいので、許可されるよう願い出ます。


 


平成17年5月19日


福知山市議会副議長  野 田 勝 康 様


福知山市議会議長   井 上 重 典





○野田勝康副議長  お諮りいたします。


 井上重典議員の議長の辞職を許可することに、ご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○野田勝康副議長  ご異議なしと認めます。


 よって、井上重典議員の議長の辞職を許可することに決しました。


                  (井上重典議員 入場)





                 ◎日程第3  議長の選挙





○野田勝康副議長  次に、日程第3に入ります。


 これより、議長の選挙を行います。


 選挙は、無記名投票により行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                  (庶務係長 議場閉鎖)


○野田勝康副議長  ただいまの出席議員数は25名であります。


 投票用紙を配布いたさせます。


                   (投票用紙配布)


○野田勝康副議長  投票用紙の配布漏れはありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○野田勝康副議長  配布漏れなしと認めます。


 次に、投票箱を改めさせます。


                (調査係長 投票箱点検・開示)


○野田勝康副議長  投票箱も異常なしと認めます。


 念のため、申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 なお、私も本席から最後に投票することといたします。


 点呼を命じます。


                 (議会事務局次長 点呼)


                    (投 票)


○野田勝康副議長  投票漏れはありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○野田勝康副議長  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (庶務係長 議場閉鎖解除)


○野田勝康副議長  それでは、開票を行います。


 会議規則第34条第2項の規定により、立会人に4番、松本良彦議員、22番、有 幸男議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。


                     (開 票)


○野田勝康副議長  それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数25票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたします。


 有効投票25票。


 無効ゼロ。


 有効投票中、井上重典議員、14票、永田時夫議員、11票。


 以上のとおりであります。


 なお、この選挙の法定得票数は7票であります。


 よって、井上重典議員が議長に当選されました。


 ただいま、議長に当選されました井上重典議員が議場におられますので、本席から、会議規則第35条第2項により告知をいたします。


 井上重典議員の発言を許します。


 井上重典議員。


○井上重典新議長  (登壇)  失礼いたします。


 お許しをいただきまして、本席から一言、ごあいさつを申し上げます。


 ただいま、多くの議員の皆様方のご推挙により、再び福知山市議会議長の要職につくことになりました。平成17年度は、新福知山市元年の年となります。8万3,000人の住民、そして552.57キロ平方メートルと、面積も広大な北近畿の都が誕生いたします。21世紀にはばたく新福知山市に、多くの市民、町民の皆さんが希望を抱いておられます。どの地域に住んでいても、生活環境は公平になる社会づくりになるように、市民の声を反映させ、?日市政発展に尽くす決意でございます。


 伝統に培われてきた1市3町のそれぞれに特色ある色の持ち味は、合併して重なり、混じり合えば、深みのある21世紀を担う子供たちから高齢者までが親しみのある、新しい新福知山の色が出てくると私は確信しております。そのカラーづくりに努めるとともに、円滑に市政運営に推進する議会の立場から、議員さんのご協力とご支援をいただきまして、全身全霊で取り組む覚悟でございます。


 議員、理事者の皆様方のご指導、ご鞭撻を今後ともお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○野田勝康副議長  それでは、議長を交代いたします。


                (新議長、議長席に着席)





             ◎日程第4  副議長の辞職承認について





○井上重典議長  次に、日程第4に入ります。


 副議長の辞職承認についてを議題といたします。


                   (副議長退場)


○井上重典議長  副議長から、辞職願が提出されております。まず、その辞職願を職員に朗読いたさせます。


○熊谷正章議会事務局次長  (朗読)


                     辞職願


今般、都合により、福知山市議会副議長の職を辞したいので、許可されるよう願い出ます。


 


平成17年5月19日


福知山市議会議長  井 上 重 典 様


福知山市議会副議長  野 田 勝 康





○井上重典議長  お諮りいたします。


 野田勝康議員の副議長の辞職を許可することに、ご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、野田勝康議員の副議長の辞職を許可することに決しました。


                  (野田勝康議員 入場)





                ◎日程第5  副議長の選挙





○井上重典議長  次に、日程第5に入ります。


 これより、副議長の選挙を行います。


 選挙は、無記名投票により行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                  (庶務係長 議場閉鎖)


○井上重典議長  ただいまの出席議員数は25名であります。


 投票用紙を配布いたさせます。


                   (投票用紙配布)


○井上重典議長  投票用紙の配布漏れはありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  配布漏れなしと認めます。


 次に、投票箱を改めさせます。


                (調査係長 投票箱点検・開示)


○井上重典議長  投票箱も異常なしと認めます。


 念のため、申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 なお、私も本席から最後に投票することにいたします。


 点呼を命じます。


                 (議会事務局次長 点呼)


                    (投 票)


○井上重典議長  投票漏れはありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (庶務係長 議場閉鎖解除)


○井上重典議長  それでは、開票を行います。


 会議規則第34条第2項の規定により、立会人に5番、芦田弘夫議員、20番、和泉すゑ子議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。


                     (開 票)


○井上重典議長  それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数25票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたします。


 有効投票24票。


 無効1票。


 有効投票中、加藤弘道議員、13票、芦田 廣議員、11票。


 以上のとおりであります。


 なお、この選挙の法定得票数は6票であります。


 よって、加藤弘道議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました加藤弘道議員が議場におられますので、本席から、会議規則第35条第2項により告知をいたします。


 加藤弘道議員の発言を許します。


 加藤弘道議員。


○加藤弘道新副議長  (平場)  失礼いたします。


 ただいまの副議長選挙におきまして、不肖、私、加藤弘道、皆さんのご支援で立派な成績で当選させていただきました。ありがとうございました。


 副議長の職責は、議長を支え、意思の疎通を図り、一生懸命務めさせていただきたいと、かように思っております。また、17年度は福知山市最後の年になります。そういう中で、議会の改革と活性化にも努めさせていただきたい、こんな思いを持たせていただいております。


 また、17年度、市長の3つの基本方針であります豊かな自然、育まれた中で、安心・安全なまちづくり、個性と魅力あふれる生きがいのあるまちづくり、また人に優しいまちづくりを基本に、頑張っていかせていただきたいとかようにも思っております。


 議員の皆様、また理事者の皆さんのご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


○井上重典議長  それでは、この際、暫時休憩をいたします。


 直ちに各派幹事会を開きますので、よろしくお願いいたします。


 再開時間は、追ってお知らせいたします。


                 午前10時36分  休憩


                 午後 4時50分  再開


○井上重典議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 会議は定刻を過ぎるようでありますから、この際、時間延長を行います。ご了承願います。


 この際、暫時休憩いたします。


 再開時間は、追ってお知らせいたします。


                 午後 4時50分  休憩


                 午後 7時17分  再開


○井上重典議長  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 お諮りいたします。


 この際、日程の順序を変更し、日程第16、議第1号から議第3号、並びに日程第17、議第4号を先議したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、この際、日程の順序を変更し、日程第16、議第1号から議第3号、並びに日程第17、議第4号を先議することに決しました。





              ◎日程第16  議第1号から議第3号まで





○井上重典議長  それでは、日程第16に入ります。


 上程議案の件名を職員に朗読いたさせます。


                    (事務局朗読)


○井上重典議長  ただいま朗読いたしました議第1号から議第3号までの3議案を一括議題とし、これより提案理由の説明を求めます。


 市長。


○?日音彦市長  (登壇)  ただいま上程されました諸議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます前に、去る4月25日におきましたJR福知山線の列車脱線事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、負傷されました方々の1日も早いご回復を祈念いたします。


 それでは、今回提出いたしました議第1号、一般会計補正予算でございますが、総務費につきましては、平成18年1月1日に新福知山市としてスタートを切るわけでございますが、合併初日から市民の皆様に支障なくサービスを提供させていただくためには、電算のシステムを統合させる必要がございまして、システム統合に要する時間を考え、今回、補正をお願いするものであります。


 土木費につきましては、地域再建被災者住宅等支援補助金の申請につきまして、申請件数が繰り越し予算を上回る見込みとなり、予算不足を生じることとなりましたので、補正をお願いするものでございます。


 議第2号、老人保健医療事業特別会計補正予算につきましては、平成16年度の決算の見通しにおきまして、当初見込んでおりました国庫支出金が落ち込むことになりましたため、1,900万円余の収支不足を生じる見込みでございます。このため、繰上充用金の補正をお願いするものでございます。


 議第3号、専決処分の承認につきましては、地方税法の一部改正が行われたことに伴いまして、急施を要しましたため、去る3月31日付で福知山市税条例、福知山市都市計画税条例の一部改正を専決処分したものであります。


 主な内容でありますが、市税条例の一部改正につきましては、個人市民税の年齢65歳以上の者に係る非課税措置の廃止に係る規定の整備、その他所要の規定の整備並びに各項及び文言の整備を行ったものでございます。


 また、都市計画税条例につきましても、地方税法等の一部を改正する法律の制定に伴い、条項及び文言の整備を行ったものでございます。


 以上、提案理由の概要につきまして申し述べましたが、細部につきまして、総務部長が説明いたしますので、慎重にご審議いただき、速やかにご協賛を賜りますようお願い申し上げます。


○井上重典議長  総務部長。


○塩見康郎総務部長  (登壇)  失礼いたします。


 ただいま提案されました議案につきまして、細部説明を申し上げます。


 議第1号、平成17年度福知山市一般会計補正予算についてでございますが、お手元に配布をいたしております予算事項別明細書によりまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが、事項別明細書の4ページをお願いいたします。


 歳出でございますが、総務費の一般管理費2億5,800万円の補正は、1市3町の平成18年1月1日合併に伴います電算統合にかかわる準備作業等に要する所要の経費でございます。


 土木費の街路事業につきましては、財源更正でございます。


 災害復旧費の民生措置費2,000万円の補正は、台風23号災害に伴う地域再建被災者住宅等支援補助金でございます。


 以上で歳出の説明を終わらせていただきまして、3ページへお戻りをお願いいたします。


 歳入でございますが、地方交付税1億1,777万9,000円は、補正財源といたしまして特別交付税を充てるものでございます。


 災害復旧費府補助金1,333万3,000円は、地域再建被災者住宅等支援補助金にかかわるものでございます。


 雑入1億2,858万8,000円は、電算経費にかかわります経費を三和、夜久野、大江の3町から負担をいただくものでございます。


 総務債1,170万円は、電算統合の機器整備にかかわるものでございますし、土木債660万円は、地域再建被災者住宅等支援補助金に係るものでございます。


 以上によりまして、一般会計は、1ページから2ページにかけましての総括の歳入歳出のとおり、歳入歳出の総額に歳入歳出ともに2億7,800万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出ともに282億4,800万円とするものでございます。


 5ページをお願いいたします。


 議第2号、平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明を申し上げます。6ページをお願いいたします。


 歳出でございますが、平成16年度の決算見通しにおきまして、当初見込んでおりました国庫支出金の歳入不足によりまして、1,967万3,000円の収支不足を生ずる見込みとなりましたので、繰上充用金を同額補正するものでございます。これによりまして、当特別会計の歳入歳出予算の総額を、歳入歳出ともに5ページの総括のとおり、60億7,927万3,000円とするものでございます。


 次に、議案書をお願いいたします。


 議案書の11ページをお願いいたします。


 議第3号、専決処分の承認についてでございますが、急施を要しましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、2条例の一部改正につきまして、専決処分をしたものでございます。


 次の専決の1ページをお願いいたします。


 専決第7号、福知山市税条例の一部を改正する条例の制定につきましては、地方税法等の一部が改正されたことに伴いまして、去る3月31日付で専決処分を行なったものでございます。


 本文の第19条第1項第2号の改正は、個人市民税の年齢65歳以上の者にかかわります非課税措置を、平成18年度以降、段階的に廃止するものでございます。


 その下、第27条の2の改正は、フリーター等の増加に伴い、給与支払報告書の提出対象範囲を拡大するものであります。


 中段の第34条の5並びに下から2行目の第38条の3の改正は、長期避難にかかわります被災者共用土地並びに住宅用地に対する特例措置を補正するものでございます。


 2ページをお願いいたします。


 上から8行目、附則第8条第1項を改めますのは、肉用牛の売却によります市民税の課税特例を3年間延長するものであります。


 その下、附則第10条の3の改正は、阪神淡路大震災にかかわります被災住宅用地に対する特例を3年間延長するものでございます。


 3ページをお願いいたします。


 上から5行目の第19条の2は、特定口座で管理されている上場株式について、倒産等による株式の損失を株式の譲渡損失とみなす規定でありますし、上から13行目、中段になりますが、第2項は、譲渡損失を株式等の譲渡益から控除できる規定でございます。


 また、下から8行目になりますが、第3項は申告書に株式の無価値化に伴うみなし譲渡損の特例を受ける旨の記載が必要であることを規定するものであります。


 4ページをお願いいたします。


 上から5行目、後半でございますが、附則第20条第7項の改正は、特定中小会社の特定株式にかかわります譲渡所得等の課税の特例期間を2年間延長するものでございます。


 施行期日でございますが、この条例は平成17年4月1日から施行することとしておりますが、一部、基準日等の関係によりまして、平成18年1月1日から施行することといたしております。


 また、市民税に関する経過措置を4ページの第2条で、さらに固定資産税に関する経過措置を6ページの第3条でそれぞれ定めておりますが、特に個人市民税の65歳以上の非課税措置の廃止につきましては、4ページの下から5行目の第2条第3項から、次の5ページの下から12行目、第2条第6項によりまして、平成18年度分につきましては均等割及び所得割の税額の3分の2を減額し、平成19年度分につきましては3分の1を減額し、平成20年からは全額課税とするものでございます。


 7ページをお願いいたします。


 専決第8号、福知山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、専決第7号の市税条例と同様、地方税法の一部改正に伴いまして、去る3月31日に専決処分を行なったものでございます。


 改正の内容につきましては、条項等の整備を行ったものであります。


 以上で、上程をされました議案の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。





            ◎日程第17  議第4号 監査委員の選任について





○井上重典議長  次に、日程第17に入ります。


 議第4号、監査委員の選任についてを議題といたします。


 これより、提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (田淵 弘議員 退場)


○?日音彦市長  (登壇)  失礼いたします。


 議第4号、監査委員の選任についてでありますが、次の方を福知山市監査委員に選任したいので、同意を求めます。


 住所、福知山市字前田1348番地、お名前、田淵 弘さんの選任をよろしくお願いいたします。


○井上重典議長  ただいまの提案に対して、質疑はありませんか。


                 (「なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ないようでありますから、質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。


 本案は人事に関するものでありますから、討論は行わず、これより起立により採決をいたします。


 議第4号、監査委員の選任について、原案のとおり決するに賛成の議員の起立を求めます。


                    (賛成者起立)


○井上重典議長  起立多数であります。


 よって、議第4号は原案のとおり同意することに決しました。


                  (田淵 弘議員 入場)


○井上重典議長  田淵 弘議員より発言を求められておりますので、これを許します。


 田淵 弘議員。


○田淵 弘新監査委員  (平場)  失礼をいたします。


 新政会の田淵でございます。


 議員の皆様方のご推挙をいただき、ただいま、?日市長より監査委員の選任の提案があり、議員の皆様方のご賛同をいただきまして、私、監査委員の職にご推薦をいただき、その監査委員としてお世話になることになりました。


 21世紀にはばたく北近畿の都、福知山、新しい福知山を目ざし、間近に控え、平成17年度の当初予算額の総額は774億7,680万円と、過去最高の予算を編成していただきました。私はこの予算が、適切にスムーズに執行され、その求める目的と対費用効果をしっかりと念頭に見きわめることをもちまして、公正、公平な監査に推進をいたしたいと考えております。このためには、見識者であります代表監査委員のご指導と、監査委員事務局の職員の皆様方のご協力により、その職務を全ういたしたいと考えております。


 議員の皆様方には、今後ともより一層のご指導とご支援をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、監査委員就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございます。


○井上重典議長  日程はまだ残っておりますが、本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて延会することに決しました。


 次回は、明20日、午前10時から本会議を開きます。


 それでは、本日はこれをもって延会といたします。


 ご苦労さまでございました。


                 午後 7時37分  延会