議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 京都市

平成16年 12月 京都市会改革検討小委員会(第8回) 日程単位




平成16年 12月 京都市会改革検討小委員会(第8回) − 12月24日−08号









平成16年 12月 京都市会改革検討小委員会(第8回)



第8回 京都市会改革検討小委員会記録

◯平成16年12月24日(金)

◯市会運営委員会室

◯出席委員(6名)

 小委員長 北川 明議員

 委員   井坂博文議員

 委員   大道義知議員

 委員   宮本 徹議員

 委員   加地 浩議員

 委員   倉林明子議員

◯欠席委員

 なし

◯配付資料

 協議事項(市会改革委員会)

 第7回市会改革委員会(16.12.13)の各会派の意見等

 政務調査費の項目見直し(案)

 政務調査費収支報告書の様式についての他都市事例

 市会改革検討小委員会要求資料

  1 工事契約等の件数について

  2 横浜市及び三重県における議員提出議案に関するルール

  3 委員会の公開実績に関する政令指定都市の状況

◯要求資料

 地方自治法第96条第2項に基づく議決事件に係る本市の計画等

◯特記事項

 田中セツ子議長,久保省二副議長出席

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    [午後1時31分 開会]



○小委員長(北川明) 

 ただ今から,市会改革委員会を開会致します。

 前回の委員会で要求致しました資料は,お手元に配付致しておきましたので御了承願います。

 それでは,お手元の協議事項により進めさせていただきます。

 初めに,1の本日のテーマであります。

 まず,政務調査費の公開についてであります。お手元の第7回市会改革委員会の各会派の意見等の24,25の政務調査費の公開のページを御覧願います。

 まず,提出する証拠書類の扱いについて,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 まず,(3)の提出する証拠書類の扱い等についてでありますけれども,これまでも我が会派の意見を申し上げておりましたけれども,結論と致しまして今から申し上げることをお伝え致します。

 条例で提出を義務付ける証拠書類は,支出にかかわる領収書その他の証拠書類とする。そして,この支出にかかわる領収書その他の証拠書類とは,領収書,振込受付書,支出証明書などの金銭の支出を明らかにする書類とする。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 共産党も検討しまして,前回の委員会で態度と意見を表明しました中身を一部訂正しまして,自民党さんからもありましたが,2の(3)の提出する証拠書類の扱いの問題ですが,領収書などの証拠書類を提出するということの表現でいいという風に思います。

 その中身につきましては,金銭の支出等を明らかにするものということで,よろしいと思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも検討をして参りまして,条例で提出を義務付ける証拠書類につきましては,支出にかかわる領収書その他の証拠書類ということで決定を致しました。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 私とこも,自民さん共産さんからあったように,同じですけれども,言いましょうか。条例で提出を義務付ける証拠書類は,支出にかかわる領収書その他の証拠書類。そして,支出にかかわる領収書その他の証拠書類とは,領収書,振込受付書,支出証明書などの金銭の支出を明らかにするものということです。



○小委員長(北川明) 

 お聞き及びのとおりでございますが,もう意見の交換は不要でございますね。

 それでは,本件については全会派一致ですので,そのようにすることでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 次に順序は前後しますが,4の使途基準の見直しの要否についてであります。事務局に作成致させました項目の見直し案をお手元にお配り致しておりますので,これを参考にしていただきながら,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 現行を見直して,更に詳細に項目を分けるということで,一部その項目の方向付けの内容等も事務局で作成いただいた案のとおりで結構かと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 あらかじめ事務局の方から説明を受けまして,それまでは会議費と印刷費ということで,色々細かな分類がしにくかったものが,今回,会議費と広報費と資料作成費ということになりましたし,図書購入費が資料購入費ということで,大分明確になりましたので,これでよろしいかと思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 元々公明党の方から提案をさせていただきましたので,皆さん,事務局が作っていただきました案で賛同いただければ,ありがたいということでございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 この事務局案で結構だと思います。



○小委員長(北川明) 

 お聞き及びのとおりでございます。

 それでは,本件については全会派一致ですので,そのようにすることでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,3の収支報告書の様式見直しについては,見直す必要があることで一致しましたが,事務局に作成致させました他都市の様式例をお手元にお配りしておりますので,これも参考にしていただきながら,具体的な見直し内容につき,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 この頂いた資料の説明とかは,特にないのですかね。他都市と何か京都市の違う所とか。



○小委員長(北川明) 

 久保課長。



◎政務調査課長(久保宏) 

 失礼致します。

 お手元にお配りしましたのは,大きく分けまして,一つは収支報告書以外に,別の書式で実績などを報告するような例として,まず宮城県でございます。宮城県につきましては,領収書の提出を義務付けている中でこういったことをされているということで取り上げました。

 その次に滋賀県でございます。この滋賀県という所は,領収書そのものを提出を義務付けておりませんので,かなり詳細な報告を求めておられるというのがございます。

 その次は神戸市でございます。神戸市につきましても,領収書の提出を今現在義務付けておりませんので,調査委託や管外調査,いわゆる他都市調査などに要したものについて,具体的な内容を報告させるような書式を採っておられるということでございます。

 その次,大きな例としましては,収支報告書そのものの内訳を細かく書く例でございます。最後に仙台の例を書かせていただいておりますけれども,一番最後のページを御覧になっていただきますと,これが仙台市の収支報告書の例でございますけれども,先日の委員会の場では,宮本委員がおっしゃっておられました具体的な支出の内訳について,具体的にそれが一体幾らになるのかというようなことを書く例として採り上げております。

 これらすべて,私どもが今知り得る限りで,京都市の収支報告書よりも詳しく書いている例ということで,調べてみたものでございます。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 加地委員。



◆委員(加地浩) 

 領収書等が京都市としても5万円以上を義務付けるということであれば,当面,更に同じような中身を報告書に書くということまでは必要ないんではないかと思います。



○小委員長(北川明) 

 それでは,共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 前回の委員会で,これが議論になりまして,私とこはまだ検討中なんですが,こういう形で他都市の実例も出していただいておりますので,いったんたたき台を事務局で作っていただいて,それで可否を検討するということで,それはそういう形で出してもらったらどうかと思いますが。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 今お聞きしましたんですけれども,基本的には,他都市は領収書添付を義務付けられていない中で,こういうことでより明らかに情報公開をしようという流れが,おそらく背景にあるために,こういう詳細な形に報告書をされているのだと思います。京都市会については,今回,5万円以上の人件費,事務所費を除くということで,現行されているより透明性は確保されますので,一番最後の仙台市につきましても,人件費,事務所費についても相当細かく書かれておりますので,これをそのまま京都市に対応できるものではないと思いますので,井坂委員がおっしゃったように,今の状況でどうしても課題や問題点があるのであれば,事務局にもう一度作成をしていただいたらどうかと思いますし,領収書で一歩踏み出したということで,それで当面よしとすれば,私どもの方としては,もうこれで,今までどおりでいいんではないかと,こういう意見でございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 様式的には年度内にしたらどうかとは思いますが,まだ更に詳しく検討してもらう機会を作っていただきたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 それでは,事務局の方で他都市の例を参考にし,京都市独自の,他都市から京都市案が素晴らしいと言われるようなたたき台を作ってください。やっぱりこれは市民との信頼のきずながこういうことでもしっかりと結ばれるということが必要ですので,そのような素晴らしい案を市会事務局の方で作っていただき,次の改革委員会で期待を致しておりますので。

 それでよろしいですね。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 では,そういう風にさせていただきます。

 政務調査課長。



◎政務調査課長(久保宏) 

 準備致します。



○小委員長(北川明) 

 次に,5の第三者機関によるチェックについて,自民,公明,民主・都みらいさんの3会派は必要なしで一致し,共産党さんが検討中でありました。

 共産党さん,検討の結果をお聞かせ願います。



◆委員(井坂博文) 

 共産党議員団で検討しまして,領収書も発行して透明性を高くしますので,この場合に第三者機関によるチェックは必要ないだろうという結論に達しました。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件については,全会派一致ですので,そのようにすることでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,その他予算要求に関連するものについて検討致します。

 初めに,28の退職議員処遇の見直しについてでありますが,まず,そのうち市バス,地下鉄等の優待についてであります。

 前回の委員会では,共産,公明,民主・都みらいの3会派の全廃という御意見に対し,自民党さんは回数券,特別乗車券は廃止し,タクシープリペイドカードのみ存続との御意見でありました。

 自民党さん,検討された結果をお聞かせ願います。



◆委員(加地浩) 

 慎重に検討を重ねた結果,他会派の皆さんと同意見で,自民党も廃止やむなしという結論に達しました。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件について全会派一致ですので,そのような内容で市長に申入れすることで,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,その他の優待についてであります。

 前回の委員会では,自民,民主・都みらいの2会派が存続,共産,公明の2会派が廃止でしたが,その後検討された結果をお聞かせください。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 先ほどのと同じように,慎重に検討致しました結果,その他の優待券につきましても廃止で賛同致します。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 廃止で。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件については全会派一致ですので,そのような内容で市長に申入れすることで,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に29の有功者表彰規則の見直しの要請についてであります。

 前回の委員会では,年数については,10年,20年という御意見と,12年,24年という御意見があり,記念品の金額は,他都市並み,あるいは具体的に5万円という意見があり,廃止すべきという御意見もありました。

 その後,検討された結果をお聞かせください。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 我々自民党議員団は,10年目10万,20年目20万と申しておりましたけれども,金額につきましても,この委員会で検討されているように,他都市並み。他都市並みが5万というなら5万という方向で,結構でございますし,年数については,市長の方について適切な見直しをしていただくということで,年数も市長の方にお任せしたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 基本的には廃止すべきであろうという風に考えておったわけですが,ほかの会派の皆さんの意見もお聞きしまして,現行の4年ごと8年以上で,4年ごとで30万,30万,60万という金額があまりにも高いということで他都市並みの金額に減額をするということで提案をさせていただいて,節目については自民党さんがおっしゃいましたけれど,10年,20年というぐらいでいかがかという風に考えております。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも当初,10年,20年ということで一般社会的な並みの表彰制度にすべきと訴えて参りまして,前回,議員の職というものが非常勤でございますので,選挙の切れ目ということで12年,24年と申しましたが,今,自民党さんおっしゃったように10年,20年でも結構でございます。20年ということは,切れ目になります。ただし,10年にしますと,通常1期全部行けば丁度半ばになりますけれども,これも市長さんの方で改革ということでの意向を伝えていただいて,より適切な制度にしていただくということで申入れをお願いできたらと思います。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 ここに打ってますように,意見はこれですが,他会派に合わせます。



○小委員長(北川明) 

 お聞き及びのとおりでありますが,これはもう意見交換なしで,意見がまとまったと,こういう風な形で市長にそのように申入れすることでよろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,30の市バス・地下鉄特別乗車券等交付の廃止の要請についてであります。

 前回の委員会では,共産,公明,民主・都みらいの3会派が廃止で一致し,自民党さんに検討をお願いしておりましたが,検討結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団,市バス・地下鉄特別乗車券等につきまして,再度慎重に議論致しました結果,特別乗車券等交付については廃止を要請するということで,他会派さんと意見を合わせたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 はい。それでは,本件については,全会派一致ですので,そのような内容で市長に申入れすることでよろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,31の美術館等の入場券の配付の廃止の要請についてであります。

 前回の委員会では,自民,民主・都みらいの2会派が存続,共産,公明の2会派が廃止でしたが,その後,検討された結果をお聞かせください。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 優待券等に関しましても廃止で構いませんけれども,ただ今まで申しておりましたように,議員としてのそういう京都市関連の施設が随時できるような御配慮はお願いしておきたいと思います。

 それと,今,議員証というのを頂いているんですけれども,これを使う場面がないと言いますか,実際名前が書いてあるのみで住所,写真等何もありませんので,世間一般でいう社員証とか,学生証とか,公的に使える何かそういう身分証を事務局なりで検討していただけないかという意見が我が会派にございます。それが,顔写真付きのであれば,いろんな施設に行くときも本人であることがチェックできるというような形で,視察等に,そのとき出せばすぐに対応していただけるような議員証にちょっと改良していただきたいと,そういう内の会派からの要望をしておきます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 皆さんと同じで,廃止で結構です。

 付け加えで,バスの入れる要素は残してほしいという意向はあります。入れる要素は残してほしいというのはあります。



○小委員長(北川明) 

 入れる。(発言する者あり)これは,どうですかな。全会派一致とは言い切れないと思うんやけども。

 井坂さん。



◆委員(井坂博文) 

 前回も私どもの方から提案させてもらったんですが,加地さんとか宮本さんがおっしゃったように,それに代わる制度の検討というのは,ある意味で言えば,これとは別の問題として議員の調査にかかわる問題ですから,それは別立てで議論させていただくということで,現在テーマになっているのは,これは優待券等について存続するのか,廃止をするのかという点で見れば,廃止をするということで,それぞれ態度を表明されましたので,そこの確認でいいんではないかという風に思いますが。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 じゃ,廃止を前提としますね。

 民主・都みらい,自民党さんは。それでよろしいですね。

 はい。それでは,本件については,全会派一致ということで,このような内容で市長に申入れすることでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に32の費用弁償のあり方の検討についてでありますが,前回の委員会では,1万円とする意見と,距離に応じて8,000円,9,000円,1万円とする意見,また新たに5,500円という意見も出されました。

 その後,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団で検討しました結果,我が会派の意見は,従来どおり,おおむね10パーセントカットの1万円ということであります。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 繰り返し議論しまして,会派の中にも依然として半額でやっぱり行くべきではないかという意見もあります。しかし,現行の1万1,000円を1万円に減額をするという点が一歩前進でありますので,会派全体としましては,5,500円の半額を主張させてもらいますけども,それが皆様方の同意が得られない場合でしたら,1万円への減額ということで賛成をさせていただきたいというように思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも,皆さんと違って,段階支給というものを提案させていただきましたけれども,これを制度として,こういう制度としてあるべきだという提案をさせていただいたのですけれども,先ほど自民党さんおっしゃったように経済状況も含めて,厳しいということでございますので,私どもも定額支給ということにやむなしということでございます。そのうえで,金額は10パーセント1,000円減額の1万円ということで結構でございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 1万円で。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件についても全会派一致ですので,そのようにすることでよろしいですね。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 なお,実施時期はいつからにしましょうか。御意見の交換をお願いしたいのですが,いつからが。

 はい。井坂さん。



◆委員(井坂博文) 

 海外視察が今期は現行どおりで,来期からというのを聞きましたので,これについては,来年の4月の新しい年度に移る段階で,区切りよく移行したらどうかと思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私も早期に実施をすべきと思うのですが,特に退職議員の処遇,それから有功者表彰の規則ですね,これについては非常に対象となられる方も当然おいででございますので,市長さんの方に当然要請する話ですけれども,早期にということで言っていただいて,その旨をよく理解をしていただく通知をやはりすべきではないかと。そのうえで,同意が得られるようであれば,同意を得ていかないかんわけですけど,早期にということでいいんじゃないかと思います。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党と致しましても,早期にということで,来年,17年度からできるのであればその時期でお願いしたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 この検討委員会の締めが,3月いっぱいということで,その丁度でいいんじゃないかと思います。17年4月からで。



○小委員長(北川明) 

 そらそうやろうね。決議をしても,3年引き延ばしたり,4年引き延ばしたら,せえへんのと一緒やさかい。

 それでは,そのようにすることでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,議決権の強化に関して,触れさせていただきます。

 地方自治法第96条第2項に基づく議決事件の追加について,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団で検討致しました結果,議決事件の追加をして,議会の権能を高めるべきであるという意見でございます。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 仙台,三重を出張しまして,そこの先行例なんかも勉強させてもらいました。そのうえで,議員団としましては,行政が基本施策を決めるんですよね,計画であるとかプランであるとか。そういうものに対して議会がどこまで関与をすべきことなのかという点については,あまりこれまで議論をされてこなかったと思うんですよね。ですから,そういう意味で一定慎重な検討が必要であろうという風には思います。

 そこで,追加の方向の是非を含めて,どれだけ対象事案があるのかということで,資料を事務局にお願いしたいと思います。大体,京都市の基本プランというのは5年が短くて,基本計画で10年ですよね。下水道マスタープランはもうちょっと長いんですかね。ですから,5年,10年,10年以上ぐらいで,どれだけの京都市の基本計画なりプランがあるのか,一回資料を出していただいて,それらの中身を見ながら,議会がどう関与していくのか,ちょっと勉強させていただきたいと思うのですが。



○小委員長(北川明) 

 出せますか。

 西邑課長。



◎議事課長(西邑昭裕) 

 今,井坂先生の方からございましたように,計画期間ごとに区分を致しまして,どういった計画が執行機関の方で作られているのか,私が以前聞いたところでは,数十はあるという風に聞いておりますので,分類をして,お出しをしたいと思います。

 以上でございます。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも検討して参りまして,基本的には議会の権能を強めていくということで,議決権の項目の拡大ということ,これは会派内で周知しております。同時に,現在例えば国際交流の関係で言いますと,姉妹都市盟約の締結,これについては議決をしておりますけれども,条例規定で明文化をきちっとしていく方向でもありますので,先ほど共産党さんがおっしゃったように,何を具体的に追加をするのかということについて,今後鋭意検討していきたいということでございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 私とこも議決権の強化に賛成です。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件については,引き続き,拡大,そして強めるという方向で次回に協議をしていただきたいと思いますが,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 市会事務局は,一つまとめのたたき台を作っていただくようにお願いします。

 次に,契約及び財産の取得等に係る議決対象範囲の拡大について,政令の基準額以上,現行条例の基準額未満の契約等の件数に関するお手元の資料も参考にしていただきながら,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団では,この件に関しましては,まだ現在検討中であります。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 私どもも,まだ一箇所は検討できていないのですが,聞きましたら3億円から5億円に引き上げたのが,平成5年。御免なさい。平成5年ちゃうわ。何年でしたっけ。5年やね。



○小委員長(北川明) 

 能田次長。



◎事務局次長(能田修) 

 平成5年でございます。



○小委員長(北川明) 

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 そうでしたね。平成5年ですから,かれこれ10年近く経過していることもあります。その過程の中で,地下鉄の東西線の膨張問題もありまして,公営企業の分野でも,それまでは公営企業法で公開を,公開と言うか議会に報告するというのを義務付けていなかったのですが,京都市の場合では,交通水道の関係委員には3億円以上,遠いですけど,その後5億円になって,契約については,一応通知をするというような改善も図られた経過もあるかと思います。ですけど,2億引き上げられたことによって,その間のいわゆる不透明な部分があったのではないかという声もあります。したがって,5億円を引き下げて,議会の議決範囲を広げるという方向については,議員団としては賛成です。

 金額をどこまで引き下げていくのかという点について,色々たたき台も出していきながら,頂きながら,議論を考えていきたいというように思います。



○小委員長(北川明) 

 3億円以下は引き下げられない,3億円が限度というのと違うのかな。そういうことやね。だから,5億のを3億に引き下げると。こういうことやと理解しておりますけども。



◆委員(井坂博文) 

 基準額は3億ですね。



○小委員長(北川明) 

 そちらの方向に,引き下げる方向に,やっていきたいと。以前に戻すわけや。平成5年のところにね。はい,分かりました。

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも,この平成5年のときの制度改正があったときの社会的状況,経済状況ですね,こういったものと,今日の状況と非常に変わっているということが一つございます。それと当時は,確かスピード感のある公共事業ということで,変な言い方ですけど,チェック機能を果たしながらも,より早く事業をと,こういう話があったと思うのですが,非常に経済状況が厳しい中で,大きな公共事業も非常に余りないわけでございますので,そしてまた,公金に対しての市民の目も非常に厳しくなっております。したがって,対象範囲については,政令の定める3億円に戻すということも含めてですね,3億円がいいのか,あるいは4億円がいいのか,これまだ議論をしておりませんけれども,基本的には対象範囲を拡大していく,いわゆる強化をしていくということで合意は図られております。



○小委員長(北川明) 

 土地の面積と土地の金額についても,強化をしていくと。同じ意見ですね。



◆委員(大道義知) 

 はい。



○小委員長(北川明) 

 井坂さんどうですか。



◆委員(井坂博文) 

 同じです。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 私とこも,今の部屋の中では現行どおりなのですが,今,共産党さん,公明党さんがおっしゃられたように,バブル期を経過してきた経緯もあるので,昔は3億やったなという意識を持っており,そういった方向に皆さんがやっぱり持っていこうというのでしたら,私どもの方もその方向で。



○小委員長(北川明) 

 はい。分かりました。

 それでは,本件については,引き続き次回に御協議いただきたいと思いますが,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,訴えの提起を迅速に行うための市長専決範囲の拡大について,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団と致しましても,この市営住宅等の家賃滞納等の市長専決の訴えの提起につきましては,やはり迅速にやっていただくために,市長専決の範囲を拡大した方がいいという意見でありますけれども,じゃあその対象の金額については,まだ検討中であります。



○小委員長(北川明) 

 はい。共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 共産党の場合に,先の二つの案件と違いまして,これは広げることに反対です。確かに,行政執行のスピードといえば,広げることによって市長専決でも処分どんどんやっていったらいいんですが,確かに中身的には家賃の滞納による訴えの提起であるとか,ごみ収集車の事故に伴う処理ということもあるんですが,可能な限り議会が関与していくという点で見れば,現行以上に拡大をするということがいかがなものかという意見が多くありますので,我が党としては拡大の方向については反対です。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 公明党としましては,まず専決処分の金額の範囲についてですけれども,これについては,従来50万円以下というのは非常に大分以前の制度発足ということになっていますので,一定見直しが必要ではないかと,こういう議論を今しております。それから,市営住宅の関係については,やはり私は市長専決処分の中に全部入れるべきだと。その理由は,例えば今でも議決を伴う形で上程されますと委員会付託になります。今の議会が,別の議論になるかもしれませんけど,原則委員会付託という中で,約1箇月間議会がある。その最後までいわば引っ張るわけです。そういうのが果たして,悪いとは言いません。しかし最終的には司法権に委ねる問題を,我々議決権は非常に重要ですけれども,むしろ事後報告であっても,市長専決報告ありますからスムーズに行くのではないかと思いますので,市営住宅の家賃滞納の訴えの提起については,すべて市長専決に入れるべきだという考えでございます。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 市長専決範囲の拡大で了承するということです。



○小委員長(北川明) 

 それでは,本件については,引き続き次回に御協議いただきたいと思いますが,よろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,議会運営のルールづくりに関し,政策に係る議員提出議案に関するルールづくりについて,横浜市と三重県のルールに関するお手元の資料も参考にしていただきながら,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党市議団と致しましても,ルール化は必要であると思っていますけれども,今現在,具体的にどうするというのは検討中でありますので,今日頂きました資料も参考にして,更に検討を深めたいと思います。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 共産党議員団としましては,ここで提案されましたルールの問題について,二つの角度で考えています。一つは,手続上の問題と,一つは,運営上の問題と考えてまして,運営上の問題については,先日の建設消防委員会で,理事懇でも議論し,正副委員長会議でも議論されて,一回目やりまして,そんなにあれで進行上問題なかったと思いますので,あれを基本にした運営上のルールを作ることと,手続的には,今回の私どもの提案させていただいたのも,市長の提出する議案の日程に合わせて,各会派の方々にもお示しをしました。で,あるいは極端な場合に,閉会本会議で出てくる場合も,またこれから出てくるかもしれませんので,いろんなの想定して一番民主的で,納得のできるような案を事務局サイドでたたき台を作っていただいて,それで手続上のルールを確立するということで,引き続き検討していったらどうかという風に思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 この問題は難しい問題でして,私どもの会派としても議論しておりまして,まず議員の提出議案のルールですけれど,これは市会事務局でいいますと,政務調査課が非常に今後,重要なポストに立場に役務をお願いしなければならないわけですけど,そういう意味では,最低限の精査をする日数あるいは準備に要する日数,こうしたものも当然要るんだろうと思いますので,現行のその人数で果たして全部対応できるのかいうものも,私も懸念しますので,一定事務局の方から,議員が出す場合,一般的な形としてどのくらいの日数が要るのか。そうしたものを一度提示していただければと思います。以上です。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 まだ検討中ですが,ルール化は必要であると。



○小委員長(北川明) 

 直近に非常に具体例がございましたので,これを参考にして,ルールづくりは必要という皆さん方の御意見ですので,これもたたき台を出していただいたらいかがかと思いますが,いかがですか。

 久保課長



◎政務調査課長(久保宏) 

 お手元に示しました横浜と三重県の例がございますが,横浜のようにある程度スケジュールを明示するような形でのものは,一定こちらの方で準備ができるかと思いますが,三重県のように全会派が一致して一年ほど掛けていろんな政策を立案するというようなことで作られているこのルールまでは直ちに出すというのはちょっと致しかねますので。



○小委員長(北川明) 

 こういう時勢と言うのか,色々な世の中の流れですので,こういうのは必要ないと思います。

 それでは,本件についても,引き続き次回に御協議いただきたいと思いますが,よろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 そのように致します。

 次に,議事進行発言のルール化について,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 本会議でテレビ中継のあるときに,議事進行があったり,質問者の質問あるいは答弁等がテレビ中継の時間内に入らないということが以前にありましたので,テレビ中継の入っている本会議につきましては,議事進行については,その日のテレビ中継に納まるように,その日の質問者また答弁が終わった最後にしていただくようなルール化が必要ではないかという意見でございます。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 15年2月の市会の事例と言うか,よく覚えています。

 テレビ中継ある場合には,少なくともそのテレビ中継のルールがあるわけですから,そこの時間に食い込まないようにその日の最後,つまり中継が終わった段階でやるというのは必要なことであります。ですから,私どもの議事進行発言もそういう形で整理をさせていただいて,今そういう風にしております。ですから,あえてルール化という風に明文化しなくても申合せで紳士協定で,それでできるんじゃないかなと私は思います。

 で,なおかつ理事が一回ずつというのも,理事がやらなあかんのはやりますけど,事と次第によっては,当事者がどうしても言いたいということもありますでしょうし,これも変にメンバーとか回数を制限するというのもいかがなものかということで,テレビ中継の問題が主な趣旨で出ているんであれば,申合せ事項でいいんじゃないかとこういう風に思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 私どもも議論しまして,非常に深い議論をしております。といいますのは,ルール化につきましては,時代が変わってきているというのもありまして,元々こういうことがあったからルール化しなければならないという事件があったわけですけども,しかしモニター放映によります,例えば市長総括質疑,これについても議事進行は掛かってくるわけです。掛けようと思えばと言いますか。問題発言あるわけです。それで,テレビ中継ではありませんけれども,常にリアルタイムで議会が行われているわけですから,それを一定ルール化しておかないと,本会議のテレビのときだけそうなのかと。ただしかし,非常に臨場感のある議会でなかったらまたいけないということもありますので,非常に冷めた料理,後から食べるということではだめなので。そのときに議事進行を諮るべきだとは思いますので,相当ちょっと議論をして,ルール化が必要ではないかなと。そのうえで,例えば本会議のテレビ中継のときだけ,こういうことでいきましょうということでやるのかどうか。これを根拠法について,会議規則がきちっと書かれておりますので,この議事進行発言の内容というのは全部にわたっておりますので,全部について適用するかどうかというのは,非常に難しい問題かなということで,議論をこれからもっとせんと厳しいのかなということで,会派としては検討しております。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 内も同じようなことですが,テレビ中継とか時代の変化が経過した,今,公明党さんからあったように熱心な議論も必要ですが,テレビの中継を見ておられる市民の方々への配慮も必要ということで難しいということで検討しています。ルール化は必要という声もあります。



○小委員長(北川明) 

 それでは本件についても引き続き次回に御協議いただきたいと思いますがよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それではそのように致します。

 次に,委員会の公開の推進に関し,委員会直接傍聴の実施及び常任委員会のモニターテレビによる公開について,政令指定都市の委員会傍聴の状況に関するお手元の資料も参考にしていただきながら,各会派で検討された結果をお聞かせ願います。

 自民党さん。



◆委員(加地浩) 

 自民党議員団としては直接傍聴についてはスペース等の関係でまだちょっと難しいかなと。常任委員会のモニターでの放映につきましては前向きに検討したいと思っています。



○小委員長(北川明) 

 共産党さん。



◆委員(井坂博文) 

 二つ一緒でいいんですかね。直接傍聴とモニターと。



○小委員長(北川明) 

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 直接傍聴につきましては前回資料を頂いて,いわゆる予決算ではやっているけど常任委員会でやっていない所というのが本市を入れて,千葉,横浜,大阪ということで少数にもなっているということもあります。前回,質問もさせていただいて,実際,現在の会議室で直接傍聴しようとした場合に,必要な仕事でいえば部屋のレイアウトの見直し,待合室の設置ということでそんなに予算的にも掛かるものではないということもお聞きをしました。

 そのうえで人数的な問題で言いますと,理事者に退席していただいてそこを使えば一定の人数はクリアできると。もちろん人数のルール化は必要かと思いますが,そういうことも検討しまして委員会の公開は時代の流れであるだろうということで直接傍聴ができるように公開をすべきであるという風に考えております。

 二点目のモニターテレビの問題ですが,これは器具一切合切が全部,委員会室に設置されていますから,スイッチを一つ入れるだけですので,卑近な例を出しますけど建設消防委員会で条例案が議論されたときに傍聴を申請された方に対する議論の中で,自民党の先生からもモニターで放映しているから傍聴せんでもいいやろうというのも出まして,そこまでモニター放映というのが定着しているというのもありますので,もちろんそれは常任委員会でしたからモニター放映はなかったんですが,スイッチ入れればできるということもありますので,是非これは直ちに実施をすべきではないかと,早急に,という風に思います。



○小委員長(北川明) 

 公明党さん。



◆委員(大道義知) 

 21の委員会の傍聴の件につきましては,スペースの問題もありますので,当面,委員会で傍聴者があれば委員会で決めていただくということで致し方なしということで,直接傍聴の実施については非常に厳しいのではないかということです。

 常任委員会のモニターテレビの放映については,これは早期に拡大をすべしということで会派としてもまとまっております。



○小委員長(北川明) 

 民主・都みらいさん。



◆委員(宮本徹) 

 委員会の直接傍聴はスペース等の関係で難しいのではないかということで。しかし常任委員会のモニター公開については実施していく方向で。



○小委員長(北川明) 

 まとまり掛けてまとまりませんので,これも引き続き次回に御協議いただきたいと思いますがよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 次に,協議事項の2の議運への中間報告についてであります。当初の10項目の検討議題を今日まで8回にわたり会議を重ね,市会としての意見とりまとめに向け,会派間の意見の相違も越え,互いに譲っていただいて一定まとめあげることができました。ありがとうございました。

 そこで,中間まとめとして議運を開会し報告してはどうかと考えますが,いかがですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 はい,大道さん。



◆委員(大道義知) 

 その方向で結構でございます。ただし,できれば報告をしていただいた後に,しかるべき時期で結構でございますけれども,法的根拠はないんですけれども全員協議会を一度,議会として報告いただければいいのではないかと。といいますのは単なる条例案とかではなくて,一人一人の議員の今までの大改革ですから,身分にかかわる部分でもございますので,一定,委員長の方から議運の方向を経たうえでしかるべき時期に中間報告がいいのか,あるいは最終報告がいいのか,それはお任せ致しますので一度御検討いただけたらと思います。



○小委員長(北川明) 

 分かりました。

 ほかに御意見はございませんね。

 それでは,議運へ中間報告を行うことと致します。

 全員協議会については,すべてこの改革委員会が結論を出した時点で,非常にそのような形でまとめるということが有効ではないかと思いますので,また皆さん方にその節お諮りをさせていただきたいと思います。それでよろしいですね。(発言する者あり)そういうことです。

 それでは中間報告の文案につきましては私に一任いただきたいと思いますが,私と致しましては検討項目と改革内容を一覧表にしたものを考えております。報告前には各会派に御確認いただきたいと考えております。そのようにすることでよろしいですか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それではそのように致します。

 次にその議運の時期としては,1月を考えております。予定は1月14日の午後1時30分ですがいかがでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○小委員長(北川明) 

 それでは,そのように致します。

 次に,第9回以降の委員会の日程についてであります。2月市会も10日からということでございますので,それまでに少しピッチを上げたいと思っております。今,予定を致しておりますのが1月21日の1時半,これが第9回です。第10回が2月1日火曜日の午前10時。このように考えておりますが,いかがでしょうか。

 はい。



◆委員(井坂博文) 

 21日が1時半ですよね。1日は10時ですか。



○小委員長(北川明) 

 お昼からでも結構ですけど。どちらでも結構です。よろしいですか。

 それでは,そのように致します。

 第9回の委員会のテーマは,本日,次回に継続することと致しました案件について,引き続き検討致しますので,よろしくお願い致します。議員団会議,部屋会議を持ってもらわなあかんということですね。

 ほかになければ,これをもって本日の市会改革委員会を散会致します。

    [午後2時23分 散会]

小委員長 北川 明