議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 福知山市

平成17年第1回定例会(第1号 3月 3日)




平成17年第1回定例会(第1号 3月 3日)





 


           平成17年第1回福知山市議会定例会会議録(1)








                平成17年3月3日(木曜日)


                  午前10時00分 開会





〇出席議員(26名)


       1番  福 島 慶 太       2番  審 良 和 夫


       3番  杉 山 金 三       4番  松 本 良 彦


       5番  芦 田 弘 夫       6番  野 田 勝 康


       7番  武 田 義 久       8番  竹 下 一 正


       9番  大 西 敏 博      10番  吉 見 光 則


      11番  渡 辺 麻 子      12番  足 立   進


      13番  荒 川 浩 司      14番  田 淵   弘


      15番  井 上 重 典      16番  塩 見   仁


      17番  小 野 喜 年      18番  今 次 淳 一


      19番  芦 田   廣      20番  和 泉 すゑ子


      21番  加 藤 弘 道      22番  有   幸 男


      23番  立 道 正 規      24番  仲 林 清 貴


      25番  和 田   久      26番  永 田 時 夫





〇欠席議員


          な   し





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長          ? 日 音 彦  助役         山 段   誠


  収入役         香 月 芳 雄  企画環境部長     梶 村 誠 悟


  環境推進室長      桐 村 俊 昭  総務部長       芦 田   昭


  福祉部長        小 西 健 司  市民人権部長     垣 尾   満


  人権推進室長      岩 城 一 洋  経済部長       藤 田 重 行


  建設部長        岡 田 泰 博  福知山駅周辺整備室長 和 久 秀 輝


  下水道部長       衣 川 慎 一  財政課長       藤 田 清 治


  消防長         芦 田 正 夫  ガス水道事業管理者  芦 田 勝 己


  ガス水道部長      松 田   規  病院事業管理者    藤 田 佳 宏


  市民病院事務部長    畠 中 源 一  教育委員長      藤 林   稔


  教育長         井 本 哲 夫  教育部長       塩 見 誠 二


  教育委員会理事     藤 田 正 博  選挙管理委員長    加 藤 善一郎


  選挙管理委員会事務局長 芦 田 修 一  監査委員       安 達 重 喜


  監査委員事務局長    芦 田 芳 樹





〇議会事務局職員出席者


  局長          福 田 清 治  次長         熊 谷 正 章





〇議事日程 第1号 平成17年3月3日(木曜日)午前10時開議


 市会報第1号  平成16年福知山市事務報告書の提出について


 市会報第2号  例月出納検査の結果報告について


 第 1  会期の決定について


 第 2  議第53号 平成17年度福知山市一般会計予算


 議第54号 平成17年度福知山市国民健康保険事業特別会計予算


 議第55号 平成17年度福知山市国民健康保険診療所費特別会計予算


 議第56号 平成17年度福知山市用品調達事業特別会計予算


 議第57号 平成17年度福知山市と畜場費特別会計予算


 議第58号 平成17年度福知山市簡易水道事業特別会計予算


 議第59号 平成17年度福知山市下水道事業特別会計予算


 議第60号 平成17年度福知山市宅地造成事業特別会計予算


 議第61号 平成17年度福知山市休日急患診療所費特別会計予算


 議第62号 平成17年度福知山市公設地方卸売市場事業特別会計予算


 議第63号 平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計予算


 議第64号 平成17年度福知山都市計画事業福知山駅南土地区画整理事業特別会計予


       算


 議第65号 平成17年度福知山市農業集落排水施設事業特別会計予算


 議第66号 平成17年度福知山都市計画事業石原土地区画整理事業特別会計予算


 議第67号 平成17年度福知山都市計画事業福知山駅周辺土地区画整理事業特別会計


       予算


 議第68号 平成17年度福知山市介護保険事業特別会計予算


 議第69号 平成17年度福知山市ガス事業会計予算


 議第70号 平成17年度福知山市水道事業会計予算


 議第71号 平成17年度福知山市病院事業会計予算


 議第72号 福知山市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 議第73号 福知山市長、助役及び収入役並びにガス水道事業管理者の給与に関する条


       例の一部を改正する条例の制定について


 議第74号 福知山市教育委員会の教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例


       の制定について


 議第75号 福知山市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定


       について


 議第76号 福知山市の特別職等の職員で常勤のものの退職手当に関する条例の一部を


       改正する条例の制定について


 議第77号 福知山市不燃物埋立処分場整備事業基金条例の一部を改正する条例の制定


       について


 議第78号 福知山市消防手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 議第79号 福知山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定


       について


 議第80号 福知山市美術館条例及び福知山市美術館整備基金条例の一部を改正する条


       例の制定について


 議第81号 福知山市産業廃棄物処理事業特別会計条例を廃止する条例の制定について


 議第82号 福知山市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について


 議第83号 福知山市国民健康保険診療所条例の一部を改正する条例の制定について


 議第84号 市立福知山市民病院附属看護学校の設置等に関する条例の一部を改正する


       条例の制定について


 議第85号 福知山市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について


 議第86号 福知山市ガス供給条例の一部を改正する条例の制定について


 議第87号 福知山市法定外公共物管理条例の制定について


 議第88号 福知山市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


 議第89号 福知山市三岳青少年山の家条例の一部を改正する条例の制定について


 議第90号 財政調整基金の繰入れについて


 議第91号 京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自


       治会館管理組合規約の変更について


 議第92号 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減


       少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約の変更について


 議第93号 京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減


       少に伴う財産処分について


                   (提案理由の説明)





                 午前10時00分  開会





○井上重典議長  おはようございます。


 定足数に達しておりますので、ただいまから平成17年第1回福知山市議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 本日、市長から、議第53号、平成17年度福知山市一般会計予算ほか、40件の議事事件の送付がありました。


 また市長から、平成16年事務報告書が提出されてまいっております。お手元に配布いたしておりますので、お目通しおき願います。


 次に、監査委員から、例月出納検査の結果報告がまいっております。その写しをお手元に配布いたしておりますので、お目通しおき願います。


 次に、平成17年中における議事説明員として通知がありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配布いたしておりますので、ご承知おき願います。


 本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配布いたしておりますので、それにてご了承を願います。


 次に、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第128条の規定により、20番、和泉すゑ子議員、22番、有 幸男議員、以上の両議員にお願いいたします。





               ◎日程第1  会期の決定について





○井上重典議長  それでは、日程第1に入ります。


 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から来る3月30日までの28日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


                (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○井上重典議長  ご異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から28日間と決定いたしました。





             ◎日程第2  議第53号から議第93号まで





○井上重典議長  次に、日程第2に入ります。


 上程議案の件名を職員に朗読いたさせます。


                    (事務局朗読)


○井上重典議長  ただいま朗読いたしました議第53号から議第93号までの41議案を一括議題とし、これより提案理由の説明を求めます。


 市長。


○?日音彦市長  (登壇)  おはようございます。


 平成17年度の予算案を始め、その他の諸議案の審議をお願いするに当たり、議員並びに市民の皆様方に、本市を取り巻く情勢を展望し、市政運営について私の所信の一端を申し述べたいと存じます。


 自然の恵みは地球上のあらゆる生物を優しく育み育てる偉大な存在でありますが、昨年はたび重なる台風の襲来や、新潟県中越地震、さらにはスマトラ島沖大地震によるインド洋大津波など、大地を割り、山を崩し、想像を絶する地球規模の災害に見舞われた年でありました。


 当地方におきましても、昭和28年以来51年ぶりとなります未曾有の大災害に襲われ、甚大な被害を受けました。被害に見舞われました皆様方に、心からお見舞いを申し上げますとともに、1日も早く安心して生活できるよう、復旧と復興に全力を尽くす所存でございます。


 新たな成長に夢膨らませた21世紀も、イラクをめぐる情勢や北朝鮮問題など大きな課題を抱えつつ、5年目を迎えたところであり、人々が安心して暮らせる真に平和な世界の到来が切望されております。


 国内においては、企業は収益の改善、設備投資や個人消費の増加など、民間主導で日本経済は回復してきましたが、一方で、経済をめぐる情勢は依然として地域ごとにバラつきが見られ、また長期の景気低迷のため大きな痛手を受けた地域の再生への取り組みが大きく課題となっております。地理的条件の差に起因する避けがたい地域間格差、財政力格差が存在する中、地方自治体を取り巻く環境はかつてないほどに厳しいものとなっております。


 我が国は、2、3年後には人口減少社会が到来し、世界でも経験したことがない速さで少子高齢化の道を歩んでおり、IT革命と呼ばれる高度情報化の進展、地球規模での環境問題、さらには災害時に強く、安心・安全な地域づくりなど、社会を取り巻く状況は大きく変わりつつあります。


 成熟化社会を迎え、人々の価値観は一層多様化し、自己実現への願望が強まっております。我が国が21世紀に生き続けていくため、地方分権を始め多くの分野で構造改革が進められ、地方行政も大きな転換期を迎え、新しい自治体経営が強く求められております。全国的に合併による市町村の再編が行われる中、今まで以上に個性豊かで魅力的なまちづくりを進めることが必要とされております。自治体を取り巻く環境はさらに厳しさを増す一方で、競争と評価が求められる時代になってきております。


 このような中で、私は、昨年、市民の皆様から信任を受け、市政を担当させていただくことになりました。本市を取り巻く諸情勢の厳しさを改めて自覚し、地域への深い愛情と将来へ向けての熟慮、市民の目線に立った知恵と創意工夫により、安心・安全と恵み豊かな環境を実感できるまちづくりを目指し、第三次福知山市総合計画に基づいて、人と自然が織りなす交流舞台「福・知・山」の実現に向けて全力を傾ける決意を新たにいたしたところであります。


 夢は人生の目標であります。私は子供たちが将来に夢を抱き、だれもが明日に希望を持って、生涯にわたって幸せを実感できる市政を進めることが、21世紀の本市のあるべき姿と信じております。私たちのまち福知山市は、交通環境に恵まれ、豊かな自然と水、緑に包まれています。美しいこのまちには、ここに花開いた多様な都市の営みと豊穣の大地がもたらす豊かな恵みがあり、長い歴史が育んだ伝統と文化が息づいております。


 また、私は、この貴重な自然と都市力を守り、伝統と文化を将来に引き継ぐことが、今を生きる私たちに求められている使命であると考えております。そのため、自然に包まれ、人々がにぎわい、心豊かに暮らすことができる北近畿の都として、風格漂うまちづくりを推進する所存であります。


 本市は、激動する時代の変遷の中で、都市としての機能の充実を図りながら、揺るぎない発展を遂げてきたところであります。しかしながら、昨年は相次ぐ台風が日本列島を縦断する中、本市は台風23号により半世紀前の昭和28年災害以来となる甚大な被害をこうむりました。今回の災害を教訓に、由良川改修の促進や国道9号線を始めとする広域交通網の整備促進、さらには防災基盤の整備等、災害に強い安心・安全なまちづくりの取り組みに決意を新たにしたところであります。


 豊かな自然と調和したまちづくりを行ってきた歴史があり、住みやすさにおいては全国700近い都市の中で常に上位にランクされているという高い評価を受けております。このような本市の発展は、ふるさとへの深い愛情を持って献身的な尽力をいただいた幾多の先人の英知と努力によってなし遂げられたものと、深甚なる感謝と敬意をあらわしますとともに、さらなる発展を願うものであります。


 さて、国及び地方財政の枠組みでありますが、国においては危機的な財政状況のもと、歳出水準を実質的に前年度水準以下に抑制してきた歳出改革路線を堅持、強化することを基本に、歳出の抑制と予算配分の重点化、効率化を実施することとし、一般歳出においては3年ぶりに前年度以下に抑制するとともに、国債発行額を4年ぶりに減額、さらに公共事業は4年連続でマイナスにするなど、歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、さらなる財政構造改革を推進しております。


 一方、地方財政は地方税収入の本格的な回復が期待できない一方、緊急課題への対応や義務的経費の増嵩により、歳出は累増する傾向にあり、歳入と歳出の乖離がますます拡大する中で、極めて厳しい財政状況に直面しております。地方財政計画の規模の抑制に努めても、なお前年度に引き続き大幅な財源不足の状況にあり、地方財政の借入金残額は平成17年度末には205兆円に達する見込みとなっております。今後、その償還負担の一層の増嵩や社会保障関係経費の増加が見込まれるところであり、将来の財政運営が圧迫されることが強く懸念されております。


 簡素で効率的な財政システムを確立するため、国と歩調を合わせつつ、歳出の徹底した見直しによる抑制と重点化を進め、激化する地域間競争を勝ち抜き、住民福祉を確保していくためには、新たな視点で行財政体質の抜本的な構造改革を行い、当面の財政危機を克服するとともに、将来にわたり効率的な持続可能な強固で安定した経営感覚を重視した行財政への転換を図ることが急務であります。


 次に、本市の状況でありますが、市税収入は現下の経済情勢や本市の産業構造の特性並びに税制改正の動向を総合的に勘案します中で、全体的には前年度予算を上回るものと判断いたしております。他の一般財源でありますが、地方交付税、地方譲与税等につきましては、地方財政計画を基本に現状等を加味し、歳入は最大限の計上をしておりますものの、本市の喫緊の課題であります都市再生を始めとする生活環境の整備、地域経済の活性化への対応等など、市民福祉の向上に多大の財政需要を必要とし、経常経費の節減にも努めておりますが、財源不足を生ずることとなり、財政調整基金を活用するとともに、より一層の経費の節減、合理化、事務事業の見直し等により財源を確保することといたしました。


 21世紀のさらなるステップアップの年であることを願い、財政の健全性を基本に、第三次行政改革大綱に沿って真に必要性の高い事業の厳選を行い、財源の有効活用を図ったところであります。


 本市の夢と希望を乗せた福知山駅付近連続立体交差事業は、高架本体工事がほぼ完了し、JR線の高架開業に向け、新しい駅舎の建設、駅前広場の整備を進めますとともに、市民の命と健康を守る拠点施設である市民病院の全面改築、地球規模で進む環境問題に対応するため、循環型社会の構築を目的に、ごみの減量化と再資源化を図る一方、埋立処分場の増設整備、さらには少子高齢化社会に対応できる福祉環境の充実など、北近畿の都構想のグランドデザインにふさわしいまちづくりに向けた予算を編成いたしました。


 その基本的な考え方について申し述べます。


 1つ目は、「豊かな自然と調和した安心・安全なまちづくり」であります。


 かけがえのない地球と共存する21世紀の快適なまちづくりを進め、この緑豊かな自然を後世に確実に引き渡すための循環型社会の構築、また近年、急速に進行している少子高齢化に対応するとともに、市民の大切な命を守り、だれもが生涯を通じて健康で安心して暮らせる社会の構築は、まちづくりの根幹であります。


 2つ目は、「個性と魅力にあふれる快適なまちづくり」であります。


 本市まちづくりの基本理念である北近畿の中核都市としてのさらなる機能強化を推進していくには、まず都市基盤の整備や治水等のインフラ整備を始めとして、快適な農村生活と近代的な農村振興を目ざし、人・物・情報が双方向で行き交うライフスタイルの実現、市街地と周辺農村部双方において、未来に夢を託す取り組みが必要であります。さらに、不況対策としての新たな雇用の創出や地域経済の活性化が急務であります。


 3つ目は、「心豊かな人に優しいまちづくり」であります。


 人権の世紀と呼ばれる21世紀は、市民の一人ひとりが幸せを実感できるまちづくりを行うことこそ、私どもに課せられた責務であると考えております。本市の明るい未来を力強く切り開く担い手は「人」であります。豊かな個性と能力を持って人材を育成し、心豊かな人間性を育む地域社会の創造に取り組みますとともに、21世紀を「真の人権の世紀」とするため、自己を尊重し他者を尊重する「共に幸せを生きる社会」の実現に取り組んでまいります。


 次に、施策の大綱について申し述べます。


 1つ目の「豊かな自然と調和した安心・安全なまちづくり」についてであります。


 昨年は、国の内外でたび重なる災害が発生し、異常という一言では片づけられない甚大な被害を受けました。今回の災害を教訓として、地域防災計画の見直し、住民と一体となった防災対策を進め、災害に強いまちづくりを推進し、危機管理体制の整備に努めてまいります。そのために、毛布や非常用食料など、緊急物資を計画的に地域公民館等避難所に備蓄いたしますほか、防災資機材の整備を進めますとともに、災害情報の共有化を図るため、防災マップの全面的な見直しに取り組んでまいります。


 また、地域住民の連帯意識、自助の必要性にかんがみ、市内全地域で自主防災組織の育成強化を図り、地域コミュニティの支援に努めてまいりますほか、ホームページや携帯電話の活用による緊急情報提供を行うなど、自分の命は自分で守る市民の行動を支援してまいります。


 さらに、市民の命と財産を守り、市民が安心して暮らせるために、消防力、災害への対応力の強化を図るため、災害に迅速、的確に対応できる消防の拠点となります消防署併設の総合防災センターの建設計画に着手いたしますほか、自主防火防災リーダーの育成など防火防災対策の充実、複雑多様化する消防業務を的確に処理するための消防資機材の整備や職員の資質の向上、地域防災のかなめであります消防団の活性化を図るため、詰所の改修や装備の充実、防火水槽の整備充実に努め、市民が安心して暮らせる災害に強いまちづくりを推進してまいります。


 地球温暖化が深刻化し、環境破壊が危惧されている今こそ、環境への負荷の少ない自然と調和した循環型社会の構築は喫緊の課題であります。環境パークにおけるごみの減量化と資源の再利用を、市民の皆様や事業者と協働して取り組みますとともに、廃棄物の収集につきましては、プラスチック製容器包装類の収集を10月から毎週実施いたします。また、埋立処分場につきましては、現在使用している第2期埋立処分場のかさ上げ工事とともに、第3期埋立処分場の造成工事に着手してまいります。


 さらに、昨年に引き続き、天然ガスを使用した公用車を購入し、環境への負荷を低減するなど、地球環境に優しい市役所づくりに努めてまいります。


 ガス・水道事業は、市民が健康で文化的な生活を送るために不可欠なものであり、その使命を果たすべく、安全、安心で安定した供給、サービスの向上、経営の健全性の確保に努めてまいります。


 昭和30年に開始して以来、50年の節目に当たるガス事業は、京都議定書発効を機に、天然ガス自動車の燃料補給施設である「天然ガスエコステーション」を新たに建設するなど、クリーンで地球環境に優しい天然ガスのより一層の普及促進と保安の確保に努めてまいります。


 水道事業につきましては、第五次拡張事業の核となります下荒河浄水場築造工事を推進するとともに、北部簡易水道統合整備の促進を始め、駅周辺等土地区画整理地内の配水管布設や経年管の更新等を積極的に推進し、さらに上豊富、豊富、田野、上六人部、川北、佐賀簡易水道の上水道化への統合事業や、牧川筋における簡易水道の統合に向け、豊富で良質な給水の確保に万全を期したいと考えております。


 下水道事業につきましては、積極的に整備を行っており、15年度末の普及率は80.5%、農業集落排水及び合併処理浄化槽を含めますと91.4%まで進捗してまいりました。引き続き、筈巻、石原、駅周辺、上六人部地区の整備を進めますとともに、今年度新たに下天津地区に着手してまいります。また、上川口、金谷地区につきましては、特定環境保全公共下水道事業を重点的に進めてまいります。


 平成10年度から着手しております福知山北部地区の農業集落排水事業につきましては、今年度完了を予定しており、また、合併処理浄化槽の推進にも積極的に取り組み、引き続き合併処理浄化槽維持管理事業補助金制度をもって、維持管理経費の負担軽減を図ることといたしております。


 さらに、公共水域の水質改善、水環境の保全を図るために、今年度新たに、合流式下水道改善事業に着手してまいります。


 市街地の雨水対策でありますが、西川の改修促進に努めますとともに、引き続き緊急都市内浸水対策事業を進めて、西本町貯留施設を完成させ、さらに駅前町の貯留施設に着手するなど、災害の防止と良好な都市空間の確保を図ってまいります。


 都市公園につきましては、三段池公園大はらっぱ地区の芝生広場の完成を目ざしますほか、引き続き、福知山城公園天守閣の塀の設置を進めてまいります。その他の公園につきましても、市民の憩いの場として充実に努めてまいります。


 市営住宅につきましては、福知山市公営住宅ストック総合活用計画に基づき、建て替え、改善、維持保全など、適切な手法を選択し、さらなる居住性の向上に努め、人に優しい住宅の整備等、総合的な住宅整備を図ってまいります。建て替え事業を進めておりました秋津が丘団地は、今年度、第5期工事が完成し事業完了となります。


 急激な高齢化が進行する中、本市の高齢化率は20%を超え、市民5人に1人は65歳以上という社会を迎える中、訪問介護や通所介護等、サービスの充実を図りますとともに、本年度新たに中六人部地区において、特別養護老人ホームとあわせ、ショートステイの整備を行い、施設入所待機者の早期解消に努めてまいります。また、高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画の見直しを図り、今後の高齢者福祉の新たな計画を策定し、地域福祉力の向上を目ざしてまいります。


 また、介護保険につきましては、円滑な運営に努めますとともに、現下の厳しい社会経済情勢にかんがみ、生活困窮者等への負担軽減に十分配慮し、介護保険料の減免、また低所得者層の保険料賦課率の引き下げもあわせて実施してまいりますほか、高齢者の在宅での自立生活を支援するため、本市独自策の高齢者住宅改修助成事業も継続実施してまいります。


 児童福祉につきましては、福知山市次世代育成行動計画に基づき、校庭開放事業を充実発展させ、本年度新たに、市内8小学校で放課後児童クラブ事業を実施いたしますとともに、昨今の子育て不安や児童虐待防止にこたえるため、家庭児童相談室を充実し、相談機能を強化するなど、積極的に子育ての支援に取り組んでまいります。


 また、本市の福祉行政の基本となる福知山市地域福祉計画を策定し、地域の助け合いによる福祉のまちづくりを進めてまいります。


 障害者福祉につきましては、新たに策定しました障害者計画に基づき、知的障害者通所授産施設整備の推進、グループホーム、児童デイサービスの充実やバリアフリーの促進を図り、障害者の自立と社会参加を推進してまいります。


 健康増進事業につきましては、新たに前立腺がん検診を導入いたしますとともに、マンモグラフィによる乳がん検診につきましては、対象者を40歳以上に拡大し、市内医療機関はもとより、コミセン会場等においても実施するなど、疾病の早期発見、早期治療を目ざし、検診事業の充実を図ってまいります。


 さらに、生活習慣病、介護予防として、高齢者健康教室や乳幼児健診、子育て支援事業の充実に努めますとともに、新たに歯科緊急診療体制に取り組むなど、生まれ育ち、住みなれた地域で、家族とともに健康で生きがいを持ち、安心・安全、快適な暮らしが営めるよう努めてまいります。


 懸案の市民病院の改築でありますが、平成18年度に新病院での診療を開始すべく、本体工事を完成を図りますほか、医療機器の整備など、開院に向けた諸準備を進めますとともに、5月からは薬剤の院外処方を導入し、待ち時間の解消など、医療サービスの向上に努めてまいります。医療を取り巻く環境はまことに厳しいものがありますが、市民の多様な医療ニーズに対応いたしますとともに、医療スタッフや医療機器のさらなる充実を図り、医療水準の一層のレベルアップと安全性の確保、経営基盤の確立に努め、市民の命と健康を守り信頼される病院として、名実ともに北近畿の中核医療施設となるよう、一層努力する決意であります。


 国民健康保険事業につきましては、医療費の大きな割合を占める生活習慣病を予防するなど、総合的健康づくり事業の取り組みに力を入れてまいります。また、国保料につきましては、所得が伸び悩み、収入増が見込めない状況であり、やむなく保険料の改定を考えており、ご理解を賜りたく存じます。


 また、国保診療所のうち、川口内科・歯科、三岳診療所につきましては、民営化を図ることにより、より一層の安定した運営に努めてまいります。


 福知山市は古くから、北近畿の交通の要衝として発展してきました。車社会に対応した道路網、交通手段の変化に伴い、町の姿も大きく変わろうとしております。この転換期に、公共交通のあり方を考える懇話会を設置し、市民の目線に立ち、鉄道やバス等、公共交通網のあり方を見直し、市民ニーズに対応したいと考えております。


 また、交通事故防止はもとより、死亡事故撲滅を目ざし、市民、警察、事業所等一体となった交通安全の啓発、事故防止活動を展開してまいります。


 2つ目の「個性と魅力にあふれる快適なまちづくり」についてであります。


 21世紀の都市基盤づくりの核となり、北近畿の都づくりの一翼を担う福知山駅周辺整備事業が、その雄姿をあらわします。連続立体交差事業につきましては、JR線の高架本体工事がおおむね完了し、平成18年春の高架開業に向けて、軌道敷設、新駅舎や関連施設の建設に取り組んでまいります。


 駅周辺土地区画整理事業につきましては、高架開業にあわせ、駅南口開設に伴い、駅南広場の築造、高架下の駐輪場や駅南広場のシェルター等の整備を進め、駅利用者の利便性や安全性を確保してまいります。


 駅北地区市街地再開発事業につきましては、再開発優良建築物等の事業化に向けた検討をさらに深めてまいります。


 石原地区につきましては、東の玄関口として良好なまちづくりを目ざし、土地区画整理事業のさらなる進捗に努めてまいりますほか、砂子池地区につきましても関連事業として、道路整備を進めてまいります。


 国道9号につきましては、北近畿の都づくりの中核をなす広域交通網の基幹道路であり、福知山道路の堀高架橋の推進及び岡地区の盤下げ工事の早期完成、並びに金谷、六人部、上川口地域の歩道設置事業の推進が図られ、本線が最重要幹線としてさらに整備促進されるよう要望してまいりますとともに、4車線化の延伸、バイパス化等についても、調査研究を進めてまいります。


 また、国道429号の交通安全施設等の整備改良、さらには榎峠のトンネル化の早期実現をお願いしてまいります。


 府道につきましては、舞鶴福知山線の筈巻・安井間、福知山山南線の十三丘・大門間、福知山綾部線の東佳屋野・東野町間の整備促進に努めてまいります。


 道路網の整備につきましては、都市計画街路の整備を計画的に進めており、昨年の石原長田野線の供用開始に続き、本年度に寺町岡篠尾線ほか1線の完成を目ざしますほか、寺町岡篠尾線惇明工区、厚水内線第三工区の整備促進に努め、さらに高畑橋を含む多保市正明寺線の都市計画変更に向けた詳細調査を進めてまいります。


 また、市道につきましても、駐屯地の大動脈でもある菱屋堀線の拡幅整備を図りますとともに、国道175号、国道9号並びに舞鶴自動車道を連絡する重要路線である岩間橋歩道橋設置を進め、安全確保に努めてまいります。さらに他の市道につきましても、市民生活と密着した生活道路として、改良事業等を積極的に推進し、市民生活の向上に資してまいります。


 最優先課題であります公共土木施設災害復旧事業につきましては、1日も早い復旧、復興、機能回復を目ざし、精力的に取り組んでまいる決意であります。


 治水事業でありますが、昨年の大洪水、甚大な被害を踏まえ、流域の安全・安心な暮らしを実現するため、1日も早い築堤等完成に向け、関係機関への要望を進めてまいりますほか、由良川改修につきましては、左岸の勅使地域の築堤も完成されると聞いており、右岸の安井地区においても、築堤等工事の推進を図る一方、西中筋地域におきましては、築堤の延伸を促進するとともに、戸田地区の集落移転につきましては、移転される皆様の宅地分譲を順次進めてまいります。また、牧川、雲原川等支流につきましても、災害復旧、改修事業等促進に努めますとともに、大谷川につきましても、西中筋西部地区総合整備事業と整合を図りながら、改修に努めてまいります。


 雇用の創出と地域経済の活性化でありますが、長引く景気低迷に伴う厳しい雇用情勢のもと、中小企業緊急特別融資制度や、中高年緊急雇用奨励事業等を実施いたしますとともに、本市の独自施策であります住宅店舗改修資金助成制度につきましても、引き続き実施し、中小企業の経営、雇用安定を図り、地域経済の活性化に努めてまいります。


 昨年10月に襲来した台風23号の甚大な被害は、厳しい状況である農業に一層追い討ちをかける事態となりましたが、地域の皆様とともに災害対策を最優先に考え、農地や農業施設、さらには林道、作業道に至るまで、精力的に機能回復に努める決意であります。


 農業振興につきましては、厳しい状況にある農業、農村の活性化に向け、米政策改革や担い手対策等により、地域農業の構造改革や産地づくりを推進し、地域の農業や農地を守るとともに、地域に合ったブランド商品の生産拡大を図るほか、学校給食にお米に加え地場野菜も多く導入していくなど、地産地消についても特色ある取り組みを推進してまいります。


 さらに、過疎、高齢化が進行している現状を踏まえ、地域に合った特色ある農業、ゆとりや安らぎのある農村、農業後継者施策等を目ざし、農村定住基本計画策定に向けた調査研究にも取り組んでまいります。また、三段池等ため池整備事業の促進に努めますとともに、農業、農村の持つ多面的機能を大いに発揮させ、環境保全への取り組みを総合的に進め、保水機能はもとより、地域防災や水環境など機能の充実を図ってまいります。


 西中筋西部地区におきましては、由良川改修等を包括した地域振興計画に基づき、農業基盤整備でありますほ場整備を進めますとともに、移転先住宅造成地と既存集落の環境整備を行い、「農」と「住」の一体的な整備を図り、環境に配慮した調和のあるまちづくりを進めてまいります。


 林業振興につきましては、ふるさとの森を育み、豊かな自然と国土を保全するため、林業災害復旧はもとより、作業道につきましても、市独自で新たに重機を購入し、計画的な復旧に努めますとともに、間伐事業の強化や森林整備地域活動支援交付金制度などに積極的に取り組み、森林整備を促進し、優良材「丹州材」の生産振興に努めてまいります。


 公設地方卸売市場につきましては、地場野菜の価格安定制度や相対出荷奨励により、消費者ニーズにあった安心で安定した出荷並びに品質の向上に努めてまいります。


 商工業につきましては、商工会議所等関係機関と緊密な連携を図り、TMO構想実現への取り組み、また商工業の発展と活性化を図るため、昨年に引き続き1市3町の商工業者等が一堂に会する産業フェアを支援するほか、北近畿を代表する産業都市を目ざしてまいりますほか、ミニSLフェスタを日本一の大会として全国に発信するなど、にぎわいと活気あふれるまちづくりを進めてまいります。さらに、企業交流プラザを拠点に、長田野企業と地元企業の交流をより一層深め、受注発注の拡大を図ってまいります。


 観光施策につきましては、広域観光の観点から、1市3町組織の充実強化を図り、1地域1観光を目ざした観光事業を支援してまいります。


 3つ目の「心豊かな人に優しいまちづくり」についてであります。


 21世紀は人権の世紀と言われておりますが、依然として戦争や紛争が後を絶たず、北朝鮮やイラクをめぐる情勢など、国際社会には人権や人命を軽視する状況が見られます。本市においては、人権教育のための国連10年福知山市行動計画の成果を踏まえ、第二次行動計画の策定を進め、あらゆる人権問題の解決を目ざし、市民の人権意識の高揚と、一人ひとりの尊厳と人権が尊重される社会の実現に向けて、諸事業に取り組んでまいります。


 男女共同参画の推進につきましては、女性の相談事業や能力開発、学習の場の提供、自主活動の促進等、条件整備に努めますとともに、新はばたきプランの見直しを図り、男女がともに自分らしく生きられる社会の実現に向け、さらに推進してまいります。


 21世紀において、日本が創造的で活力ある社会として発展し、国際社会に貢献していくために、教育の果たす役割は極めて大きいものがあります。国際化や情報化、少子高齢化など、急激な社会の変化の中で、人々の多様な期待にこたえ、さらに時代の要請に基づいた教育の展開を図ることが重要であると考えております。人間性の尊重や豊かな想像力の育成、生涯学習社会の構築など、広い視野に立った先見性のある施策を展開し、基礎、基本を大切にした確かな学力と豊かな心、体力の育成に努め、人間尊重の教育をこれまで以上に積極的に推進しなければならないと考えております。


 学校教育におきまして、知・徳・体の調和がとれ、生きる力と豊かな人間性を備えた児童生徒の育成を目ざしており、本年度は特色ある学校づくりに重点を置きますほか、昨年に引き続き、小学1年生就学支援事業を行いますとともに、情報教育の充実を図り、さらに将来展望を持ち、自己実現を図ろうとする学生が経済的な理由により教育の機会が奪われないよう、奨学生支援事業を拡充してまいります。


 教育環境の整備充実につきましては、従来より計画的に進めているところでありますが、本年度は川口中学校の全面移転改築事業の完成を図りますほか、佐賀小学校におきましては耐震補強を含めた大規模改修に向けた実施設計に取り組んでまいります。また、情報教育を推進するための教育用コンピュータの更新を図ります一方、健康管理を図るために、引き続き各小学校に空調設備を計画的に設置してまいります。さらに、幼児、児童の安全対策として、学校、園の遊具の計画的な更新を行うとともに、災害時に避難所となります学校、園に必要物品を配備し、安全で安心な学校づくりに努めてまいります。


 社会教育につきましては、生涯学習社会に対応するため、人生のおのおのの時期に応じた多様な学習機会の提供や、自発的な学習活動の支援など、生涯学習活動を積極的に推進してまいります。また、ともに幸せを生きることが実感できるよう、人権教育のための国連10年福知山市行動計画の成果を踏まえ、人権という普遍的文化の創造を目ざした幅広い人権教育を推進してまいります。


 三岳青少年山の家の周辺整備など、社会教育施設の整備充実を始め、今年15回を迎えます福知山マラソンを、台風23号災害復興記念大会として開催するなど、各種スポーツ大会やスポーツ教室を開催いたしますほか、野球場の整備、改修など、スポーツ施設の充実を図り、市民の皆様が豊かで幸せな暮らしを営み、生涯にわたりスポーツを楽しめるよう努めてまいります。


 図書館につきましては、より身近な生涯学習施設とするため、昨年10月より夜間開館し、利便性を図っております。本年度は子育て支援事業としてのブックスタート用図書の充実を図る一方、乳幼児向けの絵本の部屋の開催や、図書館のボランティア育成のための実践講座等、実施しますほか、21世紀に対応した図書館の機能、あり方を検討するための懇話会を設置するなど、広く市民の意見を聞きながら調査研究に取り組んでまいります。


 国際化につきましては、福知山市国際化指針に基づき、円滑な国際交流事業を実施するため、国際交流ボランティアの登録制度の充実を図るなど、市民と行政が連携、共同して、在住外国人と市民が互いに快適に暮らすことができる優しいまちづくりに努めてまいります。


 また、年間を通じて、「市長と語ろうふれあいミーティング」を開催し、直接、市民の意見を聞く場を設けるなど、常に市民の目線に立った公平、公正な行政を押し進めてまいります。


 地域振興につきましては、コミュニティ活動の核となる集会施設の整備を進め、一層の充実を図ってまいります。また文化振興につきましては、新たに開館します治水記念館の運営に努めますほか、市展やクラシックコンサートなど、市民参加型の事業や魅力ある企画展の開催など、広く芸術文化にふれあう場を提供してまいります。さらに、若手芸術家の登竜門であります佐藤太清賞公募美術展の充実に努めますとともに、本年度は福知山市美術館の大規模改修に着手し、絵画等美術品収蔵庫の増築を行ってまいります。


 次に、情報公開、個人情報保護につきましては、市民参加の公正で開かれた市政の一層の推進を図りますとともに、市政の適正かつ円滑な運営と個人の権利権益の保護を図り、より一層開かれた市政の推進に努めてまいります。


 一昨年秋より取り組んでまいりました戸籍簿の電算化につきましては、本年2月に完全稼動となり、待ち時間の大幅短縮など、市民サービスの向上はもとより、電子自治体の基礎の一翼が構築できたものと考えております。


 昨年は、本市の地域情報化施策の根幹をなす基本構想「e−ふくちやま」の策定に取り組んだところでありますが、本年はそれに基づき、住民生活の向上、地域経済の活性化等、よりよい地域社会を創出するための地域情報基盤の整備等、より具体的な事業の推進を目ざして、実施計画の策定を行ってまいります。


 ペイオフの全面解禁に伴う公金管理につきましては、安全な預金先を慎重に検討し、市民の貴重な財産である公金の安全かつ確実な保管に努めてまいります。


 今、地域社会を取り巻く環境は、地方分権の推進や、国が進めます三位一体の構造改革等により、ますます厳しさを増しております。大きく変わろうとする時代の中で複雑多様化する住民ニーズ、行政課題に的確に対応し、行財政基盤の充実強化を図るために、全国各地で市町村合併の協議が進められております。本市におきましてもさまざまな分野でかかわりの深い、三和町、夜久野町、大江町と1市3町の枠組みの中で合併協議を進め、3月末までに京都府知事への合併申請に、全力を傾注しているところであります。


 地域への深い愛情と、それに基づく将来へ向けての熟慮、かけがえのないこの地域を将来さらに発展させるため、合併を絶好の機会と考えております。合併に向けては、住民のサービスに支障を来さないよう新市へ円滑に移行するため、新たに合併準備室を組織し、諸準備を進めてまいります。この合併を契機に、本市を中心としたこの地域が、21世紀にはばたく北近畿の都として発展するため、活力と情熱、そして地域への深い愛情を持って取り組んでまいります。


 以上、平成17年度の施策の基本的な考え方、大綱について申し述べましたが、一般会計は279億7,000万円で、対前年度比6.1%の増、また特別会計、企業会計を含む本市総予算額は、774億7,680万円、対前年度比14.5%の増となり、第三次福知山市総合計画が目ざす北近畿の中核都市にふさわしいまちづくりに向けた予算が編成できたものと考えております。


 行政の責任者といたしまして、本市の未来に限りない発展と市民の皆様の幸せを築くために、最大の努力を重ねてまいる所存でございます。


 市町村の再編など、大きな時代の転換期の中に、さらに現下の厳しい行財政状況の中で、特別職報酬を削減し、財源確保を図りますとともに、活力に満ちたまちづくりを推進していくためには、高度化する行政課題に迅速に対応し、最少の経費で最大の成果を上げる効率的で効果的な行政施策を展開していかなければなりません。市職員は常に市民の目線に立ち、職務の研さんはもとより、その能力と可能性を最大限に高めるとともに、市民はお客様の精神のもと、市民満足度の向上を図り、もって住民福祉の向上と地域の振興に資するため、全職員の英知を結集し、一丸となり、最大の努力を傾注してまいる所存でございます。


 議員の皆様並びに市民の皆様のこれまでに寄せられましたご理解とご協力に対しまして深甚なる敬意と感謝を申し上げますとともに、今後とも市民の皆様方のより一層のご協力と議員の皆様の絶大なるご協賛を賜りますようお願い申し上げ、施政方針とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


○井上重典議長  総務部長。


○芦田 昭総務部長  (登壇)  失礼をいたします。


 ただいま、市長が平成17年度の施政方針を申し述べましたが、それを基調といたしまして、本定例会に提案を申し上げております議第53号から議第93号までの予算関係議案並びに条例関係ほかの議案につきまして、ご説明を申し上げます。


 はじめに、お手元にお届けをいたしております平成17年度予算説明書によりましてご説明を申し上げますが、何分にも当初予算でございまして、広範多岐にわたっております。したがいまして、特に重要と思われます点等を中心にご説明を申し上げまして、他は概括的あるいは省略をさせていただくこともございますので、あらかじめご承知を賜っておきたいと思います。


 それでは、予算書の1ページをお願いをいたします。


 ここには、平成17年度各会計予算集計表を掲げております。一般会計の総額は279億7,000万円でございまして、前年度当初予算と比較をいたしまして16億1,000万円、6.1%の増といたしております。


 次に特別会計でございますが、15会計で292億1,450万円でございまして、対前年度比13億7,560万円、4.9%の増、企業会計は3会計で202億9,230万円でございまして、対前年度比68億662万3,000円、50.5%増といたしております。全会計の予算総額は、774億7,680万円で、対前年度比97億9,222万3,000円、14.5%の増といたしております。


 5ページをお願いいたします。


 議第53号、平成17年度福知山市一般会計予算でございますが、5ページから6ページにかけまして歳入の総括、7ページに歳出の総括をいたしております。


 5ページの歳入でございますが、市税は97億5,213万1,000円でございまして、企業収益が改善傾向にありますことや、税制改正等から、個人市民税、法人市民税、固定資産税等、一定の増収を見込み計上いたしております。これによりまして、市税全体では対前年度比3億1,102万5,000円、3.3%の増といたしております。


 2行目の地方譲与税の中に、三位一体改革で地方への財源移譲の暫定的に措置をされます所得譲与税2億3,900万円も見込み計上いたしております。


 下から2行目の地方交付税につきましては、41億円といたしておりまして、普通交付税を35億円、特別交付税6億円として計上いたしております。


 6ページをお願いいたします。


 上から2行目でございますが、使用料及び手数料の増につきましては、従来、産業廃棄物を特別会計で計上いたしておりましたが、事業系一般廃棄物として受け入れますために計上したことによる増が主なものでございます。


 中段の寄附金並びに繰入金の増につきましては、一般寄附金並びに基金繰入金の増によるものでございますし、市債の減につきましては、住民税等減税補てん債の借り換えを前年度で実行したことによるものでございます。


 歳入の款別構成比では、市税が34.9%、地方交付税が14.7%、国庫支出金が14.5%、市債10.8%等となっております。


 次に、7ページの歳出でございますが、総務費、労働費、公債費の減につきましては、前年度で実施をいたしました参議院議員選挙、緊急雇用特別対策事業、住民税等減税補てん債借り換え償還並びに職員退職手当等の減が主なものでございますし、衛生費、土木費、教育費の増につきましては、不燃物埋立処分場、市民病院建設事業負担金、防衛施設周辺整備、福知山駅周辺整備、川口中学校全面移転改築事業等の普通建設事業の増が主なものでございます。


 災害復旧費につきましては、昨年の台風被害を受けまして、早期の復旧、復興を目ざすものでございます。


 歳出の款別構成比につきましては、民生費が24.7%、土木費が17.8%、衛生費が16.2%、公債費が12.1%等となっております。


 30ページをお願いをいたします。


 歳出につきまして、以下、主なものを目によりましてご説明を申し上げます。


 議会費でございますが、議会運営に要します経費でございまして、各委員会活動経費のほか、議会の調査旅費、議会だより発行経費、会議録検索システム構築事業等をそれぞれ計上いたしております。


 次のページの一般管理費につきましては、自治会長報酬、職員退職手当、職員研修、行政事務の推進、さらには行政情報電子化事業等につきまして、それぞれ計上いたしております。


 34ページをお願いいたします。


 財産管理費につきましては、普通財産の維持管理経費、財政調整基金ほかの基金利子積立金等を計上いたしております。


 36ページをお願いいたします。


 文化振興費につきましては、佐藤太清賞公募美術展、芦田均記念館進入路整備、福知山市美術館大規模改修事業、福知山市治水記念館管理運営経費、文化振興並びに厚生会館運営費等に要しますそれぞれの経費を計上いたしております。


 次のページの諸費につきましては、北近畿タンゴ鉄道宮福線高架化負担金、(仮称)合併準備室運営経費負担金、国際化指針事業、地域集会所施設整備補助金等を計上いたしております。


 38ページをお願いいたします。


 税務総務費には、固定資産税評価業務等を計上いたしておりますし、次のページの賦課徴収費につきましては、口座振替加入者に対します納税報奨金等を計上いたしております。


 40ページをお願いいたします。


 戸籍住民基本台帳費につきましては、戸籍住民記録事務等に要します所要の経費を計上いたしておりますし、41ページから43ページにかけましての選挙費につきましては、農業委員会委員選挙費並びに知事選挙費準備経費等をそれぞれ計上いたしております。


 45ページをお願いいたします。


 指定統計調査費につきましては、本年は5年に一度の国勢調査年でございまして、それに要します経費等を計上いたしております。


 47ページをお願いいたします。


 社会福祉総務費につきましては、地域福祉計画策定事業、男女共同参画社会「新はばたきプラン」の中間見直し、消費生活相談事業ほかのそれぞれの所要の経費を計上いたしております。


 48ページをお願いをいたします。


 社会福祉援護費には、知的障害児デイサービス、知的障害者グループホーム、知的障害者施設設置補助、さらに精神障害者支援センター事業補助等に要しますそれぞれの経費を計上いたしておりますし、次のページの老人福祉費には、社会福祉施設整備事業補助、高齢者福祉施設運営事業、高齢者保健福祉計画策定事業、さらに在宅事業といたしまして、各種の支援事業を計上いたしております。社会福祉施設費には、人権ふれあいセンター運営事業等の経費を計上いたしております。


 51ページをお願いをいたします。


 一番下の公害交通対策費につきましては、安心・安全まちづくり事業のほか、JR高架開業記念イベント列車の運行補助、(仮称)公共交通のあり方を考える懇談会の設置、路線バス購入補助等の経費を計上いたしております。


 53ページをお願いをいたします。


 児童福祉総務費には、放課後児童クラブ開設運営経費、病後児保育事業のほか、一時保育等特別保育事業の補助金等を計上いたしております。


 54ページをお願いいたします。


 児童措置費でございますが、民間保育所運営委託料並びに児童手当、児童扶養手当等を計上いたしておりますし、児童福祉施設費には公立保育園、くりのみ園、さらには児童館等の管理運営等に要します経費を計上いたしております。


 56ページをお願いをいたします。


 下段の扶助費でございますが、生活扶助なり医療扶助等の生活保護費を計上いたしておりますし、次のページの保健衛生総務費には市民病院への負担金、歯科休日急患診療体制整備、保健センター管理運営費、救急医療対策費等をそれぞれ計上いたしております。


 58ページをお願いをいたします。


 予防費には、高齢者インフルエンザ予防接種実施事業等、予防事業に要します経費等をそれぞれ計上いたしておりますし、次のページの環境衛生費には斎場の管理運営等に要します経費を計上しております。さらに保健指導費につきましては、前立腺がん検診事業、乳がんマンモグラフィ併用検診、胃がん・肺がん検診車の委託事業等につきまして、それぞれ計上しております。


 61ページをお願いをいたします。


 清掃総務費には、合併処理浄化槽設置並びに維持管理補助金等を計上しておりますし、じん芥処理費には、第2期埋立処分場のかさ上げ整備並びに第3期埋立処分場造成及び用地購入等の経費のほか、分別収集計画策定事業の経費も計上いたしております。


 62ページをお願いをいたします。


 し尿処理費でございますが、し尿くみ取り委託事業等の所要の経費を計上いたしております。


 64ページをお願いをいたします。


 労働対策費でございますが、シルバー人材センター設立20周年事業補助のほか、勤労者住宅制度融資補給金等を計上しております。


 次のページの一番下になりますが、農業総務費には、辺地対策といたしまして、大呂の自然休養村親水公園整備事業につきましても計上しております。


 67ページをお願いをいたします。


 農業振興費でございますが、米の生産調整、地域営農の育成と地域活性化対策、担い手の育成対策、特産物の育成対策等にかかりますそれぞれの経費を計上しております。


 68ページをお願いをいたします。


 69ページにかけましての農地費でございますが、ため池等整備基盤整備促進、ふるさと農道緊急整備等のそれぞれの経費を計上をいたしております。


 70ページをお願いをいたします。


 林業振興費でございますが、森林整備対策、有害鳥獣対策、林業担い手対策、林地崩壊防止、作業道等復旧等、それぞれの経費を計上いたしております。


 次の71ページから72ページにかけましての商工業振興費でございますが、中心市街地活性化対策、商店街等振興対策、商工業振興対策のほか、雇用対策にもそれぞれ所要の経費を計上をいたしております。


 73ページをお願いをいたします。


 下側の土木総務費には、都市計画法によります区域指定現況調査等の経費を計上をいたしております。


 76ページをお願いをいたします。


 道路新設改良費でございますが、主要幹線道路、生活道路の改良のほか、交通安全対策事業にもそれぞれの経費を計上いたしておりますし、次のページの橋りょう新設改良費には、岩間橋の歩道橋整備等の経費を計上しております。


 78ページをお願いをいたします。


 河川総務費でございますが、防衛施設周辺障害防止事業にかかわります西川改修、準用河川の天井川並びに十三丘川の整備等、それぞれ計上しております。


 80ページをお願いをいたします。


 土地区画整理費につきましては、緑ケ丘地区の市有地売却経費を鉄道網整備事業基金に積み立てますほか、駅南広場内一時駐車場整備事業、SL移転事業等、それぞれ所要の経費を計上いたしております。


 次の街路事業費には、福知山駅付近連続立体交差事業の負担金、鉄道高架事業関連事業、駅周辺並びに石原各土地区画整理事業の公共施設管理者負担金、都市計画街路事業等々の経費をそれぞれ計上いたしております。


 83ページをお願いをいたします。


 公園施設費でございますが、三段池公園、福知山城公園、長安寺公園ほか、緑化重点地区内のそれぞれの公園整備等の経費を計上いたしております。


 85ページをお願いをいたします。


 住宅建設費でございますが、秋津が丘団地建替事業を計上いたしておりまして、本年度で完了することといたしております。


 86ページをお願いをいたします。


 常備消防費につきましては、消防資機材の整備に要します経費のほか、消防職員の教育訓練等に要します経費をそれぞれ計上いたしておりますし、次のページの非常備消防費では、消防団の配置資機材の整備に要します経費のほか、消防団活性化事業等の経費を計上いたしております。


 89ページをお願いをいたします。


 下側の消防施設費では、総合防災センター建設基本計画の策定、携帯電話からの119番通報直接受信等の消防施設の整備等、強化等に要します所要の経費を計上しております。


 90ページをお願いをいたします。


 災害対策費につきましては、防災対策といたしまして、地域防災計画の改定事業、防災マップ作成業務、避難所備蓄品の整備、災害資機材整備等、それぞれ所要の経費を計上いたしております。


 92ページをお願いをいたします。


 93ページにかけましての教育総務費の教育振興費でございますが、学校安全対策の一環といたしまして、警報ブザーの貸与、防犯安全物品の購入のほか、特色ある学校づくり支援事業、臨床心理士配置事業、人材育成奨学金等、それぞれ所要の経費を計上いたしております。


 94ページから95ページにかけましての小学校の学校管理費につきましては、市立小学校18校、さらに97ページの中学校の学校管理費につきましては、市立中学校7校の管理運営費、学校保健衛生費の充実に要しますそれぞれの経費を計上いたしております。


 99ページをお願いをいたします。


 中学校費の学校建設費につきましては、川口中学校全面移転改築事業に要します経費を計上いたしておりまして、本年度で完了することといたしております。


 100ページをお願いいたします。


 幼稚園費でございますが、市立幼稚園の管理運営費及び私立幼稚園就園奨励補助金等を計上いたしております。


 次のページから102ページにかけましての社会教育総務費につきましては、三岳青少年山の家整備、生涯学習並びに家庭教育推進事業、人権教育、青少年健全育成等、所要の経費を計上いたしております。


 なお、前年度まで実施をいたしておりました校庭開放事業につきましては、放課後児童クラブと名称、内容等を改めまして、福祉部の所管に変更することといたしております。


 103ページをお願いをいたします。


 公民館費につきましては、各地域公民館の運営費等を計上いたしております。


 104ページをお願いをいたします。


 図書館費につきましては、図書館機能充実を図りますほか、図書館のあり方懇談会を設置をいたしまして、21世紀の図書館の方向性を見出すことといたしております。


 107ページをお願いをいたします。


 体育施設費でございますが、福知山市民運動場の整備事業、由良川猪崎河川敷運動広場整備のほか、各施設管理運営経費等を計上しております。


 下側の農林施設等災害復旧費から、108ページの土木施設災害復旧費、さらには109ページの文教施設災害復旧費では、昨年の台風で被害を受けました各施設の早期復旧を図るものでございます。


 109ページの公債費の元利償還金が大きく減額をいたしておりますのは、前年度で住民税等減税補てん債の借り換えを実行したことによるものでございます。


 以上で歳出の説明を終わらせていただきまして、恐れ入りますが8ページへお戻りをお願いいたします。


 続きまして、一般会計の歳入につきましてご説明を申し上げます。


 市税につきましては、総額で対前年度比3.3%増の97億5,213万1,000円を計上いたしております。個人市民税につきましては税制改正等によりまして2.8%の増、法人市民税は企業業績の回復を見込みまして、12.2%の増といたしております。固定資産税につきましては、家屋の新増築の増によりまして1.6%の増といたしております。軽自動車税は、軽四輪乗用自動車の登録台数の増を見込みまして、4.0%増といたしておりますし、たばこ税は、喫煙人口の減少によりまして、販売量の減少を見込みまして1.0%の減、さらに10ページの入湯税につきましては、前年度は新設年といたしまして、半年分のみ予算計上いたしておりましたが、今年度は通年分を見込み計上いたしております。


 最下段の所得譲与税につきましては、国の三位一体の改革によりまして、国庫補助金削減分を財源移譲といたしまして、当費目で受けるものでございますが、本市配分見込み額を計上したものでございます。


 13ページ中段の地方交付税につきましては、普通交付税を前年度より1億5,000万円減の35億円、特別交付税は同額の6億円と見込みまして、総額では対前年度比3.5%減といたしております。


 14ページをお願いをいたします。


 一番上の農林業分担金の増は、昨年の台風によります農林施設等災害復旧にかかわります地元負担金の増が主なものでございますし、次のページの中段の土木使用料につきましては、鉄道連続立体交差化事業の高架下に有料の自転車駐輪場を設置いたしますため、駐輪場使用料を新設をいたしております。


 16ページをお願いをいたします。


 中段の衛生手数料の増は、産業廃棄物特別会計を廃止をいたしまして、事業系一般廃棄物として当費目で受け入れるためでございます。


 次のページの民生費国庫負担金の減につきましては、三位一体改革によりまして、特別養護老人ホームの運営費が一般財源化されたこと、また、国民健康保険基盤安定分が府へ移譲されたことが主なものでございます。


 一番下の土木費国庫負担金の減は、街路整備事業にかかります負担金が補助金に金種変更になったことが主なものでございます。


 18ページをお願いをいたします。


 上から2段目の災害復旧費国庫負担金につきましては、16年災にかかわります公共土木施設災害復旧費負担金でございますし、一番下の土木費国庫補助金の増は、街路整備事業並びに土地区画整理事業の増と、三位一体改革によります公営住宅家賃収入補助の一部が一般財源化になったことによる減との差し引き増が主なものでございます。


 17ページから20ページにかけましての国庫支出金の合計は、40億4,855万9,000円でございまして、対前年度比15.1%増を見込み計上をいたしております。


 20ページをお願いをいたします。


 民生費府負担金の増につきましては、先ほども申し上げましたが、三位一体改革によりまして、国民健康保険基盤安定分が府所管に移譲されたことが主なものでございます。


 22ページをお願いをいたします。


 土木費府補助金の増は、土地区画整理事業の増が主なものでございますし、次のページの教育費府補助金の増につきましては、川口中学校の地域利用学校関連整備事業が主なものでございます。


 災害復旧費府補助金は、16年災の農林施設等災害復旧事業にかかるものでございます。


 以上によりまして、20ページから24ページにかけましての府支出金は、18億8,090万5,000円で、対前年度比35.6%増を見込み計上いたしております。


 25ページをお願いをいたします。


 一番上の不動産売払収入の増は、緑ケ丘土地区画整理事業の土地売却によるものでございます。


 中段の寄附金の一般寄附金の増は、財団法人福知山市開発公社よりの寄附によるものでございます。


 26ページをお願いをいたします。


 基金繰入金の増は、財政調整基金並びに鉄道網整備事業基金の繰り入れが主なものでございます。


 28ページをお願いいたします。


 市債でありますが、一番上の総務債の増は、美術館大規模改修事業によるものでございますし、一番下の衛生債の増は、不燃物埋立処分場の整備事業、次のページの2つ目の土木債の増は、土地区画整理事業、駅付近連続立体交差事業が主なものでございます。


 教育債の増は、川口中学校全面移転改築事業によるものでございますし、災害復旧債は、土木施設等災害復旧事業によるものでございます。


 住民税等減税補てん債の大幅減は、前年度で借り換えを実行したものでございますし、臨時財政対策債は、地方の財源不足を補いますために措置をされたものでございまして、本市割り当て分を見込み計上をいたしております。


 以上で歳入の説明を終わらせていただきまして、110ページをお願いをいたします。


 このページから119ページにかけまして、特別職及び一般職の給与費ほかの明細を示しております。市長等の特別職の給料等を削減することといたしておりまして、減額をいたしております。お目通しを賜りたいと存じます。


 120ページをお願いをいたします。


 継続費につきまして、美術館大規模改修事業ほか5事業のそれぞれの調書を掲げておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 122ページをお願いをいたします。


 このページから143ページにかけまして、71件の債務負担行為の調書を掲げておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 144ページをお願いをいたします。


 地方債の調書でございますが、次のページにかけまして各款ごと及び目的別ごとに、現在高の見込額を記載をいたしております。当該年度末におけます現在高見込額は329億6,379万7,000円でございます。


 以上で、一般会計を終わらせていただきまして、次に特別会計の説明をさせていただきます。


 149ページをお願いをいたします。


 議第54号、平成17年度福知山市国民健康保険事業特別会計予算でございますが、予算総額は51億5,870万円で、対前年度比11.4%増といたしております。平成14年10月の制度改正によりまして、前期高齢者の増を見込みますとともに、厳しい雇用情勢も踏まえまして、平成17年度の国保加入者を推計いたしまして、平均被保険者数2万4,551人、平均世帯数1万3,672世帯と見込んでおります。保険給付費は増となっておりますが、老健拠出金につきましては公費割合の段階的低減によりまして、減額を見込んでおります。全体では財源不足の見込みとなりましたので、医療にかかります保険料を2.7%引き上げまして、1人当たり年額平均を7万34円と改めることといたしております。さらに、介護保険料にかかります保険料につきましても、18.5%引き上げまして、1人当たり年額平均を2万2,311円とすることといたしております。なお、最高限度額につきましては、医療にかかる保険料、介護保険料にかかる保険料とも据え置くことといたしております。


 177ページをお願いをいたします。


 議第55号、平成17年度福知山市国民健康保険診療所費特別会計予算でございますが、予算総額7,210万円、対前年度比79.1%の大幅減といたしております。三岳診療所、川口診療所及び川口歯科診療所を廃止をいたしまして、民営化することといたしておりまして、雲原、金山診療所分の運営費等を予算化したものでございます。


 197ページをお願いをいたします。


 議第56号、平成17年度福知山市用品調達事業特別会計予算でございますが、予算総額4,560万円で、対前年度比8.4%減といたしております。庁用物品の購入等を行うものでございますが、消耗品費、印刷製本費等の節減に努めることといたしております。


 203ページをお願いいたします。


 議第57号、平成17年度福知山市と畜場費特別会計予算でございますが、予算総額2,820万円、対前年度比2.5%増といたしております。食肉センター管理運営費等を計上したものでございます。


 211ページをお願いをいたします。


 議第58号、平成17年度福知山市簡易水道事業特別会計予算につきましては、予算総額14億280万円で、対前年度比5.8%増といたしております。北部4簡水並びに牧川筋6簡水の統合整備事業を促進させますとともに、他の簡水の維持管理に努めまして、良質な水の安定供給を図ることといたしております。


 233ページをお願いをいたします。


 議第59号、平成17年度福知山市下水道事業特別会計予算でございますが、予算総額38億9,200万円で、対前年度比1.2%増といたしております。公共下水道、特定環境保全公共下水道並びに浸水対策事業の平成20年度完成に向けまして促進を図りますほか、本年度より合流改善事業にも取り組むことといたしております。


 257ページをお願いいたします。


 議第60号、平成17年度福知山市宅地造成事業特別会計予算につきましては、予算総額6億7,680万円、対前年度比24.8%減といたしております。非農用地造成は、区画道路舗装、公園整備等を進めまして、年度後半には分譲開始を予定をいたしております。また、集落環境整備につきましても、取り付け道路築造工事等を実施をいたしまして、事業の推進を図ることといたしております。


 273ページをお願いいたします。


 議第61号、平成17年度福知山市休日急患診療所費特別会計予算につきましては、予算総額2,580万円、対前年度比5.3%増といたしておりまして、受診者は年々減少いたしておりますが、中丹地区病院群輪番制負担金の増が主な要因でございます。


 281ページをお願いをいたします。


 議第62号、平成17年度福知山市公設地方卸売市場事業特別会計予算でございますが、予算総額5億7,800万円、対前年度比1.0%減といたしております。地場野菜価格安定対策、地場野菜販売促進対策等の生産者対策のほか、市場の運営及び管理に要します経費をそれぞれ計上いたしております。


 291ページをお願いいたします。


 議第63号、平成17年度福知山市老人保健医療事業特別会計予算につきましては、予算総額60億5,960万円、対前年度比0.9%増といたしております。医療給付費は対象者は減少いたしておりますが、1人当たりの医療費が増えておりますために、全体では増を見込んでおります。


 309ページをお願いをいたします。


 議第64号、平成17年度福知山都市計画事業福知山駅南土地区画整理事業特別会計予算につきましては、予算総額15億1,700万円、対前年度比3.1%減といたしております。保留地の売却に努めることといたしております。


 315ページをお願いをいたします。


 議第65号、平成17年度福知山市農業集落排水施設事業特別会計予算でございますが、予算総額10億1,790万円、対前年度比5.2%減といたしております。福知山北部地区の年度内完成を目ざしますとともに、施設の維持管理にも万全を期すことといたしております。


 335ページをお願いいたします。


 議第66号、平成17年度福知山都市計画事業石原土地区画整理事業特別会計予算につきましては、予算総額25億3,400万円、対前年度比10.3%増といたしております。道路整備並びに建物等の移転を進めまして、事業の促進を図ることといたしております。


 351ページをお願いいたします。


 議第67号、平成17年度福知山都市計画事業福知山駅周辺土地区画整理事業特別会計予算でございますが、予算総額27億8,100万円、対前年度比59.2%の大幅増といたしております。道路築造、建物等の移転、JR車掌区並びに総合区の施設撤去等を実施をいたしまして、事業の促進を図ることといたしております。


 367ページをお願いをいたします。


 議第68号、平成17年度福知山市介護保険事業特別会計予算でございますが、予算総額34億2,500万円、前年度対比7.7%の増といたしております。第2期中期財政期間の最終年となりますが、高齢化の進展に伴います認定者数の増、並びに施設整備の充実等に伴います利用者増を見込みまして、保険給付費を8%増といたしております。


 以上で、特別会計を終わらせていただきまして、次に企業会計につきましてご説明を申し上げます。恐れ入りますが、別冊のガス事業、水道事業の予算説明書をごらんいただきたいと思います。


 企業会計、ガス事業、水道事業予算書の3ページをお願いをいたします。


 議第69号、平成17年度福知山市ガス事業会計予算につきまして、ガス事業会計予算総括表によりましてご説明を申し上げます。


 事業収益のうち、ガス売り上げにつきましては6億4,194万2,000円を計上いたしておりますが、ガス供給戸数を一般ガス7,000戸、簡易ガス430戸といたしております。4ページの資本的支出のうち、建設改良費の主なものといたしましては、天然ガス自動車の燃料補給施設であります天然ガスエコステーションを建設いたしますほか、福知山駅周辺土地区画整理事業地内へのガス管布設、また各地域のガス管布設替え等を実施することといたしております。


 以上によりまして、収益的収支につきましては、3,395万9,000円の純利益を見込んでおりますが、資本的収支につきましては、2億6,991万4,000円の不足額が生じる見込みでございますので、損益勘定留保資金等によりまして補てんすることといたしております。


 29ページをお願いいたします。


 議第70号、平成17年度福知山市水道事業会計予算につきましては、水道事業会計予算総括表によりましてご説明を申し上げます。


 給水収益であります水道料金収入を、前年度と同額の11億4,400万7,000円計上いたしておりまして、給水戸数を2万2,200戸、給水量を810万立方メートルと見込んでおります。30ページの資本的支出のうち、建設改良費の主なものといたしましては、下荒河浄水場築造事業、堀浄水場第一取水スクリーンの更新、土地区画整理事業地内への配水管布設等をそれぞれ予定をいたしております。


 以上によりまして、収益的収支は2,060万1,000円の純利益を見込んでおりますが、資本的収支につきましては、3億7,174万6,000円の不足額が生じる見込みでございますので、損益勘定留保資金等によりまして補てんすることといたしております。


 次に、病院事業会計予算につきまして、別冊の企業会計、病院事業の予算説明書をお願いしたいというふうに思います。


 病院事業会計予算説明書の1ページをお願いをいたします。


 議第71号、平成17年度福知山市病院事業会計予算につきまして、病院事業会計総括表によりましてご説明を申し上げます。


 医業収益のうち、入院患者数は1日平均239人、収入額では1.5%の減、外来患者数を1日平均798人、収入額では薬剤院外処方導入によりまして32.9%の大きな減を見込み計上いたしております。2ページの資本的支出のうち、建設改良費では、ピークを迎えます病院全面改築事業の継続費第3年度目といたしまして大幅増の予算を計上いたしまして、事業の完成に向け、促進を図ることといたしております。


 以上によりまして、収益的収支は2億9,229万6,000円の純損失となります。また、資本的収支につきましても23億3,076万1,000円の不足額が生じますので、損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。


 以上で、予算関係の説明を終わらせていただきまして、引き続き議案書によりまして、条例関係等の説明をさせていただきます。


 議案書をお願いをいたします。議案書の85ページをお願いいたします。


 議案書の85ページ、議第72号、福知山市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定につきましては、人事行政の運営等の状況の公表につきまして、必要な事項を定めるものでございます。


 第1条で目的規定を定めますほか、86ページの第3条で報告事項、第6条で公表の時期等、それぞれ所要の事項を定めております。


 89ページをお願いをいたします。


 議第73号、福知山市長、助役及び収入役並びにガス水道事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、非常に厳しい財政状況の中で、財源捻出を図りますために、市長、助役及び収入役並びにガス水道事業管理者の給与を削減しようとするものでございまして、下から5行目、附則第5項のとおり、平成17年4月1日から、平成18年3月31日までの間、給料月額を100分の10を乗じて得た額を減じるとするものでございます。


 91ページをお願いをいたします。


 議第74号、福知山市教育委員会の教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましても、前の議案と同様でございまして、教育長の給与を減じるものであります。


 93ページをお願いをいたします。


 議第75号、福知山市病院事業管理者の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましても、病院事業管理者の給与を減じるものでありますが、削減率を4%といたしております。


 95ページをお願いいたします。


 議第76号、福知山市の特別職等の職員で常勤のものの退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、常勤の特別職等の職員の退職手当の支給を、任期ごとに改めるものでございます。


 97ページをお願いをいたします。


 議第77号、福知山市不燃物埋立処分場整備事業基金条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、当基金の属する産業廃棄物処理事業特別会計の廃止に伴いまして、その所属を一般会計に変更するものでございます。


 99ページをお願いいたします。


 議第78号、福知山市消防手数料条例の一部を改正する条例の制定につきましては、平成15年に発生いたしました十勝沖地震に伴う浮き屋根を有する屋外タンク貯蔵所の火災事故を教訓に、浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所の設置許可申請に対する審査手数料を新たに定めるものでございます。新たに定めます審査手数料は、101ページの下段から102ページにかけて掲げておりますので、お目通しを賜りたいと存じます。


 103ページをお願いいたします。


 議第79号、福知山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、一般廃棄物の処分を業として行なおうとするものの許可手続を定めるものでございます。


 105ページをお願いいたします。


 議第80号、福知山市美術館条例及び福知山市美術館整備基金条例の一部を改正する条例の制定につきましては、福知山市美術館を福知山市佐藤太清記念美術館に名称を改めますために、提出をいたしております。


 107ページをお願いをいたします。


 議第81号、福知山市産業廃棄物処理事業特別会計条例を廃止する条例の制定につきましては、同特別会計の廃止に伴いまして、提出をいたしたものでございます。


 109ページをお願いをいたします。


 議第82号、福知山市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、国民健康保険法施行令の一部改正に伴いまして、長期譲渡所得に係ります算定の特例に関しまして、100万円の特別控除を廃止いたしますほか、文言の整備を行うものでございます。


 111ページをお願いをいたします。


 議第83号、福知山市国民健康保険診療所条例の一部を改正する条例の制定につきましては、三岳診療所、川口診療所及び川口歯科診療所の廃止に伴いまして、同診療所に係ります規定を削除するものでございます。


 113ページをお願いいたします。


 議第84号、市立福知山市民病院附属看護学校の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、市立福知山市民病院附属看護学校の受験手数料等の改定を行うものでございます。


 下から7行目の第3条第2項中、「6,000円」を「1万円」に改めますのは受験手数料、「3万円」を「9万円」に改めますのは入学金、「1万円」を「1万5,000円」に改めますのは授業料でございます。


 115ページをお願いをいたします。


 議第85号、福知山市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定につきましては、水道料金等に係ります督促手数料並びに延滞金につきまして、整備をするものでございます。


 117ページをお願いいたします。


 議第86号、福知山市ガス供給条例の一部を改正する条例の制定につきましては、家庭用熱併給発電発動システム契約の新設に伴いまして、同契約に適用いたします料金表を定めるものでございます。


 121ページをお願いいたします。


 議第87号、福知山市法定外公共物管理条例の制定についてでございますが、法定外公共物に関しまして、禁止行為並びに占用等の許可、期間等、必要な事項を定めるものでございます。


 第1条で目的規定を定めますほか、122ページの第5条で占用等の許可、123ページの第7条で占用等の許可の期間、124ページの第10条で占用料の徴収等、それぞれ定めております。


 131ページをお願いをいたします。


 議第88号、福知山都市公園条例の一部を改正する条例の制定につきましては、児童科学館内のプラネタリウム観覧料を無料とすることに伴いまして、所要の規定の整備を行うものでございます。


 133ページをお願いいたします。


 議第89号、福知山市三岳青少年山の家条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、三岳青少年山の家にバンガローを設置することに伴いまして、利用料金を設定をするものでございます。


 135ページをお願いをいたします。


 議第90号、財政調整基金の繰入れについてでございますが、平成17年度一般会計に同基金から繰り入れることに対しまして、議会の議決を要しますので提案をしておるものでございます。繰入金額は2億円以内、繰り入れの事由は、福知山市財政調整基金条例第4条第1号によるものでございます。


 137ページをお願いいたします。


 議第91号、京都府自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府自治会館管理組合規約の変更につきましては、京都府自治会館管理組合の管理者及び副管理者の任期を2年、収入役の任期を4年といたしますとともに、京北町を削除するものでございます。


 139ページをお願いいたします。


 議第92号、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少及び京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合規約の変更につきましても、京北町の脱会に伴いまして、管理組合議会の議員数を10人より8人に改めますほか、所要の規定の変更をするものでございます。


 141ページをお願いをいたします。


 議第93号、京都府住宅新築資金等貸付事業管理組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分につきましては、京北町の脱退に伴います財産処分を別紙のとおり定めるものでございます。お目通しを賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上で、全議案の説明を終わらせていただきます。慎重にご審議をいただきましてご協賛を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


○井上重典議長  これにて、提案理由の説明は終わりました。


 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。


 次回は、来る3月11日午前10時から本会議を開きます。それまで、議案熟読のため休会といたします。


 なお、質疑の通告締め切りは明4日の午後3時となっておりますので、期限までに通告書の提出をお願いいたします。


 それでは、本日はこれをもって散会といたします。


 なお、この後、質疑の順番を決める抽選を行いますので、抽選の必要な方は第一応接室にご参集ください。また、午後1時5分から各派幹事会、その後、市町村合併特別委員会、全議員協議会を開催いたしますので、よろしくお願いいたします。


 ご苦労さまでございました。


                 午前11時58分  散会